8月24日の記録

今月の24日に所用があり外出したのですが、この時の様子を一部まとめました。

少し遠出をした為、ドライブレコーダーの映像と、いつも使っているハンディカムの映像を合わせると、膨大なデータになる為、まだ一部しか確認や画像の切り出しが出来ていませんが、その中から特に記憶に鮮明に残っている部分のみ、先に画像を作成しましたので、今回はそれを掲載致します。

既にツイッターでは投稿済ですので、ツイッターをご覧頂いている方には既出の画像です。また、全体を精査しつつ、ドライブレコーダーの映像は動画にしたいと思っていますが、少し先になると思います。

残りの画像も随時作成したものから掲載して行く予定ではありますが、とても全てを掲載しきれるものではなく、明らかにタイミングを合わせた付きまといであると判断したもの等を優先して掲載していきたいと思います。

それでは、24日の映像から。

車に乗ってドライブレコーダーの日付を再設定していると、いつものMさんが左側から歩いて来ます。
20150824114001b.jpg

20150824114002b.jpg

20150824114004b.jpg

それにしても、偶然なのか分かりませんが、日常的に私の行動と見事に一致する様なタイミングで見かけたり遭遇する方ではあります。しかも親子で・・。

さて、団地から広い道路に出る所で目の前を横切ったのは葬儀屋の車。この場所ではよく社協の車がこの様なタイミングを合わせた付きまといをするのですが、こういうパターンも時々あります。
20150824114301b.jpg

団地を出てすぐの場所にカーブがあるのですが、このカーブがくせもの。
今回は絶妙なタイミングで路線バスが出現。
20150824114302b.jpg

バスもタクシーもタイミングがあまりにもぴったりなので、疑わしい事この上なく、どこかで時間を調整しているのではとさえ思ってしまいます。
20150824114303b.jpg

続いてトラック。この通りはよくトラックが数珠つなぎになって押し寄せます。
20150824114304b.jpg

↓いつものパターン。横路からタイミングを合わせて出てくる軽トラ。
20150824114501b.jpg

この時は、通過せずに道を譲ってみました。
20150824114503b.jpg

そのトラックの後ろを走りながら少し行くと、これもよくあるパターンですが、道路脇に停めてある車の運転手が、私が通過するタイミングで車に乗り込むという定番のお芝居?
20150824114601b.jpg

20150824114602b.jpg

20150824114603b.jpg

こういうシーンは映像で見て頂いた方が、この絶妙なタイミングの合わせ方が伝わるので、早めに動画でご紹介したいと思っていますが、いつになる事やら。。。


さて市役所に行って手続きを終え、合同庁舎に書類を出しに行く途中、目の前に防犯パトロールのステッカーを貼った産廃業者の車が。
20150824122601b.jpg

安心とか安全って何て美しい言葉なのでしょう・・(笑)。
こどもを守ると言いながらひとご・・。
20150824122602.jpg

やりすぎ防犯パトロール

そして数メートル進んだこの辺りで、前方からやってくるバイクが目に入りました。
20150824122701b.jpg

またしても定番のJPさん。
20150824122702b.jpg

そして合同庁舎に行ったのですが、書類が足りず、再び市役所に書類を取りに行くはめになってしまいまいた。

再度、上の防犯パトロール車を撮影した地点と同じ場所に来ると、左からタイミング良く○○市のバス(ここは○○○ちゃんバスもよく出現する地点)、その手前には何やら怪し気なサラリーマン。
20150824124501b.jpg

田舎ですからどこに行くのも車ですので、歩いて移動する人って滅多にいないのに、なぜか私が移動する場所には行く先々に徒歩で移動している人が多数現れます。

この方も、何かそうした不自然さに加え、この暑いのに脇に抱えていた上着に、何かボタンの様なものとコードの様な物が見えていました。これは一体何なのでしょうか。ただのボタンなのか、それとも何かの仕掛けでしょうか。
20150824124502.jpg

さて、先程JPのバイクを発見したポイントに来た時と全く同じシチュエーションで、またJPのバイクがやって来ました。
20150824124511b.jpg

暑い中、ご苦労様です。
20150824124512b.jpg

でもあまりにもタイミングが同じだったので、ちょっと画像を比較して見ました。
20150824122703.jpg

そしてある事に気付きました。
上の画像の赤い矢印の所には横路があるのです。
そうか、ここで待機してタイミングを合わせていたのか・・・という様な妄想が沸き上がり、何かを発見してしまった様でちょっと嬉しくなりました。

つまり、こうして私が通過しそうなルートの要所要所に防犯パトロール隊を配備しておけば、どこに行っても偶然を装った付きまといや監視ができるというわけです。その地点をターゲットが移動したら、次の地点のパトロール隊にバトンタッチ。そういうリレー方式なのではないでしょうか?

工作員同士、密に連携を取り合いながら、今そっちへ向かったぞ、などとメールを打ったり携帯で連絡したり、あるいはもっと特殊な通信手段で連絡を取っているのかも知れません。また、独特のジェスチャーも何か意味があるはずです。頭を触る、鼻を触る、指差し、帽子を被り直す、腕をまくり上げる、靴紐を締め直す、などなど、まるでドイツの秘密警察、シュタージで使われていた手法の様に、加害者だけにわかる秘密の暗号の様なものが・・。


さて、遅れていた書類の提出を終えて、某会館の横を通過。
目立つ3色の旗が、ゆらゆらと風に揺れていました。
20150824125201.jpg

その横には新しい会館が既に完成間際。ずいぶんと立派な建物ですね。
財務も順調の様で・・・。
20150824125203.jpg

財政の厳しいこのご時世に、これだけ立派な建物に建て替えるられるという事は、もしかしてこの地域って、“最重要地区”とか、そういう事なんでしょうか?
それともこの地域全体に膨大なお金が流れ込んで来ているのでしょうか?
久しぶりにこの辺りを通ってみてわかったのですが、トラックや工事の多さに驚きました。
特にO市などは、一体どこにそんなお金があるのかと思ってしまうほど、道路が綺麗に整備され、あちこちで工事が行われていました。

いずれにしても、ここに大勢の学会員さんが集結して仏敵の○○を徹底的に打ちのめせ~、とかやるんじゃないでしょうか(妄想)。
もしそうであるなら、それはもはや宗教とは呼べませんね。
さすがにこの教団は違うと思いますが、仮に実態がそうであるのなら、それは宗教ではなく邪教です。そしてカルトです。
それとも悟りを開いた仏様が、その様な人間臭い低俗な教え(復讐)を信者に強要するのでしょうか?
そんなはずはありませんね・・。

などと考えながら、ふと前の車のナンバーに目をやると・・・。
わざわざ練馬から、はるばる駆けつけたとは思いませんが、こうしたゾロ目ナンバーが多いのも偶然でしょうか?
20150824125401b.jpg

また定番の、お元○ですか?号。以前もよく、朝の往復時に遭遇しましたよね。
20150824130101b.jpg

さて峠に入り、思い出のある地点に差し掛かりました。
20150824131701.jpg

その思い出のシーンは撮影してなかったので、今回の画像に警察官とパトカーを合成で重ねて、その時の様子を再現してみました(下画像)。微妙に違いはありますが、概ねこの様な感じでした。

※警察官の写真は、群馬県警のHP及びこちらよりお借り致しました。

その日(2011年11月頃)、私がこの場所を通過する時に、なぜか10~20名ほどの警察官が、じっとこちらを見ていたのです。
police.jpg

何事かと思いながら、何か事件でもあって検問でもするのか・・などと考えながら少しスピードを落としながら横目でこの警察官の集団を見ながら通過すると、なぜか私の車が通過するのと同時に、私を見ていた警察官達が一斉に後ろを向いて、奥に駐めてあったパトカーの方に歩き出したのです。

police2.jpg

そのままここでの警備?を終えたのだと思いますが、一体、今のは何だったのだろう?と疑問に思いながらも、その頃はまだ集ストについて詳しく知らなかったので、まあいいか、程度の感覚でした。でもあの異様な雰囲気は今でもはっきりと鮮明に記憶に残っています。

この時の事を思い出す時、同時に私は、この(新)日本の黒い霧様の記事に書かれていた警察の事を思い出します。
JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(19)

規模は違うと思いますが、私の移動に合わせてこの様な集団の大移動が起きているのかも知れません。

さて峠の途中でのシーン。巨大な鉄塔が目に入って来ました。(ちょっと気になったので)
20150824132101.jpg

消防署の車も。
20150824133101b.jpg


高架線の下で車の乾拭きをする男性。そんな舗装されていない土埃の舞う様な場所で乾拭きしたら傷になるのに。
20150824134001b.jpg

その男性の視線の先には・・・。大型バイクを押しながら交差点を渡る中年男性の姿が
20150824134002b.jpg

微妙にバイクと男性の服装が合わない気がします。
20150824134003b.jpg

20150824134004b.jpg

普段着に革靴?
20150824134005b.jpg

白バイも。
20150824135403.jpg

20150824135404.jpg

20150824135406.jpg


物々しいアンテナ。
20150824144001.jpg

タクシーがタイミング良く、横路から出て来ます。
20150824144401.jpg

せっかく陸自の近くまで行ったので、記念に見学して来ました。
20150824144701.jpg

奥に大型ヘリがとまっています。手前のジープのナンバーが999。
20150824144702.jpg

よく私の所にやってくるヘリかも。
20150824144901.jpg

横にももう一機、別のヘリが。
20150824144902.jpg


私が車を停めてあまりじろじろ見ていたので不審に思われたのか、おもむろに隊員さん達が訓練を始めました。
20150824145101.jpg


20150824145102.jpg


20150824145103.jpg

あまり長居して、変に尋問されると怖いのでこの辺で退散する事にしました。

戦車の大砲部分。
20150824145201.jpg

こういう写真をアップして大丈夫なのかちょっと心配ですが・・・。
20150824145202.jpg

ただ、こうして普通に一般人が見る事のできる状態のものなので、これが軍事機密や国家機密だったとしたら、日本の危機管理は非常に杜撰だという事になるので、多分その様な心配は無用だと思います。仮にスパイが潜入して私の様にビデオや写真に収めてしまえば、一発で機密情報が漏れてしまいますから、この様な事で違法行為を問われる様な事にはならないだろうとは思います。

陸自近くの巨大アンテナ。
20150824145403.jpg

地元に帰ってきてもまたパトカー。
20150824163403b.jpg

という事で、切り出した画像だけですが、一気に掲載致しました。

この後、自宅に戻るまでの間、まだ夕方5時前ですから、会社勤めの方の帰宅ラッシュにしては早すぎ時間帯なのに、しかもこんな地方の田舎なのに、反対車線が異様に混雑していました。
これもいずれ動画にしようと思っているのですが、それにしても、この車やトラックの多さには驚きました。いつもこんなに混雑していただろうかと。

と言いますか、ほとんど集スト車両ではないかと思います。

その様子はまた後日改めて。

追記
コメントを頂いておりますが、お返事できずに申し訳ありません。
(頂いたコメントは全て拝見しております)

ご訪問、およびコメントの投稿、ありがとうございます。


◆私がこれらの内容を写真や動画と共に掲載する動機と理由について◆

これらの映像の記録及びネットへの公開は、人間の行動心理やパターン、また、偶然の一致とは果たしてどの程度の確率で起こり得るのか・・・と言った社会現象の検証も兼ねております。

一つお断りしておきたいのは、私は何も、住民やその他の方々のプライバシーを侵害したり誹謗中傷する為に、この様な記事を公開しているわけではありません。

では、なぜこの様な記事を掲載するのかと言うと、これらの事象は、もしかしたら組織的ストーキングという犯罪と関わりがある可能性があり、現に私の周辺では、こうした不可解で不可思議な現象が3年近くも続いている為、その不自然で不可解な遭遇や目撃の様子を記録し、検証し、万が一にでも、その様な犯罪と関係があるのであれば、自分自身の命や生活を守る為、そして私と同じように被害に苦しんでいる方の為にも、周知や告発をする必要があると判断したからに他なりません。

ただし、私がこの犯罪の存在を知ったのは2年程前(2013年頃)の事で、実際にはもっと以前から、密かに個人情報やプライバシーの侵害行為、及び盗聴、盗撮は行われていたと思います。

他の被害者の方の証言や体験談、ネット内の情報によれば、近隣住民や同級生、同僚、知人、友人などが実はこうした組織的ストーキングの加害者や加担者である場合も多く、ターゲットの近隣に引っ越してきたり親し気に近づいて来ては、様々な情報を収集していると言われています。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。
思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

尾行や監視の様な不当なプライバシーの侵害行為に留まらず、時に家宅侵入のような明らかな犯罪行為から得た対象者の個人情報に、悪意のある嘘を混在させて捏造した悪評を流布して孤立させ、村八分にするという、非常に悪質で残忍な風習が未だに残っていて、それが防犯利権目的で悪用されていると考えざるを得ないのです。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

また、某宗教団体の入信を断ったり、騒音に対する苦情などの些細な事で信者とトラブルを起こしたりして敵対者(仏敵)と見なされた人物などに対しては容赦ない嫌がらせが始まります。またオリンパス事件の様に、リストラの為に企業から依頼を受けて集団ストーカー行為をする場合もあります。こうした汚れ仕事に暴力団が関与しているのは間違いありません。保険金を掛けて殺害する場合もあるでしょう。

ハイテク機器や未公開の通信・諜報技術を駆使した組織的な集団ハラスメントは、かつてより遙かに巧妙に、用意周到に、そして残虐になっているのではないでしょうか。

仮にその様な電磁波発生装置等を使用してターゲット(被害者)に対して身体攻撃をすれば、本来であれば傷害罪、殺人未遂罪(自殺や病死で死亡すれば殺人罪)に問われて然るべき犯罪です。

ところがこの仕組みを、警察が裏金作りや防犯利権の為に悪用または主導し、嫌がらせのやり方に始まって、ターゲットから付きまといを抗議された時のしらばっくれ方まで指導しているとも言われており、それを裏付けるかの様に、こうした犯罪行為が公然と行われているにも関わらず、“法律がない”という理由で、何の取り締まりもできないばかりか、被害者を精神病送りにして、組織的犯罪が実在する事を隠蔽してしまうのが実情です。

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も、非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの程度の法律が整備されるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?もともと整備する気がない、あるいは妨害している政治勢力や団体がいるという事の証左ではないでしょうか?

いずれにしても、警察が“防犯情報”と称して、自治会、町内会のみならず、学校や役所、店舗、企業など様々な組織や場所に、集団ストーキング被害者を、まるでテロリストか過激派、前科者の様に触れ回り、それを受けた市民が、町内会ぐるみ、地域ぐるみで対象者を監視し、付きまといや尾行、嫌がらせをするという、一般の方には俄には信じられない様な、地域防犯パトロールを隠れ蓑にした不当な弾圧が行われているのです。

この様な事は元警察官の方も証言や告発をされています。
(創価学会と反日組織の集団ストーカーとテクノロジー犯罪! 様より)
大河原宗平大阪講演会 警察が集団ストーカーする理由が分かる驚愕の事実と参加報告!

場合によっては、警察や自衛隊、探偵などが、地域住民に偽装して団地やアパート等に潜入し、交代制でターゲットに24時間365日貼り付いては監視や尾行をしているケースもあるでしょう。

この様にして、たった一人の被害者を集団で取り囲み、ストレステストや技術開発などの人体実験も兼ねた信じがたい犯罪が行われているのは、ネット上の情報や、私自身の目撃や実体験、感覚などからも、事実であると断言したい所ですが、この巧妙で狡猾な組織的犯罪の最大の強みは、その証拠を一切、または殆ど残さない所にある為、被害の証明が極めて困難であり、それこそが、この鬼畜にも劣る卑劣な犯罪であるにも関わらず、現在に至るまで放置され、あるいは揉み消され、自殺者が出ているにも関わらず何ら解決に向けての対策が取られていない最大の要因であると言えます。

この偶然を装った、しかも神業の様な絶妙なタイミングでの付きまといは、ターゲットの動きを完璧に把握しているからこそ可能であって、何らかの手段によって、ターゲットの行動や生体情報、思考などが完全に加害側に捕捉されていると考えるのが妥当であり合理的だと思いますが、室内での会話の全てを盗聴できる技術や、建物の内部にいる人物を盗撮する技術を始め、思考を盗聴する技術なども、かなり早い段階で有名企業によって開発され、特許を取得し、販売され、使用されている様です。詳しくはネット内に多くの情報がありますので、ぜひ調べてみて下さい。

思考解読(自衛隊の犯罪を斬る 様より)

いずれにしても、この様な仕組みや技術が悪用され、たった一人の人間に対して多数の加害者による組織的な嫌がらせや攻撃が行われていたとしたら、これは重大な人権侵害であり、集団リンチ、精神的虐待とも言える許し難い蛮行です。
そして憲法で保証されている基本的人権をも土足で踏みにじる、卑劣極まりない行為です。

およそ、まともな精神を持った人間にできる行為ではありません。おそらく何らかの団体に属し、洗脳された集団でなければ、長期に渡ってこんな下劣で冷酷な行為を継続する事などできるはずもありません。なぜなら、この様な事を繰り返していたら、普通の感覚を持っている人なら逆に自分が精神を病んでしまうでしょう。

狭い集団の中で反社会的な教義にマインドコントロールされているにも関わらず、まるで自分達が、悪人を裁き、“矯正”したり“更正”させる役割を託された特別な存在であるかの様に勘違いしてしまった一部の人格異常者達は、虐めによって相手が苦しめば苦しむ程、大量の脳内麻薬物質が放出される為、虐めをやめてしまうと、強い禁断症状が現れるだけでなく、それまで他者を虐めたり愚弄したり誹謗する事によって得られていた、歪んだ優越感に浸る事もできなくなってしまうのです。

自分達が直接被害や損害を受けたわけでもない赤の他人や、反撃できない弱い相手を選んでは、寄ってたかって集団で虐める事で得られる病的な優越感によって、無力で無価値な自分をごまかし、群れを成す事で自分達が力を持った特別な集団だと勘違いする事さえもできなくなってしまうので、この人達はおそらく、死ぬまでこの陰湿な虐めをやめられないでしょう。

逆に考えれば、この犯罪に嬉々として加担している加害者というのは、虐めによる快楽や勘違いなしには生きられなくなってしまった哀れな人達なのかも知れません。こうなると、最早人間とは呼んでいいのかどうかさえわからなくなってしまいます。

また、バイトを含むお金目当ての加害者には、報酬も支払われている様ですが、この人達も同様に、お金の為なら人を殺傷しても平気な程、正常な精神が麻痺してしまっているのでしょう。軽い気持ちで加担すれば、いずれその代償は自分自身が払う事になると思います。

また、仕事をしている様には見えない加害者も多く、妻子持ちの働き盛りの男性や母子世帯の母親がずっと在宅しているケースも多いのですが、その生活資金は一体どこから来ているのでしょうか?真偽の程はわかりませんが、ある宗教団体に入信したり、ある政党の支持者になると、公営住宅と生活保護がセットで手に入る、という様な信じがたい情報もネット内では見る事ができます。もし国民の血税が、こんな卑劣な犯罪に加担する人達を養う為に使われているとしたら、あなたは許せますか?

また集ストに加担しているマスコミやメディア、芸能界は、被害者に精神病(統合失調症)のレッテルを貼る為のプロパガンダ機関であり、被害者が病的で危険人物であるかの様な印象操作をするだけでなく、個人の生活を覗き見しては公共の電波を使って仄めかしをしたり、自宅生放送という卑劣な遊びをして楽しんでいるとも言われています。

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

因みに、芸能界、マスコミはS学会信者や在日系が多数を占めていると言われていますし、政治においては、K党の支持母体でもあり、各省庁や行政の中にも、また警察官や自衛官にもS会信者が多数いると言われています。外務省の大鳳会は有名ですので、ご興味のある方は検索して見て下さい。

外務省 大鳳会 google検索結果

また、被害者がネットで被害を訴えると、定型句の様な同じフレーズや理屈を振りかざしては、病気扱い、キチガイ扱いする人物が必ず現れます。皆一様に、「お前のような価値のない人間に莫大なコストをかけてまでストーカーする意味や理由などどこにあるのか」「病院に行け」と、判で押したような内容の否定的な書き込みが殺到します。

それなら逆にその人達に聞いてみたい事があります。

集スト被害者が、タダで人体実験できる被験者だとしたら?
その上、最先端技術の研究・開発という名目で、国から膨大な研究予算を獲得できるとしたら?
開発した技術で特許を取得し、莫大な利益を上げる事ができるとしたら?
ターゲットを集団で追い詰め、精神病患者や犯罪者に仕立て上げる事によって、防犯利権、医療利権、製薬利権、刑務所などの利権に群がる人達が潤い、警察を始めとする公務員が裏金を作れるとしたら?
加害組織から離反者を出さない為の「みせしめ」だとしたら?
カルト宗教団体などの信者が、幹部や上層部からの命令で、無報酬で召集されているとしたら?
生活保護受給の口利きをしてもらう代わりに、加害行為を行うという交換条件だとしたら?
在日朝鮮、中国人などによる背乗りやなりすましで、日本人の戸籍や土地、財産を奪うのが目的だとしたら?
この国から日本人を排除し、日本を乗っ取る為の謀略だとしたら?
暇とお金を持て余している一部の気の狂った富裕層達のゲーム(賭け)に利用されているとしたら?

この犯罪は、全てが闇のベールに包まれている為、これらの真偽は確かめようがありませんが、決してあり得ない事ではなく、むしろそれらがあるという確率はかなり高いと思います。

逆に言えば、これらの理由で加害や動員が行われている可能性はゼロであり、絶対にないと証明できない以上、否定工作員達の伝家の宝刀である“被害妄想論”や“コスト論”、“お前の様な人間に論”は破綻していると言えるのではないでしょうか?

この様な被害者の主張や信憑性の高い資料、論文、米軍を含む公開文書、特許情報などは一切無視して、頭ごなしにきちがい扱いする中傷的、攻撃的な口調、そして被害者を見下しては優越感に浸って満足している・・・などの一定の特徴が見られる事から、この犯罪を隠蔽する為に雇われたネット工作員であるとすぐにわかります。

「お前の様な何の価値もない雑魚を監視して誰が得をするのか」というのが、この火消し工作員達の一貫した主張ですが、逆に、知名度や財力や人脈や権威があり、多大な影響力がある重要な人物(例えば総理大臣や財閥のトップなど)を標的にしたら、自分達の犯行を徹底的に調査され、その結果、ストーキング行為が実際に行われてる事が判明し、暴露され、あっという間に世間に知れ渡り、この犯罪によって利益を受け続ける事ができなくなる事くらいわからないのでしょうか?

いえ、これらの工作員はその事を知っているでしょう。けれど自分達に都合のいい様に詭弁を使い、被害を訴える理由や肝心な根拠は無視して、ただきちがい、統失、被害妄想の一点張り。一体どちらが妄想の強い精神異常者なのでしょうか?

こうしたテレビやネット内のミスリードや火消し工作によって、あるいは書籍やコラムなどでも盛んに見られるプロパガンダ、印象操作、世論誘導工作によって、この組織的ハラスメントは徹底的に隠蔽されていますが、この被害は日本だけのものではなく、全世界で行われています。

(新しいタイプの人権侵害と暴力 様より)
Dr. シバタ著 "The invisible maiming torture enterprise of organized stalking assaults"

海外ではギャングストーキングと呼ばれる、この集団での付きまといや嫌がらせ、またそれと同時に行われるエレクトリックハラスメントによって、病気にさせられたり、事故死させられたり、マインドコントロールにより犯罪者になってしまったり、あるいは精神的に追い詰められて自殺してしまうという被害が、日本ばかりでなく世界中で報告されています。

しかも、咳払いや特定の仕草(頭や髪を触る等)によるアンカリング、偶然を装ったつきまといなど、日常の行動に偽装した加害行為であったり、目に見えない電磁波や音波、放射性物質等を使用した身体攻撃である為、証拠が残りにくい、あるいは全く証拠が残らないという非常に悪質な犯罪です。

また、司法にも加害勢力が入り込んでいる為、警察に被害を訴えても相手にしてもらえないばかりか、最悪の場合、精神病院に措置入院させられてしまいます。また裁判を起こしても、裁判官や弁護士が加害勢力の息のかかった人物である場合も多いと言われていますから、まともな判決が下るとは思えません。

奈良の騒音おばさんがいい例です。一般的には布団を叩く騒音や罵声などで、近くに住む老夫婦に被害を与えた加害者だと思われている河原さんは、実はS会の入会を断った為、この老夫婦(創価学会信者の疑いが濃厚)や近隣の住民から嫌がらせをされていた集スト被害者だった様です。

その被害に耐えかねて反撃した様子を老夫婦が撮影、その映像を元にマスコミが一斉にバッシング。河原さんは裁判で負け、懲役を科せられ、その上、老夫婦に損害賠償まで支払うという信じられない判決が下されるのがこの日本という国の司法の姿です。

「騒音おばさん」に実刑判決・・・・その裏に隠された真実!!

騒音おばさん

要するに、警察も裁判所もマスコミも、みんな繋がっているのです。そしてこの組織犯罪に加担、あるいは関与しているのです。全てではないとしても、ある宗教をキーワードに社会を見渡すと、あらゆる場所にこうした勢力が入り込み、ネットワークを形勢している事がわかります。

であれば、被害者自身がこの被害を証明する以外に、この被害を終わらせる事は不可能であり、そして多くの方にも、この犯罪を知って頂き、ご理解頂く事が、この犯罪を撲滅する為には不可欠なのです。

今の被害者が倒れたら、必ず新たなターゲットが必要になりますから、いつ誰がターゲットになっても不思議ではありません。どうか人事だと思わずに、この犯罪に関心を持って頂けたらと思います。

ただ、言葉だけではなかなかこの被害が伝わらない上、作り話だと言われてしまえばそれまでです。その為、同じ被害者同士では即座に理解できても、この被害と無関係、あるいは被害を受けていても無自覚の方に言葉や文章だけで信用して頂く事は極めて難しい為、やむを得ずこの様に写真や動画の公開をしております。

この組織的犯罪は、自殺誘導プログラムとも呼ばれる非常に悪質で巧妙な犯罪です。集団で個人を追い詰めて自殺させる、見えない電磁波などによる身体攻撃によって病気にさせる、あるいは付きまといや嫌がらせでストレスを与えたり、挑発して犯罪を誘発するという、非常に悪質な狙いを持って行われているのですが、そもそもそうした犯罪を取り締まるべき警察が、法律がないのを良い事に、全く捜査や取り締まりをしないばかりか、警察そのものが加担、あるいは主導しているという、俄には信じがたい現実がある為、最終的には被害者自らが自己防衛するしかないのです。

ですから私にとってネットで告発する行為というのは、この犯罪から私達親子の生活と身の安全を守る為の、唯一の防衛手段であり正当防衛です。

集団ストーキングという嫌がらせさえなければ、この様な事をする必要もなく、何の関係もない他人が映った映像や写真を公開する理由もなければ、そんな事をして憂さ晴らしをするなどという歪んだ趣味も持ち合わせてはおりません。

そもそも私はこの方達に何の興味もありませんので、こんな事をするくらいなら、もっと自分の為にお金と時間を使います。また金銭を受け取りながら被害者を装っている工作員(偽被害者)ではありません。

私がネットでこの様な言動をしている背景には、これらの事情がある事をご理解頂けたら幸いです。

参考資料(新しいタイプの人権侵害と暴力様)
ギャングストーキング/マインドコントロール犯罪訴訟

実験神経症 [英]experimental neurosis



尚、不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲で掲載を取りやめますので、お申し出ください。また、必ずしもこれらの現象が、集団ストーカーによるものであるとは断言しておりません。イニシャルは架空のもので、ご本人のお名前とは関係ありません。


絶望のないところに救いもあるものか

証拠が取りにくい陰険な方法で被害者を拷問しては笑いものにし

自殺させておきながら「すべては偶然」だと卑劣な大ウソを吐いて責任を逃れる。

それをゲームのように楽しみすでに大衆の娯楽にさえなっているほどだ。


(一部引用させて頂きました)


関連記事
スポンサーサイト

雷雨の中のストリートシアター疑惑

今月の1日に激しい雷雨があったのですが、その時の様子を動画で投稿しました。
最初は雷雨の様子だけにしようと思っていたのですが、色々と繋げていくうちに、かなり長い動がになってしまいました。



この様な場面を一つひとつ検証するのは本当に疲れますが、何らかの解決に繋がればと思っています。

※集団ストーカーとは関係のない映像や画像が含まれる場合があります。

関連記事

集団ストーカーは虐め(精神的身体的虐待・暴行・傷害行為)の拡大版

ここ何回か、佐野市山形小のママ友虐め連続自殺事件について触れてきましたが、この事件についての掲示板の書き込みなどを見るに付け、虐めと集団ストーキング犯罪というのは、ほとんど同一ではないかという思いを強くするばかりです。

虐めに加担する人間の分布(範囲)や規模が違うだけで、基本的には、自分より弱い者、大人しい者、何らかの理由で抵抗できない者、虐めている事を公表したり証明できない相手に対して、一方的に服従させたり、相手の嫌がる行為を繰り返したり、苦痛や暴行を加えたり、影で散々悪口や陰口を言って愚弄し侮辱し、無視したり村八分にしたりと、殆どやっている事の中身は同じです。

それが学校の中だけ、生徒間だけの虐めなのかそうでないかの違いはあるにせよ、精神的、身体的に虐待をしている事に変わりはありません。そして、その虐めが激しい場合、虐められている側は自殺せざるを得ない所まで追い込まれるのも共通しています。

生徒間の虐め問題に見えて、実は教師や保護者、そして教育委員会に至るまで、虐めに加担しているかも知れません。もしかしたら地域の有力者や政治家の影響もあるのかも知れません。

さらには私の様に、集団ストーキング犯罪の典型でもある地域防犯ネットワークを悪用して、地域ぐるみで一人を追いかけ回すという、俄には信じがたい集団虐めを受けている場合もあると思います。

本人は個人的なトラブルや人間関係のこじれだと思っているかも知れませんが、実は集団ストーキング犯罪のターゲットに選ばれてしまっていた、という事は大いにあると思います。

山形小の虐め事件でも、親も一緒になって虐めをしていた事、寧ろ親の攻撃の方が凄まじかったのではないかと思える事、未確定ではありますが、担任の叔父である市長がや○ざと関係がある人物だとか、あの地域は部落だったとか、虐めていたある母親の家が土建業やインテリア業だったとかいう様な話もちらほら出て来ていました。

そこまで話が出るという事は、もうこれは子供同士の虐めなどではなく、巨大な利権や利害が絡み、暴力団や行政まで関係している組織的な虐めだった疑いが非常に濃厚です。

自殺しなければならない程の虐めとは、どの様なものだったのでしょうか?
もしかしたら、自分達以外はほとんど全員、虐める側だったのではないでしょうか。

いずれにしても二人も続けて自殺?されているという事は、余程の事があったのでしょう。

そして、私も集団ストーキングという、地域ぐるみの虐めの被害者として、その心境や心情は痛いほど分かるのです。集団が寄ってたかって自分に対してあからさまな悪意と敵意を向け、偶然を装った付きまといなどの嫌がらせをしてくる事がどれだけ辛い事か。

だから、私はこの虐めをする人間を心底軽蔑しています。
人間の屑だと。

勘違いや思い過ごしなどではありません。
今までに散々検証してきたのですから、それが単なる思い過ごしや勘違い、ましてや妄想などではない事は、例え証明はできなくとも、今までの記録映像によってある程度説明が可能です。そして全国から寄せられる被害報告と見事なまでに一致しているのです。出現するタイミングや時間、頻度、付きまとってくる人物はだいたい決まっている事・・これらの事を総合して判断し、結論に達した事なのです。

少なくとも、私に対してストーキング行為をしている人物は把握していますので、犯罪者仲間がどんなに陰で私の事を馬鹿にして勝ち誇っていたとしても、私の生活の全てを監視(覗き見)して笑いものにしようとも、タイミングを合わせた付きまとい工作が見事成功して優越感に浸っていようとも、やっている事は虐めという、人間として最も醜く恥ずべき行為です。

無抵抗の弱い人間をなぶりものにするその卑劣さは、とてもまともな人間にできる事ではありません。相手が自殺すれば、人殺しと同じ。殺人罪で極刑を言い渡されても仕方のない様な事をしているのです。

虐められている人間が自殺すれば、また別のターゲットを探して虐めを繰り返す。
もう虐めなしでは生きられない、最早、人間とは呼べない何か別の生き物に成り果ててしまったのかも知れません。

あるいは洗脳され、自分のしている事が正義だとか立派な事だとでも思っているのでしょうか?だとしたら、もう救いようがありません。人殺しと正義の区別もつかない異常人格者です。いわゆるサイコパス。実に恐ろしい人達です。

そうした虐めの加害者に対する世間の目はとても厳しく、加害者の画像と名前を公表しろという声が次々に上がっています。当然でしょう。こんな殺人行為をしておきながら、お得意のとぼけ顔で、自分はなにもしていない、無関係だ、などとシラを切り、言い逃れして虐めなどなかった事にしたいのですから、そして、警察や行政も一緒になって隠蔽し、まともに報道すらしないのですから、ネットで氏名や画像を公表する位の事をしなければ、加害者はつけ上がり、やりたい放題です。

そしてまた虐めやすい人物を捜し、標的にし、同じ悲劇が繰り返されるだけ。

今日は終戦記念日ですが、かの戦争で、この国の為にその命を捧げた人達は、今頃どう思っているでしょうか?
弱い者虐めに夢中になっている今の日本を見て、さぞ嘆かれている事でしょう。こんな日本にする為に、命を捧げたわけではないと・・・。

私がもし同じ立場だったら間違いなくそう思うでしょう。
こんな日本にする為に自分の命を捧げたわけじゃない・・・と。

本当に今の日本は異常です。
狂っています。

どこを見ても、虐め、虐め、虐め、虐め。
男も女も大人も子供も老人も、明けても暮れても虐めに夢中。

一体この日本、そして世界中で同じ事が起きている原因は何なのかと考えてしまいます。集団マインドコントロールなのか、それとも民族同士の侵略戦争が未だに続いているのか、あるいは、もっと別の理由や要因があるのだろうかと。

いずれにしても、虐めは100%悪です。
虐める人間も同じ。
そこに正当性なんてあるはずもない。

いじめられる側にも問題がある・・などと、分かったような事をいう人もいますが、問題があったら虐めて自殺させてもいいとでも言いたいのでしょうか?そんな言葉を、虐めで自殺された方のご遺族に向かって言えますか?冗談も休み休み言って下さい。

何か気に入らないのなら、相手に直接抗議するとか、謝罪を要求するとか、そういう方法を取ればいいだけの事。それで決着しないのなら裁判で争うのが法治国家のあり方なのに、そうではなく、仲間やグループや集団や組織が、潰したい相手、敵対している相手を非合法に虐待し、命を奪っているのです。

そうであるなら犯罪以外のなにものでもないでしょう。
ところが司法や行政がまともに機能していない。
あろう事か、加害者の仲間だったりグルだったりするのです。


被害者は泣き寝入りするだけですか?
自殺するしかないのですか?
加害者は、人を殺しておいてお咎めなしですか?

そんな馬鹿な事がまかり通っていいはずがありません。
ならば、加害者に社会的制裁を受けてもらうしかないのではないでしょうか?

それがいけないと言うのなら、警察がきちんと捜査し、犯罪者を取り締まり、服役させ、マスコミが事実を報道すればいいのです。それをしないのなら、あれこれ言う資格はないと思います。そもそも警察とマスコミが正しく機能してさえいれば、ネットユーザーがリスクを犯して告発したり情報公開する必要もないのですから。

自分達の怠慢を棚に上げて批判者や告発者を弾圧し、自分達の都合のいい様に事実をねじ曲げるその姿勢に、大きく信頼が揺らいでいる事も忘れないで下さい。

程度の違いはあるにせよ、最終的に自殺に追い込むのですから、集団ストーキングも含め、虐めは殺人と同じ。最も罪の重い犯罪です。

それだけの重罪を犯しながら、証拠がないのを良い事に、自分は何もしていないと、とぼけた顔で逃げ切るつもりですか?それとも誰かに罪をなすりつけ、自分だけは助かろうなどと卑怯な事を考えているのですか?

私はこの虐め犯罪に加担する人間を決して許す事ができません。
私が許す許さない以前に、この卑劣な行為を繰り返していた報いは、いずれ必ず自分自身に戻ってくる事でしょう。


ガールズちゃんねるからいくつか書き込みのスクショを追加させていただきます。。
























































girls_cnl60.jpg


girls_cnl61.jpg


girls_cnl59.jpg


girls_cnl62.jpg


girls_cnl63.jpg


girls_cnl64.jpg


最後の方の書き込みを見ると少し考えさせられますね。もしかしたらずる賢いボスママやその取り巻きが、無関係の人に罪をなすりつけている可能性もありますし、関係のない人の画像を加害者が流して拡散→実は無関係だったと判明→掲示板の書き込みなんて信用ならない、という流れに持って行く為に加害者側が工作している可能性もありますので、憶測だけで暴走せず、慎重に見ていく必要があると思います。

個人情報や画像をネットに晒すという行為は、本来であれば厳に慎むべきものですが、自殺する程の酷い虐めをなくすには、致し方ないのではと思います。おそらく加害者側は被害者の画像や個人情報などを加害グループのLINEに流していた事でしょう。虐める人間というのは、確実にそういう卑怯な事をしていますから、時と場合によっては同じ事をして痛みを分からせる必要もあるでしょう。ただし、無関係な人を巻き込む事は、避けなければなりません。真相を追求する人達が加害者になってしまっては本末転倒です。

また、過激とも思える書き込みもありますが、なにしろ人を虐め殺す相手です。上品で丁寧な口調では痛くも痒くもないでしょう。この位、激しい言葉を投げられても仕方のない様な事をしている人達なのです。

亡くなられたお一人目の方は、遺書に加害者の名前を書いていたそうですが、それはつまり、このいじめ問題をうやむやにせず徹底的に調査し、加害していた人物らに相応の罪を償わせたい、そういう気持ちがあったからに違いないと思うのです。

文字通り、自分の命を掛けた無言の抗議です。
これ以上の意思表示があるでしょうか?

ところがこの犯罪を隠蔽したい加害側が、ご遺族にまで圧力を掛け、地域住民にも口外しない様に箝口令を敷いて、揉み消しや火消しに躍起になっているとかいないとか。ましてやネットを使わない地元住民はこの事件の事を知らない人までいるそうです。これでは虐めがなくなるはずがありません。亡くなられた方の無念が晴れる事もありません。

ネットでこの問題を知り、虐めを根絶させたいと思う全ての方にお願いします。
追求の手を緩めないで下さい。

この虐めという卑劣極まりない犯罪をなくし、新たな犠牲者が出ない様にする為、そして同じ虐めの拡大版とも言える集団ストーキング犯罪をなくす為にも、この問題が風化しないよう、一人でも多くの方に関心を持ち続けて頂き、事実を知って頂きたいと切に願ってやみません。


今回亡くなられたお二人のお母様、そして戦争で命を落とされた多くの方々のご冥福を心から祈ります。


辛く苦しまれた分、どうかその魂が安らかでありますように・・。



関連記事

【B.N.Jフラッシュニュース】ネットではイジメを行っていたママ友らを徹底的に追及する構え
栃木のママ友自殺事件に週刊誌も参入し事件の詳細が少しずつ、ネットは全面的に追及の構え


本物?イタズラ?栃木ママ友連続自殺事件で地元民名乗る8,000字の長文がネットに投稿され話題に


「マスコミに喋ったのは誰だ」栃木ママ友連続自殺事件で地元の異様な警戒ぶりにネット「真相突き止めたい」


集団ストーキングについてご存知ない方はこちらの記事もぜひご覧下さい。
非公然公安治安テロリストは、非公然統治階層のどこに所属しているのか。


同じ被害者の方のブログから。

ずるい者たち

睡眠妨害





関連記事

佐野市周辺のストリートビュー

今回のママ友虐め事件で、山形小学校、及び佐野市周辺をGoogle Earthで見ていて少し気になた所をキャプチャーしました。

この虐めの根底には、恐らく相当な利権が絡んでいると思うのですが、こうした採石場?などが多いのが気になりました。たくさんの工場があるなら、それだけ開発を進めたい人達もたくさんいるのだろうなと思います。
ge02.jpg

さらにズーム。
ge01.jpg

左下にも巨大な採石場か何かがあり、上の方には出雲大社があります。こんな所に出雲大社があるのでちょっと意外でした。
ge03.jpg


山形小学校の手前の県道。左側にコミュニティセンターがあります。こういうコミュニティーセンターがある所は部落が多いという書き込みもありました。事実かどうかは分かりませんが。
ge05.jpg

今回、ママ友虐め事件のあった山形小の校門。
ge06.jpg

山形小の校舎。
ge07.jpg

プール横。
ge13.jpg

校庭の反対側。
ge11.jpg

掲示板にも書き込みのあった妙心教会本庁。
ge12.jpg

時々名前の上がるY産業。
ge16.jpg

小学校付近にあった農園?
ge15.jpg

人丸神社。
ge17.jpg

掲示板から拾ってきた画像。
P6280035.jpg


小学校から更に来たに進む道路は、トラックが多く写り込んでいます。
やはり土建業が盛んの様です。
ge09.jpg


ge10.jpg


美容室。特に意味はないです。
ge14.jpg


八剣神社の上の方は、なぜか色が違います。妙に白っぽいのは何故でしょうか?
ge04.jpg


探すのに苦労しましたが、ここが八剣神社。案外小さな神社でした。
ge18.jpg


ge20.jpg


ge19.jpg


ge22.jpg

神社のすぐ目の前にあるふれあいセンター。Googleの車が窓に映り込んでいます。
ge21.jpg

ここが神社への上り口?
ge23.jpg

これもネットで拾った画像です。
IMGK0087s.jpg

ここが掲示板にも名前が出てくるH川さんの済む石塚団地。
svsano01.jpg

かなり新しい団地の様です。
svsano03.jpg

そして右側に市営住宅があるのも全く同じ光景。
svsano02.jpg

この県営住宅の名前は頻繁に出て来ます。やはり県営住宅と虐め(集団ストーカー)というのは、切っても切れない縁の様な物があるのではないかと思えてなりません。恐らく色んな利権が絡んでいるのだと思います。

しかしその利権の為に、人の命が奪われる様な事があってはならないのです。
しかも、虐めという陰湿で卑怯な方法で、罪に問われず、いかにも自滅した様に見せかけて、命を奪った当人達は、何事もなかった様に涼しい顔をして生き続けるなんて、許されていいはずがありません。

こういう事が今まではずっと隠されてきたから、同じ悲劇が繰り返されて来たのだと思います。
今はネットであっという間に情報が広まります。
虐めた側も大きな代償を払う事になるでしょう。


関連記事

【栃木】虐めで母親2人連続自殺事件 掲示板より

この事件の新しい情報を、引き続き掲示板からピックアップしました。
元スレが先日の2chですので、内容が一部重複しているものもあります。

今回は主に下記掲示板からのスクリーンショットになります。

【栃木】ママ友イジメで2人のママが自殺3【隠蔽】 (1005)

【栃木】イジメでママ友2人が自殺★13【佐野市】 (693)

※書かれている内容について確認や検証ができない為、真偽を保証するものではありません。

wall0-00.jpg

wall0-01.jpg

wall0-02.jpg

wall0-03.jpg

wall0-04.jpg

wall0-05.jpg

wall0-06.jpg

wall0-07.jpg

wall0-08.jpg

wall0-09.jpg

wall0-10.jpg

wall0-11.jpg

wall0-12.jpg

wall0-13.jpg

wall0-14.jpg

wall0-15.jpg

wall0-16.jpg

wall0-17.jpg

wall0-18.jpg

wall0-19.jpg

wall0-20.jpg

wall0-21.jpg

wall0-22.jpg

wall0-23.jpg

wall0-24.jpg

wall0-25.jpg

wall0-26.jpg

wall0-27.jpg

wall0-28.jpg

wall0-29.jpg

wall0-30.jpg

wall0-31.jpg

wall0-32.jpg

wall0-33.jpg

wall0-34.jpg

wall0-35.jpg

wall0-36.jpg

wall0-37.jpg

wall0-38.jpg

wall0-39.jpg

wall0-40.jpg

wall0-41.jpg

wall0-42.jpg

wall0-43.jpg

wall0-44.jpg

wall0-45.jpg


新たに暴力団や神社などの情報も出てきましたが、やはりこの事件は、単なるママ友同士の虐めによる自殺などではなく、様々な欲望や利権、その土地にまつわる因縁や人間関係などがドロドロに渦巻く、非常に闇の深い問題が背後に隠れていると思います。

そして書き込みにもありました様に、もしかしたら自殺ではなく他殺の可能性もあるのではないかと・・。
遺体の発見から火葬までの時間が、短すぎる事も指摘されていますが、仮に神社や宗教が関与していたとしたら、あるいは何かの儀式があったのではないかなどと、余計な事まで考えてしまいます。

考えれば非常に恐ろしい事ですが、お2人目の方は本当に自殺だったのでしょうか。

のどかな田舎の風景とは裏腹に、暴力団などの恐ろしい組織や勢力の思惑が、これほどまでに深く関係している事に、言い知れぬ恐怖と戦慄を覚えます。そしてそれは、この佐野市に限った事ではなく、私の住んでいるこの場所も、全く同じ状況であると直感しています。

次の記事で、GoogleEarthから取り込んだそれらの場所の画像を貼ります。


関連記事

栃木ママ友虐め連続自殺事件への反応 ガールズチャンネルより

前回の記事に続き、今回はガールズチャンネルから、参考になる書き込みをいくつかピックアップしました。
途中までしか見る事が出来ていない為、また追加するかも知れません。


栃木・LINEママ友いじめ、母親連続自殺の現場で真相を追う【週刊女性】

栃木ママ友連続自殺 地元でマスコミに漏らした犯人探し開始

何か順不同になっていますが、取り急ぎこのまま公開しました。
































































girls_cnl24b.jpg
















































最後にちょっと怖い書き込みも。

街ぐるみで隠ぺい 佐野ママ友いじめ自殺事件
bakusai01.jpg


以上、栃木の虐め連続自殺事件についての反応を、掲載致しました。

この事件を調べる程に、これは子供の虐めや母親同士の虐めという単純なものではなく、様々な利権絡みのどす黒い闇が見え隠れしています。

そしてまた、この虐め事件で亡くなったお二人の方は、実は組織的なストーカー犯罪の被害者だったのではないかという疑惑が強くなる一方なのです。

正式な発表や報道がない為に余計に憶測が飛び交い、表に出て来ている確かな情報も少ない為、今後も引き続きこの事件は注視していきたいと思います。また新たな事実が判明した際には、ツイートしたり、追記すると思います。

ただ、虐めに対する批判的な意見は、決して間違ってはいないと思います。
私も心底そう思います。

いずれにしても、もうこの虐め社会は終わらせなければ、いくら立派なスローガンがあったところで、健全な社会の実現など絵に描いた餅で、表面上は健全に見えても、実はその水面下にはドロドロの欲望が渦巻き、醜い利権争いによって、罪もない人が命を落とさなければならない、何とも醜い世界が続くだけだと思います。

ですから、この事件をどうか忘れないで下さい。
風化させないで下さい。
こうした虐めによって苦しんでいる人が、今もたくさんいるのです。

集団ストーカー被害者もその一部です。
もしかしたら、虐めによる被害の大部分がそうなのかも知れません。
自分は虐めの被害を受けていると思っている方、または虐めにあっているという自覚がなくても、何となく人間関係などに違和感を感じている方も多いのではないでしょうか?

なぜか急に騒音が酷くなった。
なぜかいつも同じ人と不自然に遭遇する。
何か今までと違う。
一体何が起きているのだろう・・・。

ところがネットでそれを調べてみたら、所謂「集団ストーカー」と呼ばれている地域ぐるみ、町ぐるみの虐めだった・・、というケースは実は非常に多いのです。

そして、“弱者”を装い、“弱者”や“差別”を最大の武器にするこの虐め体質のサイコパス達は、子供を使って大人に嫌がらせを仕掛けて来ます。まさに大人が子供からのハラスメントによって蝕まれていくという逆転現象が起きているのです。

相手が子供であれば、たとえそれが犯罪であっても、抗議した側が不利になってしまうという盲点を最大限に悪用して来るのです。子供は弱く守るべきもの、大人は子供に危害を加える危険なもの、そういう固定観念でしか物事を考えない人達ばかりですから、これ程都合のいいものはありません。

嫌がらせをしてくる子供を少し見ていただけで、間違いなくこちらが不審者、危険人物になって通報されてしまうのです。

子供が嫌がらせや付きまといなんてするはずがない、殆どの人がそこで思考停止してしまうのです。狡猾な加害者達は、そうした事も計算した上で子供を使って嫌がらせをするのです。

ですが、虐めに加担する子供の目、あれは子供の目ではありません。敵意や悪意の宿る目です。私を挑発してくる子供の目や表情には子供らしさがないのです。物心つくかつかないうちから、親に教え込まれ、組織的な犯罪に加担しているのですから当然です。

今回の栃木の虐め事件でも、恐らくそういう子供が亡くなられた方の子供さんを虐め、結果としてその母親を自殺に追い込んだのではないでしょうか。

こどもを守る安心の家などと、さも自分達は無償でこの様な立派な活動をしていますとばかりに、地域ぐるみで子供達を見守っている様に装っていますが、その実態は、敵対者の監視や嫌がらせの拠点。少なくとも私の周辺ではその様に、防犯ネットワークが悪用されている事は私自身が体験している事ですから疑いようもありません。

やりすぎ防犯パトロールで検索してみて下さい。
そしてある宗教団体が深く関与している事は調べればいくらでも出て来ます。
全ては自分達の利権を守る為に・・・。

この様な状況を変えるには、この非常に見えにくいそして陰湿な犯罪と、それに加担する者達のしている事を明らかにして行くしかありません。

もちろん、誰だって報復は怖いです。場合によっては相手が暴力団であるかも知れないのです。(現に私はその様な組織によって尾行や監視をされています)

でも怖がっていたら何も解決しません。
卑怯な人間達はそこにつけ込むのです。
どうせお前らは何も言えない、言えばお前の弱みをバラすぞ。
そういう卑怯者達の使う手がこの虐めです。

しかしそれは立派な脅迫罪であり、それによって自殺に追い込んだ場合は自殺教唆であり、悪質な場合は殺人罪です。
その様な犯罪行為に対しては法的手段を取るだけです。
恐れてばかりでは何も変わらない。
皆が保身ばかりで声も上げないのなら、犯罪集団は永遠に安泰。
そして、この社会がそうしたならず者達に支配され(現にそうなっていますが)、自分の子供達が安心して生活する事もできなくなってしまいます。


色々と事情はあるでしょうが、一人ひとりが勇気を出して声を上げる、まずはそこからではないでしょうか?
私の場合は、もうここまでターゲットとして徹底して狙われてしまった以上、背水の陣ですから、声を上げるしかないのですが、どうかそういう勇気のある方が一人でも声を上げて、真相を語って頂けたら、この社会を少しは変えられるのかも知れません。

またそうしなければならないと思います。
この人達は、自分達がいい思いをする為に犠牲を必要とします。
他人の不幸という犠牲、そして何もかも奪って行きます。

そんな事をこれ以上許していいのでしょうか?
今、大人が頑張らなくてどうしますか?
守りたいものは誰にでもあると思います。

自分だけは安全な所にいて、誰かに突撃してもらって、集中攻撃の矢面に立ってもらおうという他人任せではなく・・・。
とにかく、この虐めをする人間を社会が糾弾する、そしてそれ相応の社会的制裁を受けてもらう、警察も司法も機能していないのであれば、そして癒着し腐敗しきっているのなら、もうそれしかないのではないでしょうか。


参考記事 
テクノロジー電磁波犯罪 被害忘備録様より
やりすぎ防犯パトロール

このブログ記事の中の魚拓は貴重ですね。
以下、一部抜粋して引用させて頂きます。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

全国で展開されている防犯パトロール(民間団体などによる通称「安全安心パトロール」)は、ニュースで報道されている聞こえのいい内容とは裏腹に、特定個人を尾行し監視するなど悪辣な法律逸脱行動に及んでおり、憲法違反を含む数々の重大な問題を含んでいる。

この生活安全条例は、市町村でしらみつぶしのように数多く制定され、それに伴う民間防犯団体つまり「子供110番の家」「子供老人パトロール隊」などの組織化も警察主導で行なわれている。それのみならず、その団体員に対して県警警部補が「尾行の仕方」「ごまかし方」まで教えているありさまである。こういう実態をみると、まさしく警察の下部組織の育成であり、警察国家へのまい進を思わせる。

防犯パトロールの第1の問題は、民間の警備員ですら「正当防衛」以上の権限を持ちえないのに、一般市民である人物が見える形で尾行や監視という行為をして、その対象個人へ”身辺への「圧力」”を感じさせることである。これは、端的にストーカー行為と同じである。それが、集団で行なわれている。

被害者らはこれを「集団ストーカー」と呼び習わしている。これは、どうみてもプライバシーの侵害であり、個人の文化的生活を保障した憲法への違反ではないか。

防犯パトロールの違法行為は尾行や監視にとどまらない。
たとえば、対象個人が生活に必要な物資を購入するために店舗に入ると、そこの店員に防犯パトロールの要員が警戒するように「密告」して歩く。そのまま信じた店員は対象人物をあたかも「万引き犯罪者」のごとくひそかに、あるいはあからさまに尾行して付いて来る。

そういう行為をされた個人の心象はいかばかりだろう。これは、プラバシーの侵害以上に、弾圧のである。防犯パトロールの問題性は、その団体の「警察の下部組織化」という現在の施策に、そもそも問題の芽を含んでいるのである。

なぜなら、防犯パトロールへの警戒対象人物への情報は、そもそも警察サイドからのもので検証されていない。それが恣意的だったら、どうだろう。政治的にであれ、現場の警察官の私的な感情にもとづくものであれ、そういう悪意の情報が紛れ込む余地は十分ある。

それに、防犯パトロールを担当する民間人とて、差別感や偏見と無縁ではいられない。その感情を利用する形で、個人情報が流され、警戒という尾行・監視あるいはスパイという行動が取られるとしたら、それはまさに「警察国家」である。

防犯パトロールを動員しての尾行・監視ばかりではない。
その活動に加えて、警察の生活安全課が地元のライフライン企業と「防犯協力覚え書」という形の協定書を取り付け回っている。宅配便や市役所、電話会社などもそうであり、たいてい子供パトロールとして登録されステッカーを配布している。また、さらに警察は、青色回転灯なる擬似赤色灯をその企業らに使用許可を出し、その登録数の増加を達成目標に掲げている。

たとえば病院。警察と病院の覚え書によって、警察は容易に病院という本来病気治癒という場所を監視の場所に変えてしまう。防犯パトロールの要員が、患者へのボランティアという偽装の形で病院に入り込むのみならず、病院職員自身たとえば看護師が入院病室の対象人物のそばで付きっきりで会話の立ち聞きをするのは日常茶飯事である。

日常的に展開されるこれらの人権侵害は、すでに「警察国家」の域に達している。一般市民の人権意識は低く、まさかという反応と対応を示す。しかし、じっさいやられていることなのだ。

戦前の状況の経験や知識のある人は、気づくに違いない。戦前の自警団・隣組に似ている、と。かつての市民は、異議を唱える自立心と勇気をもたなかった。それゆえ、関東大震災において他民族への殺戮が行なわれたし、鉱山労働の逃亡者へ鎌で追うようなこともした。今の防犯活動の状況は、まさしくこれを彷彿とさせるものである。

全体状況を見回してみれば、いくら防犯といっても、これはやりすぎだ、ということに尽きる。防犯パトロールはなかば小権力化しており、「お上」の威光をかさに来て振る舞っているようにみえるし、このボランティア活動に、ある特定の政治的団体が関与して容易に入り込み、権力化するという流れも疑われている。

宮城で問題となったように、もし情報非公開とされている報償費がこれらの防犯パトロールに使われているとしたら、それは経済的にもバックアップされることであり、児童虐待通知義務法も検討される昨今、市民は否が応にも「密告社会」に巻き込まれることになる。

(記者:森山つきた)





関連記事

栃木ママ友虐め連続自殺事件への反応 2chより

今年の4月に栃木県佐野市立山形小学校で起きたママ友による虐め自殺事件ですが、最初にこの事件を知った時は、何となく集ストと関係あるのではないかと思ったのも確かなのですが、それ以上、深く調べる事もなく、その時は軽くツイートして終わりでした。

しかし最近また、この事件に触れる機会があり、改めて調べてみると、どうもこの連続自殺には不可解な点と相当な闇が潜んでいる様に思えてならない為、今回ブログで取り上げる事にしました。

私の主観ですが、この事件はやはり、ママ友間の虐めという問題に留まらず、町ぐるみ、地域ぐるみの虐めだったのではないかという疑いが濃厚になって来ました。

Google mapより
sano-map1.jpg

小学校付近には、勤め先も少ない地方にしては随分立派な家が建ち並んでいます。農家が多いのでしょうか?
sano-map2.jpg


また今回の事件では、市長や警察、市会議員、防犯パトロールなども口封じや火消しに動いていたという指摘もあり、どうにも集団ストーカー絡みだったのではないかと思えてならないのです。

可愛い盛りの子供を置いて、母親が自殺すると言うのは尋常ではありません。
一体どれほどの残酷な虐めがあったのか、そしてこの事件を沈静化させようと躍起になっている関係者達の動向を見ると、尚更、沈静化させてはならない、風化させてはならないという気持ちが沸き上がって来ます。

風化して何事もなかったような平穏な日常が戻ってくる事を、亡くなったお2人は、本当に望んでいるのでしょうか?
ご遺族は?

もしかしたら、この自殺の真相を解明し、世間に知らせて欲しい、そう思っているのではないでしょうか?
この虐めに加担した母親達が、きっちりと世間からの批判の目に晒される事を望んでいるのではないでしょうか?
そうでなければ自殺された母親は浮かばれません。

子供への虐めを止めて欲しいという切実な願いさえも聞き入れられず、今度は自分自身に対する壮絶な虐めに発展し、震える程の恐怖を味わい、気が狂わんばかりの苦痛に耐えきれず、身を切り裂かれる様な思いを胸に、愛する家族を残しこの世を去って行ったのではないでしょうか?

だとしたら、この卑劣極まりない虐めという、人間の心の醜さ、邪悪さ、凶暴さ、冷酷さをこれ程までに剥き出しにした卑怯で卑劣極まりない行為が、この世界からなくなる事を、心の底から望んでおられたのではないでしょうか?

この自殺された方、そして残されたご遺族の気持ちを考えると、胸が苦しくなります。特に、子供さんのショックや母親を亡くした喪失感は、想像を絶するものでしょう。大人でさえ、身内を亡くしたら、耐えられない様な苦しみと地獄を味わうのですから・・・。

自殺された方も、その様な事は百も承知だったはずです。なのに自殺しなければならない程の苦しみを思う時、本当にこの虐めに加担していた母親や子供に対して、心の底からの怒りが湧いて来ます。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

また、今回の事件では、お二人の方が相次いで自殺されるという大変残念な結果になってしまったのですが、あるいは自殺ではなく、本当は他殺だった可能性もあるのではないかと思いますし、実際、その様な指摘もあちこちでされています。
そうであれば、尚更真相を解明し、その犯行に及んだ人物達が裁かれなければ、その無念が晴れる事はないでしょう。

ネットでも指摘されていますが、ご遺族の方や地元の方に対して、何らかの圧力が掛かり、声を上げたくても上げられないのかも知れません。また残された子供さんの事や今後の生活の事で、心身共に非常に辛い状況である事は容易に想像が付きます。

そうであれば、虐めであれ、集団ストーカーであれ、規模や範囲の違いはあっても、その実態は“虐め”に他ならない訳ですから、この事件の真相を追求し世間に知らせるのもまた、集団ストーカー被害者の役目であると私は考えます。

また、虐めの加害者に対する世間の目は相当に厳しく、その厳しい目を、ぜひ集団ストーカー加害者にも向けて頂けたら、同じ様な悲劇を少しでも減らす事に繋がるのではないかと、そんな風に思い、今回はいくつかの記事へのリンクと、2ch掲示板からは、転載禁止の為、スクリーンショットを掲載させて頂きました。

転載禁止なので、画像で掲載するのもいいのかどうかわかりませんが、こうした悪質な虐めを少しでもなくし、新たな犠牲者を出したくない、という気持ちから、この様な記事にさせて頂いた次第です。

2chもプロ固定などの工作員やサクラが多数出没しますが、中にはブログやニュースなどではわからない、当事者や関係者、事情を知る人の証言?の様なものもありますので、こういう場合はかなり有益な情報源になると思います。
今回は既婚女性@2ch掲示板だった為に、荒らし行為も少なく、不快な書き込みも少ない様に思います。

ただ、それぞれの書き込みや情報の真偽までは確認できませんので、内容についてはそれぞれにご判断下さい。
今回は、2chとガールズちゃんねるという掲示板を見てみたのですが、スクショの枚数がかなり多くなってしまいましたので、今回は2ch、次の投稿でガールズちゃんねるの書き込みという事で、2回に分けて紹介させて頂きます。

まず、この事件についての記事のリンクをいくつか貼らせて頂きますが、内容はそれぞれのサイトにてご覧下さい。尚、これらの記事を紹介して下さった方にも、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

山形小学校で母親2人自殺ママ友いじめ-栃木県佐野市 北中学校教師?


学校が遺族に口封じか 女性セブン【栃木ママ友連続自殺 地元でマスコミに漏らした犯人探し開始】

栃木・LINEママ友いじめ、母親連続自殺の現場で真相を追う


いじめが伝統!? ママ友いじめの舞台 山形小学校 ・佐野市山形町はどのような場所か


山形小学校周辺に配られたマスコミ対策のビラ【栃木ママ友LINEいじめ連続自殺】



以下2ch掲示板から。

【栃木】イジメでママ友2人が自殺★9【佐野市】©2ch.net

【栃木】イジメでママ友2人が自殺★10【佐野市】©2ch.net

【栃木】イジメでママ友2人が自殺★11【佐野市©2ch.net

【栃木】イジメでママ友2人が自殺★12【佐野市】©2ch.net

【栃木】イジメでママ友2人が自殺★13【佐野市】©2ch.net

以下、9~11のスレッドで、この事件の真相を探る上で、何か手掛かりになりそうな部分を、取り急ぎピックアップしました。ただ、あちこち見ていたら、どのスレッドからキャプチャーしたものか分からなくなってしまいましたので、詳細はスレッドを確認して頂ければと思います。文字が小さいので、見づらい場合は画像をクリックしてお読み下さい。

































































































続いてガールズちゃんねるの書き込みをピックアップします。


関連記事

監視や付きまといは、やはり防犯パトロールの悪用だったと思う理由

今朝も資源物の回収日だったのですが、ゴミを出しに出る時などに、私が共有玄関を出るタイミングや、集積所に到着したタイミングで、毎回の様に車が通過したり出現するポイントがあります。勿論、今朝もきっちりと軽トラが、見事なタイミングで現れました。その様子は記録してありますので、後ほど追加します。

そもそも、その道路を利用する人はそれほど多くないはずなので(その道路脇に家のある人だけ)、その説明の為に、Googleマップをキャプチャーしようと、ストリートビューを見ていて、ある事を発見してしまいました。

それは、集ストが始まった頃から、妙に私の方をじっと見ている老夫婦がいる家があり、何だか嫌な感じがしていました。そして集ストについて色々とわかって来るに連れ、おそらくあの家の人は、私を監視しているんだろうと確信する様になりました。

そして、その家の人が、私が外出するタイミングでこの様にバイクで現れたりする事が続きました。
20140830064901.jpg

そして、この家の横の道路は通学路になっていて、今でも、私が何気なくこの場所を見たり、違反駐車の記録の為、駐車場付近を撮影し始めると、なぜか車が通過する、子供が帰ってくる、という不可思議な現象が続いています。
20150713144501b.jpg

この時も、私がこの場所を見た時に、一台の車がスーッと建物の陰に隠れたので、もしかしたら坂を下りてくるかも知れないと思い、急いで撮影を開始すると同時に、続々と小学生が下校して来ました。ですが、下校時間にしては早すぎる午後2時45分。という事は学校を出たのは2時少し過ぎた頃で、随分中途半端な時間に思えます。

しかもカバンを前カゴに乗せ、自転車に乗って帰ってくる児童も。確か、小学校は自転車通学は禁止のはずですが・・・。
20150713144502b.jpg

そもそもこの道路は、道路脇に家のある数軒の人しか利用しないはず。なぜなら、この道よりも走りやすい道路(県道)があるのに、そこを通らないで、わざわざこの細くて、くねった道を通る必要がないですから。

そこで検証の為、ストリートビューで確認してみました。
(画像はGoogle earthより)
map2015080504b.jpg

不可解なのは、私が目撃する車というのは、この黄色い線の様なコースを走る事。特に赤い線のコースは明らかに不自然。なぜ、わずか数メートルで県道に出られる水色のコースを走らずに、わざわざ通りにくい道を走る必要があるのでしょうか?
map2015080505b.jpg
(時間がないので、急いで作成した為、分かりにくくてすみません)

しかも、この老夫婦の家をストリートビューで見ていて、意外な事を発見!なんと、あの「こどもを守る安心の家」の旗とステッカーがあるではありませんか。
map2015080501b.jpg

map2015080502b.jpg


因みにこのお宅はこの後、増築していますが、この旗を見た瞬間、私の中で、ああ、やっぱりそういう事か!と多くの疑問が氷解したのでした。そして多くを理解しました。

やはり防犯ネットワークが悪用されているのは間違いないと・・。
私が不自然に遭遇したり目撃するのは、この防犯ネットワークと関係のある人達と完全に一致しています。

つまり警察、そして警察と防犯協定を結んでいる企業(宅配便やJP、店舗、タクシー、市営バス、警備会社など、非常に多くの企業や団体等が参加、加盟している)、消防→だからサイレンや不審な出動が多い。自治体(警察と連携し防犯活動を拡大する事でより多くの補助金が入る)→補助金の分配(山分け)→公共事業が増える→土木建築、産廃業界が潤う→トラックが異様に増える、警察や地方公務員の裏金作り、そして防犯ボランティア(ボランティアと言っても、実際には何らかの報酬や協力費などの利益を得ているはず。そしてこれが近隣住民やあちこちで遭遇する不審な付きまとい・監視・連絡要員の正体) etc。

だから、行く先々でこういう人達や車に遭遇したり、あるいは団地内でも、不自然なタイミングと頻度で、特定の住民と遭遇するのですね。

防犯ボランティアと某学会の繋がりも興味深いですし、地域防犯活動は、あの悪名高き部落利権の後釜として作られた新たな利権システムだという指摘もされています。

そして防犯ボランティア活動は、身の安全を確保する為(笑)、一人ではなく複数(2人1組推奨だったか・・)で“見回り”活動をする様に指導していますので、コラボでのストリートシアターが多いというのも、多分そういう理由。

わんわんパトロール
りんりんパトロール
こどもパトロール隊?

そういうのにかこつけて、危険でもない一人の市民をみんなで監視して、寄ってたかって追いかけ回して防犯ごっこして、利権(税金)に群がり、私腹を肥やし、立派な家を建て、高級車を乗り回しているのですね。

またはその逆で、生活保護を不正に受給する代わりに、こうしたストーカー行為をしている人も多いでしょう。現に、私の周辺では、妻子持ちの働き盛りの男性や、母子家庭の母親が、仕事もしないで平日の昼間もずっと在宅していて、私の行動に一致するタイミングで現れますから、そういう事だろうと思います。

そうでないなら、この人達はどうやって生活しているのでしょうか?母子家庭の母親が働きに出ないで生活できるはずがないのに。それとも私の様な在宅ワーカーの人ばかりなんでしょうか?それにしてはその割合が異常。高すぎます。普通10人いたら在宅が1人ならまだわかりますが、この団地では、10人いたら8人が在宅という感じです。

また、以前は勤めていた様子のあった人も、いつの間にか“在宅”か“無職”になってしまった人が増えています。あるいは、出勤時間や帰宅時間の不自然さから勤めている振りをしている疑惑のある人も。それとも最初から“専属”だったとか。

しかも世帯主は女性(母子世帯)なのに、公然と男性と同居している住人も多く(偽装離婚?)、その息子まで同居しているという信じられない状況です。そういう人はほぼ100%、不自然な目撃と遭遇をします。それに公営住宅で同居人がいるのに申請しないのは虚偽申告ですよね。

しかも同居人がやくざとか・・・。これ実話です。
国民の税金が投入されている公営住宅で、この様な事があからさまに行われているにも関わらず、誰も気に留めない、誰も疑問に思わない、誰も指摘しない・・・。

それと、重大な疑惑は、在日外国人が増えていて、しかも働いているかどうかも疑わしい人が多い事。仮に日本国籍でない人が、生活保護で公営住宅に住んでいたとしたら、これは由々しき問題ですよね。人種差別とかそういう事ではなく、家賃を払うのも大変な程、困窮している日本人も多いのに、なぜ外国人優先枠があるのでしょう?本来であれば、自国民である日本人を優先させるべきじゃないんですか?

ここは日本。
そして日本人の国。

自力で生活できる外国人が、そして日本人に対して害悪を及ぼさないのであれば、日本で生活する事に異論はありませんが、困っている日本人は切り捨て、逆に、働かずに日本人に寄生して生きている様な不逞な外国人がいるなら、それは帰国して頂きたいと思うわけです。

この団地では、これらの疑惑があまりにも多すぎて、住宅供給公社にも電話で伝えてあるのに、何の対応もありません。これについてはまた改めて書きます。

いずれにしても、表向きは防犯活動、でもやっている事は、防犯を隠れ蓑にした不正行為であり、悪質なストーカー行為であり、重大な人権侵害であり、自殺にさえ追い込む集団リンチ。

そして被害者が騒げば妄想だの統合失調症だとレッテルを貼って精神病に仕立て上げ強制入院、そしてみんなで口裏を合わせて事実を隠蔽する。
ネットでは、プロ固定などの火消し工作員が被害者に粘着、統合失調症だから病院に行けという、判で押したような屑コメントで嫌がらせ。←お前が病院に行け。

そうして包囲網を固めたら、寄ってたかってなぶりものにし、そのターゲットが倒れたら、予め品定めしておいた次のターゲット候補にシフトする。そうやって今までも、そしてこれからも、危険でもない人間が危険人物に仕立て上げられ、このシステムの悪用の犠牲になるのです。

防犯という錦の御旗の元に、たった一人の人間に対して、ヘリまで飛ばすというあり得ない規模の監視と付き纏いが展開されるのです。

全ては利権と敵対者の打倒の為に、あるいは日本乗っ取りの為に・・・。

これが利権でなくて、正真正銘の防犯活動だと言うのなら、以下の大きな矛盾に答えられますか?

仮に私が、そこまでして地域ぐるみで監視しなければならない程の、第一級レベルの危険人物だったとして、その「国際指名手配犯並の超危険人物&テロリスト容疑者」(笑)である私達親子を監視しているのが、赤ちゃんを抱っこした母親だったり、小学生だったり、身体障害者や足腰の弱った老人って、一体どういう事ですか?

監視や付きまといの為に敢えて接近して来るそれらの人達が、逆に、命の危険に晒されるのは火を見るより明らかなのに。

あなた達の監視している相手は、そういう危険人物なんでしょうから、ばくだんでも隠し持っていたらどうするんですか?赤ちゃん抱えて逃げ切れますか?足の弱った爺婆は、当然、逃げ遅れますよね。それでもし何か事故でもあった場合、そういう危険な防犯活動をさせていた警察や自治体は、どう責任を取るのですか?

もうお分かりですよね。
こういう風に理詰めで突き詰めていけば、ちょっと考えただけでも普通の理解力のある人なら誰でもわかります。

つまり、最初から危険な人物は、監視対象に指定しないんです。
安全だと、無力だとわかっているから、監視対象に選ばれたという事。
その安全で無害が人物を、危険な暴力団や暴走族がつけ回す。
とんだ茶番です。
利権目的のこうした欺瞞に、一般の人は気付いて欲しいと思います。
こんな事に、皆さんの納めた税金が使われているのです。

そして、その標的となった人間は、どこに行っても、例え自分の家にいても、24時間監視(盗撮)され、付け回されるという息苦しさと屈辱感で精神がぼろぼろになり、集団リンチという残虐な行為にもがき苦しみ、誰にも理解されずに、やがてひっそりとこの世を去って行く。若しくは精神病院送りになるか、ハイテク被害で病死するか、犯罪者として刑務所行きになるか・・・・ぞんな結末が待っているだけ。

その一方で防犯ネットワーク関係者は、集団リンチの報酬や利益を得ながら、自分は何も悪い事はしていない、むしろ『防犯』という賞賛される活動をして、地域の安全安心に寄与している立派な市民です、みたいな涼しい顔して生きている。

これが防犯パトロール、そして私への執拗な嫌がらせ、付き纏いの実態でしょう。
これらの考察は、あくまでも私の推測ですが・・・、大きくは外れてはいないと思います。

(以下ツイートの転載)
だんだん繋がってきた。誰かが私を危険人物だと通報し、警察が私を監視対象として“認定”し、地域ぐるみの監視体制を強化し、巨額の防犯パトロール予算が下りる。皆で一斉にそれに群がる。周辺はなぜか豪邸が建ち、増築やリフォームが増え、そしてストーカー車両は高級車。余程旨みがあるという事。

これで誰が得をしますか?私腹を肥やしてほくそ笑んでいるのは?警察、消防、防犯パトロール協定を結んでいる企業や組織→宅配便やJP、タクシー、市バスなども全部、自治体、町内会、警備会社、公共事業を受注する業者(土建業や産廃業者など)。この人達がみんな潤う仕組み

なぜ私一人、というか私達親子に対して、ここまでする必要が?なんの武器も防衛手段持たない丸腰の女子供に、寄ってたかって権力と市民が牙を剝く。それだけ監視していれば、私がテロリストでも何でもない非力な人間でしかない事くらいわかりきっているのに、こんな茶番を延々と繰り返す。狂った社会。

(転載ここまで)

ツイッターでは最後、ちょっと過激な発言になってしまいましたが、書いている内に段々腹が立ってしまいました。
でも、考えてみて下さい。
誰だってこんな事をされたら怒り心頭、憤慨して当然だと思います。
プライバシーの一切ない生活、そして生活も人生も人間関係も全て破壊され、命さえ脅かされているのです。

被害者が悲鳴を上げるまで、陰湿に、執拗に、しかし確実に虐待してくるのがこの犯罪です。
中には、被害者がもがき苦しむ様子を見て、楽しんでさえいるサイコパス的人格異常者もいる様です。
そもそもターゲットが、完全スルーしたり余裕でいられるくらいなら、それだけの人員や資金をを投入する意味がないですから、加害側もそんな無意味な事は続けないでしょう。
ただし一度狙った獲物は決して手放しませんから、ターゲットの反応や精神状態を確認しながら、確実に追い詰め、衰弱させてくるはずなのです。

(追記)
被害者同士の理解を妨げる為に、また結束をさせない為に、被害のレベルというのは、様々あるのかも知れません。
私はローテクがかなり酷い方だと思っていますので、被害の軽い方の状況が理解できず、時に失礼な事も言ってしまうかも知れません。ただ、なりすましも紛れている為(実際に過去にバトルもしましたので)、どうしても疑い深くなってしまいます。
(追記終わり)


以下、参考記事です。
大変重要な内容ですので、ぜひご一読を。

【集団ストーカー教程】より
集団ストーカー『誰が警察防犯ネットワーク活動を悪用しているのか?』

集団ストーカーがこの『警察防犯ネットワーク活動』を悪用していることに議論の余地はありません。疑問の余地もありません。
(上記掲示板より)


警察防犯ネットワーク活動と創価学会


集団ストーカー側が嫌がり、そして恐れること。 【団地内集団ストーカーを明るみに出す】

集団ストーカー組織の加害者たちの思考形態


こうした記事やサイトの情報は、そのまま私の現実の世界で起きている事と見事に符合します。

仮に妄想なら、こんな風に、皆が皆同じ事を主張するでしょうか?
本当に妄想なら、みな、それぞれに、違う事を言うはずですよね?
猿が群れを成して追いかけて来るとか、いや、私の場合は毎晩、見知らぬ人物が屋根に上ってじっと自分を見張っていて怖いとか、いやいや、俺の場合は、あいつらのせいで手足が毎晩少しずつ解けているんだ、とか・・。

そういう突拍子もない事を言い出す人だっているはずでしょう?
精神を患った妄想患者なんですから。

でもそういう事を言う人はまずいないどころか、なぜここまで微に入り細に入り同じ被害を訴える被害者が全国、そして全世界にいるのでしょうか?

マニュアルがあるからですよね?
バレてますけど。

ただ、中には集団ストーカー被害者=被害妄想という印象工作をする工作員がいて、わざとキチガイに見える様な事を言っている場合もありますので、だからやっぱり集団ストーカー被害者はキチガイだという方向に持って行かれると困るのです。

たった一人のなりすましの言動を根拠に、集団ストーカー被害者を精神異常者だと結論付ける様な、軽薄で早計な判断は止めて頂きたい。そういうジャーナリストや言論家、メディア関係者ばかりの様な気がしますが、私から見たら、何かの“手先”の様にしか見えません。御用なんとかばかりですから。


いずれにしても、こういう事ですから、こんな腐った利権システムと偽善、欺瞞は、早い所、やめさせないといけませんね。
ただでさえ、他にやらなければならない事があると言うのに。
福島方面、まだ相変わらず放射能漏れているんですよね。
このままだとみんな死にますよ。
集ストに加担して、散々いい思いをして来た人達は、お金と欲に目が眩みすぎて、そんな基本的な事もわからなくなってしまったみたいですね。

何とかは死ななきゃ直らないと言いますが、本当にその通りだと思います。




関連記事