Touchless Tourture. Target Humanity.

英語ですが、興味深い動画がありましたのでご紹介します。
(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・引用・転載・第三者による無断配信を固く禁じます。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を仕入れたり参考にするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。

一部、ショッキングな画像が含まれる場合がありますが、苦手な方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

集団ストーキングとは関係のない画像も含まれる場合があります。

Touchless Tourture. Target Humanity. Full Length Documentary


同様の内容の動画を以前にも紹介していますが、今回の動画には所謂オカルト的なものもかなり含まれています。

ただ、その様なオカルト的内容だからと言って、馬鹿にしたり一笑に付すだけでいいのだろうかと思います。興味を持つのは一部のオカルト好きな人間だけだ、一般の人はそんな事には関心は持たない・・そういう刷り込みはどうなのかとも思います。

もしそういう事が現実に起きているとしたら・・・、日頃から奇妙な現象を目にしている私などは、そう思わずにはいられません。

事実、その様な事から目を反らせ、追求を躱(かわ)す為の様々な工作活動が展開されています。ネットの攻防戦は熾烈を極めていますが、隠蔽したい側からかなりの資金が投入されているらしく、アルバイトの書き込み要員もかなりいる様です。あるいは雇われアルバイトだけでなく、そうした悪事に荷担する企業の社員や公務員、官僚などが、一般人や個人に成りすまして巨大掲示板などに棲み着き、世論誘導や隠蔽の為の書き込みをしたりしているのでしょう。個人情報が流出して素性が発覚してしまった事故もありましたよね。(この部分を追記中にサイレン)

私がケムトレイルやフェイクプレーンの動画を公開し始めた頃、コメントで口汚く絡んできたのも正しくその手の者達なのでしょう。2chで誹謗中傷を繰り返していた人物と同一と思われる人物(もしかしてボー○ング社の社員?)が、性懲りもなくこのブログにもコメントをして来たのですが、普通の人はあんな風にいきなり相手を罵ったり無礼に絡んだりはしません。またネットストーカーの様に執拗に粘着したりしません。言い負かして自分に屈服させたいという欲望が病的なまでに強い人格破綻した人物が、論点をすり替えた的外れでトンチンカンな議論(というか詭弁)を吹っかけてくる様な事もありません。

ただ、その様な直接的な言い方をするとすぐに正体がバレてしまうので、そうしたストレート(直情・発狂)型とは別のタイプとして、比較的良識的に振る舞いながら、こちら側、あるいは味方のふりをしながら、さり気なく違う方向に誘導する、目を反らせる工作に力を入れて来ているのかも知れません。誰がという事ではありませんが、そうした役割の人ではないかと思える様な人もかなり見かけます。

という事で、また反感を買いそうな事を長々と書いてしまいましたが、やはり怪しい動きがあれば指摘しないわけには行きません。指摘する人間がいなければ、輩達の思うままです。

以下スクリーンショットを何枚かお借りしつつ、私の体験や考えを付記しています。私はこういう事が単なる都市伝説とはどうしても思えないのですが、ご判断はそれぞれに委ねます。

動画主様へ。
無断でスクリーンショットをお借りして申し訳ありません。m(. .)m
2~3枚にしておくつもりではいるのですが、つい歯止めが利かなくなってしまいます。←いつもの事ですが。

それと、後から動画を遡って見返したり、画像を追加しているうちに訳が分からなくなってしまったので、順不同です。

ti17082201.jpg
今も尚、TIを使った同意なき人体実験は続いていると思います。間違いなく。

ti17082316.jpg
私も未だにあの正体を把握できずにいるのですが、正体が何であれ、このケムトレイルを無視する事はできません。

ti17082313.jpg
ナノテクノロジーによって人間を改変?する為に、大量のケムトレイルを噴霧しているのですか?

ti17082310.jpg
夜間に空を撮影すると、何もない空間なのに、微かに青や赤色のノイズの様なものがファインダー越しにせわしなく蠢いていて、あれは一体どういう現象なのだろう、もしかしてブラックマター?などと思っていました。しかしそうではなく、ケムトレイルによって散布されている「スマートダスト」である可能性が高い様に思います。

ti17082304.jpg
呼吸や食べ物から体内に侵入したナノロボットでしょうか。

ti17082307.jpg

ti17082308.jpg
この半透明の糸の様なものに“見覚え”があります。最近はなくなったのですが、以前、よく腕や胸の辺りからこうした半透明の細い糸が出て来る事がありました。白髪の様な、でも髪の毛よりは細い糸の様なもので、今思えば正にファイバーでした。

私の体から“生えてきた”細い糸は、おそらくこれだったと思いますが、その当時は、あまり深く考えずにそのまま抜いていました。でも、あれを保存しておけばよかったと後悔しています。今なら間違いなく撮影して映像や画像も残しておくのですが、当時は何も知らない無知な人間だった為、突然変異?とか何かの間違いであの様なものが体内から出てくる事もあるんだろうな・・程度にしか考えていなかったのです。

ti17082318.jpg
上の画像の様に、体内で“成長”したファイバーの一部が、体内に出てしまったのではないかと思います。

ti17082309.jpg
私の体から伸びてきていたのは、まさにこの様なファイバーでした。

ti17082311.jpg

ti17082312.jpg
英語ができない私には詳細に把握する事ができないのですが、こういう事が地球規模で行われているのだと思います。

ti17082314.jpg
この人がこういう事を計画したのでしょうか?2015年という事は、つい最近まで生きていたのですよね。

それとも本当の犯人は↓?
ti17082202.jpg
私達はこんな蜘蛛の化け物みたいなのに支配されているのでしょうか?もしそうであるならゾッとします。もうどうする事もできないのでしょうかね。でも諦めたくない。

ti17082203.jpg
人体に隠された秘密や人類の起源、この地球で起きている事の真相を、私達は何も知らされていないのではないでしょうか。

ti17082301.jpg
私の耳の中にある異物は、おそらくこの様なファイバーだと思います。糸の様なものをピンセットで掴む事が出来るのですが、痛くて取り除く事はできません。周辺の細胞と癒着してしまっているので、手術で取り除くしかないと思いますが、信頼できる(闇側の息がかかっていない)医者を探し当てる事は不可能にも思えるので、このまま我慢するしかないのかなとも思いますが、それにしてもこんな事をするなんて許せませんね。

ti17082302.jpg
あのケムトレイルがこういう目的で撒かれているとしたら非常に由々しき事態です。人間の体を密かに内部から作り替えようとしているとしか思えません。そして体ごと乗っ取る計画?

英語の堪能な方はぜひその辺りを探って頂きたく思います。

ti17082204.jpg

目の中にカメラがある(目がカメラになっている)のは、多分本当だろうなとは思っていました。自分の視界の先にあの様な光景を見せる事が可能なのは、視界が筒抜けだからに違いないと。

ti17082315.jpg
やはり私達はこういう世界に生きているのではないかと思います。

映画They Liveは、そんな現実の世界を描いた作品だった。
少なくとも私はそう思っています。
“彼ら”を見破る(見分ける)人間を見つけると、仲間に知らせて集団で襲って来る(例の「おそわれていまーす」キャンペーンを展開している工作界隈と同じ表現を使うのは、全く本意ではありませんが)、それが集団ストーキングのルーツというか実体ではないのかと思えてならないのです。

この様な事を書くと、何をまたトンデモ話をしているのかと思われるかも知れません。おそらくそう思われる方が大半ではないでしょうか。

でも、ちょっと立ち止まって考えてみて下さい。
こうした内容が嘘やデマだと言うのは簡単です。
でも万が一嘘やデマでなかったとしたら?

そんな事あるわけないだろう!
お前は馬鹿か!

その様な口の利き方も知らない無礼な人間を相手にするつもりはありませんが、一見穏やかな口調でも、「そんなのは都市伝説ですからね」「真面目に考える必要なんてありませんからね」「ああ、それはプロパガンダです。支配層側のミスリードですから騙されない様にしましょう」など、何を根拠にそう言えるのかも不確かな安全神話?を吹聴し、油断させ、それが理由で手遅れになってしまったとしたら、例え善意からであっても、その様な言動をしていた人達の責任は決して軽くはないと思います。ましてや確信的にその様な事を言っていたとしたら、それは非常に悪質で罪深い誘導であると言わざるを得ません。

かと言って恐怖を煽る積もりでは全くありません。必要以上に恐れる事もないとは思いますが、無知と無関心と油断は命取りです。

安全神話とは、一部の誰かさん達にとって都合のいい作り話であり、自然の猛威やテロの前にはいかに脆いものであるのかを、私達日本人は身を以て経験したばかりではなかったのですか?

無関心と妄信が取り返しの付かない事態を招く事を、多くの犠牲と共に学んだのではなかったのですか?

それなのに、また同じ過ちを繰り返すのでは、何の教訓も活かされていなかったという事になるのではないでしょうか。この世界には、私達の想像も及ばない様な悪意と陰謀が渦巻いているのに、ただ内省だけしていればそれで大丈夫なのでしょうか。

敵も脅威も外側ではなく自分の内側にある?
本当にそうでしょうか?

明らかに自分が原因ではない外側の敵や脅威も確かに存在しているのに、その事を否定する理由が私には理解できません。

格言風に、または哲学調に、誰かが何か良いことを言っていそうだと思えば、深く考えずに賛同し付和雷同する人々。本当に自分の頭で考えて、そう思うのですか?世間一般の常識から外れない事が本当に正しい事なのでしょうか?その常識とは誰がどういう目論みで押しつけているかもわからないのに?

嘘ばかりのこの世界で、何が本当なのかを知る事は容易ではありませんが、嘘はいずれ暴かれるものなのかも知れません。

時々お邪魔しているサイトから1つリンクをお借りします。

Chris Everard:古代エジプトの一枚岩大彫刻だとされてきた塑像群が人造コンクリート製である証拠 (途中:その1)

※この部分を追記した直後にまた暴走バイクが近くをうろつき始めました。あれもおそらく人間ではない“何か”なのでしょうね。

サブブログの方の記事です。よかったらご覧下さい。内容はもちろん「レ」に関連した内容です。
ABC Newsキャスターさんも
スポンサーサイト

呆れた生活保護受給者の言い分

本当に保護が必要な方への批判ではありません。この様な輩がいるから皆怒っているのです。

(以下注意事項を飛ばして本文へ移動
本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・引用・転載・第三者による無断配信を固く禁じます。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を仕入れたり参考にするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。

一部、ショッキングな画像が含まれる場合がありますが、苦手な方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

集団ストーキングとは関係のない画像も含まれる場合があります。

この人、やくざみたいなのであまりこういう指摘をするのも怖いのですが、敢えて取り上げます。






この開き直った言い分に怒り心頭。



月29万円って、働いてもそれだけ貰える人って少ないと思いますけど?





こういう動画を見ていると、心底怒りが込み上げてきます。

日本人の生活保護バッシングが酷い、、などというプロパガンダが流されていますが、バッシング(と言うより正当な指摘を)している人達は、この動画に出てくる様な人達に対するバッシングをしているのに、冷酷な人達がヒステリックに叩いているという印象だけが一人歩きしている気がします。

個人的に何が一番腹立たしいかと言うと、生活保護を受給しながら集団ストーキングの様な犯罪行為をしている人間がかなりの数いると思われる事。そういう人達が、小学生も含め、家族ぐるみで私達親子に嫌がらせや付き纏いをしている事。

おそらく行政なども関与しているはずです。あるいは何らかの圧力団体(筆頭は部落解放同盟や暴力団、宗教団体)が、役所を脅したり圧力を掛けて、若しくは役所の中に入り込み、そうした者達が福祉を食い物にしているのだと思います。そうでなければここまでの不正規模には至っていないはずです。

こうした不正システムが出来上がってしまっているからこそ、またそれが許されているからこそ、今までに強引に獲得してきた利権や特権を何が何でも死守したい、あるいはもっと拡大したい既得権益層らが、様々な違法手段を使って目障りな人間を排除するシステム=集団ストーキング犯罪を世界規模で展開している事は容易に想像が付きます。

某カルト宗教の信者の受給率が突出して高い事がネットで噂されていますが、生活保護の受給と引き替えに、集ストに加担するという交換条件がなくならない限り、この様な組織犯罪がなくなる事はないと思います。

一度手にした甘い甘い特権を手放したくないから、それを守る為にはどんな事でもする様な人達です。集ストは殺人行為ですから、人殺しも厭わない人達です。あろう事か警察もその一部に組み込まれているという笑えない状況です。あるいは警察が主導しているのかも知れませんが・・。

一人の人間を寄って集って追い詰めて自殺させる様な極悪犯罪なのに、それを集団でやる事で神経や感覚が麻痺してしまい、悪い事(殺人行為)をしている自覚がないのか、あるいは組織の命令に従って、自分はただその命令を忠実に実行しているだけだと思い込む事によって自己正当化しているのでしょうか。

そういう事だろうから罪の意識を感じる事もないのだとは思いますが、それ以前の問題として、何の利害関係もなく名前さえ知らない、ましてや生まれた国も違う相手に対して敵意や憎悪を剥き出しにしてくるのは、ターゲットを同じ人間とはみなさず劣等生物としか見ていないか、若しくは根深い反日感情が根底にあるのだと思います。在日外国人が加担している事から、そうしたものが確実に存在すると確信に至っています。

その源流を遡っていくと、現時点の見解(私見)としては、やはり「ユダヤによる世界支配」という所に辿り着きます。彼らのアジェンダを達成する為に目障りな人間は削減してもよい、自分達が管理しやすい数になるまで間引きせよ、でも実験やら生配信やらで利用できるうちは利用して・・そういう事ではないでしょうか?

とは言うものの、集スト加害者になった事のない私には、これら加害者の心理やどういう指示命令体系になっているのかを完璧に把握する事は不可能なのですが、ひとつだけ言える事は、「自分達は正しい事をしているのだ、あいつ(私)こそが厄介者の危険人物なのだ」そういう意識を共有している事だけは如実に伝わってきます。

仮に加害者一人ひとりがその様な全体的な仕組みを理解していなかったとしても、または知らされていなかったとしても、

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
まさにそういう集団心理が働いて、自分が何をしているのか分かっていない、何となく疑問はあるけれど命令された事だから、あるいはお金が入ってくるからと、深く考えずに言われたまま実行しているのだとしたら、それはそれで非情にまずい状況である事に異論を挟む余地はないでしょう。

あるいは大人数で加害する事で、自分の罪が薄まるとでも思っている様ですが、実際はその逆です。集団で一人に対して加害すれば、一人一人の罪は寧ろ重くなるのです。

話を戻しますが、生活保護を受給しながら集団ストーカーに加担している人間がいる事は、伝聞やネットの情報ではなく私自身が確認しているので間違いありません。

隣の丸山は以前は生活保護、現在は障害者年金を受給しながら親子で集ストをしています。また家族ではない女も同居していて、明らかに不正行為をしている事は分かるのですが、そうした人物が平然と普通の住民を装っている事が何よりも我慢ならないのです。

中には仕事をしているふりをしている住民もいます。通勤を装って白々しく私の前に現れるS塚なども恐らくそうだと思います。そうでなければ母子世帯がどうやって食べているのか疑問なのと、本当に仕事をしているなら、私の行動にぴったりタイミングを合わせて仕事先から帰宅する事など不可能です。あるいはどこからか報酬が出ているのでしょうか?

いずれにしても集ストに加担している側の人間は、何をしても見逃されている事は間違いないと思います。正に集ストは治外法権である所以です。

そして先程も述べましたが、違法行為(集スト)に加担する代わりに、利権や特権などの恩恵に与る事ができる事は間違いないでしょう。人はお金や利益で動きます。逆に言えば、お金が絡まないのに、あるいは何のメリットもないのに、自分の時間を割いてこんな事をするはずがありません。他人の苦痛が蜜の味になってしまったサイコパスかエナジーヴァンパイアなら話は別ですが・・。

いずれにしてもこの団地は、そうした人間の巣窟となってしまっているのです。公営住宅がその様な犯罪者のアジトになってしまっているのです。もちろん管理している公社も例外ではなく、こうした組織犯罪に一枚も二枚も噛んでいるのですからどうしようもありません。TIの真下という願ってもない好条件の部屋に入居して来る人物が普通の住人であるわけがないのです。

納税者の皆さんにお聞きします。
皆さんはこういう人達を養う為に税金を払っているのですか?

下の動画主さんの主張は同意できます。


生きていて何の役にも立たないならまだしも、害になっている様な人間の為に、あるいは集ストに加担している様な犯罪者の為に、巨額の税金が使われているのは容認するべきなのでしょうか?もしそれを容認すれば、甘い汁に群がる輩が増え続けるだけだと思いますが・・。

補足ですが、何の役に立たないから生きる価値や資格がないとは言いません。また、生きる価値があるなしを他人が決めるべきではないと思います。

私が言いたい事は、この犯罪をなくす為には、まずこの生活保護問題に切り込まない限り、解決や根絶は無理ではないかという事。

そもそも外国人に生活保護を与えている事がおかしいのです。生活ができないのであれば、本来はその人物が国籍を有している国が面倒を見るべきでしょうに。また帰化や永住権制度なども見直しが必要です。そうでなければ日本の福祉が食い物にされ、日本人が困窮や貧困に喘ぎながら自殺を選ぶという様な悲惨な状況が今以上に加速する事は火を見るより明らかだと思います。



勝谷さんの主張、正論ですね。外国人ではなく、まずは本国人を保護するのが国の責任です。政治家の皆さん、しっかりして下さい。



プライバシーの崩壊と全てを監視される社会

監視社会に関する動画がありましたのでご紹介します。
(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・引用・転載・第三者による無断配信を固く禁じます。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を仕入れたり参考にするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。

一部、ショッキングな画像が含まれる場合がありますが、苦手な方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

集団ストーキングとは関係のない画像も含まれる場合があります。




小笠原さんの発言は正論だと思います。
人間にとって、プライバシーと自由ほど大事なものはないのではないでしょうか?(自由だからと言って何をしてもいい、という事を言っているのではありません)

逆にその2つが奪われた人生というのは、それこそ人生の墓場というか、生きている心地がしないであろう事は想像に難くないと思います。監視と弾圧(嫌がらせ・付き纏い)から自由になる事のない牢獄、私達TIは正しくその様な世界で生きているのです。いいえ、生きる事を余儀なくされたのです。

集団ストーキング被害者であれば、生活や行動の全てを監視されている事は嫌という程痛感されていると思います。一歩外に出れば、いつもの面々が狙い澄ました様に現れます。昨日はあの人、今日はこの人、という様に、ローテーションや交代で現れては自分達の存在を意識させ、ストレスを与え、また何かを奪っていく者達。

例え室内にいても、見るもの、考えた事も含め全てを把握されていて、ベランダに出ればそれに合わせて威嚇してくる暴走族や、子供に奇声を上げさせて、私が意識した所で芝居を見せつけたり、側溝の蓋を派手に鳴らして路駐にやってくるいつもの住民。

こんな蹂躙と集団リンチを受けながら一生を終えたとして、それでいい人生だったと言えるでしょうか?満足して死んでいく事ができるでしょうか?悔しい気持ちが消えるでしょうか?

ストーカーのなのに、自分は支配側という優越感がその表情から滲み出ているのを見ると、本当にこの人達を嫌悪というか憎悪してしまうのです。

いずれにしても、「アメリカの敵=ユダヤの敵」とみなされると、そのエージェント(手先=集スト加害者)がリアルタイムで付きまとってくるのです。アメリカだって実質権力を握っているのはユダヤでしょう?最近ユダヤ批判をしているので、それで被害が激化しているのだと思います。

***

今日も夕方、ベランダから空を撮影していると、下の方からガソリンの様な何か嫌な匂いがして来たので、誰が出て行くのか確認しようとカメラを向けると、その時を待っていたかの様に次から次に車が通過。

その後、下の部屋のK瀬が車で出て行き(あの異臭は片瀬の車だったかも、K瀬はピッ○インに勤めていると言っていた)、それに続いて黒の軽が駐車場に入って来ました。なんとまたあのS塚です。

同じタイミング、同じシチュエーションで現れたのはもう何回目?十回目?でしょうか?数えてないので分かりませんが、またかという感じです。

これは別の時の画像ですが
20170704175401tp.jpg

あからさまというか開き直っているというか、神経が図太いというか、もう何も言葉が出て来ません。

今日の画像はまた改めて掲載します。



それと、話は少し変わりますが、昨日↓K村M和の車が路駐しているので撮影していたら
20170817132301.jpg

すぐにやって来て路駐→シアターを始めた住民。
20170817132404b.jpg

定番の指差しアンカリングを無駄にしつこくやっていたのでPERPだとすぐに分かりましたが(というか路駐に来たタイミング分かりましたが)
20170817132617b.jpg

この足どう思われますか?
20170817132770b.jpg

膝裏~ふくらはぎにかけて謎の筋?が。
201708171328116.jpg

こういう奇妙な特徴が多数あるのですが、これらはデジタルノイズではありませんし、もちろん合成でもありません。合成や捏造をしていると思われるのでしたら、生映像をお渡ししますので、専門機関で徹底的に調べてみて下さい。

20170704174901tp.jpg

20170704175001d.jpg

上の画像は付き纏い常連のM浦爺ですが、この角度から見て、目の位置が明らかにおかしい事がお分かり頂けると思います。鼻の位置と目の位置をよく見比べてみて下さい。

私は何も、他人の画像を勝手に公開して面白がる様な人間ではありませんが、こういう事を伝えるには画像や映像を使用するしか方法がない事をご理解頂けたらと思います。

ストーカーをしているPERPは人間ではないと思うのは、この様に明らかに人間とは違う特徴が多数見られるから。そして危機感を募らせているから。不安や恐怖を煽るつもりはありませんが、こうした事に気付いてしまったのに黙っているわけにはいきません。それとも黙っていれば何とかなるのでしょうか?

逆に彼らも相当焦っているのか(やたらと笑顔を見せて余裕綽々に見せかけていますが)、特に最近は偽装がバレバレになって来ている様に思います。

Youtubeで見かけた(自動再生された)動画


監視社会から結局レプ路線になってしまいましたが、監視している者達を観察していると、やはりどうしてもここに繋がってしまいます。別に何が何でもここに誘導しようとしている訳ではありません。もしそう思われる方はこのブログはご覧にならない方がいいでしょう。知らず知らずに“誘導”されてしまう危険がありますから。


以下参考記事

ホロコーストと見直し論

TLで他の方が紹介して下さっていた記事
ヒトラーがユダヤ人を敵視した理由

集スト被害者の方の記事(更新が途絶えていますが・・)
犯罪のヒントを探る ユダヤのタルムード



上のサイトで管理人の方が繰り返し問いかけています。

これでいいんですか?日本人よ。

私も同じ事を思います。
綺麗事はもうたくさん。
何故ならこれは戦争だから。
宣戦布告をされたのに、相手を許す?受け入れる?抵抗しても無駄?

それはつまり、俺たちに逆らわずに黙って死ねと言われて、はい分かりましたと答える事。それが「素直で聞き分けがあって分別のある悟りの境地に達した大人の対応だ」と、どこかで誰かが言っていたとしても、そんな事ができる筈がないじゃないですか。だからこうして抵抗しているのです。

今までの非道で残虐極まりない蛮行の数々、そして人類に対する罪は決して許される事はないでしょう。またそうであってはならないと思います。

ちょっと違う方向からの情報ですが。

電子戦に転じたカバールの攻撃 〜指向性エネルギー兵器使用への警告〜

最後、NESARAのページに飛んでいくのでどうなのかな?とは思いつつ、この様な事に手を染めている者達は処分される、というのは信じたい気持ちです。

首謀者(組織)、そして末端の加害者に至るまで、この様なテロ活動を止めない者は、一日も早く処分される事を心から望みます。

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により、現在個人的なメールのやり取りはしておりません。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。m(..)m

補足・禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ、及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。せめて自分のブログで書く位の勇気も覚悟もない人間が偉そうにこのブログと私を中傷ですか?

ここで明確に禁止しているにも関わらず、この様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。

また、私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタン設置)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。

更に、投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で、投稿時の状態のまま公開、及び配布され続けているという事は、「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが、少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

またその様に主張しながらも、私自身が勝手に他の動画から大量にスクリーンショットを借用・掲載してしまっているのですが、全ては被害を終わらせる為のものであり、ある程度の目処が立てば(この被害の解決、または解決の糸口が見えた段階で)全て削除する予定です。場合によってはこのブログや動画等も全て削除するかも知れません。そうする事で、逆に私が権利侵害している場合でも、その影響を最小限に抑えられる為、それが一切を転載禁止としている理由です。

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を読破してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言するのなら、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また、各文献のどこがどう間違っているのかを、具体的に、そして私の様な学歴のない者にも分かる様に、きちんと説明してから言って下さい。

説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「妄想という妄想に取り付かれている道化師」なのではないですか?それともどこかからの指示や命令で、お小遣いを貰ってその様な“説”を唱えているのでしょうか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は証拠も根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げて、それに尾ひれや背びれを付けて主張を完結させているのは如何にも卑怯です。

この手の人達が主張する、「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である事の論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」という訴えの部分だけなのです。

その様な、実に表面的で極めて限定的な“フレーズ”だけを論拠として、被害妄想や統合失調症であると誘導しておきながら、それ以上は決して言及しないのです。深入りしないのです。


例えば私が何度も指摘している様に、自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返す事や、基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい・・という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルー。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽で卑怯で悪意と作意に満ちた主張だと思います。

そんな底の浅い人物の言論など全く信用するに価しないと私は思うのですが、その様な人の書いた本を、わざわざお金を払って購入して読みたいと思われますか?尤も私が指摘するまでもなく、聡明で賢明な方々にはあっさり見抜かれてしまう事でしょう。

仮に本人がその矛盾に気付かないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれているのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様な稚拙な言論(戯言)に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が、きちがいだ、統失だと騒いでいますが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分の素性や精神レベルの低さや恥を、頼んでもいないのに自らアピールして拡散しているだけの愚かな行為である事を、これを機に自覚して頂けたら幸いです。

以下、参考文献

「マインド・コントロールの動機」

「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」

※上記サイトの内容は非常に重要です。

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本
エルドン・A・バード博士からの手紙

超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

過去記事
(転載)秘密マインドコントロール実験

↓正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。
旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕



※字幕をONにして下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

これらの記事からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。憲法で保証されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織と繋がりのある者達が、平気で踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、政治家、公務員までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているものではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在しているのです。権力側にいる者にとって都合の悪い市民国民はこうした手法を使って密かに弾圧され迫害を受け、生活を破壊され、命を奪われているのです。この日本も例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、何故か頭ごなしに否定する人達がいます。

例え私の様な一個人の他愛のない仮説であっても、万が一にもその様なシステムが存在する可能性など0.001%たりともあってはならない人達がいるらしく、「そうした可能性もあるのではないか?」と仮説を述べたり推察する事が、余程都合が悪いのでしょう。とにかく「頭がおかしい」「病気だ」という言葉をすぐに持ち出しては、「変わり者のいかれた妄想」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか感じられません。

仮にこの集団ストーキングという“敵対者弾圧システム”が実在すると仮定して考えた場合、支配層や権力側が、自分達に都合の悪い人物を密かに排除したり始末するに当たり、実に都合のいいシステムだと思いませんか?そうであるなら、こんな都合のいいシステムを使わないはずがない、という想像力が働くはずです。私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様には、さらに深く鋭い洞察が働くのではないでしょうか。

そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない、と考える方が非現実的なのではありませんか?
そして私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を多数保有しています。

実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていて、自分達の組織や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に、尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさにその筋の人が使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのでしょう。政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力という事になるのです。

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、その分狙いやすいのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。ターゲットが騒いだら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの“自殺”の多くは、口封じの為の他殺ではないかと思っています。

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体での村八分と虐めです。
静岡県上野村・村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。そして徒党を組んで執拗に付きまといと嫌がらせを続けます。ターゲットが生きている限りそれは続きます。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

この様な事は遠い昔の話ではありません。今現在も行われているのです。ただし「害悪の告知」をして脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、告知をするのではなく、それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる様な方法で付きまとい=ストーキング行為をして本人を追い詰めます。しかも本人から指摘されても言い逃れができる様に口実と言い訳を用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で、誰にも怪しまれずに堂々と付きまとい・尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。仮に付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、いくらでも言い逃れが出来ます。当然です。最初からその様な手法しか使わないのですから。

実行部隊の人間は、表向き検挙される様な違法行為はして来ません。違法行為をする場合は電磁波や超音波等を悪用した目に見えない手段を使います。また不法侵入する際は、ターゲットの位置情報などからすぐに自宅に戻れない状況で実行し(密かに合鍵を作成・所持している。集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能です。また警察を呼んでも有耶無耶にされるだけです。

そうした加害行為以外の日常的なローテク加害行為としては、ターゲット(TI)にストレスを与える為に、TIの行動に合わせて自分達の姿を見せ、サイレンやエンジンの爆音等のノイズを聞かせるだけです。またTIの前を通過する際に特定の仕草をする事で(アンカリング)、TIの不快指数を上げストレスによるダメージを与えて来ます。排気ガス等に毒物を混入している事もある様です。

こうして付きまといと挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら楽しみながら何の罪悪感も感じることなく遂行している悪魔の様な者達。そんな危険な性質を持つ人物が、普通の住民に成りすまし、あるいは紛れて生活しているのです。

本来であればその様な人物こそ、危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。不良や暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかと、ただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

そもそも、仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまでの著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪である上にも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでもそのシステムを存続させるのです。権力による違法な監視(迫害)体勢や自分達の組織を維持する為に、また様々な利権や既得権益を死守する為に、そして市民や国民から望まれない支配を続ける為に・・・。

また敵対者や監視対象を追い詰める為に、違法なテクノロジーだけでなく、呪術や魔術を使う恐ろしいカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えています。これについては所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示す方がいますが、このブログでも時折触れていますし、ネットにも様々な情報がありますから、是非ご自身で調べてみて下さい。先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうか、多角的に考えて頂けたらと思います。

また地域だけでなく職場に於いても“重宝”する為、リストラに集団ストーカーの手法が使われています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

しかし、いつまでもこの様な犯罪を続けていて安泰でいられるとは限りません。因果応報、自業自得という言葉の通り、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか。

加害者の皆様も無関係ではないと思いますが?
世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも探せば同様の論文、内部告発、証言、資料、ネットの情報等は多数出て来ます。但し、ミスリードや偽情報も多く、偽被害者のサイトなどもありますので慎重に判断して下さい。このブログに記載している内容も完全に正しいわけではありません。紹介している全ての情報の真偽を確認する事は不可能であり、私が選択や判断ミスをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方の考えと責任においてして頂きます様お願いします。また私の間違いが明らかであればご指摘頂けると幸いです。

その上で言える事は、単に自分が知らないだけで、知識が欠乏しているだけで、あるいは理解できない難しい事が書いてあるだけで「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付けるのは実に卑怯だと思います。子供ではないのですから「怖い」とさえ言えば弱者として同情され、何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」
などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し、無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に、巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより、最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えて来ました。

また通常集スト加害者は、今話題になっている被害者の人に対する挑発の様な、あからさまな加害行為は滅多にしてきません。仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?

明らかな器物破損、敷地内不法侵入、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる傷害行為等をしている様子まではっきり映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょうか?警察は何をしているのでしょう?もしかして仲間ですか?

面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いや妄想だとミスリードする為の隠蔽工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

私達被害者が受けているローテク被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装った、非常に微妙かつ巧妙な手口です。それを組織的に何年にも渡って繰り返す事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰めるのです。

あの様な、被害届けを出されたら言い逃れのできない手法はまず使いません。逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中でこのギャングストーキングが猛威を振るっているのです。非常に狡猾で用意周到な加害組織及び実行犯達は決定的な証拠を残しません。だからこそ地道に状況証拠を積み上げるしか証明する手段がないのです。

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしている輩までいると言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

あるいはAIに学習させる為に、思考とライフログをハッキングされているのではないでしょうか。

「お前の様な人間を、誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるのか、そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」という、鼻息も荒く、まくしたてる工作員の主張は破綻しています。集団ストーカーはビジネスでもあり人体実験でもあり、邪魔な住民を密かに葬り去る事のできる“理想的”な敵対者排除システムでもあるのです。

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と不作為があるのですが、皆この犯罪に加担、あるいは関与している為、取材し追求するどころか被害者の邪魔をし足を引っ張り必死に隠蔽しているのです。

この様な者達に多大な権力を与えたままでは、この国は犯罪者のやりたい放題になってしまいます。そして現にそうなっています。これは決して日本だけの事ではありませんが、その様な人間を税金で養っている事に国民の皆さんはもっと怒った方が良いのではないでしょうか?

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの法律から「恋愛感情(改正後は好意の感情)が満たされなかった事による」の一文が削除されないのでしょうか。またその様な要望が上がっている事など百も承知なのになぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?

恋愛感情や好意を伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事など、少し考えれば小学生の子供でも分かることです。その様な単純な事を、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民、特に被害者からの要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。こんなふざけた話はありません。もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体が、敢えてこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらその様な人間が実質この国や世界の国々を動かしているのです。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし、他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

国民を欺きながら日本人を虐待しながら、国民の税金で私腹を肥やす様な公務員と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿でしょう。現実を直視し、それに立ち向かう勇気を、一人でも多くの人に持って頂けたらと思います。


当ブログに掲載している画像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為に、コントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので専門機関で調査し、その結果を公表し、何らかの手を加えている事がが証明された上で、捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。

この記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。尚、画像・動画の保存、転載、流用等は一切禁止します。ストレージのリンクを第三者に教える行為も禁止です。

また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や、組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり、不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

過去記事(一部)
嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・
※ご本人のアカウントが削除されています。

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

世界中に蔓延する組織的ストーキング

集団ストーキングと特殊部隊の類似性

ストレスによる人体実験の請負人達

BMI(ブレインマシンインターフェイス)による脳情報通信技術

スーパーテクノロジー犯罪の正体


集団ストーカーは虐め(精神的身体的虐待・暴行・傷害行為)の拡大版

集団ストーキングと人間競馬(人間賭博・博打)

加担する者は組織犯罪処罰法で罪に問われるべき

以下、掲載しきれない為、インデックスより過去記事一覧より適宜参照下さい。
記事インデックス

その他参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

悪魔(ユダヤ)からの最後通告 混迷日本にとどめを刺せ

ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また、各被害者によって考え方も違いますので、ご自身で調べ判断して頂きますようお願いします。

(偽?)鳩 路駐 マインドコントロール

全く一貫性のないタイトルになってしまいましたが、色々書いているうちにこんな内容になってしまいました。

20170731044601.jpg
(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・引用・転載・第三者による無断配信を固く禁じます。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するのは、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を仕入れたり参考にするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。

一部、ショッキングな画像が含まれる場合がありますが、苦手な方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

集団ストーキングとは関係のない画像も含まれる場合があります。

まず鳩に付いてですが、1ヵ月程前から、早朝の鳩の鳴き声が耳障りで安眠妨害されています。それも少しの間ならいいのですが、早朝から寝室側の電線に留まって1~2時間ずっと鳴いているのです。

同じ場所で毎日1~2時間近くも鳴き続けるというのもちょっと不自然だと思うので、もしかしてこの鳩も操られているのかと思ったりするのですが、それ以前にこの鳩は、どこか奇妙な印象を受けます。

よく見ると、目が赤かったりして一風変わった鳩なのですが、本物なのかも疑わしく思えます。Fakebirdかも知れません。

20170731044602.jpg

20170731044602b.jpg

20170731044618.jpg
↓調整後
20170731044618b.jpg

20170731044619.jpg

20170731044620.jpg

201707310450143.jpg

20170731045106.jpg
↓調整後 何か見えませんか?
20170731045106b.jpg

鳥や虫も操作可能なテクノロジーが密かに使用されています。
もちろん私達ターゲットにも。

テクノロジーに関する情報は下記サイトに詳しく書かれていますので、ぜひご覧下さい。

電磁波攻撃、電磁波を使った拷問・人体実験、モルゲロン、ナノチップによる脳の完全支配、「マインドコントロール」などについて

ちょっと話は逸れますが、上記サイトの記事から一部引用させて頂きます。

故 ラウニ・キルデ博士「マイクロチップ、インプラント、マインド・コントロール、サイバネティクス」

電磁場とビーム(それはヘリコプター、飛行機、衛星、駐車されたバン、近所の家、電柱、電気機器、携帯電話、TV、ラジオ、その他から放射されている)による人間の脳のターゲティングは民主主義的に選出された議会政府に提出されなければならない放射問題の一部である。


駐車されたバン

路駐する目的ってこれですよね?
路駐常習犯のみなさん?

セルシオ
エスティマ
他、特定の路駐常習車両。

20170817132301.jpg

20170601102101.jpg

↓もしかして反射板が付いていないのでは?マフラーも何か変。
20170601102102.jpg

20170528091706.jpg

2016100143104.jpg

20160506104301b.jpg

自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を取られるのになぜこうまでして執拗に違反駐車を繰り返すのでしょうか。

痴呆症でもない限り、誰もそんな馬鹿げた事はしませんから、何か理由があるからに決まっています。この人達はマインドコントロールで操られているのではなく確信犯です。そして驚く事に違法行為が許されているのです。だから警察も手を出せないのです。と言うより同じ仲間なので見逃している、あるいは擁護する、一緒になって迫害する・・という信じられない状況になっているのです。

この国で何をしても許される「治外法権」に守られた狂った権力者達に雇われた手先達に言います。

殺人行為をやめなさい。
今すぐに。

そう言えば先日の夜、サイレンが鳴って撮影に出た後、そのまま路駐車両を撮影していたら、なんと赤色灯を点灯させてパトカーがやって来ました。その前に暴走族のバイクの爆音がしていたのでパトロールに来たのか分かりませんが、ついでに路駐車両に警告の貼り紙でもしてくれるのかと思って見ていたら、見事にスルー。思いっきり脱力しました。

先日電話でお願いしてありますよね。
○○交番の方に伝えてくれると仰ったのは嘘だったのですか?
ナンバーも車種も伝えてあります。
その車が路駐していたのになぜスルーなのでしょうか。

それなら一体何の為に巡回に来たのですか?
暴走族が出没したからパトロールに来たという体裁を取り繕う為ですか?

違いますよね。
本当は私への威嚇に来たのですよね。

前から警察が私に貼り付いていたのは明らかです。
“ゆ”の親玉から命令されて、国民に対してその様な事をしているなんて恥ずかしくないですか?
これ以上税金を使って国民への裏切り行為に精を出すのはやめて下さいね。

子供まで容赦なく攻撃するなんて、そしてそれを見て見ぬ振りとは、あなた達はそれでも人間ですか?赤い血が通っているのですか?



世界共通ですが、いじめっ子ってなんでこんなに憎たらしい顔をしているんでしょうか。

この犯罪は朝鮮部落同和による犯罪である  戦後GHQによる不当な治外法権が今も尚水面下で続いている


PS.
ツイッターのDMで、私の事を中傷している人がいるかも知れませんが、その様な事を吹き込まれた場合、本人である私に直接確認して下さい。答えられる範囲ですが正直にお答えします。本人に確認もせず、誰かの言う事だけを一方的に信用しないで下さい。鵜呑みにしないで下さい。

理解のある振りをして急接近してきて、特定の被害者の事をDMでいきなり言ってくる人は逆に気を付けた方がいいかも知れません。例えばAという人の悪口をBの人に吹聴し、逆にBの人にAの悪口を吹聴する、という様な人がいたとして、うっかり話を合わせてしまい、実は私も・・等と言ってしまうと、今度はその相手に、実はあの人は陰であなたの事をこんな風に言っていた・・などと言いそうな気がします。

おそらく撹乱工作なのでしょうけれど、ネットには被害者や味方を装った工作員も多数いますので、慎重に様子を見てから見極めて頂きたいと思います。

自分は闇側ではないと自負している人が本当に光側の人であるならば、何か特別なものに守られている人であるならば、決してその様な事はしないはずです。相手が自分に心を開かなかったからと言って、相手を闇扱いするでしょうか?

人の心には光も闇も存在します。闇が一切存在せず光だけの人など一人もいないのではないでしょうか?なのに殊更に光側だ闇側だと断定して、あるいはレッテルを貼り、あの人は闇側だから気を付けてと誘導したり印象操作するのはどうなのでしょう。一体何が目的なのですか?

本当に光側の人であれば、自分が光側の人間だとか特別な存在だとか、殊更に強調したりアピールする様な事はしないと思いますし、またその必要もないでしょう。分かる人には分かりますから。

本当の闇を知らない人は、恐れずに自分の闇を見つめようとしない人は、光もまた知らない人なのではないかと、個人的には思います。

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により、現在個人的なメールのやり取りはしておりません。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。m(..)m

補足・禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ、及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。せめて自分のブログで書く位の勇気も覚悟もない人間が偉そうにこのブログと私を中傷ですか?

ここで明確に禁止しているにも関わらず、この様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。

また、私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタン設置)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。

更に、投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で、投稿時の状態のまま公開、及び配布され続けているという事は、「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが、少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

またその様に主張しながらも、私自身が勝手に他の動画から大量にスクリーンショットを借用・掲載してしまっているのですが、全ては被害を終わらせる為のものであり、ある程度の目処が立てば(この被害の解決、または解決の糸口が見えた段階で)全て削除する予定です。場合によってはこのブログや動画等も全て削除するかも知れません。そうする事で、逆に私が権利侵害している場合でも、その影響を最小限に抑えられる為、それが一切を転載禁止としている理由です。

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を読破してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言するのなら、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また、各文献のどこがどう間違っているのかを、具体的に、そして私の様な学歴のない者にも分かる様に、きちんと説明してから言って下さい。

説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「妄想という妄想に取り付かれている道化師」なのではないですか?それともどこかからの指示や命令で、お小遣いを貰ってその様な“説”を唱えているのでしょうか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は証拠も根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げて、それに尾ひれや背びれを付けて主張を完結させているのは如何にも卑怯です。

この手の人達が主張する、「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である事の論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」という訴えの部分だけなのです。

その様な、実に表面的で極めて限定的な“フレーズ”だけを論拠として、被害妄想や統合失調症であると誘導しておきながら、それ以上は決して言及しないのです。深入りしないのです。


例えば私が何度も指摘している様に、自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返す事や、基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい・・という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルー。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽で卑怯で悪意と作意に満ちた主張だと思います。

そんな底の浅い人物の言論など全く信用するに価しないと私は思うのですが、その様な人の書いた本を、わざわざお金を払って購入して読みたいと思われますか?尤も私が指摘するまでもなく、聡明で賢明な方々にはあっさり見抜かれてしまう事でしょう。

仮に本人がその矛盾に気付かないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれているのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様な稚拙な言論(戯言)に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が、きちがいだ、統失だと騒いでいますが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分の素性や精神レベルの低さや恥を、頼んでもいないのに自らアピールして拡散しているだけの愚かな行為である事を、これを機に自覚して頂けたら幸いです。

以下、参考文献

「マインド・コントロールの動機」

「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」

※上記サイトの内容は非常に重要です。

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本
エルドン・A・バード博士からの手紙

超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

過去記事
(転載)秘密マインドコントロール実験

↓正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。
旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕



※字幕をONにして下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

これらの記事からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。憲法で保証されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織と繋がりのある者達が、平気で踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、政治家、公務員までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているものではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在しているのです。権力側にいる者にとって都合の悪い市民国民はこうした手法を使って密かに弾圧され迫害を受け、生活を破壊され、命を奪われているのです。この日本も例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、何故か頭ごなしに否定する人達がいます。

例え私の様な一個人の他愛のない仮説であっても、万が一にもその様なシステムが存在する可能性など0.001%たりともあってはならない人達がいるらしく、「そうした可能性もあるのではないか?」と仮説を述べたり推察する事が、余程都合が悪いのでしょう。とにかく「頭がおかしい」「病気だ」という言葉をすぐに持ち出しては、「変わり者のいかれた妄想」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか感じられません。

仮にこの集団ストーキングという“敵対者弾圧システム”が実在すると仮定して考えた場合、支配層や権力側が、自分達に都合の悪い人物を密かに排除したり始末するに当たり、実に都合のいいシステムだと思いませんか?そうであるなら、こんな都合のいいシステムを使わないはずがない、という想像力が働くはずです。私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様には、さらに深く鋭い洞察が働くのではないでしょうか。

そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない、と考える方が非現実的なのではありませんか?
そして私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を多数保有しています。

実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていて、自分達の組織や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に、尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさにその筋の人が使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのでしょう。政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力という事になるのです。

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、その分狙いやすいのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。ターゲットが騒いだら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの“自殺”の多くは、口封じの為の他殺ではないかと思っています。

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体での村八分と虐めです。
静岡県上野村・村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。そして徒党を組んで執拗に付きまといと嫌がらせを続けます。ターゲットが生きている限りそれは続きます。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

この様な事は遠い昔の話ではありません。今現在も行われているのです。ただし「害悪の告知」をして脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、告知をするのではなく、それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる様な方法で付きまとい=ストーキング行為をして本人を追い詰めます。しかも本人から指摘されても言い逃れができる様に口実と言い訳を用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で、誰にも怪しまれずに堂々と付きまとい・尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。仮に付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、いくらでも言い逃れが出来ます。当然です。最初からその様な手法しか使わないのですから。

実行部隊の人間は、表向き検挙される様な違法行為はして来ません。違法行為をする場合は電磁波や超音波等を悪用した目に見えない手段を使います。また不法侵入する際は、ターゲットの位置情報などからすぐに自宅に戻れない状況で実行し(密かに合鍵を作成・所持している。集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能です。また警察を呼んでも有耶無耶にされるだけです。

そうした加害行為以外の日常的なローテク加害行為としては、ターゲット(TI)にストレスを与える為に、TIの行動に合わせて自分達の姿を見せ、サイレンやエンジンの爆音等のノイズを聞かせるだけです。またTIの前を通過する際に特定の仕草をする事で(アンカリング)、TIの不快指数を上げストレスによるダメージを与えて来ます。排気ガス等に毒物を混入している事もある様です。

こうして付きまといと挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら楽しみながら何の罪悪感も感じることなく遂行している悪魔の様な者達。そんな危険な性質を持つ人物が、普通の住民に成りすまし、あるいは紛れて生活しているのです。

本来であればその様な人物こそ、危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。不良や暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかと、ただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

そもそも、仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまでの著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪である上にも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでもそのシステムを存続させるのです。権力による違法な監視(迫害)体勢や自分達の組織を維持する為に、また様々な利権や既得権益を死守する為に、そして市民や国民から望まれない支配を続ける為に・・・。

また敵対者や監視対象を追い詰める為に、違法なテクノロジーだけでなく、呪術や魔術を使う恐ろしいカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えています。これについては所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示す方がいますが、このブログでも時折触れていますし、ネットにも様々な情報がありますから、是非ご自身で調べてみて下さい。先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうか、多角的に考えて頂けたらと思います。

また地域だけでなく職場に於いても“重宝”する為、リストラに集団ストーカーの手法が使われています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

しかし、いつまでもこの様な犯罪を続けていて安泰でいられるとは限りません。因果応報、自業自得という言葉の通り、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか。

加害者の皆様も無関係ではないと思いますが?
世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも探せば同様の論文、内部告発、証言、資料、ネットの情報等は多数出て来ます。但し、ミスリードや偽情報も多く、偽被害者のサイトなどもありますので慎重に判断して下さい。このブログに記載している内容も完全に正しいわけではありません。紹介している全ての情報の真偽を確認する事は不可能であり、私が選択や判断ミスをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方の考えと責任においてして頂きます様お願いします。また私の間違いが明らかであればご指摘頂けると幸いです。

その上で言える事は、単に自分が知らないだけで、知識が欠乏しているだけで、あるいは理解できない難しい事が書いてあるだけで「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付けるのは実に卑怯だと思います。子供ではないのですから「怖い」とさえ言えば弱者として同情され、何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」
などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し、無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に、巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより、最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えて来ました。

また通常集スト加害者は、今話題になっている被害者の人に対する挑発の様な、あからさまな加害行為は滅多にしてきません。仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?

明らかな器物破損、敷地内不法侵入、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる傷害行為等をしている様子まではっきり映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょうか?警察は何をしているのでしょう?もしかして仲間ですか?

面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いや妄想だとミスリードする為の隠蔽工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

私達被害者が受けているローテク被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装った、非常に微妙かつ巧妙な手口です。それを組織的に何年にも渡って繰り返す事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰めるのです。

あの様な、被害届けを出されたら言い逃れのできない手法はまず使いません。逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中でこのギャングストーキングが猛威を振るっているのです。非常に狡猾で用意周到な加害組織及び実行犯達は決定的な証拠を残しません。だからこそ地道に状況証拠を積み上げるしか証明する手段がないのです。

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしている輩までいると言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

あるいはAIに学習させる為に、思考とライフログをハッキングされているのではないでしょうか。

「お前の様な人間を、誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるのか、そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」という、鼻息も荒く、まくしたてる工作員の主張は破綻しています。集団ストーカーはビジネスでもあり人体実験でもあり、邪魔な住民を密かに葬り去る事のできる“理想的”な敵対者排除システムでもあるのです。

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と不作為があるのですが、皆この犯罪に加担、あるいは関与している為、取材し追求するどころか被害者の邪魔をし足を引っ張り必死に隠蔽しているのです。

この様な者達に多大な権力を与えたままでは、この国は犯罪者のやりたい放題になってしまいます。そして現にそうなっています。これは決して日本だけの事ではありませんが、その様な人間を税金で養っている事に国民の皆さんはもっと怒った方が良いのではないでしょうか?

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの法律から「恋愛感情(改正後は好意の感情)が満たされなかった事による」の一文が削除されないのでしょうか。またその様な要望が上がっている事など百も承知なのになぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?

恋愛感情や好意を伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事など、少し考えれば小学生の子供でも分かることです。その様な単純な事を、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民、特に被害者からの要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。こんなふざけた話はありません。もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体が、敢えてこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらその様な人間が実質この国や世界の国々を動かしているのです。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし、他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

国民を欺きながら日本人を虐待しながら、国民の税金で私腹を肥やす様な公務員と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿でしょう。現実を直視し、それに立ち向かう勇気を、一人でも多くの人に持って頂けたらと思います。


当ブログに掲載している画像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為に、コントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので専門機関で調査し、その結果を公表し、何らかの手を加えている事がが証明された上で、捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。

この記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。尚、画像・動画の保存、転載、流用等は一切禁止します。ストレージのリンクを第三者に教える行為も禁止です。

また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や、組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり、不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

過去記事(一部)
嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・
※ご本人のアカウントが削除されています。

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

世界中に蔓延する組織的ストーキング

集団ストーキングと特殊部隊の類似性

ストレスによる人体実験の請負人達

BMI(ブレインマシンインターフェイス)による脳情報通信技術

スーパーテクノロジー犯罪の正体


集団ストーカーは虐め(精神的身体的虐待・暴行・傷害行為)の拡大版

集団ストーキングと人間競馬(人間賭博・博打)

加担する者は組織犯罪処罰法で罪に問われるべき

以下、掲載しきれない為、インデックスより過去記事一覧より適宜参照下さい。
記事インデックス

その他参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

悪魔(ユダヤ)からの最後通告 混迷日本にとどめを刺せ

ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また、各被害者によって考え方も違いますので、ご自身で調べ判断して頂きますようお願いします。

同じ日、同じ時間、同じ行き先で

今日起きてから知ったのですが、今度は全日空でトラブルがあったようです。
(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・転載・第三者による無断配信を固く禁じます。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を仕入れたり参考にするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。


御巣鷹慰霊の日 全日空機が羽田に緊急着陸 「酸素マスクが下りてきた」「バンと音がして上昇中にも異音が…」 SNSに続々書き込み
折しもこの日は日航機墜落事故からちょうど32年の慰霊の日だった。発着空港も、出発時刻も、予定到着時刻も日航機123便とほぼ同じ。ツイッターには乗客からとみられる投稿が相次ぎ、「何か日航機墜落事故の犠牲者の魂が旅行者を守ってくれてるみたいで、不思議な気持ちになった」という書き込みもあった。


全日空機緊急着陸、日航機墜落事故から32年…同日、同じ羽田発伊丹行きで

同日、同時刻、同じルート・・こんな偶然の一致などあるのでしょうか?


「オカルト界隈」というカテゴライズと表現は嫌いなのですが・・

全日空37便緊急着陸 あの123便墜落と日付・時刻・経路・発生箇所が同じでオカルト界隈ザワつく

33回忌という事で、あの事故を再び起こそうと企んでいたのではないかと、つい陰謀的に考えてしまうのですが、真相はわかりません。仮にその様な計画があったとして、それを阻止してくれたのは、日航機事故で亡くなられた方々だったのではないでしょうか。

犠牲者達の霊障ではないか、などと言っている人もいますが、私はその方々が守ってくれたのだと思います。

ちょうど6時半ころから7時過ぎまで、私はベランダから雲と霞で覆われた御巣鷹山の方を見ていました。あんな事故はもう起きて欲しくないという願いと、亡くなられた方々が安らかに眠って欲しいという祈りを込めて。

その間にもひっきりなしに族のバイクが近づいてきて、汚らしいエンジン音を聞かせては邪魔をして来ましたが、そんな事にいちいち反応する気にもなれず、祈りと追悼に集中しました。

同じ時刻に祈りを捧げていた方も多かったと思いますが、その祈りが届いたのかもしれません。


何かを企んでいるあなた方。
もし、また何か企んでいたとしても、あなた方のその邪悪な計画は、悉く失敗する事でしょう。
人口台風(気象操作)にしても地震にしても、飛行機事故にしても・・。

別に何か根拠があるわけではありませんが、そんな気がします。
また、そうであって欲しいと願っています。

耳の中に送受信機?

最近、耳の中にまた異物があるのですが、やっぱり何か埋め込まれている可能性が高い様に思います。(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・転載・第三者による無断配信を固く禁じます。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を仕入れたり参考にするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。


耳が無防備な状態でいると、トラックや車、バイクなどによる嫌がらせ(騒音攻撃)が尋常ではない為、ノイズ対策で耳栓をずっとしているのですが、蒸れるというのもあって耳の中が痒くなるので綿棒で耳掃除をすると、外耳の壁の顔側の部分でガリっという音がします。

綿棒を当てた時の感触からすると、薄いフィルムか何かの様なものが剥がれかかっている感じがします。その感触から、これやはりチップではないかと思っています。

自分でも記憶のない状態で埋め込まれたか、それとも子供の頃にでも埋め込まれたのか分かりませんが、それが今頃になって表面に浮き上がってきている様な気がします。

もともとは皮膚の下に埋まっていて皮膚と一体化していたのでしょうから、当然ながらその皮膚と癒着している部分を剥がさないといけないので、自分でピンセットなどで引っ張って取り除く事はできません。

以前も一度写真をUPしていますが、あの時の剥がれかけたものは自然に取れて、その後耳栓をした時の痛みは軽減していました。それがここにきてまた同じ様に浮き上がっていて、耳栓をすると痛いので、困ったものだなと。

私が思うに、これで思考盗聴が可能になるのではないかと思います。耳の中のフィルム状のチップが自分の脳波(思考や視覚情報)の発信器になっていて、それを電話線で遠隔に送信しているのではないかと思います。私は耳だけでなく歯にもチップを埋め込まれている疑いが非常に濃厚です。松○医科歯科大の対応が、今思い返すと“如何にも”でしたから。

こうして監視対象には子供の頃に体内にチップを埋め込み、一生涯に渡って監視やコントロールをしているのではないかと思います。そして最後は根こそぎ刈り取る算段なのでしょう。

また送信するだけでなく受信もしているはずです。どんな手を使ってでも徹底して嫌がらせをする性質と執念深さを考えると、送信だけで終わらせるとは考えにくい為、間違いなく受信機としても機能していて、音声送信(本人が音声と認識しないサブリミナル含む)などにも悪用されている様に思います。大音量の金属音やホワイトノイズの様な耳鳴りも一種の音声送信被害なのだと思います。

一体誰がこんな事を?


ある方のツイートで紹介されていた記事に、重要なヒントが隠されていると思います。

なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟

日本は未だに占領下なのですよね。
この被害を体験したからこそ心の底から実感できるのかも知れませんが、しみじみそう思います。独立国家でも何でもなく植民地だったのです。日本の法律の外で自由に振る舞える者達が支配している国だったのです。

そしてすっかり平和ボケして独立国家だと勘違いしたままの日本人を監視して、反抗的な者がいないか目を光らせ、目障りな日本人を粛正しているのは、宗主国の飼い犬である下僕であり手先たち。その手先と一緒になっておこぼれに群がる裏切り者の日本人。

このシステムの司令塔が米軍であるなら、集ストそのものが治外法権なのですよね。

だからやりたい放題なんですね。
これだけあからさまに犯罪行為に及んでいながら何のお咎めもなく、涼しい顔で生きていられるのですよね。普通の住民を装って。あるいは日本人に成りすまして。

しかも、あろうことか生活保護や障害年金で手厚く保護されている犯罪者までいるという惨状。公営住宅はその様な犯罪者の巣窟、アジトと化しているのですから、言葉を失います。

殺さなければ何をしても捕まらない、つまり、証拠を残さずスローキルで殺害するのは全然OKという事なのでしょう。みんな分かっているのに知らん顔。警察もそう。市民の大半が加害側に取り込まれている様な印象さえあります。加担していない人はどこにいるのかと。

証拠が残らなければ何をしても許される。証拠が残らず目に見えない電磁波、毒ガス、超音波などによる攻撃は、存在しない事になる。こんな理不尽がまかり通る国なんですね。

もし加害側の息の掛かっていない耳鼻科の先生がいたら、この異物を除去して貰いたいと思っています。紛れもない物的証拠が自分の身体の中にあるのですから。

ただそういう先生は、暗殺とか妨害とかされて潰されてしまうので、闇側と全く無関係の先生は恐らくいない様な気がします。仮に奇跡的にでもその様な先生がいらっしゃったとして、探し出すのは非常に難しいと思います。

おそらく麻酔や手術が必要だと思うので、うまく誤魔化されるか証拠隠滅されるのが関の山ではないでしょうか。

故 ラウニ・キルデ博士「マイクロチップ、インプラント、マインド・コントロール、サイバネティクス」
1946年、脳電極が彼らの両親達の了解を得ることなしに赤ちゃんの頭蓋骨の中に挿入された。1950年代及び1960年代には電動インプラントが動物と人間の脳に挿入された。それは特にアメリカにおける行動修正及び脳と身体をコントロールする為の研究の中で行われた。マインド・コントロール(MC)メソッドは人間の行動と気持ちを変化させる為の試みの中で使用された。脳の機能に影響を及ぼすことが軍と諜報局の重要な目的になった。


「1950年代及び1960年代には」とありますが、やはり私は産まれた後にこの様なインプラントが埋め込まれていたはずです。20代の頃に、明らかに追跡されていたと確信するに足るエピソードがあります。

こんな卑劣な行為を絶対に許せません。
必ず償ってもらいます。どういう形であれ。

※受信体が施術される事はない、そういう情報を流しているのは偽被害者だというツイートを見かけました。それに対する反論を末尾に追記しています。(8/19追記)


それと今日は長崎の原爆の日。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

戦争にしても組織犯罪にしても、もういい加減、こんな愚かな事はやめるべきです。
どうしてもやめないのなら、必ずその報いを受ける事になるでしょう。




追記(と言っても本文と同じくらいのボリュームになってますが・・・)

8/9 15:35 少し補足、加筆していたらサイレンが鳴りました。



事故は発生していないのでまた落下物ですか?


このサイレン(緊急出動)はおそらく「治外法権」に反応した様に思います。やっぱりこのあたりが急所というかツボなのでしょう。

アメリカ(米軍)→日本の傀儡官僚・政治家→地元権力者・役所・大手企業→実行部隊=在日(主に中国・朝鮮・韓国)人・解同・創価・統一・その他カルト宗教・企業・公務員・暴力団・ヤクザ・自治会・加害住民他→TI

各TIに対する迫害方針も含め、日米安保条約や(←これは書き間違い)日米合同委員会等々で決定され、それを忠実に実行する末端加害者達。警察も仲間なので殺人事件にでもならない限り黙認または否定または隠蔽。

こういう事なのではないでしょうか?

アメリカの上には・・と考えていくときりがないのと、あまり上ばかり見すぎてしまうと、肝心の足元が全く見えていないという本末転倒の状況になる為、それ以上は深く追求してもあまり意味がない様に思います。意味がないというより(全く意味がないわけではないと思いますが)、フリーメーソンなどという漠然とした枠組みだけで見てしまうと、その正体がぼやけてしまって、現実的な解明や追求がおろそかになってしまう懸念があります。

かと言って、ある団体だけが加害者だと断定して追求するのは、逆に全体が見えなくなってしまうので、やはりバランスが重要なのかも知れません。恐らく、創価単体でできる様な犯行ではないと思います。


拡散希望との事ですので、画像をお借りしました。









画像はhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466?page=4より。


更に追記(8/19)

チップの埋め込みに関して、この様な事をツイートしている被害者の方がいました。
17081902.jpg

17081901.jpg


一番上のツイートですが、集スト被害、ここではハイテク攻撃によって現れる身体的状態を、自律神経失調症の症状と思わせ様としている様な気がするのと、統合失調症を持ち出すのも何か引っ掛かります。

そして受信体が施術で体に埋め込まれる事は絶対にあり得ません、と断言されていますが、どうしてそこまで言い切れるのか、逆に疑問に思います。

そして、「どこの情報を信じているのか、情報の共有を間違えると大変です、仄めかしです」(なぜ仄めかしなのか謎ですが)との事ですが、私が参照させて頂いたのはこちらの情報になります。



あるいは冒頭にも書いている様に、ラウニ・キルデ博士の情報とか。

再度引用致します。
故 ラウニ・キルデ博士「マイクロチップ、インプラント、マインド・コントロール、サイバネティクス」より
このテクノロジーは人々の脳を、埋め込み式のマイクロチップを通して、地上の基地にあるスーパーコンピューターによって制御される人工衛星にリンクさせる。

そして、よもぎやさんという方は、いとも簡単に「その様な情報を流しているのは偽被害者ということになります」と続けています。という事は、この情報発信元である被害おやじさんや、耳の中に受信機が埋め込まれているのではないかというこの記事を書いた私は偽被害者という事になるのですよね。

キルデ博士の情報などは極めて科学的で現実的な内容だと思うのですが、マイクロチップ含め、受信体が万が一にも自分の身体に埋め込まれているのではないかと考えている私の様な被害者は、都市伝説に被れて脳をやられ、精神異常を来している笑われ者であるかの様な印象を、このツイートから受けるのは気のせいでしょうか?

それともその様な会話を二人一組のQ&A形式でやりとりする事によって、その様に印象づけようとしているのでは?などと、ひねくれ者の私は勘ぐってしまいたくなりますが、そうでない事を願うばかりです。

そう言えば、本人に無断でチップが埋め込まれる事などあり得ないと豪語しておられた方もいらっしゃいましたが、何か引っ掛かるのです。

無断で埋め込み?
あるに決まっているじゃないですか。

上記サイト内を「チップ」で検索
チップ

「科学がわれわれの人生を支配する時代」より
その一生を通じて、見られ、チップを入れられ、モニターされ、評価されるのだから。何もかもが我々の目の前にフォーマットされている。



下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により、現在個人的なメールのやり取りはしておりません。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。

補足・禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ、及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。せめて自分のブログで書く位の勇気も覚悟もない人間が偉そうにこのブログと私を中傷ですか?

ここで明確に禁止しているにも関わらず、この様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。

また、私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタン設置)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。

更に、投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で、投稿時の状態のまま公開、及び配布され続けているという事は、「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが、少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

またその様に主張しながらも、私自身が勝手に他の動画から大量にスクリーンショットを借用・掲載してしまっているのですが、全ては被害を終わらせる為のものであり、ある程度の目処が立てば(この被害の解決、または解決の糸口が見えた段階で)全て削除する予定です。場合によってはこのブログや動画等も全て削除するかも知れません。そうする事で、逆に私が権利侵害している場合でも、その影響を最小限に抑えられる為、それが一切を転載禁止としている理由です。

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を読破してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言するのなら、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また、各文献のどこがどう間違っているのかを、具体的に、そして私の様な学歴のない者にも分かる様に、きちんと説明してから言って下さい。

説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「妄想という妄想に取り付かれている道化師」なのではないですか?それともどこかからの指示や命令で、お小遣いを貰ってその様な“説”を唱えているのでしょうか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は証拠も根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げて、それに尾ひれや背びれを付けて主張を完結させているのは如何にも卑怯です。

この手の人達が主張する、「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である事の論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」という訴えの部分だけなのです。

その様な、実に表面的で極めて限定的な“フレーズ”だけを論拠として、被害妄想や統合失調症であると誘導しておきながら、それ以上は決して言及しないのです。深入りしないのです。


例えば私が何度も指摘している様に、自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返す事や、基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい・・という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルー。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽で卑怯で悪意と作意に満ちた主張だと思います。

そんな底の浅い人物の言論など全く信用するに価しないと私は思うのですが、その様な人の書いた本を、わざわざお金を払って購入して読みたいと思われますか?尤も私が指摘するまでもなく、聡明で賢明な方々にはあっさり見抜かれてしまう事でしょう。

仮に本人がその矛盾に気付かないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれているのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様な稚拙な言論(戯言)に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が、きちがいだ、統失だと騒いでいますが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分の素性や精神レベルの低さや恥を、頼んでもいないのに自らアピールして拡散しているだけの愚かな行為である事を、これを機に自覚して頂けたら幸いです。

以下、参考文献

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本
エルドン・A・バード博士からの手紙

株式会社みらい計画研究所 高橋栄人氏論文
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

過去記事
(転載)秘密マインドコントロール実験

↓正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。
旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕



※字幕をONにして下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

これらの記事からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。憲法で保証されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織と繋がりのある者達が、平気で踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、政治家、公務員までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているものではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在しているのです。権力側にいる者にとって都合の悪い市民国民はこうした手法を使って密かに弾圧され迫害を受け、生活を破壊され、命を奪われているのです。この日本も例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、何故か頭ごなしに否定する人達がいます。

例え私の様な一個人の他愛のない仮説であっても、万が一にもその様なシステムが存在する可能性など0.001%たりともあってはならない人達がいるらしく、「そうした可能性もあるのではないか?」と仮説を述べたり推察する事が、余程都合が悪いのでしょう。とにかく「頭がおかしい」「病気だ」という言葉をすぐに持ち出しては、「変わり者のいかれた妄想」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか感じられません。

仮にこの集団ストーキングという“敵対者弾圧システム”が実在すると仮定して考えた場合、支配層や権力側が、自分達に都合の悪い人物を密かに排除したり始末するに当たり、実に都合のいいシステムだと思いませんか?そうであるなら、こんな都合のいいシステムを使わないはずがない、という想像力が働くはずです。私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様には、さらに深く鋭い洞察が働くのではないでしょうか。

そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない、と考える方が非現実的なのではありませんか?
そして私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を多数保有しています。

実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていて、自分達の組織や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に、尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさにその筋の人が使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのでしょう。政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力という事になるのです。

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、その分狙いやすいのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。ターゲットが騒いだら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの“自殺”の多くは、口封じの為の他殺ではないかと思っています。

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体での村八分と虐めです。
静岡県上野村・村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。そして徒党を組んで執拗に付きまといと嫌がらせを続けます。ターゲットが生きている限りそれは続きます。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

この様な事は遠い昔の話ではありません。今現在も行われているのです。ただし「害悪の告知」をして脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、告知をするのではなく、それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる様な方法で付きまとい=ストーキング行為をして本人を追い詰めます。しかも本人から指摘されても言い逃れができる様に口実と言い訳を用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で、誰にも怪しまれずに堂々と付きまとい・尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。仮に付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、いくらでも言い逃れが出来ます。当然です。最初からその様な手法しか使わないのですから。

実行部隊の人間は、表向き検挙される様な違法行為はして来ません。違法行為をする場合は電磁波や超音波等を悪用した目に見えない手段を使います。また不法侵入する際は、ターゲットの位置情報などからすぐに自宅に戻れない状況で実行し(密かに合鍵を作成・所持している。集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能です。また警察を呼んでも有耶無耶にされるだけです。

そうした加害行為以外の日常的なローテク加害行為としては、ターゲット(TI)にストレスを与える為に、TIの行動に合わせて自分達の姿を見せ、サイレンやエンジンの爆音等のノイズを聞かせるだけです。またTIの前を通過する際に特定の仕草をする事で(アンカリング)、TIの不快指数を上げストレスによるダメージを与えて来ます。排気ガス等に毒物を混入している事もある様です。

こうして付きまといと挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら楽しみながら何の罪悪感も感じることなく遂行している悪魔の様な者達。そんな危険な性質を持つ人物が、普通の住民に成りすまし、あるいは紛れて生活しているのです。

本来であればその様な人物こそ、危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。不良や暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかと、ただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

そもそも、仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまでの著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪である上にも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでもそのシステムを存続させるのです。権力による違法な監視(迫害)体勢や自分達の組織を維持する為に、また様々な利権や既得権益を死守する為に、そして市民や国民から望まれない支配を続ける為に・・・。

また敵対者や監視対象を追い詰める為に、違法なテクノロジーだけでなく、呪術や魔術を使う恐ろしいカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えています。これについては所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示す方がいますが、このブログでも時折触れていますし、ネットにも様々な情報がありますから、是非ご自身で調べてみて下さい。先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうか、多角的に考えて頂けたらと思います。

また地域だけでなく職場に於いても“重宝”する為、リストラに集団ストーカーの手法が使われています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

しかし、いつまでもこの様な犯罪を続けていて安泰でいられるとは限りません。因果応報、自業自得という言葉の通り、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか。

加害者の皆様も無関係ではないと思いますが?
世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも探せば同様の論文、内部告発、証言、資料、ネットの情報等は多数出て来ます。但し、ミスリードや偽情報も多く、偽被害者のサイトなどもありますので慎重に判断して下さい。このブログに記載している内容も完全に正しいわけではありません。紹介している全ての情報の真偽を確認する事は不可能であり、私が選択や判断ミスをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方の考えと責任においてして頂きます様お願いします。また私の間違いが明らかであればご指摘頂けると幸いです。

その上で言える事は、単に自分が知らないだけで、知識が欠乏しているだけで、あるいは理解できない難しい事が書いてあるだけで「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付けるのは実に卑怯だと思います。子供ではないのですから「怖い」とさえ言えば弱者として同情され、何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」
などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し、無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に、巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより、最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えて来ました。

また通常集スト加害者は、今話題になっている被害者の人に対する挑発の様な、あからさまな加害行為は滅多にしてきません。仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?

明らかな器物破損、敷地内不法侵入、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる傷害行為等をしている様子まではっきり映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょうか?警察は何をしているのでしょう?もしかして仲間ですか?

面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いや妄想だとミスリードする為の隠蔽工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

私達被害者が受けているローテク被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装った、非常に微妙かつ巧妙な手口です。それを組織的に何年にも渡って繰り返す事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰めるのです。

あの様な、被害届けを出されたら言い逃れのできない手法はまず使いません。逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中でこのギャングストーキングが猛威を振るっているのです。非常に狡猾で用意周到な加害組織及び実行犯達は決定的な証拠を残しません。だからこそ地道に状況証拠を積み上げるしか証明する手段がないのです。

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしている輩までいると言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

あるいはAIに学習させる為に、思考とライフログをハッキングされているのではないでしょうか。

「お前の様な人間を、誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるのか、そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」という、鼻息も荒く、まくしたてる工作員の主張は破綻しています。集団ストーカーはビジネスでもあり人体実験でもあり、邪魔な住民を密かに葬り去る事のできる“理想的”な敵対者排除システムでもあるのです。

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と不作為があるのですが、皆この犯罪に加担、あるいは関与している為、取材し追求するどころか被害者の邪魔をし足を引っ張り必死に隠蔽しているのです。

この様な者達に多大な権力を与えたままでは、この国は犯罪者のやりたい放題になってしまいます。そして現にそうなっています。これは決して日本だけの事ではありませんが、その様な人間を税金で養っている事に国民の皆さんはもっと怒った方が良いのではないでしょうか?

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの法律から「恋愛感情(改正後は好意の感情)が満たされなかった事による」の一文が削除されないのでしょうか。またその様な要望が上がっている事など百も承知なのになぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?

恋愛感情や好意を伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事など、少し考えれば小学生の子供でも分かることです。その様な単純な事を、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民、特に被害者からの要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。こんなふざけた話はありません。もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体が、敢えてこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらその様な人間が実質この国や世界の国々を動かしているのです。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし、他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

国民を欺きながら日本人を虐待しながら、国民の税金で私腹を肥やす様な公務員と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿でしょう。現実を直視し、それに立ち向かう勇気を、一人でも多くの人に持って頂けたらと思います。


当ブログに掲載している画像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為に、コントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので専門機関で調査し、その結果を公表し、何らかの手を加えている事がが証明された上で、捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。

この記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。尚、画像・動画の保存、転載、流用等は一切禁止します。ストレージのリンクを第三者に教える行為も禁止です。

また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や、組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり、不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

過去記事(一部)
嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・
※ご本人のアカウントが削除されています。

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

世界中に蔓延する組織的ストーキング

集団ストーキングと特殊部隊の類似性

ストレスによる人体実験の請負人達

BMI(ブレインマシンインターフェイス)による脳情報通信技術

スーパーテクノロジー犯罪の正体


集団ストーカーは虐め(精神的身体的虐待・暴行・傷害行為)の拡大版

集団ストーキングと人間競馬(人間賭博・博打)

加担する者は組織犯罪処罰法で罪に問われるべき

以下、掲載しきれない為、インデックスより過去記事一覧より適宜参照下さい。
記事インデックス

その他参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

悪魔(ユダヤ)からの最後通告 混迷日本にとどめを刺せ

阿修羅より
太田龍の遺業に敬意を表して捧げます2

ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また、各被害者によって考え方も違いますので、ご自身で調べ判断して頂きますようお願いします。

訪問して下さる皆様へ

このブログにご訪問頂いている皆様にお伝えしたい事があります。
(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・転載・第三者による無断配信は一切禁止です。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は、本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を集め様とするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。


前回の記事をお読み頂ければお分かりの様に、私はこの犯罪には人間以外の者が関与しているという前提でこのブログを書いています。

そういう事が信じられない方、馬鹿馬鹿しいと思われる方、私がミスリードしていると思われる方、デマ拡散要員だと思われる方は、どうかこのブログを閲覧しないで頂きたいと思います。

私はこのストーカーの正体が人間ではないと確信しています。

何?
人間じゃない?
何を言っているんだ、こいつは。
頭がいかれているのか?

そう思われても当然です。
それが正常な反応だと思います。
この世界がまともだと錯覚したまま疑う事もなく長年生きて来た方は特に。

集スト被害者のブログは探せばいくらでもあります。
このブログに拘る必要はありません。

犯人達が人間ではないなんて、俄には信じられない馬鹿げた事を書いているブログを無理に読んで頂くのは忍びなく、皆様の貴重な時間を無駄にしてしまうだけかと思いますので、その時間をどうか他のまともなブログを閲覧する時間に割いて頂きたいと思います。

尚、その様な事に抵抗のない方は、引き続きお付き合い頂けたら嬉しく思います。



それとは全く別の話ですが・・

加害者はただ上からの命令を聞いているだけだから攻撃するべきではない、という意見ってどうなのでしょう?

攻撃?

攻撃されているのは被害者の方なのですけれど・・。
であれば、攻撃ではなく正当防衛ですよね。

仮に加害者達が上からの命令に従っているだけだとしても、命と生活を脅かされているのは紛れもなく被害者の方です。その様な事をしている相手に対して抗議もせず、為されるがまま、黙って被害を受け続けろとでも言うのでしょうか?

この人達に同情したり、事情や心中を慮ったり、忖度でもすればいいのでしょうか?

何の抵抗もせず生贄になれと言われても、私にはできません。というより、そうなってもいいと思う人だけがそうすればいいのではないでしょうか。他の被害者に強要するのはどうなのかなと思います。強要する以上は、その人が反撃せずに我慢した事によって生じた結果についても責任を負うべきです。

抵抗しても無駄
解決なんてできるはずがない

そう思うのは自由ですが、そこまで割り切っている(諦めている)のなら、被害者ブログを読む必要もなければ、他の被害者にメッセージを送る必要もないと思います。どうぞ趣味に没頭していて下さい。そして、何とかこの被害から脱出しようと奮闘している被害者の気力を削ぎ、希望を失わせる様な言動は、できれば控えて頂けたらと思います。

それと、ターゲットは奴らのエナジー補給源でもあるので、簡単には殺さないのです。卵を産む鶏を一日で全部殺してしまったら、次の日から卵は採れません。そういう事です。

その上、見せ物(トゥルーマンショーの有料配信)で莫大なお金が入ってくる事もないのです。スリル満点で脳内麻薬ダダ漏れの「生身の人間を集団で狩るハンターゲーム」を一気にクリアしてしまったら、もう次の日から楽しみがないじゃないですか。少し考えればわかる事なのに。

搾取(収穫)しながら、虐めの標的が悶え苦しむ様子を見るのが何よりも楽しみな、狂ったサイコパス達なんです。

サブブログのリンクを追加しました。
Flying Reptilian

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により、現在個人的なメールのやり取りはしておりません。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。

補足・禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ、及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。せめて自分のブログで書く位の勇気も覚悟もない人間が偉そうにこのブログと私を中傷ですか?

ここで明確に禁止しているにも関わらず、この様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。

また、私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタン設置)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。

更に、投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で、投稿時の状態のまま公開、及び配布され続けているという事は、「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが、少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

またその様に主張しながらも、私自身が勝手に他の動画から大量にスクリーンショットを借用・掲載してしまっているのですが、全ては被害を終わらせる為のものであり、ある程度の目処が立てば(この被害の解決、または解決の糸口が見えた段階で)全て削除する予定です。場合によってはこのブログや動画等も全て削除するかも知れません。そうする事で、逆に私が権利侵害している場合でも、その影響を最小限に抑えられる為、それが一切を転載禁止としている理由です。

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を読破してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言するのなら、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また、各文献のどこがどう間違っているのかを、具体的に、そして私の様な学歴のない者にも分かる様に、きちんと説明してから言って下さい。

説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「妄想という妄想に取り付かれている道化師」なのではないですか?それともどこかからの指示や命令で、お小遣いを貰ってその様な“説”を唱えているのでしょうか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は証拠も根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げて、それに尾ひれや背びれを付けて主張を完結させているのは如何にも卑怯です。

この手の人達が主張する、「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である事の論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」という訴えの部分だけなのです。

その様な、実に表面的で極めて限定的な“フレーズ”だけを論拠として、被害妄想や統合失調症であると誘導しておきながら、それ以上は決して言及しないのです。深入りしないのです。


例えば私が何度も指摘している様に、自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返す事や、基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい・・という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルー。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽で卑怯で悪意と作意に満ちた主張だと思います。

そんな底の浅い人物の言論など全く信用するに価しないと私は思うのですが、その様な人の書いた本を、わざわざお金を払って購入して読みたいと思われますか?尤も私が指摘するまでもなく、聡明で賢明な方々にはあっさり見抜かれてしまう事でしょう。

仮に本人がその矛盾に気付かないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれているのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様な稚拙な言論(戯言)に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が、きちがいだ、統失だと騒いでいますが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分の素性や精神レベルの低さや恥を、頼んでもいないのに自らアピールして拡散しているだけの愚かな行為である事を、これを機に自覚して頂けたら幸いです。

以下、参考文献

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本
エルドン・A・バード博士からの手紙

株式会社みらい計画研究所 高橋栄人氏論文
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

過去記事
(転載)秘密マインドコントロール実験

↓正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。
旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕



※字幕をONにして下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

これらの記事からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。憲法で保証されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織と繋がりのある者達が、平気で踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、政治家、公務員までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているものではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在しているのです。権力側にいる者にとって都合の悪い市民国民はこうした手法を使って密かに弾圧され迫害を受け、生活を破壊され、命を奪われているのです。この日本も例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、何故か頭ごなしに否定する人達がいます。

例え私の様な一個人の他愛のない仮説であっても、万が一にもその様なシステムが存在する可能性など0.001%たりともあってはならない人達がいるらしく、「そうした可能性もあるのではないか?」と仮説を述べたり推察する事が、余程都合が悪いのでしょう。とにかく「頭がおかしい」「病気だ」という言葉をすぐに持ち出しては、「変わり者のいかれた妄想」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか感じられません。

仮にこの集団ストーキングという“敵対者弾圧システム”が実在すると仮定して考えた場合、支配層や権力側が、自分達に都合の悪い人物を密かに排除したり始末するに当たり、実に都合のいいシステムだと思いませんか?そうであるなら、こんな都合のいいシステムを使わないはずがない、という想像力が働くはずです。私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様には、さらに深く鋭い洞察が働くのではないでしょうか。

そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない、と考える方が非現実的なのではありませんか?
そして私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を多数保有しています。

実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていて、自分達の組織や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に、尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさにその筋の人が使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのでしょう。政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力という事になるのです。

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、その分狙いやすいのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。ターゲットが騒いだら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの“自殺”の多くは、口封じの為の他殺ではないかと思っています。

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体での村八分と虐めです。
静岡県上野村・村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。そして徒党を組んで執拗に付きまといと嫌がらせを続けます。ターゲットが生きている限りそれは続きます。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

この様な事は遠い昔の話ではありません。今現在も行われているのです。ただし「害悪の告知」をして脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、告知をするのではなく、それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる様な方法で付きまとい=ストーキング行為をして本人を追い詰めます。しかも本人から指摘されても言い逃れができる様に口実と言い訳を用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で、誰にも怪しまれずに堂々と付きまとい・尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。仮に付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、いくらでも言い逃れが出来ます。当然です。最初からその様な手法しか使わないのですから。

実行部隊の人間は、表向き検挙される様な違法行為はして来ません。違法行為をする場合は電磁波や超音波等を悪用した目に見えない手段を使います。また不法侵入する際は、ターゲットの位置情報などからすぐに自宅に戻れない状況で実行し(密かに合鍵を作成・所持している。集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能です。また警察を呼んでも有耶無耶にされるだけです。

そうした加害行為以外の日常的なローテク加害行為としては、ターゲット(TI)にストレスを与える為に、TIの行動に合わせて自分達の姿を見せ、サイレンやエンジンの爆音等のノイズを聞かせるだけです。またTIの前を通過する際に特定の仕草をする事で(アンカリング)、TIの不快指数を上げストレスによるダメージを与えて来ます。排気ガス等に毒物を混入している事もある様です。

こうして付きまといと挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら楽しみながら何の罪悪感も感じることなく遂行している悪魔の様な者達。そんな危険な性質を持つ人物が、普通の住民に成りすまし、あるいは紛れて生活しているのです。

本来であればその様な人物こそ、危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。不良や暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかと、ただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

そもそも、仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまでの著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪である上にも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでもそのシステムを存続させるのです。権力による違法な監視(迫害)体勢や自分達の組織を維持する為に、また様々な利権や既得権益を死守する為に、そして市民や国民から望まれない支配を続ける為に・・・。

また敵対者や監視対象を追い詰める為に、違法なテクノロジーだけでなく、呪術や魔術を使う恐ろしいカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えています。これについては所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示す方がいますが、このブログでも時折触れていますし、ネットにも様々な情報がありますから、是非ご自身で調べてみて下さい。先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうか、多角的に考えて頂けたらと思います。

また地域だけでなく職場に於いても“重宝”する為、リストラに集団ストーカーの手法が使われています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

しかし、いつまでもこの様な犯罪を続けていて安泰でいられるとは限りません。因果応報、自業自得という言葉の通り、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか。

加害者の皆様も無関係ではないと思いますが?
世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも探せば同様の論文、内部告発、証言、資料、ネットの情報等は多数出て来ます。但し、ミスリードや偽情報も多く、偽被害者のサイトなどもありますので慎重に判断して下さい。このブログに記載している内容も完全に正しいわけではありません。紹介している全ての情報の真偽を確認する事は不可能であり、私が選択や判断ミスをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方の考えと責任においてして頂きます様お願いします。また私の間違いが明らかであればご指摘頂けると幸いです。

その上で言える事は、単に自分が知らないだけで、知識が欠乏しているだけで、あるいは理解できない難しい事が書いてあるだけで「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付けるのは実に卑怯だと思います。子供ではないのですから「怖い」とさえ言えば弱者として同情され、何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」
などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し、無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に、巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより、最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えて来ました。

また通常集スト加害者は、今話題になっている被害者の人に対する挑発の様な、あからさまな加害行為は滅多にしてきません。仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?

明らかな器物破損、敷地内不法侵入、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる傷害行為等をしている様子まではっきり映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょうか?警察は何をしているのでしょう?もしかして仲間ですか?

面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いや妄想だとミスリードする為の隠蔽工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

私達被害者が受けているローテク被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装った、非常に微妙かつ巧妙な手口です。それを組織的に何年にも渡って繰り返す事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰めるのです。

あの様な、被害届けを出されたら言い逃れのできない手法はまず使いません。逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中でこのギャングストーキングが猛威を振るっているのです。非常に狡猾で用意周到な加害組織及び実行犯達は決定的な証拠を残しません。だからこそ地道に状況証拠を積み上げるしか証明する手段がないのです。

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしている輩までいると言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

あるいはAIに学習させる為に、思考とライフログをハッキングされているのではないでしょうか。

「お前の様な人間を、誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるのか、そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」という、鼻息も荒く、まくしたてる工作員の主張は破綻しています。集団ストーカーはビジネスでもあり人体実験でもあり、邪魔な住民を密かに葬り去る事のできる“理想的”な敵対者排除システムでもあるのです。

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と不作為があるのですが、皆この犯罪に加担、あるいは関与している為、取材し追求するどころか被害者の邪魔をし足を引っ張り必死に隠蔽しているのです。

この様な者達に多大な権力を与えたままでは、この国は犯罪者のやりたい放題になってしまいます。そして現にそうなっています。これは決して日本だけの事ではありませんが、その様な人間を税金で養っている事に国民の皆さんはもっと怒った方が良いのではないでしょうか?

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの法律から「恋愛感情(改正後は好意の感情)が満たされなかった事による」の一文が削除されないのでしょうか。またその様な要望が上がっている事など百も承知なのになぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?

恋愛感情や好意を伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事など、少し考えれば小学生の子供でも分かることです。その様な単純な事を、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民、特に被害者からの要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。こんなふざけた話はありません。もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体が、敢えてこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらその様な人間が実質この国や世界の国々を動かしているのです。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし、他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

国民を欺きながら日本人を虐待しながら、国民の税金で私腹を肥やす様な公務員と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿でしょう。現実を直視し、それに立ち向かう勇気を、一人でも多くの人に持って頂けたらと思います。


当ブログに掲載している画像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為に、コントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので専門機関で調査し、その結果を公表し、何らかの手を加えている事がが証明された上で、捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。

この記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。尚、画像・動画の保存、転載、流用等は一切禁止します。ストレージのリンクを第三者に教える行為も禁止です。

また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や、組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり、不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

過去記事(一部)
嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・
※ご本人のアカウントが削除されています。

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

世界中に蔓延する組織的ストーキング

集団ストーキングと特殊部隊の類似性

ストレスによる人体実験の請負人達

BMI(ブレインマシンインターフェイス)による脳情報通信技術

スーパーテクノロジー犯罪の正体


集団ストーカーは虐め(精神的身体的虐待・暴行・傷害行為)の拡大版

集団ストーキングと人間競馬(人間賭博・博打)

加担する者は組織犯罪処罰法で罪に問われるべき

以下、掲載しきれない為、インデックスより過去記事一覧より適宜参照下さい。
記事インデックス

その他参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

悪魔(ユダヤ)からの最後通告 混迷日本にとどめを刺せ

阿修羅より
太田龍の遺業に敬意を表して捧げます2

ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また、各被害者によって考え方も違いますので、ご自身で調べ判断して頂きますようお願いします。

反論

私の主張の根幹を完全否定されている被害者の方がいらっしゃいましたので、ここで反論させて頂きます。(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・転載・第三者による無断配信は一切禁止です。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は、本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を集め様とするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。


今まで静観して来ましたが、ちょっと黙っていられないレベルになって来ましたので、名指しで反論させて頂きます。

先程、鍵付きツイートの方でも少し言及しましたが、鍵付きで言うのはフェアではない為、こちらで改めて反論させて頂きます。

他人の説を嘘と断言する以上、嘘と言われた相手から反論がある事も想定内かと思いますので。

まずこのツイート。
w02.jpg

え?バランサーが広めたから嘘なのですか?

というか、どうしてそれだけで嘘と断定できるのでしょう。

そもそもバランサーとは、真実の中に嘘を混ぜて大衆を誘導する役割の人の事ですよね。つまりバランサーだからと言って100%嘘を言っているのではなく、本当の事も言っているはずです。そうでなければ大衆を扇動したり誘導なんてできませんから。

仮に100%嘘しか言わなければすぐに見破られてしまい、結果、誰も信用させる事ができず、バランサー失格。それではミスリード役としての役目を果たせないので、嘘も言いつつ本当の事も言うわけですが、そのくらいの事はネットから大量の資料を調達している方ならご存知かと思います。

というより、おすすめサイトの中で、バランサーとしつつも情報源として4人程リンクを貼られていますよね。

という事は「バランサーであっても参考にすべき真実の情報もある」と、ご自分で言っていらっしゃるわけですが、なぜアイクとシッチンは「全部嘘」という話になってしまうのでしょうか?

「アイクとシッチンが広めたから嘘」という主張は、そういう事を意味しているのではありませんか?

バランサーであるなら、アイクとシッチンだって何割かは本当の事を言っていて、注意さえすれば情報源になるのではないですか?

しかも、アイクとシッチンは却下なのに、集スト被害者を無礼なまでに病気認定しているRKをリンクしている事には正直驚きました。

一体どういう判断基準なのか私にはちょっと理解できないのですが、「バランサーだけど情報源」としている方が、「バランサーが広めた事だから大嘘でデマ」と言い放つとは、ちょっと信じられない気持ちです。

それ以前に、(しつこいですが)「バランサーが広めた事だから大嘘でデマ」は否定の根拠にはなっていません。

もう少し詳細に、客観的に、そして論理的に説明をして頂きたいものです。私が納得する様な説明をして頂ければ、方向転換するきっかけになるかも知れません。

そうではなく、「バランサーやフリーメイソンが広めた説だから爬虫類人レプティリアンは嘘」という主張は、私の様にレプ関与説を主張している者からすれば、あまりにも横暴で乱暴な主張に見えます。

もしかしたらこの記事の受け売りでしょうか?

イルミナティに罪をなすりつけてきた黒魔術団
少なくとも、
(ヘンリー)メイコウ、(デーヴィッド)アイク、(アレックス)ジョーンズらの名前を挙げて、「エイリアン、レプティリアン、邪悪なイルミナティ」など、彼らが本に書いたり、電波メディアで垂れ流していることは、正統派、つまりバーバリアン・イルミナティとは関係がないし、認めていない、と書かれていることです。

(ヘンリー)メイコウ、(デーヴィッド)アイク、(アレックス)ジョーンズら(まだ、他にも何人かいる)は、バランサー、つまり、99個の事実に、たった一つだけ嘘を混ぜて、人々を騙すディスインフォーマーである、ということでしょうね。
当ブログでは、何度も警告してきました。

このサイトはあちら側だと言っている人もいますが、鵜呑みしていいものでしょうか?しかも99個は事実なのですよね。それならレプの部分が事実である可能性はほぼ99%という事になるのではないでしょうか。何故ならアイクの主張の大部分は爬虫類人が人間にシェイプシフトしてこの地球に存在し、地球を支配しているという内容なのですから。もう少し少なく見積もっても90%程度にはなるのではないでしょうか?この論理に基づくならば。

ただし、中には半分は大嘘というバランサーやディスインフォーマーもいる事でしょう。誰とは言いませんが・・。その人が必死に、または狂った様に否定している事はみな事実ばかりという事実があるのですけれど・・。

「集団ストーカーは人類の仕業です、悪霊や心霊現象もありません」

これも本当ですか?

説明不可能な現象も多数目撃されたり、監視カメラに映っていたりするのですが、それも全部電磁波(ハイテク)だというのでしょうか?仮に電磁波でその様な現象を発生させる事が可能だとしても、どうして全てがハイテクによる現象だと断定できるのか、どうしてそこまで自信たっぷりに断言できるのか、ちょっと理解に苦しみます。

本当の事は加害者にしか分からないはずなのに、何を根拠に?

人類の仕業であるところの犯行現場を全部見て来たのでしょうか。

怪現象の全てが電磁波によるものだと、どうやって確認したのでしょうか。

あなたは全てを知っている神なのですか?


と、つい余計な事を言ってしまうのですが、最早ここまで完全否定と断言をされると、疑惑と不信感しか湧きません。

それと、ツイートやブログで取り上げられている日本の黒い霧のサイトについてですが

w03.jpg

随分とこちらのサイトに肩入れされている様ですが、以下の記事はご覧になられているでしょうか?その「クロカモ」の中にはレプティリアンも含まれているのですけれど。→レプはクロカモとは別扱いでした。訂正します。

JAL123便墜落事故-真相を追う-見えざる人々と神の鉄槌(2)

一部抜粋して引用
*3 宇宙的存在:イギリスの思想家デビッド・アイク氏は、神とも言えないこのような存在を「四次元に住まう爬虫類的人類(レプティリアン)」と呼んでいるのだろうと私は解釈しています。彼の世界観の中では、地球支配の最高意思決定者として大きなウェイトを占めるこのレプティリアンですが、私はこれを「見えざる人々」と呼び、彼らの正体と日航機事件との関係について暴くことも本テーマの一つとします。

この様に、記事中でデビッド・アイク氏及びレプティリアンについても言及されてます。否定ではなく肯定として、そしてブログのテーマの一つとして。

最後に更新された記事
JAL123便墜落事故-真相を追う-31年目の真実

一部引用させて頂きます。
それでは、「世に出してはならぬ秘事」とはいったい何だったのか?日本国内における米ソの軍事衝突?日本政府、警察や正規自衛隊を超越する闇組織(コードネーム「クロカモ」)の存在?それもあるのでしょうが、ここまでやる理由としてはまだまだ弱いと言えます。

私はすでにその答に辿り着いていますが、事件から31年経過した今でもその情報を全て開示するのは時期尚早であると考えています。もったいぶってるようで申し訳ありませんが、その答に至るに必要な予備知識を本ブログ伝えていきますので、ぜひ今後もご愛読のほどをお願い申し上げます。

どうしても答の片鱗が知りたい方は下の写真12をよく見てください。墜落現場で回収した物の一つで、以前にも掲載したのですが、彼らが隠さなければならない何かの意味が、全てこの中に集約しています。
f73ac9183a5ca67b9d3bf67d5406fc41.jpg

もう1年近くも更新が途絶えたままなので気掛かりではありますが、「全てこの中に集約しています」というこの物体の正体とは?

私が思うにこれは多分“地球外の物質”の事を示唆されているのではないかと思います。※「非地球製物質の発見(於123便墜落現場)」と先のリンク先記事に記載がありました。

JAL123便撃墜の眞の理由は日本製UFO(ウンモ星人關與)との日本の黒い霧ブログ情報

真偽は分かりませんが、ウンモについてはこの様な動画も。

この書き込みと動画の真偽を私が断定する事はできませんが、本家の黒い霧サイトの管理人の方も、こうした存在は否定どころか肯定されていらっしゃる方です。

なのに何故、そのサイトの記事を取り上げたり、ブログで資料サイトとしてリンクしているのでしょうか?そのサイトの記事を紹介し広めるという事は、間接的にでも「加害側の利益になってしまう」のではありませんか?

明らかに矛盾していると思うので、ありのままを指摘させて頂いておりますが、この様な矛盾にはあまり拘らない方なのでしょうか?それともご自分にとって都合の良い所だけを持って行く主義の方なのでしょうか?

また集団ストーカー テクノロジー犯罪 資料サイトのリンク先にあるラウニ・キルデ博士もET、Alienについて言及されていますが、どこがどう嘘なのか説明していただけないでしょうか?

※それにしてもこのリンク集には、耶蘇教陰謀論ゴリ押しの工作(疑惑)サイトや、他のバランサー、というかミスリードサイトもかなり含まれている様に思うのですが(私見)、大丈夫でしょうか?思いっきり加害側の利益になっていると思いますけれど・・
それにレプティリアンについて言及しているのはバランサーの?アイクやシッチンだけではありません。故Dr.カーラ・ターナー氏もエイリアンアブダクションやレプについて言及されています。



ターナー博士のサイトzersetzung.org内検索 Gang Stalking

この様にターナー氏はギャングストーキングにも言及されていますが、やはりAlienの関与を指摘されています。

機械翻訳でも読めると思いますのでこれらにも目を通して頂き、最低でもET(Alien・Reptilian)とギャングストーキングに関連する部分の記述や説が全て嘘でデマであると証明乃至は説明して頂けないでしょうか?

それともターナー博士もバランサーかメーソンなのでしょうか?だから嘘、と断定して終わらせるのだけはやめて頂きたいのですけれど。

何度も紹介させて頂いていますが、以下の動画についてはどう思われるでしょうか?これも嘘ですか?


貴サイトの「キルデ博士の検索結果」には以下のサイトがヒットします。
ラウニ・キルデ博士「人々は真実を告げられていない」

キルデ博士のこの動画では、デービッド・アイクの事も出て来ます。

これらについても嘘なのでしょうか?
というより、既に嘘だと断言されているわけですが、ではなぜ嘘を付く人(仮にここではキルデ博士)を紹介したりブログにリンクを貼ったりされるのでしょうか?それこそ加害側のプロパガンダを広める事に一役も二役も買っている事になりませんか?

こちらも何度も取り上げていますが、サイモンパークスさんがギャングストーキング被害者(TI)の方と対談されています。


インタビュアーのアルフレッド氏との対談。(日本語字幕あり)


これらは全て加害側のプロパガンダなのでしょうか?

仮にそうであったとしても、たった一言、「バランサーやフリーメーソンが広めたから」という説明(そもそも説明にもなっていないのですが)ではどうにも納得できない為、これらの内容の何処がどう嘘なのかきちんと説明して頂きたいと思います。嘘と断定するのはそれからでも遅くないと思います。

もし私にも十分理解できる様に噛み砕いて説明して頂いて、尚かつ私が反論の余地もない程に納得できる内容であるなら、レプ主犯(関与)説を取り下げても構いません。

それに、ウォーカーさんが転載されて喜んでいらっしゃった大摩邇サイトでも、レプティリアンに関する記事を沢山取り上げています。仮に「宇宙人説は加害者の利益になるだけ」と仰るなら、なぜこの様なサイトに掲載されて喜ばれるのか、非常に疑問に思います。

w06.jpg

その上、日月神示を信じてはいけません、と断言されていますよね。
w05.jpg


大本の日月神示はイルミが書いた偽預言書だ、信じてはいけない、と言いつつ、大摩邇サイトに掲載されて喜ぶとはどういう事でしょうか?

そもそも大摩邇さんは、ヘッダーを見れば一目瞭然ですがひふみ系のサイトですよ。
w07.jpg

大摩邇サイト内カテゴリ
日月神示(ひふみ神示)

意図的なのかどうか分かりませんが、何だか矛盾だらけ。その方が、宇宙人説は嘘!と言えば、皆信じてしまうのでしょうか?

私もこの様な事を言うつもりはなかったので、これ以上、レプや宇宙人説を否定しないのなら、ここまで反論する事もありませんでした。

そもそもご自分で「他者を否定する暇があれば自分が正しいと思った行動をすればいい」と立派な事を仰っているじゃないですか。
w04.jpg

私もそういう様な事を大分前に書いた様な気がしないでもないのですが、私のサイトから使えそうな情報や意見だけは持って行って、根幹は否定するというのは心外というレベルを超えて、ちょっと看過できません。

私もウォーカーさんの主張やブログを否定する気などさらさらなかったのですが、そして以前から言及している様に、工作サイト(員)と判断した場合は別として、他の方の主義主張や考え、活動スタイルにケチや注文を付けたり、否定するだけの明確な理由もなく否定する事はしない主義なのですが、逆に私の主張を納得のいく十分な説明もなしに完全否定する人に対してはきっちり反論しますのでご承知おき下さい。

今回ここまで名指しで反論した理由として、私の主張の否定に留まらず、さも私が加害側の回し者、あるいは加害側の利になる様な言動をしている人物だと、他の人に印象づける言動に思えたのと、それを真に受ける人もかなりいるのではないかと思えた為、これはやはり一度きっちりと反論する必要があると考えてこの様な事を書く運びとなりました。

半端な気持ちでこんな事を主張しているのではありません。
この被害、少なくとも私の被害を解決する為に必要だからその様な事を追求しているのです。

アイクがバランサーなのかどうか私は保留の立場ですが、逆にアイクがバランサーだとミスリードしているバランサーがいても不思議ではないと思います。そういう人の言葉を鵜呑みにして踊らされて、○○はバランサーだと断定して全てを(事実の部分までも)否定してしまったら、それこそ加害側の思う壺ではないかと思います。

もっと深読みするならば、ある事実を否定させ、誰も信じない様に、あるいは嘲笑させる様に仕向ける為に、敢えてバランサーに事実を語らせる、という作戦があっても不思議ではありません。むしろそうした手法を積極的に使っているはずです。

「あの怪しい紐付き論者が言っている事なんて嘘に決まっている」と誰もが思えば、最早その説は事実でありながら陳腐な隠謀“論”、信用するに足りない荒唐無稽な与太話、エンタメ、SF、都市伝説であると、民衆自らが洗脳状態になってくれるのです。事実ほど怪しい人物に語らせろ、という世論誘導の手口をどこかで見かけた気がしますが、まさしくその通りの事が行われているのだと思います。

そうした心理戦、情報戦が渦巻くネットの世界である事を鑑みると、何事も鵜呑みにせず、誰であっても100%信用するのではなく、自分で確認や断定できない事は否定も肯定もしない、保留でいいはずです。早々に結論を出さずに保留にしておくべきだと思います。

ちょっと興味深い書き込みがありましたので、ご参考までに(真偽はそれぞれにご判断下さい)
人口削減のあたらしいフェーズ13:だれが、ケムトレイルを撒くのを指示しているか? Xデーは?


それと余談ですが、、ユグドアで寄付を募られていらっしゃる様ですが、その寄付の方法だって、批判される事を承知で私が始めた事です(被害者としてユグドアを利用したのは私が最初だったと思います)。想定通り、遠回しに批判されたり仄めかされたり、あるいは直接的に「NG」などとケチを付ける人もいましたが、それに対して正面から反論したのも私です。

どんな事でもそうですが、最初に始める人が一番批判され攻撃されるものです。しかし今ではその様な方法も受け入れられつつある様に思います。海外のTIの方はYoutubeの動画で寄付を募っています。

今は何人かの被害者の方が私と同じ方法で寄付を募られていますが、この犯罪の解決に励まれている方であれば何も言う事はないのですが、私からそうしたアイデアだけは持って行って、私の主張の根幹は完全否定とは、随分とご都合主義の方なのかなとお見受けしました。

他の被害者の方が同様の方法で寄付を募られていても、それに対して私が何か言う立場にはないのと、仕事を妨害され困窮されている方は、この様な方法で何とか切り抜けて頂けたらとは思う反面、被害者を装った人が便乗している(これからする)かも知れないと思うと、何か複雑な心境ではあります。

それに「集団ストーカーの被害者の人達ってみんな寄付を募っているけれど、これを始めたのは確かあの人だったよね~」などと、やはり批判の的になるのは私なのかも知れません。そう考えると結局悪く言われるのは私?みたいな。

という事で、いつまでも寄付に頼るのではなく、本当は動画配信に力を注ぐべきなのかも知れません。そう思っていると途端に加害が酷くなるのです。私にそうさせない為ですよね。私に貼り付いている加害者達。

それと、「証明」というのは、ネットでみつけた他の人の情報ではなく、自分自身の体験や情報で証明する事が大前提ですよね。

追記

私が記事公開後、何度か修正している間に、ツイッターの方で相手方が反応されていました。記事公開後、僅か20分後の投稿です。

私が鍵付きでそれらしいツイートをしたのはその4時間程前ですが、という事は、私の鍵付きツイートのフォロワーさんから連絡が行ったのでしょうか。だとしたら、何か密告みたいで嫌な感じです。そういう方はフォローを外して頂きたいと思います。

今回はスクリーンショットを保存する為、たまたまTLを開いていたので先方の反応があった事に気付いたのですが、失礼ながら普段この方のツイを見ているわけではなく、フォロワーさんのRT経由で見かける程度です。

それで、少し前から宇宙人やレプ否定のツイートをされている事は知っていました。暫く様子を見ようと思っていたのですが、あまりにも断定的に否定されている事に黙っていられず、これはちょっと反論しないわけにはいかないという心境に至り、この様な記事を書いた次第です。自覚があるなしに関わらず、私が嘘やデマを撒き散らしている工作員だと言っているも同然ですから、私にも反論する権利はあると思います。

それで、記事投稿後のツイートでは、何か私がとても怖い人物であるかの様な印象のツイートをされていましたが、自分の主張の根幹を完全否定されたら誰だって反論すると思います。私が逆にウォーカーさんの根幹となる説を完全否定したら、ご自分だって反論しませんか?集スト被害者が否定工作員に妄想だ、病気だと言われて反論するのと同じです。

ネットで誰かのある主張を完全否定したら、相手からも反論が来るのは当たり前の事です。そもそもネットとはそういうものではないですか?言いっぱなしでは、それこそメーソンやバランサーや工作員のデマが広まってしまうだけです。嘘でもデマでも言い放題。

だから誰かの言っている事が違うという明確な理由があれば、否定したり、批判したり、反論する事も必要なのです。そうでなければ、それこそ言った者勝ちの無法地帯になる事くらい熟知されていると思っていたのに、非常に残念です。

また自分が不当に、あるいは根拠なくデマ発信者扱い、工作員扱いされたら、それに対して抗議したり反論するのも当然の成り行きです。ツイッター上で口論になるのだってそういうケースが多いのですから、そうしたネット上の論争や口論を目にした事がないとは思えません。ブログ同士のバトルなどいくらでもありますが、そうでなければ工作ブログ(員)が支持を得てしまい、それを信じてしまう人が増えるだけ。気付いた人がブーメランや総スカンを食らう事を覚悟で指摘するしかないのです。

テレビがいい例ですが、一方向からプロパガンダを垂れ流し、誰もそれを疑う事なく信じてしまったからこそ、メディアによる洗脳(マインドコントロール)が可能だったのではないですか?そうやって大衆はまんまとメディアに騙されて来たのです。

ただし、ネットであっても支配層側の罠が至る所に仕掛けられ、息の掛かった人物が大量に放たれているのです。お金の為なら嘘でも何でも書く様な人間は腐る程いるのでしょう。五毛党などのネット工作部隊がいる事も周知の事実となっています。

中国共産党のネット宣伝部隊『五毛党』年間4.88億コメント捏造

中国の世論誘導部隊「五毛党」についての海外の反応。

韓国国家情報院が3億円をかけ大規模な「コメント部隊」組織=韓国ネットには不満の声

こうした世論誘導、世論操作など、当たり前の様に行われているのが実情です。だから簡単に人を信用してはいけないし、誰を信用するか、信用できるかを慎重に見極め、吟味する必要があるのです。例え冷たい人だと思われても。

かといって、必要以上に偽被害者や犯人探しにかまけていたり、工作員認定に時間を掛けるのは現実的ではなく、それだけで時間を使い切ってしまうので、基本的にはこの組織犯罪の解明や被害解決に向けて時間と労力を割くとしても、余りにも看過できない場合はきっちり対応する、それが私の変わらないスタンスです。

いずれにしても自分が投げかけた事は必ず自分に戻って来ます。ウォーカーさんがアイクの論説をデマだ嘘だと言う事だって、言われた側のアイクからしたら、心穏やかではないと思います。有名人だからこそ、私の様に簡単に言い返せないだけで。

何か意見を主張すればそれに対して反論や否定もあるわけで、それが怖いなら最初からネットなんてしない方がいいと思います。お互いの主張をぶつけ合って、あとはそれを見た第三者が判断すればいい事だと思います。どちらの主張に理があるのかを。

そもそも私もこんな風に反論するつもりなどなかったのに、自分の主張を完全否定され、溜まりかねて反論したら悪者扱いですか?(ネットは怖い、というのはそういう意味に取れます。)

そして、こんな口論をするのは不毛だ、被害者同士攻撃し合うのは良くない、細かい相違を乗り越え協力できるところは協力し合うべき、と自分だけ優等生を気取るおつもりなのでしょうか。諍いの種を自分で蒔いておいて、相手が反論してきたら、こんな事で騒ぎ立てるなんて大人気ない、困った人だ、でも自分は大人だからそんな事にはいちいち反応しない体を決め込むのでしょうか。

しかも宇宙人・レプ説は大嘘、デマという主張について、なぜ嘘でデマなのかの具体的説明や根拠の提示は一切なく、私の質問にも一切答えず、ロス茶やロックフェラーの話にすり替えて、ネットの怖さという話で幕引きとは、ちょっと卑怯だと思います。

自分にはそんなつもりはなかったけれど、傷つけあう結果になってしまった、やっぱりネットは怖い、という話で終わってしまえば、私がちょっとした事で過剰反応する怖い人物だという印象だけが残ってしまう様な気がします。

否定するならその理由もしっかりと示して欲しかった。それがないという事は、此方としては疑惑が更に深まっただけという事になります。

集ストを一方的に妄想扱いして否定しておいて、言い掛かりの様な断定(病気認定)に対して被害者が返した質問には一切答えずに、巧妙に論点をずらして言い逃げする何かの工作員の所作と似ている様な気がしないでもありません。

ネットが怖いと仰いますが、2chやツイッターで散々叩かれて来た私からしたら、この程度の事で怖じ気づいたり怖がっていたら何もできないと思います。ましてや集ストの解決など。

私のサイトを参照されているとの事ですが、私のサイトをよくご覧になっている方なら、私が反撃する時は徹底している人間である事はご存知のはずです。

ツイッターでの誹謗中傷

ツイッターでの誹謗中傷(2)

こんな記事をUPしているのに何を今更・・とも思いますが、言い返されて「ネットは怖い」と一言残し、なかった事にするのであれば、上の人達と同じじゃないでしょうか。

豹変する偽被害者

棚橋あゆみというアカウントについて

明らかに偽被害者だったり、謂われなき中傷と私を加害者扱いしているアカウントに対しては遠慮しない性格である事は、このサイトの読者であればご存知のはずです。

それと、この追記をした後、高速道路で事故が発生したらしく、緊急車両が10台近く出動しました。まるでいつぞやのレスキューシアターの様でした。

さらに追記。(8/13・8/15)
この記事を書いた後、全くこの方のツイは見ていなかったので、知らなかったのですが、この様なツイートをされている方も。

w08.jpg

意識操作ですか?

私は理由を説明して欲しいと、デマだと断定するならその根拠を示して欲しいと反論しているのですが、そうした内容には触れず、一方的に意識操作のレッテル貼りとは。。

私の質問にお答えにならないのも意識操作なのでしょうか?

何気に私が叩いている事になっているのですが、そもそも私の主張をデマ扱いされていたから反論したのですけれど、そうした内容には触れずに「叩いている」とか「意識操作」などと勝手に決めつけて欲しくはありません。


w65.jpg

あれ?

「霊=神と呼ばれる悪魔の仕業なのに、電磁波で集団ストーカーの仕業にしていますね」

という事は、ウォーカーさんがツイートした

「集団ストーカーは人類の仕業です。
悪霊や心霊現象も関係ありません。
宇宙人や悪霊のせいにすることは、加害勢力の利益になるだけです。」


という内容と矛盾していますよね。

一体どちらが意識操作されているのでしょうか?
謎は深まるばかりです。

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により、現在個人的なメールのやり取りはしておりません。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。m(..)m

補足・禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ、及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。せめて自分のブログで書く位の勇気も覚悟もない人間が偉そうにこのブログと私を中傷ですか?

ここで明確に禁止しているにも関わらず、この様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。

また、私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタン設置)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。

更に、投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で、投稿時の状態のまま公開、及び配布され続けているという事は、「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが、少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

またその様に主張しながらも、私自身が勝手に他の動画から大量にスクリーンショットを借用・掲載してしまっているのですが、全ては被害を終わらせる為のものであり、ある程度の目処が立てば(この被害の解決、または解決の糸口が見えた段階で)全て削除する予定です。場合によってはこのブログや動画等も全て削除するかも知れません。そうする事で、逆に私が権利侵害している場合でも、その影響を最小限に抑えられる為、それが一切を転載禁止としている理由です。

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を読破してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言するのなら、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また、各文献のどこがどう間違っているのかを、具体的に、そして私の様な学歴のない者にも分かる様に、きちんと説明してから言って下さい。

説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「妄想という妄想に取り付かれている道化師」なのではないですか?それともどこかからの指示や命令で、お小遣いを貰ってその様な“説”を唱えているのでしょうか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は証拠も根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げて、それに尾ひれや背びれを付けて主張を完結させているのは如何にも卑怯です。

この手の人達が主張する、「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である事の論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」という訴えの部分だけなのです。

その様な、実に表面的で極めて限定的な“フレーズ”だけを論拠として、被害妄想や統合失調症であると誘導しておきながら、それ以上は決して言及しないのです。深入りしないのです。


例えば私が何度も指摘している様に、自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返す事や、基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい・・という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルー。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽で卑怯で悪意と作意に満ちた主張だと思います。

そんな底の浅い人物の言論など全く信用するに価しないと私は思うのですが、その様な人の書いた本を、わざわざお金を払って購入して読みたいと思われますか?尤も私が指摘するまでもなく、聡明で賢明な方々にはあっさり見抜かれてしまう事でしょう。

仮に本人がその矛盾に気付かないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれているのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様な稚拙な言論(戯言)に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が、きちがいだ、統失だと騒いでいますが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分の素性や精神レベルの低さや恥を、頼んでもいないのに自らアピールして拡散しているだけの愚かな行為である事を、これを機に自覚して頂けたら幸いです。

以下、参考文献

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本
エルドン・A・バード博士からの手紙

株式会社みらい計画研究所 高橋栄人氏論文
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

過去記事
(転載)秘密マインドコントロール実験

↓正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。
旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕



※字幕をONにして下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

これらの記事からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。憲法で保証されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織と繋がりのある者達が、平気で踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、政治家、公務員までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているものではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在しているのです。権力側にいる者にとって都合の悪い市民国民はこうした手法を使って密かに弾圧され迫害を受け、生活を破壊され、命を奪われているのです。この日本も例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、何故か頭ごなしに否定する人達がいます。

例え私の様な一個人の他愛のない仮説であっても、万が一にもその様なシステムが存在する可能性など0.001%たりともあってはならない人達がいるらしく、「そうした可能性もあるのではないか?」と仮説を述べたり推察する事が、余程都合が悪いのでしょう。とにかく「頭がおかしい」「病気だ」という言葉をすぐに持ち出しては、「変わり者のいかれた妄想」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか感じられません。

仮にこの集団ストーキングという“敵対者弾圧システム”が実在すると仮定して考えた場合、支配層や権力側が、自分達に都合の悪い人物を密かに排除したり始末するに当たり、実に都合のいいシステムだと思いませんか?そうであるなら、こんな都合のいいシステムを使わないはずがない、という想像力が働くはずです。私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様には、さらに深く鋭い洞察が働くのではないでしょうか。

そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない、と考える方が非現実的なのではありませんか?
そして私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を多数保有しています。

実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていて、自分達の組織や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に、尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさにその筋の人が使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのでしょう。政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力という事になるのです。

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、その分狙いやすいのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。ターゲットが騒いだら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの“自殺”の多くは、口封じの為の他殺ではないかと思っています。

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体での村八分と虐めです。
静岡県上野村・村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。そして徒党を組んで執拗に付きまといと嫌がらせを続けます。ターゲットが生きている限りそれは続きます。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

この様な事は遠い昔の話ではありません。今現在も行われているのです。ただし「害悪の告知」をして脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、告知をするのではなく、それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる様な方法で付きまとい=ストーキング行為をして本人を追い詰めます。しかも本人から指摘されても言い逃れができる様に口実と言い訳を用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で、誰にも怪しまれずに堂々と付きまとい・尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。仮に付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、いくらでも言い逃れが出来ます。当然です。最初からその様な手法しか使わないのですから。

実行部隊の人間は、表向き検挙される様な違法行為はして来ません。違法行為をする場合は電磁波や超音波等を悪用した目に見えない手段を使います。また不法侵入する際は、ターゲットの位置情報などからすぐに自宅に戻れない状況で実行し(密かに合鍵を作成・所持している。集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能です。また警察を呼んでも有耶無耶にされるだけです。

そうした加害行為以外の日常的なローテク加害行為としては、ターゲット(TI)にストレスを与える為に、TIの行動に合わせて自分達の姿を見せ、サイレンやエンジンの爆音等のノイズを聞かせるだけです。またTIの前を通過する際に特定の仕草をする事で(アンカリング)、TIの不快指数を上げストレスによるダメージを与えて来ます。排気ガス等に毒物を混入している事もある様です。

こうして付きまといと挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら楽しみながら何の罪悪感も感じることなく遂行している悪魔の様な者達。そんな危険な性質を持つ人物が、普通の住民に成りすまし、あるいは紛れて生活しているのです。

本来であればその様な人物こそ、危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。不良や暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかと、ただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

そもそも、仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまでの著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪である上にも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでもそのシステムを存続させるのです。権力による違法な監視(迫害)体勢や自分達の組織を維持する為に、また様々な利権や既得権益を死守する為に、そして市民や国民から望まれない支配を続ける為に・・・。

また敵対者や監視対象を追い詰める為に、違法なテクノロジーだけでなく、呪術や魔術を使う恐ろしいカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えています。これについては所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示す方がいますが、このブログでも時折触れていますし、ネットにも様々な情報がありますから、是非ご自身で調べてみて下さい。先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうか、多角的に考えて頂けたらと思います。

また地域だけでなく職場に於いても“重宝”する為、リストラに集団ストーカーの手法が使われています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

しかし、いつまでもこの様な犯罪を続けていて安泰でいられるとは限りません。因果応報、自業自得という言葉の通り、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか。

加害者の皆様も無関係ではないと思いますが?
世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも探せば同様の論文、内部告発、証言、資料、ネットの情報等は多数出て来ます。但し、ミスリードや偽情報も多く、偽被害者のサイトなどもありますので慎重に判断して下さい。このブログに記載している内容も完全に正しいわけではありません。紹介している全ての情報の真偽を確認する事は不可能であり、私が選択や判断ミスをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方の考えと責任においてして頂きます様お願いします。また私の間違いが明らかであればご指摘頂けると幸いです。

その上で言える事は、単に自分が知らないだけで、知識が欠乏しているだけで、あるいは理解できない難しい事が書いてあるだけで「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付けるのは実に卑怯だと思います。子供ではないのですから「怖い」とさえ言えば弱者として同情され、何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」
などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し、無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に、巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより、最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えて来ました。

また通常集スト加害者は、今話題になっている被害者の人に対する挑発の様な、あからさまな加害行為は滅多にしてきません。仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?

明らかな器物破損、敷地内不法侵入、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる傷害行為等をしている様子まではっきり映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょうか?警察は何をしているのでしょう?もしかして仲間ですか?

面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いや妄想だとミスリードする為の隠蔽工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

私達被害者が受けているローテク被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装った、非常に微妙かつ巧妙な手口です。それを組織的に何年にも渡って繰り返す事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰めるのです。

あの様な、被害届けを出されたら言い逃れのできない手法はまず使いません。逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中でこのギャングストーキングが猛威を振るっているのです。非常に狡猾で用意周到な加害組織及び実行犯達は決定的な証拠を残しません。だからこそ地道に状況証拠を積み上げるしか証明する手段がないのです。

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしている輩までいると言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

あるいはAIに学習させる為に、思考とライフログをハッキングされているのではないでしょうか。

「お前の様な人間を、誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるのか、そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」という、鼻息も荒く、まくしたてる工作員の主張は破綻しています。集団ストーカーはビジネスでもあり人体実験でもあり、邪魔な住民を密かに葬り去る事のできる“理想的”な敵対者排除システムでもあるのです。

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と不作為があるのですが、皆この犯罪に加担、あるいは関与している為、取材し追求するどころか被害者の邪魔をし足を引っ張り必死に隠蔽しているのです。

この様な者達に多大な権力を与えたままでは、この国は犯罪者のやりたい放題になってしまいます。そして現にそうなっています。これは決して日本だけの事ではありませんが、その様な人間を税金で養っている事に国民の皆さんはもっと怒った方が良いのではないでしょうか?

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの法律から「恋愛感情(改正後は好意の感情)が満たされなかった事による」の一文が削除されないのでしょうか。またその様な要望が上がっている事など百も承知なのになぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?

恋愛感情や好意を伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事など、少し考えれば小学生の子供でも分かることです。その様な単純な事を、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民、特に被害者からの要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。こんなふざけた話はありません。もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体が、敢えてこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらその様な人間が実質この国や世界の国々を動かしているのです。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし、他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

国民を欺きながら日本人を虐待しながら、国民の税金で私腹を肥やす様な公務員と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿でしょう。現実を直視し、それに立ち向かう勇気を、一人でも多くの人に持って頂けたらと思います。


当ブログに掲載している画像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為に、コントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので専門機関で調査し、その結果を公表し、何らかの手を加えている事がが証明された上で、捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。

この記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。尚、画像・動画の保存、転載、流用等は一切禁止します。ストレージのリンクを第三者に教える行為も禁止です。

また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や、組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり、不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

過去記事(一部)
嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・
※ご本人のアカウントが削除されています。

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

世界中に蔓延する組織的ストーキング

集団ストーキングと特殊部隊の類似性

ストレスによる人体実験の請負人達

BMI(ブレインマシンインターフェイス)による脳情報通信技術

スーパーテクノロジー犯罪の正体


集団ストーカーは虐め(精神的身体的虐待・暴行・傷害行為)の拡大版

集団ストーキングと人間競馬(人間賭博・博打)

加担する者は組織犯罪処罰法で罪に問われるべき

以下、掲載しきれない為、インデックスより過去記事一覧より適宜参照下さい。
記事インデックス

その他参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

悪魔(ユダヤ)からの最後通告 混迷日本にとどめを刺せ

阿修羅より
太田龍の遺業に敬意を表して捧げます2

ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また、各被害者によって考え方も違いますので、ご自身で調べ判断して頂きますようお願いします。

原爆の日も

この愚かな「雇われし者達」は、戦没者や犠牲者の冥福を祈るどころか、ストーカーという最も醜い犯罪行為に陶酔し、自らの魂を汚す事に余念がな様です。(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・転載・第三者による無断配信は一切禁止です。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は、本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を集め様とするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。


今日は広島に原爆が投下されてから72回目の原爆の日です。

この様な悲劇を繰り返さない為にも、この時何が起きていたのか、その史実から目を背けず、また風化させてはならないと思います。





色んな情報が出回っていて、何が事実だったのかを探るのも簡単な事ではないのですが、いずれにしてもこんな恐ろしいものが、つい数十年前のこの日本に2度も投下された事は決して忘れてはならないと思います。

戦後生まれの人間にはどこか実感がないのですが、考えて見れば今もどこかで戦争や紛争が起きているのですよね。

他の動物とは桁違いの頭脳を手に入れた人類が未だに戦争や大量殺戮などという野蛮な行為を止められないのは、何かの病気か脳の欠陥なのでしょうか?それとも人を殺す快感が忘れられなくて中毒症状の様になっているのでしょうか?

でもそんな一部の狂った者達にいつまでも付き合う義理も必要もありませんし、戦争などという愚かで野蛮な行為は、もういい加減にやめるべきです。

これだけ高度にテクノロジーが発達し、やれイノベーションだの宇宙開発だのと有頂天になっている一方で、未だに人殺しをやめる事すらできていない。あり余る財産の使い道に困る者がいる一方で、格差や貧困問題の解消すらできていないのです。

自分の損得勘定や悪知恵が働く明晰な頭脳は持っていても、精神性が全く伴わない野蛮な人類(人種?)の底なしの欲望や野心、薄汚れた優越感の為に成す術もなく犠牲となっていった多くの人々や生き物たち。

一瞬にして奪われた幾多の命。その日その時、どんな気持ちだったのか、どれだけ苦しかった事か、そう思うと、何とも暗澹たる思いが込み上げてきます。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。

しかしながら、その黙祷を捧げている間も、汚らしい爆音を撒き散らしながら近づいて来るストーカー暴走族集団がこの団地の前の高速道路を走り回っていて、心底この輩達は屑だと思いました。

何十万人という日本人が殺害された日に、こんな蛮行を行える人間の心理とはどのようなものかと想像するに、およそ人としての心を持たない魔物の類か正真正銘のサイコパス達である事は容易に想像が付きます。

あるいは日本人に対して憎悪感情を持つ者、日本人など虫けら同然だからいくら殺しても構わないと本気で信じている様な、恐ろしい鬼畜集団のいずれかでしょう。若しくは人間そのものを見下している傲慢で思い上がった者達。

この組織ストーカーの首謀者と、日本に原爆を落とした主犯というのは、実は同じではないのかという気がしてならないのですが、その同じではないかと私が思っているのは、ずばり「(偽)ユダヤ」。

「原爆 ユダヤ」で検索をしてみると、興味深い記事がありました。

世界の真実の姿を求めて! 様より
日本にいたユダヤ人ー秦氏?

サーティンキュー 様より。
二発の原爆は日本イエズス会の聖地に落ちた!

獣の国、アメリカの残虐、原爆関連記事

※リンクは掲載したものの、まだしっかりと目を通していないので、内容についてのご判断はそれぞれに委ねます。


※boさんのツイートで知った動画を追加しました。(8/8)

ネットでは地上起爆説なども囁かれていますが、私はどちらかと言うと懐疑的な立場です。

ドクター佐野千遥教授のブログより
広島長崎原爆湯川作成日本人地上起爆説は全くの嘘偽り!露科学科学院スミルノフ物理学派DR佐野千遥

さてはてメモ帳 より
なんでも日本が悪い? 「原爆地上起爆」という黒い嘘1

確かにクレーターがないというのは説得力がありますが、投下されたにせよ地上起爆だったにせよ、その根拠となる写真が、果たして合成や改竄されていない本物かどうかという問題がまず浮上します。それをどこまで確かめることが可能かというと、なかなか難しい問題ではあると思います。

という事で私は一旦保留の立場を取りますが、ご判断はそれぞれに委ねます。

実はこの記事を書き始めて少し経った所で突然停電があり、PCが落ちてしまいました。雷が発生しているわけでもないのに、僅かに1秒ほど停電したのです。

それで一応UPSに繋いではいるものの、バッテリーの寿命の為、ただのコンセント状態になっている為、それまでに書いた内容が一瞬で消えてしまいました。停電はすぐに復帰したものの、PCが落ちてししまったので、また書き直すはめに。

それにしても、この不自然な停電。
何か意味や関連があるのでは?と考えてしまうのは考えすぎでしょうか。

状況やタイミングから、やはりユダヤの事を書いていた事が気に入らなかったのではないかと推察するわけですが、おそらくそういう事ではないでしょうか。その後も、何度もバイクが威嚇をして来ています。明らかに「ユダヤ」に反応しているのです。

ただ、確実な証拠もなく私の感覚でそう思っているだけなのですが、様々な情報や自分自身の経験則から、おそらくその辺りが集ストの黒幕である事はほぼ間違いないのではないかと思っています。

世界中にネットワークを構築し、莫大な財産を持ち、政治から行政から企業に至るまで、全てを支配しているのは、(定義が難しいのですが)ユダヤという共同体?ではないかと思っています。

そうした共同体が、自分達の既得権益や特権を守る為に、口うるさくて邪魔な人間を削除するツールが集団ストーキングなのでしょう。

現世利益のみを追求し、その為には手段を選ばない恐ろしい思想集団。その手先となって走り回る爆音ライダー犯罪集団。

原爆投下にしても、集団虐めで人を死に追いやるにしても、人としての魂を持ち、赤い血の通った人間に出来る行為ではないと思います。人間が同じ人間に対して取り得る所業ではありません。

多少、性格に欠点があったり、他人に対して冷酷であったとしても、ここまでの陰湿で残酷な虐めを淡々と続け、ためらいもなく他人の命を奪えるものではないと思います。

戦争も組織ストーカーも、そんなひとかけらの良心も持たないサイコパスであり、歪んだ選民思想でとち狂った者達の所業ではないでしょうか。

自分達は選ばれた民族?
何に選ばれた民族?
神ではなく悪魔に選ばれた民族という意味での選民なら納得です。

悪魔に魂を売り渡し、生きながら地獄に堕ちた者達です。
あるいは人ですらない者達なのでしょう。

汚れたお金で買えるのは、地獄行きの切符だけです。

尤もこれらの者達は、死後や地獄などない、現世のみだと信じている様ですが・・。

だから、今さえ良ければ、自分さえ良ければに徹する事ができるのでしょう。
呆れ果てて、返す言葉もありません。


阿修羅より
太田龍の遺業に敬意を表して捧げます2

今日の様子ですが、ちょっと奇妙なシーンがあったので、一部分だけ先に動画をUPしました。



主導でコマ送り、巻き戻し、位置調整をしていますので、お見苦しいかも知れません。

また切り出した画像と、追加できたら追加の動画を掲載します。


下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により、現在個人的なメールのやり取りはしておりません。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。m(..)m

補足・禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ、及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。せめて自分のブログで書く位の勇気も覚悟もない人間が偉そうにこのブログと私を中傷ですか?

ここで明確に禁止しているにも関わらず、この様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。

また、私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタン設置)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。

更に、投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で、投稿時の状態のまま公開、及び配布され続けているという事は、「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが、少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

またその様に主張しながらも、私自身が勝手に他の動画から大量にスクリーンショットを借用・掲載してしまっているのですが、全ては被害を終わらせる為のものであり、ある程度の目処が立てば(この被害の解決、または解決の糸口が見えた段階で)全て削除する予定です。場合によってはこのブログや動画等も全て削除するかも知れません。そうする事で、逆に私が権利侵害している場合でも、その影響を最小限に抑えられる為、それが一切を転載禁止としている理由です。

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を読破してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言するのなら、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また、各文献のどこがどう間違っているのかを、具体的に、そして私の様な学歴のない者にも分かる様に、きちんと説明してから言って下さい。

説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「妄想という妄想に取り付かれている道化師」なのではないですか?それともどこかからの指示や命令で、お小遣いを貰ってその様な“説”を唱えているのでしょうか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は証拠も根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げて、それに尾ひれや背びれを付けて主張を完結させているのは如何にも卑怯です。

この手の人達が主張する、「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である事の論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」という訴えの部分だけなのです。

その様な、実に表面的で極めて限定的な“フレーズ”だけを論拠として、被害妄想や統合失調症であると誘導しておきながら、それ以上は決して言及しないのです。深入りしないのです。


例えば私が何度も指摘している様に、自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返す事や、基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい・・という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルー。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽で卑怯で悪意と作意に満ちた主張だと思います。

そんな底の浅い人物の言論など全く信用するに価しないと私は思うのですが、その様な人の書いた本を、わざわざお金を払って購入して読みたいと思われますか?尤も私が指摘するまでもなく、聡明で賢明な方々にはあっさり見抜かれてしまう事でしょう。

仮に本人がその矛盾に気付かないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれているのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様な稚拙な言論(戯言)に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が、きちがいだ、統失だと騒いでいますが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分の素性や精神レベルの低さや恥を、頼んでもいないのに自らアピールして拡散しているだけの愚かな行為である事を、これを機に自覚して頂けたら幸いです。

以下、参考文献

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本
エルドン・A・バード博士からの手紙

株式会社みらい計画研究所 高橋栄人氏論文
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

過去記事
(転載)秘密マインドコントロール実験

↓正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。
旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕



※字幕をONにして下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

これらの記事からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。憲法で保証されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織と繋がりのある者達が、平気で踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、政治家、公務員までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているものではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在しているのです。権力側にいる者にとって都合の悪い市民国民はこうした手法を使って密かに弾圧され迫害を受け、生活を破壊され、命を奪われているのです。この日本も例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、何故か頭ごなしに否定する人達がいます。

例え私の様な一個人の他愛のない仮説であっても、万が一にもその様なシステムが存在する可能性など0.001%たりともあってはならない人達がいるらしく、「そうした可能性もあるのではないか?」と仮説を述べたり推察する事が、余程都合が悪いのでしょう。とにかく「頭がおかしい」「病気だ」という言葉をすぐに持ち出しては、「変わり者のいかれた妄想」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか感じられません。

仮にこの集団ストーキングという“敵対者弾圧システム”が実在すると仮定して考えた場合、支配層や権力側が、自分達に都合の悪い人物を密かに排除したり始末するに当たり、実に都合のいいシステムだと思いませんか?そうであるなら、こんな都合のいいシステムを使わないはずがない、という想像力が働くはずです。私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様には、さらに深く鋭い洞察が働くのではないでしょうか。

そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない、と考える方が非現実的なのではありませんか?
そして私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を多数保有しています。

実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていて、自分達の組織や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に、尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさにその筋の人が使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのでしょう。政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力という事になるのです。

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、その分狙いやすいのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。ターゲットが騒いだら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの“自殺”の多くは、口封じの為の他殺ではないかと思っています。

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体での村八分と虐めです。
静岡県上野村・村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。そして徒党を組んで執拗に付きまといと嫌がらせを続けます。ターゲットが生きている限りそれは続きます。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

この様な事は遠い昔の話ではありません。今現在も行われているのです。ただし「害悪の告知」をして脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、告知をするのではなく、それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる様な方法で付きまとい=ストーキング行為をして本人を追い詰めます。しかも本人から指摘されても言い逃れができる様に口実と言い訳を用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で、誰にも怪しまれずに堂々と付きまとい・尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。仮に付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、いくらでも言い逃れが出来ます。当然です。最初からその様な手法しか使わないのですから。

実行部隊の人間は、表向き検挙される様な違法行為はして来ません。違法行為をする場合は電磁波や超音波等を悪用した目に見えない手段を使います。また不法侵入する際は、ターゲットの位置情報などからすぐに自宅に戻れない状況で実行し(密かに合鍵を作成・所持している。集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能です。また警察を呼んでも有耶無耶にされるだけです。

そうした加害行為以外の日常的なローテク加害行為としては、ターゲット(TI)にストレスを与える為に、TIの行動に合わせて自分達の姿を見せ、サイレンやエンジンの爆音等のノイズを聞かせるだけです。またTIの前を通過する際に特定の仕草をする事で(アンカリング)、TIの不快指数を上げストレスによるダメージを与えて来ます。排気ガス等に毒物を混入している事もある様です。

こうして付きまといと挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら楽しみながら何の罪悪感も感じることなく遂行している悪魔の様な者達。そんな危険な性質を持つ人物が、普通の住民に成りすまし、あるいは紛れて生活しているのです。

本来であればその様な人物こそ、危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。不良や暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかと、ただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

そもそも、仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまでの著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪である上にも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでもそのシステムを存続させるのです。権力による違法な監視(迫害)体勢や自分達の組織を維持する為に、また様々な利権や既得権益を死守する為に、そして市民や国民から望まれない支配を続ける為に・・・。

また敵対者や監視対象を追い詰める為に、違法なテクノロジーだけでなく、呪術や魔術を使う恐ろしいカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えています。これについては所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示す方がいますが、このブログでも時折触れていますし、ネットにも様々な情報がありますから、是非ご自身で調べてみて下さい。先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうか、多角的に考えて頂けたらと思います。

また地域だけでなく職場に於いても“重宝”する為、リストラに集団ストーカーの手法が使われています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

しかし、いつまでもこの様な犯罪を続けていて安泰でいられるとは限りません。因果応報、自業自得という言葉の通り、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか。

加害者の皆様も無関係ではないと思いますが?
世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも探せば同様の論文、内部告発、証言、資料、ネットの情報等は多数出て来ます。但し、ミスリードや偽情報も多く、偽被害者のサイトなどもありますので慎重に判断して下さい。このブログに記載している内容も完全に正しいわけではありません。紹介している全ての情報の真偽を確認する事は不可能であり、私が選択や判断ミスをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方の考えと責任においてして頂きます様お願いします。また私の間違いが明らかであればご指摘頂けると幸いです。

その上で言える事は、単に自分が知らないだけで、知識が欠乏しているだけで、あるいは理解できない難しい事が書いてあるだけで「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付けるのは実に卑怯だと思います。子供ではないのですから「怖い」とさえ言えば弱者として同情され、何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」
などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し、無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に、巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより、最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えて来ました。

また通常集スト加害者は、今話題になっている被害者の人に対する挑発の様な、あからさまな加害行為は滅多にしてきません。仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?

明らかな器物破損、敷地内不法侵入、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる傷害行為等をしている様子まではっきり映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょうか?警察は何をしているのでしょう?もしかして仲間ですか?

面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いや妄想だとミスリードする為の隠蔽工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

私達被害者が受けているローテク被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装った、非常に微妙かつ巧妙な手口です。それを組織的に何年にも渡って繰り返す事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰めるのです。

あの様な、被害届けを出されたら言い逃れのできない手法はまず使いません。逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中でこのギャングストーキングが猛威を振るっているのです。非常に狡猾で用意周到な加害組織及び実行犯達は決定的な証拠を残しません。だからこそ地道に状況証拠を積み上げるしか証明する手段がないのです。

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしている輩までいると言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

あるいはAIに学習させる為に、思考とライフログをハッキングされているのではないでしょうか。

「お前の様な人間を、誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるのか、そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」という、鼻息も荒く、まくしたてる工作員の主張は破綻しています。集団ストーカーはビジネスでもあり人体実験でもあり、邪魔な住民を密かに葬り去る事のできる“理想的”な敵対者排除システムでもあるのです。

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と不作為があるのですが、皆この犯罪に加担、あるいは関与している為、取材し追求するどころか被害者の邪魔をし足を引っ張り必死に隠蔽しているのです。

この様な者達に多大な権力を与えたままでは、この国は犯罪者のやりたい放題になってしまいます。そして現にそうなっています。これは決して日本だけの事ではありませんが、その様な人間を税金で養っている事に国民の皆さんはもっと怒った方が良いのではないでしょうか?

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの法律から「恋愛感情(改正後は好意の感情)が満たされなかった事による」の一文が削除されないのでしょうか。またその様な要望が上がっている事など百も承知なのになぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?

恋愛感情や好意を伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事など、少し考えれば小学生の子供でも分かることです。その様な単純な事を、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民、特に被害者からの要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。こんなふざけた話はありません。もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体が、敢えてこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらその様な人間が実質この国や世界の国々を動かしているのです。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし、他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

国民を欺きながら日本人を虐待しながら、国民の税金で私腹を肥やす様な公務員と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿でしょう。現実を直視し、それに立ち向かう勇気を、一人でも多くの人に持って頂けたらと思います。


当ブログに掲載している画像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為に、コントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので専門機関で調査し、その結果を公表し、何らかの手を加えている事がが証明された上で、捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。

この記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。尚、画像・動画の保存、転載、流用等は一切禁止します。ストレージのリンクを第三者に教える行為も禁止です。

また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や、組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり、不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

過去記事(一部)
嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・
※ご本人のアカウントが削除されています。

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

世界中に蔓延する組織的ストーキング

集団ストーキングと特殊部隊の類似性

ストレスによる人体実験の請負人達

BMI(ブレインマシンインターフェイス)による脳情報通信技術

スーパーテクノロジー犯罪の正体


集団ストーカーは虐め(精神的身体的虐待・暴行・傷害行為)の拡大版

集団ストーキングと人間競馬(人間賭博・博打)

加担する者は組織犯罪処罰法で罪に問われるべき

以下、掲載しきれない為、インデックスより過去記事一覧より適宜参照下さい。
記事インデックス

その他参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

悪魔(ユダヤ)からの最後通告 混迷日本にとどめを刺せ

ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また、各被害者によって考え方も違いますので、ご自身で調べ判断して頂きますようお願いします。

確信犯

カメラを向けると現れる確信犯の一人、S塚がまた現れました。(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・転載・第三者による無断配信は一切禁止です。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

本ブログに於ける主要な説、持論、考察、または主張であるET/Alien/Reptilian等人間外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は、本ブログを閲覧されない様お願いします。

基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で利用できる部分だけ利用するという行為は、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を集め様とするのは賢明な選択ではありません。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。

一部、ショッキングな画像が含まれる場合がありますが、苦手な方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

集団ストーキングとは関係のない画像も含まれる場合があります。


私への付き纏いはローテーションになっているらしく、大体3回に1回程度の割合で出てくる様です。

先程、画像を作成中に、ヘッドフォンのバッテリーが切れたので、予備のヘッドフォンに交換しようと外した瞬間、広報無線が始まりました。そのタイミングがいかにも、というタイミングだったので、何の放送か記録する為にカメラを持ってベランダに。

内容は、今日この地域に大雨警報が発令されたとの事。

台風が近づいているとは言っても、まだ雨はそれほど降ってはいないので、随分早い発令だと思いながら、空の様子などを撮影して、せっかくなので路駐車両の様子も記録しようと、カメラを下に向けると、やっぱりいました。路駐車両。

常連のY下の車と、以前はしつこく路駐していて最近見かけなくなっていた66-48。

今日の画像はまだ作成できていないので以前の画像から。

20160822074102b.jpg

20160510181702c.jpg

2016100143104b.jpg

路駐禁止なのに、相変わらず路駐を繰り返す住民達。しかも私が撮影していると、その路駐車両の持ち主が現れて車を移動するのも、いつものパターン。

今日もやっぱりそのパターンでしたが、それだっておかしな話です。私が撮影している10分かそこらの時間の中で、非常に高い確率で路駐車両の持ち主が現れて車を移動するのですが、そういう事がそうそう何度も続くはずがないじゃないですか。いくら偶然と言い張ってみたところで。

もう明らかにこの人達は集団ストーカー確信犯です。
だから私もここまではっきり明言しているのですが、私の妄想だ、中傷だと言うなら、そんな事が発生し続ける確率を計算してから言って頂きたいと思います。殆どゼロですから。

それで今日の様子に戻りますが、どうせ路駐の主が出てくるだろうと思っていたら、案の定、Y下の息子が出て来て車に乗り込み、その直後に66-48の持ち主も出て来て車に乗り込み、先に66-48が出て行きました。

それに続いてY下の車が駐車場方向に引き返したので、そのまま駐車場に駐めるのか確認する為に、私も駐車法側に移動してカメラを向けると、待っていたかの様な、というか、狙い澄ました様なタイミングでS塚の車が駐車場に入って来ました。

このパターンも本当によくあるパターンで、K水流がよくやるのですが、そんな事が偶然で何年間も発生し続ける方がおかしな話なのです。もう流石に偶然だとか妄想だとか統合失調症という事にして、隠蔽するのは無理でしょう。

何度も言っていますが、確率を考えたら殆どゼロですから。

という事で、あまりにも付き纏いがあからさまな住民に関しては、順次、個別ページを公開しています。

S塚 K織

まだ、極一部しか纏めてありませんが、随時、追加、編集していきます。ここまでするにはそれなりの確証があっての事です。そうでなければ私が訴えられるだけですから、そんな馬鹿な真似はできません。

最近ヤマトの付き纏いもまた酷くなって来ました。今日ももちろんやって来ました。こんな事をしていたらいずれ自分達に返るだけだと思いますが・・。

20170726151716.jpg


追記
19:59 記事公開後、報復の暴走族出没しました。これもいつものパターンです。カルト仲間なんでしょうね。

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により、現在個人的なメールのやり取りはしておりません。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。m(..)m

補足・禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ、及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。せめて自分のブログで書く位の勇気も覚悟もない人間が偉そうにこのブログと私を中傷ですか?

ここで明確に禁止しているにも関わらず、この様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。

また、私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタン設置)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。

更に、投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で、投稿時の状態のまま公開、及び配布され続けているという事は、「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが、少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を読破してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言するのなら、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また、各文献のどこがどう間違っているのかを、具体的に、そして私の様な学歴のない者にも分かる様に、きちんと説明してから言って下さい。

説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「妄想という妄想に取り付かれている道化師」なのではないですか?それともどこかからの指示や命令で、お小遣いを貰ってその様な“説”を唱えているのでしょうか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は証拠も根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げて、それに尾ひれや背びれを付けて主張を完結させているのは如何にも卑怯です。

この手の人達が主張する、「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である事の論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」という訴えの部分だけなのです。

その様な、実に表面的で極めて限定的な“フレーズ”だけを論拠として、被害妄想や統合失調症であると誘導しておきながら、それ以上は決して言及しないのです。深入りしないのです。


例えば私が何度も指摘している様に、自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返す事や、基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい・・という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルー。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽で卑怯で悪意と作意に満ちた主張だと思います。

そんな底の浅い人物の言論など全く信用するに価しないと私は思うのですが、その様な人の書いた本を、わざわざお金を払って購入して読みたいと思われますか?尤も私が指摘するまでもなく、聡明で賢明な方々にはあっさり見抜かれてしまう事でしょう。

仮に本人がその矛盾に気付かないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれているのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様な稚拙な言論(戯言)に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が、きちがいだ、統失だと騒いでいますが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分の素性や精神レベルの低さや恥を、頼んでもいないのに自らアピールして拡散しているだけの愚かな行為である事を、これを機に自覚して頂けたら幸いです。

以下、参考文献

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本
エルドン・A・バード博士からの手紙

株式会社みらい計画研究所 高橋栄人氏論文
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

過去記事
(転載)秘密マインドコントロール実験

↓正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。
旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕



※字幕をONにして下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

これらの記事からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。憲法で保証されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織と繋がりのある者達が、平気で踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、政治家、公務員までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているものではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在しているのです。権力側にいる者にとって都合の悪い市民国民はこうした手法を使って密かに弾圧され迫害を受け、生活を破壊され、命を奪われているのです。この日本も例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、何故か頭ごなしに否定する人達がいます。

例え私の様な一個人の他愛のない仮説であっても、万が一にもその様なシステムが存在する可能性など0.001%たりともあってはならない人達がいるらしく、「そうした可能性もあるのではないか?」と仮説を述べたり推察する事が、余程都合が悪いのでしょう。とにかく「頭がおかしい」「病気だ」という言葉をすぐに持ち出しては、「変わり者のいかれた妄想」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか感じられません。

仮にこの集団ストーキングという“敵対者弾圧システム”が実在すると仮定して考えた場合、支配層や権力側が、自分達に都合の悪い人物を密かに排除したり始末するに当たり、実に都合のいいシステムだと思いませんか?そうであるなら、こんな都合のいいシステムを使わないはずがない、という想像力が働くはずです。私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様には、さらに深く鋭い洞察が働くのではないでしょうか。

そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない、と考える方が非現実的なのではありませんか?
そして私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を多数保有しています。

実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていて、自分達の組織や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に、尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさにその筋の人が使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのでしょう。政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力という事になるのです。

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、その分狙いやすいのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。ターゲットが騒いだら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの“自殺”の多くは、口封じの為の他殺ではないかと思っています。

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体での村八分と虐めです。
静岡県上野村・村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。そして徒党を組んで執拗に付きまといと嫌がらせを続けます。ターゲットが生きている限りそれは続きます。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

この様な事は遠い昔の話ではありません。今現在も行われているのです。ただし「害悪の告知」をして脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、告知をするのではなく、それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる様な方法で付きまとい=ストーキング行為をして本人を追い詰めます。しかも本人から指摘されても言い逃れができる様に口実と言い訳を用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で、誰にも怪しまれずに堂々と付きまとい・尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。仮に付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、いくらでも言い逃れが出来ます。当然です。最初からその様な手法しか使わないのですから。

実行部隊の人間は、表向き検挙される様な違法行為はして来ません。違法行為をする場合は電磁波や超音波等を悪用した目に見えない手段を使います。また不法侵入する際は、ターゲットの位置情報などからすぐに自宅に戻れない状況で実行し(密かに合鍵を作成・所持している。集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能です。また警察を呼んでも有耶無耶にされるだけです。

そうした加害行為以外の日常的なローテク加害行為としては、ターゲット(TI)にストレスを与える為に、TIの行動に合わせて自分達の姿を見せ、サイレンやエンジンの爆音等のノイズを聞かせるだけです。またTIの前を通過する際に特定の仕草をする事で(アンカリング)、TIの不快指数を上げストレスによるダメージを与えて来ます。排気ガス等に毒物を混入している事もある様です。

こうして付きまといと挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら楽しみながら何の罪悪感も感じることなく遂行している悪魔の様な者達。そんな危険な性質を持つ人物が、普通の住民に成りすまし、あるいは紛れて生活しているのです。

本来であればその様な人物こそ、危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。不良や暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかと、ただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

そもそも、仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまでの著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪である上にも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでもそのシステムを存続させるのです。権力による違法な監視(迫害)体勢や自分達の組織を維持する為に、また様々な利権や既得権益を死守する為に、そして市民や国民から望まれない支配を続ける為に・・・。

また敵対者や監視対象を追い詰める為に、違法なテクノロジーだけでなく、呪術や魔術を使う恐ろしいカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えています。これについては所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示す方がいますが、このブログでも時折触れていますし、ネットにも様々な情報がありますから、是非ご自身で調べてみて下さい。先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうか、多角的に考えて頂けたらと思います。

また地域だけでなく職場に於いても“重宝”する為、リストラに集団ストーカーの手法が使われています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

しかし、いつまでもこの様な犯罪を続けていて安泰でいられるとは限りません。因果応報、自業自得という言葉の通り、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか。

加害者の皆様も無関係ではないと思いますが?
世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも探せば同様の論文、内部告発、証言、資料、ネットの情報等は多数出て来ます。但し、ミスリードや偽情報も多く、偽被害者のサイトなどもありますので慎重に判断して下さい。このブログに記載している内容も完全に正しいわけではありません。紹介している全ての情報の真偽を確認する事は不可能であり、私が選択や判断ミスをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方の考えと責任においてして頂きます様お願いします。また私の間違いが明らかであればご指摘頂けると幸いです。

その上で言える事は、単に自分が知らないだけで、知識が欠乏しているだけで、あるいは理解できない難しい事が書いてあるだけで「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付けるのは実に卑怯だと思います。子供ではないのですから「怖い」とさえ言えば弱者として同情され、何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」
などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し、無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に、巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより、最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えて来ました。

また通常集スト加害者は、今話題になっている被害者の人に対する挑発の様な、あからさまな加害行為は滅多にしてきません。仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?

明らかな器物破損、敷地内不法侵入、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる傷害行為等をしている様子まではっきり映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょうか?警察は何をしているのでしょう?もしかして仲間ですか?

面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いや妄想だとミスリードする為の隠蔽工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

私達被害者が受けているローテク被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装った、非常に微妙かつ巧妙な手口です。それを組織的に何年にも渡って繰り返す事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰めるのです。

あの様な、被害届けを出されたら言い逃れのできない手法はまず使いません。逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中でこのギャングストーキングが猛威を振るっているのです。非常に狡猾で用意周到な加害組織及び実行犯達は決定的な証拠を残しません。だからこそ地道に状況証拠を積み上げるしか証明する手段がないのです。

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしている輩までいると言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

あるいはAIに学習させる為に、思考とライフログをハッキングされているのではないでしょうか。

「お前の様な人間を、誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるのか、そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」という、鼻息も荒く、まくしたてる工作員の主張は破綻しています。集団ストーカーはビジネスでもあり人体実験でもあり、邪魔な住民を密かに葬り去る事のできる“理想的”な敵対者排除システムでもあるのです。

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と不作為があるのですが、皆この犯罪に加担、あるいは関与している為、取材し追求するどころか被害者の邪魔をし足を引っ張り必死に隠蔽しているのです。

この様な者達に多大な権力を与えたままでは、この国は犯罪者のやりたい放題になってしまいます。そして現にそうなっています。これは決して日本だけの事ではありませんが、その様な人間を税金で養っている事に国民の皆さんはもっと怒った方が良いのではないでしょうか?

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの法律から「恋愛感情(改正後は好意の感情)が満たされなかった事による」の一文が削除されないのでしょうか。またその様な要望が上がっている事など百も承知なのになぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?

恋愛感情や好意を伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事など、少し考えれば小学生の子供でも分かることです。その様な単純な事を、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民、特に被害者からの要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。こんなふざけた話はありません。もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体が、敢えてこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらその様な人間が実質この国や世界の国々を動かしているのです。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし、他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

国民を欺きながら日本人を虐待しながら、国民の税金で私腹を肥やす様な公務員と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿でしょう。現実を直視し、それに立ち向かう勇気を、一人でも多くの人に持って頂けたらと思います。


当ブログに掲載している画像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為に、コントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので専門機関で調査し、その結果を公表し、何らかの手を加えている事がが証明された上で、捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。

この記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。尚、画像・動画の保存、転載、流用等は一切禁止します。ストレージのリンクを第三者に教える行為も禁止です。

また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や、組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり、不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

過去記事(一部)
嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・
※ご本人のアカウントが削除されています。

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

世界中に蔓延する組織的ストーキング

集団ストーキングと特殊部隊の類似性

ストレスによる人体実験の請負人達

BMI(ブレインマシンインターフェイス)による脳情報通信技術

スーパーテクノロジー犯罪の正体


集団ストーカーは虐め(精神的身体的虐待・暴行・傷害行為)の拡大版

集団ストーキングと人間競馬(人間賭博・博打)

加担する者は組織犯罪処罰法で罪に問われるべき

以下、掲載しきれない為、インデックスより過去記事一覧より適宜参照下さい。
記事インデックス

その他参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

悪魔(ユダヤ)からの最後通告 混迷日本にとどめを刺せ

ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また、各被害者によって考え方も違いますので、ご自身で調べ判断して頂きますようお願いします。