公共の福祉に反する集団ストーカー犯罪

集スト被害者が写真や動画を公開する上で、重要だと思った記事がありましたので、一部転載させていただきます。

神世界組織の実態

このように一部個人情報を含んだデータをHP上に公開することに疑問を感じられる方があるかもしれないが、公共の福祉に反する個人や団体の行為があった場合、これを告発するために一定の秩序を保った上でその内容をインターネットのHPで明らかにすることは法に違反する行為ではない。

 「憲法13条・プライバシー権」と、「憲法21条・表現の自由」とは同等の権利ではなく、プライバシー権は、「公共の福祉に反しない限り」という条件の下で「最大の尊重を必要とする」という「尊重権利」であるのに対し、言論・出版の自由は、「言論・出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と明快にいいきられた「国家保障権利」だ。
 明らかに「公共の福祉に反する行為」を繰り返し行ってきた神世界による犯罪行為を阻止するために、彼らが一定のプラバシー権の制約を受けることは公共の福祉に供する行為である。
 憲法に規定された権利だから両者は同等の権利があると誤解される場合が多いが、「憲法21条・表現の自由」の方がはるかに上位の権利である。


プライバシーの侵害に関しては、案外、解釈を間違えやすい部分だと思いますが、言われてみれば、確かにその通りです。

この記述の様に『明らかに「公共の福祉に反する行為」を繰り返し行ってきた神世界による犯罪行為を阻止するために、彼らが一定のプラバシー権の制約を受けることは公共の福祉に供する行為』が正しい解釈であるなら、集スト被害者が、ネットに写真や動画を上げる行為も、同じく、犯罪行為を阻止し、公共の福祉に供する行為だと言えるはずです。

ここで、集団ストーカー犯罪とは何かと考えた時に、やはりこの組織的な犯罪は「公共の福祉に反する」行為というレベルを超えて、明らかに犯罪であり、殺人まで犯す非常に悪質なテロ集団とも言えます。

その犯罪を被害者が告発する為に、写真や動画をネットに公開する行為は制限されるべきではなく、逆に保証されるべきものだと思います。
もちろん、RK氏がよくやる様な、人物の写真に悪意のある加工をしたり、罵倒する様な表現を控え、一定の秩序を保つ事は、被害者が名誉毀損などで訴えられない為にも必要でしょうけれど。
あと、集団ストーカー被害者の印象を悪くするのは得策ではないので(工作員がやっぱりあいつらはキチガイだとか言ってくるので)、表現にも配慮は必要だと思いますが。

そもそも、その人物に対する個人的な恨みがあって、復讐や報復、誹謗中傷をしたくて、この様な事をしているわけではないのです。
加害者は顔見知りや近隣住民が中心ですが、それと同時に、何の接点もない、名前さえも知らない大量の工作員からも日常的に付きまとわれ、24時間続く悪質な盗撮や監視、嫌がらせ、電磁波による障害行為を受けているからこそ、そして、言葉だけでは証明が不可能だからこそ、こうしてネットで写真や映像を公開しているのですから。

あくまでも、現在の被害状況の回復が目的であって、私にとっては、自分を守る為の防衛手段。
いわば、一方的に売られた喧嘩に対する正当防衛なのです。

国も政治家もマスコミも動いてくれない以上、被害者が告発しなければ何も解決しません。
被害者が抗議や告発をしなければ、犯罪者たちはやりたい放題。
さらに被害者が増えるだけです。

なので、集団ストーカーの証明に役立つ様なものは、どんどん公開していくべきだと思います。
ただ、相手もこちらの過失を狙っているでしょうから、慎重に・・・。


それにしても、この神世界とか、ヒーリングサロンとか、怪しすぎますね。
カルトは神とか宇宙とか、検証不可能なものを巧みに利用しますから、騙されない様にお気をつけ下さい。

って、私も前は、結構スピや神道系にはまってしまったので、余計に怪しさがわかるんです。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

ダス○ンと思考盗聴器

集団ストーカー被害者の方が、各種企業やメーカーなどから付きまとわれているという話をよく聞きます。
断定はできませんが、私もそうした営業や配達の車両、トラックなど、異様な頻度で遭遇します。

最近ダス○ンの車と時々遭遇するのですが、バックミラーなどで見ていると、集スト工作員がよく見せる、鼻触りの仕草をする事もあり、やはりストーキングされているのではないかと疑っています。

そこでネットで検索してみたのですが、やはり出てきました。

下の「秘密神社」さんの記事によると、警察のOBが、ダス○ンに天下りして、ニューロフォンの人体実験をしていたとの情報も。

http://himitujinjiya.jugem.jp/?cid=158

↓貼られていたリンクの掲示板の書き込み。(ちょっと読みにくいですが)
思考盗聴システムを利用して盗聴・盗撮・ストーキング・暴行・傷害・殺人未遂・不法住居侵入・ワイセツ行為など犯罪を繰り返すダスキ○

探せば他にもたくさんの情報が出てきますが、この様な事が事実だとすれば(おそらく事実なのでは?)、自分たちの利益を守り、欲望を満たす為に、こうした非合法の装置を犯罪者でもない市民に対して悪用しているわけで、悪用されている被害者としては、絶望的な気持ちになります。

ここでもまた警察が関与している様ですが、本当に呆れてしまいます。

一部の人間が暴走しているのか、それとも警察全体が汚染されているのかどうかわかりませんが、本当に酷すぎます。

これは明らかに犯罪ですね。

この件に関わらず、警察の不祥事や事件は、毎日の様に明らかにされています。下のサイトを見ればいかに常軌を逸脱しているかわかります。
毎日起こる警察の犯罪

犯罪を取り締まるはずの警察が、他人の私生活を覗き見してプライバシーを踏みにじり、死ぬほどの苦痛を与えながら、自分の欲望や欲求を満たしているのです。

ちょっと下世話な話になってしまいますが、先述の掲示板の書き込みにある様に、他人の肛門や陰部、排泄だの性交だのを四六時中覗き見して、飽きないのでしょうか?まあ、飽きないし面白いからやっているのでしょうが、だとしたら、それしか興味がない変態か、精神が病んでいる証でしょう。頭の中はいつもそういう考えでいっぱいで、果ては他人(ターゲット)にもそういう卑猥な思考を送信して来るのです。その様な被害を訴えている人も多いのですが、あまりにも卑怯です。狂っています。

しかしよく考えれば、性的な欲望というのは、動物にも人間にも本能として備わっている欲望の一つですから(それがないと種が絶滅してしまう)、本当は忌み嫌うものでも、恥ずかしいものでもないのかも知れません。食欲や睡眠欲と同じものなのに、まるで悪い事の様に思われている風潮がありますが(その為に、逆に下品なコンテンツをばら撒いているのでしょう)、それはともかく、頭の中がそればっかりでは、まともな思考力や判断力、知性、理性、感性、向上心などといった、人間を成長させる部分が退化する一方だという事は容易に想像がつきますし、エスカレートすれば犯罪に結びつきます。

もはや動物と同じ、いや動物以下じゃないでしょうか。おそらく、変態的な覗き見ばかりして一生を終えるのでしょうね。頭がやられるのも無理はありません。

こういう人達って、一体何の為に生まれてきたのでしょうかね。他人を不快にさせ、苦痛を与え、不幸になる様子を見て面白がって満足する為ですか?だとしたら、もはや人間とは呼べない、何かおぞましいものに成り果てていますね。鬼畜以下の魑魅魍魎。


この記事とは関係ありませんが、たまたまダス○ンの車が後ろを走っていたので、撮影させていただきました。

20141029102804.jpg

20141029102803.jpg

スマホか何かが、とても気になるのでしょうか。
20141029102805.jpg


20141029102806.jpg

そう言えば、よく集スト工作員は、車のダッシュボードの下あたりに思考盗聴のモニターが付いているのか、上のダス○ンレディーの様な体勢で覗き込んでいる事があります。


以下の写真は、29日に用事で出掛けた時に撮影した風景や景色、行き交う車両や人物の様子です。※集団ストーカーとは関係ありません。

20141029102801.jpg


20141029111601.jpg


20141029111701.jpg


20141029111702.jpg

あちこちで電線の工事をしています。
20141029111901.jpg

電線工事?だけでなく、出掛ける先々で無駄な(冗談です)工事をしています。

↓このカーブを曲がると
20141029112201.jpg

タイミング良く、いつもの郵便配達員が現れました。
20141029112202.jpg


20141029112203.jpg


20141029112204.jpg


20141029112205.jpg

バックミラーに映った映像です。
20141029112206.jpg
あれ?車来ていないのに、なんでそこで止まっているのかな?
私と同じ方向に走っていたはずなのにね。(笑)

以下、同一の配達員さんです。
20140630164308.jpg


2014071901.jpg


2014071905.jpg


2014071906.jpg


20140719104502.jpg


そう言えば、スマホで思考盗聴していると思われる工作員につきまとわれた時に、「ストーカー」、「犯罪者」、「人殺し」などと頭の中で考えたら、それに合わせて反応していました。スマホ画面を見ていた視線を私の方に向けたり、目が泳いだりしているのが、何となく分かりました。

それにしても、メーカーや企業の集スト参加率って全般的にかなり高いですね。

先日動画をアップした時に調べたら、損保関係もアウトの様です。

↓google検索
損保 集団ストーカー

結局、自分たちの利益の為に、契約者でもある一般市民の頭の中を盗聴し、プライバシーを踏みにじる卑劣な行為を、今までずっとやっていたんでしょうね。

因みにダス○ンは、あの枯れ葉剤をモップに使用していたそうです。
人権110番の千代丸さんがYoutubeに動画の中で語っていました。
http://youtu.be/MpJgREj8Bcw?t=5m44s

ダスキンの悪質な体質は変わっていなかった

まったく酷い世の中です。できるだけこうした企業は利用しないようにします。

今までの事が明るみになれば、今度は自分たちがその制裁を受ける事になるでしょう。
倫理もモラルもない企業は消えるのみ。
自業自得です。

こんな真夜中に、また高速道路パトのサイレン。
関連記事

在日批判について

集ストには、在日韓国・朝鮮・中国人が深く関与している事は、この組織的犯罪について調べていれば、遅かれ早かれ、辿り着く結論です。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

さらにそのバックにはC○AやKC○A、モ○ドなどの諜報機関が控えていて、お金を与えて彼らを実働部隊として手足の様に動かしている事も見えてきます。

その為、どうしても在日批判をする事が多くなるのですが、その時に、十把一絡げにして“在日”を糾弾するのはどうなのかという、自分自身の中での葛藤が常に伴います。

中には善良な人もいると思いますので、在日=悪という捉え方は正しくないのもわかります。

ただ、その様な前提で発言するとしても、その都度、断りや前置きをしてから、というのでは、議論や意見の展開がまどろっこしくなり、在日問題の闇を追求し、日本人の不利益を解消する上ではマイナスに働く事もあると思います。

なので、この際、そうした前提は暗黙の了解という事で、敢えて言わなくてもいいのではないかと、昨日のある方のツイートをきっかけに、その様な自問自答が頭の中を駆け巡っていました。

それに、国民性とか民族性というのは、やはり無視できないものがあります。
血というか、DNAに深く刻み込まれた性質というのは、その人の人格に大きく影響を及ぼすはずです。
たとえ表向きには、いい人、善良な人、親切な人、地位や身分の立派な人であっても、それが本来のその人の素顔とは限りません。

何か計算や下心があって、近づいてくる人、親切にしてくれる人、仲良くしてくれる人もいますし、スパイの可能性もあります。

例えば公安によって、身近な人がスパイになるのです。
公安の情報収集の真骨頂は対象者に近い人をスパイにすること

どうりで周りを全てスパイに囲まれているわけです。
公安が手を回しているからこそ、この状況なんですよね。
そのスパイに、義理や人情よりも損得勘定を優先する在日が選ばれるのは必然ではないでしょうか。
こちらの親切心など、平気で踏みにじる人を、私は何人も知っています。

自分が集スト被害者で、その人が実は加害者だと気付かなければ、一生その人の事を、いい人、気さくに話しかけてくる人、あるいはいい人かどうかわからなくとも、普通の住人、普通の“日本人”だと思っていた事でしょう。

話題が逸れましたが、いずれにしても、在日韓国・朝鮮人のルーツを辿ると、もとは密入国者や犯罪者であった人達を、国際ルールを無視して勝手に制定した李承晩ラインによって、不当に日本の漁船を拿捕し、暴行、虐殺をし、その漁民の解放を交換条件として永住権を強引に認めさせた経緯があり、人質を取って身代金を要求するテロリストと何ら変わらない野蛮な手法で“交渉”するこの国の国民性というのは、やはりどこかに刻み込まれ、受け継がれている様に思います。

韓国は如何にして竹島を日本から奪ったのか

こうして強引に永住権や地位を獲得してきたのです。

現在、日本に住み続けている『韓国・朝鮮籍特別永住者』は、2013年12月末現在で369,249人(Wikiより)もいるのです。
36万人ってすごくないですか?
確か、在日韓国朝鮮人の生活保護受給率って14%くらいあったような・・・。

ともあれ、こうしたルーツや経緯を持つ人達に対して、必要以上の同情や温情は時に命取りとなってしまいます。
恩を仇で返す国民性、自分の思い通りにならないと火病を起こして逆上し、自分の非は認めず相手に責任を擦り付け、果ては捏造した史実を元に、ゆすりたかる国を祖国に持つ人達を、甘く見てはいけませんね。

今でこそ、平和ぼけした日本人もようやくその危険性に気付き、危機感を抱いている人も少なくないと思います。

また、一部の人間だけの問題だとしても、国単位で考えた場合、全体責任として問われる事もままあります。

例えば、捏造かどうかは別として、従軍慰安婦の問題では、「日本人は謝罪し責任を取れ、そして永久に賠償し続けなければならない」などと某国から要求されたりします。

仮に賠償する事になってしまった場合、それは国民の税金という形で、国民全体が責任を取らされる事になります。
自分や自分の祖先が従軍慰安婦問題に全く関与していないにも関わらず。

逆に日本は、原爆を落としたアメリカを非人道的だと非難もしますし、アメリカに対する遺恨の念は完全に消える事はないでしょう。
この戦争自体も、シナリオがあり、仕組まれたものだと言われていますし、もちろんアメリカ人にもいろんな人がいますが、それには関係なく、アメリカ、またはアメリカ人全体として、原爆を投下した国の国民として、非難を受ける事もあるでしょう。

この様に、国や国民という視点で見た時は、往々にして、個々の素行や考え方などは関係なく、国、もしくはその国の国民として総合的に判断され評価され批判されるものです。

もはや、中には良い人もいる、という様な温情や好意は、むしろ彼らの悪しき習性や犯罪を助長するだけなのかも知れません。

後述する浮世風呂さんの記事によれば、

・現在日本にいる自称在日朝鮮人のほぼ全てが密航・密入国犯罪者とその子孫

・詳しく調べれば、きみがよ丸に乗ってきた善良な人達はあらかた帰還事業で帰国したことが解る。

・さらに調べれば、朝鮮戦争当時に日本へ密入国してきた朝鮮人達がクローズアップされる。

・もっと調べれば、李 承晩ラインの時に釈放された在日の凶悪犯達のことも白日の下に晒される。

・つまり自分たちの先祖達が凶悪犯だらけってのが、実に論理的に判明してしまう。

在日朝鮮人達がなんとしても隠し通したい上記のことを、君が代を聴いたり目にしたりするたびに思い出してしまうから 君が代をあそこまで憎む理由。

だそうです。

勝手に密航・密入国して来て、不法滞在しているのに、自分たちは今まで差別されて来たのだから優遇しろと脅されて、言いなりになる日本人。

温厚でお人好しな日本人の性質が仇となって、次々に無理な要求を突きつけられ、都合が悪くなれば“差別”や“人権”を錦の御旗の様に振りかざし、ある時は黄門様の印籠のように見せびらかしては(笑)、様々な利権、特権に群がって来た在日韓国・朝鮮人。

その人達によって汚染され尽くして来た結果が今の日本です。
いいように食い物にされてきたのです。

警察はもちろん彼らの仲間。
その手下の工作員も同胞なのでしょう。
だから、純粋な日本人を勝手に犯罪者指定して、しつこく付きまとい、自殺や破滅に追い込みたいのです。
で、この国を在日韓国・朝鮮人の国にしたかった。

もういい加減、お人好しで勤勉で、馬鹿正直だけが取り柄の日本人は卒業しないと、したたかで狡猾で残虐な民族によって、日本は完全に支配されてしまいます。

時には激しい言葉や口調でなければ、こういう人達と渡り合う事などできません。
ただし、名誉毀損で訴えられない様に、注意は必要だと思います。

そんな中、在日終了の情報もあちこちで目にするようになってきましたが、非常に非常に非常に(笑)喜ばしい事です。
在日の生きる場所は最早日本には無い

今まで散々やりたい放題の事をしてきたからこそ、ここまで日本人に嫌われ、追い出される事になっただけの事です。
争いや揉め事を好まない大人しい日本人をここまで怒らせて、結局そのツケがブーメランの様に自分たちに戻ってきただけ。
自業自得ですね。

なぜ日本に在日朝鮮人が寄生しているのか

上記記事の「特別永住資格」の項目は、日本人ならば皆、知っておくべき内容だと思います。

これ以上の寄生はお断り!

どうぞ祖国にお帰りください。



さようなら。


ただし、ただで帰るのは許されないと思いますよ。
今まで日本に寄生して日本国民に与えた損失はきっちりと返済してもらわないと、みんな納得しないと思います。
あと、集ストに加担して、精神的、身体的被害を与えた罪を償い、それに対する損害賠償もきっちりとして頂きたいものです。

もしくはそれを容認してきた国の責任が問われる事になるのでは?


10:24 今、記事を書き終わったら高速道路パト。やっぱり図星?

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事

前回の記事のコメントについて

ちょっと動画の作成に没頭していたのと、ツイッターや他の方のブログで情報を収集していた為、自分のブログのコメントの確認が遅れてしまったのですが、その間に、前回の記事にたくさんのコメントを寄せて頂きありがとうございます。

ひとつずつにお返事するよりも、ここでまとめて私の考えを書かせて頂きます。

まず、Jさんという方ですが、slimyslimeさんの記事に私がコメントした内容についての反論があり、それに対する「誠意ある反論」を求められたので、一応反論させて頂きます。

ただし、どれだけ議論しても、平行線なのはわかりきっているので、1回きりにしておきます。
slimyslimeさんのところで出入り禁止になったので、私の所に来たのかな?
でもせっかくなので一度くらいはきっちりと反論しておきましょうか。

そもそも、勝手に噛みついてきて誠意を見せろっていうのも変な話ですが(タカリが得意なかの国の方でしょうか?)、まあそこはご愛敬で。

まず、社会的責任云々を言う前に、Jさんは今の世の中が、実際にどれだけ悪意に満ち溢れ、歪んだ社会なのかご存知ないのでしょうか?
だとしたら、とてもお目出たい方ですね。

真面目に働いてさえいれば、それで平等に報われる様な社会ではない事も知らないで、あるいはそうした実態は無視して、薄っぺらい「社会的責任」だの「国民の義務」だの「幸せ」を語っても、それこそ意味のない妄想でしかないのです。

逆にJさんこそ、そうした妄想に近い主張や概念を、slimyslimeさんに押しつけていたので、それに対してコメントしたまでです。

「ではあなたの社会的責任とは何か?」と聞かれても、前述した様に、その様なものを今のこの腐敗した世の中で語っても虚しいだけなのですよ。

仮にこの世界がまともな世界だと仮定するならば、真面目に働いて経済的にも自立して、家族の為に尽くし、他人に迷惑を掛けず、国や地域や社会の為に役に立つような生き方をする事が、一般的に考えられる「社会的責任」なのだろうと思います。

しかし、今の世の中がまともだと言えますか?
政治、経済、国際情勢、産業、医療、司法や警察、行政・・・、なにもかもでたらめばっかりじゃないですか。

そんな中で働いてさえいれば、上に書いたような社会的責任や国民の義務を果たす事ができるのか、甚だ疑問です。
例えば、体に有害な化学物質をたっぷり使った食品をたくさん売ったら、それだけ病気になって不幸になる人が増えますよね。
でもそれを作って売っている人達は、ただ真面目に仕事をしているだけ。
端から見れば一生懸命働いて家族を養い、全うに生きている立派な人と評価もされるでしょう。

だけど、目先の自立とか責任でごまかさずに長い目で見た時に、それが本当の社会的責任って言えるんでしょうか?
他人を不幸にして、自然を破壊し尽くして、何が社会的責任なんでしょうか。
自分さえよければ、今さえよければという利己的な生き方そのものです。
後世の事、自分達の子孫の世代の事まで考えたら、今のままではいずれ自滅する方向に進んでいるだけだと言う事がなぜ分からないのですか?

そうした矛盾は、必ず巡り巡って自分達に返ってきますよね。
空気や水の汚染、食品の汚染、放射能汚染、様々な脅威として。

本当の社会的責任を考えるのなら、まずは、体に有害な物が流通しない様な世の中にする事、環境を守りながら有害ではない物を生産し消費できる様な世の中に変える事が、真の社会的責任ではないんでしょうか。

実際は発がん物質を含んだ有害な食品なのに、テレビCMで派手に宣伝し、さも健康にいいという印象を与え、時には特保指定までして、消費者を欺いたり騙して利益を上げ、それによって経済的に“自立”していたとしても、Jさんの理屈で言えば、立派に社会的責任を果たしているという事になりますね。

また、国民の義務である税金をきちんと納めたとして、ではその税金が、一体どの様に使われているでしょうか?
政治家はSMバーやら、個人的な買い物、果てはローンの返済にまで国民の血税を使い、国民を守るべき警察が国民をストーカーして監視し虐待している事実は無視しておいて、国民にだけ義務を果たせというのは筋が通らないと思いませんか?

国民は納税の義務を怠れば処罰されるのに、国民の税金で私腹を肥やし、好き放題に使っている人達はお咎めなし。
まずそこを正してからじゃないでしょうか。

あと、アロマさん、浅はかな人々=サイコパスさん、あきさんがコメントして下さったように、集スト被害者は、生活のあらゆる場面で妨害を受けています。

もちろん職場にも工作員が送り込まれますし、就職そのものも妨害されます。
せっかく就職できたとしても、同僚として紛れ込んだ工作員、あるいは買収され工作員に転向した同僚の嫌がらせが酷くて、辞めざるを得ないケースは腐るほどあります。
オリンパスの裁判でもわかる様に、リストラに集ストが悪用されている事は明らかなのですから、働かない、働けない被害者を、社会的責任を果たしていない怠け者だの、自己責任だのと非難すれば解決する問題ではないのです。

自分達でターゲットが仕事を続けられない様に、あるいは仕事に就けないように妨害しておきながら、仕事ができなくなったターゲットを、社会からの脱落者だと見下し非難する。
こういうのをマッチポンプと言います。

消防士が自らマッチで火を付けて自らポンプで火を消すのと同じ様に、警察が自ら犯罪を捏造して自ら解決し点数や予算を稼ぐのと同じ様に、この犯罪もまさにマッチポンプそのもの。
ターゲットがあたかも自滅したかの様に見せかけて、自分たちは何の関係もないと涼しい顔で言い逃れする卑劣な加害者が、ターゲットの周囲にはわんさかいるのです。

しかも、日常の何気ない動作に偽装した極めて証明しずらい犯罪であり、かつ、目に見えないテクノロジーを悪用した犯罪であり、それこそが、この犯罪の最も巧妙で狡猾な核心部分であって、最初からその様な悪意を持ってプログラムされた完全犯罪なのです。

そして、自分が被害者だと気付いた人が被害を訴えれば、統合失調症というレッテルを貼る工作員も予め用意されていて、ネット内に多数送り込まれています。

このJという人の様に、相手の言葉尻を捉えて言いがかりや難癖をつけては不毛な論争に持ち込み、被害者の時間とエネルギーを奪い、消耗させる手口は、まさに工作員の手口そのものです。

工作員のJさんが「この世界は一人ひとりが助け合い支えあって成り立っている」だとか、そんな薄っぺらな口先だけのきれい事をいくら語ったところで、失笑を誘うだけです。
こんな見え透いた下らない茶番はもうやめにしましょう。

仮に全ての人が他人を助け支える精神の持ち主ならばそういう理屈も成り立ちますが、実際の所はその真逆です。

他人を騙しても蹴落としても、時には命を奪ってでも、自分の欲望を満たそうとする人達がこの世界を支配し、動かしているのです。
その手先となっている者たちが、日本国籍も持たないのに生活保護を不正受給したり、日本人以上の特権や利権を貪ったり、麻○ビジネスや売春や人身売買や、そういう犯罪で得た汚れたお金で更に悪事を働いているのです。
表向きは普通の市民や会社経営者などを装いながら。
そして邪魔な人間を排除する為に集団で虐めて潰す。

仕事はおろか、日常の生活さえもままならない状況に追い込んで、社会的に抹殺する、そういう犯罪集団がいなくならない限り、いくら口先だけで「助け合い」だの「責任」だのを語っても、何の足しにもなりません。
ましてやその主犯格であるカルト宗教団体が、世界平和だとか仏の教えだとかを語っているなんて、片腹痛いだけですから。

この様な社会の闇も知らないのなら、これ以上他人に対して、働きなさいだとか、責任を果たしなさいだとか、偉そうに命令したり口出ししないで、大人しく自分の生活だけ考えて生きていけばいいんじゃないですか。
若しくはご自分でブログを開設して、そこで気の済むまで持論を展開されたらいいと思いますよ。

それから私は親元で生活していませんし、不定期ながら仕事もしています。
それに労働の全てを否定した覚えもありません。
どんなに不条理な世の中であっても、生きていく限りお金が必要ですから。

そもそも、親元で生活している事がそんなに悪い事なんでしょうか?
一緒にいられる環境なら一緒に生活した方が、環境保護を考えた場合、エネルギーの節約にもなっていいと思いますけど。

どうやらあなたは相手の境遇も事情もよく知りもしないで、一方的に非難する癖の持ち主の様ですね。
単なる憶測でもって判断しては持論をまくし立て、相手に押しつけている。(笑)
そんな方が偉そうに他人にとやかく指図する資格なんてないですね。

もっとも工作員なら、否定しないといけないブログを最初から読む時間なんてないのでしょうけれど。
だから、どこのブログにも、同じ様なコメントばかり残して回っているんですね。

>>何も考えずにテレビを見ろ。

いつ僕が何も考えるななどといいましたか?
言葉を意図的に捻じ曲げて言いがかりをつけるのは論法として不誠実ですね。


↑別にあなたが言ったとか書いていませんよ。
そういう世の中にしたい勢力がいて、ただ働いていればそれでいいという単純な考えは、そうした勢力の思惑通りに生きる事になり、結果、陰の支配勢力に加担する事と同じ、と言う意味で書いたのですが。
言葉を意図的にねじ曲げて言いがかりをつけているのはあなたの方ですね。

本当に屁理屈ばっかりのめんどくさい人ですね。
工作員そのものです。
意外と公安の人だったりして。(笑)


ツイッターで知ったサイトに、この集団ストーカー犯罪について、非常に論理的にまとめられたレポートが掲載されていますので、リンクを貼らせていただきます。

かなり長いレポートですが、この犯罪の根深さ、システム化され世界中で実施されている実態などが詳細に記述されています。
加害者が、いかにターゲットの職場に潜入し仕事を妨害するか、その手口についてもわかりやすく解説されています。
一読の価値がある内容です。(この方も生活に困窮されているようです。)

GasLighting 大人のいじめ 社会のいじめ 日本の現実

(追記)
上の記事はどうもAGSASの戸﨑さんのサイトと内容が酷似していますね。もしパクリだったら問題ありかも知れません。
http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Glossary.htm
(追記終わり)

集スト被害者を「妄想癖のある統合失調症患者」だと決めつけるのなら、このような探せばいくらでもあるガスライティング、ギャングストーキングに関する信憑性の高い資料や文献、書籍、果てはアメリカで情報開示された公文書、国内外で実用化されている思考や視界を読み取る装置、および電磁波・音響兵器等に関する文書や特許取得状況、製品情報などの全てに対し、完璧にかつ合理的にかつ論理的に、誰もが納得しうる否定ができてからにして欲しいものです。

それができますか?

できないのであれば、あなたの論理は破綻しているのです。
何よりもそういう破綻した論理や理屈を押しつけているのは、Jさん、あなた自身ではないですか。
それに気付いていないのですか。
というよりも、そもそも集ストを否定する為の工作員なのでしょうから、自分の論理が破綻している事を認めるわけにはいかないのでしょうね。

あと、いろいろごちゃごちゃと反論されていた様ですが、もう嫌気がさしてきましたので、スルーします。
もうこんな不毛な議論はするつもりがありませんし、時間の無駄なので、申し訳ありませんが、Jさんを出入り禁止にさせていただきます。

さようなら。

最後にJさんのように、集スト被害者=統合失調症という破綻した理屈を振りかざしている人は、こういう動画をよく見て下さいね。






精神医療がいかに出鱈目なものかを考慮しないで、病院に行けば治るとか意味がわかりません。


あと、昨日公開した動画です。



まずはこの集団ストーカーという犯罪をなくす事が最優先だと思いますけどね。
何をおいても。
仕事をして家族を支える為の命そのものが狙われているのですから。
精神的な苦痛だけでなく、電磁波とか毒物によって。
生物兵器をばら撒いて、人口を削減しようと画策している悪魔崇拝者達が支配している世の中です。
もう、こういう人に関わっている時間はありません。

J氏以外のコメントをいただいた皆さんありがとうございました。
この記事にて、各コメントへのお返事にかえさせて頂きます。

・・・と言いつつ、若干お返事させていただきました。


関連記事

こんな腐った警察はもういらない

「毎日起こる警察の犯罪」というサイトを見ると、いかに警察が腐敗しているか、その闇の深さを思い知らされます。

富山県警機動隊の既婚25歳巡査が14歳女子中学生の自宅で性行為中、少女の親が帰ってきて逃げる。しかし逮捕されず氏名公表されず免職も無し 2014/08/25

以下転載させていただきます。
 富山県警察本部の25歳の巡査が今年7月、中学生の少女とみだらな行為をしたとして、富山県の青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検されました。巡査は25日、停職6か月の処分を受けましたが、依願退職しました。

 書類送検されたのは、県警察本部の機動隊に所属する25歳の巡査です。警察によりますと、巡査は7月上旬、インターネットの出会い系サイトで知り合った14歳の女子中学生とこの生徒の自宅でみだらな行為をしたとして、富山県の青少年健全育成条例違反の疑いが持たれています。

 行為のあと巡査は、生徒の親が帰ってきたことに気づいて逃げましたが、翌日、生徒の自宅を訪ねて名乗り出て謝罪したということです。

巡査は容疑を認めているということで、県警察本部は25日、富山地方検察庁に書類を送るとともに、停職6か月の処分にしました。

 巡査は25日付けで依願退職したということです。

 県警察本部の松江一弥首席監察官は「被害者やそのご家族、関係者及び県民の皆様に深くお詫び申し上げます。今後は職員の把握を徹底し、再発防止に取り組んでまいります」とコメントを発表しました。
(NHK・後略)

 書類送検容疑は、七月十一日午後五時ごろ、未成年と知りながら、県内の中学生の自宅でみだらな行為をしたとされる。中学生の家族が帰宅し、巡査に事情を聴こうとしたが、逃げたという。

 県警監察官室によると、容疑を認めている。巡査が翌日、謝罪のために中学生宅を再訪した際に家族が通報、発覚した。六月に出会い系サイトで知り合ったという。妻帯者だが、出会い系サイトで知り合ったほかの女性と不倫関係にあったことも発覚した。

(中日新聞・抜粋)

 2人は出会い系サイトで知り合い、金銭のやり取りはなかった。

(読売新聞・抜粋)

 実名を公開しないことについて県警は「本人のプライバシー保護のため」と。

(北日本放送・抜粋)

毎回呆れてしまいますが、警察の不祥事ってこんなのばかりです。出会い系サイトを運営して副業していたとか、スカートの中を盗撮したとか、探せばきりがないほど出てきます。

案外、ネットの2chで卑猥な書き込みを繰り返していたり、出会い系の迷惑メールを送信しまくっているのって、警察官とか官僚などが一般人のふりをしてやっているんじゃないかと疑っています。

こうした不祥事が耐えないところを見ると、警察官の品性がいかに下劣なのかわかりますよね。こういう人が国から権力を与えられ、拳銃を所持しているなんて、空恐ろしくなります。

公安警察も含め、警官や刑事とは名ばかりの犯罪者が、善良な、あるいは検挙する法的根拠のない市民を取り締まり、逮捕しているという逆転現象が起きています。

だからこそ、こうした悪質な警察を監視する組織が絶対に必要なんです。それ以前に、警察官としての資格のない人間は免職にするべきだと思います。

また、反日的な背景のある人物(在日朝鮮系など)や、カルト宗教の信者も排除すべきです。そうしなければ、この国の警察組織は一体誰の為にあるのかという根本的な問題が、いつまでたっても解消しません。そして、こうした不祥事も、民間人が警察の犠牲になるという悪夢の様な出来事も、なくなることもないでしょう。

この腐った警察組織を維持する為に、どれだけの税金が投入されているのでしょうか。事件や事故が少ないと自分たちの仕事がなくなってしまうので捏造します。自作自演、マッチポンプ。

これでは警察って何の為に存在しているのかわからなくなります。

国民の為ではなく、警察組織の為の警察。
自分たちの組織を守り、特権を守り、予算を守り、裏金や天下りで私服を肥やす。
その邪魔をする人間を警察権力で潰す。
時には暗殺もする。
水面下では風俗業界やパチンコ業界、暴力団とも癒着。

まさに制服を着た暴力団です。
悲しい事にそういう組織に成り果ててしまいました。
というかもともとそうだったのかも知れません。
今まではそれが表沙汰にならなかっただけで。

それが今はネットによって瞬時に暴露されてしまうから、今まであまり知られずにすんでいた闇の部分が浮き彫りになってきただけ。交通事故処理とか、泥棒を捕まえたとか、そういうのは表向きの顔であって、本当の目的は、上に書いた様な事なのでしょう。やくざのフロント企業と同じです。

グレーより薔薇色さんの情報によれば、警察官には部落出身者が多いという事です。ルーツが朝鮮、それも犯罪者として済州島に流刑されていた人達や日本に侵略してきた朝鮮人部落の人達が解放令によって、日本中に解き放たれてしまった。その時にできた警察利権。詳しくは先日もご紹介させていただいた以下の記事をご覧下さい。

創価学会公明党と警察と消防ヤクザは ともにヨツモノ(署)の利権構造

こうした流れで見てみると、今の日本の警察の腐敗ぶり、堕落ぶり、市民に対する暴挙の数々も理解できます。自分たちには権力がある、自分たちの方が立場が上だという意識、上から目線がはっきりと伝わってきます。でも本当はその逆なんですけどね。

いずれにしても、民間人のスキャンダルならまだしも、と言うか、そもそも一個人の私生活についてあれこれ大騒ぎする必要もなく、極端な話、他人に害が及ばないのならどうでも良い事ですが、国民を逮捕するだけの権限を与えられ、拳銃を所持し、犯罪を取り締まる立場の警察官が、未成年と淫行を行うなどは言語道断、神経を疑う蛮行です。

まったく呆れて物が言えません。
相手は中学生ですよ。
何を考えているの?この警察官は。

まだまだこんなのは氷山の一角でしょう。
身内の犯罪は揉み消すのが常ですから。

なぜ、今回ここまで激しく書くかと言うと、相変わらず警察のパトカーによる付き纏いが続いていて、昨日の映像をチェックしていたら、私の方を見ながら助手席に座っていた警官が馬鹿にしたように笑っているのがわかり、それで憤慨しているのです。

昨日、信号待ちをしていてふと右の方に視線を移した時に、パトカーがいる事に気付き、撮影した映像です。

2014102301.jpg

2014102303.jpg
助手席の警察官は、私が撮影しているのを見て笑っています。これを見て怒り心頭だったのです。



この546ナンバーのパトカーは執拗に私に付きまとって来ます。偶然ではなく、私が車で駅まで往復する時間を狙って出没します。いわゆる強制尾行という名のストーキングです。

ちなみに、上の写真のパトカーがいる場所のすぐ右側には、地元の暴力団事務所がありますが、そこにヤクザ風の車が駐まっていたり、それらしい人物が出入りしているのも見かけます。

仮に私が危険人物だから強制尾行して監視する必要があると言うのなら、なぜこの暴力団事務所に出入りしている人物は監視しないのですか?

はっきり言って私はこの場所を通る時に、いつも恐怖心を感じます。もしかしたら、この建物の中から自分をめがけて銃弾が飛んでくるのではないかと。

やくざ風の人物が出入りしている時も、普通に怖いと感じます。この建物の前には横断歩道があり、小学生も通行しています。

市民が当たり前に恐怖心を抱く様な事務所があったり、人物が出入りしていて、そうした組織を排除するなり取り締まる事はしないくせに、なぜ、一市民を24時間、市ぐるみで監視しなければならないのですか?

私が危険な武器を所持しているとか、爆弾の作り方を調べているとか、そういう兆候や証拠でもあるのですか?そんな事はこれだけ監視していれば数日で分かることでしょう。ふざけるのもいい加減にしろと言いたい。

要するにあなたたちが私を監視する理由はお金目当てなんですよね。本当に危険な人物は、自分たちにも危険が及ぶし、もっと言えば、そういう組織とも裏では繋がっているから取り締まりも監視もしないんですよね。

それで、何の抵抗もできない様な一市民を狙って付きまとう。
これが日本の警察官の実態です。
まさに国営暴力団です。

よく覚えておいて頂きたいと思います。

(追記)
創価だけでなく統一教会も、警察組織にかなり浸透している様です。
まさにカルトによって国民が弾圧されるという異常事態です。
このまま警察国家、独裁国家になってしまったらとても恐ろしい事です。
赤十字や福祉車両に、堂々と日本財団のロゴが入っている意味を考えると、病気でも老衰でも、死ぬまで搾取され続けるという事でしょうか。

下記リンク先より。
笹川は昭和38年に統一教会の顧問となり、支援した。
統一教会は笹川の影響力によって政財官界、とくに自民党と警察組織に浸透したといわれる。


統一教会と自民党/文鮮明/笹川良一/CIA
(追記終わり)

この記事に多数のコメントを寄せていただきましたが、個別にお返事するよりも記事にした方がわかりやすいかと思いましたので、この記事の内容をもってお返事とさせて頂きます。
たくさんのコメントありがとうございました。

前回の記事のコメントについて
関連記事

麻を推進する人達の思惑、そしてBF氏もついにスピを語り出す

どうもツイッターって操作されている気がするのでブログにも掲載しておきます。

重要な(広まると困る)ツイートは、自分には見えても、他の人には見えない様な細工もできるみたいです。
まあ、その位の事はやるでしょうね。

以前、スピリチュアルにはまっていた頃、興味本位でメルマガに登録したことのある、PFC-Japan事務局というところから久しぶりにメールが来ていました。

もうスピリチュアルにはあまり興味を持てず、と言うか、そのルーツやからくりに気付いてしまったので、殆ど今は信用していません。

メールの配信を解除すればいいのですが、面倒だったのでそのままにしているのと、スピ系のブログはあまり見なくなったので、手短に動向をチェックするにはちょうどいいかなと思って。

それで、今日のメールを何気に開いてみたら、ベンジャミンF氏が講演に参加している様だったので、なんでスピ系の講演会に?と思ってちょっと見てみました。

何かと突っ込みどころ満載ですが、よかったらご覧になって下さい。






まず、守城佐恵子さん、怪しすぎます(笑)。
地球上にいるヒューマノイド(元はグレイ)から宇宙の知識を授かる為に、強制的に3次元で生活を2年間送って、、???、、、、無尽蔵にあるフリーエネルギーの設計書を新生マカバを通して、、、???

う~ん、何だかよく分かりません。

それはまた後で触れるとして、スピや神道系の人達って、なぜかフリーエネルギーと麻をものすごく持ち上げますよね。
最初は、それがとても有益なものの様に思えて、早く一般に開放されたらいいのにと思っていたのですが、どうも途中から、何か裏がありそうが気がしていました。

それで、この動画を見て、何となくそのからくりが分かってしまったのです。

この部分はベン氏が言っていた事は本当だと思いますが、フリーエネルギーには詐欺が多いこと。
要するに、夢のエネルギーとか、再生可能エネルギーなどと絶賛しつつ、その実態は、フリー(タダで電気が使える)でも何でもなく、高額の装置を売って儲けようとしている輩がほとんどではないかという事ですね。
これについてはそうだと思います。

ただし、太陽光発電に関してのベン氏の発言は違うと思います。
太陽光パネル自体に、耐久性の問題があったり、使用可能な年月にも限りがあるので、永久に電気を作り続けられるわけではなく、一度パネルを取り付けたら無限に発電できるというのは間違いですよね。
あと、パネルだって進化するでしょうから、10年もしたら古いパネル使い続けるよりも、最新のパネルに交換したくなりますよね。
それと、暴風雨や自然災害で破壊され、大量のゴミとなり、帰って自然破壊の原因になっています。
エコ詐欺とまで言われています。

それから、麻に関しては、第二部の11分からのベン氏の発言を、注意深く聞いて下さい。

麻には様々な効用があって、こんないいものを合法化しないのは人類にとって大きな損失だと、皆さんしきりに宣伝していますが、この時にベン氏が言った言葉に、妙に引っ掛かるものがありました。

「アルコール禁止にして大麻を吸わせたグループはみんなぼけ~っとなって平和になった。」

↑これが何を意味するか。

アヘン中毒ってありましたよね。

あれと同じで、大麻を解禁して日本人を中毒にして、腑抜け状態にさせようとしているのではないかと。
と言うのも、その発言をしている時のベン氏の声のトーンや表情が、かなり動揺している様に見えませんか?

自分でも、かなりまずい事を口走ってしまった事に気付いて、慌てて笑ってごまかしていますよね。
周囲を気にしたり、「やっちゃった」という様な仕草を見せたり。
他の出演者も少し落ち着きのない様子に見えましたが、私の考えすぎでしょうか。
人間というのはこのような、ふとした瞬間に、本音が出てしまうものだと思います。

大麻漬けにして日本人の正常な思考や判断力を奪い、抵抗できない様にしておいて、その隙に、いるみなどの世界支配層がちゃっかりNWOを完成させてしまおうと、そういう企みが隠されているのではないかと思うのですが、大麻は麻薬ではなく実は体に良くいろんな事に活用できる魔法の植物と言っている人達もいて、確かに一里あるなと思う事もあります。

ただしその様な分野に拝金主義者が群がるのが常ですから、そうした思惑もついて回る事は否定できません。口先では立派な事を言っていても実は自分の懐にいくらお金が入るかを計算しているだけという事もあります。

あと、放射能に関しては、R氏と同じ路線ですね。
いやいや、呆れてしまいましたね。
今までに放射能被害で死んだ人は一人もいない、って断言してしまっていますが、本当ですか?
放射能を測定しても何も出ない、放射能の被害なんて今までもないし、これからもないと。

それでもまだあなたは、BF氏やRK氏を信じますか?

こうした人達は水面下で繋がっていますから、何かの機会に集まるのは自然な流れですし、共同でイベントを開催したり講演会を開いたりするのも当然と言えば当然です。

以前私は、ある有名なスピ系ブロガーさんの事をかなり厳しく批判した事があるのですが、表向きのソフトでポジティブで脳天気なキャラとは違って、実はこうしたカルト的な性質や意図、狙いが隠されているからこそ、その様な人を心棒する人が増えると危険だと思って指摘しました。(実際ブログではベン氏やバシャールなどをよく紹介していました)

その方はこのPFC-Japanのイベントにも参加された様ですが、その動画を見た限り、ただみんな楽しそうな演技をして、踊っていただけの様に見えました。
そうやって会場に集まった人達が一体感を味わう事で、愛が広がって波動が高まり明るい黄金の未来が訪れるのだとか。(下の動画参照)



最近は全然見ていないのでわかりませんが、このイベントに参加した時の事を、ご自身のブログで楽しそうに報告されていました。
意識の高い人が集まったことで、会場全体がものすごい高いエネルギーで包まれ、一体感を味わい、愛の波動を感じ、新しい時代の到来の手応えを得た、というような大絶賛の内容だったと思います。
でも中には全然楽しそうじゃないかなりご年配の方もいて、いやいや踊ってましたね。(笑)
これを見て、あ、なるほど、参加者の頭数を揃える為に“信者さん”が駆り出されたんだな~と思いました。
やっぱりバックには何らかの団体なり宗教が絡んでいると。

見知らぬ同士が和気あいあいで踊ったり、脳内お花畑人間でいることで、戦争もテロもなく、集スト加害者みたいな卑劣な人間のいない輝かしい黄金時代が訪れるなら、それはそれでいいのですが、これらの啓蒙活動家?の巧妙で狡猾なところは、信じる人には高い次元の世界が訪れるけど、信じない人やそうした生き方を選択しない人には、今のネガティブな3次元のままで、薔薇色の高次元の世界は訪れないのだと言うところなのです。

望み通りの輝かしい世界が訪れなかったとしても、それは本人の信心や努力やお布施(笑)が足りなかったからだと、いくらでも言い訳や言い逃れができます。

これってカルト宗教そのものじゃないですか。
○○宗に入信すれば、死後天国に行けるけれど、入信しないなら地獄に堕ちる、とか、壺を買えば幸福になるけど、買わなければ不幸になるとかね。(笑)

スピ系、神道系カルト、朝鮮系カルト、紐付き陰謀論系ジャーナリスト・・・。
全部繋がっていますね。
中には仏教系もあるから怖い。

今だから分かるのですが、軽々しく、愛だ光だと口にする人ほど、下心があるのが見え見えです。
結局ビジネスだったり洗脳だったり。

人類愛、統合、調和、集合意識、あるがまま、善悪二元論の否定、他人をジャッジしない、全てを許し受け入れる・・・などなど、スピ、チャネリング、神道系の人達がよく使うフレーズ。

これらの洗脳(誘導)の向かう先にあるものって何?
まさに世界統一政府、新世界秩序(NWO)そのものじゃないですか。

それに気付かれないように、耳障りのいい美しい言葉を並べて巧妙に誘導しているだけ。

あなたは、自分の内面を磨いて精神性を高めながら、地球の次元上昇の為に行動している意識レベルの高いグループの一員(笑)なんですよ、と思わせることで、自尊心や優越感をくすぐります。
そして、もっと波動を高める為に、もっとイベントや講演会に参加しなきゃ、という思考回路を植え付ける為の洗脳をしている様に思えます。
と言うか、それが実態じゃないでしょうか。

でも、よく考えてほしい。
今、この世界で進行している謀略に目を背け、愛だ光だ周波数だ5次元世界だと言って先頭で旗を振る、ネットでちょっと有名な人や人気ブロガーについてさえ行けば、黄金の未来が開けると本気で信じてしまっている人達が、果たして意識レベルの高い人と言えるの?
その旗振り役の人の言っている事は本当なの?

この佐恵子さんという女性の方は、ETがウォークインして、この地球を救う為に壮絶な経験をした人だとか。
この方のお話を聞いていると、~だと思う、そうかも知れない、わかりませんけど・・・多分、という様な言葉のオンパレード。
そういう未来が来るかもしれない、とか、曖昧な表現ばかりで、明確な根拠なんて何も示していのに、そのまま信じてしまって大丈夫なの?
個人がブログとかで発言するならまだしも、こういう曖昧な内容で有料の講演会を開いてしまうのもちょっと驚きですが、その講演会に国際ジャーナリストのベン氏が招かれているのも、根底にあるものが同じだからなのでしょう。

大麻研究家の本間さんの言っている事など、まだ他にも突っ込みどころは山ほどありますが(笑)、書ききれないので取りあえずこの辺でやめておきます。
因みに本間さんって泰平さんと似てますね。
言っている事や着ているものとか。
多分同じバックグラウンドなんだと思います。

いずれにしても、ネガティブな世界の事は見るな考えるな、ポジティブで楽しい事だけ考えようって、まさに3S愚民化政策と同じ。

だからカルトと同じだと指摘しています。
お題目さえ唱えれば、病気が治る、幸せになれる、成仏できる、仏敵には何をしても許される、っていうあの集団と(笑)。

今不幸に見舞われているのは、全部その人の内面の問題(カルマ)が反映されたものであって、逆に、感謝とか優しさ、愛に満ちた生き方を大事にしている人は、幸福を享受していると言います。

じゃあ、集スト被害者ってみんな自己責任なの?
余程悪徳を積んできて悪いカルマがあるから今こんなに酷い目にあっているっていう事?
それなら、あの311で亡くなった方達は、一体どれだけ凶悪な人たちだったと言うの?

そういう事を考えると、いかに矛盾した“教え”や考えであるのかわかりますね。

信用する人と信用してはいけない人を、しっかりと見極めないと危険だらけです。
悪人ほど耳障りのいい事を言い、見せかけの慈善活動や、民衆の味方の振りをした言論活動をして、善人を装っていますから。


関連記事

低リスクで写真を公開する方法

DQN無双さんのサイトで、安全に?加害者の写真を公開する為の、とても素晴らしいヒントを頂きました。

詳細はサイトにてご覧下さい。
集スト加担者には、どんな形であれ返礼すべし。タダで済ませてはいけません

この中で特に参考になる部分は、写真に写っている人物が加害者だと断言しないという点です。
つまり、あくまでも“風景”や“日常”の写真をアップしただけであって、たまたまそこにいた人物が写り込んでいただけなのです。

その人物が“加害者”だと言っていないわけですから、名誉毀損には当たりません。
肖像権の問題が若干残りますが、今時は、GoogleMapを見ればわかる様に、通行人がゴロゴロ写っていていて、一歩外に出れば、自分がどこかを歩いている姿を、不特定多数の人が見るネットに掲載されるなんて当たり前のような時代です。

もちろん本人の承諾も了承もなく、本人でさえ、自分がいつGoogleに撮影されていて、しかもそれがストリートビューに出てくる事も知らない、気付いてもいない場合がほとんどだと思います。

ストリートビューの場合、人物の顔はぼかしてありますので、場合によっては顔や目だけぼかしを入れれば問題ないと思います。

という事で、今後はこの方法で写真を掲載していこうと思います。

写真も動画も、溜まる一方ですので、所用が終わったところで、少しでもアップしたいと思っているところです。
工作員の不審な行動(サイン)や、団地工作員のタイミング合わせの瞬間も多数記録していますが、これらの映像を整理して記録する作業も滞っています。

早急に整理しないとと思いつつ、何だかやる気を削がれる様なコントロールを受けている気がしますが、記録していると、これは絶対におかしいというシーンが次々に出てきます。

今まではそれを公開するのに、肖像権侵害などのリスクを考えると躊躇してしまう事が多かったのですが、今後はこの様な前提であれば、どんどん公表できますね。

いずれにしても証拠保全と記録は重要です。

例えば裁判になった時にも、映像が最も有効的な証明手段になります。
もし相手側の関与が裁判で認められたなら、傷害罪、名誉毀損罪、プライバシー侵害罪、住居侵入罪など数々の罪を問う事ができ、多額の損害賠償を請求できるほどの犯罪なのです。

強力な電磁波を常に照射され、24時間盗聴、盗撮、監視、尾行され、毒物や毒ガスを仕掛けられ、勝手に体内(私の場合は歯)にチップを埋め込まれ、思考を読み取られ、自殺してしまう人がいる程の虐待に等しい拷問を受けながら、一人の人間として普通に生きる事さえもままならない被害者は、生存権そのものを脅かされているのです。

それだけの苦痛や身体的損傷を与えた加害者の罪が軽微なものであるはずがありません。
本音を言えば、主犯格は死刑にして欲しいくらいです。
加担者もそれ相応の罪を償わせたい、誰もがそう思うのではないでしょうか?

加害者に対して、「この人達にも同情します、この人達も強制されて仕方なくやっているのだから・・・」そういう言葉を言える人を、私は何となく信用できないのです。
本当の被害者なのかな?と。

加害者を許したり同情するという事は、加害の正当化や容認に繋がり、この犯罪を更に助長し、もっと多くの被害者を生み、もっと多くの悲劇を作り出してしまうだけなのです。

被害なんて気にしないで毎日楽しく生きましょうだなんて、なにかのカルトか、怪しいスピ系の脳内お花畑モードにさせる罠と同じです。

お人好し、人格者、温厚な性格、そうしたものが、この悲惨な時代を招いてしまった原因の一つでもあると思います。

別に感情的になる必要などありませんが、かと言って、あまりにも物わかりのいい人になるのもどうなのかなと思います。

最近思うのですが、本当の被害者って思ったほど多くはないのかも知れません。
だからこそ、本当の被害者を見分ける目を養う必要があります。
いつの間にか違う方向に誘導されない為にも。

本当の被害者であっても、ネットでは発言していないか、まだ自分が集スト被害者だと気付いていない人もいますが、ネットで見かける人が全て被害者とは限らず、むしろ偽被害者の方が多いのかも知れません。

現実の生活の中で多数の工作員に囲まれるのと同様に、ネット内でも多数の工作員によって監視され、時には同じ被害者として理解者を装って近づいてくる場合も多いと思います。

そして巧妙に本来の目的とは違う方向に誘導するのです。

私がこうしてネットで被害を訴えるているのは、仲の良いグループを作る為でもなく、お友達ごっこをする為でもありません。
そんな事に現を抜かしていられる時代はもうとっくに過ぎ去っています。
と言うよりも、過去から現在まで、見えない支配はずっと続いているのです。
この支配の先にある世界が見えている人に、果たして毎日を楽しく謳歌する事ができるでしょうか?
それができる人は見えてはいないのです。何にも。
少なくとも私にはそう思えます。

前回の記事にコメントをしてきた人の様に、本当の被害者と名乗る偽物の被害者が暗躍する中から、本当に本当の被害者の方を探し、情報を共有、交換し、解決策を導き出す事なのです。
そして、最終的には(本当の)被害者がこの犯罪の被害から解放される事、ただそれだけなのです。

実際に本当の被害者の方とツイートで情報を交換していると、新たな事実などがわかったり、あれはやっぱりそうだったのかと確信する事ができたり、とても有効な情報交換のツールでもあるのですが、当然ながらそれを邪魔したい工作員もいて、いつの間にか違う話にすり替えているな~と思える様な人もいます。
そして時間とエネルギーを浪費させる。

ただこれはあくまでも私の主観であって、私の判断が全て正しいわけではないので、工作員でない人を工作員だと思ってしまったり、その逆もあり得ます。
時には自分がコントロールされてそう思う様に誘導されている場合もあるとは思いますが、私は何か変だなと思ったり違和感を感じれば、その感覚を信じる様にしています。
というかそれを信じるしかないので。

ただ、最初の内はわからなくとも、本当の被害者かどうかは、そのうち何となくわかるものです。

さて今回もまた、ちょっと辛口になってしまいました。

話を戻しますが、これらのハイテク、ローテクの加害に対して、何の防御も防衛策も持たない被害者は、ただ黙って攻撃を耐えるだけでは命が持たないですから、連携して加害者を追い込むしかないのです。

そこで重要な事は、被害を受けた時の映像や写真、記録がなければ、被害を受けている(いた)という主張そのものの信憑性が著しく乏しくなってしまう為、まさに統合失調症のレッテルを貼られて、こちらの被害が認められる可能性もそれだけ低くなってしまいます。

逆に、集団訴訟を起こす際にも、類似の映像を多数の被害者が撮影していれば、それだけ犯罪が認められる確率も高くなります。

全国で同様の証言や証拠映像が集まれば集まるほど、裁判官も、単なる偶然、考えすぎ、思い込み、被害妄想、精神病という逃げ口上と、“予め用意されている棄却理由”によって、原告側の訴えを退ける事ができなくなりますから。

私たちが譲歩する必要は全くありません。
譲歩すればするだけ、個人的な被害であれ全体的な被害であれ、この被害は酷くなるのです。

これだけの残虐で悪質な犯罪集団に対して、タダで済ませてはなりません。
きっちりとお返しをするべきなのです。

DQN無双さん、情報感謝です。


関連記事

集団ストーカーは朝鮮同和部落民による日本侵略

同和とか部落と書くと危険な気がしますが、それでも敢えてタブーを恐れずに書きます。(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・引用・転載・第三者による無断配信を固く禁じます。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。

※一部、ショッキングな画像が含まれる場合がありますが、苦手な方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

※集団ストーキングとは関係のない画像や内容が含まれる場合があります。


この様な事を言うとすぐに差別だと言う人がいますが、これは差別などではありません。日本人が侵略者から身を守る為の抗議です。こうした事を口にする事を避けていては、この卑劣な犯罪はいつまで経っても終わる事はないでしょう。

グレーより薔薇色さんの記事をいくつか拝見していて、私の中での疑問点の多くが解消しました。

(集ストに加担する)在日外国人、被差別部落、カルト朝鮮宗教、やくざ、警察、消防、公務員、果てはCIAやユダヤ?と言ったものが、渾然一体となって集ストに強く関与しているのではないかという思いはあったのですが、それらがどういう結びつきや構造で繋がっているのか今ひとつ釈然としていなかったのです。

ところが、このブログのいくつかの記事を拝見した途端、それらの疑問が氷解し、なるほど、そうだったのか、と合点がいきました。

何事も全てを鵜呑みにするのは避けなければならないと思いますが、ここに書かれている事はほぼ間違いないと感じます。
リンクのみ貼らせて頂きますので、記事はグレーより薔薇色さんのサイトにてお読み頂ければと思います。

同和部落民(朝鮮人)の嫌がらせ 集団の部落民が個人の日本人をやる

創価学会公明党と警察と消防ヤクザは ともにヨツモノ(署)の利権構造

公安警察の正体1公安幹部は前科者ヤクザをスカウト闇の犯罪組織であるマッチポンプの構造 最も醜い国 日本

↑警察利権のルーツは部落解放令だったのですね。
だから今の警察が、全く市民や国民(日本人)の方を向いていないのは当然の事です。
集スト加害者として在日朝鮮人と結託しているのも、やくざと繋がっているのも、これで納得です。

公安ヤクザが一般庶民の国民を犯罪者に仕立て上げ承認 平行して創価学会の殺人部隊が嫌がらせをする

↑これは前回の大石さんの記事にも引用されていましたね。

朝鮮同和部落民の隠れ蓑 創価学会朝鮮人団体は諸悪の根源

創価や統一というよりは、むしろそうした宗教を隠れ蓑にした朝鮮部落民が元凶と言えます。
こうした事を書くと、差別だ、訴える、などと言われそうですが、殺人兵器や毒物、薬物まで使う犯罪集団です。
自分の身を守る為にこうして発言する事は、差別でも何でもありません。
これらの民族が関与して来た証拠など、探せばいくらでも出てくるでしょう。

フィクサーとは、背後で 影響力を行使する 強力な人物と言う意味

こんな恐ろしい闇勢力が関与しているのがこの集団ストーカーという犯罪です。
妄想だの統合失調症だのとバカにする人の多くは、これらの事実を隠蔽したい側の工作員でしょう。

それにしても、これではとても無防備な市民が太刀打ちできる相手ではありませんが、それでも、解決を信じて生きるしかありませんね。

とにかく 生きろ! 集団ストーカー 認知撲滅の本を買って読んで支えにしてください

グレーより薔薇色さんのサイトの存在は知っていましたが、それ程深く読み込んでいませんでした。
ただ、ある方のツイートをきっかけに読んだ記事が最初の記事ですが、これだ!と直感しました。

これから他の記事も読ませて頂こうと思っています。

部落や差別はタブーという風潮が浸透し、誰もこうした事を面と向かって指摘してこなかった、お花畑でお人好しの日本人。

そのツケが蓄積し、その膿が噴出し、日本人を苦しめているのです。
今でさえもう手遅れの感がありますが、これを放置しておけば、もっと酷くなる一方でしょう。
次第に日本人の数が減り、日本人の子供が学校に行けば、間違いなくいじめにあうでしょう。

こうして日本人を駆逐し、“民族浄化”して、朝鮮同和部落民による日本支配を狙っているのです。

そろそろ優等生やお人好しになっていい人に思われたいという思考形態から脱して、自分で考え行動しないと。

その以前に、電磁波やローテク攻撃で辛い毎日を送っている被害者の皆さんも、とにかく生き延びて下さい。

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により現在個人的なメールのやり取り、および情報交換などはしておりません。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。


補足・禁止事項

■本ブログ主の見解と思考形態について

本ブログ主の主要な説、持論、見解、考察、または主張であるET・Alien・Reptilian・Clone・Hybrid、あるいは悪魔的な存在等、(純粋な)人間以外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

なぜ唐突にETやAlienの話になるのかと疑問に思われるかも知れませんが、実質日本の支配者である米軍(“アメリカ系ユダヤ人”シオニスト多数?)が米軍基地付近の地下施設で何をしているのか、ちょっと想像力を働かせてみて下さい。またはネットでその一端を垣間見る事ができるかも知れません。

そこでは私達一般シープルの知る由もない“何か”を開発していたり、決して公開される事のないトップシークレットや軍事機密が存在するであろう事は容易に想像が付くはずです。※一部は“差し障りのない範囲で”機密解除され公開されている様ですが。

参考
なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟

Google検索:アメリカ 機密文書 公開 UFO

全てを鵜呑みにする事はできない上にかなりの撹乱情報も紛れているとは思いますが、それでも全てが嘘や捏造、デマとも言い切れないのではないかと思います。また全てを嘘と断言される場合、なぜそう言い切れるのかと疑問に感じます。それに原本となる機密文書が虚偽であったとなれば、日本では「虚偽公文書作成等の罪」等に問われますから、おそらくアメリカでも同様の罪に問われるのは必至で、流石に嘘やデマ流し放題という訳にはいかないと思います。

その様な事を鑑みると、少なくともアメリカ政府が公表している情報であれば、ある程度は事実も含まれているものと思います。(そうであっても100%真実だと言うつもりはありませんが)

また私などは「地球由来ではない技術や生命体(ET他)が関与していても何ら不思議ではないし、日頃から自分が目にする光景は(ホログラムも含め)どう考えても人間だけの仕業とは思えない」と強く思う為、このブログでもそうした事に言及しているのですが、「そんな事は絶対にない、あるわけがない、そんなのはネタか都市伝説かSFオカルト愛好家向けに連中が流している作り話か加害側が流すミスリード情報に決まっているじゃないか、馬鹿馬鹿しい」そう思われる方は、どうかその貴重なお時間を、意見や見解の一致する他サイトの閲覧の為にお使い下さい。ネットを探せばブログはいくらでもあります。このブログに拘る必要はありません。

尚、その様な事に抵抗のない方は、引き続きお付き合い頂けましたら嬉しく思います。
*・*・*
■絶対に絶対に禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。

あちこちにリンクを貼って私を中傷している方々がいらっしゃる様ですが、何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。

せめて自分のブログや固有アカウントで書く勇気や覚悟もない人が、匿名に隠れてこそこそと悪口陰口誹謗中傷に明け暮れるのは、自慢ではなく恥ずかしい行為だと知りましょう。

尚、ここで明確に禁止しているにも関わらずこの様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。
*・*・*
■二次配布について

私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタンを設置して掲載)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。※中にはMP3形式でのダウンロード配信をしているサイトも存在します。

更に投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で投稿時の状態のまま公開及び配布され続けているという事は「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

またその様に主張しながらも、私自身が勝手に他の方の動画から大量にスクリーンショットを借用・掲載してしまっているのですが、全ては被害を解決する為、若しくは今この地球で私達人間を欺いている者達の嘘と正体を暴く為にお借りしたものであり、何らかの見通しが立った時点で、引用の限度を超えて借用したものは削除する予定でおります。

尚、場合によってはこのブログや動画等も全て削除する事になるかも知れません。今までに応援、ご支援頂いた方を裏切る様な事はしたくないので極力それだけは避けたいと思っておりますが、そうする事によって逆に私が権利を侵害している場合の影響を最小限に留めたいという気持ちもあり、そしてそれが一切を転載禁止としている理由です。
*・*・*
■どうしても妄想・統合失調症だと言いたい人達へ

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を熟読してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言したい場合は、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また各文献のどこがどう間違っているのかを具体的に、そして私の様な学歴のない者にも理解できる様に、きちんと説明してから言って下さい。

根拠の提示も説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「全てを被害妄想だと思い込んでしまう致命的な妄想に取り付かれていながら、自分でそれを自覚する事ができないばかりか、医師免許も持っていないのに他人を病気認定するという、精神的にも人格的にも極めて問題を抱えた人達である」と定義する事が可能ではないかと考えます。

それとも“どこか”からの指令や命令で、お小遣いを貰いながらその様な“全部妄想説”“全員統合失調症説”なる珍説を唱えていらっしゃるのでしょうか?

もしそうであればあなた方がなぜそこまでムキになって、その様な珍説を「お題目」の様に唱えるのか、おおよその察しは付きますが、加害者でもなく被害者でもなく、あくまでも第三者の意見として、被害者の主張は100%間違っていて、全て妄想で、被害者は全員統合失調症患者であると言い張るのでしたら、その根拠を示し、きちんと説明する必要がある事くらいは理解できますか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は主張の根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げ、そこに印象操作に効果的な背鰭や尾鰭をくっつけて主張を完結させている事に矛盾を感じないのでしょうか?

この手の人達が主張する「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」「人物や車と出会う」という部分にほぼ限定されています。

そしてそれは「生活している以上、近所の人や車とすれ違うのは当たり前だろう!」と言った、妄想認定に都合のいい指摘を引き出す為に意図的に抽出されたたフレーズである事が窺えます。

その事は、上記の様な極めて限定的な“フレーズ”だけを引用し、誇張し、だから被害者の主張は被害妄想であり統合失調症であると断定する一方で、それ以上の具体的な内容については言及せず決して深入りもしない事からも明らかです。

例えば私が何度も指摘している様に

「自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返すのはおかしい」

「高速道路パトカーが基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい」

「サイレンが鳴る度に同じ人が出てくるのはおかしい」

「地方の(田舎の)住宅地を深夜にも関わらず派手な電飾トラックが何台も通るのはおかしい」

「官民挙げて防犯パトロール事業に取り組んでいるはずなのに、以前は見かけなかった“入れ墨をした人物”や不良グループ、不審者がうろつき、夜中に暴走族が集結したりこの付近を走り回るのはおかしい」


という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルーです。

あれ?もしかしてそういう時だけは聞こえないふりですか?
随分と都合のいい耳をお持ちなのですね。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽にして狡猾、悪意と作意に満ちた主張だと指摘させて頂きます。

中にはジャーナリストを名乗る方までこの様な主張を展開されている事に驚きを隠せないのですが(というのは冗談で、それが“お仕事”なので特段驚きませんが)、仮にご本人がその矛盾に気付いておられないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれ精神を病んでいらっしゃるのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様なお方の暴論に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が嬉々としながら「きちがいだ」「妄想だ」「統失だ」と騒いでいるのですが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分達の素性や精神レベルの程度や恥を、頼んでもいないのに自からアピールして拡散しているだけの愉快な行為である事を、これを機に自覚して頂けましたら幸いです。
*・*・*
■参考文献・資料等

「マインド・コントロールの動機」

「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本様より
エルドン・A・バード博士からの手紙

株式会社みらい様より
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

以下2つの動画は必見です。正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。

旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕


フバタス・クナーベ: 諜報国家のやましい秘密

※字幕をONにしてご試聴下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

当ブログ記事
シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

シュタージは、ヒトラー(ナチス・ドイツ)が倒された後、占領したロシア共産党によって作られた組織。つまり、ヒトラー率いるナチス・ドイツが敗れた事によって始まった「ロシア共産党ユダヤ勢力による“やましい”市民監視」だったのです。
(※これはかなり重要な事だと思います。多くの方が戦争批判とセットで当たり前の様にナチス、ヒトラーを叩いていますが、私も含めすっかり騙されていた様です。自分達が世界を支配し残虐な行為をしている張本人なのに、歴史や史実を捏造・改竄し、相手に罪をなすり付け、立場が逆転したプロパガンダを垂れ流し、大掛かりな世論誘導と不当な言論弾圧によって、批判と追求と攻撃の矛先が自らに向かわない様に誤魔化しているユダヤの策略の様です。)

当ブログ記事
超監視社会

日経テクノロジー 様より
壁を「透視」して人の動きを検知、MITが無線LANの電波で実現

*・*・*
■監視社会と集団ストーキング

これらの記事や文献、動画等からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。

憲法で保証(または要尊重と明記)されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織、そしてそれらと繋がりのある者達が平然と踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、裁判官、政治家、公務員、医療関係者までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているのではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在していたのです。

権力側にいる者にとって都合の悪い人物や目障りな人間は、集団ストーキングの様な違法な手段を使って追い詰められ、生活を破壊され命を奪われているのに、誰も見て見ぬ振り、見殺しにされているのが現状です。

こうした情報にまったく触れる事のなかった一般の方は驚かれるでしょうけれど、この様な現代版大量殺戮は世界中で行われていて(おそらく人口削減計画の一環として“削減対象者”に対して行われている迫害・抹殺行為)、この日本も決して例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。(※過去の大量殺戮=ユダヤ人ホロコーストという事を言っているのではありません。その“史実”が捏造された史実である事は末尾にも記載しています。)

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、不思議な事にその様な事を口にすると、呼んでもいないのにどこからか駆けつけては、異様な剣幕で否定する人達がいるのです。

しかも相当な数の“赤の他人”が、詳しく事情を聞くでもなく状況を確認するでもなく異口同音に発するのは

キチガイ
妄想
統合失調症
病院に行け


不思議ですね。
まるで示し合わせたかの様に同じ言葉を発するのは何故でしょうか?

私の様なさほど影響力もない一個人の他愛のない仮説や自説であったとしても、その様なシステムが存在する可能性など1ミリたりともあってはならない人達が決して少なくない規模で存在し、「そうした可能性もあるのではないか?」と推察する事すら容認できないらしく、集団ストーカー被害を口にする人間に対する恐ろしいまでの執着心を保持しながら、敵意も露わに挑発や愚弄を繰り返し、口汚く罵る事を論破と勘違いして憚らない人達に取り囲まれる様(さま)は余りにも異様な光景です。

そもそも無関係な人はそこまでムキになりませんから・・。

しかも「お前の様な何の価値もない人間がー」って、一体私の何を知っているというのでしょうか?

もし家族や親戚でもない赤の他人が余りにも知りすぎているとしたら、それこそ私達被害者の主張する、盗聴・盗撮や監視、尾行(ストーキング)、プライバシーと個人情報の「窃盗」他の被害が実在する事を図らずも証明している事に他ならないのに、あの傍若無人ぶりと絡み方の異様さ加減から容易に想像が付くのは、被害者が自らの体験や被害を語る事が余程都合が悪いのではないかという事です。

万が一にも被害者の主張が正しいなどと認められる事などあってはならない為、悲壮感すら漂う中、必死に詭弁とすり替えによるレッテル貼りに勤しみ、肝心な所は見えないか聞こえないふりに徹しながら「とにかくこいつは頭がおかしい」「病んでいる」「妄想に駆られた精神異常者だ」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか見えないのは、私の思い込みや妄想、気のせいなのでしょうか?

それでも信じられない方や納得のいかない方には、騙されたと思って逆転の発想を試みられる事をお勧めします。

仮にこの集団ストーキングという“気に入らない奴をこっそり排除できる魔法のシステム”なるものが実在すると仮定して考えた場合、そしてあなたがその支配層や権力者側であったとして、例えば内部告発者など組織にとって都合が悪かったり目障りな人物を密かに排除したり始末するに当たり、この集団ストーキングシステムは実に理に叶った都合のいいシステムであると気付くはずです。

表面的には何も起きていない事になっているのですから、加害者達が犯罪者として逮捕されるリスクは殆どゼロです。

加害者達が口裏を合わせれば、白を黒にする事も全然可能です。でっち上げ、冤罪、責任転嫁、なんでもありの万能システム。

こんな都合のいいシステムがあるのにそれを使わない手はない、ほぼ確実にそう思うはずです。だったら・・・という想像力が働くと思います。高卒の私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様方におかれましては、あんな事やこんな事まで、さぞかし深く鋭い洞察が働く事でしょう。

にも関わらず、そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない!断じてあり得ない!!万が一にもあってはならなーーい!!!と、とにかく否定する風潮になっている事自体がとにかく不自然なのであり疑わしくもあり、兎にも角にも非現実的なのではないでしょうか。

逆に私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を大量に保有しています。もういい加減認めたらどうですか?

今は気付いていない「隠れ被害者」がこの犯罪のターゲットであったと気付くのも時間の問題だと思います。そうなればもっと隠蔽が難しくなるでしょう。

私の場合は、自分がターゲットであったと気付いたのは5年程前(2013年)ですが、実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていました。ここでは詳細についての言及を避けますが20代の頃には既にそれを確信できるエピソードもありました。確実に尾行されていたのです。

この様な被害者自らが語る自身の体験談や被害報告というのは、間違いなく加害者側の脅威となっている事でしょう。だからこそ、その様な言動を封じ込めたり矛先を反らす役割の者達(工作員)が雇われているのです。

いずれにしても、この世界を密かに支配している者達がいて、自分達支配側勢力や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさに“その筋の人”が好んで使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのは間違いないでしょう。

政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力(暴力団・ヤクザ・マフィア・カルト組織etc)という事なのだと思います。(仁風林で検索)

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、長期に渡って利用できるのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。

価値がないどころか、ターゲットとなった被害者はあたかも「打ち出の小槌」の様に、次から次に利益を生み続ける魔法のアイテムなのです。もちろんそれは加害側から見た場合の話であって、被害者自身は一方的に搾取され利用され拷問され、利用価値がなくなったり口封じする必要が生じた時になって漸く始末されるのだと思います。すぐに殺さないのはそういう理由なのでしょう。
*・*・*
■財産収奪と戸籍売買と精神医療ビジネス

無抵抗で丸腰のターゲットなど、殺そうと思えばいつでも殺せるはずなのにすぐに殺さないのは何故か、殺されないのだから被害は妄想だろう、という様な事を言う人もいますがターゲットの財産が底をついていない場合、その状況で死なれてしまうと遺産がそのまま親族に渡ってしまいます。それ故、ターゲットを病気にさせて医療費で最後の一滴まで搾り取る算段なのでしょう。あるいは保険金を掛け不審に思われない頃合いを見計らって山分けといった所でしょうか。

被害者亡き後、戸籍もどうなるかわかりません。
背乗りという戸籍乗っ取り詐欺があるくらいですから、日本人の戸籍が欲しい人達などいくらでもいて、おそらく闇のネットワークで売買されるのでしょう。

DIAMOND online 様より
偽装結婚に養子縁組…「戸籍を売りたい人々」がハマる危険すぎる罠

こちらで結婚して3年以上、日本に住んでいれば永住権を得られますから。そうなればまあ、たいていは離婚ということになります。

なるほど、この団地に「上の苗字が日本姓で下の名前が自分の名前の母子世帯」が増えているのもこういう事なのかも知れません。国際結婚で日本に来て離婚した場合、身寄りのない外国(日本)に住み続けるより親族のいる祖国に帰るのが普通だと思いますが、なぜかそのまま日本に残り、しかも苗字が日本姓のまま、というのがどうにも解せなかったのです。

子供の学校の問題などもあるでしょうけれど、それにしてもその様な“移住者”や“永住者”が多すぎる為、日本の永住権を取得する為に偽装結婚&離婚している疑いが極めて濃厚です。この団地にはそういう住民が増え続けていて、しかも私への集団ストーキングに加担しているのが何とも不気味です。おそらくブローカー(素性はヤクザや暴力団)が暗躍しているのではないかと思います。

また、偽装結婚、偽装離婚だけでなく、偽装養子縁組などにより財産を根こそぎ奪う様な事も行われている様です。介護老人施設に入所した高齢者が痴呆状態になると、いつの間にか血縁関係にない人間が後見人となっていて死亡後に遺産や土地を相続したり、あるいは死亡したにも関わらず年金を不正に受給していたりするのでしょう。

まさに闇の戸籍ビジネス。
介護関係者が積極的に集団ストーキングに加担しているのも納得です。創価系が多いとか、暴力団のフロントなどとも言われていますが、それはその通りなのでしょう。全てがそうとは言いませんが・・。

戸籍売買についてはクローズアップ現代でも放送された様です。
“情報屋”闇のネットワークを追う

探偵業者が集団ストーカーは妄想だとミスリードするサイトやブログを開設する理由が多少はご理解頂けたのではないかと思います。ターゲットとなった被害者の個人情報を不正に入手したり盗撮や尾行(ストーキング)に加担している正に当事者であり張本人なのですから、それは否定するでしょう。

「盗聴や盗撮されているのではないかという相談を受けたり、盗聴・盗撮機の発見の依頼を受けて実際に調査する事も多いのですが、その様な事実はなく依頼者の妄想である事が殆どです」などと、読者が知らないのをいい事に平然と嘘を書くのです。

自分達で追い込んでおいて自分達で解決の手を差し伸べるのですから、探偵などはまさにマッチポンプの典型例、最たるものです。しかも解決するはずもなくただ散財して終わりです。満身創痍の被害者から更に搾取し騙そうとする行為は、およそ人間の所業ではありません。

また成りすまし被害者に対しても同じ事を思います。被害者を装い被害者を騙す様な者は決して許す事はできません。加害者と同じかそれ以上に罪深い事をしている自覚がおありですか?

そしてまた、この様な集団ストーキングビジネスが半ば公然の秘密として横行する状況を可能にしているのが精神医療界の闇の存在です。被害に気付いたターゲットが騒ぎ出したら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。一人精神病院に入院させると、あるいは通院させると、病院側にかなりのお金が入る様なので興味のある方はぜひ調べてみて下さい。

闇の病院ビジネス

加害側と繋がっている否定工作員がなぜ被害者に「統合失調症」とレッテルを貼り、「病院へ行かせようとする」のか、何となく察しが付くと思いますが、「隠蔽する側」と「受け入れる側」が通底しているのです。疾病ビジネスについては後ほどまた触れますが、他人の財産や命を奪い、医療や福祉制度に集り、甘い汁を吸って肥え太る貧困ビジネス業者。なんというおぞましい世界なのでしょうか。

因みに有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの不可解で不審な“自殺”の多くは口封じの為の他殺ではないかと疑っています。心ある警察官や自衛隊員が犠牲になってしまう事には心が痛みます。

このブログでも警察や自衛隊の批判はしますが、私の糾弾はその様な人達に向けたものではなく、この犯罪に喜んで加担している者達、あるいは正規の職員ではなく偽装した“非合法秘密部隊”及び“成りすまし”達に向けたものである事をここで明確にお断りしておきたいと思います。また、真っ当に職務に当たられている方々に魔の手が及ばない様にと願っています。
*・*・*
■隣組と村八分と集団ストーキング

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体や職場での村八分と虐めです。

静岡県上野村村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

「いじめ」が始まった、社畜ムラの村八分

私への嫌がらせが始まった(表面化した)のも、私がこの団地の会計報告に少し疑問を持った事がきっかけでした。その後からです。団地住民が一斉におかしな行動を取り始めたのは。

子供を使った壮絶なノイズキャンペーン、そして偶然とは言い難い頻度やタイミングでの遭遇、それらは明らかに付きまとい行為でした。階段を降りて行くとぴったりのタイミングで部屋から出てくる、車に乗り込むと、なぜか隣の車の持ち主がやって来て車に乗り込むなど日常茶飯事。

あまり他人の事を気にしない性分、というより関心がなかったのと、鈍感さゆえに最初は全く気付かなかった私も、さすがにこれだけ偶然が重なり続けるのはおかしいと、漸く気付いた時には嫌がらせが始まって既に1年半以上が経過していました。

外出から戻ると部屋の中の様子が微妙に違っていたり、自分の勘違いなのかどうか迷う程度の微細な違和感を感じる事も頻繁にありました。

おそらく外出中に部屋に侵入されていたのでしょう。家宅侵入は加害者達の常套手段の様ですが、なぜこんな事が法治国家であるこの日本で許されているのでしょうか?全く理解できません。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦後廃止されたとされる隣組制度の悪用が考えられます。表向きの互助活動とは別に、思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない過干渉な一面と全体主義的な側面を持つ隣組制度とは、果たして本当に解体されたのでしょうか?恐らくそうではないと思います。

時を超え形を変え、現在の町内会自治会にそれは密かに引き継がれ、自治会や町内会を取り仕切っている人達(多くは昔からの特権を握っている人達)に都合の悪い住民を追い出す為の手法として温存され、悪用されている節があります。

この様な事は決して遠い過去の話ではなく、今現在も確かに行われていて
隣組+村八分の究極の完成形が集団ストーキング
ではないかと私は考えます。

しかもこの犯罪の狡猾で悪質な所は、ターゲットにストレスを与えつつも「害悪の告知」により脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、害悪の告知をして圧力(心理的プレッシャー)を掛ける代わりに、「それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる仄めかし」を多用する事により、罪に問われる事なく嫌がらせや虐め、果ては殺人までをも可能としている点であり、大規模なテロ活動、侵略行為と何ら変わらない組織犯罪が、市民に偽装したテロリストらによって白昼堂々と実行されているのに、そしてそんな事は百も承知なのに全てが見逃されているこの状況をどの様に受け止めたらいいのでしょうか。

こうして表向きには何も起きていない様に見せかけながら実際には非常に残酷な集団虐め(リンチ)が展開されているのであり、ターゲットとなった人物を死に至るまで徹底して追いかけ回す集団ハンターゲーム(人間狩り)を楽しんでいるかの様です。

しかも本人から指摘されても言い逃れができる口実と言い訳を常に用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

そして本人が騒いだり声高に被害を主張すれば、精神病院送り廃人コースでゲームクリア、また次の獲物を仕留めるハンターゲームを一からスタートして熱中するのでしょう。

何という卑怯で残忍な人達なのでしょうか。人間の心の醜さここに極まれりと言う他ありません。私はこの人達を同じ人間とは決して認めません。
*・*・*
■防犯ネットワークを隠れ蓑に

更にこの犯罪は防犯パトロール活動を隠れ蓑にしている事が公然と指摘されています。

被害者の方の多くが、行く先々でパトカー防犯パトロールのステッカーを貼った車と異様な頻度で遭遇する事を経験されているはずです。

勿論私も例外なくその様な車両、及び警察のパトカーとあり得ないほど不自然すぎる確率で遭遇し、殆ど外出できなくなってしまった現在は、すぐ側を通っている高速道路からサイレンによる威嚇または嫌がらせを受けています。一般道路からは救急車、消防車、消防団による付きまとい行為もあります。

なぜ付きまといだと言えるのか?その根拠および理由をはっきり言いましょう。隊員の行動が変だからというのが理由です。あるいは不自然、不可解、不審、奇妙と言い換えてもいいのですが、とにかく変なのです。

例えば、何台もの緊急車両が駆けつけた割には動作が緩慢で全く緊張感がなく、時には急病人が自分で歩いて救急車に乗り込むなど、明らかに不審な行動を自分の目で見ています。見ただけではなく映像も残っています。

それらの様子から、本来の緊急出動や救助活動ではなく、私に対する嫌がらせの為に来たであろう事は明白でした。

一部は公開済みですが未公開の映像も順次公開していく予定ですので、それらを見て頂ければおそらく納得して頂けるのではないかと思います。つまり精神を病んでいる人間が妄想でこの様な主張をしているのではないのです。それでも精神病だと仰るのでしたら、“その映像を映したカメラが精神病”なのかも知れません。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で誰にも怪しまれずに堂々と付きまといや尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。警察の裏金にもなっている様です。付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、防犯活動だと言えばいくらでも言い逃れが出来るのです。

最初からその様な手法しか使わないのですから当然と言えば当然ですが、間違いなく犯行が行われていて、しかも犯人がすぐ目の前にいるのに、犯罪者が野放しのまま何ら法的な措置が取られない事に憤慨し、落胆し、やり場のない悔しさを押し殺しながら生きているのが私達集団ストーキング被害者(Targeted Individuals)なのです。

なぜこんな理不尽がまかり通っているのだろう。
なぜこんな違法(殺人)行為が許されているのだろう。


そう自問自答しながら、誰にも理解されずに苦しんでいる被害者の方も相当数いらっしゃる事と思います。

第一義的には警察や然るべき所が機能していない(加害側に支配されている)からこそこの様な状況になっている事は今更指摘するまでもありませんが、それにも増して末端加害者達の手口は巧妙です。

これまでに述べた様に、この集団犯罪の実行犯らは証拠を残し検挙される様な手法は使いません。付き纏いは首尾一貫して日常の生活や行動に偽装しながら実行されます。しかも被害者が「付き纏いである事を認識」する様に含みを持たせ、あるいは不自然な行動や出で立ちによる演出で単なる通行人ではない事をアピールしながら執拗に繰り返されます。

治りかけた傷の瘡蓋(かさぶた)を無理矢理剥がし、その傷口に塩を塗り込むかの様に、執拗に、執拗に・・・。こんな残酷な事をなぜこれ程までに多くの人間が躊躇なく実行できてしまうのか、私には理解できません。

日常的な嫌がらせの具体例としては、ターゲット(TI)の行動に合わせて自分達の姿を見せる、すれ違う、サイレンや暴走バイク(車)の爆音・車のドアの開閉音・子供の奇声などの「音」を聞せる、夜は異様に眩しいライトを照射する(ブライティング)などの非常に原始的な加害が中心で、これらは被害者間の被害体験や認識として一致しています。

また外国のTIの方の動画を見ても全く同じ手口である事がわかります。おそらく世界共通のマニュアルがあるのでしょう。ヘリが飛んでくるというのも世界共通です。

またターゲット(TI)の前を通過する際に特定の仕草(アンカリング)をする事でTIの不快指数を上げ、ストレスによる精神的身体的ダメージの深刻な蓄積でTIを疲弊させます。その他、異臭や頭痛が発生する事から、排気ガス等に毒物を混入している事はほぼ間違いないでしょう。決定的な証拠がないだけで・・。

逆に言えば、証拠さえ残さなければ何をやってもいいという世界で生きている者達であり、どんな事でもする集団なのです。

こうして執拗に挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを虎視眈々と待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。(真偽は定かではありませんが)加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという様な書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら、ある者はゲーム感覚で楽しみながら、何の罪悪感も感じることなく笑いながら遂行できる悪魔の様な者達。

そんな危険な性質を持つ者達が一般市民や普通の住民に成りすまし、涼しい顔をしながら自分のすぐ側で生活しているなどとは夢にも思わずに生きてきた私にとって、まさに驚天動地、晴天の霹靂、後頭部をハンマーで殴られた様な衝撃でした。しかも自分の知人、娘の同級生とその親、周りの部屋の殆どの住人が加害者だったのです。

まさか、そんなはずが・・・。

これだけの被害を受けていながら、私は未だに信じられないのです。これが今まで何十年も生きてきた社会の“素顔”だったなんて。

今までの常識も何もかもが音を立てて崩れ去る中で、表の世界と裏の世界のギャップに戸惑いながら、もしかしてこれは現実などではなく何か悪い夢でも見ているのではないのかと疑い、悪い夢だったらどんなにいいだろうと思いながら、それでも執拗に現れる付き纏い達の姿を見る度にこれが紛れもない“現実”である事を確認しては落胆し絶望する日々。

証拠さえ残さなければ何をやっても許される。
自殺するまで追い詰めろ。


本来であればその様な者達こそが危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。

不良グループや暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから(というよりそれが中心となって活動している)、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかとただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまで著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪であるにも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでも“防犯活動”を推進する理由とは、ご想像の通り、防犯利権という金銭目当てである事は言うまでもないでしょう。
*・*・*
■テクノロジーの悪用とプライバシーの侵害

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。

非常に残念な事に、現代のテクノロジーを使えば壁を透過して室内の様子も見えてしまうのです。

Google検索:壁透視レーダー

故にプライバシーなど一切なく室内の行動が全て筒抜けなのです。この加害者達が実際どの様な手口を使って覗き見行為をしているのか分かりませんが(視覚を盗まれている可能性も)、ターゲットの風呂やトイレまで覗いているのです。そして風呂やトイレから出たらサイレンを鳴らすという様な、非常に悪質な嫌がらせを延々と続けているのです。

また一歩外に出れば、あるいはベランダに出ると、加害住民らによる執拗な付きまといと嫌がらせが一斉に始まるのも、室内の行動が全て把握されているからこそ可能になっている事は言うまでもありません。夜はベランダに出てすぐに加害車両がやって来てライトや音で付きまといを気付かせます。

この気付かせるというのが何よりも重要なポイントで、気付かせる事によって心理的ダメージを与える事に徹しているのですが、ターゲットに気付かせるにはタイミングを合わせる、行動をシンクロさせる必要がどうしてもあるわけで、逆に言えば、ターゲットが気付かなければ意味がないという事です。だから被害者がタイミング、タイミングと口にするのはそういう理由なのです。

ハイテクとローテク(人的被害)の合わせ技による容赦ない虐待と拷問。

ターゲットが生きている限りその非情で残酷な虐待と拷問は続けられるのでしょう。

ただ私が解せないのは、ハイテク加害だけでも十分追い込む事が可能なのに、それこそ否定工作員が言う様にコストや手間暇かけてわざわざこの様な大量動員の付きまといをするまでもなく、気付かれない様に建物の中から電磁波照射したり、音声送信で精神的な拷問をするだけでも十分ターゲットを追い込む事は可能です。

また本当に消したいのであれば、自殺するまで人員を動員するまでもなく、病死や事故死を装った暗殺で済む話
なのですが、なぜこうまでして、かくも執拗に自分達の姿をターゲットに見させ、存在をアピールしてくるのか・・・、後ほど少し触れますが、(訓練を除けば)通常被害者が考えている目的とはかなり違う可能性もあるのではないかと思っています。
*・*・*
■見えない拷問と証拠を残さない犯行

上の項目でも触れた様に、この犯罪には非常に高度なテクノロジーが悪用されていて、電磁波や超音波等の目に見えないテクノロジーを悪用した加害行為も行われています。しかも衛星や軍事兵器まで使用されているとも言われており、「非殺傷兵器」などという名称に反して充分な殺傷能力を備えた兵器が民間人に対して使用されているという報告もあり、かなりの数の被害者がこの様な被害を訴えています。

無抵抗で無防備な民間人に対してこの様な軍事兵器が使用されるなど、決してあってはならないはずなのに、一切が見逃されているのです。明らかに殺傷行為でありながら、そんな被害などないかの様に黙殺されているのです。

それにしてもいくら任務や命令だからと言って、あるいはお金になるからと言って、同じ人間に対してこんな惨い事を平然と行えるものでしょうか?加害している者達は本当に人間なのですか?

また不法侵入などは当たり前の様にやっていて、何か仕掛けをする時などは、ターゲットの位置情報(GPS・携帯で把握可能)などから、すぐに自宅に戻れない状況で実行しているはずです。また加害者らは密かに合鍵を作成していて(集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、鍵を掛けただけでは簡単に侵入されてしまいます。

被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能だと思われます。また仲間内である警察を呼んでも有耶無耶にされるか、逆に精神病扱いされるのが関の山ではないでしょうか。
*・*・*
■暴力装置としてのストーキングシステムと訓練

そしてもう一つの重要な目的としては訓練が考えられます。

権力による違法な監視体制や、自分達の組織の利益を守る為の「暴力装置」である集団ストーキングシステムを維持する為の練習や訓練

それが私が日常目にする光景の正体なのだと思います。ターゲットはこのシステムを維持する為の訓練の“練習台”や“仮想標的”にされているのだと思います。

軍隊を例に挙げると分かりやすいのですが、戦闘がなくても訓練は常にしています。軍隊が有事の際に直ちに応戦する為には平常時からの訓練が不可欠であるのと同様に、この「民衆(goy)管理・統制・支配システム」である所の集団ストーキングシステムにおいても、常に予行演習や訓練をしながらアイドリング状態にしておく必要があるのです。

故にTI(Targeted Individual)は標的にされた個人なのであり、彼らの暴力装置を維持する訓練の為の練習台なのだと思います。

その「支配システム=暴力装置」を稼働させる事によって手にする事のできる様々な利権や特権、既得権益を死守する為に、そして決して市民や国民(goy)から望まれない支配を続ける為に、生身の人間を使った残酷な予行演習と訓練は続くのでしょう。

参考:「マインド・コントロールの動機」
こういった活動を行わせるエージェントを訓練するため

 プロの拷問家が引退し、他の部門に移るかもしくはうんざりして退職した時には新しいエージェントが彼らの部署に補充されなくてはならない。もしシステムが拡張されるとしたら、新しい人々が雇用されなければならない。(またはそのシステムがコンピューターによって自動化されたとしたら、わずかなモニターが多くの人々を管理するようになるのかもしれない)。こういった人々は特別に若いうちから訓練される必要がある。愚かで野蛮なアメリカのマインド・コントローラーは拷問を愛している。それにともない新しい犠牲者が絶えず集団の中から補充されなければならない。サディスティックなブタ達は彼らの拷問技術をそれによって磨くことができる。

*・*・*
■集団ストーキングと治外法権

政治などに興味も関心もなくB層どっぷりだった私が、この被害に気付いてから必死になって調べていく中で、戦勝国アメリカ若しくは連合国が今もこの日本を支配し搾取しているという事を知り、愕然としました。

日本は敗戦後、GHQ占領政策を経て独立した事になってはいますが、独立とは建前であり見せかけであって、実際にはそのまま占領統治が続いていたのです。

その間接統治に適した人材として抜擢されたのは、日本人と見分けの付かない在日朝鮮、韓国、中国人。

多くの方が指摘されている様に、確かに見た目が全く違うアメリカ人が直接支配していたのではすぐに気付かれてしまいます。その点、これらの国の人達は一見して日本人と見分けが付かない上に通名を使用している為、会話でもしなければまず気付く事はないと思います。あるいは二世三世にもなれば殆ど日本人にしか見えない為、今の今まで日本人だとばかり思っていた人物が実は在日だった、というケースはかなり多いでしょう。

見た目は日本人、けれどその心は相当な反日思想の持ち主で、日本人(ジャップ)などは虫けらの同然だからいくら殺しても構わない、という様な精神の持ち主もかなり多いのではないかと思われます。

2chなどで日本人を侮辱している様な書き込みは見るに耐えませんが、そして煽るのが仕事の人達もいるので相手にする必要もないのですが、そもそもそんなに日本が嫌いなら自分の国に帰ればいいのに日本に居座るのは何故でしょう。居心地がいいから、そして日本人に寄生して楽をしていい思いができるからではありませんか?

日本に住みながら日本人に対してかくも残虐で卑しい行為を続けられるのは、反日感情と寄生体質が世代間で家業の様に受け継がれるからに他ならないと考えますが、同様の意見をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

仮に何らかの金銭的な利益があったとしても、同じ日本人同士でこの様な残酷な仕打ちを、少しの罪悪感も感じる事なく、良心の呵責もなく平然と続ける事はまず不可能です。故に反日感情を利用した異民族による間接統治は実に理に叶っており、それらの在日勢力が宗主国の御用聞き、または代理人として日本人を管理・支配しているという事なのでしょう。

おそらく何らかの報酬や特権が与えられていて、例えば生活保護を優先的に受給できるなどという特権は、正しくその様な所から来ているのではないでしょうか?加害者がフリーパスで生活保護が受給できるのは宗主国からその様に通達が来ているからではないかと思います。

そしてその在日特権の最たるものが治外法権なのだろうと思います。

米軍は日本国内で何か犯罪や問題を起こしても日本の法律では裁かれず、故に治外法権なのですが、その米軍(≒ユダヤシオニスト?)の直轄下にあり、米軍の指令に従って行動している在日集スト部隊にもその治外法権が適応され、だからこそ何をやっても許される、あるいは許されているという事なのだと思います。

警察が検挙しない(できない)のは、宗主国様がストップをかけているからで、その言い付けを守らないと不審な自殺という事にして口封じされてしまうのではないかと思います。その様な事は決してあってはならないのに。

愛国心(という言い方は少し抵抗がありますが、普通に自分の国である日本の利益を考える心)のある警察や自衛隊の方達は板挟みなのかも知れません。

そしてそれは政治家にも言える事で、政治家も上から圧力が掛けられているはずです。だから一人の政治家を罵って全てが解決する様な話ではないのです。※安倍政権を許さない!!とか朝鮮人は出て行け!!などと威勢良く叫んでいる人や口汚く罵倒している人達は所謂似非右翼や在日勢力ではないかと思いますが、左側も“ゆの香り”がきついのでどちらも要注意かと思います。

いずれにしても治外法権やある種の特権に守られながら、邪魔で目障りな人間を集団ストーキングで潰すという恐怖統治が相当前から行われていて、そしてそれは日本のみならず世界共通の“アジェンダ”による動向なのだと思います。

その実行部隊を体系立ててまとめる為の容れ物が宗教団体という事なのでしょう。しかし宗教団体とは名ばかりで、その実態は潜伏先の国内で秘密活動を実行するテロリスト、過激派、暗殺部隊の格好の隠れ蓑だったのです。

しかも非課税なので麻薬密売などの収益はそのままテロ活動に使えるのです。また実態を知らない日本人信者から財務などと称し巻き上げたお金を北朝鮮などに送金している可能性もあります。あるいは自治会の共益費なども創価経由で北朝鮮に流れているのではないかと疑っています。だから地域や自治会やPTAの役員などに率先して立候補しましょうと奨励しているのではないですか?

こうした在日勢力、そしてそれらと手を組んだ一部の裏切り者たちによる間接統治・支配・搾取体制というのは、実はかなり前に完成していて、何も知らない日本人はいいように搾取されて来たのだと思います。

因みに在日という言葉を使うとすぐに「差別はいけません」とか「ヘイトスピーチ&レイシズム反対」などとお説教する人がいます。自分は差別とは無縁の博愛主義で分別があって寛大な良識人を自負する人がいますが、敢えて断るまでもなく、この様な指摘をしているからと言って何も国や人種で差別をしているわけではなく、こうした犯罪や侵略行為に加担している者達への批判であり非難ですので、早まって勘違いしないで頂きたいのです。

それよりも、何かと言うと人種差別だ人権侵害だとヒステリックに騒いでいる方々の挙動の方が遙かに不自然に映ります。その様に叫んでいるあなた方は、今日まで生きて来て一切の差別もした事がない方々なのでしょうか?自分の心によく問いかけてみて下さい。そんなに清廉潔白な生き方をしてきたのでしょうか?一点の曇りもなく汚れもない高潔な人生を歩んで来られたのでしょうか?

もっと言えば
その「差別だー」で随分といい思いをしてきたのは誰でしょうか?
そしてその「差別」がなくなると一番困るのは誰でしょうか?

*・*・*
■リストラストーカー・疾病ビジネス

また地域の敵対者排除だけでなくリストラにも集団ストーキングの手法が使われていた事が裁判で明らかとなっています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

内部告発者などはこうして自ら退職する様に誘導されるのでしょう。一部の悪徳弁護士や産業医までグルになって組織的に追い込むのですから、悪質という言葉を通り超えて悪魔の所業という他ありません。

そして産業医が“道案内”する疾病ビジネスへと繋がるわけですが、つくづくこの集団ストーキングシステムは何にでも効く“万能薬”なのだなと思います。(いい意味ではなく悪い意味で)

ターゲットに応じてカスタマイズされた“オリジナル処方箋”が調剤され、“あらゆる症状や症例に応用できる”のですからまさに万能薬。

病気にさせて病院や製薬会社が儲けるという究極のマッチポンプ商法

知れば知るほど、よく練られた手法だと逆に感心してしまいます。ここまでの“完全犯罪網”を前にして、逃げ切れる人間など一人として存在しないでしょう。

ですがここで加害者の皆様に一言言っておきたいと思います。

いくら証拠が残らないから大丈夫、絶対バレないから問題ない、例えバレても揉み消してくれるから安心安全、一人じゃなくて集団だからノープロブレム!などと高をくくっていて大丈夫でしょうか?こんな事に手を染めていながら、いつまでも安泰でいられるとは限りません。嘘はいずれ明るみになるものです。

仮に追求を免れたとしても、因果応報、自業自得という言葉の通り、どういう形であれ、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか。昨今ではブーメランの法則が至る所で発動している様ですから、こんな犯罪には加担しないに限ります。一時の利得や目先の利益に目が眩み、一度足を踏み入れたら最後、二度と抜けられない蟻地獄なのですから。
*・*・*
■サイキックアタック・人間以外の関与について

またターゲットを破滅させる手段としては、違法なテクノロジーだけでなく呪術や魔術を使うカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。

被害者の中には何でも電磁波だと決めつける傾向の方もいらっしゃるのですが、全てをハイテク加害だと決めつけ過ぎるのもどうなのだろうと個人的には思います。これについても、全部電磁波、またはハイテク加害だとどうやって確認したのだろうという疑問も感じます。

本当に黒魔術なるものが“効果”を発露するのかどうか、その様な事に関わった事のない私には分かりませんが、もし何の効果も得られない場合、悪魔崇拝者達は一体何の為に生贄儀式をするのでしょうか?単なる余興やおまじないですか?

仮にそうであれば、相当なお金をかけてまでその様なお遊びを続けるだろうかという疑問が生じます。おそらく何百年?何千年?も前からその様な事をして来たのでしょうけれど、単なる余興やお遊びやおまじないなら、いずれ飽きるか自然消滅する様に思います。また、雨乞いや豊作を祈願した儀式の様なものであったとしても、全く効果を感じられない事を続けるものだろうか、とも思います。

逆に考えると、何か別の目的や意味、あるいは実際に効果や実感があるから続いていると考える事もできます。何らかの効果があるからこそ、この科学技術の発達した現代においても尚その様な“古典的”な儀式が続いているのではないでしょうか。

もし本当に悪魔の力を得る為に、あるいは何かを召還する為に生贄を捧げているのだとしたら、その様なものの影響があっても不思議ではないと思います。

さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えていて、これについても所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示される方もいらっしゃると思いますが、冒頭でも触れた様に、先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうかを、ほんの少しだけ考えてみて欲しいのです。

“彼ら”がなぜ人間にストーキングするのか?

私は主に海外のTIの方のYoutube動画などを参考にしているのですが、海外のTIの方の中には同様の考えをお持ちの方も結構いて、私はその様な方々にとても共感を覚えます。言葉は通じなくとも、私と同じ様に、ストーカーの中には人間ではないものが紛れている、あるいはその多くがその様な者達であると感じている方がいらっしゃる事が何よりも心強いのです。

逆に日本では、「人間ではない者の存在」などと言うと途端に嘘だとかデマだとかミスリードだとかオカルトだとか言われ、工作員ではないかと疑われてしまう為、必然的に考えの近い海外のTIの方により親近感を感じ、動画などもよく視聴させて頂いているわけですが、そうした方々の情報から推察するに、彼らは人間の感情または生体エネルギー、あるいは脳内で生成される化学物質(ホルモン)などを収穫しているという事の様です。特にネガティブな感情エネルギーを集めているのだそうです。

なるほどそう考えると、ターゲットに付きまとっては執拗に姿を現し、特定の色やアイテムや仕草を見せつけて挑発してはイライラさせて、できるだけ効率良くネガティブエナジーを放出させる策略なのだなと合点がいきます。

そのエナジーを捕獲(収穫)するには、ある程度至近距離まで接近する必要がある為、偶然を装ってすれ違ったり通り過ぎたりするのではないかと私は考えています。しかもほぼ確信に近いレベルで。

一歩外に出れば、まるで磁石で吸い寄せられるかの様に次から次に現れるのは、血を求めて人間にまとわりつく蚊と同じ習性から来ているのではないかと思います。(掌をターゲットに向けてくる事や、異様に荷物が多いのも何か秘密がありそうですが・・。)

また、集団ストーキング被害者からの信望も篤い故ラウニ・キルデ博士もETやAlienに関して言及されています。


当ブログ記事
SKIN WALKER

集団ストーカーと蚊の共通性

尚、合理的な説明や理由や根拠もなくこれらの主張に関して嘘やデマだと主張される方を見かけた場合、それなりに反論させて頂く場合もありますので承知おき下さい。自分がデマを拡散している人物だという印象が定着するのを黙って受け入れるだけの寛容さを、残念ながら私は持ち合わせておりません。

デマという指摘についての反論

*・*・*
■集団ストーキングに関する情報収集

ネットの情報は玉石混淆ですから、その中から信憑性の高い、あるいは信頼のおける情報を探し出すのはかなり大変な作業ではありますが、その中でも下記サイトは大変有益なサイトで、この犯罪の加害者、若しくは組織・団体、及び集団ストーキング犯罪の手法を丁寧に解説されていますので、被害者の方は勿論ですがこの犯罪をご存知ない方にも、できれば一度は目を通して頂けたらと思います。

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも、ネットで検索すれば信用に足る情報、論文、資料、証言、内部告発等を探す事ができますので、その中から重要な情報があれば共有していく事も大事だと思います。

但し一見立派な情報集約サイトに見えて実はその中に、ある方向に誘導する様な情報が忍び込ませてあるサイトも多数ありますので注意が必要だと思います。特にユダヤ・ナチス・ヒトラーに関する内容のミスリードが顕著に見られるのですが、支配者=加害者らの代弁者となり広報係となっているケースが実に多いのです。

ただ、私がこの事を理解したのも比較的最近(2017年に入ってから)なので、このブログ内にもその様な痕跡が至る所に残っています。気が付いた時点で随時修正をしておりますが、修正しきれずそのままになっている箇所がありますので、その様な事を念頭に置いてこのブログをお読み頂きたいと思います。

ネットの中も熾烈な情報戦が繰り広げられていて、事実を伝えてくれる方がいる一方で、確信的にミスリードしたり偽情報を拡散している工作員も多く、巧妙に偽装している“真実追究系”サイトや偽被害者ブログなどもありますので慎重に判断しなければならないのですが、時間の都合により深く検証する事が難しい場合も多いのが実情です。

その為、このブログに記載している内容も当然ながら全てが正しいとは限らず、また紹介している全ての情報の真偽を確認する事は事実上不可能であり、私自身が選択や判断ミスや勘違いをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方に委ねたいと思います。(但しそれを私に押しつけられても困りますが・・。)

また明らかに私が間違った情報を掲載していたり、デマを拡散している場合はご指摘頂けると幸いです。
*・*・*
■撹乱・隠蔽工作と「襲う集団ストーカー」

ネット社会なのですからこうした多数の情報を、見ようと思えば簡単に見られるにも関わらず、単に自分が知らないだけで、または知識が欠乏しているだけで、あるいは自分の頭では理解できない難しい事が書いてあるからと言って「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付ける人達がいますが、その様な印象操作は実に卑怯だと思います。

子供ではないのですから「怖い」と言いさえすれば、同情され周囲から守られるべき弱者として何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら余計な口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

そもそも無関係な人は、集団ストーカーと聞いて半ば条件反射の様に、統失(糖質)、妄想、きちがい、病院に行けなどとは言いません。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」

などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。

そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えている様です。


また通常集スト加害者は、今Youtubeで話題になっている某被害者の人に対する挑発行為に見られる様な、あからさまな加害行為はしてきません。

表面上は「被害者と加害者の間」以外では何も起きていない事になっていて、証拠を残さない事がこの組織犯罪の何よりもの強みなのに、わざわざ被害者の主張に正当性を持たせ、根拠となる理由を与える様な行動を取るはずがないのです。

仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?明らかな器物破損、敷地内侵入、ゴミの投棄、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる危険行為などをしている様子が映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょうか?

ここまで明確に犯罪行為が行われているのに全く対応をしないのであれば、警察も加害側だとみなされても仕方がないと思います。と言うより加害側である事は元警察官の方の証言により明らかなのですが・・。

いずれにしてもその「襲う集団ストーカー」なる輩グループというのは、面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いであり妄想であるとミスリードする為の隠蔽・撹乱工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

何度でも言いますが、私達被害者が受けているストーキング・嫌がらせ被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装って実行されるものであって、暴力を振るうなどの警察も対応せざるを得ない様な直接的な加害行為はしてきません。

例えば咳をする行為それ自体には何ら犯罪性はありません。しかしターゲットの近くでわざとらしい咳を執拗に繰り返す事で、ターゲットは相手の悪意に気付くのです。

そうした細かい嫌がらせを、複数の加害者が何年にも渡って続ける事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰める事は可能です。その様な破滅作戦が成立する事など誰が考えても分かる事なのに、全てを妄想で片付けようとする事自体がおかしいのです。無理があるのです。

この犯罪の解決を困難にしているのが「妄想」と「統合失調症」という2つの要因である事に異論を挟む余地はないのですが、その2つの要件を満たす為には、上記の様な日常の行動に偽装した付きまといや嫌がらせに徹する必要があるのですから、誰が見ても加害行為だと分かる様な方法を使うはずがないのです。

逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中で、この卑劣で残酷で非情なギャングストーキング犯罪が猛威を振るっているのです。

彼ら「襲わない集団ストーカー」達は、どこまでも狡猾で用意周到なので、裁判で認められる様な決定的な証拠を残しません。当然ですが物的証拠、あるいは決定的な状況証拠がなければ警察も動きません。あるいは動かなければならないのに動かないのです。若しくは動くなと圧力が掛かっているのでしょう。

だからこそ被害者自らが地道に状況証拠を積み上げ、世間に訴えかけるしか解決する方法がないと、これまでも散々言ってきましたが、おそらくこれからも言い続ける事になるのでしょう。
*・*・*
■同意なき人体実験その他に見られる様々な利用価値

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。

通常、臨床試験や人体実験の治験者にはそれなりの報酬の支払いが発生します。また何かあった場合の補償問題も付きまといます。

ところがこの人体実験は、相手に知らせる事もなく無断で実施されている為、当然ながら本人の許可を得る必要もなく、また報酬の支払いもなく、通常発生するはずのコストが殆どゼロで人体実験ができるのですから、実験する側にとってこれ程のメリットはありません。

仮に実験台(治験者)が死亡しても、突然死や病死で片付いてしまうのですから笑いが止まらないでしょう。

秘密裏にこの様な事が行われていたならば、それは紛れもなく「実験」や「研究」、「技術開発」などと称した完全犯罪であり殺人行為なのです。

Google 検索
人体実験 バイト

私達の様な集団ストーキング被害者の場合は、電磁波や超音波などの遠隔からの照射、あるいは無断で飲食物に混入した薬物を摂取させ、その経過を観察する様な実験がなされているのではないかと推察します。

細胞レベルや周波数レベルでの体の状態(感情や思考も含む生体情報)も遠隔で取得できる事は、昨今の医療技術の進歩を見れば明らかですが、さらに進んだ“斬新で革新的”な技術が秘密裏に開発され、実用化されている事は想像に難くありません。

医療、軍事、情報(諜報)部門などにおける、表に出ていない実際の技術レベルなど、果たしてどこまで進んでいるのか知る由もありませんが、仮に実際に知らされたら“腰を抜かす様な”レベルの事が既に可能になっているはずです。そしてそれが本人に無断で使用されている事でしょう。

またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしているとも言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

また別の“部門”では、AIに学習させる為に思考とライフログをハッキングしている疑いが濃厚です。

故に「お前の様な何の価値もない人間に誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるんだ?そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」と、鼻息荒くまくしたてる工作員の主張は完全に破綻しています。

集団ストーカーはビジネス(金儲け)として、人体実験として、また邪魔な住民(民族?)を密かに葬り去る事のできる、あたかも“魔法の杖の様に万能で理想的な”敵対者排除システムとして成立し得るのですから、そして実際にその様な動き(被害)も随所に見られるのですから、あなた方否定論者の主張は完璧に論理破綻している事をいい加減認めたらどうですか?

未だに同じ事を念仏の様に唱えている様(さま)は、自分が「雇われ人」だとカミングアウトしている様なもので誠に見苦しい限りです。


あるいは隠蔽工作員ではない方でどうしても信じられないという方は、ここに記載した事を何度も読み返して頂きたく思います。なぜ一個人に対してそんな大掛かりな事をするのか、その理由や動機、考えられる可能性を、被害者ではない方にも理解して頂ける様にできるだけかみ砕いて、またかなりの時間とエネルギーを投じて文章に纏めたつもりです。
*・*・*
■マスコミと警察によるプロパガンダと逆転現象

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と怠慢と不作為があるのに、殆どがこの犯罪に加担あるいは関与し、口にできない秘密を共有している為に、取材し追求するどころか被害者と加害者のすり替え工作、及び「その様な犯罪など存在しません。見た事も聞いた事もございません。全部自称被害者の妄想&統合失調症ですキャンペーン」を大々的に打ち上げ、隠蔽しているのです。

被害者と加害者の逆転現象という、本来その様な事があってはならないはずの事が、権力者の手先と化したマスコミによって成されている現状は非常に由々しき状況です。

尚、このブログでもマスコミ系の情報へのリンク、及び引用をする場合がありますが、マスコミの全てを否定・批判しているのではなく、プロパガンダを展開する手段として公共の電波とマスコミを私物化し、思い通りに操り、そして圧力を掛けている権力者、支配層、およびその手先足先となって尻尾を振り、おこぼれに与ろうとする浅ましい者達に対する批判であって、警察その他の機関に関しても同様のスタンスで書いておりますので、その点誤解なき様お願いします。

むしろ巨大な組織の中にあって、この様な状況に心を痛め、何とかしなければと密かに苦悩されておられる方、内部告発を検討されている方、タブーに切り込む気概と勇気をお持ちの方には敬意を表します。ただし命を粗末にしないで下さい。

その様な事をお断りした上で敢えて言いますが、マスコミと警察という絶大な権力と影響力を持つ二大組織にこの様な横行を許したままでは、この国はいずれ崩壊するか、または「日本であっても中身は別の国」になってしまうのではないでしょうか。

中国の富裕層や資本家らによる土地や水源の爆買いが起きている北海道などは既にそうなりつつある様に見えます。
*・*・*
■足音もなく忍び寄る日本侵略と乗っ取り(総入れ替え)計画

日本が乗っ取られる、というよりもこの日本はそもそも独立さえしていない植民地であった事を、私はこの犯罪について調べて行く中で図らずも知る事となりました。そして理解したのです。

これは単なる嫌がらせなどではない。
これは侵略なのだと。


しかもこれは日本だけの話ではありませんでした。世界中でこの様な侵略行為が行われていて、その違法な侵略活動に必要な人件費や予算には莫大な税金が充てられているのです。そればかりか裏金まで捻出しているというのですから納税者の皆さんはもっと怒った方がいいのではないでしょうか?

日本人が生活に困窮する一方で在日外国人に補助金や生活保護が湯水の様に支給されている現実をどうか知って頂きたいと思います。その様な在日外国人の多くがこの組織犯罪に加担して日本人に危害を加えている現実をこのまま見過ごさないで下さい。総入れ替えされてしまってからでは遅いのです。
*・*・*
■ザル法だった改正ストーカー規制法

また警察に被害の相談をしても、証拠がなければ動いて貰えないのは仕方ないとしても、警察が言い訳に使う言葉=「法律がない」あるいは「現在のストーカー規制法では取り締まれない」という理由も単なる逃げ口上の様に感じます。

国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、この法律の条文の「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で」の部分から「恋愛感情その他の好意」のたった10文字が削除されないのはなぜでしょうか。

または「恋愛感情その他の好意」を「嫉妬や逆恨み」、「憎悪」という表現に置き換えても十分に意味が通じ、また法規として成立すると思いませんか?

「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で」

「特定の者に対する嫉妬逆恨みその他憎悪の感情又はそれが解消されなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で」


という様な文言でも十分に意味が通じるはずです。またその様な付きまとい行為があるであろう事は、かくも容易に推測可能なはずです。

恋愛感情も好意も伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事などは、少し考えれば子供でも分かることです。現に子供達は嫌いな子に付きまとって(一種のストーキング行為)虐めているではないですか。あるいは金銭トラブルや人間関係のもつれ、近隣トラブルの報復として付きまとわれる事もあるでしょう。それだって立派なストーカー行為ではないですか?

「恋愛感情と好意」の部分を削除すべきという要望が上がっている事など百も承知なのに、なぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?あるいは無視するのでしょうか?

しかも改正ストーカー規制法では「住居等の付近をみだりにうろつく行為」が追加されましたが、特定の住民や加害者と思しき人物が被害者の家(アパート・団地)や職場付近を執拗にうろついているのはなぜ規制して頂けないのでしょうか?恋愛感情や好意とは無関係だからという理由であるなら、この法律はザル法です。早急な見直しを求めます。

(国、地方公共団体、関係事業者等の支援)
第十条  国及び地方公共団体は、ストーカー行為等の相手方に対する婦人相談所その他適切な施設による支援、民間の施設における滞在についての支援及び公的賃貸住宅への入居についての配慮に努めなければならない

引用:ストーカー行為等の規制等に関する法律

これ、全く逆の事が行われています。加害者が優先的に公的賃貸住宅に入居している実態をどの様に理解したらいいのでしょうか?

恋愛感情抜きのストーカー行為などあるに決まっているじゃないですか

そんな単純明快な事が、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民(特に被害者)からの強い要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。

もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体がこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらそうした勢力が、実質この国や世界を動かしている様です。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売や人身売買、臓器売買などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

傀儡となり国民を欺きながら日本人を虐待しながら国民の税金で私腹を肥やす様な反日公務員と官僚と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿なのでしょう。

そしてそれ以上に、この日本を憲法の上から操っている者達の存在を忘れてはならないと思います。

こんな現実から目を反らしたい気持ちは分かりますが、目を反らしたままでいいのでしょうか?他人事でいいのでしょうか?もしこのまま無関心を決め込むなら、近い将来、皆さんの子供さんやお孫さんが安心して暮らせる国はもうどこにも存在していないかも知れないのです。というより既に危険レベルに達しているのですが、そうした事に関わりたくない、自分が生きている間だけ何とかやり過ごせればそれでいいという考えは、親として余りにも無責任ではないでしょうか?

日本という国は、表面上は平和な民主主義国家に見えますが、そう見えるだけであって実際はそうではありません。「陰謀脳」などと揶揄せずに、どうかご自身で調べてみて下さい。そうすれば必ず納得されると思います。そして驚愕されると思います。

今この瞬間も水面下では日本侵略が着々と進行しているのです。今この瞬間も集団ストーキング犯罪という静かなる戦争、あるいは世界同時多発破壊工作によって、日本ばかりでなく世界中で多くの命が消えているのです。

現実を直視しそれに立ち向かう勇気を一人でも多くの人に持って頂けたらと切に願うばかりです。
*・*・*
■ユダヤと集団ストーキングについて

最後にユダヤについてどうしても書いておきたい事があります。

ただし、この様な侵略・侵害行為や犯罪に加担していない、あるいは無関係なユダヤ人(ユダヤ教徒)の方々に対するものではない事を明確にお断りしておきます。ユダヤ人に限らず、特定の民族や国を差別したり批判しているのではありません。

あくまでも、この様な犯罪、および人権侵害行為、または組織的ストーキング犯罪等に加担している者達に対する追求と糾弾である事をここに明記します。※私が「ユダヤ」と表現する場合はその様な対象についての言及である事を前提としてお読み下さい。

私はこの組織犯罪の黒幕(あるいはそれに非常に近しい存在)はユダヤだと考えています。

差別や人権を盾にして(その為に歴史や史実を改竄・捏造し)、自らの非人道的殺戮行為を隠蔽し、あるいは正当化し、時に責任転嫁しながら世界征服を目論んで来たのは正しくそその様な集団ではないかと思います。
※国際(金融)資本、グローバリスト、フリーメーソン、イルミナティなど様々な呼び方もある様ですが。

日本にもいませんか?
何かと言えば「差別だ」「ヘイトだ」とごねて批判や反論を封じ、加害者でありながら被害者に成りすまし、弱者のふりをして利権や特権を思うままに手にして来た人達が。

おそらくユダヤと同根あるいは傀儡であり、同じ手法を使って日本人を迫害し寄生しているのではないでしょうか?優生学だの民族浄化などという尤もらしい理由を掲げながら・・・。

日本を植民地支配しているアメリカでさえ、実質支配しているのはユダヤなのでしょうから。

そのユダヤ日本支社、または出張所、または代理店が創価学会であり統一教会であると考えると、現地の宗教団体信者や傘下の企業・組織・団体等を総動員した「地域密着型」組織ストーキング犯罪=ユダヤ人ネットワークによる世界支配の為の秘密兵器にして最強ツールである事が見えてくるのではないでしょうか。

戦闘行為を伴わずとも、狙った国や地域を配下に収め、支配し、乗っ取る事ができるのですからまさに最強のシステム。全ては日常を装いながら密かに、そして着実に進行する世界支配計画。

水面下(地下?上空?)ではユダヤネットワークで繋がっているのに、あたかも敵対している様に演出しているだけではないですか?軍事予算を獲得する為のマッチポンプとハッタリと偽旗事件と茶番劇には、いい加減うんざりです。

下記、主催と共催にご注目下さい。

勇気の証言―ホロコースト展

※主催:「勇気の証言─ホロコースト展」実行委員会 共催:創価大学、サイモン・ウィーゼンタール・センター

このサイトの熱の入れ様から見えてくるのは、並々ならぬホロコーストへの思い入れ。

ガス室での大量殺戮は嘘である事が明らかとなっているのに、「大量殺戮された悲しい過去を持つ民族」という伝家の宝刀を振り回し、お家芸の逆差別で無実な人々を無差別に迫害していながら、信心深く博愛主義に満ちた心の清らかな慈善団体を装いつつ、他人の不幸の上に自らの幸福と栄華という城を築き上げる者同士の固い固い絆の様なものがひしひしと伝わって来るかの様です。

とは言え、こんな事ばかり書いているとヘイトな有害サイト認定され、閉鎖させられてしまうかも知れません。あのホロコーストは本当に本当だったのか?証言はどこまで信用できるのか?検証が必要では?と疑問を呈しただけで逮捕されてしまう国があるくらいですから・・・。

でもおかしいと思いませんか?
もし私達が教科書で教えられて来た事が紛れもない事実であり史実なら、徹底的に研究し究明する事をむしろ奨励するはずではないでしょうか?

“あのような悲劇”を二度と繰り返さない為にも・・。

もっと言うなら、人間の自由闊達な研究心や旺盛な探求心を抑制するのは、むしろ人間社会の発展にとって大いなる損失であるはずです。その飽くなき研究心や探求心が、文化や文明、科学を発展させ、謎を解明する原動力の一つであった事は間違いないのですから。

なのになぜ「ある分野に限っては、決して否定してはいけない、疑ってはいけない、探ってはいけない、深読みしてはならない、詮索してはならない」という法律を定め、権力や実力行使してまで禁止しなければならないのでしょうか?

そうまでして禁じなければならないという事は逆に、歴史への理解を深める様な“徹底解明”や“自由研究”、“真相に迫る際どい議論”などを活発にされると困る事があると自ら白状している様なものではないかと思わずにはいられません。

ホロコーストと見直し論

当ブログ記事
ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

その他過去記事抜粋
ある被害者の方のMRI画像に描出された顎のチップ

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

記事インデックスより適宜参照下さい。

*・*・*
他サイト様より参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

*・*・*
尚、当ブログ管理人と大きく認識が異なる方は、精神衛生上、極めてよろしくないと思われますので、このブログを閲覧されない様お願いします。また、基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で、使えそうな情報を仕入れる為に訪問される様な方は歓迎致しません。その様な振る舞いは、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を仕入れたり参考にするのは賢明な選択ではありません。
*・*・*
当ブログに掲載している画像や映像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為にコントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので、専門機関で調査し何らかの手を加えている事が判明した上で捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。
*・*・*
記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。
*・*・*

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また各被害者によって被害状況も考え方も違いますので、ご自身で調べ、そして判断して下さい。

※古い記事程、現在の考えと乖離している場合がありますので、本ブログをお読み頂く際はその事を念頭に置いて閲覧頂きます様お願いします。
関連記事

知れば知るほど恐ろしい公安警察の実態

この記事へのアクセスが急に増えているのですが、真偽を保証するものではありません。この様な情報がありますのでご参考までに、という意味で紹介しているものであり、内容については読まれた方それぞれにご判断下さい。(2017/5/22)

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

大石さんのサイトより転載します。かなり長文ですが、被害者であれば、実に納得のいく内容だと思います。

公安警察の実態(参考資料)

公安警察は闇のベールに包まれていて活動実態がつかめず参考となる資料も少ないのが実情です。2010年のAPECの前後にインターネットで流れた公安に関する資料を保存したので掲載します。情報の真偽については責任を持てませんが、多くの記述が私の体験と一致し信憑性は高いと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

公安警察の実態

犯罪組織公安警察の活動と手法

(1)概要
これまでにわかっている公安の活動と手口は以下の通りである。
① 住居侵入、窃盗、盗聴、盗撮
② 監視と称する集団ストーカー的嫌がらせ行為、社会的環境工作
③ 身体、頭脳、精神に害を及ぼす薬物による障害行為と人体実験。
④ 思考盗聴、マインドコントロール用などのハイテク機材の実験と使用。
⑤ 慰安と技術研修、または欲望処理としての催眠強姦。
⑥ 実験殺人、証拠隠滅殺人、SM拷問殺人、暗殺 ,etc

①~④の犯罪行為は公安が選んだ活動対象者(大半が一般国民)に対して、ある種のテーマを定めて段階的に行われている。

①は公安活動の第一歩、イロハのイである。
②は③以降の活動のための環境設定が主な目的である。
⑤は最近の最も主要な「公安」の活動になっている。
公安警察官の品性から見れば当然の成り行きといえる。
⑥が行われる理由は [日本国民の脅威] で述べられている通りである。
特筆すべきは女性に対して行われるSM拷問殺人である。
秘密の保持のための抹殺を目的として、局部に行われる凄惨な拷問は、鬼畜の所業でありこれがまさに公安警察の正体である。

公安警察の監視対象設定目的

公安警察は自身の活動拠点、活動根拠を確保する為に、それぞれの目的に適した、一般国民を監視対象者に定めて活動を開始する。

公安警察の監視対象者設定が承認されると、多額の予算、人員、機材、拠点(監視に使用する賃貸マンション等)の設定、警察のヘリ、車両、施設等の優先使用が認められる。

警察組織特有の予算着服ぼったくり体質に輪をかけて、公安警察には監視対象者が大きな利権となる。

ミスさえしなければ犯罪が公認されている身分は、それだけでも特権中の特権である。

その公安警察が、様々な活動を行う為の拠点を得る手段として、監視対象者が利用される。

したがって、公安警察の監視対象者の選定は、活動しやすく、そこで活動が長期に継続できることが第一条件とされる 。

例えば犯罪には縁のない単身サラリーマンなどで、なるべく弱そうな者が選ばれる。

犯罪常習者などは不適。
すぐ刑事などに現行犯逮捕されてしまっては、活動がそれで終わってしまう。
それでは利権にならない。
本物のテロリストや危険人物では、公安自身にも危険が伴うし、仕事がハードになる。
しかし長期に監視対象にし、出来るだけ多くの予算を得る為には、テロなどの特別な危険人物でなければならない。

そこで、平凡な一般人を偽装「第一級危険人物」に祭り上げる工作が行われる訳である。

そう言う理由から、公安の監視対象者の周囲では、公安警察官によるでっち上げ事件や、監視対象者の仕業に見せかけて行なわれる事件が多発する。

この種の事件の特徴は、すべてが未解決事件となる。実際の刑事事件であっても刑事には捜査させないので、犯人自身が捜査を担当するのだから解決する訳がない。

そもそも、公安警察の活動から自身の欲望による犯罪を取り除いたとしても、現行憲法下では合法的な活動はほとんどない。
こうした事情から、偽装「第一級危険人物」の監視拠点では、公安自身の欲望処理や組織の利益の為の犯罪が毎日のように行なわれているのである。

公安の監視対象者設定の目的は犯罪利権獲得である。

(2)<薬物編 1 >

公安は活動対象の人物やその周囲に様々な薬物を仕掛る。
食品に薬物を仕掛けるのは公安の常套手段である。食品に使用される薬物は主に
①睡眠薬 
②記憶に障害を起こす薬 
③頭痛や全身に倦怠感を起こして活動を抑制する薬
など、他に発癌物質、脳梗塞誘発剤、心不全(呼吸不全)誘発剤もある。

食品に薬物を仕掛ける方法は、
①留守宅に侵入して食品へ仕掛ける
②尾行して飲食店の料理人に病気治療薬などと言って入れさせる。
③後ろから接近して食器に投入
④よく行く飲食店があれば、そこの従業員に成りすましている場合もある。

ガス性の薬物には良く知られた催眠ガスがある。催眠ガスは
①気体の催眠ガス(高等ガスと呼ばれるもの)
②衣服などに付着させて少しずつ気化させて長時間眠気を持続させるガス。
③麻酔薬 など 高等ガスは高濃度で吸引すると中枢神経が麻痺し死亡する。

②はネクタイなどの衣類、持ち物、机などに付着させて使用、8時間程度眠気が持続する。どちらも無色無臭である。
③麻酔薬 は麻酔状態にした対象者に様々な身体工作を行う時に使用その他、タバコに仕掛けて頭痛を起こさせる薬もある。
水道に細工して薬品入りの水が出るようにする方法もよく使われる。

<薬物編 2>(薬剤の使用目的)

①睡眠薬、催眠ガス、麻酔薬 
対象者や家族を眠らせて室内、持ち物などを調査、身体への工作、男性の精子採集、女性の眠強姦など公安の活動用対象者の運転する車の車内に仕掛けて運転を妨害し追跡をしやすくする、交通事故を起こさせせる目的の場合もある。公安が人を殺害する場合にこのガス(高等ガス)を嗅がせてとどめをさす方法が使われる。

②気化性催眠ガス、睡眠薬
対象者を眠らせる。対象者の仕事などを直接妨害したり、会社の自販機、コーヒーメーカーなどに睡眠薬入りを仕掛けてそれを対象者の仕業に見せかける信用失墜工作なども行う。

③記憶障害剤(オーム事件で知られたナトリュウム化合物)
活動を通じて対象者などに知られた公安に都合の悪いこと、犯罪手口等を早く忘れさせる為や対象者の知的能力を低下させる等の目的がある。生命に支障はないが公安による多用が、国内で最も懸念される薬物。 

④発癌物質、脳梗塞誘発剤、心不全呼吸不全誘発剤
暗殺目的で使用され政治色が濃い。 
                  
⑤これらの薬剤の人体実験目的

(3)<集団ストーカー編 >

公安の「集スト」とその目的

刑事の捜査と公安の活動とはまったく違います。そもそも公安は捜査などしません。したがって犯罪常習者は公安の活動対象になりません。犯罪ですぐに逮捕されるような者では、公安にとって一時的な活動しかできません。公安は活動しやすく、それを長期に継続できる対象者を選んで活動します。

公安警察が活動対象を選ぶ条件は

①長期に継続できる事 
②活動がやり易い事 
③公安にとって何らかのきっかけがある事です。

これは犯罪組織が犯罪に撒きこんだり、因縁をつけたりするのに何らかのきっかけが要るのと同じです。公安はその対象者が犯罪事実などで何もない、捜査や監視など必要ない者であることを最初から一番良く知っています。その上で、対象者が犯罪者であるような情報を流してあるきます。これは公安が活動するために行う情報操作と言われるものです。公安は工作対象者の仕業に見せかけて自ら犯罪を行うことはあっても、事件の捜査などははしません。要するに公安の監視や尾行などの活動は常に公安自身の目的で行われます。

次にその手順について説明します。
公安の活動にはいくつかの段階が有ります。

[第一段階] 
尾行監視等のいわゆる調査。

[第二段階] 
虚偽の犯罪情報を流したり対象者に集ストなど、嫌がらせを執拗にくりかえします。これからの活動のため対象者と周囲との分断や手懐、協力者獲得工作等。これらを通じてその人間の実力が図られます。この段階では公安の活動に大概の人が気付きます。「集団ストーカー」として、あちこちで問題化しているのはこの段階です。この段階で公安にとって適した活動条件と判断されるとると次の段階へすすみます。

[第三段階] 
様々な薬物、機材の生態実験や公安の手法の研究、実験材料に使われます。第二段階の工作も引き続き執拗に続きます。この段階では対象者はすでに、公安上の重要危険人物に祭り上げられている。担当公安部署が、対象人物が関与したと主張すれば、あらゆる事件が直ちに捜査が打ち切られ、該当公安部署に引き継がれるという都道府県警を巻き込んだ、でたらめ捜査体制が作られます。この段階の実験には福島の電磁波による対象者と家族の火傷実験や京都などでのマイクロ波による知覚と意識障害実験などが知られています。全国各地の思考盗聴実験もこの段階の対象者を使用して行われている。

[第四段階]
公安警察官のやりたい放題の犯罪がその対象者を利用して行なわれます。公安警察の真の姿が丸見えとなります。犯罪はみな公安の活動(監視)対象者の仕業とされます。慰安や技術研修目的の催眠強姦や慰安婦狩り処女狩り競争など、その最たる例です。 公安の活動目的はそこで行われている事をみればわかります。薬物、機材の生態実験や催眠強姦そして自ら行った犯罪の犯人替え玉利用。その活動はみな犯罪ばかりです。公安の活動(監視)対象者とその周囲の人々が大勢その犯罪の犠牲にされます。そしてこれらの活動に国民から徴収した莫大な税金が警察予算として使われています。

「ネガティブイメージ形成工作」(公安が活動環境を作る方法)

公安が対象者を定めて活動を始めると、必ずその活動対象者の「ネガティブイメージ形成工作」が行われます。その目的は対象者を周囲の人々から分断し孤立させる事にあります。公安は活動対象者を様々な機材、薬剤、犯罪手法の実験、行った犯罪の替え玉犯人などに利用します。こうした活動を行いやすくするため、対象者を周囲から分断し孤立化させる工作を行います。その結果、公安の活動対象者から見れば、自分が生活する周囲の人々が一様に自分に(犯罪者、変質者、狂人、泥棒、組員、テロリスト.etc)などの悪いイメージを持つと言う、異常な環境が作り上げられます。犯罪捜査などを装い(犯罪者、変質者など)の嘘情報を流す(情報工作)。コンビ二 などに万引き犯等の虚偽の顔写真入り手配書を配る事もある。疎遠な隣人や店員などにはこれにより完全なネガティブイメージが形成される。このような環境は公安にとって、その活動を社会に隠蔽しながら、対象者を利用した犯罪工作を続ける為に一番好都合です。

「公安の犯罪工作」(公安の常套手段)
 
公安は活動対象者の職場、所属団体、付き合いのある隣人等に対して、先ず公安が犯罪を行い、それらの関係者、関係先を犯罪被害に遭わせる。次に警察の立場を利用し事件処理を行い、その犯人は公安の活動対象者ということにする。これは公安の【常套手段】である。公安は活動対象者と近い関係にある、勤め先や個人に対しては、必ず先に窃盗やその他犯罪を自ら行い、「対象者をその犯人である」として、活動内容を秘密にさせながら巧みに取り入っていく。情報工作の嘘がばれる、対象者本人に知らされる可能性が高いような所では、必ずこの手段が使われる。犯罪に遭わせる事で被害者に全面的に協力させ、さらに捜査情報を漏らすと法で処罰されると思わせる事で、活動を完全に隠蔽しながら関係先や、対象者と関係が深い個人を自由に操ることが出来るようになる。この犯罪工作は公安が活動する場所では必ず行なわれる。犯罪工作で公安がよく使う手口は職場、所属団体などでは【金品の盗み】、【飲食物に薬物を混入】させる等。個人に対しては【金品の盗み】、本人(女性の場合)や娘を【催眠強姦】する手口もよく使われる。催眠強姦を行えば恋人のような親密な間柄であっても、警察という立場で二人の間に割って入ることができる。警視庁公安部が上尾の活動拠点を中心とする、職員の催眠強姦研修に力を入れているのは、この実地訓練であり、催眠強姦研修教材に使われているのは、女子中高生から20代前半の一般女性である 。

「催眠強姦」

警視庁公安部が、上尾の活動拠点を中心に最重要活動として、ほぼ全員参加で取り組んで来たのが催眠強姦である。催眠強姦は深夜から早朝、開錠技術で駆使し女性の家へ侵入し、寝ているに女性に麻酔をかけて強姦する警視庁公安部が編み出した強姦手法である。麻酔をかけられるため被害者はみな、朝まで強姦されている事に気付かない。この手法により全国で公安警察官たちが、毎夜、目をつけた女性を催眠強姦して楽しんでいる。警視庁公安部の催眠強姦の目的は①教育研修目的②女性強力者獲得③活動対象への攻撃目的④ 警察官の欲望処理 の4つである。

①教育研修目的の催眠強姦(技術の実地訓練)
警視庁公安部は催眠強姦を公安活動の基本にしている。警視庁公安部の催眠強姦には高度な技術が使われている。催眠強姦はオートロックマンションも含めて、すべての家の鍵を開錠し誰にも気付かれず侵入し、ほとんどの強姦被害者本人も気付かないまま行われている。人は寝ている時でも、体をつつかれただけで半数は目を覚ます。さらに体を揺すられれば90パーセントは目を覚ます。下着を剥ぎ取られ強姦されれば100パーセントが目を覚ます。しかし、警視庁公安部の催眠強姦では目を覚ました人はほとんどいない。これは催眠ガスなどの薬剤が使われるからで、開錠技術と合わせ侵入工作の基本に据えられている。次に、催眠強姦の際、設置しておいた盗聴、監視装置を見ていて被害者が意識を回復すると、すぐに駆けつけて事件処理と証拠隠滅をする。事件は絶対に所轄署には扱わせない。事件処理には、証拠用に予め採取しておいた特定人物の精子を使用し、警視庁公安部にプールし事件は隠蔽する。被害者にはその場で、その特定人物を犯人と断定しておいて、告訴をしないよう心理誘導をする。更に定期的にコンタクトをとりながら、適した素材は女性協力者として公安の活動に取り込む。催眠強姦で、そのきっかけを作る。 この一連の工作(犯行)を首尾よく実行すると、その研修者には一定の評価が与えられる。

警視庁公安部は、APEC期間中も上尾で催眠強姦や婦警同伴でセックスに励んでいた。

 < 警視庁公安部上尾分室より >
                              
②女性強力者獲得目的の催眠強姦(警視庁公安部が催眠強姦を最重要活動とする理由)
催眠強姦は公安が女性への工作を行う上で効果的な手段とされている。その工作は a公安の活動対象者と周囲の女性の分断工作 b女性協力者獲得工作 c公安警察官の性欲処理(慰安婦)獲得工作である。公安警察が個人を活動対象とする場合は、治安のためなどではなく公安自身の目的から行われる。(すでに前節で述べた通り)その為、対象者の孤立化の手段として周囲に女性がいる場合、その対象者の仕業に見せかけて強姦する。その際、女性に顔、姿を見せての通常強姦では工作にならないので催眠強姦が行われる。 b、強姦した女性を危険から守るなどの口実で接近し協力者にするきっかけにする。さらに、 c、接近した女性を肉体関係を前提とした協力者にする。こういう女性協力者は命令で誰とでも関係を持つような女に教育される。肉体関係前提の女性協力者は公安にとって、スパイとして、非合法工作要員として、また慰安婦としても利用価値が極めて高い。 セックスで支配できる女性協力者の獲得は、公安にとって最も高い活動成果となる。こうした理由から、公安は活動対象者の周囲に女性がいれば、先ず催眠強姦を行うのである。
③活動対象への攻撃目的は、催眠強姦が先ず活動対象者と周囲の女性の分断工作として行なわれる事(人的攻撃)。予め活動対象者の精子などの遺伝情報を盗取して、証拠として用意している事から、その催眠強姦が当初の目的を達した後、事前に用意した証拠品で立件する事(社会的攻撃)を意図している。(下山事件以来、公安警察が行う犯罪はすべてその活動(監視)対象者の仕業に見せかけて行うのを不変の大原則している)。その攻撃は、その対象者を利用して行う活動が終了した時、最終攻撃として行なわれるものと考えられる。

〈警視庁公安部の催眠強姦の特長〉
警視庁公安部による催眠強姦の特長は a)深夜に鍵を開けて侵入するb)被害者が被害に遭っている間、ずっと寝ていて気付かない c)下着を引き裂いたり全裸のままにしておく等、犯行後、意識を回復した被害者が強姦された事にすぐ気付くようにしてある d)すぐに公安による事件処理が行われ、聞き込みや目撃者探し、刑事鑑識による実況見分等の通常の捜査は絶対行われない d)犯人が即座に断定的に示される e)被害者と家族に対して事件の隠蔽を目的としたマインドコントロールが行われ事件が完全に隠蔽される f)犯行が行われている地域で事件の実態をカムフラージュするための徹底した情報操作が行われる。例外なく以上の特徴を持っている。すべて公安による事件処理が行われ絶対に所轄署扱いにさせない理由は、公安の犯罪は、ほとんどが担当する監視対象者の仕業に見せかけて行われる。催眠強姦は、事前に証拠として使用するため、監視対象者の精子を盗み取って用意して実行される。所轄署が正規の事件処理をした場合、現場検証や聞き込みを通じて、公安の意図とは別の(真犯人の)証拠が収集されてしまう可能性が高いからである。強姦ほど多くの証拠が残る犯罪はない。警視庁公安部による催眠強姦は、被害者に気付かれずに強姦するという高度な技術を行使しながら、どんな女性でも必ず被害者が意識を回復した時に、被害に遭った事に気付く様に現場で細工した上、自分の遺伝子情報である体液をのこしていくと言う極めて不自然な事件現場が作られる。

(注)精子催眠盗取

公安による「精子の催眠盗取」は、催眠ガスを用いて男性を全身麻酔状態にして行われる。これは入れる物と場所が違うだけで「催眠強姦」とほとんど同じである。通常、射精は脳からの信号で起こる為、全身麻酔状態では精子を盗取出来ない。現在、公安が精子盗取のために使っている装置は、低周波マッサージ器の原理を応用したもので、一方の電極を肛門から挿入し前立腺付近に当て、一方の電極を腹部に当てて低周波電流を流し、関係する筋肉を収縮させて射精を起させるものである。出てきた精子は尿道にチューブを差し込んで容器に採取する。公安による「催眠強姦」と「精子の催眠盗取」はセットで行なわれていて、採取した精子は大半が「催眠強姦現場」に持って行き、催眠強姦被害者の女性に強姦犯人の体液が付着した様に偽装するために使用される。この技術により、警察は国民のすべての男性から寝ている間に、精子を採取しサンプリングする事が可能になった。公安が、すでに精子の採取とサンプリングを開始しているのは前述の通りである。

警視庁公安部 活動の変遷 「催眠強姦はハルシオンから始まった」

ハルシオンは警察が取調べの際、被疑者に投与し思考力を奪い朦朧とした状態で自白に追い込む目的で使用されていると言われる薬物だ。警視庁公安部の活動においても、この薬物は日常的に使用されてきた。警視庁公安部は平成6,7年ごろハルシオンを飲食物へ仕掛ける工作に盛んに使用していた。当時のハルシオンの使用目的は工作対象者の仕事の妨害、事故誘発、嫌がらせなど公安らしい使い方が主であった。やがて「ハルシオン常用者はその副作用により就寝時、無意識のまま犯罪を犯す事がある」と言う事例がアメリカで発表されると、「これだけハルシオンを飲ませたから、きっと何かやるに違いない」。これまで投薬工作を続けてきた対象者の夜間の睡眠時の監視が重要な任務となる。その監視を行っているうち「眠らせておいて何かやるのは面白い」「これが女だったらよかったのに」という現場担当者の欲望が高まっていった。その監視はやがて睡眠時のさらなる工作に発展し、そのための対象者の睡眠状態の維持、さらに対象者の入眠誘導のための技術開発、新薬物導入と対象者を眠らせて活動する技術をさらに進歩させていった。催眠ガスもこの過程で導入されたものである。この技術の集大成が男性からの精子催眠盗取(注)と女性の催眠強姦なのである。米村敏朗公安部長がきもいりで開始した催眠強姦を、今でも研修として行い続けているのは、この技術をできるだけ多くの公安警察官に習得させるためなのである。催眠強姦は警視庁公安部のお家芸であり、現在、警視庁公安部が現在最も好んで行っている活動である。

公安は世界に類の無い秘密組織 国民を付狙うマフィア

公安の活動は99%は犯罪であり、その活動から見れば公安は純然たる犯罪組織である。秘密警察のゲシュタポやKGBと日本の公安の違いは、日本の公安は対外活動は行なわず、国内で国民を対象として、主に犯罪を行う組織と言う点である。旧共産圏諸国や戦前、戦中の日本を除いて、これだけ強固な秘密警察を持つ国は例が無い。かつて侵略戦争を推進した特高警察を、公安警察として、戦後に復活再編したのが、戦後保守政権 吉田茂内閣である。復活した特攻(公安警察)は吉田茂の目論見通り、共産勢力の国内伸張阻止の為に活動を開始し、下山事件、菅生事件、青梅事件、三鷹事件などを次々と起こした。公安は、その後も植え込まれた警察組織の中で自己増殖を続け、国民を対象とする秘密警察では「世界に類が無い」規模にまで肥大化した。肥大化した現在の公安は、犯罪を主要手段とする当初の手法を踏襲しながら、「反共」という目的は完全に変質し、組織の利益と個々の要望の為に、組織の維持防衛を最重要目標としながら、日本国内いたるところで国民を付狙うマフィアとして日々暗躍を続けている。

公安は犯罪者でも危険人物でもない一般国民を対象に定めて、活動拠点を設営し、自身と組織の利益のための犯罪を行っている。したがって、公安警察の監視対象者は、活動しやすくそこで長期に継続できることを第一条件として決められる。犯罪には縁のない単身サラリーマンなどで、なるべく弱そうな者が最適なのである。大概の公安の監視対象者の実態は、このような人物で、その様な人が公安の活動のために「第一級危険人物」に祭り上げられている。そう言う事情から、公安の監視対象者すなわち偽装「第一級危険人物」の周囲では、公安警察によるでっちあげ事件や、監視対象者の仕業に見せかけて行なわれる犯罪が多発する。公安自身の欲望処理や公安組織の為の犯罪が、毎日のように行なわれる。公安犯罪の被害者は常に監視対象者とその周囲の人々である。「公安が治安を守るとか国家、国民を守る」と考えるのは180度違った妄想である。

一般国民を餌食にして欲望を満たす公安警察 それを野放しにする警察庁

日本の公安警察は、国内で国民を活動対象として、さまざまな犯罪を行う犯罪組織である。公安警察官の大半は、「国家のため、とか国家の治安活動を行う」などという意志はまったくなく、もっぱら自身のため組織のために犯罪を行っている。したがって当然、活動しやすくて美味しい一般国民が活動対象に選ばれる。都合の良い一般国民を選んでやりたいことをやる。サディスディクな嫌がらせ、生活妨害、盗聴盗撮、住居進入、器物破壊、投薬傷害、窃盗、強姦、殺人、等々。これらの活動の一部が今、集団ストーカーと言われ社会問題化している。そして、これらの犯罪を野放しにするばかりか、「秘密を担保する事」だけを厳命し、その為の機材、薬物、資金を供給し続けているのが警察庁である。犯罪を取り締まるべき警察に、公安という犯罪組織を隠蔽し、犯罪を好き勝手にやらせておく警察庁と言うのは、表向きと裏はずい分違う役所である。公安の主要業務が犯罪である以上、「秘密の担保」は警察庁にとっても最重要目標に違いない。ある関係者は「公安警察官には普段、好きなようにさせておかないと、『いざという時』に動いてくれないから」と言っている。警察庁が公安という犯罪組織を隠し持つ目的は、この『いざという時』のためというわけだ。警察庁が犯罪組織を用いる、『いざという時』とはどういう時なのか明らかにする必要があります。その結果、秘密の保持のため、法で裁くことが出来ないから、公安の犯罪が野放しになる。という構図成り立っている。「強姦しようが殺してしまおうが、裁くことより秘密が大事」というわけだ。それは彼らの保身にも直結する。公安が無政府状態になるのは当然の理由があるわけです。この警察行政の暗黒腐敗構造に便乗して、一般国民を餌食にして欲望を満たす公安警察。日本警察の深刻な実態がここにあります。

警察庁が考える『いざという時』

警察庁が犯罪組織公安警察に犯罪を実行させる事で対処する『いざという時』とはどういう時か。過去を振り返えれば(下山事件、菅生事件、青梅事件、三鷹事件)等が先ず挙げられる。朝鮮戦争勃発直前の国際情勢の下、アメリカ服従を基本とする戦後保守政権にあっては、共産勢力の国内伸張阻止は最重要政策であった。共産党の仕業に見せかけて、下山国鉄総裁を殺害(下山事件)などの犯罪を執行させる事により、国内体制引き締めが行なわれたのであった。しかし、これにより共産勢力の国内伸張が阻止できたと考えるのは、保守政権と公安警察の妄想である。この様な犯罪を行なわなくも、当時の日本の保守政権の基盤は磐石であり、共産勢力が取って代わる事は在り得なかった。それはその後の国内の政治的状況を検証すれば明らかである。これらの事件で、日本はとんでもない原罪を背負う事になった。保守政権と警察の自己満足でしかなかった『いざという時』の為の原罪は、公安警察の「犯罪特権」を生み、後に国民に多大な災いをもたらす事になる。

公安警察の「犯罪特権」

憲法上の大原則 法治主義に反して犯罪組織として公安警察の存在を可能にしているのは、行政府が事実上、警察の管理を放棄し、その管理を警察自身の手に委ねているからである。それはかつて、戦後の公安警察の犯罪活動を、国家行政の必要悪として認容(『いざという時』)したことに端を発する。 国家行政を担当する歴代政権は許容した犯罪の罪深さゆえ管理することから逃亡し、管理を警察自身の手にまる投げする一方、その警察の内部を覗くこともタブーとして扱ってきた。国家行政の不文律である公安警察の「犯罪特権」はこの構造の上に成立っているのである。これが自民党政権が一貫して執り続けてきた警察行政の根幹である。管理を警察の手に委ね、内部を覗くことをタブーとして来たのは「警察が腐敗したり、警察官が犯罪を行ったりしない」
と言う前提からなのではなく、警察犯罪の政権からの認容がその意味だったのである。一方、警察内でも、この事実は高度に秘匿せねばならぬものとして、一職員に至るまで「秘密の担保」が要求され「警察の秘密は墓場まで」の掟となり、警察の秘密主義の中枢を成しているのである。こうして警察組織は外部の目による民主的チェックや管理監督を一切拒絶し、制度上は警察を管理監督する国家公安委員会を下部組織化し、その委員は警察自身で選任し、国家公安委員長のみ政権与党の国会議員を名誉職として就任させ、警察庁長官は必ず警察自身の中から選ぶ。自民党政権時代の警察政策に交応して、この様なシビリアンコントロールを受け入れない、国内独立国家の様相を呈する警察組織が構築されたのである。公安警察の「犯罪特権」を守る事を主眼とする警察の秘密主義は、偽造領収書による裏金不正にかいま見える公金着服汚職をも一様に警察特権として担保している。

公安警察の本当の任務

公安警察の存在理由である『警察庁のいざという時』以外にも、治安活動にもテロ対策にも何の実績もない、警視庁公安部などの公安警察を、国の治安のためと国民を騙して存続させておく理由が、警察の内にもある。公安が『警察の為の犯罪工作』する必要である。もし犯罪が起こらなくなったら一番困るのは、実は警察である。犯罪が減れば警察予算は削減、人員も削減される。犯罪がなくなれば警察は廃止になる。警察にとって犯罪が増え続けることが権益、勢力拡大に一番都合がいい。『警察の為の犯罪工作』とは警察権益拡大の為、都合のよい犯罪起こす事である。警察にとって都合のよい犯罪を起こし治安を適当にかき乱す事で、警察の勢力、権益拡大につなげる。それを担当するのが公安警察の本当の任務である。治安活動にもテロ対策にも実績がなく、強いて上げれば共産党の監視活動程度の公安警察に、実に警察予算の三分の二が割り当てられてきたのは、この本当の任務の為なのである。公安は国家、国民ではなく警察自身の為の最重要セクションなのである。

「革マルは公安が運営」

旧ソ連が崩壊し左翼運動もほとんど姿を消したいま、革マルなどの過激派の主要メンバーは公安か裏公(身分を隠すために民間企業に就職したりフリーターとして活動)によって運営されている。これは、公安が行って運営する事で組織の消滅を防ぐためである。その目的は過激派対策として活動の場を維持し、その予算を引き続き獲得することにある。公安の活動のほとんどは、治安の為ではなく、国家国民の為などではなく、このように公安自身の利益の為に行なわれている。しかもその手段はほとんどが犯罪であり、犯罪被害者はみな国民である。革マルの主要メンバーは公安だから、公安にとって都合の良い騒ぎをタイムリーに起こせるのは当然で、今では国内過激派の活動はほとんどが過激派の振りをして公安が行っているに過ぎない。

ここに公安警察の考え方が述べられている。

 警察の守るものは法律ではない。国体である 。法律を上辺で守るのは刑事課等の警官と左翼共産社会党、これだけ法律悪用する連中に任せては国体に揺るぎが来る。だから法律外で動ける組織も必要、但し間違いは許されない。 - 公安警察 -

公安にとっての国体とは、彼らが「法律外で活動」を続けられる国内体制という事であって、実質的には公安を中心に置いた警察組織の事である。国体の頂点に天皇を置くのは、解り易く言えば、天皇を冠する事で権威付けをし、彼らの国体をもっともらしくするのに利用しているに過ぎない。天皇は彼らにとっても象徴なのである。「国体に揺るぎが来る」とは、日常的に犯罪を続ける公安警察は、法律を正しく運用されると組織に「揺るぎが来る」のであり、彼らにとってはそれが「法律悪用」なのである。公安警察は国家、国民や治安の為などではなく、組織と自身の欲望の為に日々犯罪を繰り返している。公安は安心して犯罪を行える犯罪環境を国体と称して、それを守ろうとしているに過ぎないのである。

オーム事件の真相

公安絡み労働争議事件を手がける、人権派の坂本弁護士は警視庁公安部にとっても、オーム事件以前から邪魔者だった。ここにも、オームと警視庁公安部の関わり、オーム事件の意図的に隠蔽された闇の部分の輪郭がちらついている。一連のオーム事件には、警視庁公安部が深く関わっていたことは間違いない。

『邪魔者を消せ』

オームが坂本弁護士殺害に動いた事は警視庁公安部にとって好都合。坂本弁護士本人だけでなく一家全員を殺害するというのは証拠隠滅を強く意識した結果で、「姿を見たものはすべて消す」というのは犯罪実行時の公安の手口と同じ。國松孝次警察庁長官は、警視庁公安部の反対を押し切って刑事主導でオームの強制捜査に着手した。警視庁公安部が強く反対した理由は、都合が悪い事が多すぎたからである。国松孝二氏は警察庁長官としては珍しく刑事畑が長く、日本の警察を公安主導の警備公安警察から刑事主導の市民警察へ改革しようとしていた。元々、同氏は警視庁公安部にとって邪魔者だった。 起こるべくして長官狙撃事件が起きるが、犯人と名乗り出たオーム信者の警視庁公安部員(一般にはミイラ取りがミイラになったものと見られた)を警視庁公安部は警察庁の命令を拒否し、警視庁内にかくまいとおした上、狙撃に使われた拳銃が見つからない事を理由に、犯人ではないと言う事にしてしまった。

『オーム事件の闇』

事件の真相、核心を知るはずの麻原彰晃は、公判時には何時も薬物を飲まされ意識朦朧とした状態で、肝心なことは何も話さず、ついには脳神経を破壊されて廃人になってしまった。オームは毒ガス以外にも多くの薬物事件を起こしているが、検察はその大半を「時間がかかる」と言う前代未聞の理由で公判放棄し、裁判にもならないまま隠蔽されてしまった。オーム事件には明らかに事件の真相を隠蔽しようとする意図が働いている。

『刑事は事件が起きるとやってくる。公安は、やってくるとそこで事件が起きる』

公安の仕事は、治安ではなく事件を起こす事、つまりは犯罪を行うことである。振り返れば、戦後保守政権吉田茂内閣が、戦前の特攻警察を公安警察に再編成した直後から「下山事件」「三鷹事件」「菅生事件」「青梅事件」と、次々に公安事件が起きた。オーム真理教もまた、警視庁公安部が潜入して活動を始めると、次々と凶悪凶悪事件を起こし始める。「潜入していた巡査が犯人と名乗り出た、警察庁長官狙撃事件」「松本サリン事件」「地下鉄サリン事件」「坂本弁護士一家殺害事件」など。「坂本弁護士一家殺害事件」の坂本弁護士は、人権派弁護士でオーム関連の他に、公安がらみの事件を多数手がけていた。坂本弁護士はオーム事件以前から、公安にマークされていた。「公安が治安維持のため活動するなら、なぜ地下鉄サリン事件を阻止しなかったのか」 公安は明らかに一連のオーム事件を煽動していたように見える。

『オーム事件の真相を読み解く』

大きい事件では、社会的背景に、公安の犯行動機に直結する明確な事実が存在していることが多い。
<事件当時の状況>
ソ連崩壊により東西対立は終焉し、国内過激派もほとんど消滅という状況の中で、公安警察の見直し議論が盛り上がり始めていた。公安警察は「公安不要論」が盛り上がる事に強い危機感を抱いていた。この様な背景の下で、一連のオーム事件が起きた。オーム事件は、公安不要論に歯止めをかける上で格好の材料になった。オーム真理教が、大きな事件を起こせば起すほど、それが公安不要論に歯止めをかけたい公安警察の利益に直結していた。ここを読み解けば、警視庁公安部が「地下鉄サリン事件を阻止しなかった理由」がおのずと見えてくるのである。16代警察庁長官 國松孝次氏は、オーム真理教を利用したい警視庁公安部の強い反対を押し切り、刑事主導の強制捜査に踏み切った。國松孝次氏は警察庁長官の中では刑事畑が長く、公安偏重の警察のあり方の是正を考えていたと言われる。同氏はオーム真理教と警視庁公安部の両方から恨みを買うことになった。ここを読み解けば、狙撃事件の真相と事件後にオームに潜入していた巡査が「私が狙撃した」と名乗り出た時の、警視庁の奇妙な対応の理由がおのずと見えてくるのである。つまり、警視庁公安部はオーム真理教を巧みに煽動し、事件を起させる事で公安不要論を封じようとした。オーム事件で多くの被害者を犠牲にすることで、組織の安泰が図られたのである。ここを読み解けば、麻原に公判前に必ず睡眠薬を飲ませ、裁判で何も喋らせなかった理由がおのずと見えてくる。麻原の口に封印されたのは、『警視庁公安部が麻原をどのように煽動したか』と言う証言である。

『異常な麻原裁判』

公判中の朝原彰晃に対して、薬物を用いた口封じが行なわれていた事は、一目両全である。朝原には薬物が多用されたため、公判中にでありながら脳神経破壊されて廃人になってしまった。公判中の朝原の口が封じられたのは、取調べ中に朝原が口にした事を、公判で喋られては困るからである。取調べが可視化されていれば、こういう事にはならなかったはずである。視点を変えれば、取調べ可視化の動きに頑強な抵抗が続けられているのは、取調べの中には警察、検察共に国民に知られたくない事が実に多いという事である。 麻原裁判で一番の問題は、足はふらつき意識朦朧の朝原の状態が問題にされることなく、死刑判決まで粛々と公判が行なわれた事である。また、疑問を呈する報道も一切行われなかった。一糸乱れぬ報道統制も合わせて朝原裁判の異常さには空恐ろしさを感じる。

公安という悪魔像

公安の工作の基本は、人と人とを結びつける信頼、親愛、友愛などの気持ちに猜疑心、相互不信を植えつけて、人の結びつきを断ち切る事にある。そして自分を信用させ妬み、恨み、怒り、恐怖心を煽ることで人につけ込み利用する。その手段として、自ら犯罪を行い工作対象者を被害に遭わせることが常套的に行なわている。犯罪は公安の活動の中心部分である。公安活動の目的は、ほとんどが自身と組織の都合や利益獲得にある。現在の公安警察は犯罪は手段ではなく、それ自体が目的化している。
したがって、公安が暗躍する社会は、市民は互いに自分のことを人に隠し、他人に決して心を許さない。社会に溢れる情報は巧みに工作されていて、真実は容易に伝わらない。近隣の住民は心が通わずみな他人、住民同士がささいな事で敵対しあう。
公安はこの様な社会が一番活動しやすく、人々をそこに誘導しようと日々暗躍している。

国民を騙すことが最高の警察活動

犯罪組織公安警察を内包し、その公安が支配的地位にある日本の警察組織にあっては、盗聴盗撮、住居侵入は警察活動のイロハのイ。窃盗、強姦、薬物工作は中級者。殺しは上級。最高の警察活動は、そんな警察を信じて疑わない、国民の意識のマインドコントロールである。日本の警察は、この最高警察活動の能力が極めて高い。警察の汚職も犯罪も公安の暗躍もみな、この能力
に支えられいる。日本の新聞、テレビは一字一句まで警察の手の内にあり、国民に伝えられる情報は、みな警察の手で都合
がいいように加工され、真相はなかなか国民には伝わらない。テレビでは毎日のように、どこかのチャンネルで警察を英雄化して見せるドラマやドキュメンタリー物が放送されている。警察がここまで執拗に自身の宣伝を行い、国民の意識をコントロールしようとする背景は、それだけ警察が罪深い存在である事の裏返しである。警察の宣伝の目的は、国民を騙し、警察の実態、真実を隠蔽する事による組織防衛にある。民主主義社会では、盗聴盗撮、住居侵入はイロハのイ。窃盗、強姦、は中級者と言う警察の実態、真実が国民に知れ渡ったら、組織の維持存続はできない。国民が警察の真の姿に気付くことなく、警察を信じて疑わないよう
にする為の最高の警察活動に、警察の持つ最大の能力が費やされている。国民を騙して、警察利権を謳歌する警察の最大の強みは、自身が犯罪捜査を行い犯罪捜査を独占する事と、使途の外部からの監査を受けない潤沢な資金が国や自治体から供給され続けること。そして国内のすべてのマスコミを支配下に置き、自身の広報部として利用できる事である。

警察庁には公安の実働部隊は管理できない

日本の公安警察は警察庁警備局を中央官庁とし、警視庁公安部を実働の本拠地とする全国統一組織で各県警の警備公安部門は、その出先機関に位置付けられる。警察庁警備局は全国公安警察を統括する位置付けには在るものの、業務としては制度、政策、法案の立案や予算の確保、配分など云わば「事務センター」にすぎない。>警察庁警備局公安課の目的とは、治安維持及び、国に危害を及ぼす恐れのある団体を監視し>対応する部署との事であるが、これは机上での話しに過ぎない。公安警察の実働部門は警視庁公安部と出先にある。警察庁警備局が、公安の実働部隊を統括管理しているかと言えば、まったく出来ていない。行っているのは、あくまで机上での話である。公安警察の活動の大半が、国民狙いの犯罪行為であることなど机上では在り得ないのではあるまいか。実働と机上の管理とはこれだけ隔たっているのである。警察庁が公安の実働部隊を管理し得ないのは、公安の活動の機密保持対象が警察庁にも及ぶからである。一連のオーム事件の際、警察庁長官國松孝次氏を私が狙撃したと、所属の巡査が名乗り出た時、警視庁公安部は、警察庁に背いて巡査を掻くまい通し、凶器の銃が発見されないから犯人ではない事にしてしまった。埋め合わせに総監と公安部長の首を差し出した。長官狙撃は警視庁公安部の組織的犯行である事には警察庁も気付いたが、内心震え上がっていて、これ以上手が出せなかった。警察庁に出来る、公安の実働部隊の管理はこれが限界である。この様な限界があるのは、警察庁がそれを『是としている』からに他ならない。それは公安(現場)と机上の管理者(警察庁)の真の力関係を表している。>「警察庁警備局公安課の目的とは、建前上は治安維持及び、国に危害を及ぼす恐れのある団体を監視し>対応する部署という事にしてある」と言うのが正しい。

思考盗聴の中継チップ 

インプラントは、脳の中に埋め込む必要は無く、体のどの部分でも可能。現在は頭皮にマイクロチップを差し込む方法がよく使われる。チップは、とげ程度の大きさにまで小型化されている。

参考 『思考盗聴』
①脳から出る電磁波を受信できる範囲に中継器を設置すれば、脳に電極を埋め込む必要はない。
②通信媒体は当然電波(電磁波)である。
③思考盗聴装置は遠隔地から電磁波を送って盗聴する装置ではない。ただし、入眠波を送って睡眠を遠隔コントロールすることはできる。
④思考盗聴は結果として、個人のプライバシーの垣根を消滅させるが、思考盗聴の運用主体が国家ある以上、個人情報やプライバシー情報の漏洩・流出を目的とする思考盗聴はありえない。
⑤思考盗聴装置を運用する国家が機密とするのは「個人のプライバシーの垣根の消滅」の影響の大きさに国家自身がある意味「恐怖」しているからである。その内容は、開発において思考盗聴技術に到達した人にのみ、機密保護対象者として、国家から明かされる。したがって、国家が機密とする以上、「思考盗聴有る無い議論」はムダであろう。思考盗聴装置があると主張する人は、他人がレッテルを貼りに来る前に「気迷い」と前置きでもしていた方が無難である。思考盗聴を行うためには、携帯電話の基地局のように対象者のいる地域に受信中継機を設置するか、携帯型の装置を持って対象者を追跡し続ける必要がある。受信範囲は基地局で150m程度(人体から出る低周波の到達範囲)。携帯局で30m程度と見られる。(中継チップをインプラントされるとかなり伸びる)したがって、思考盗聴の媒体である脳から発生する低周波電磁波を遮断するのは不可能に近いが、思考盗聴されない為には、脳から発生する低周波電磁波の受信エリア外に出てしまえば良いということになる。

被害内容もしくは被害者の症状:
1. 幻聴
2. 潜在意識への特定の命令の送信
3. 視覚的な幻覚
4. 脳に対する電磁波を用いた言葉と数字の挿入
5. 感情の操作
6. 遠隔地からの思考の解読
7. 身体に対する苦痛の誘発
8. 宇宙からの人間行動の遠隔操作
9. 頭上をヘリコプターが飛んでいるようなストレス症状及びハラスメント。
10. その中にカメラがあるかのように被害者の目を通して見ること。
11. 睡眠パターンのコントロール。
12. コンピューターと脳のインタフェース、コントロールと通信。
13. パーソナリティを挿入し、記憶を回収するような複雑な脳のコントロール
14. 私生活、職場などの盗聴、盗撮
15. 集団によるストーキング
16. プライベートな情報をマスコミに流用される。私生活をドラマや映画などの材料にされる。


被害者の方は、ほとんど思い当たる事ばかりだと思いますし、何度も何度も、大きく頷いてしまう内容だったのではないでしょうか。

催眠強姦などの部分についてはよく分かりませんが、最後の「被害内容もしくは被害者の症状」などは全くこの通りだと思いました。

但し、あくまでも私の場合ですが、幻聴や幻覚ではなく、実際に目にしたり聞こえているので、「症状」という表現には若干の違和感があります。映像として撮影もできます。

いずれにしても、本当の犯罪者や詐欺師であればすぐに捕まってしまうので、継続して“活動”するには、むしろ犯罪の常習者ではなく犯罪とは無縁の人間を選び、重要危険人物に仕立て上げるという考察は的を射ていると思います。


警察←地域防犯ネットワーク(巡回しながら“不審者”を密告)

警察→地域防犯ネットワーク(集ストの実施を依頼・協力費支払い)


おそらくこういう構図ではないかと思います。

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事

やっぱり創価は真っ黒け

Organized crime of Japanese Cultさんのサイトに創価のストーカーの手口が公開されていました。(以下注意事項を飛ばして本文へ移動

本ブログを閲覧される上でのご注意
本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

本サイト内の如何なる画像、及び私が投稿した動画の流用・転用・引用・転載・第三者による無断配信を固く禁じます。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

リンクは可ですが拡散は希望しません。特にSNSでの拡散はご遠慮下さい。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

本ブログ内でのリンク、または引用・転載がご迷惑であったり不快な場合、および権利を侵害している場合は、掲載元管理人様よりお申し出があれば速やかに削除致します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。

※一部、ショッキングな画像が含まれる場合がありますが、苦手な方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

※集団ストーキングとは関係のない画像や内容が含まれる場合があります。


私などは、どれもこれも思い当たる節ばかりです。こういう猿芝居を嫌と言うほど見せられています。

非常に的確にまとめて下さっていますので、大変勝手ながら全文転載させていただきます。

創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

・被害者への、学会員及び関係者の私怨や私益誇示などで開始

             ↓

・被害者宅近隣の創価信者宅からの監視、個人情報収集、部屋間取り等把握、風評流布

・被害者の公私出入り先への、宗教色を隠したメンバーの浸透、個人情報収集、風評流布

・被害者の公私出入り先近隣の、創価信者・関係者宅の拠点化、音響機器設置

・被害者の買い物状況の覗き見等による生活パターン収集、個人情報収集

浸透者や露呈を疑う創価ストーカーは、馴れ馴れしく話しかけたり接近してくる傾向がある

被害者が過去に揉めた相手・内容等の詳細を知ることを非常に好む(後に加害者偽装に使うため)

よく吟味すると、特定場所・特定人物のいた状況での内容しか引用されないことが判る


             ↓

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心
(ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人)
(被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う)
(初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける)

・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石

・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為
(先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為)
(被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為)
(信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴)

・近隣信者宅から、被害者寝室に向けて、可聴域ギリギリに調整した音源を再生する
(信者宅からの射線上位置では、アンテナが風で唸るのに似た音、信号音、何かに共鳴してるような声(シナリオをもった話しかけ)を向けられる)
(信号音・唸り音などは、就寝時に聴覚への影響を意図して発信される)
(低周波による身体的悪影響が明らかなように、音響による身体的悪影響を意図している)
(被害者懇意の相手に対しても周囲宅を確保の上、気付かれぬよう就寝時に音源を流し、催眠効果を意図した行為を繰り返す。これを受けている者は、なぜか皆、医療機関でも判別できない発疹ができる)

可聴域ギリギリの音声であるため、モーターのある電化製品の音や機械室などなど低周波音を含む周辺騒音があると、焼付けが自発しやすい

【必ず、近隣の射線をとれる宅から被害者が長時間滞在する位置へ音源が発生されている】


これらの事象が始まる場合、風もないのに何かが唸るような音、電化製品の唸り・建物構造物異音などが発生する
特に、音声系被害に至る直前あたりでは、風での唸りのような音が多発していた
この音をよく聞くと、音声被害において、同じパターンで繰り返される喚きなどが抑揚の無い棒読み状態で聞こえる場合がある(円筒等にも共鳴)
これが聴覚への焼付け部分である


この近隣創価信者宅から発生される低周波等音響は、構造物軋み・身体への圧迫感に関連する

また、心理的作用を考慮し、通常心拍より早いリズムで棒読み音声の吹込みが行われている



通常、被害者以外には音声等は聞こえないが、他者が体感できるものとして、
・被害者周辺にいるときだけの急な頭痛、目への刺激感、耳の中の産毛が逆立つような感覚等
犯行者である近隣創価信者自身すら、音源射線上に位置したときには咳き込んだりなどの行為を高確率で行っている

・聴覚の安定していない子供の場合、稀に、音声原文の一部や信号音のような音が聞こえる等
がある。

[上記2点での犯行者像偽装例]

・犯行者データにある交際相手地域の、医療関係女(面識者)の報復

・小学校時代関係者の、いじめられたから報復

・交友グループ内から素行不良で弾かれた者による報復

・犯行者内女が、素行不良が表に出る&素行不良による不妊にからくる、こじつけの恨み

・(なぜか犯行者が露呈してから)犯行者宅を覗いた、煩くしたなどという意味不明の怨恨

※どれも、犯行者が露呈した以上、偽装になっていません(笑)

※「別れさせ行為」を目的とした明確な犯行状況に対し、近隣を含む創価学会員複数が関与する言い訳にもなっていません



・近隣信者宅から、被害者宅へ向けて、電化製品等に干渉する違法電波を送信する行為を繰り返す
(電源断のステレオスピーカーから混線音声の発生)
(子機付電話への進入)
(コイル部品使用電化製品への破壊行為)
(テレビへのノイズ混入)

・近隣信者宅から、意図的な生活騒音をたてる行為を繰り返す
(被害者や被害者出入り先近隣に拠点を構え(在住創価信者)交代制で終日、騒音をたてる)

・近隣信者宅から、犬・猫・鳥などの鳴き声や生活音を加工し擬声的に編集した音源を発信する

・上記近隣からの攻撃で被害者が明確な反応を示さない場合、明らかな主犯格が意図した擦れ違いなどにより挑発・反応を見る
(同時に家から出てくる、同時に帰宅する、買い物先等で擦れ違いを起こす、遠路からの帰路に有り得ない道筋で出てきてすれ違う)
(全てにおいて、特定場所で行き先が会話・電話通話に出た場合のみ)

・被害者周囲を徘徊し、携帯電話のカメラやデジタルカメラ等で撮影してくる

・被害者宅周辺を徘徊し喚く行為も行うが、いい大人が若ぶった口調・声色を使うことで年代を偽装する

・車両にて被害者宅周辺を徘徊する場合、通過時にクラクション・喚き・空吹かし等を行う

自分達が望んだように被害者がアクションを起こすことを意図している

(被害者が直接的に、創価ストーカーに喰いかかる等、犯行露呈者に対し被害者が非をもつ形を望む)

自分達の身元を誤魔化し被害者を精神異常とする組織ストーカー手法の特性上、被害者が明確な逸脱行為を行わず冷静な対処をする場合、直接的攻撃策が採れないためである

このような場合、同時に、悪戯電話・悪戯やアダルトメール等が明らかに急増する

(対創価の書き込みのある掲示板等においても、アダルト誘導などが急増する場合が多く、アダルトメール等産業において創価関連業者があると思われる)

平日日中などの主力は、専従ストーカーと創価主婦層である(創価婦人部一部グループ、その子供の未来部等)

喚き・すれ違いの仄めかし・車両による威嚇等では、「なぜか」創価学会員の息子や娘ばかりが浮かび上がっている


・被害者の外出、帰宅に合わせた、悪戯電話・悪戯メールの発信を繰り返す

・被害者車両への悪戯、破壊行為

・被害者宅や接触頻度の高い友人・知人宅への侵入、室内物の窃盗・悪戯

・業務関連者や友人・知人等への、隠れ信者メンバーによる被害者情報操作・風評流布

・犯行は、被害者在住地域の創価信者主体で行われ、専従メンバーが指揮する
他市へ移動の際には、専従メンバーとその地の創価信者によるストーキングがなされる

・被害者にたいして証拠もとられず、生活を破壊でき、脅威とならぬ場合には、次の攻撃対象へと矛先を変える
寄生虫が対象を食いつぶし、次の対象に寄生するのと同じである
この事は、他犯罪に比べ同組織的ストーカー被害者が目立たぬ数でしかない要因となっている

・犯行者が露呈した場合には、「必ず」被害者が精神異常ととられるような、あるいは神経失調、自殺となるまで犯行は「絶対に」止めない

・犯行者が露呈した場合、ほとんど逆に勝ち誇る・優位性があるかのような態度・発言を始める

創価学会員特有の態度であり、勝ってる振り・正しい振りをし続ければそう思い込ませられる・そうなるという奇妙な姿勢である

また、自分達を追及・批判・追い詰める者が出てくると、迫害を受けている・自分達が被害者である、という態度・状況をつくる

【このような場合、ひどく都合の悪いことが露呈した・偽装が通じない、などのケースが多いです】

【仄めかし・音声において、被害者名・過去関係者実名・過去事象・問いかけ等個人を意識する内容であるのは、内容そのものよりも、被害者が仄めかし・音声を意識したり集中するようにするためです】



※被害者が自己精神を疑うよう、また他者も被害者精神状態を疑うよう、同色同型同ナンバー複数車両によるストーカー行為を行ったり、被害者にしか聞こえないよう音声や騒音を流すなどで、被害を被害者のみに判る形で行う

※基本は精神攻撃であり、業務妨害・家族関係破壊・対人関係妨害はその効果を増大する為に行われる

加害は、被害者と創価ストーカー達のみにわかる形で行われ、対外的には自分達は何もしていないが被害者が思い違いをしている風を装う

例外として、ストーカー行為そのものだけは実際の人材を投入する為誤魔化しが効かず、被害者及び周辺者に確認される


※被害者に対し、何・誰を疑わせ本来の目的と創価の犯行を隠すかは、犯行起因の私怨・私益等内容により違う
大抵の目的は対人・対社会関係の破壊であり、目的達成の成果には関係なく、被害者が潰れるまで繰り返す
創価学会員は、都合の悪い相手・私益を妨害する相手に対して「仏敵」などと称し、「責め抜け」などと都合よく宗教を利用している危険団体である
また、この手法は全国的に共通であり、創価学会が標準手段として利用している可能性が極めて高い
創価学会員は地区・業種・年代などにより内部グループを構成しているが、この組織的ストーカー行為を専従として行うグループも構成しているとみられる

※警察等への通報阻止と信頼度低下を促す為、被害者間メールやホームページ・掲示板等で、犯行主体を警察及び関係者とする虚偽の情報を流布している

【重要】
件において、記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが過去に近づいていた被害者複数に
「不自然な死亡と自殺者、脳疾患と脳疾患死・急な神経失調が 不自然に多い 」

記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが転居した場合、
「前在住地区では、同案件と同様な事件(記載犯行者の絡む不可思議な近隣トラブル等も)が発生している」

記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが特定の宅・自宅(被害者近隣)に入った後には、
「近隣において、犬等の急激な鳴き声が連続して起こる」

記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが特定の宅・自宅(被害者近隣)に入った後には、
「近隣において、テレビ等への急激なノイズ混入が発生する」



重要:創価学会員の猿芝居】

喚きたて、付き纏い、意図的な擦れ違い等は公衆の視線もあるなかで行われます。

そのため、周囲からは普通の会話等に見えるように(少なくとも創価学会員はそう見えると思っている)、特定の言葉・内容を含んだものを被害者周辺で会話・独り言風に展開します。

が、よく観察すると、特定対象(被害者)周囲以外では、或いは特定対象(被害者)がいない場合では、「周囲に聞こえるような音量の会話等」は一切していないことに気付くでしょう。

当案件で近隣創価信者が喚く場合、

「必ず在宅時間だけであり、近隣信者宅側の部屋に在室する場合のみ」

です。

24時間対応レコーダーによる長期録音データにおいても、当方不在時には「一度も」周辺に聞こえるような犯行者同士の会話等は行われていません。

通行人を装った創価信者が大声で会話を始めるのも被害者宅前のみで、その前後では周囲に聞こえるような会話等は一切行われていません。

犯行者の創価信者を観察する場合、このようなことに注意してみるべきです。

また、被害者に犯行が露呈した場合の欺瞞行為として、被害者が在宅しているときだけに

「わざわざ、自分達は無害であるかのような日常会話を大声で始める」

場合があります。

創価学会員を監視する場合、上記のような点に注意することが必要です。

【当案件では】

記載主犯者等は、当方と交際相手を離別させ割り入る目的の依頼の元、札幌・苫小牧の複数の創価学会員を主体として

1.当て逃げ行為によるトラブル演出
2.複数人による長期的なストーカー行為
2-1.偽造ナンバーや、作為的同一同色同型ナンバー車両複数を道交法違反を知りつつ運用する行為
3.風評流布等による交友範囲と業務への妨害
4.低周波音響を伝送波として誹謗・中傷・脅迫・交際相手レイプ音声を、近隣宅より高い音圧にて当方寝室等特定場所へ発生させ、聴覚への焼付け・頭部への過度な刺激による脳疾患誘発・終日数年にわたり音声を聞かせることでの精神疾患誘発を意図した傷害行為
4-1.上4を就寝時に当方及び関係者へ「伝送波」のみ又は音声有りで、就寝時に当てる行為を繰り返し、オウムがニューナルコとして行った洗脳・催眠効果類似を意図した傷害行為
使用される喚き等音源は、創価信者等の多数出入りする拠点で被害者動向に合わせて内容を変えてレコーディングされている
近隣創価信者は、定期的にこれを集配し運用している

近隣創価信者宅に面した窓の向かい合う部屋等のみ、創価信者らは被害者在・不在を特定している
各種挑発行為を繰り返してきた後、上記条件部屋等に向かうと100%の確率で創価信者が出てくる
また、被害者以外の人間が上記条件部屋に入った場合も、被害者に声等反応を起こさせようと、喚き・音声・悪戯電話・創価信者徘徊が行われる

5.上4と同内容を擦れ違いや近隣宅の創価信者で喚き、当方に精神的ダメージや犯行者像偽装を狙った行為
6.違法電波等を利用し、宅内家電製品等を損傷させる行為
7.改造無線機器により、当方宅内の子機付電話に進入する行為
8.上記8項目の人員と行為姿、創価学会という所属が露呈したことにより、警察への通報・証言等を無効にしようと、当方を上2.4.5.の繰り返しにより精神疾患者に仕向ける行為

等を創価学会員複数が組織的に、2001年後半より現在まで継続している。
同・創価学会は世界主要国でもカルト・セクトとして正式に指定されている。
また、各地で同様の被害を訴える声の中で、複数の創価学会員関与の声があり、手法がほぼ一致していることから
創価学会において、同手法が非合法工作の定番として運用されているとみてよい。
当該情報の各警察への送付の中で、警察向けのみに記載した事項が送付後より漏れていることから
警察内部での創価学会員警官による情報漏洩が高い確度で疑われる。

音声被害における近隣犯行者特定

音声の一部は、近隣宅からの外的要因(音響機器等)による「焼付け」です。
大きな音による耳鳴りが暫く残るように、長時間・毎日繰り返されることにより聴覚に焼き付き、周囲の音響で自発します。
多くの場合、「耳鳴り」が被害以後より発生していると思います。

例えば自室にいる場合、だいたい同じ位置にいることが多いはずです。
同じ位置、同じ向きで。
その位置取りと、耳鳴り左右の強さを照らし合わせてみてください。
左右片方だけ耳鳴りが強い場合、左右鳴っているが片側が若干強い場合、両方均等に近い場合など。

左右片方だけ耳鳴りが強い場合犯行者宅へ真横を向けている
左右鳴っているが片側が若干強い場合若干強い側の斜め前側or後ろ側
両方均等に近い場合犯行者宅へ正対しているor真後ろを向けている

上記に合わせ、「意図的な騒音たて」「意図的な喚きたて」「窓からの覗き」「宅外へ出て奇異な行動をとる」という家が同じ方向にありませんか?
上記判別と一致する家の者と、やたらと遭遇しませんか?
同時に発生する構造物の軋み・異音や電化製品異常・異音の起こる位置が、上記判別方向と一致しませんか?

よく、何処へ言っても皆が悪口を言っていると判断する被害者がいます。
たしかに、犯行グループが配置されており意図的に「関連語」を含む聞こえよがしの会話等をすることもあります。
が、「耳鳴りの強い側から聞こえることが多くありませんか?」


それにしても、車の当て逃げから悪戯(無言)電話、アダルトメールの大量送りつけ、住居侵入、窃盗、盗聴、盗撮、個人情報の違法な入手、風評(悪評)の流布、数え上げればきりがないほど、犯罪の限りを尽くす集団です。

これのどこが宗教団体なのでしょう。

子供に聞いても、それは違うとわかる事が見過ごされています。
ただし、上の記事の中で、「子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴」とあるように、創価の子供に聞くのは愚の骨頂ですね。

海外ではカルトやセクト指定されているこの危険な団体が、この日本では、それこそ何のお咎めもなしに野放しにされているばかりか、政治や行政の中枢に入り込んで、日本という国を滅茶苦茶にしています。

そして、彼らに敵対する人間に対しては、仏敵と勝手に決めつけて、お得意の集団ストーカーで、徹底的に潰しにかかり、自分たちに邪魔な人間を排除して、この国を自分たちで支配しようとしているのでしょう。

ツイッターでもつぶやきましたが、もっと上にはそれこそ目に見えないボスがいるとしても、直接ターゲットの生活を破壊している加害者は、創価と警察でしょう。そこに地域防犯ネットワークが、利権という餌につられてもれなく付いてくる、みたいな。


一度狙われたら最後、精神病院送りになるか自殺するまで、絶対に逃れられないのが、この集団ストーカーです。

創価こそ、この地球上から消えてなくなればいいのに・・・。


補足・禁止事項

■本ブログ主の見解と思考形態について

本ブログ主の主要な説、持論、見解、考察、または主張であるET・Alien・Reptilian・Clone・Hybrid、あるいは悪魔的な存在等、(純粋な)人間以外の存在の関与、介入、加害等について、嘘やデマだと思われる方、信じられない方は本ブログを閲覧されない様お願いします。

なぜ唐突にETやAlienの話になるのかと疑問に思われるかも知れませんが、実質日本の支配者である米軍(“アメリカ系ユダヤ人”シオニスト多数?)が米軍基地付近の地下施設で何をしているのか、ちょっと想像力を働かせてみて下さい。またはネットでその一端を垣間見る事ができるかも知れません。

そこでは私達一般シープルの知る由もない“何か”を開発していたり、決して公開される事のないトップシークレットや軍事機密が存在するであろう事は容易に想像が付くはずです。※一部は“差し障りのない範囲で”機密解除され公開されている様ですが。

参考
なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟

Google検索:アメリカ 機密文書 公開 UFO

全てを鵜呑みにする事はできないとしても、こうした機密解除された文書が公開されている以上、全てを嘘や妄想、デマだと断定したり唾棄するのはあまりにも乱暴すぎます。またなぜそう言い切れるのかも疑問に思います。

逆に私などは「地球由来ではない技術や生命体(ET他)が関与していても何ら不思議ではないし、日頃から自分が目にする光景は(ホログラムも含め)どう考えても人間だけの仕業とは思えない」と強く思う為、このブログでもそうした事に言及しているのですが、「そんな事は絶対にない、あるわけがない、そんなのはネタか都市伝説かSFオカルト愛好家向けに連中が流している作り話か加害側が流すミスリード情報に決まっているじゃないか、馬鹿馬鹿しい」そう思われる方は、どうかその貴重なお時間を、意見や見解の一致する他サイトの閲覧の為にお使い下さい。ネットを探せばブログはいくらでもあります。このブログに拘る必要はありません。

尚、その様な事に抵抗のない方は、引き続きお付き合い頂けましたら嬉しく思います。
*・*・*
■絶対に絶対に禁止事項

2ch等の匿名掲示板に、このブログ及び各記事のURLを貼る、またはこのブログの内容を転載する行為の一切を禁止します。画像のURLも禁止します。

あちこちにリンクを貼って私を中傷している方々がいらっしゃる様ですが、何処の誰が書いたかも分からない匿名掲示板で揚げ足取りと誹謗中傷とは如何にも卑怯です。

せめて自分のブログや固有アカウントで書く勇気や覚悟もない人が、匿名に隠れてこそこそと悪口陰口誹謗中傷に明け暮れるのは、自慢ではなく恥ずかしい行為だと知りましょう。

尚、ここで明確に禁止しているにも関わらずこの様な行為を行った場合は、その内容、ID、スクリーンショット等の証拠保全、及び当サイトでの公開を行います。
*・*・*
■二次配布について

私が公開した動画を無断で配信(ダウンロードボタンを設置して掲載)している様な悪質なサイトがありますが、この様な行為は私のみならず、動画に使用した楽曲の作者様に対しても権利を侵害する行為(二次配布)に該当する場合があります。※中にはMP3形式でのダウンロード配信をしているサイトも存在します。

更に投稿者本人が削除や修正、非公開設定にしたとしても、全く与り知らない所で投稿時の状態のまま公開及び配布され続けているという事は「忘れられる権利」や「削除または修正する自由」をも侵害する悪質な行為であると考えます。他の投稿者の方は分かりませんが少なくとも私が公開した動画に関しては、ここで明記している行為は厳禁ですのでご承知おき下さい。

またその様に主張しながらも、私自身が勝手に他の方の動画から大量にスクリーンショットを借用・掲載してしまっているのですが、全ては被害を解決する為、若しくは今この地球で私達人間を欺いている者達の嘘と正体を暴く為にお借りしたものであり、何らかの見通しが立った時点で、引用の限度を超えて借用したものは削除する予定でおります。

尚、場合によってはこのブログや動画等も全て削除する事になるかも知れません。今までに応援、ご支援頂いた方を裏切る様な事はしたくないので極力それだけは避けたいと思っておりますが、そうする事によって逆に私が権利を侵害している場合の影響を最小限に留めたいという気持ちもあり、そしてそれが一切を転載禁止としている理由です。
*・*・*
■どうしても妄想・統合失調症だと言いたい人達へ

尚、相変わらず集団ストーカーという言葉を発しただけで、何とかの一つ覚えの様に、妄想だのキチガイだの統失だのと喚き散らす人達がいますが、せめて以下の論文・資料、記事等を熟読してから言って頂きたいと思います。

その上で、それでも尚、被害者の訴えが妄想、あるいは統合失調症であると断言したい場合は、その理由と根拠を論理的、客観的、または医学的に説明して下さい。また各文献のどこがどう間違っているのかを具体的に、そして私の様な学歴のない者にも理解できる様に、きちんと説明してから言って下さい。

根拠の提示も説明もなしに断定するのであれば、断定しているあなた方こそが「全てを被害妄想だと思い込んでしまう致命的な妄想に取り付かれていながら、自分でそれを自覚する事ができないばかりか、医師免許も持っていないのに他人を病気認定するという、精神的にも人格的にも極めて問題を抱えた人達である」と定義する事が可能ではないかと考えます。

それとも“どこか”からの指令や命令で、お小遣いを貰いながらその様な“全部妄想説”“全員統合失調症説”なる珍説を唱えていらっしゃるのでしょうか?

もしそうであればあなた方がなぜそこまでムキになって、その様な珍説を「お題目」の様に唱えるのか、おおよその察しは付きますが、加害者でもなく被害者でもなく、あくまでも第三者の意見として、被害者の主張は100%間違っていて、全て妄想で、被害者は全員統合失調症患者であると言い張るのでしたら、その根拠を示し、きちんと説明する必要がある事くらいは理解できますか?

また私は、なぜ「被害」だと言えるのかを、このブログや動画の中で事細かく説明しています。なのに否定論者達はそれには全く耳を貸さず、ただ反射的に「妄想」「統失」「キチガイ」を繰り返すだけ。

被害者に対しては、証拠は?根拠は?と迫るのに、自分達は主張の根拠も示さない、若しくは極めて限定的な部分だけを取り上げ、そこに印象操作に効果的な背鰭や尾鰭をくっつけて主張を完結させている事に矛盾を感じないのでしょうか?

この手の人達が主張する「集団ストーキング被害者の訴えが妄想である論拠」とは、妄想や精神病とこじつけやすいごく表面的な部分、つまり「監視されている」「尾行されている」「人物や車と出会う」という部分にほぼ限定されています。

そしてそれは「生活している以上、近所の人や車とすれ違うのは当たり前だろう!」と言った、妄想認定に都合のいい指摘を引き出す為に意図的に抽出されたたフレーズである事が窺えます。

その事は、上記の様な極めて限定的な“フレーズ”だけを引用し、誇張し、だから被害者の主張は被害妄想であり統合失調症であると断定する一方で、それ以上の具体的な内容については言及せず決して深入りもしない事からも明らかです。

例えば私が何度も指摘している様に

「自分の駐車場が空いているのに、しかも罰金を徴収されるにも関わらず違反駐車を繰り返すのはおかしい」

「高速道路パトカーが基地に戻るのに赤色灯&サイレンはおかしい」

「サイレンが鳴る度に同じ人が出てくるのはおかしい」

「地方の(田舎の)住宅地を深夜にも関わらず派手な電飾トラックが何台も通るのはおかしい」

「官民挙げて防犯パトロール事業に取り組んでいるはずなのに、以前は見かけなかった“入れ墨をした人物”や不良グループ、不審者がうろつき、夜中に暴走族が集結したりこの付近を走り回るのはおかしい」


という様な具体的な指摘は完全に無視。100%スルーです。

あれ?もしかしてそういう時だけは聞こえないふりですか?
随分と都合のいい耳をお持ちなのですね。

それでいて、ただひたすらに一心不乱に「監視されている」「尾行されている」という訴えは妄想である、統合失調症であると主張し続けるのです。実に滑稽にして狡猾、悪意と作意に満ちた主張だと指摘させて頂きます。

中にはジャーナリストを名乗る方までこの様な主張を展開されている事に驚きを隠せないのですが(というのは冗談で、それが“お仕事”なので特段驚きませんが)、仮にご本人がその矛盾に気付いておられないのであれば、さて頭がおかしいのは一体全体どちらでしょうか?妄想という妄想に取り憑かれ精神を病んでいらっしゃるのはどちらでしょうか?という話になるかと思います。

その様なお方の暴論に呼応または連動するかの様に、ネットに大量に放たれた工作員達が嬉々としながら「きちがいだ」「妄想だ」「統失だ」と騒いでいるのですが、そうやって騒げば騒ぐ程、ご自分達の素性や精神レベルの程度や恥を、頼んでもいないのに自からアピールして拡散しているだけの愉快な行為である事を、これを機に自覚して頂けましたら幸いです。
*・*・*
■参考文献・資料等

「マインド・コントロールの動機」

「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」

キャロル スミス 精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について

Mind Justice 日本様より
エルドン・A・バード博士からの手紙

株式会社みらい様より
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪

以下2つの動画は必見です。正に集団ストーキングにおける監視・密告行為そのものです。

旧東ドイツ秘密警察「シュタージ」、恐怖の爪痕


フバタス・クナーベ: 諜報国家のやましい秘密

※字幕をONにしてご試聴下さい。

『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』

秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者

壁に耳あり障子に目あり 『シュタージに気をつけよ』

監視と密告の社会にゾッとする。旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)ミュージアム

シュタージあるいは特高の終焉について

当ブログ記事
シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

シュタージは、ヒトラー(ナチス・ドイツ)が倒された後、占領したロシア共産党によって作られた組織。つまり、ヒトラー率いるナチス・ドイツが敗れた事によって始まった「ロシア共産党ユダヤ勢力による“やましい”市民監視」だったのです。
(※これはかなり重要な事だと思います。多くの方が戦争批判とセットで当たり前の様にナチス、ヒトラーを叩いていますが、私も含めすっかり騙されていた様です。自分達こそが残虐な行為をしている張本人なのに、歴史や史実を捏造・改竄し、相手に罪をなすり付け、立場が逆転したプロパガンダを垂れ流し、大掛かりな世論誘導と不当な言論弾圧によって、批判と追求と攻撃の矛先が自らに向かわない様に誤魔化しているユダヤの策略の様です。)

当ブログ記事
超監視社会

日経テクノロジー 様より
壁を「透視」して人の動きを検知、MITが無線LANの電波で実現

*・*・*
■監視社会と集団ストーキング

これらの記事や文献、動画等からもお分かりの様に、現代に生きる私達には最早プライバシーなど存在しないも同然。

憲法で保証(または要尊重と明記)されている基本的人権、幸福追求権さえも、違法な技術や装置を手にした権力や組織、そしてそれらと繋がりのある者達が平然と踏みにじる事の出来る社会で生きているのです。しかも基本的人権を憲法から削除する様な動きも見られ、最早この国は犯罪者達のやりたい放題が許される国となってしまいました。

それどころか、犯罪を取り締まる警察を始め、裁判官、政治家、公務員、医療関係者までもが率先してこの組織犯罪に手を染め、加担しているのです。

公権力とは市民や国民を守る為に存在しているのではなく、市民や国民から自分達の権力や既得権益を守る為にこそ存在していたのです。

権力側にいる者にとって都合の悪い人物や目障りな人間は、集団ストーキングの様な違法な手段を使って追い詰められ、生活を破壊され命を奪われているのに、誰も見て見ぬ振り、見殺しにされているのが現状です。

こうした情報にまったく触れる事のなかった一般の方は驚かれるでしょうけれど、この様な現代版大量殺戮は世界中で行われていて(おそらく人口削減計画の一環として“削減対象者”に対して行われている迫害・抹殺行為)、この日本も決して例外ではありません。というより私から見たら日本は相当危険な状況にある様に思います。

この旧東ドイツの秘密警察の様に、隣人や知人、友人、同僚、そして家族や親族までもが、ターゲットとなった人物を監視・密告する仕組みが、もしかしたら現代の日本にも秘密裏に存在するかも知れない・・、そう考える事は可能なはずなのに、不思議な事にその様な事を口にすると、呼んでもいないのにどこからか駆けつけては、異様な剣幕で否定する人達がいるのです。

しかも相当な数の“赤の他人”が、詳しく事情を聞くでもなく状況を確認するでもなく異口同音に発するのは

妄想
統合失調症
病院に行け


不思議ですね。
まるで示し合わせたかの様に同じ言葉を発するのは何故でしょうか?

私の様なさほど影響力もない一個人の他愛のない仮説や自説であったとしても、その様なシステムが存在する可能性など1ミリたりともあってはならない人達が決して少なくない規模で存在し、「そうした可能性もあるのではないか?」と推察する事すら容認できないらしく、集団ストーカー被害を口にする人間に対する恐ろしいまでの執着心を保持しながら、敵意も露わに挑発や愚弄を繰り返し、口汚く罵る事を論破と勘違いして憚らない人間に取り囲まれる様(さま)は余りにも異様な光景です。

そもそも無関係な人はそこまでムキになりませんから・・。

しかも「お前の様な何の価値もない人間がー」って、一体私の何を知っているというのでしょうか?

もし家族や親戚でもない赤の他人が余りにも知りすぎているとしたら、それこそ私達被害者の主張する、盗撮や監視、尾行(ストーキング)、プライバシーと個人情報の窃盗他の被害が実在する事を図らずも証明している事に他ならないのに、あの傍若無人ぶりと絡み方の異様さ加減から容易に想像が付くのは、被害者が自らの体験や被害を語る事が余程都合が悪いのではないかという事です。

万が一にも被害者の主張が正しいなどと認められる事などあってはならない為、悲壮感すら漂う中、必死に詭弁とすり替えによるレッテル貼りに勤しみ、肝心な所は見えないか聞こえないふりに徹しながら「とにかくこいつは頭がおかしい」「病んでいる」「妄想に駆られた精神異常者だ」という事にして、“何か”を必死に隠そうとしている風にしか見えないのは、私の思い込みや妄想、気のせいなのでしょうか?

それでも信じられない方や納得のいかない方には、騙されたと思って逆転の発想を試みられる事をお勧めします。

仮にこの集団ストーキングという“気に入らない奴をこっそり排除できる魔法のシステム”なるものが実在すると仮定して考えた場合、そしてあなたがその支配層や権力者側であったとして、例えば内部告発者など組織にとって都合が悪かったり目障りな人物を密かに排除したり始末するに当たり、この集団ストーキングシステムは実に理に叶った都合のいいシステムであると気付くはずです。

表面的には何も起きていない事になっているのですから、加害者達が犯罪者として逮捕されるリスクは殆どゼロです。

加害者達が口裏を合わせれば、白を黒にする事も全然可能です。でっち上げ、冤罪、責任転嫁、なんでもありの万能システム。

こんな都合のいいシステムがあるのにそれを使わない手はない、ほぼ確実にそう思うはずです。だったら・・・という想像力が働くと思います。高卒の私にさえ働くのですから、有名大学をトップの成績で卒業された超エリートの皆様方におかれましては、あんな事やこんな事まで、さぞかし深く鋭い洞察が働く事でしょう。

にも関わらず、そんな事は0.001%たりともあるはずがない、あり得ない!断じてあり得ない!!万が一にもあってはならなーーい!!!と、とにかく否定する風潮になっている事自体がとにかく不自然なのであり疑わしくもあり、兎にも角にも非現実的なのではないでしょうか。

逆に私は断言しますが、組織的な付き纏い犯罪は実際に行われています。その裏付けとなる映像を大量に保有しています。もういい加減認めたらどうですか?

今は気付いていない「隠れ被害者」がこの犯罪のターゲットであったと気付くのも時間の問題だと思います。そうなればもっと隠蔽が難しくなるでしょう。

私の場合は、自分がターゲットであったと気付いたのは5年程前(2013年)ですが、実際に付き纏い(集団ストーキング)が始まる前の段階から監視は始まっていました。ここでは詳細についての言及を避けますが20代の頃には既にそれを確信できるエピソードもありました。確実に尾行されていたのです。

この様な被害者自らが語る自身の体験談や被害報告というのは、間違いなく加害者側の脅威となっている事でしょう。だからこそ、その様な言動を封じ込めたり矛先を反らす役割の者達(工作員)が雇われているのです。

いずれにしても、この世界を密かに支配している者達がいて、自分達支配側勢力や権力に歯向かう者はいつでも潰せる様に尾行や監視でターゲットの秘密や弱みを握り、本人が都合の悪い言動を始めた時にそれをちらつかせて脅迫し口を封じる、または言いなりにさせるという、まさに“その筋の人”が好んで使う手法さながらの違法な秘密活動が行われているのは間違いないでしょう。

政治家などは殆どがこうして骨抜きにされてしまう為、政治や経済、そして社会そのものを実質的に動かしているのは、こうした反社会的勢力(暴力団・ヤクザ・マフィア・カルト組織etc)という事なのだと思います。(仁風林で検索)

有名人や政治家だけでなく、私の様な一個人に対するスパイ活動も常態化していて、むしろ地位も経済力もなく何の後ろ盾も人脈も知名度もないからこそ表面化しにくく、長期に渡って利用できるのですから、工作員が言う「お前の様な何の価値もない人間に・・」という理屈は破綻しています。

価値がないどころか、ターゲットとなった被害者はあたかも「打ち出の小槌」の様に、次から次に利益を生み続ける魔法のアイテムなのです。もちろんそれは加害側から見た場合の話であって、被害者自身は一方的に搾取され利用され拷問され、利用価値がなくなったり口封じする必要が生じた時になって漸く始末されるのだと思います。すぐに殺さないのはそういう理由なのでしょう。
*・*・*
■財産収奪と戸籍売買と精神医療ビジネス

無抵抗で丸腰のターゲットなど、殺そうと思えばいつでも殺せるはずなのにすぐに殺さないのは何故か、殺されないのだから被害は妄想だろう、という様な事を言う人もいますがターゲットの財産が底をついていない場合、その状況で死なれてしまうと遺産がそのまま親族に渡ってしまいます。それ故、ターゲットを病気にさせて医療費で最後の一滴まで搾り取る算段なのでしょう。あるいは保険金を掛け不審に思われない頃合いを見計らって山分けといった所でしょうか。

被害者亡き後、戸籍もどうなるかわかりません。
背乗りという戸籍乗っ取り詐欺があるくらいですから、日本人の戸籍が欲しい人達などいくらでもいて、おそらく闇のネットワークで売買されるのでしょう。

DIAMOND online 様より
偽装結婚に養子縁組…「戸籍を売りたい人々」がハマる危険すぎる罠

こちらで結婚して3年以上、日本に住んでいれば永住権を得られますから。そうなればまあ、たいていは離婚ということになります。

なるほど、この団地に「上の苗字が日本姓で下の名前が自分の名前の母子世帯」が増えているのもこういう事なのかも知れません。国際結婚で日本に来て離婚した場合、身寄りのない外国(日本)に住み続けるより親族のいる祖国に帰るのが普通だと思いますが、なぜかそのまま日本に残り、しかも苗字が日本姓のまま、というのがどうにも解せなかったのです。子供の学校の問題などもあるでしょうけれど、それにしてもその様な移住者が多すぎる為、日本の永住権を取得する為に偽装結婚&離婚している疑いが極めて濃厚です。この団地にはそういう住民が増え続けていて、しかも私への集団ストーキングに加担しているのが何とも不気味です。おそらくブローカー(素性はヤクザや暴力団)が関与しているのではないかと思います。

クローズアップ現代でも放送された様です。
“情報屋”闇のネットワークを追う

探偵業者が集団ストーカーは妄想だとミスリードするサイトやブログを開設する理由が多少はご理解頂けたのではないかと思います。ターゲットとなった被害者の個人情報を不正に入手したり盗撮や尾行(ストーキング)に加担している正に当事者であり張本人なのですから、それは否定するでしょう。

「盗聴や盗撮されているのではないかという相談を受けたり、盗聴・盗撮機の発見の依頼を受けて実際に調査する事も多いのですが、その様な事実はなく依頼者の妄想である事が殆どです」などと、読者が知らないのをいい事に平然と嘘を書くのです。

自分達で追い込んでおいて自分達で解決の手を差し伸べるのですから、探偵などはまさにマッチポンプの典型例、最たるものです。しかも解決するはずもなくただ散財して終わりです。満身創痍の被害者から更に搾取し騙そうとする行為は、およそ人間の所業ではありません。

また成りすまし被害者に対しても同じ事を思います。被害者を装い被害者を騙す様な者は決して許す事はできません。加害者と同じかそれ以上に罪深い事をしている自覚がおありですか?

そしてまた、この様な集団ストーキングビジネスが半ば公然の秘密として横行する状況を可能にしているのが精神医療界の闇の存在です。被害に気付いたターゲットが騒ぎ出したら、それこそ統合失調症という事にして病院送りにすればいいだけの事。一人精神病院に入院させると、あるいは通院させると、病院側にかなりのお金が入る様なので興味のある方はぜひ調べてみて下さい。

闇の病院ビジネス

加害側と繋がっている否定工作員がなぜ被害者に「統合失調症」とレッテルを貼り、「病院へ行かせようとする」のか、何となく察しが付くと思いますが、「隠蔽する側」と「受け入れる側」が通底しているのです。疾病ビジネスについては後ほどまた触れますが、他人の財産や命を奪い、医療や福祉制度に集り、甘い汁を吸って肥え太る貧困ビジネス業者。なんというおぞましい世界なのでしょうか。

因みに有名人などは個人よりも遙かに影響力が大きい為、早めに口を封じる必要があるのでしょう。芸能人、有名人、警察官などの不可解で不審な“自殺”の多くは口封じの為の他殺ではないかと疑っています。心ある警察官や自衛隊員が犠牲になってしまう事には心が痛みます。

このブログでも警察や自衛隊の批判はしますが、私の糾弾はその様な人達に向けたものではなく、この犯罪に喜んで加担している者達、あるいは正規の職員ではなく偽装した“非合法秘密部隊”及び“成りすまし”達に向けたものである事をここで明確にお断りしておきたいと思います。また、真っ当に職務に当たられている方々に魔の手が及ばない様にと願っています。
*・*・*
■隣組と村八分と集団ストーキング

集団ストーキングとは、分かりやすく言えば地域全体や職場での村八分と虐めです。

静岡県上野村村八分事件

不正を指摘された事を逆恨みして、未成年に対しても容赦のない陰湿な虐めをする大人達。それに参加する子供達。村八分という実に恐ろしい悪しき“風習”。

「いじめ」が始まった、社畜ムラの村八分

私への嫌がらせが始まった(表面化した)のも、私がこの団地の会計報告に少し疑問を持った事がきっかけでした。その後からです。団地住民が一斉におかしな行動を取り始めたのは。

子供を使った壮絶なノイズキャンペーン、そして偶然とは言い難い頻度やタイミングでの遭遇、それらは明らかに付きまとい行為でした。階段を降りて行くとぴったりのタイミングで部屋から出てくる、車に乗り込むと、なぜか隣の車の持ち主がやって来て車に乗り込むなど日常茶飯事。

あまり他人の事を気にしない性分、というより関心がなかったのと、鈍感さゆえに最初は全く気付かなかった私も、さすがにこれだけ偶然が重なり続けるのはおかしいと、漸く気付いた時には嫌がらせが始まって既に1年半以上が経過していました。

外出から戻ると部屋の中の様子が微妙に違っていたり、自分の勘違いなのかどうか迷う程度の微細な違和感を感じる事も頻繁にありました。

おそらく外出中に部屋に侵入されていたのでしょう。家宅侵入は加害者達の常套手段の様ですが、なぜこんな事が法治国家であるこの日本で許されているのでしょうか?全く理解できません。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦後廃止されたとされる隣組制度の悪用が考えられます。表向きの互助活動とは別に、思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない過干渉な一面と全体主義的な側面を持つ隣組制度とは、果たして本当に解体されたのでしょうか?恐らくそうではないと思います。

時を超え形を変え、現在の町内会自治会にそれは密かに引き継がれ、自治会や町内会を取り仕切っている人達(多くは昔からの特権を握っている人達)に都合の悪い住民を追い出す為の手法として温存され、悪用されている節があります。

この様な事は決して遠い過去の話ではなく、今現在も確かに行われていて
隣組+村八分の究極の完成形が集団ストーキング
ではないかと私は考えます。

しかもこの犯罪の狡猾で悪質な所は、ターゲットにストレスを与えつつも「害悪の告知」により脅迫罪として立件されるリスクを避ける為に、「害悪の告知をして圧力(心理的プレッシャー)を掛ける代わりに、それとなく本人にだけ付き纏われている事を分からせる仄めかし」を多用する事により、罪に問われる事なく嫌がらせや虐め、果ては殺人までをも可能としている点であり、大規模なテロ活動、侵略行為と何ら変わらない組織犯罪が、市民に偽装したテロリストらによって白昼堂々と実行されているのに、そしてそんな事は百も承知なのに全てが見逃されているこの状況をどの様に受け止めたらいいのでしょうか。

こうして表向きには何も起きていない様に見せかけながら実際には非常に残酷な集団虐め(リンチ)が展開されているのであり、ターゲットとなった人物を死に至るまで徹底して追い詰める集団ハンターゲームを楽しんでいるかの様です。

しかも本人から指摘されても言い逃れができる口実と言い訳を常に用意してあり、逆に指摘した側(被害者)に対し「あなたは頭がおかしい」と反論できる様に周到に計算されているのです。

何という卑怯で冷酷な人達なのでしょうか。人間の心の醜さここに極まれりと言う他ありません。私はこの人達を同じ人間とは認めません。
*・*・*
■防犯ネットワークを隠れ蓑に

更にこの犯罪は防犯パトロール活動を隠れ蓑にしている事が公然と指摘されています。

被害者の方の多くが、行く先々でパトカー防犯パトロールのステッカーを貼った車と異様な頻度で遭遇する事を経験されているはずです。

勿論私も例外なくその様な車両、及び警察のパトカーとあり得ないほど不自然すぎる確率で遭遇し、殆ど外出できなくなってしまった現在は、すぐ側を通っている高速道路からサイレンによる威嚇または嫌がらせを受けています。一般道路からは救急車、消防車、消防団による付きまとい行為もあります。

なぜ付きまといだと言えるのか?その根拠および理由をはっきり言いましょう。隊員の行動が変だからというのが理由です。あるいは不自然、不可解、不審、奇妙と言い換えてもいいのですが、とにかく変なのです。

例えば、何台もの緊急車両が駆けつけた割には動作が緩慢で全く緊張感がなく、時には急病人が自分で歩いて救急車に乗り込むなど、明らかに不審な行動を自分の目で見ています。見ただけではなく映像も残っています。

それらの様子から、本来の緊急出動や救助活動ではなく、私に対する嫌がらせの為に来たであろう事は明白でした。

一部は公開済みですが未公開の映像も順次公開していく予定ですので、それらを見て頂ければおそらく納得して頂けるのではないかと思います。つまり精神を病んでいる人間が妄想でこの様な主張をしているのではないのです。それでも精神病だと仰るのでしたら、“その映像を映したカメラが精神病”なのかも知れません。

「監視」を「防犯」という名目に、「ストーキング」を「パトロール」という看板にすり替える事で誰にも怪しまれずに堂々と付きまといや尾行ができる上に、天下りを始めとする様々な利権も発生します。警察の裏金にもなっている様です。仮に付きまといや嫌がらせ行為を問い詰められても、防犯活動だと言えばいくらでも言い逃れが出来るのです。

最初からその様な手法しか使わないのですから当然と言えば当然ですが、間違いなく犯行が行われていて、しかも犯人がすぐ目の前にいるのに、犯罪者が野放しのまま何ら法的な措置が取られない事に憤慨し、落胆し、やり場のない悔しさを押し殺しながらただ堪えるだけの日々を生きているのが私達集団ストーキング被害者であり、Targeted Individualsなのです。

なぜこんな理不尽がまかり通っているのだろう。
なぜこんな違法(殺人)行為が許されているのだろう。


そう自問自答しながら、誰にも理解されずに苦しんでいる被害者の方も相当数いらっしゃる事と思います。

第一義的には警察や然るべき所が機能していない(加害側に支配されている)からこそこの様な状況になっている事は今更指摘するまでもありませんが、それにも増して末端加害者達の手口は巧妙です。

これまでに述べた様に、この集団犯罪の実行犯らは証拠を残し検挙される様な手法は使いません。付き纏いは首尾一貫して日常の生活や行動に偽装しながら実行されます。しかも被害者が「付き纏いである事を認識」する様に含みを持たせ、あるいは不自然な行動や出で立ちによる演出で単なる通行人ではない事をアピールしながら執拗に繰り返されます。

治りかけた傷の瘡蓋(かさぶた)を無理矢理剥がし、その傷口に塩を塗り込むかの様に、執拗に、執拗に・・・。こんな残酷な事をなぜこれ程までに多くの人間が躊躇なく実行できてしまうのか、私には理解できません。

日常的な嫌がらせの具体例としては、ターゲット(TI)の行動に合わせて自分達の姿を見せる、すれ違う、サイレンや暴走バイク(車)の爆音・車のドアの開閉音・子供の奇声などの「音」を聞せる、夜は異様に眩しいライトを照射する(ブライティング)などの非常に原始的な加害が中心で、これらは被害者間の被害体験や認識として一致しています。

また外国のTIの方の動画を見ても全く同じ手口である事がわかります。おそらく世界共通のマニュアルがあるのでしょう。ヘリが飛んでくるというのも世界共通です。

またターゲット(TI)の前を通過する際に特定の仕草(アンカリング)をする事でTIの不快指数を上げ、ストレスによる精神的身体的ダメージの深刻な蓄積がTIをを疲弊させます。その他、異臭や頭痛が発生する事から、排気ガス等に毒物を混入している事はほぼ間違いないでしょう。決定的な証拠がないだけで・・。

逆に言えば、証拠さえ残さなければ何をやってもいいという世界で生きている者達であり、どんな事でもする集団なのです。

こうして執拗に挑発を繰り返しながら、耐えかねた被害者が暴力を振るったり怒鳴り込んでくるのを虎視眈々と待っているのです。そうなれば目論み通りに精神病院か刑務所送り、あるいは自殺で目的達成です。(真偽は定かではありませんが)加害者らはこれをリセットとかポアなどと呼び、時に自殺する場面を生中継しているという様な書き込みも見られる事から、非常に冷酷で残忍な者達が実行していると考えられます。

この様な非常に残酷で卑劣極まりない完全犯罪を、決して罪に問われることなく、ある者は利益を得ながら、ある者はゲーム感覚で楽しみながら、何の罪悪感も感じることなく笑いながら遂行できる悪魔の様な者達。

そんな危険な性質を持つ者達が一般市民や普通の住民に成りすまし、涼しい顔をしながら自分のすぐ側で生活しているなどとは夢にも思わずに生きてきた私にとって、まさに驚天動地、晴天の霹靂、後頭部をハンマーで殴られた様な衝撃でした。しかも自分の知人、娘の同級生とその親、周りの部屋の殆どの住人が加害者だったとは。

まさか、そんなはずが・・・。

これだけの被害を受けていながら、私は未だに信じられないのです。これが今まで何十年も生きてきた世界の本当の姿だったなんて・・。

今までの常識も何もかもが音を立てて崩れ去る中で、表の世界と裏の世界のギャップに戸惑いながら、もしかしてこれは現実などではなく何か悪い夢でも見ているのではないのかと疑い、悪い夢だったらどんなにいいだろうと思いながら、それでも執拗に現れる付き纏い達の姿を見る度にこれが紛れもない“現実”である事を確認しては絶望する日々。

証拠さえ残さなければ何をやっても許される。
自殺するまで追い詰めろ。


本来であればその様な者達こそが危険人物として監視されるべきなのに、実際はそうではなく、逆にその様な危険人物達が監視する側にいるのです。地域の安全の為の防犯活動を装い不審人物の監視という体裁で、役所や公務員まで加担して堂々と行われているのです。

不良グループや暴走族、カルト、ヤクザまで使うのですから(というよりそれが中心となって活動している)、どこが「地域の安全は地域の手で」なのかとただただ呆れるばかり。看板とスローガーンに偽りあり、です。

仮に防犯の為の監視活動であったとしても、ここまで著しく人権を侵害した監視活動は明確に違法であり犯罪であるにも関わらず、地域に監視対象となる“危険人物”がいなければ、全く無関係な人間を“危険人物”に仕立て上げてでも“防犯活動”を推進する理由とは、ご想像の通り、防犯利権という金銭目当てである事は言うまでもないでしょう。
*・*・*
■テクノロジーの悪用とプライバシーの侵害

この様な人的嫌がらせに加えて、現代では非常に進歩したテクノロジーを駆使してターゲットを追い詰めプライバシーを根こそぎ奪います。

非常に残念な事に、現代のテクノロジーを使えば壁を透過して室内の様子も見えてしまうのです。

Google検索:壁透視レーダー

故にプライバシーなど一切なく室内の行動が全て筒抜けなのです。この加害者達が実際どの様な手口を使って覗き見行為をしているのか分かりませんが(視覚を盗まれている可能性も)、ターゲットの風呂やトイレまで覗いているのです。そして風呂やトイレから出たらサイレンを鳴らす、という様な陰湿で下劣な嫌がらせを延々と続けているのです。

また一歩外に出れば、あるいはベランダに出ると、加害住民らによる執拗な付きまといと嫌がらせが一斉に始まるのも、室内の行動が全て把握されているからこそ可能になっている事は言うまでもありません。夜はベランダに出てすぐに加害車両がやって来てライトや音で付きまといを気付かせます。

この気付かせるというのが何よりも重要なポイントで、気付かせる事によって心理的ダメージを与える事に徹しているのですが、ターゲットに気付かせるにはタイミングを合わせる、行動をシンクロさせる必要がどうしてもあるわけで、逆に言えば、ターゲットが気付かなければ意味がないという事です。だから被害者がタイミング、タイミングと口にするのはそういう理由なのです。

ハイテクとローテク(人的被害)の合わせ技による容赦ない虐待と拷問。

ターゲットが生きている限りその非情で残酷な虐待と拷問は続けられるのでしょう。

ただ私が解せないのは、ハイテク加害だけで拷問が可能なら、手間暇かけてわざわざこの様な付きまとい行為をするまでもなく、気付かれない様に建物の中から電磁波攻撃すれば済む話なのですが、あるいは音声送信などで嫌がらせをすれば十分ではないかとも思うのですが、なぜこうまでして自分達の姿をターゲットに見させ、存在をアピールしてくるのか・・・、後ほど少し触れますが、通常被害者が考えている目的とはかなり違う可能性もあるのではないかと思っています。
*・*・*
■見えない拷問と証拠を残さない犯行

上の項目でも触れた様に、この犯罪には非常に高度なテクノロジーが悪用されていて、電磁波や超音波等の目に見えないテクノロジーを悪用した加害行為も行われています。しかも衛星や軍事兵器まで使用されているとも言われており、「非殺傷兵器」などという名称に反して充分な殺傷能力を備えた兵器が民間人に対して使用されているという報告もあり、かなりの数の被害者がこの様な被害を訴えています。

無抵抗で無防備な民間人に対してこの様な軍事兵器が使用されるなど、決してあってはならないはずなのに、一切が見逃されているのです。明らかに殺傷行為でありながら、そんな被害などないかの様に黙殺されているのです。

それにしてもいくら任務や命令だからと言って、あるいはお金になるからと言って、同じ人間に対してこんな惨い事を平然と行えるものでしょうか?加害している者達は本当に人間なのですか?

また不法侵入などは当たり前の様にやっていて、何か仕掛けをする時などは、ターゲットの位置情報(GPS・携帯で把握可能)などから、すぐに自宅に戻れない状況で実行しているはずです。また加害者らは密かに合鍵を作成していて(集合住宅であれば管理人や管理団体が合鍵を所有している)、鍵を掛けただけでは簡単に侵入されてしまいます。

被害者が設置した防犯カメラも電源を落とされたり録画された映像を消去するなどして証拠隠滅にも抜かりはなく、例え侵入された痕跡に気付いても、いつ誰が侵入したのかを特定する事はほぼ不可能だと思われます。また仲間内である警察を呼んでも有耶無耶にされるか、逆に精神病扱いされるのが関の山ではないでしょうか。
*・*・*
■暴力装置としてのストーキングシステムと訓練

そしてもう一つの重要な目的としては訓練が考えられます。

権力による違法な監視体制や、自分達の組織の利益を守る為の「暴力装置」である集団ストーキングシステムを維持する為の練習や訓練

それが私が日常目にする光景の正体なのだと思います。ターゲットはこのシステムを維持する為の訓練の“練習台”や“仮想標的”にされているのだと思います。

軍隊を例に挙げると分かりやすいのですが、戦闘がなくても訓練は常にしています。軍隊が有事の際に直ちに応戦する為には平常時からの訓練が不可欠であるのと同様に、この「民衆(goy)管理・統制・支配システム」である所の集団ストーキングシステムにおいても、常に予行演習や訓練をしながらアイドリング状態にしておく必要があるのです。

故にTI(Targeted Individual)は標的にされた個人なのであり、彼らの暴力装置を維持する訓練の為の練習台なのだと思います。

その「支配システム=暴力装置」を稼働させる事によって手にする事のできる様々な利権や特権、既得権益を死守する為に、そして決して市民や国民(goy)から望まれない支配を続ける為に、生身の人間を使った残酷な予行演習と訓練は続くのでしょう。

参考:「マインド・コントロールの動機」
こういった活動を行わせるエージェントを訓練するため

 プロの拷問家が引退し、他の部門に移るかもしくはうんざりして退職した時には新しいエージェントが彼らの部署に補充されなくてはならない。もしシステムが拡張されるとしたら、新しい人々が雇用されなければならない。(またはそのシステムがコンピューターによって自動化されたとしたら、わずかなモニターが多くの人々を管理するようになるのかもしれない)。こういった人々は特別に若いうちから訓練される必要がある。愚かで野蛮なアメリカのマインド・コントローラーは拷問を愛している。それにともない新しい犠牲者が絶えず集団の中から補充されなければならない。サディスティックなブタ達は彼らの拷問技術をそれによって磨くことができる。

*・*・*
■集団ストーキングと治外法権

政治などに興味も関心もなかったB層どっぷりだった私は、この被害に気付いてから必死になって調べていく中で、戦勝国アメリカ若しくは連合国が今もこの日本を支配し搾取しているという事を知り、愕然としました。

日本は敗戦後、GHQ占領政策を経て独立した事になってはいますが、独立とは建前であり見せかけであって、実際にはそのまま占領統治が続いていたのです。

その間接統治に適した人材として抜擢されたのは、日本人と見分けの付かない在日朝鮮、韓国、中国人。

確かに見た目が全く違うアメリカ人が直接支配していたのではすぐに気付かれてしまいます。その点、これらの国の人達は一見して日本人と見分けが付かない上に通名を使用している為、会話でもしなければまず気付く事はないと思います。あるいは二世三世にもなれば殆ど日本人にしか見えない為、今の今まで日本人だとばかり思っていた人物が実は在日だった、というケースはかなり多いでしょう。

見た目は日本人、けれどその心は相当な反日思想の持ち主で、日本人(ジャップ)などは虫けらの同然だからいくら殺しても構わない、という様な精神の持ち主もかなり多いのではないかと思われます。

2chなどで日本人を侮辱している様な書き込みは見るに耐えませんが、そして煽るのが仕事の人達もいるので相手にする必要もないのですが、そもそもそんなに日本が嫌いなら自分の国に帰ればいいのに日本に居座るのは何故でしょう。居心地がいいから、そして日本人に寄生して楽をしていい思いができるからではありませんか?

日本に住みながら日本人に対してかくも残虐で卑しい行為を続けられるのは、反日感情と寄生体質が世代間で家業の様に受け継がれるからに他ならないと考えますが、同様の見解をお持ちの方も多いと思います。

仮に何らかの金銭的な利益があったとしても、同じ日本人同士でこの様な残酷な仕打ちを、罪悪感を感じる事もなく良心の呵責もなく平然と続ける事はまず不可能です。故に反日感情を利用した異民族による間接統治は実に理に叶っており、それらの在日勢力が宗主国の御用聞き、または代理人として日本人を管理・支配しているという事なのでしょう。

おそらく何らかの報酬や特権が与えられていて、例えば生活保護を優先的に受給できるなどという特権は、正しくその様な所から来ているのではないでしょうか?加害者がフリーパスで生活保護が受給できるのは宗主国からその様に通達が来ているからではないかと思います。

そしてその在日特権の最たるものが治外法権なのだろうと思います。

米軍は日本国内で何か犯罪や問題を起こしても日本の法律では裁かれず、故に治外法権なのですが、その米軍(≒ユダヤシオニスト?)の直轄下にあり、米軍の指令に従って行動している在日集スト部隊にもその治外法権が適応され、だからこそ何をやっても許される、あるいは許されているという事なのだと思います。

警察が検挙しない(できない)のは、宗主国様がストップをかけているからで、その言い付けを守らないと不審な自殺という事にして口封じされてしまうのではないかと思います。その様な事は決してあってはならないのに。

愛国心(という言い方は少し抵抗がありますが、普通に自分の国である日本の利益を考える心)のある警察や自衛隊の方達は板挟みなのかも知れません。

そしてそれは政治家にも言える事で、政治家も上から圧力が掛けられているはずです。だから一人の政治家を罵って全てが解決する様な話ではないのです。※安倍政権を許さない!!とか朝鮮人は出て行け!!などと威勢良く叫んでいる人や口汚く罵倒している人達は所謂似非右翼や在日勢力ではないかと思いますが、左側も“ゆの香り”がきついのでどちらも要注意かと思います。

いずれにしても治外法権やある種の特権に守られながら、邪魔で目障りな人間を集団ストーキングで潰すという恐怖統治が大分前から行われていて、そしてそれは日本のみならず世界共通の“アジェンダ”による動向なのだと思います。

その実行部隊を体系立ててまとめる為の容れ物が宗教団体という事なのでしょう。しかし宗教団体とは名ばかりで、その実態は潜伏先の国内で秘密活動を実行するテロリスト、過激派、暗殺部隊の格好の隠れ蓑だったのです。

しかも非課税なので麻薬密売などの収益はそのままテロ活動に使えるのです。また実態を知らない日本人信者から財務などと称し巻き上げたお金を北朝鮮などに送金している可能性もあります。あるいは自治会の共益費なども創価経由で北朝鮮に流れているのではないかと疑っています。だから地域や自治会やPTAの役員などに率先して立候補しましょうと奨励しているのではないですか?

こうした在日勢力と手を組んだ一部の裏切り者たちによる間接統治・支配・搾取体制というのはかなり前にほぼ完成していて、何も知らない日本人はいいように搾取されて来たのだと思います。

因みに在日という言葉を使うとすぐに「差別はよくない」などとお説教する人がいます。別に国や人種で差別をしているわけではなく、こうした犯罪や侵略行為に加担している者達への批判ですので勘違いしないで頂きたいのですが、何かと言うと人種差別だ、人権侵害だとヒステリックに騒ぐのは逆に不自然です。

その「差別だー」で随分といい思いをしてきたのは誰でしょうか?
そしてその「差別」がなくなると困るのは誰でしょうか?

*・*・*
■リストラストーカー・疾病ビジネス

また地域の敵対者排除だけでなくリストラにも集団ストーキングの手法が使われていた事が裁判で明らかとなっています。

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

内部告発者などはこうして自ら退職する様に誘導されるのでしょう。一部の悪徳弁護士や産業医までグルになって組織的に追い込むのですから、悪質という言葉を通り超えて悪魔の所業という他ありません。

そして疾病ビジネスへと続くのですが、つくづくこの集団ストーキングシステムは何にでも効く“万能薬”なのだなと思います。(いい意味ではなく悪い意味で)

ターゲットに応じてカスタマイズされた“オリジナル処方箋”を処方されたら、時間通りにお薬を飲むだけで、あらゆる症状に応用できるのですからまさに万能薬。

病気にさせて病院や製薬会社が儲けるという究極のマッチポンプ商法

知れば知るほど、よく練られた手法だと逆に感心してしまう程です。とは言え、加害者の皆様も決して対岸の火事、無関係ではないと思いますので、下記訴状はぜひ一読しておく事をお勧めします。

世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

いくら証拠が残らないから大丈夫、絶対バレないから問題ない、例えバレても揉み消してくれるから安心安全、一人じゃなくて集団だからノープロブレム!などと高をくくっていて大丈夫でしょうか?こんな事に手を染めていながら、いつまでも安泰でいられるとは限りません。嘘はいずれ明るみになるものです。

仮に追求を免れたとしても、因果応報、自業自得という言葉の通り、どういう形であれ、自分のした事はいずれ自分に返るのではないでしょうか・・。
*・*・*
■サイキックアタック・人間以外の関与について

またターゲットを破滅させる手段としては、違法なテクノロジーだけでなく呪術や魔術を使うカルト組織や悪魔崇拝者もいる様です。

被害者の中には何でも電磁波だと決めつける傾向の方もいらっしゃるのですが、全てをハイテク加害だと決めつけ過ぎるのもどうなのだろうと個人的には思います。これについても、全部電磁波、またはハイテク加害だとどうやって確認したのだろうという疑問も感じます。

本当に黒魔術なるものが“効果”を発露するのかどうか、その様な事に関わった事のない私には分かりませんが、もし何の効果も得られない場合、悪魔崇拝者達は一体何の為に生贄儀式をするのでしょうか?単なる余興やおまじないですか?

仮にそうであれば、相当なお金をかけてまでその様なお遊びを続けるだろうかという疑問が生じます。おそらく何百年?何千年?も前からその様な事をして来たのでしょうけれど、単なる余興やお遊びやおまじないなら、いずれ飽きるか自然消滅する様に思います。また、雨乞いや豊作を祈願した儀式の様なものであったとしても、全く効果を感じられない事を続けるものだろうか、とも思います。

逆に考えると、何か別の目的や意味、あるいは実際に“効果”、“ご利益”、“実感”があるからこそ続いていると考える事もできます。効果があるからこそ、この科学技術の発達した現代においても尚、その様な“古典的”な儀式が続いていると言えるのではないでしょうか。

もし本当に悪魔の力を得る為に、あるいは何かを召還する為に生贄を捧げているのだとしたら、その様なものの影響があっても不思議ではないと思います。

さらに個人的には人間以外の存在も関与していると考えていて、これについても所謂オカルト分野になる為、アレルギー反応を示す方もいると思いますが、冒頭でも触れた様に、先入観や固定観念を一度捨てて、そういう事が絶対にないと言い切れるかどうか、表で言われている様な手法だけでこの犯罪が可能かどうかを、ほんの少しだけでも考えて頂けたらと思います。

“彼ら”がなぜ人間にストーキングするのか?

私は主に海外のTIの方のYoutube動画などを参考にしているのですが、海外のTIの方の中には同様の考えをお持ちの方も結構いて、私はその様な方々にとても共感を覚えます。言葉は通じなくとも、私と同じ様に、ストーカーの中には人間ではないものが紛れている、あるいはその多くがその様な者達であると感じている方がいらっしゃる事が何よりも心強いのです。

そうした方々の情報から推察するに、彼らは人間の感情または生体エネルギー、あるいは脳内で生成される化学物質(ホルモン)などを収穫しているという事の様です。特にネガティブな感情エネルギーを集めているのだそうです。

なるほどそう考えると、ターゲットに付きまとっては執拗に姿を現し、特定の色やアイテムや仕草を見せつけて挑発してはイライラさせて、できるだけ効率良くネガティブエナジーを放出させる策略なのだなと合点がいきます。

そのエナジーを捕獲(収穫)するには、ある程度至近距離まで接近する必要がある為、偶然を装ってすれ違ったり通り過ぎたりするのではないでしょうか。一歩外に出れば、まるでターゲットに吸い寄せられるかの様に次から次に現れるのは、血を求めて人間にまとわりつく蚊と同じ習性から来ているのではないかと思います。掌をターゲットに向けてくる事や、異様に荷物が多いのも何か秘密がありそうですが・・。

また、集団ストーキング被害者からの信望も篤い故ラウニ・キルデ博士もETやAlienに関して言及されています。


当ブログ記事
SKIN WALKER

集団ストーカーと蚊の共通性

尚、合理的な説明や理由や根拠もなくこれらの主張に関して嘘やデマだと主張される方を見かけた場合はそれなりに反論させて頂く場合もありますのでご了承下さい。自分がデマを拡散している人物だという印象が定着するのを黙って受け入れるだけの寛容さを、残念ながら私は持ち合わせてはおりません。

デマという指摘についての反論

*・*・*
■集団ストーキングに関する情報収集

ネットの情報は玉石混淆ですから、その中から信憑性の高い、あるいは信頼のおける情報を探し出すのはかなり大変な作業ではありますが、その中でも下記サイトは大変有益なサイトで、この犯罪の加害者、若しくは組織・団体、及び集団ストーキング犯罪の手法を丁寧に解説されていますので、被害者の方は勿論ですがこの犯罪をご存知ない方にも、できれば一度は目を通して頂けたらと思います。

安心安全偽装ストーキングについて纏められたサイト
An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティングの手口がわかりやすく纏められています。
『ガスライティング犯罪』

他にも、ネットで検索すれば信用に足る情報、論文、資料、証言、内部告発等を探す事ができますので、その中から重要な情報があれば共有していく事も大事だと思います。

但し被害者のブログの中にも一見立派な情報集約サイトに見えて実はその中に、ある方向に誘導する様な情報が忍び込ませてあるブログもありますので注意が必要だと思います。(特にユダヤ・ナチス・ヒトラー関連で支配者=加害者らの代弁者、広報係となっているケース)

ネットには事実を伝えてくれる方がいる一方で、ミスリードや偽情報を拡散している工作員も多く、巧妙に偽装している“真実追究系”サイトや偽被害者ブログなどもありますので慎重に判断しなければならないのですが、時間の都合により深く検証する事が難しい場合も多いのが実情です。

その為、このブログに記載している内容も当然ながら全てが正しいとは限らず、また紹介している全ての情報の真偽を確認する事は事実上不可能であり、私自身が選択や判断ミスや勘違いをしている場合もありますから、最終的な判断と情報の取捨選択はそれぞれの方に委ねたいと思います。但しそれを私に押しつけられても困りますが・・。

また明らかに私が間違った情報を掲載していたり、デマを拡散している場合はご指摘頂けると幸いです。
*・*・*
■撹乱・隠蔽工作と「襲う集団ストーカー」

ネット社会なのですからこうした多数の情報を、見ようと思えば簡単に見られるにも関わらず、単に自分が知らないだけで、または知識が欠乏しているだけで、あるいは自分の頭では理解できない難しい事が書いてあるからと言って「こわーい」などと茶化して、いかにも被害者を「精神を病んだ危険な集団」の様に印象付ける人達がいますが、その様な印象操作は実に卑怯だと思います。

子供ではないのですから「怖い」と言いさえすれば、同情され周囲から守られるべき弱者として何を言っても許されるわけではありません。理解できないなら余計な口を出さなければいいだけの事です。ましてや病気扱いなど以ての外です。

そもそも無関係な人は、集団ストーカーと聞いて半ば条件反射の様に、統失(糖質)、妄想、きちがい、病院に行けなどとは言いません。

また最近では少し作戦を変更して
「集団ストーカーにおそわれてます!」
「集団ストーカーに襲われてます!」
「集団ストーカーにおそわれてまーす!」
「集団ストーカーに襲われてまーす!」

などと揶揄して、検索ワードによる撹乱工作をしている様ですが、そんな事をすればする程、この犯罪が明るみに出る事を妨害したい者達がいる事が浮き彫りになるだけです。

そして私がこれをブログやツイッターで指摘したら、また作戦を変更したのか、幾つかのワードは出て来なくなりました。

↓私が気付いた時のスクショ。
google01.jpg
google02.jpg



Youtubeでは少し変えている様です。


微妙に表現を変えながら工作員が集中的に検索を掛け、その動画を視聴する事で上位に表示させるなどして、とにかくこの様なキーワードを使用した動画やサイトに誘導し(いずれも工作員の作成したコンテンツ)、本当の被害者の情報を埋もれさせる魂胆の様です。

ただし被害者の発信する情報と言っても、同じ様に車や通行人を撮影し無闇にネットに投稿している被害者を装った人物もいます。いかにも私の様に画像や動画をネットに投稿する集スト被害者は、ただ通りかかっただけの人や車など無関係な人の写真を平気でネットに晒している、という印象を植え付ける為に巧妙に被害者に成りすました偽被害者もいますので、くれぐれもそれらとは混同されない様お願いします。

言葉遣いが粗暴で下品で、なぜその人物が加害者なのかの説明も殆どなく、あるいは同じ被害者から見ても「こじつけ」や「言い掛かり」の様にも受け取れる理由でその様な投稿をすれば、同じ様に画像や動画を投稿している真の被害者まで変な目で見られるだけです。というより最初からそれを狙っているのでしょう。最近はこうした被害者に成りすました偽装・撹乱工作員もかなり増えている様です。


また通常集スト加害者は、今Youtubeで話題になっている某被害者の人に対する挑発行為に見られる様な、あからさまな加害行為はしてきません。

表面上は「被害者と加害者の間」以外では何も起きていない事になっていて、証拠を残さない事がこの組織犯罪の何よりもの強みなのに、わざわざ被害者の主張に正当性を持たせ、根拠となる理由を与える様な行動を取るはずがないのです。

仮にあったとしたら(現にその被害者の方はその様な被害を被っているのに)警察が動かないのはどう考えてもおかしくありませんか?明らかな器物破損、敷地内不法侵入、執拗に自宅周辺に現れて付きまとうストーカー行為、レーザーポインタによる傷害行為等をしている様子まではっきり映像で残っているにも関わらず逮捕されないとは一体どういう事でしょう?

ここまで明確に犯罪行為が行われているのに全く対応をしないのであれば、警察も加害側だとみなされても仕方がないと思います。と言うより加害側である事は、元警察官の方の証言により明らかなのですが・・。

いずれにしてもその「襲う集団ストーカー」なる輩グループというのは、面白半分で騒動に便乗した単なる愉快犯なのか、あるいは集ストとはあの様な第三者が見てもはっきり分かるような付きまといや嫌がらせをされる被害であって、私の訴えている様なタイミングを合わせて目撃させる、すれ違う、特定の仕草を見せる、といった様な微妙な被害は勘違いであり妄想であるとミスリードする為の隠蔽・撹乱工作のいずれかでしょう。私はおそらく後者だと思います。

何度でも言いますが、私達被害者が受けているストーキング・嫌がらせ被害というのは、全てに於いて日常の行動や偶然を装って実行されるものであって、暴力を振るうなどの警察も対応せざるを得ない様な直接的な加害行為はしてきません。

例えば咳をする行為それ自体には何ら犯罪性はありません。しかしターゲットの近くでわざとらしい咳を執拗に繰り返す事でターゲットは相手の悪意に気付くのです。

そうした細かい嫌がらせを、複数の加害者が何年にも渡って続ける事で、被害者を精神的・経済的・社会的に追い詰める事は可能です。その様な破滅作戦が成立する事など誰が考えても分かる事なのに、全てを妄想で片付けようとする事自体がおかしいのです。無理があるのです。

この犯罪の解決を困難にしているのが「妄想」と「統合失調症」という2つの要因である事に異論を挟む余地はないのですが、その2つの要件を満たす為には、上記の様な日常の行動に偽装した付きまといや嫌がらせに徹する必要があるのですから、誰が見ても加害行為だと分かる様な方法を使うはずがないのです。

逆に言えばそうであるからこそ加害行為の立証は困難を極めているのであり、そして証明できないまま、おそらく相当な数の被害者が無念の死を迎えたのであり、そして今もなお世界中で、この卑劣で残酷で非情なギャングストーキング犯罪が猛威を振るっているのです。

彼ら「襲わない」集団ストーカー達は、どこまでも狡猾で用意周到なので、裁判で認められる様な決定的な証拠を残しません。物的証拠、あるいは決定的な状況証拠がなければ警察も動きません。あるいは動かなければならないのに動かないのです。

だからこそ被害者自らが地道に状況証拠を積み上げ、世間に訴えかけるしか解決する方法がないと、これまでも散々言ってきましたが、おそらくこれからも言い続ける事になるのでしょう。
*・*・*
■同意なき人体実験その他に見られる様々な利用価値

そしてもう一つ、この犯罪における重要な側面は人体実験です。TIは同意なき違法な人体実験の被験者でもある為、何の価値もないどころか、実験する側から見たら実に都合のいい(価値のある)存在なのです。

通常、臨床試験や人体実験の治験者にはそれなりの報酬の支払いが発生します。また何かあった場合の補償問題も付きまといます。

ところがこの人体実験は、相手に知らせる事もなく無断で実施されている為、当然ながら本人の許可を得る必要もなく、また報酬の支払いもなく、通常発生するはずのコストが殆どゼロで人体実験ができるのですから、実験する側にとってこれ程のメリットはありません。

仮に実験台(治験者)が死亡しても、突然死や病死で片付いてしまうのですから笑いが止まらないでしょう。

秘密裏にこの様な事が行われていたならば、それは紛れもなく「実験」や「研究」、「技術開発」などと称した完全犯罪であり殺人行為なのです。

Google 検索
人体実験 バイト

私達の様な集団ストーキング被害者の場合は、電磁波や超音波などの遠隔からの照射、あるいは無断で飲食物に混入した薬物を摂取させ、その経過を観察する様な実験がなされているのではないかと推察します。

細胞レベルや周波数レベルでの体の状態(感情や思考も含む生体情報)も遠隔で取得できる事は、昨今の医療技術の進歩を見れば明らかですが、さらに進んだ“斬新で革新的”な技術が秘密裏に開発され、実用化されている事は想像に難くありません。

医療、軍事、情報(諜報)部門などにおける、表に出ていない実際の技術レベルなど、果たしてどこまで進んでいるのか知る由もありませんが、仮に実際に知らされたら“腰を抜かす様な”レベルの事が既に可能になっているはずです。そしてそれが本人に無断で使用されている事でしょう。

またターゲットそのものを賭博の駒にして賭け事をしていたり(所謂人間競馬・闇カジノ)、ターゲットの私生活を盗撮した映像を有料配信して金儲けをしているとも言われていますが、恐らくそれは事実だと思います。

あるいはAIに学習させる為に思考とライフログをハッキングされているのではないでしょうか。

故に「お前の様な何の価値もない人間に誰がコストを掛けてまでストーカーする必要があるんだ?そんな暇な人間がいるわけがないだろう!」と、鼻息荒くまくしたてる工作員の主張は完全に破綻しています。

集団ストーカーはビジネス(金儲け)として、人体実験として、また邪魔な住民(民族?)を密かに葬り去る事のできる、あたかも“魔法の杖の様に万能で理想的な”敵対者排除システムとして成立し得るのですから、そして実際にその様な動き(被害)も随所に見られるのですから、あなた方否定論者の主張は完璧に論理破綻している事をいい加減認めたらどうですか?未だに同じ事を念仏の様に唱えている様(さま)は、自分が「雇われ人」だとカミングアウトしている様なもので誠に見苦しい限りです。

あるいは隠蔽工作員ではない方でどうしても信じられないという方は、ここに記載した事を何度も読み返して頂きたく思います。なぜ一個人に対してそんな大掛かりな事をするのか、その理由や動機、考えられる可能性を、被害者ではない方にも理解して頂ける様にできるだけかみ砕いて、またかなりの時間とエネルギーを投じて文章に纏めたつもりです。
*・*・*
■マスコミと警察によるプロパガンダと逆転現象

その様な動機や理由が存在する可能性を完全に否定できないにも関わらず、こうした犯罪がある事を頭ごなしに否定し、決して認めようとも理解しようともしない権力側(マスコミ・警察・裁判所・公務員・政治家等)にこそ重大な過失と怠慢と不作為があるのに、殆どがこの犯罪に加担あるいは関与し、口にできない秘密を共有している為に、取材し追求するどころか被害者と加害者のすり替え工作、及び「その様な犯罪など存在しません。見た事も聞いた事もございません。全部自称被害者の妄想&統合失調症ですキャンペーン」を大々的に打ち上げ、隠蔽しているのです。

被害者と加害者の逆転現象という、本来その様な事があってはならないはずの事が、権力者の手先と化したマスコミによって成されている現状は非常に由々しき状況です。

尚、このブログでもマスコミ系の情報へのリンク、及び引用をする場合がありますが、マスコミの全てを否定・批判しているのではなく、プロパガンダを展開する手段として公共の電波とマスコミを私物化し、思い通りに操り、そして圧力を掛けている権力者、支配層、およびその手先足先となって尻尾を振り、おこぼれに与ろうとする浅ましい者達に対する批判であって、警察その他の機関に関しても同様のスタンスで書いておりますので、その点誤解なき様お願いします。

むしろ巨大な組織の中にあって、この様な状況に心を痛め、何とかしなければと密かに苦悩されておられる方、内部告発を検討されている方、タブーに切り込む気概と勇気をお持ちの方には敬意を表します。ただし命を粗末にしないで下さい。

その様な事をお断りした上で敢えて言いますが、マスコミと警察という絶大な権力と影響力を持つ二大組織にこの様な横行を許したままでは、この国はいずれ崩壊するか、または「日本であっても中身は別の国」になってしまうのではないでしょうか。

中国の富裕層や資本家らによる土地や水源の爆買いが起きている北海道などは既にそうなりつつある様に見えます。
*・*・*
■足音もなく忍び寄る日本侵略と乗っ取り(総入れ替え)計画

日本が乗っ取られる、というよりもこの日本はそもそも独立さえしていない植民地であった事を、私はこの犯罪について調べて行く中で図らずも知る事となりました。そして理解したのです。

これは単なる嫌がらせなどではない。
これは侵略なのだと。


しかもこれは日本だけの話ではありませんでした。世界中でこの様な侵略行為が行われていて、その違法な侵略活動に必要な人件費や予算には莫大な税金が充てられているのです。そればかりか裏金まで捻出しているというのですから納税者の皆さんはもっと怒った方がいいのではないでしょうか?

日本人が生活に困窮する一方で在日外国人に補助金や生活保護が湯水の様に支給されている現実をどうか知って頂きたいと思います。その様な在日外国人の多くがこの組織犯罪に加担して日本人に危害を加えている現実をこのまま見過ごさないで下さい。総入れ替えされてしまってからでは遅いのです。
*・*・*
■ザル法だった改正ストーカー規制法

また警察に被害の相談をしても、証拠がなければ動いて貰えないのは仕方ないとしても、警察が言い訳に使う言葉=「法律がない」あるいは「現在のストーカー規制法では取り締まれない」という理由も単なる逃げ口上の様に感じます。

国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、この法律の条文の「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で」の部分から「恋愛感情その他の好意」のたった10文字が削除されないのはなぜでしょうか。

または「恋愛感情その他の好意」を「嫉妬や逆恨み」、「憎悪」という表現に置き換えても十分に意味が通じ、また法規として成立すると思いませんか?

「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で」

「特定の者に対する嫉妬逆恨みその他憎悪の感情又はそれが解消されなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で」


という様な文言でも十分に意味が通じるはずです。またその様な付きまとい行為があるであろう事は、かくも容易に推測可能なはずです。

恋愛感情も好意も伴わない嫌がらせや虐め、ストーキング行為が存在し得る事などは、少し考えれば子供でも分かることです。現に子供達は嫌いな子に付きまとって(一種のストーキング行為)虐めているではないですか。あるいは金銭トラブルや人間関係のもつれ、近隣トラブルの報復として付きまとわれる事もあるでしょう。それだって立派なストーカー行為ではないですか?

「恋愛感情と好意」の部分を削除すべきという要望が上がっている事など百も承知なのに、なぜその声に応えるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?あるいは無視するのでしょうか?

しかも改正ストーカー規制法では「住居等の付近をみだりにうろつく行為」が追加されましたが、特定の住民や加害者と思しき人物が被害者の家(アパート・団地)や職場付近を執拗にうろついているのはなぜ規制して頂けないのでしょうか?恋愛感情や好意とは無関係だからという理由であるなら、この法律はザル法です。早急な見直しを求めます。

(国、地方公共団体、関係事業者等の支援)
第十条  国及び地方公共団体は、ストーカー行為等の相手方に対する婦人相談所その他適切な施設による支援、民間の施設における滞在についての支援及び公的賃貸住宅への入居についての配慮に努めなければならない

引用:ストーカー行為等の規制等に関する法律

これ、全く逆の事が行われています。加害者が優先的に公的賃貸住宅に入居している実態をどの様に理解したらいいのでしょうか?

恋愛感情抜きのストーカー行為などあるに決まっているじゃないですか

そんな単純明快な事が、税金から多額の報酬を得ている国会議員や警察官、裁判官、超一流大学を卒業された頭脳明晰なエリート官僚の方達に理解できないはずがありません。にも関わらず、国民(特に被害者)からの強い要望があるのに聞こえないふりに徹しているのです。

もともと法整備する気がない、あるいは法整備されると困る政党や議員及びその支持母体である宗教団体がこの法律の整備を妨害しているのではないでしょうか?

残念ながらそうした勢力が、実質この国や世界を動かしている様です。公金で私腹を肥やし私利私欲を満たし他者や世界を支配する為には手段を選ばない人達の事です。反社会的勢力とも繋がりがあり、麻薬密売や人身売買、臓器売買などの犯罪に深く関与しているとも言われています。

傀儡となり国民を欺きながら日本人を虐待しながら国民の税金で私腹を肥やす様な反日公務員と官僚と政治家ばかりの三流国家、それがこの日本の偽らざる姿なのでしょう。

そしてそれ以上に、この日本を憲法の上から操っている者達の存在を忘れてはならないと思います。

こんな現実から目を反らしたい気持ちは分かりますが、目を反らしたままでいいのでしょうか?他人事でいいのでしょうか?もしこのまま無関心を決め込むなら、近い将来、皆さんの子供さんやお孫さんが安心して暮らせる国はもうどこにも存在していないかも知れないのです。というより既に危険レベルに達しているのですが、そうした事に関わりたくない、自分が生きている間だけ何とかやり過ごせればそれでいいという考えは余りにも無責任だと思います。

日本という国は、表面上は平和な民主主義国家に見えますが、そう見えるだけであって実際はそうではありません。「陰謀脳」などと揶揄せずに、どうかご自身で調べてみて下さい。そうすれば必ず納得されると思います。そして驚愕されると思います。

今この瞬間も水面下では日本侵略が着々と進行しているのです。今この瞬間も集団ストーキング犯罪という静かなる戦争、あるいは世界同時多発破壊工作によって、日本ばかりでなく世界中で多くの命が消えているのです。

現実を直視しそれに立ち向かう勇気を一人でも多くの人に持って頂けたらと切に願うばかりです。
*・*・*
■ユダヤと集団ストーキングについて

最後にユダヤについてどうしても書いておきたい事があります。

ただし、この様な侵略・侵害行為や犯罪に加担していない、あるいは無関係なユダヤ人(ユダヤ教徒)の方々に対するものではない事を明確にお断りしておきます。ユダヤ人に限らず、特定の民族や国を差別したり批判しているのではありません。

あくまでも、この様な犯罪、および人権侵害行為、または組織的ストーキング犯罪等に加担している者達に対する追求と糾弾である事をここに明記します。※私が「ユダヤ」と表現する場合はその様な対象についての言及である事を前提としてお読み下さい。

私はこの組織犯罪の黒幕(あるいはそれに非常に近しい存在)はユダヤだと考えています。

差別や人権を盾にして(その為に歴史や史実を改竄・捏造し)、自らの非人道的殺戮行為を隠蔽し、あるいは正当化し、時に責任転嫁しながら世界征服を目論んで来たのは正しくそその様な集団ではないかと思います。
※国際(金融)資本、グローバリスト、フリーメーソン、イルミナティなど様々な呼び方もある様ですが。

日本にもいませんか?
何かと言えば「差別だ」「ヘイトだ」とごねて批判や反論を封じ、加害者でありながら被害者に成りすまし、弱者のふりをして利権や特権を思うままに手にして来た人達が。

おそらくユダヤと同根あるいは傀儡であり、同じ手法を使って日本人を迫害し寄生しているのではないでしょうか?優生学だの民族浄化などという尤もらしい理由を掲げながら・・・。

日本を植民地支配しているアメリカでさえ、実質支配しているのはユダヤなのでしょうから。

そのユダヤ日本支社、または出張所、または代理店が創価学会であり統一教会であると考えると、現地の宗教団体信者や傘下の企業・組織・団体等を総動員した「地域密着型」組織ストーキング犯罪=ユダヤ人ネットワークによる世界支配の為の秘密兵器にして最強ツールである事が見えてくるのではないでしょうか。

戦闘行為を伴わずとも、狙った国や地域を配下に収め、支配し、乗っ取る事ができるのですからまさに最強のシステム。全ては日常を装いながら密かに、そして着実に進行する世界支配計画。

軍事予算を獲得する為のマッチポンプとハッタリと偽旗事件と茶番劇にはうんざりです。

下記、主催と共催にご注目下さい。

勇気の証言―ホロコースト展

※主催:「勇気の証言─ホロコースト展」実行委員会 共催:創価大学、サイモン・ウィーゼンタール・センター

このサイトの熱の入れ様から見えてくるのは、並々ならぬホロコーストへの思い入れ。

ガス室での大量殺戮は嘘である事が明らかとなっているのに、「大量殺戮された悲しい過去を持つ民族」という伝家の宝刀を振り回し、お家芸の逆差別で無実な人々を無差別に迫害していながら、信心深く博愛主義に満ちた心の清らかな慈善団体を装いつつ、他人の不幸の上に自らの幸福と栄華という城を築き上げる者同士の固い固い絆の様なものがひしひしと伝わって来るかの様です。

とは言え、こんな事ばかり書いているとヘイトな有害サイト認定され、閉鎖させられてしまうかも知れません。あのホロコーストは本当に本当だったのか?証言はどこまで信用できるのか?検証が必要では?と疑問を呈しただけで逮捕されてしまう国があるくらいですから・・・。

でもおかしいと思いませんか?
もし私達が教科書で教えられて来た事が紛れもない事実であり史実なら、徹底的に研究し究明する事をむしろ奨励するはずではないでしょうか?

“あのような悲劇”を二度と繰り返さない為にも・・。

もっと言うなら、人間の自由闊達な研究心や旺盛な探求心を抑制するのは、むしろ人間社会の発展にとって大いなる損失であるはずです。その飽くなき研究心や探求心が、文化や文明、科学を発展させ、謎を解明する原動力の一つであった事は間違いないのですから。

なのになぜ「ある分野に限っては、決して否定してはいけない、疑ってはいけない、探ってはいけない、深読みしてはならない、詮索してはならない」という法律を定め、権力や実力行使してまで禁止しなければならないのでしょうか?

そうまでして禁じなければならないという事は逆に、歴史への理解を深める様な“徹底解明”や“自由研究”、“真相に迫る際どい議論”などを活発にされると困る事があると自ら白状している様なものではないかと思わずにはいられません。

ホロコーストと見直し論

当ブログ記事
ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

その他過去記事抜粋
ある被害者の方のMRI画像に描出された顎のチップ

オリンパス事件で明らかになった集団ストーカーは実在するという事実

【転載】創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

創価学会の嫌がらせはあります!

嫌がらせ被害の証明には映像が不可欠

同じ事をしても犯罪扱い 被害者と加害者の逆転現象

記事の削除依頼がありました

盗撮サイト利用者の個人情報流出

撮影行為を通報されたら・・

動画や画像を投稿するメリットとデメリット

ストーキングが妄想ではない理由

マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

遅発性統合失調症というプロパガンダ

組織的ストーキング被害者の証言だけは何故妄想なんですか?

記事インデックスより適宜参照下さい。

*・*・*
他サイト様より参考記事

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

自宅生放送

*・*・*
尚、当ブログ管理人と大きく認識が異なる方は、精神衛生上、極めてよろしくないと思われますので、このブログを閲覧されない様お願いします。また、基本的なスタンスや追求の方向性、根幹となる見解が明らかに食い違うのに、ご自身のサイトを充実させる為に、あるいはアクセスを集める為に、または何か別の理由であっても、根幹となる見解や主張はデマ扱いする一方で、使えそうな情報を仕入れる為に訪問される様な方は歓迎致しません。その様な振る舞いは、利用(参照)された側からしたら決していい気はしませんし、何よりも管理人が “意識操作されている”と思われる様なブログから情報を仕入れたり参考にするのは賢明な選択ではありません。
*・*・*
当ブログに掲載している画像や映像(私が撮影したもの)についてですが、捏造や合成などの行為は一切行っておりません。なぜ違和感を感じるのかを説明する為にコントラストの調整や拡大等の編集はしていますが、合成したり捏造する様な事はありません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明可能と思います。それでも捏造だ、合成だと主張されるのでしたら、元の映像をお渡ししますので、専門機関で調査し何らかの手を加えている事が判明した上で捏造や合成であると断定して頂きます様お願いします。
*・*・*
記事には集団ストーキングとは関係のない画像や内容も含まれる場合があります。また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも不自然に目撃する人々や組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度、状況で出現するのかという事を知っていただく為のものです。

もし不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲(私がその理由を正当だと認め承諾できる場合のみ)で掲載を取りやめますので、プロバイダー経由でお申し出ください。一方、此方が無断でお借りしているスクリーンショット等が権利を侵害していたり不快に思われる場合は、速やかに削除しますのでコメント欄よりご連絡をお願い致します。
*・*・*

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。



※記事公開後に何度も追記、修正する事が多い為、できれば翌日あたりにリロードして再度お読み頂けると有り難く思います。

※断定口調になっている箇所もありますが、あくまでも現段階での私の個人的な見解です。また各被害者によって被害状況も考え方も違いますので、ご自身で調べ、そして判断して下さい。

※古い記事程、現在の考えと乖離している場合がありますので、本ブログをお読み頂く際はその事を念頭に置いて閲覧頂きます様お願いします。
関連記事