超監視社会

前回の内容の続きになりますが、以下の動画をぜひご覧下さい。






ここで語られている事は、私達集団ストーキング被害者が受けている監視と弾圧に繋がる話です。また植民地(日本もアメリカの植民地)の国民を使った実験、支配などについて非常に重要な内容になっています。

質疑応答編では、NSAと公安警察及び自衛隊情報保全隊との関係についての質疑応答もあります。


再掲


監視側の協力者=集団ストーキング工作員、と置き換えてこれらの動画を見てみると、すんなりと腑に落ちると思います。これは集スト被害者の中でもよく言われている事ですが、同じ国の人に対して工作活動をするのはやはり気が引けるので、外国人を使うという事ですが、今の日本にいる在日外国人が積極的に集ストに加担している現状を見れば、まったくその通りの事が起きているわけです。彼らはエージェントとして雇われ、そしてターゲットの近くに移住して来るのです。一体誰がこの様な事を企てているのでしょうか?飼い主はやはりアメリカなのでしょう。仲介役がカルト宗教だったりするのだと思います。

この様な監視体勢というのは間違いなく存在するわけですから、火消し工作員のよく使う常套句、「お前の様な価値のない人間を監視して何の意味がある?」とか、「自分がそんなに重要人物だと思っているのか!病院に行け!」などという言い掛かりは全く筋違い、勘違いも甚だしく、明らかに論理が破綻しています。というか論理にさえなっていません。単なる言い掛かり、暴言、侮辱です。そんな破綻している理屈を言って勝ち誇っているのは、自分の頭の悪さを自ら暴露して自慢している様なもので、とても恥ずかしい事だと、そろそろ気付いた方がいいと思います。尤も、上からの命令には逆らえないからそうしているのでしょうけれど・・・。

いずれにしても、この様な超法規、職権乱用とも言える監視を私達は決して許してはいけないと思います。小笠原さんも仰っていましたが、明確にNOを突きつけないと、そうして欲しいのだと曲解される、あるいは容認した事になってしまいます。侵害する側というのは常に、自分達に都合のいい解釈をするものです。

この様な違法行為を許すことは、みすみす自分のプライバシーや権利を放棄する事に他なりません。プライバシーというのは、どんなことがあっても守られなければならないのに、だからこそ個人情報保護法なる法律まで制定されているのに、いくら政府や警察権力だからといって、その法律を無視して個人の人権やプライバシーを踏みにじる行為を絶対に許してはいけないと思います。

もっと言えば、その様な事を秘密裏に行って来た者達を厳しく罰し、責任を取らせるべきではないでしょうか。民間人は軽微な罪で逮捕・監禁、時には冤罪で全くの無実なのに無期懲役や死刑にすらなりかねないのに、こういう者達が無罪放免でいいはずがありません。








それにしても、動画がすぐに削除される所を見ると、おそらく、スノーデン氏がコインテルプロやギャングストーキングに言及している事が相当都合が悪い様です。それはそうですよね。彼の影響力は半端ないですから。簡単に妄想とか統失とかで封じ込める事はできませんから。


関連記事
生活保護で集ストする人々と集スト=妄想・病気と決めつける言論人、そしてコインテルプロについて暴露するスノーデン氏


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/30 (Thu) 19:36 | # | | 編集
No title

「万物を見通す電磁波」「ミリ波とマインドコントロール」
で検索して頂けましたら、数年前迄は「元情報文書」が
あったのですが、現在では削除されていてありません。
コピペして保存して置かなかった事を後悔しております。

WIARD NEWS という、軍事情報専門のサイトの情報です。


「専業」でやっている馬鹿は、
軍隊の情報部隊や各諜報機関等で使われている
実物の対人用の軍事兵器を使ってしています。
「自衛隊の犯罪を斬る」のpatentcom様のブログで
「テレパシー」で検索して頂けましたら、
「テレパシー装置一式」につきまして、
私達一般人向けに簡潔に要点だけを解説して
くださっていますので是非御覧ください。

これと、住居内に逃げ込んでいる餌の頭だけを
正確に狙うための障害物透過型のスナイパースコープとして、
アメリカのミリメトリックス社の軍用タイプの
パッシブミリメーターウエイブイメージャー(2種類有り)
が日本全土で使われています。
狙撃銃は馬鹿の口です。一番細いマチ針状の衝撃波を
極一瞬だけ思いっきり吐きつけて正確に左右の耳の穴
(鼓膜)に突き刺して来ます。
あまりにも細くて、あまりにも瞬間高圧を掛けて吐きつけ
てくるので痛ったいので、天に飛び上がる程ぶったまげますよ!

実は、馬鹿に使わせているテレパシー装置一式の送信機の出力を
MAX迄上げたままに暫くし続けるだけで、餌の頭全体に極度の
電気刺激的不快感が発生し続けて、同時に、頭全体から
「何かが焼け焦げている様な臭いの気体」が大量に出続けます
から、そのまま脳出血等で極めて容易く殺害出来るのです。
剖検しても他殺の証拠と痕跡は一切採れませんから
死体は放置出来ます。

テレパシー装置一式とは、簡潔に申しますと、
特定個人の脳波の周波数に同期させたマイクロ波を送信し続けて
(この時は特定個人の頭皮が受信アンテナになる)
頭に当たって跳ね返って来た「反射波」を受信し続けて、
これから脳波の電気信号だけを抽出して、
装置に接続しているパソコンに入れている「思考解読ソフト」
によって解読してパソコンのディスプレイに
簡単な文字で表示させる対人用軍事レーダー兵器です。
所謂「音声送信攻撃」も、この装置一式で出来ます。

では、馬鹿が毎日毎回一回一回特定個人を寝る間も惜しんで
つけ狙ってし続けている【人を一番不快にする】事を目的と
した計算ずくの相乗効果を狙っての軍事ステルス型の
連続暴行傷害行為は一体何なのか。
何故これ程迄に大掛かりで組織的な活動なのか。

つまり、これは、タビストックが基点となって主導して、
連携しているCIA等の大手諜報機関が、
更にそれらの下部(代行役)組織である
悪魔崇拝型の巨大なカルト型の軍事組織に指示をして、
更にそれが馬鹿に実物の対人用の軍事兵器を持たせて
やらせ続けている、世界の各先進国において同時進行の
【21世紀型の悪魔崇拝儀式】なのです。

   
 

2017/04/13 (Thu) 10:41 | りんごのりんご   #- | URL | 編集
Re: No title

りんごのりんご さん。

申し訳ないのですが、そして以前もお伝えしたと思いますが、その情報はもう結構です。同じ内容を何度も書き込まれても困りますので、ぜひご自分のサイトなりを開設して、そこで展開していただきたいと思います。

それとpatentcomさんのサイトは、時々拝見していますし、このサイトでもリンクを貼らせていただいています。

また餌という表現は、被害者の事を指しているのでしょうか。もしそうであれば、それを読んだ被害者は不快な気分になると思います。私もあまりいい気持ちではありません。

私から見て、りんごのりんごさんは、情報提供者の様に振舞いながら、被害者のことを暗に侮辱したり、おどろおどろしい内容を書き込む事で、被害者のブログに訪れた非被害者の人に、何か恐ろしい事が書かれている怪しいサイトという印象を植え付ける狙いがあるのではないのかと思っています。

他の方のサイトでも相変わらず同じ様な内容のコメントを書き込んでいるのを時折見かけますが、本当に解決したいという気持ちがあるのでしょうか?ずっと同じ事を繰り返し言い続けていても、何も解決しないと思います。

私たち被害者に本当に必要なのは、理屈ではなく証拠や根拠です。それがなければいつまで経っても妄想と言われ、被害が認められる事はありません。本当にこの犯罪を終わらせたいのなら、誰もが認める様な根拠を探す事が重要ではないですか?

あれはこうでああでと、仕組みをいくら解説したところで、「で、それを使ってあなたに攻撃しているという証拠は?」と聞かれて、証拠はありませんと答えれば、それでは被害があると認めることはできませんね、で終わりです。

だからこそ、物的証拠は無理としても、状況証拠だけでも積み上げて行くことが大事だと私は考えていますので、もうそのハイテク攻撃についての解説は結構です。それとも実際に「餌」に向けて使っているところの証拠写真や、あるいはどういう装置なのか、その実物の写真でもあればぜひそれを世間に周知してください。

申し訳ありませんが、もうこのブログにコメントを書き込むのはやめていただきたいと思いますので、コメント書込みと閲覧禁止設定にさせて頂きます。

2017/04/13 (Thu) 14:10 | Rhea #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する