クローンとオーガニックRobotoids(人工生命)

最近、度々取り上げているロボトイドですが、やはりこれは何かあると思えてならない為、検索を掛けてみても、日本語のサイトは皆無で、ほとんどが英語のサイトです。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

Google検索で英語のサイトは多数ヒットしますが、たまたま検索上位に出て来たサイトに、かなり詳しく説明がありました。しかも驚くような事が書かれていました。今はクローン人間と聞いても驚く人は少ないと思いますが、何と人工人間がいるというのです。私は最近これらの動画を見ているので、やはり、、という印象でしたが、いずれにしても、ロボトイドというのがどういうものなのか、今ひとつ掴みきれずにいたので、機関翻訳とは言え、かなり参考になりました。

元の英文サイト
APPENDIX 3. CLONES, SYNTHETICS, ORGANIC ROBOTOIDS AND DOUBLES

Google翻訳ページ
付録3.クローン、合成、有機ROBOTOIDSダブルス

以下、翻訳ページを全文転載いたします。お急ぎの方は太字の部分だけ拾い読みして下さい。(途中までしか編集できていませんが、時間の都合上、このまま一旦公開します。後半からは太字だらけです。)

尚、機械翻訳の為、若干意味がわかりにくいです。英語が堪能な方はぜひ英文の記事をご参照下さい。何方か和訳して頂ける方がいらっしゃいましたらお声掛け頂けると有り難いです。

公表遺伝的事象

1890--ウサギ胚が正常に養母ウサギの子宮に移植しました。

1944--人の卵子を体外で受精させ、それが普通の言葉卵は人工的に試験管で人工授精されたです。

インディアナ大学で1952--ブリッグス&王はカエルのクローンを作成。

1970s--ランド研究所は、「パラ人間は「遺伝的に将来的に単調なタスクを実行するために作成されることを予測しています。 全く別の事件では、遺伝学を研究している生理学者であるロスチャイルド卿は、自己中心的狂信者が個人的にクローニング店をセットアップするかもしれないと警告しました。 主ロスチャイルドは、ライセンスクローニングに世界的な管轄権を持つ組織を制御するクローンは邪悪な目的のために人のクローンを作成することをお勧めします。悪人から世界を守るために設定されていることが遺伝的科学者に提案しました。 彼は、遺伝制御のための委員会の彼の提案と呼ばれます。」

非常に裕福な誰かのために行われていた人の最初のクローニングの成功の1977--発表。 この全体の事件は、設立による強い攻撃を受けて来ました。 シュラウド詳細を与える本は、著者が隠れに入った1978年に出てきた、と私たち議会は、研究医師が本を暴くために、医療研究者はクローンと倫理についてあまり心配していたことを国民に安心させるため公聴会で証言設立のパレードを持っていました人。 メディア/確立医師は作者が小説としてだけで本を書いた主張が、著者は、クローニングイベントの真実性の確信していました。

クローニングの形が正常馬の子馬、羊や牛で行われたある1980--ツイニング(胚の二分)は、-already前の年に、この方法でクローン化されていました。

1981--マウスは、クローン化されます。 そして、牛のための胚移植が盛んなビジネスになります。

1983--水牛胚が正常に養母水牛に移植しました。

1984--ヒト胚が正常に移植し、人間の養母で生まれました。

1997 - 成功した人間のクローンが公表されています。

秘密で働く科学者たちは、1960年代初頭にクローニング真剣に考えました。 流産は、彼らのクローニング作業のための胎児組織を提供するために、この時点での卸売を行うことが始まりました。

人々のクローニングが行われる場合には、アメリカ人の若い世代は、 、求めている?」答えは、それは既にずっと前に持っていることである。全米の多くの大手毎日の論文の中に入れた最近アンドリューKimbrellによって書かれた記事は、非常に意義深いです。彼は右に続いているものはほとんど伝える人にまで来ている。記事は、資格を付与した「科学が配信しようとしている。」(1993年6月22日) ...ほとんどのアメリカ人は現在、遺伝子の実際の攻撃に気づいていません

エンジニアは、多くの場合、任意の空想科学小説のように冷却されている科学の事実が....ブタを遺伝子操作して、より多くの肉を持っているでしょう」スーパー豚」を作成することを期待して、人間が成長する遺伝子を含むように設計されています。 5トンの牛や豚12」...米政府と民間の研究者が前に見たことがない遺伝子操作された動物の数万の作成に納税者​​の数十億ドルを費やしてきた....​​一つの著名な科学者たちはすぐに見ることができると予測しています」長いし、5フィートフィート。 遺伝子工学が同じクローン、いくつかのプリセット仕様に生成された各の広大な軍隊を作成する可能性を秘めている」遺伝子のエンジニアが.. .haveは牛などの高等哺乳動物を、クローン化された....​​一作家がいることを指摘し、「。 キヤノンの飼料、科学者、オペラ歌手、すべてが「人生は特別であるので、さらに多くの人間が、生物学的なマシンは今も変更することができるマシン、クローン化され、ニューヨーク・タイムズは社説た "" ...注文し製造することができました、および特許を取得。」 「 - (WOW読者はあなたが、彼らがBIONIC ROBOTOIDSについて話している行の間に実現するか - !今高い場所の人々の場所を取るために作成されているロボットと人間のようなマシンがされることを冷却アイデア。あまりにもぞっとアイデアです - マシン以外のものとして扱われることはありませんが製造。

この著者の9月には、1993年のニュースレターは、クローニングにこの著者の2品があった、1名称「クローン、シンセティック、オーガニックRobotoids、とダブルス と他の記事「ダルシー遺伝子研究/クローニング施設。 私の月93時事通信のリリースを翌月には、設立がクローニングされている人間の話で出てきました。 【私はこれが神の私は世俗的なメディアはヒト胚の "最初の"実験室の重複についての彼らの話で出てきた1/2ヶ月前に、クローニングに与えた情報を公開するために私に指示したのを確認したことを感じました。]

この93クローニングは、最初に、公的に認められた公的に明らかにした&クローン人間だったが、真実は、それはすでに密かに約30年前から行われていたことです。 12月には、1993年のニュースレターは、私はメディアが言っていたものを見直しクローニングのフォローアップ記事を持っていました 初の「人間のクローン後のクローン作成について人々が発表されていました。私の記事はまた、大統領の正確なコピーが作られていますか。この本は、彼らが実際にカーター大統領に何をしたかといくつかの驚くべき類似している程度である小説複数の男を議論しました!

最後に、96年9月に、この著者のニュースレターは、クローニングの4番目の記事に出てきました。 この付録では、トピックに関する最終的な言葉ではありません。 クローン、合成、robotoidsとダブルスに関するトピック全体は多大のよりは述べている可能性があります。 この付録では、これら4つの記事が含まれているものの単なるレビューです。 また、クローニングは、この本で紹介された頭蓋/ボディ操作に大々的に関係します。 また、行われているグループの心/プロキシに関するものです。 おそらく、いくつかの点で、この著者は、クローニングの深い複雑さに行くことができますが、今のところ、この付録では、次の形式でその情報を提供します:

このトピックでは、共通の人物を施すことセクションA「フューチャー・ショック」

技術的に後方の人が急に技術的に高度な人々に直面したときはどうなりますか? 何が起こることに呼ばれている人々が変化するということです、多くの場合、ストレスがアルビン・トフラーが記載され、「未来の衝撃」と呼ばれるものです。 新しいアイデア、新しい意思決定、物事を見ての新しい方法の過剰刺激は、心と体に大きな苦痛を引き起こす可能性があります。 新しい状況に適応する根本的な変化が求められています。 ナバホの場合には、一つはhogansの横に駐車しピックアップを見ることができます。 私が住んでいたネパールでは、ネパールは、馬車の時代を経たことがなかったので、彼らは彼らの言語でのドライブには言葉がありませんでした。 車が突然現れた場合 - 最初は、ポーターの背中にカトマンズに行った、彼らは「ドライブ」には言葉がなかったので、彼らは、彼らが持っていた言葉で使用される「座って行くの。」 だからここで私たちは の街にドライブしてみましょう。」と言います 彼らは「それでは、座って町に行きましょう。」、文字通り言います

アメリカの人々は、一般的には科学の発展の限界についての暗所に保存されています。 人々が学んでいない知られている理由は様々です。 冷戦が理由の一つでした。 資本主義企業の利点はもう一つの理由です。 これらは、企業秘密を呼び出します。 科学誇りと他の研究者を凌駕する能力は別であり、公共のためにちょうど彼らの専門用語は、密接に起こっている研究のレベルを見てから人々を防ぐのに十分です。

しかし、隠蔽工作のほとんどの基礎となることはこれです

彼らは世界を支配し、操作するためにかなり頻繁に使用されているため、全体的な悪魔の計画はこれらの科学の進歩の無知な人々を保つことであること。

どのような開発したのはアメリカの人々は、エリートの秘密の技術がどこにあるかとの接触でなくなった状況です。 エリートはこれを知って、彼らは自己破壊の社会にしたくない場合は、「未来の衝撃」の一部を削減する必要があると認識していることは明らかです。

あなたは彼らが人間のクローニングが可能であると何十年になったことを読んだとき、この読者のほとんどは、将来のショックを経験すること(精神的に準備された)を認識する必要があります。

エリートはジレンマがありました。 社会が彼らの秘密科学の進歩に合わせて、前方に移動されていない場合は、すぐに現代の男性を満たす洞窟の男性のようになります。 協会は、調整することができないであろう - 唯一の自己破壊します。

一方、確かに彼らは私たちを制御するために、私たちに対して、この技術を使用しているので、彼らはすでに、何をしているか私たちに伝えることはできません。 この理由のために、彼らは私たちに、彼らがすでに発明したものを示して映画を与えている - しかし、これらは、これらのハリウッド映画にフィクションとして記載されており。 彼らは授業に一般集団の制御を維持しながら、自分の秘密を大幅に、作成に向けて貢献してきた未来の衝撃を、願っています。

既存の技術を示したフィルムの一部を示します。

クローン - クローニング。 ジュラシックパーク - クローニング

ジェネシスII - チューブシャトルで接続されている地下の遺伝学研究室。

ターミナルマン - 脳幹インプラント

スター・トレック - 様々なアイテム。 今日の秘密の技術が示されているのいくつかに加えて、2つのシリーズ、特にスタートレック次世代に示す態度や信念は、悪魔のエリートは、人々が持っていたい姿勢です。


読者は、将来のショックPREPARE

聖書は、遺伝的モンスターは、ハーフ品種Nephalimは終わりの時に存在しています強力な兆候を与えます。 神の言葉はまた、獣の刻印を購入&販売のために必要とされるであろうことを予測しています。

聖書の本によって伝えワンアイテム 黙示録は、全く予想外の急激な変化は、終わりの時を特徴づけるということです。 クリスチャンは珍しい大きな変化のために準備する必要があります。 だから偉大なこれらの変更は、国が悩んであろうことになり、男性の心は恐怖(LK 21:25-27)のためにそれらを失敗します。

聖書は知識がキリストが戻る前に、最後の日に増加するものと予測しました。 (DN 12:4)しかし、聖書はまた、世界が(24:37 MT)ノアの時のように、完全に壊れていると言っているので、その知識は、悪のために使用されます - 遺伝的モンスターの時間だった、半分〜育ちのNephalim。 また、男性と馬が作業していない状態になりますと言います。 (ZEC 8:10)そして、それはナホム2と考えられている:3-4は、自動車を記述し、イザヤ書31ことをしなければならない:5、および60:8は、最終日に飛行船を説明し、預言されています。 「獣の刻印」の記述は人の手や額に挿入されているマイクロチップを説明するのに驚くほど正確です。

アクセスに公共のために許可されている情報は、頻繁に検閲されています。 人は掘ると科学者によって書かれたキー項目を見つけるために時間がかかる場合はまだ全ての強い秘密にもかかわらず、影絵の十分な人は、彼らがすでに国民が気づかない、いくつかのものを作り出すことができることを理解することができるように開発し​​ます。

何度も記事は、より大きなプロセスの唯一の小さな側面を議論する、または我々はそのような、そのような操作を行うための知識を持っていると言うが、実際の事は何年先にあります。 そして、どういうわけか人々は、我々はそれを行うための能力を持っていますが、ありませんでしたことを飲み込みます。

例えば、1979年に出版された本の中で、ロバート・ギルモアMcKinnel、遺伝学や細胞生物学、生物科学の大学、ミネソタ大学の教授は、「これは、マウスといくつかの大規模な国内の動物がクローン化されていることが報告されている書いている。人間をヒトの生殖生物学は...マウスおよび他の哺乳動物の場合と同様であるので、それは人間がクローン化され得る可能性がある。持っていません」。 実際に行われているか知っている人の一部は、彼らが知っていることを伝えることを恐れています。 しかし、私はプロの評判もガードの仕事どちらを持っていません。 私は、設立のこれらの組織のいずれかに秘密のいずれかの宣誓をしたことがありません。 私は単に恐れることなく、あなたに真実を伝えることができます。

人のクローンを作成する方法については、セクションBの手順。

私たちが行うための知識を持っていないという考え - 人のクローニングを行うことができます(はるかに長い密かにこの機能は、少なくとも十年の周りされている)ことをただ一つの方法の医療説明をしたい人のためにそれは単に公共の消費のための神話です。 何でも価値がある任意の微生物学者たちは知識と手段を持っていることを知っている - 彼らはおそらく誰もそれをしたいないため、人間のクローニングが起きていないということだけで請求することができます。

TECHNIQUE -人間を複製する方法手順:

女性の排卵と卵巣を監視することができます。 ただ、自然排卵前に、黄体形成ホルモンサージと呼ばれる黄体形成ホルモンの増加があります。 これは、いずれかの血液または尿サンプルによって検出することができます。 毛包の成長は、卵巣の超音波検査での可視化によってモニターすることができます。 超音波診断は、熟成卵胞が発見された女性の卵巣のどちら側に明らかにします。 この手順では、卵胞は、卵母細胞の回収のために熟したとき、人々は知ることができるようになります。

時間が適切であるときに、中空の吸引針が腹腔鏡の視覚的な指導の下で1つまたはいくつかの熟した卵胞に挿入されます。 卵母細胞は、いくつかの卵胞液で除去します。 経験豊富なlaparoscopistsは、卵母細胞を回収することで90%以上の成功率を持っています。 これに先立って、それを一度に取り出すことができ、いくつかの卵が存在するであろうように、女性は、クエン酸クロミフェン、または他の薬剤と組み合わせて使用​​されるこの薬物を与えられた可能性が高いです。

検索されたときに、別のプロセスが抽出する前に、最初に受精することであろうが、完熟した卵胞から得られた卵母細胞は、受精されていません。 彼らが最初に受精しない場合、それらを採取した卵母細胞を取ることができ、数時間熟成を得るために培養培地中でインキュベートします。 彼らは排卵前に卵巣から取られているため成熟が必要であり、自然に排卵した卵子のように成熟していないです。

解凍したか、インビトロで受精するための適切な濃度に希釈されるように新鮮な精液を洗浄しcertifugedれます。 体外受精が行われます。 時間のいくつかの量(約12)の後、両方の前核は、除核のために識別可能です。 摘出は、2つのよく確立された方法のいずれかのいずれかで達成されます。 一つの方法は、外科的にマイクロピペットでそれを摘出し、別の男性と女性の前核の両方を含む細胞質のブレブです。 どちらの方法でもうまく働いています。 ところでこれらの核は、初期のヒト胚の内部細胞塊から得られています。 これもまた、十分に確立された慣行です。

私たちは少し脱線し、核を得る方法を説明しましょう​​。 透明帯は、培養された胚から内部細胞塊から分離された栄養外胚葉を除去しなければならないし、その後、細胞は、カルシウムとマグネシウムを含まない塩溶液中の適当な酵素を用いて解離。 クローン作成プロセスに戻って、(女性のin vitroでの受精卵から得た)除核細胞質と(今述べた方法を用いて、そのソースから入手した)ドナー核を行うためのいくつかの方法があります。 一つは、外科的にマイクロピペットでそれを注入するために、別の不活性化センダイウイルスとの融合である可能性があります。 どちらの方法が使用され、これを実行するものが最も実行可能であると考えられます。 それは人間の養母に入れることができるようになるまで、そして、ヒト核移植を培養することになります。

ときに孤独cが 8に達した- 16細胞期には、養母に転送されます。 必要に応じて、転送は後で行うことができ、そしてクローンを簡単に凍結されます。 転送が行われるとき、クローンは、その後、今度は、子宮の内部に頸管を通して導入される微細なプラスチック管(カテーテル)内に引き込まれます。 ---これが正常に人間をクローニングするためのただ一つのプロセスです。 他のより洗練された技術は、よく使用されてもよいです。

セクションC.啓蒙で使用される「クローン」の4種類。

Cl。 実際のクローン 。 これは、他の人と同じ遺伝子構造を持っている子宮(「インビトロ」と呼ばれる)または移植試験管から成長してきた人物である - 一卵性双生児はとても遺伝子構造の面で話すこと。 遺伝暗号を再現しており、一卵性双生児で新しい人は存在になりました。

C2。 合成人々は。これらは、実在の人物として本物のように見えるeverybit「人物」であるが、人間をシミュレートします。 牛から抽出された特定の組織が出発点です。 (これは、牛のmutilations理由の一部です。)プロセスが1950年代後半に発見されたプロセスの進歩です。 この実験は、1959年ゴードンRettrayテイラーによって生物学的時限爆弾と呼ばれる1968年に本の中で報告されました。 テイラーはフランスで行われた実験では、「彼らはカーキ色のカムphellsの細胞からDNAを抽出していただけ、おそらく後者の子孫はカーキキャンベル由来いくつかの文字が表示されることがありますことを考えて、白Pekinsにそれを注入していた説明しています。そのために驚きは、彼らが注入された実際のアヒルが変わり始めた。彼らの白い羽が暗く、その首はカーキキャンベルのマークである独特の曲線を取るようになりました。」 (サタン自身によって指示された)ロスチャイルド家の後援の下で働く科学者は、秘密の猛スピードで働くことで、このプロセスを開発しました。 彼らは、DNAの鶏の実験で発見されたプロセスの高度な開発を開発しました。 1970年代後半では、合成の人々は、イルミナティによって生成することができました。

C3。 オーガニックRobotoids。これは、クローニングまたは合成とは全く異なるプロセスを経て作成された「人工生命」の形です。
オーガニックrobotoid技術は、大統領とそのスタッフの一部として重要な人々の可能なコピーとして正確にするために行われています。 例えば、私は2フィート離れてから立って、視覚的に調べた人は数年前にポートランドに来たジミー・カーター大統領に立候補していたジミー・カーターはなかったです。

イースターでは、ジミー・カーターの1979年最初のrobotoidモデルが男ジミー・カーターを取り替えました。 私が確認されたとき、「カーター」によって、彼らは少なくともrobotoidなしにされている必要があります。 100ワシントンDCで最近あった私の友人はほとんどクリントン大統領のジョギングにぶつかったのはこのためです。 私の友人は、セキュリティの欠如によって驚きました。

カイザーアルミ&ケミカル社出すカイザーアルミニュースは1960年代に専門の聴衆に一連の記事を出します。 この材料は、本のタイトル変更のダイナミクス(:イングルウッドクリフス、ニュージャージー州、1967年プレンティスホール)で公開されていました。

「遺伝子操作」を見出しタイトルの下に新たな人間の形成を制御する能力は、将来の最も基本的な開発の1つかもしれません。nucleonic酸についての最近の発見、生命の基本的なビルディングブロックは、につながっている」、読み人間いつかは、所望の特性をこのように遺伝子を治療することができるかもしれないが実現することができるという信念... "

見出し「マン・マシン・共生 我々は読んで、「下に...コンピュータがに適応し、把握、ゲームをプレイし、過敏であること、話、キーで歌う、歩いて、覚えて、参照、ゴールシーク、理由、学ぶことができますが存在しますでも、環境と自分自身の改善を設計.. .manというようなコンピュータは1日、彼らが自己修復することができるように、内臓のようなエンベロープを循環血漿を含有することができます。」

見出しの下に「人間のロボットは「私たちは2つのニューロン、人間の脳の細胞を模倣電子回路は、内蔵されており、いくつかの不測の事態に対処するためのロボットを可能にしました...」、読みが、ニューロン構造がありましたかさばる。脳は本当に「人間のロボットが開発される前に、信じられないほどの小型化ジョブが必要となります意味、ニューロンの十億を持っています。」 読者が1960年代から知っているように、これが書かれたときに信じられないほどのminiaturationジョブは、コンピュータで行われています。 何公衆がそのminiturationを知っていることは信じられないほどであり、それは、実際に発生したものの一部でしかありません。 実際には、科学者たちは今のコンピュータを作成するために、DNAを操作することができます。

コンピュータを作成するために必要な基本的なことは一貫して「信号」のいくつかのタイプを与えて変化する材料です。 あるいは単に上のものです - - オフスイッチシステム、または数字の0または1のシステムコンピュータは、ベース2のオフ動作するためです。 生物学的材料を生きることは、従来のコンピュータでの方法によって作成された熱は、速度を遅くするので、コンピュータを作るための他の材料よりも優れています。 スーパーコンピュータは偉大な速度で動作するために、彼らはヒートアップしません、生物学的材料を使用する必要があります。 miiturationのこのタイプは、すでに行われています。 それは、これまで私たちが精通しているものを超えてコンピュータを作成します。 オーガニックrobotoidsは、それらを作成している科学者は、彼らが人間ではないという考えに慣れることは困難であるように人間のような、驚くほど人間的です。

robotiodsのための生物学的コンピューターの頭脳 ホログラムの研究の結果として来ました。 あなたは、従来の写真を引き裂く場合、あなたはそれを台無しにしていますが、ホログラムを生成フィルムを引き裂くと、それぞれの作品は、まだほとんどすべて同じ画像が含まれています。 人の脳の一部を除去することができ、脳がそれを失っていたものを取り戻すのはこのためです。 人の脳のホログラフィックイメージが作られ、robotoidの脳が行われたときに、その頭の中で生物学的なコンピュータがコピーされている人のホログラフィック記録に応じて形成させます。 「人は」robotoidとない人であるため、ホログラフィック記録から一部の偏差は、必要とされています。 robotoidの脳を再生人の正しいメモリのほぼ全てを有するが、robotoid脳が実際にプログラムされている生物学的材料から作製されたコンピュータであり、それは人間の脳ではありません。

まず、「クリントンは「それはよくrobotoid可能性があるため、ジョギングするエネルギー、及び第二のものがあり、robotoidの暗殺はそれほど深刻ではありません。 これらrobotoidsがプログラムされている生物学的なコンピュータの脳を持っています。 彼らは、コンピュータが考える意味で考えることができますが、人間の脳を理解する上で秘密の進歩は、有機robotoidに転送任意の時点で、人の記憶を持っている有機robotoidsのメーカーが許可されています。 キーは、その後、クローンであると思われるもの作るために - しかし、彼らは本当のクローンではありません - コピーする人をキャプチャし、脳の記憶のホログラフィック・コピーを作成し、robotoidにそれを転送することです。

どのように人の記憶は、有機robotoidsのために転送されます。成功した人間の有機robotoidsを作るために-意味でバイオニックロボットを作るために-コピーされている人の個性をシミュレートする能力が必要でした。 唯一の実行可能な解決策は、脳が記憶をコード化し、そのプロセスを複製方法を学ぶことでした。 脳はそのメモリへの情報の約10万ビット秒を入力します。 人間の女性では平均的な人間の男性で3.25ポンドと2.9ポンドで重さ、人間の脳の信じられないほどの貯蔵能力はすごいですね。 脳は簡単に情報の億億ビットを格納することができます。 それは、我々はそれをすべて使用していないのも不思議ではありません。

一緒に世界のすべてのコンピュータは、1インテリジェント人の脳と比較しません。 さまざまな角度から多数のテストや実験は、すべて脳がホログラムとして情報を格納されていることを研究者が認められました。 メモリが保存されている脳内の場所が1つの場所だけではありません。 メモリは、シーケンス内のシナプスに記憶されているが、それらは、ホログラフィック方法に格納されています。 石が池に波紋を作成するように私が理解から、リズミカルなパルスは、脳の小領域から放射します。 波は、レーザ光がホログラムを作成するために使用される方法で、大脳を通過します。 異なる周波数は、脳によって使用され、異なる神経インパルスは、異なる詳細(タグ)を参照するために使用されています。 これらのタグは、脳自体のコードや情報のカタログのための参照標準です。 脳は意識のために取得される情報の特定の部分のためのエンコーダ/デコーダ(ホログラフィックコード規格)にアクセスすることができなければなりません。

脳の損傷は、1つのデコーダを破壊し、そのままメモリのための他のデコーダを残すことができます。 複数(MPDを持つ人/ DID)が作成した層と記憶喪失の壁(実際の壁)の層が脳に組み込まれている、その後、具体的なコードが作成されると心が表面にメモリのこれらの区画を持参する原因となります。 各区画は、ALTER(性格)または(やや一連のコンピュータのように構築された)システムの機能部分に組み込まれています。 普通の人が意識して同時に実行されている多少の潜在トラックを認識することができる場合には、複数の心は、一度に複数のトラックを実行します。

脳内の局所的なレベルでは、研究者が思い出記憶部エングラムと呼ばれています。 Polypeptidenucleic酸は、外傷メモリとして、情報の一部を保持しています。 タンパク質および他の物質は、記憶過程に関与しています。 どのように人は彼らの精神的能力に影響を与えることができます食べます。 しかし、それはメモリが石の波紋が全体池全体に水の流れにドロップと同じように、脳のメモリ記憶領域に数え切れないほどの場所にホログラフ的に保持されていることを念頭にしておく必要があります。 心は、特定のメモリを復号することが可能な基準点の数を有することになります。 脳内に格納された情報は、動的ホログラフィックでもあります。 これは、本のように格納されていません。 脳止めの動的な衝動場合は、そのように思い出を行います。 人間の脳を凍結し、復活すると、そのメモリを消去するのに役立つであろう。

私は読者が私と一緒に負担する場合は明確な観点で物事を説明しようとします。 私たちはすぐにオブジェクトをrecogmze理由は、脳は、研究者がフーリエ変換と呼んでいるものに似ているものを実行することです。 メッセージは、フーリエ変換のメッセージを介して送信されます。 フーリエ変換のメッセージとは何ですか? フーリエ変換複合波、または複雑なパターンが破壊し、基本的に長いに変換された数学的方法が、単純な周波数の正確な信号です。 つまり波線が通信するのは難しいですが、フーリエ変換を介して、それが送信するのはとても簡単です数の文字列になります。 つまり、複雑な曲がりくねった線路と変換後の直線は両方のレコードに同じように簡単です。 それは同じようなパターンを探す必要があるときに、それはすぐに別の同一フーリエパターンを変換するが、すべてを見落とすことができるように脳は、フーリエ変換と同様の形式で情報を格納します。 精神的な比較は、それが「即座に」一年前から見ていない人を認識するために脳に能力を与えることが非常に速く実行されます。 脳はフーリエ変換のメッセージを介して送信再なすメモリのホログラム。 それぞれの作品は、全体が含まれているためホログラムは、破壊するのは難しいです。 半分にホログラフをリッピングし、あなたはまだ、同じ絵を持っています。 再びそれを半分にリッピングし、同じ画像が残っています。 それは、その詳細の一部を失いますが、全体像がまだあるの半分自筆で非常に多くのカットの後、少しファジー取得を開始します。 我々は唯一のメモリを記録した脳の小片をふかしているので、メモリは、ややあいまい得るために始めた理由です。 我々は、メモリのホログラフィック画像の多くをプルアップすることができれば、我々はより明確な詳細な画像を得ます。

それはイルミナティの科学者に脳全体のメモリをコピーする機能を与えたホログラムへの秘密の研究でした。 ホログラフィック画像は、ホストの脳で作られ、それはrobotoidの脳として機能する生体物質に移されます。 robotoidの身体と脳がコピーされ、元の人には同じではありませんので、調整が教えられ、robotoidの心の中にプログラムされなければなりません。 プロセス全体が洗練されているが、その後、非常に多くの製造プロセスは、今日です。

C 4。 ダブルス(ルックそっくりサイト)。秘密一卵性双生児作成(出生時に分離して、お互いを見ることはありません)するためのプログラムと同様に、著名な人々のためにそっくりサイトを見て見つけるための継続的なプログラムがあります。

ジョージ・ブッシュが小児性愛者である間ジョージ・ブッシュの二重は、無差別でした。 ブッシュ大統領は、もはや大統領た後、彼の二重は、フランスに住んでいませんでした。 ダブルス、(または合成または有機robotoidsの1つ)を使用することにより、エリートが離れてこっそりと悪魔の儀式を実行することができます。 クリントンやブッシュは唯一の公共の前に低レベルのタスクを実行する必要がある場合、特定の場面で、彼らは彼らのために彼らの二重の代替を持っている可能性があります。 いくつかの団体と協力し、イルミナティは、特定のキーパーソンのダブルスが発見され、その後、使用されている外観同様の操作を持っていました。

ブック砂漠の盾と新世界秩序のパブで。 あなたは32ページを見ればノースポイントタクティカルチーム、Toptonの、NCによって、あなたは彼の目の上にモルを持っていた元のFDRの絵が表示され、あなたが持っていた彼らが使用ルーズベルトの二重の画像が表示されますモルと異なる耳たぶを持っていません。 ルーズベルトは、それが実際に発表されたときに前に死亡した可能性があります。

長年にわたり私はRobotoidsまたは彼らが使用ダブルスのいずれかを露出する多数の写真を見てきました。 この著者の以前のS ''93記事では、蛇の本が殺害された言ったように賢明では私の死んだ教皇パウロ六世、についていくつかの写真を持っていました。 この最近の教皇は、整形手術を受けていた二重に置換しました。 ダブル古くなるように時間が異なる人々が変更されるための整形手術は、説得力として見ていないだろう。 One元カトリックのは、全体の事はサイエンスフィクションのように聞こえたと述べました。 最初は遠くまで聞こえるんが、人々が見るの証拠があります。 自分のために、元イルミナティは、二重のプログラムについての私に言いました。 私が理解から、二重またはそっくりプログラムがrobotoidsと合成よりも成功しています。 その理由は、人々が長生きし、いくつかの点で、より信頼性のあることです。 著名な人々のためのルックそっくりサイトを見つけるためのプロジェクトは非常に成功しています。 整形手術はまた、ダブルスのタッチアップを助けるために行われています。

セクションD.秘密のクローニング部位(もDUM塩基が一覧表示され、付録Bを参照してください。)

エイダ、オクラホマ州の地下施設は、人間のクローンを作成するために使用されています。 他のクローニング施設は奇妙な生き物を輩出しています。 ため、彼らは( - それは、紫外線よりもさらに長い波であるガンマは、電磁波スペクトルの遠端にある)ガンマ線の多くを放つ関連するプロセスに。 彼らはガンマ放射線を放つので、これらの施設は、地下深くでなければなりません。 ある5600 ' - クローニングは(DUMこれらの大深度地下施設を建てた男性の一人による)レベル7平均深さで行われます。

秘密の政府が第二次世界大戦以来、彼らに何の停止を構築されていません。 私は個人的にのみオアフ島、HAの地下都市にされているが、私は人類を保存し、NWOを停止するために欠けている他の人に話されており、これらの目撃者は、地下施設について多くのことを知っています。

人類を裏切ったとオーストリア生まれたクローン作成を手伝ってくれました男性の一人サイモン・ヴィーゼンタールを 。サイモン・ヴィーゼンタールは、写真メモリ(おそらく傷跡脳幹)で、米国の諜報員でした。ヴィーゼンタールは真剣にCIAの給与やCIA関連グループにはありませんでしたナチス狩り。サイモン・ヴィーゼンタールは、偉大なナチハンターであることの変装の下で、実際にFBIのとナチス犯罪者だったCIAのエージェントを保護し支援しました。ヴィーゼンタールはFBI-ナチス接続をさらすショーをやってからCBSを停止しようとしました。

ユダヤ人のインテリジェンス(Moussad)は、アメリカのインテリジェンスとFBIのために働いたナチス戦犯の何千人もいない場合は、すべての何百も知っていたが、それについて公開したことはありません。 代わりに、彼らは時々アメリカの知性に対するレバレッジなどの情報を使用していました。 モナークスレーブによって与えられたサイモン・ヴィーゼンタールのコードno.sの一つのようなものだった063 097.他の誰かが彼のために完全で正しいコードを知っている場合、先に行くとそれを共有しています。

アンホーリートリニティは、バチカン、米国国務省、およびMI-6は、第二次世界大戦の終わりにドイツのアウトナチスを密輸方法について書かれた本です。 本全体がアメリカの知性のために働いてきたダイハードナチスの何千ものについて書くことができ、彼はNWOの最悪の要素のためのクローニングを開始助けたので、しかし、サイモン・ヴィーゼンタールの名前は、ここで言及されています。

OREGON'S UNDERGROUND SECRETクローニングファシリティ

私のニュースレターの少なくとも一方、富士山近くブルランでの秘密のクローニング施設で フード、ORが議論されました。 ブルランはポートランドメトロエリアのために水を提供するのに役立つように設定されているいくつかの水の貯水池/湖と森林の土地の大規模な道です。 リンカーンセントの私の家は近くの山に建設された8貯水池の近くにもありました タボール。 山でのこれらの貯蔵 小太鼓もポートランドの飲料水のためでした。 山 小太鼓の貯水池は、その周辺部に単純な単一のフェンスを持っており、人々は、彼らが厄介になりたい場合は、これらの貯水池にゴミを投げることができます。 しかし、非常に隔離されているブルランの水の供給は非常によく保護されています。 それは人々がとにかく領域にまで迷い込むことになることは稀です。 人々は、土地のこの大きな道はポートランドの水供給のための単純で、まだ数年前にパトリオット軍ユニットが私から情報を取得した後の領域をreconnedと言われています。 彼らは、ブルランリザーバーでの防衛3強く守られてリングを識別することができました。 何か - 面積はそれは神の緑の地球上で最も貴重な水のいずれかである、または(南のI-84の上に座るの有名なマルトノマ滝の)カラマツ山付近の何か他のものがあるなど、電子監視がたくさんあり​​ます貯水槽の他に。 もちろん、ノウハウのものは、それはCIAが使用地下施設だということを知っています。 それはTektronicsはここポートランドエリアのホログラムとの仕事/研究を行い、事故ではありません。

DULCEの地下クローニング施設のさらなる調査

【私が歩いている人で調査]ドゥルセについての私の記事はまた私のステップをたどるとデューク施設を見つけることを試みるために、専用のクリスチャンの小さなグループを巻き起こしました。 彼らは何も見つからなかったことや、予約警察や地元の人々は、彼らがあっても、任意の地下施設のことを聞いたことがなかったと主張することを私に戻って報告しました。 すべて私に言えることは、そのストライキあなたが人々のすべての種類は、その地域でアップされていることなどの魚アートベルの無線を介してダルシーの話、年間の地域に住んでヒカリーヤ族アパッチにインタビュー、サイトを探していないということですショー、などと地元の人々はそれについて何も聞いたことがありません? 少なくとも、彼らは他の人がサイトを探したことを知っている必要があります。 ダルシー、NMの予約と町は少ない人口を持っています。 あり誰もが地域で何が起こっについて知らないことは少なく、まだ彼らは地下施設のトピックに驚いていますか? エリア内の主要な人々は彼らの口は閉じ&彼らは何も知らないふりを保つために確信しているように全体のことは、においがします。

私のコメント:あなたは、ラットを探しているとき、あなたはそれを見る前に、時々、あなたはそれをかぐでしょう。 ダルシー地下施設で働いていた人によると、北とSW面(アステカクリフ)の開口部は、まだ使用されています。 実際に山にアステカのような顔を持って崖 ハイカーが領域に迷う保たためArcheletaはシャット接合されています。 深いダウン、金属や磁気を検出することができ、深針検出器は、ダルシーの地下施設を明らかにできた - しかし、この近くを取得する人々は頻繁に消えます。

4つの方法の概要。

この付録では、これらは、クローニング合成複製を作成し、有機robotoidsを作成し、同様にダブルスを見て発見された、人々のコピーを作成するために使用されている4種類の方法をカバーしています。 [これらの方法の4つのすべてのためのプログラムは知能/イルミナティのエリートによって、ほぼ無制限の資金を持っていました。]

次に、合成ヒトを作成するための基本的な原則は、覆われていました。 合成人間が作成されたrobotoidsよりも優れていることが判明し、いくつかの方法でした。 robotoidsの最初の数年間は、問題をはらんでいました。 [私の内部の情報が多少日付されているので、私は読者に現在のrobotoid能力の状態を与えることはできませんが、しかし、私はプログラムが継続していることを見てきたものからと考えています。]

合成は、より多くの彼らは、コピーしていた人のように見えるように変更されたそれらの遺伝子を持っていた人たちでした。 robotoidsは人間に見えるが、実際にバイオニックロボットある新しい生き物を形成しました。 そのメモリは、プログラム可能な生きた生物学的物質のいくつかのタイプである生きている 脳組織」を使用して、洗練されたコンピュータとしてこの材料をプログラミングによって作成されました。 コピーされた人物の記憶を得るために、人間の脳のホログラフィック画像が作成され、robotoidに移しました。 (視聴者が何を探すべきかの違いを知るためにあるように最終結果はほぼ同じですが)robotoid「脳」は人間のように機能していないので、ホログラフィック画像の後に行われなければならないいくつかの調整がもちろんありますホストはrobotoidの脳として機能する生きた生物学的な問題に転送されます。 主喜んで、この著者は、このトピックの後半のいくつかの詳細を書き込むことができます。 上に挙げた4つのメソッドを使用している人々をコピーするイルミナティの能力は、世界を支配する彼らの移動で決定要因になるだろうされていないが、それはそれらに彼らの作業で大きな柔軟性を与えるん。 この著者は頻繁にクローニング施設を見学しながら、子だったシスコを語ったイルミナティのグランドマスターの言葉、「決して、あなたはあなたが見ていると思う人を見ていると思うことはありませんに反映しています。」

FINAL注意。

この著者のこの最初の部分に入っているものに戻って反映しているように、彼は神が秘密のあるすべてのものを明らかにする方法について考えを助けることはできません。 (ダン、2:22と他の詩を参照してください)​​。 預言者ダニエルは、この本の中で明らかにされる秘密は全能の神は彼の日に明らかにします何に比べて非常に小さいです」。秘密の啓示彼を呼んだ。そして、この著者は戻って反映として、彼はそんなに多く言うことができることがあることを認識し。

この著者はについての私の情報を取得することを怠ったクリントン家をこの中に。例えば、この著者はヒラリーで学校に行った女性にインタビューし、ヒラリーのマインドコントロール被害者のうちの2つです。創業メディアは温泉、アークでビル・クリントンのルーツ&絆についてのアメリカの人々に伝えることを怠ってきました。

温泉は、世界中からジェットセットを持ってきた四〇から七温泉を持つ都市です。 マフィアのシンジケート&彼らのナイトクラブは、温泉に副、賭博、売春の温床を作りました。 彼らはハリウッドを行ったように、彼らは領土 "中立地"を分類することを、組織犯罪と1920年代の間に領土はとても人気があります。 1960年代初期では、温泉は、全体の米国ビリーの叔父ロイで最大の違法賭博操作を持っていたすべてのこの混乱に接続アーカンソー州の議会での政治家でした。 そして、ビュイックの販売店を持っていたビル・クリントンの叔父レイモンド・クリントンは、すべてのこの破損に結ばれました。

ビル&弟ロジャーのコカイン習慣はよく秘密イルミナティでヒラリー&ビルの会員は知られていないどのようなコーチマンズイン、リトルロック、アーク。で、それらに精通しているもの、ならびにそれらの野生の当事者によるものが知られています。

そして、いくつかの理由のために彼らのより親密な仲間のいくつかはまた、チャールズ・「チップ」ホイットモア、サタニスト&プログラマーとして、知られていません。 チップ&ビルは年間で週単位で頻繁に会っています。 ビルはビルはとてもチップをしたフロリダに行ったときに、チップだったイングランドにいたときには、例えば、継続されます。 チップは、マインドコントロールプログラマージェリー・リー・ルイスでドラムを演奏しました。 彼はまた、ジャック・ルビーの友人でした。 (これは、汚職の上部にある小さな世界です。)チップは現金マックールの居酒屋を所有しています。 彼は56で、彼の視力のためのガラスは、優れた聴覚を持っており、不潔な口を持っています。 彼は彼が所有している車を変更&すべての3-5ヶ月を駆動します。 チップは、プログラムされた少女の殺人事件に男を持っていたし、[ネットワークは、彼の殺人料のオフに彼を得ました。 リトルロックのチップの家族のヴィラマーレは、設計女性のオープニングショットに描かれました。

チップWhitm鉱石は、彼の領域に暗殺を担当して、そしてアーカンソー州の地元の法執行機関を制御しています。 ジャック・スティーブンスは、リトルロックの最大の投資銀行家であると言われ、CIA /ネットワークの一部です。 彼はそれらの相互黒クリーニング女性を経由してチップとの情報交換を行いました。 さらに、ホイットモア&スティーブンスは、神の教会&特定の教会に対する極端な愛着の他の部分のアセンブリ内に延びる汚職の文字列で結びます。

チップ上にポール博士パーマーです。メディアは、ちょうど私達にオカルト汚職の深さの見え隠れを提供します。例えば、インサイト誌2月 26、96、48ページには、スザンヌフィールズによる記事で、彼女はローズ法律事務所の課金レコードについて話を裁判所に行ったとき、彼女の黒いコートの黄金の竜のように見えるもの身に着けているヒラリーの裏側の写真を持っていました。彼女は時々 、正当な理由のためのドラゴンの女性と呼ばれています。シャーマンに、今日の現代的な等価物は、私たちの精神コミュニティヘルプは、チップホイットモアのような殺人者から私たちを守ってくれますか?可能性はありません。

フェローとアメリカ精神医学会のメンバーの伝記ディレクトリは、1957年に米国精神医学会で7104アメリカのメンバーがあったことが明らかになりました。 これらの7104のうち、1,253の合計は、ドイツと東ヨーロッパからアメリカに移りました。 これは、私たちはペーパークリップ作戦がアメリカに与えた多大な影響を理解するのに役立ちます。 ペーパークリップ作戦は今ペンのキャンパスは、悪名高い作られているそのうちのいくつかは、私たちの国の中にナチスの犯罪者を密輸するためにCIAのプロジェクトでした。 不思議偽記憶Spindromeはペンシルベニア大学で始まっていないました。 私たちは、人々がフード付きローブの図はそれらを追いかけ見た後に死ぬ奇妙な新しい睡眠障害について1996年1月9日の週刊世界のニュースの物語の中で精神科医によって警告されました。 この新しい「致命的な夢症候群は「強くマインドコントロールのように聞こえます。 おそらく、読者の何が、バケツの低下を与えている方法はありません。

途中に取り残さしまった詳細の一部を以下に示します。

操作ホワイトコートと呼ばれる政府の実験のために若い男性(1500)を供給するために政府とセブンスデー・アドベンティスト教会の秘密の協力。

どのようにエネルギーの事業部は、放射線実験の被害者のためのホットラインを設定し、他の言葉でキツネは、被害者が助けをどこに行くかを制御しています。

ピーター・A.イタリアのPetito、ミスター・インテリジェンス」、およびネットワークへの彼の接続。

ウィリアム・ランドルフ・ハーストのコスチュームパーティーやサンシメオンのような彼の半ダースの家。

トーランス、カリフォルニア州のペントハウス、ディズニーマインドコントロール。

1984年映画の中で交差した手首と隆起手のフリーメーソンのピースサイン。

その鏡像プログラミング、「ロンドン橋は落ちて プログラミング小唄などと闇の映画陸軍;

FEMAは、ブードゥー教の儀式がサルド、ハイチでのような癒しのための滝を使用する方法第6軍のアキノがあったことを一部、どのように動作しますか。

闇の変更の母親は、大理石を愛するように訓練されているか、プロセスを繰り返すために、それの世話をした後、塩のようなその罰金までハンマーでそれを粉砕すると、大理石を供給され、唯一の大理石を分割するが一部としてそれをつぶすありませんプログラムへの研修の。

特定の拷問犠牲者を作るためにどのように行われるか、彼らは第三の目領域内の蝶の頭と頭として蝶を持っていると思います。

落書きは、被害児童でプログラミングを固定するために使用される方法。

エイリアンにプログラムされた魂の絆。

氏Greenjeanのミスター・ムーンの話(大尉カンガルーの。)&それはプログラミングに使用されましたか。

3月13、今年の神殿の丘の下に血の犠牲;

アルカディア、フロリダ州およびGピアースウッド記念病院でのフリーメーソンの腐敗;

UFOのは、民衆の天真爛漫を活用するために「巧妙な敵対的プロパガンダ トリックとして使用することができる方法について検討したかの秘密CIAの会合;

どのようにメンゲレの家族は彼の骨を主張することはありません - 彼らは本物ではなかった知っていたし、どのように国際赤十字は彼と一緒に旅行するIDSを与えました。 この著者がオフに残っている場合は、南アフリカのオカルトシュウShung宮殿が...多分他の誰かがピックアップし、マインドコントロールは私たちの周りのすべてです!


ここに書かれている事はまったくの嘘、出鱈目なのでしょうか?
私はそうは思いませんが、関心を持たれた方は、ぜひ調べてみて下さい。私達に知らされない間に恐ろしい計画が進んでいたとしたら、無関心でいる事は、人類を支配している一部のエリート達に協力しているのと同じ事ではないでしょうか?

いたずらに恐怖を煽るつもりはありません。しかし、何も知らなかった、知ろうともしなかった、知っていても見て見ぬ振りをしていた、とりあえず今が楽しければそれでいい・・、そんな親達が、現実を直視せず、何の手立ても打たなかったでは、自分達の子供の世代に対してあまりにも無責任ではないかと私は思うのです。

私など決して偉そうな事を言える人間ではありませんが、少なくとも今世の中で何が起きているのかを、目を反らさずに見て、何をしなければならないのか考える事が大事ではないか・・・、そんな事を思いながらこのブログを綴っています。

↓閲覧注意(衝撃的なシーンが出て来ます)






キリスト教系の動画の様ですが、上記の記事と同様の事を言っている様に思います。


*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

人間以外の者による操作の可能性

人類以外のものによる介入や操作について無償の情報を公開されているサイトがありましたので、ご紹介させて頂きます。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

内容は非常にボリュームがあり、片手間に斜め読みできる様な薄っぺらなものではない為、私自身もまだ全部を読み切れてはいないのですが、この世界や人類の歴史ばかりか、人間そのものが、人間以外の何ものかに操作されているという内容で、デービッドアイクやレプティリアン(爬虫類人)についても言及されていて、個人的に非常に共感を覚えるとともに、とても重要な事が書かれていると思いましたので、取り急ぎ紹介させて頂く事となりました。

こちらのサイトです。
呪われた世界とプログラム光速の魂たち。それらが紡ぎ出す物語の結末を変えるために

「人類と操作」という著作をWebで無償公開されています。
無償公開著作について

出版に当たり、紆余曲折、巨大宗教団体による様々な妨害があった様です。それだけ、この内容が世間に周知されると困るという事ではないでしょうか。

私も早速PDFをダウンロードさせて頂き、読み始めた所ですが、この世界の歴史がいかに捏造や操作された可能性の高いものであるのか、そしてそれを学校で教え、必死に暗記させられて来たとしたら・・・。

私は、自分の周囲に現れるストーカー達が、どこか“人間離れ”していたり、ホログラムやロボトイドではないかと考えるしかない様な不自然な瞬間が、私自身が撮影した映像に記録されている事に気が付いてから、この犯罪の首謀者は、もしかしたら人間以外のものではないかという考えも捨てきれずにいます。

これはネットの情報だけで導き出した考えではなく、あくまでも、私自身の体験や私自身が撮影した映像の検証結果から、こうした考えに変わって来たのであって、真偽を確認できないネット情報だけでこの様な事を言っているのではない事は、私がこのブログで公開している画像や動画などからもご理解頂けると思います。

その中で、自分のその疑惑の裏付けともなる様な情報に出会えた時は、本当に鳥肌が立つ様な感覚を覚えます。感動と言うのが適切かわかりませんが、やはり、という確信に繋がり、迷路の中に迷い込んでいた時に見えた一筋の光の様なものです。

ただしそれは、無責任な希望とか薄っぺらな夢を見させて、盲目にさせ、現実逃避するのとは違います。むしろ厳しく絶望的な現実を直視する事に他なりません。それでも、現実を直視し真実を知らなければ、これから自分が、ひいては人類全体が何をすべきか、その方向さえ見誤ってしまいます。

いずれにしても、こちらのサイトに記載されている事をしっかりと読ませて頂きたいと思っています。その先に、何かの手掛かりが掴めるかも知れません。知れません、というよりは、きっと掴める・・そんな気がしています。

現在Webで公開されている情報
歴史。伝承。神話。人類の歩んできた足跡上に存在するエニグマ(謎)

この様な著作を無償公開して下さった事に感謝いたします。ここを訪問された方にもぜひ読んで頂きたいと思います。

こちらの作者様がサイトで書かれている様に、人類の生死を左右する問題だと私も思っています。単なる娯楽としてのトンデモ話や、都市伝説、また、陰謀を語る事を生業にし、大衆をミスリードする事を生活の糧にしている人の情報とは全く別物である事が、きっと皆さんにもお分かり頂けると思います。

*・*・*

Youtubeからですが、下のYahweh Rulesさんの動画もぜひご覧下さい。ロボトイドという人種?というかクローンについて解説されています。いかに人類が騙されて来たのかを理解する上で大変参考になる動画だと思います。



私の言っている事が異常だと思われる方もいらっしゃるでしょう。頭がおかしいのかと思われるかも知れません。またミスリード要員だと疑う人もいますが、ではその人達は他の人に何を提供されているでしょうか?どんな問題提起をし、この奴隷社会から解放される為にどの様な努力をされている方でしょうか?

多くは情報を提供している人の言動を批判するだけ、非難して馬鹿にするだけ、妨害して騒いでいるだけ、足を引っ張るだけの人達ではありませんか?

人を批評しケチを付け馬鹿にする前に、自分は何をしているか、ではないかと思います。

“ネット評論家”というのは往々にして、自分は安全な場所にいて、ただ他人の意見の批評や批判をするだけの人が殆どの様な気がしますが、逆にその人達の発言に、どれだけの重みがあるか、一度立ち止まって考えてみて欲しいと思います。

それでも私の発信する内容が胡散臭い、インチキだと思う方はどうぞ私から離れて頂いて結構です。同じ様な事を言っている人は他にもたくさんいますから、“有害発言”で社会を混乱させる恐れがある、などとお説教したい人もいるでしょうけれど、私一人を黙らせた所で大勢に影響はありません。

真に有害で恐ろしいのはマスコミのプロパガンダです。それは完全スルーしているのに、個人のネットでの発言を袋叩きにするその異常性。

強い者には媚びへつらい、弱い者には牙を剥く。
これもまた、“人類の操作”の結果なのだと思います。


追記

今回ご紹介させて頂いた「人類と操作」のPDFファイルの17ページに、確率論のお話が出て来ます。

「ある複数の事柄が同時に起こる確率は幾何級数的(倍数的)に減衰していく」(本文より引用)

これは集団ストーキングの加害者と遭遇する確率にも言える事ではないでしょうか?
同時に起こる確率→同じタイミングで起こる確率、と置き換える事ができます。

つまり、月に2回の資源物回収日に、同じ人に(あるいは特定の数人が入れ替わりで)、同じ様なタイミングで遭遇する確率を計算したら、これはとても偶然ではあり得ない、という結果になるのではないかと思います。

どの様に計算すればいいのかわかりませんが、いずれにしてもこの様な、何百分の一とかの確率でしか起こりえない事が、もうかれこれ2年以上も続いているとしたら、これはやはり、偶然とは言えないと思います。

他のケースでは、例えば、ある家の前を通過する度に、その家の家人がタイミング良く玄関から出てくる、という場合も、確率的に計算したらあり得ない確率になるはずです。

つまり、確率で説明すれば、偶然ではなく意図的、または故意にタイミングを合わせているという事を証明できるかもしれません。

仮にそれが証明できれば、被害妄想だの統合失調症だので、強制入院させられる様な事も防げるのではないかと思います。その為には、地道に記録しなければならないのですが、それでも、一人だけでも驚異的な確率なのに、それが多くの被害者に共通して、同様の事象が起きているとしたら、あるいは犯罪として立証できるのではないかとも思います。

加害側はとにかくタイミングを合わせて付きまといをして来る為、ターゲットの行動にタイミングを一致させるなど造作もない事です。相手が勝手に合わせてくれるのですから、こちらはただ普通にしていればいいだけ。または若干タイミングをずらして来るかも知れません。

いずれにしても、記録はしっかりと残さないと意味がない事には変わりありませんが、これが結構大変なのです。ただ撮影さえしておけば、後からそれを元に、どの程度の確率や精度で同じシーンに遭遇するのかを検証する事が可能ですから、やはり記録は重要です。ただ子供などは通報されるリスクが高いので無理はしない、または完全に無視する方がいいでしょう。

この様に確率論で考えて見ると、今起きている事象の連続は、何百分の一、何千分の一という、驚異的な確率の連続になるはず。

非常に大変な作業ではありますが、そうした気の遠くなる様な肯定を経て、これでもまだ妄想だと言えますか?と言い切れる所までしっかりと状況証拠を積み上げる事が、結局のところ、集団ストーキング被害を証明する一番の近道ではないかというのが今の時点で、私が導き出した答えです。

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事

資源物回収日の様子

前回の記事では撮影及びその映像や写真の公開に対するリスクについても触れましたが、やはりこの被害を理解していただくには、映像や画像を使用しないと、実際の様子が伝わりにくく、限界があります。

また、そうしないといつまで経っても、妄想だ、統合失調症だと騒ぎ立てる人達がいて、現に病気でも何でもない人が精神病院に強制入院させられ、必要のない薬を飲まされ、健康だった人が体調を崩し、通常の生活さえもままならなくなるという、あってはならない悲劇が繰り返されているのです。これこそ犯罪行為なのに、実際には、防犯利権や精神医療利権の為に、加害者、警察、精神科医らが結託し、メディアが悪質な印象操作をしている為に、集団ストーキング被害者は、二重、三重の被害と精神的、身体的虐待を受けている状況です。

その為、リスクを承知で今回も画像を掲載しながら、日常の記録を綴ってみたいと思います。

※集団ストーカーとは関係のない画像も含まれますので、画像の保存、転載、流用は一切禁止します。また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも、どの様なタイミングや頻度で、組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が出現するのかという実態を知っていただく為のものです。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、その様な目的で、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為は一切禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。


それでは今回は、10月21日朝の資源物回収の時の記録です。

最近は娘に資源物を出しに行かせて私は部屋からその様子を記録しているのですが、毎回の様に同じ人が、あるいは特定の人が入れ替わりで、同じ様なタイミングで出て来ます。

まず最初は、タイミング良く通過する地元の建築業者のトラック。(手前が娘)


特徴的なのは、私や娘の行動とぴったりシンクロしている事。ゴミ収集所にいると車が真後ろを通過する、歩き出すと前方から住民が歩いてきてすれ違う、しかも特定の人達と・・。ずっとこういう事の繰り返し。

この業者の車は、私が車で外出する時にも不自然なタイミングや頻度で遭遇します。その現れ方やタイミングは、集スト加害者達のそれと非常に似ているので、もしかして・・・と思っている業者です。



それにしてもなぜ、わざわざ団地の横の道を通るのでしょう?以前も私が撮影していたら、偶然、この会社の大型トラックが入ってきました。



そのトラックをカメラで追っていると、駐車場を出て行くシルバーの車が。後で映像を確認すると、いつも驚くようなタイミングで遭遇または目撃するK・Mさん(仮名)の車でした。※後ほど、別の時の画像を掲載します。



路駐している車の横をすり抜けるKさんの車(奥)。この手前の白い軽ですが、よくここに駐車しています。でも普通、こんな風に通路を塞ぐ場所に駐めるでしょうか?いくらなんでも不自然すぎます。


通常、この様に通路を塞ぐ様な位置に車を駐めるという感覚はあまり持っていないと思うのですが、今はこれが当たり前になってしまったのでしょうか?

実はこの2日後の10月23日、今度は可燃物を捨てに出た時に、この車の持ち主がタイミング良く現れたのです。その時の様子はまた別の記事にします。


この時、奥の工事現場から工事の音が始まりました。(何故か周囲で工事が多い。)


カメラを下に戻すと、またしてもぴったりのタイミングで現れて、娘のいる収集所に向かって歩いている常連のSさんの姿が。


いつもの事ながら、まるでこちらの行動に合わせているかの様な見事なタイミングには驚いてしまいます。


手前が娘。


資源物を捨てた後、車に乗り込むSさん。


何度も説明していますが、こうしたシーンは、決して撮影しようと思って待っていたわけではなく、撮影しているわずか数分の間に、不思議と遭遇するので、同じ様なシーンばかりが蓄積していくのです。果たして本当に偶然なのでしょうか?



このまま仕事に出掛ける様に見えるのですが、なぜか私がこうして撮影しない日は、この時間を過ぎても車がずっと駐まっている事もあります。いつも確認しているわけではないので、駐車場の撮影をして記録が残っている範囲ですが、この方と同様に、日頃から不自然に遭遇や目撃をする他の母子世帯の母親(後述のK・Mさんなど)も、なぜかずっと車が駐まったままのケースが多いのが非常に不可解です。その割に、私が出入りする時間やベランダにいる時に限って、これらの方の動きがあるのも不思議です。

もしかしたら、こうして偶然を装って私や娘と同時にゴミを捨て、そのまま会社に行くという設定で付きまといをするのが目的で、実は通勤や出社などしていないのではないかと勘ぐってしまいたくなります。と言うのも、そういう光景は、同じく団地住民のH井家やS原家のご主人にしても何度も目にしているからなのです。

私が団地に戻って来たタイミングで車が出て行く・・というシーンに何度も遭遇しているのですが、その割に、日中ずっと車が駐車場に駐まっていたり、逆に、不規則な時間(普通のサラリーマンなら仕事でいないはずの時間)にも関わらず、私が外を見た瞬間、車が動き出したり団地に戻って来る・・・といった事が頻繁にありました。

これらは映像として記録が残っていますので、追々公開していく予定です。

続き。


Sさんの車が発進したのと同時に、なんと常連のK・Hさんの姿が。


いつもの事ながら、実に見事な出現&コラボです。




K・Hさんが収集所で仕分けをしているタイミングで白の軽が通過。


この車はあまり見かけませんが、車に積んだ荷物を見ると、工事関係者の様な感じがします。


資源物を出し終えて部屋に戻るK・Hさん。(後述しますが、動画にも出てくる方)


アップになっているシーンを見ていて何か違和感を感じ、どうしてだろう?と考えていて、ようやくその違和感の原因がわかりました。かなりのご高齢なのに、口元にはシワが全くないのです。


私の主観ですが、おでこのシワやシミの多さに対して、口元は別人の様に若く見えるのです。この年代のご老人の口元って、普通はもっとシワシワですよね。しかも女性の様にも見えてしまうのは考えすぎでしょうか?

トンデモな話になってしまうのですが、前々回の記事でも触れていますが、最近、ロボトイドやクローンなどの動画をよく見ている私は、何かそうした疑念を抱いてしまう癖がついてしまいました。ただ、私はそうしたものが人間を欺いている可能性はとても高いと思っています。




という事で、この日の資源物の回収時も、なぜかまたいつもの常連さんばかりと時間が同じになるという“偶然の一致”が起きたわけですが、それでは他の回収日はどうでしょうか?比較して頂くために、別の日の画像をご覧下さい。

下の画像は先月の9月16日の、やはり資源物回収日の映像からの画像です。この時は21日の時よりも約30分程早い時刻でしたが、21日と同じ様に娘が資源物を持って収集所に向かい、私が上から撮影を始めると、いつもの常習メンバーが次々に現れたのでした。

この日は興味深いシーンを多数目撃している為、また記事を改めて、詳細に書く予定ですので、今回は一部のみ掲載します。

まず撮影開始と同時に、こども110番の家の影から、常連の女性が現れました。


参考動画←ちょうどこの辺りに登場する方と同じ女性です。

この場所は、私がふと目を向けた時に、実にタイミング良く人や車や児童が現れる場所で、私は勝手に“工作ポイント”と呼んでいるのですが、この女性のすぐ後ろのお宅(G家/仮名)でも、時折、出来すぎのタイミングで“イベント”が発生します。


工作ポイントからくるっと回り込み、団地前を通過。


どうやらこの方は、(後述しますが)団地の住民ではない様な気がするのですが、それ以前に、果たしてこのルートを通る必要があるのかといつも疑問に思います。なぜかと言うと、下の図の様に、明らかに遠回りをしているのがその理由です。



↑黄色いラインが、この女性が今回の写真の様にいつも通るルート。こうして地図で見ると、遠回りである事が一目瞭然。どうせ県道に出るなら、最初から赤いラインのルートを通ればすむのになぜ?と思う訳です。県道は車の通行が激しいから?とも思いますが、どうせ県道に出るのですから、わざわざ迂回する意味がないのです。

なぜこの方が、この団地横の道路を通過した後、県道に出るのが分かったかと言うと、別の日の映像をチェックしていて判明したのです。

下はその時の画像ですが、この日は娘が出掛ける時の様子を記録した後、反対側のベランダに出て、違反駐車やトラックの通過の様子を撮影しようと録画を始めた直後、また偶然にもこの女性が現れたのでした。


そしてこのまま県道の方に出て行ったのです。団地に住んでいるのなら、県道に出る必要はありません。


ではなぜ、わざわざ遠回りをしてまでこの団地の横を通るのでしょうか?
そして通過ルートの不自然さもさることながら、もっと不可解な事に気がついてしまったのです。

↓これ不自然に思いませんか?特に左膝の部分に注目して下さい。


左足の膝の角度とズボンの角度が明らかにおかしいのです。この膝の角度からすれば、その延長としてズボンにも角度が付かなければおかしいのに、腰から一直線に斜め下にズボンが伸びているのです。前々からこの方の歩き方が少し不自然だったので、足に障害のある方なのかなと思っていました。でもその不自然さは、もしかしたら違う要因からだったのかも知れません。

こうした不可解なシーンが映ってしまうのは、この方だけではなく、他にもいます。そしてこの様な映像を度々撮影してしまう為、先述のロボトイドではありませんが、何か常識では理解できない様な事が起きているのではないかと思えてならないのです。

因みに映像に一切加工はしていません。ただし、プライバシーの為のモザイクやぼかし、違和感のあるシーンなどを分かりやすくする為に、拡大やコントラスト調整などの加工は加えていますが、元の画像を捏造する様な卑怯な真似は一切しておりません。

9月16日のゴミ捨て時の様子に戻ります。

先述のG家の方。このお宅もある時から怪しいと思っていたのですがやはり・・・という結果でした。


この時も撮影をしているとタイミング良く車が戻って来ました。そして娘さん?と何か言葉を交わした後、前からタイミング良く吠え出す犬に向かってオーバーなアクションをした後、すぐにまた車に乗って出て行きました。


※上に羽織っているのはキッ○イ薬品のシャツの様にも見えたのですが文字が読み取れませんでした。



そのままカメラを収集所に戻すと、娘が収集所を後にして部屋に戻るタイミングで駐車場を出て行く車が。(右上矢印が娘の足)


誰かと思ったら、常連のS・Tさん(仮名)の車でした。左から来た女性が車に近寄ります。


そしてこの位置で車を停めて後部に荷物を載せ始めました。クッション?を落とした様です。


と言うか、なにもそこでやらなくても・・・と思います。この中途半端な位置に車を停めて荷物を載せ乗り込む、というのもかなり不自然ですね。

そして、もっと驚くのは、その車の手前をすり抜ける様に現れたのが、またもやK・Hさん(仮名)。


因みにこの黒の軽に乗っているS・Tさんは、違反駐車&ドアバンの常連さん。





私がベランダで撮影をしている時によくこうして車に乗り込んだり、ドアバンする方。そもそもこの場所に車を路駐する意味がわからないのです。

また地図で説明しますが、この不自然さは何を物語っているでしょうか?


図にも書いていますが、直接駐車場に歩いていくのと、一度車を移動し、部屋に戻り、また部屋から車に乗るのはなぜでしょうか?特に大きな荷物を運び込むのでもないのに、わざわざ二度手間になる事をしているのは明白です。しかもこの場所は駐車禁止。違反者は警告の紙をワイパーに挟まれる事もあります。それなのに、見る度この場所に駐めているのです。ここに車を駐める人はだいたい決まっているのですが、自分の駐車スペースが空いているにも関わらず、この場所を私物化しているので、本当に止めて欲しいです。

16日のゴミ出しの時の様子に戻ります。


何となく手に違和感が・・・。




やはり口元が老人ではないと思います。


KHさんが資源物を捨てている時にも、何人かの住民がゴミ捨てに出て来ていた様です。手前の若い女性は見慣れない方ですが(もしかしたら通路を塞いで路駐していた方かも)、ベランダにいる女性は常連さんです。(この時初めて部屋がわかりました)


エプロンを掛けた方はあまり見かけない方です。と言うか初めて見た方。





やはり口元に違和感が・・。この年齢にしては(多分70~80代)、ツルンとしていてあまりにもシワがなさすぎると思います。


それと、鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれる溝がない?様に見えます。


人中というらしいのですが、鼻と唇の間の溝です。





消える手前で頭を触るアンカリング。10月21日は、メモリが足りなくて撮影できていなかったのですが、その時もやはり、木の陰に隠れる手前で、こうして頭を掻くアンカリングをしていました。


この背中から腰の曲がり具合もちょっと怪しく思ってしまいます。そして建物の陰に消える手前で、上を見上げるアンカリング?


よく、消える間際に、ほんの一瞬だけ振り向く(顔を少しだけこちらに向ける程度)とか、横目でこちらに意識を送ってくる様な、含みのある仕草をする人が多いです。これもアンカリングの一種です。

下の画像の時の様子は動画でも公開していますが、この時もやはり資源物を出しに出た際に、同じタイミングで収集所に現れました。


なぜ資源物を出す日は、こんなに頻繁に遭遇するのでしょうか?不思議ですね。



この時は、私が窓際に近づいた途端に子供の騒ぐ声がした為、記録を始めたら、ちょうどそこに自転車で戻って来たKさんの姿が。


一瞬、こちらに視線を向けた様に見えました。








その2日後も、たまたま違反駐車を撮影していたら、またしてもタイミング良く現れて、どこかに歩いて行く姿を目撃。


雨も降っていないのですが、傘を持っています。


傘は私に対するアンカリンググッズでもあるのですが、傘と一緒に何かコード?の様なものを持っています。





まだ映像を整理しきれていないので、これらはほんの一部ですが、これ程までに偶然の一致が連続して発生するというのも、明らかに不自然です。

引き続き21日に目撃した他の方の画像も。

まず、↓こちらの方。

この方の偶然とは思えないタイミングでの目撃は、下の動画の1:50過ぎにも収録しています。



この動画の中で、雷雨の中、帰宅したのがKさん。



↓何か騒々しいなと思って見たらスイカ割りをしていたのでその様子を撮影していると偶然にも通りかかるKさん。


↓私が団地に戻ると出て行くK・Mさん。


ベランダから違反駐車を撮影を始めると、なぜかこの場所に車を路駐し、部屋に戻るK・Mさん。


カメラ目線でこちらをしっかり意識しています。


それにしても、先述のグーグルマップの画像でも説明しましたが、なぜ常連さんは、わざわざこの場所に車を駐めるのでしょうか?自分の駐車スペースから歩いても、たった20~30秒しか変わらない距離です。

しかもこの場所は駐車禁止の場所。車を2台所持していて駐車場が空いていないならまだしも、自分の駐車場が空いているにも関わらず、なぜかこの場所を自分の駐車場がわりにしているのです。それとも、どうしてもここに駐めないといけない理由でもあるのでしょうか?

続いては↓のSさん。


私が雪かきに出ると、この方も雪かきに・・・。
(上の動画の14分30秒過ぎに収録)


外出から戻って来るとこの方も帰宅。


ストリートシアター(疑惑)を撮影していると、やはりタイミング良く車で戻って来てそのまま路駐、そしてシアター劇団員の人と妙に楽しそうに言葉を交わし部屋に戻りました。


別件で確認したい事があり、ゴミ収集所の様子を撮影していると、絶妙のタイミングでゴミ捨てに現れて車に乗り込みました。


この時も娘と同時にゴミ捨てに出て来て・・・


あたかも娘とすれ違うタイミングを計算しているかの様です。そしてすれ違う時にモバイル機器を娘の方に向けた様に見えました。




比較してみるとわかりますが、まるで接近するチャンスを狙っているかの様ではありませんか。


ゴミ捨てに出る時刻が8時30分前後の時は、確かに時間が近いとは言え、これほどまでに見事にタイミングがシンクロするものでしょうか?

そもそも、資源物の回収日は月に2回しかありません。時々うっかりして1回パスしてしまう事もあるのですが、そうするとこうして鉢合わせになる“チャンス”は月に1回。しかも時間にしてわずか数分です。

可燃物の収集日は週2回ですが、まとめて出す時もあるので週1回の時もあり、それでもこうして毎回の様に同じ人達に遭遇するものでしょうか?

下の玄関(エントラス)を出て、再び玄関に戻るまで、可燃物の場合は時間にして約1~2分程度。資源物の日でも2~3分、長くても5分以内です。確率で考えてみても非常に低いはずなのに。

逆に言えば、こうして頻繁にタイミングが一致するというのは、何か不自然で意図的に思えます。しかも、わざと時間を変えているにも関わらず同じ人が出てくるというのは、普通に考えれば、偶然を装った付きまとい(ストーカー行為)だと思われても仕方がないのではないでしょうか?

その上、タイミング良く遭遇したり見かけたりする住民が、いつも大体決まった人ばかり、というのがまた不思議です。

この団地にはもっと住民がいるはずなのに、なぜ他の人達はほとんど見かけないのに、特定の人は頻繁に見かけ、行動が一致してしまうのでしょうか?考えてみればこれも非常に不自然な現象です。

そして階段の上り下りをする際にも、タイミング良く出てくる住民。
普通は何かおかしいと気付くはずです。余程感覚が麻痺していない限り・・・。

妄想だ、統合失調症だと言う前に、まずその確率を考えてみて下さい。
こんな事がずっと続いているのです。もう3年近くも。





キッ○イ薬品で検索したら、以前、時々拝見していた「真実」が負けないために・・・さんの記事をお見かけました。
 
南満州鉄道を日本に持ち込んで、日本を独裁した大連出身の朝鮮人


下の記事では、クローンやロボトイドと人間の総入れ替えについて書かれていたので、やっぱりそうなのかという思いでした。

世界が全てクローンに替わろうとしていた


◆私がこれらの内容を写真や動画と共に掲載する動機と理由について◆

これらの映像の記録及びネットへの公開は、人間の行動心理やパターン、また、偶然の一致とは果たしてどの程度の確率で起こり得るのか・・・と言った社会現象の検証も兼ねております。

一つお断りしておきたいのは、私は何も、住民やその他の方々のプライバシーを侵害したり誹謗中傷する為に、この様な記事を公開しているわけではありません。

では、なぜこの様な記事を掲載するのかと言うと、これらの事象は、もしかしたら組織的ストーキングという犯罪と関わりがある可能性があり、現に私の周辺では、こうした不可解で不可思議な現象が3年近くも続いている為、その不自然で不可解な遭遇や目撃の様子を記録し、検証し、万が一にでも、その様な犯罪と関係があるのであれば、自分自身の命や生活を守る為、そして私と同じように被害に苦しんでいる方の為にも、周知や告発をする必要があると判断したからに他なりません。

ただし、私がこの犯罪の存在を知ったのは2年程前(2013年頃)の事で、実際にはもっと以前から、密かに個人情報やプライバシーの侵害行為、及び盗聴、盗撮は行われていたと思います。

他の被害者の方の証言や体験談、ネット内の情報によれば、近隣住民や同級生、同僚、知人、友人などが実はこうした組織的ストーキングの加害者や加担者である場合も多く、ターゲットの近隣に引っ越してきたり親し気に近づいて来ては、様々な情報を収集していると言われています。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。
思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

尾行や監視の様な不当なプライバシーの侵害行為に留まらず、時に家宅侵入のような明らかな犯罪行為から得た対象者の個人情報に、悪意のある嘘を混在させて捏造した悪評を流布して孤立させ、村八分にするという、非常に悪質で残忍な風習が未だに残っていて、それが防犯利権目的で悪用されていると考えざるを得ないのです。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

また、某宗教団体の入信を断ったり、騒音に対する苦情などの些細な事で信者とトラブルを起こしたりして敵対者(仏敵)と見なされた人物などに対しては容赦ない嫌がらせが始まります。またオリンパス事件の様に、リストラの為に企業から依頼を受けて集団ストーカー行為をする場合もあります。こうした汚れ仕事に暴力団が関与しているのは間違いありません。保険金を掛けて殺害する場合もあるでしょう。

ハイテク機器や未公開の通信・諜報技術を駆使した組織的な集団ハラスメントは、かつてより遙かに巧妙に、用意周到に、そして残虐になっているのではないでしょうか。

仮にその様な電磁波発生装置等を使用してターゲット(被害者)に対して身体攻撃をすれば、本来であれば傷害罪、殺人未遂罪(自殺や病死で死亡すれば殺人罪)に問われて然るべき犯罪です。

ところがこの仕組みを、警察が裏金作りや防犯利権の為に悪用または主導し、嫌がらせのやり方に始まって、ターゲットから付きまといを抗議された時のしらばっくれ方まで指導しているとも言われており、それを裏付けるかの様に、こうした犯罪行為が公然と行われているにも関わらず、“法律がない”という理由で、何の取り締まりもできないばかりか、被害者を精神病送りにして、組織的犯罪が実在する事を隠蔽してしまうのが実情です。

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も、非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの程度の法律が整備されるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?もともと整備する気がない、あるいは妨害している政治勢力や団体がいるという事の証左ではないでしょうか?

いずれにしても、警察が“防犯情報”と称して、自治会、町内会のみならず、学校や役所、店舗、企業など様々な組織や場所に、集団ストーキング被害者を、まるでテロリストか過激派、前科者の様に触れ回り、それを受けた市民が、町内会ぐるみ、地域ぐるみで対象者を監視し、付きまといや尾行、嫌がらせをするという、一般の方には俄には信じられない様な、地域防犯パトロールを隠れ蓑にした不当な弾圧が行われているのです。

この様な事は元警察官の方も証言や告発をされています。
(創価学会と反日組織の集団ストーカーとテクノロジー犯罪! 様より)
大河原宗平大阪講演会 警察が集団ストーカーする理由が分かる驚愕の事実と参加報告!

場合によっては、警察や自衛隊、探偵などが、地域住民に偽装して団地やアパート等に潜入し、交代制でターゲットに24時間365日貼り付いては監視や尾行をしているケースもあるでしょう。

この様にして、たった一人の被害者を集団で取り囲み、ストレステストや技術開発などの人体実験も兼ねた信じがたい犯罪が行われているのは、ネット上の情報や、私自身の目撃や実体験、感覚などからも、事実であると断言したい所ですが、この巧妙で狡猾な組織的犯罪の最大の強みは、その証拠を一切、または殆ど残さない所にある為、被害の証明が極めて困難であり、それこそが、この鬼畜にも劣る卑劣な犯罪であるにも関わらず、現在に至るまで放置され、あるいは揉み消され、自殺者が出ているにも関わらず何ら解決に向けての対策が取られていない最大の要因であると言えます。

この偶然を装った、しかも神業の様な絶妙なタイミングでの付きまといは、ターゲットの動きを完璧に把握しているからこそ可能であって、何らかの手段によって、ターゲットの行動や生体情報、思考などが完全に加害側に捕捉されていると考えるのが妥当であり合理的だと思いますが、室内での会話の全てを盗聴できる技術や、建物の内部にいる人物を盗撮する技術を始め、思考を盗聴する技術なども、かなり早い段階で有名企業によって開発され、特許を取得し、販売され、使用されている様です。詳しくはネット内に多くの情報がありますので、ぜひ調べてみて下さい。

思考解読(自衛隊の犯罪を斬る 様より)

いずれにしても、この様な仕組みや技術が悪用され、たった一人の人間に対して多数の加害者による組織的な嫌がらせや攻撃が行われていたとしたら、これは重大な人権侵害であり、集団リンチ、精神的虐待とも言える許し難い蛮行です。
そして憲法で保証されている基本的人権をも土足で踏みにじる、卑劣極まりない行為です。

およそ、まともな精神を持った人間にできる行為ではありません。おそらく何らかの団体に属し、洗脳された集団でなければ、長期に渡ってこんな下劣で冷酷な行為を継続する事などできるはずもありません。なぜなら、この様な事を繰り返していたら、普通の感覚を持っている人なら逆に自分が精神を病んでしまうでしょう。

狭い集団の中で反社会的な教義にマインドコントロールされているにも関わらず、まるで自分達が、悪人を裁き、“矯正”したり“更正”させる役割を託された特別な存在であるかの様に勘違いしてしまった一部の人格異常者達は、虐めによって相手が苦しめば苦しむ程、大量の脳内麻薬物質が放出される為、虐めをやめてしまうと、強い禁断症状が現れるだけでなく、それまで他者を虐めたり愚弄したり誹謗する事によって得られていた、歪んだ優越感に浸る事もできなくなってしまうのです。

自分達が直接被害や損害を受けたわけでもない赤の他人や、反撃できない弱い相手を選んでは、寄ってたかって集団で虐める事で得られる病的な優越感によって、無力で無価値な自分をごまかし、群れを成す事で自分達が力を持った特別な集団だと勘違いする事さえもできなくなってしまうので、この人達はおそらく、死ぬまでこの陰湿な虐めをやめられないでしょう。

逆に考えれば、この犯罪に嬉々として加担している加害者というのは、虐めによる快楽や勘違いなしには生きられなくなってしまった哀れな人達なのかも知れません。こうなると、最早人間とは呼んでいいのかどうかさえわからなくなってしまいます。

また、バイトを含むお金目当ての加害者には、報酬も支払われている様ですが、この人達も同様に、お金の為なら人を殺傷しても平気な程、正常な精神が麻痺してしまっているのでしょう。軽い気持ちで加担すれば、いずれその代償は自分自身が払う事になると思います。

また、仕事をしている様には見えない加害者も多く、妻子持ちの働き盛りの男性や母子世帯の母親がずっと在宅しているケースも多いのですが、その生活資金は一体どこから来ているのでしょうか?真偽の程はわかりませんが、ある宗教団体に入信したり、ある政党の支持者になると、公営住宅と生活保護がセットで手に入る、という様な信じがたい情報もネット内では見る事ができます。もし国民の血税が、こんな卑劣な犯罪に加担する人達を養う為に使われているとしたら、あなたは許せますか?

また集ストに加担しているマスコミやメディア、芸能界は、被害者に精神病(統合失調症)のレッテルを貼る為のプロパガンダ機関であり、被害者が病的で危険人物であるかの様な印象操作をするだけでなく、個人の生活を覗き見しては公共の電波を使って仄めかしをしたり、自宅生放送という卑劣な遊びをして楽しんでいるとも言われています。

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

因みに、芸能界、マスコミはS学会信者や在日系が多数を占めていると言われていますし、政治においては、K党の支持母体でもあり、各省庁や行政の中にも、また警察官や自衛官にもS会信者が多数いると言われています。外務省の大鳳会は有名ですので、ご興味のある方は検索して見て下さい。

外務省 大鳳会 google検索結果

また、被害者がネットで被害を訴えると、定型句の様な同じフレーズや理屈を振りかざしては、病気扱い、キチガイ扱いする人物が必ず現れます。皆一様に、「お前のような価値のない人間に莫大なコストをかけてまでストーカーする意味や理由などどこにあるのか」「病院に行け」と、判で押したような内容の否定的な書き込みが殺到します。

それなら逆にその人達に聞いてみたい事があります。

集スト被害者が、タダで人体実験できる被験者だとしたら?
その上、最先端技術の研究・開発という名目で、国から膨大な研究予算を獲得できるとしたら?
開発した技術で特許を取得し、莫大な利益を上げる事ができるとしたら?
ターゲットを集団で追い詰め、精神病患者や犯罪者に仕立て上げる事によって、防犯利権、医療利権、製薬利権、刑務所などの利権に群がる人達が潤い、警察を始めとする公務員が裏金を作れるとしたら?
加害組織から離反者を出さない為の「みせしめ」だとしたら?
カルト宗教団体などの信者が、幹部や上層部からの命令で、無報酬で召集されているとしたら?
生活保護受給の口利きをしてもらう代わりに、加害行為を行うという交換条件だとしたら?
在日朝鮮、中国人などによる背乗りやなりすましで、日本人の戸籍や土地、財産を奪うのが目的だとしたら?
この国から日本人を排除し、日本を乗っ取る為の謀略だとしたら?
暇とお金を持て余している一部の気の狂った富裕層達のゲーム(賭け)に利用されているとしたら?

この犯罪は、全てが闇のベールに包まれている為、これらの真偽は確かめようがありませんが、決してあり得ない事ではなく、むしろそれらがあるという確率はかなり高いと思います。

逆に言えば、これらの理由で加害や動員が行われている可能性はゼロであり、絶対にないと証明できない以上、否定工作員達の伝家の宝刀である“被害妄想論”や“コスト論”、“お前の様な人間に論”は破綻していると言えるのではないでしょうか?

この様な被害者の主張や信憑性の高い資料、論文、米軍を含む公開文書、特許情報などは一切無視して、頭ごなしにきちがい扱いする中傷的、攻撃的な口調、そして被害者を見下しては優越感に浸って満足している・・・などの一定の特徴が見られる事から、この犯罪を隠蔽する為に雇われたネット工作員であるとすぐにわかります。

「お前の様な何の価値もない雑魚を監視して誰が得をするのか」というのが、この火消し工作員達の一貫した主張ですが、逆に、知名度や財力や人脈や権威があり、多大な影響力がある重要な人物(例えば総理大臣や財閥のトップなど)を標的にしたら、自分達の犯行を徹底的に調査され、その結果、ストーキング行為が実際に行われてる事が判明し、暴露され、あっという間に世間に知れ渡り、この犯罪によって利益を受け続ける事ができなくなる事くらいわからないのでしょうか?

いえ、これらの工作員はその事を知っているでしょう。けれど自分達に都合のいい様に詭弁を使い、被害を訴える理由や肝心な根拠は無視して、ただきちがい、統失、被害妄想の一点張り。一体どちらが妄想の強い精神異常者なのでしょうか?

こうしたテレビやネット内のミスリードや火消し工作によって、あるいは書籍やコラムなどでも盛んに見られるプロパガンダ、印象操作、世論誘導工作によって、この組織的ハラスメントは徹底的に隠蔽されていますが、この被害は日本だけのものではなく、全世界で行われています。

(新しいタイプの人権侵害と暴力 様より)
Dr. シバタ著 "The invisible maiming torture enterprise of organized stalking assaults"

海外ではギャングストーキングと呼ばれる、この集団での付きまといや嫌がらせ、またそれと同時に行われるエレクトリックハラスメントによって、病気にさせられたり、事故死させられたり、マインドコントロールにより犯罪者になってしまったり、あるいは精神的に追い詰められて自殺してしまうという被害が、日本ばかりでなく世界中で報告されています。

しかも、咳払いや特定の仕草(頭や髪を触る等)によるアンカリング、偶然を装ったつきまといなど、日常の行動に偽装した加害行為であったり、目に見えない電磁波や音波、放射性物質等を使用した身体攻撃である為、証拠が残りにくい、あるいは全く証拠が残らないという非常に悪質な犯罪です。

また、司法にも加害勢力が入り込んでいる為、警察に被害を訴えても相手にしてもらえないばかりか、最悪の場合、精神病院に措置入院させられてしまいます。また裁判を起こしても、裁判官や弁護士が加害勢力の息のかかった人物である場合も多いと言われていますから、まともな判決が下るとは思えません。

奈良の騒音おばさんがいい例です。一般的には布団を叩く騒音や罵声などで、近くに住む老夫婦に被害を与えた加害者だと思われている河原さんは、実はS会の入会を断った為、この老夫婦(創価学会信者の疑いが濃厚)や近隣の住民から嫌がらせをされていた集スト被害者だった様です。

その被害に耐えかねて反撃した様子を老夫婦が撮影、その映像を元にマスコミが一斉にバッシング。河原さんは裁判で負け、懲役を科せられ、その上、老夫婦に損害賠償まで支払うという信じられない判決が下されるのがこの日本という国の司法の姿です。

「騒音おばさん」に実刑判決・・・・その裏に隠された真実!!

騒音おばさん

要するに、警察も裁判所もマスコミも、みんな繋がっているのです。そしてこの組織犯罪に加担、あるいは関与しているのです。全てではないとしても、ある宗教をキーワードに社会を見渡すと、あらゆる場所にこうした勢力が入り込み、ネットワークを形勢している事がわかります。

であれば、被害者自身がこの被害を証明する以外に、この被害を終わらせる事は不可能であり、そして多くの方にも、この犯罪を知って頂き、ご理解頂く事が、この犯罪を撲滅する為には不可欠なのです。

今の被害者が倒れたら、必ず新たなターゲットが必要になりますから、いつ誰がターゲットになっても不思議ではありません。どうか人事だと思わずに、この犯罪に関心を持って頂けたらと思います。

ただ、言葉だけではなかなかこの被害が伝わらない上、作り話だと言われてしまえばそれまでです。その為、同じ被害者同士では即座に理解できても、この被害と無関係、あるいは被害を受けていても無自覚の方に言葉や文章だけで信用して頂く事は極めて難しい為、やむを得ずこの様に写真や動画の公開をしております。

この組織的犯罪は、自殺誘導プログラムとも呼ばれる非常に悪質で巧妙な犯罪です。集団で個人を追い詰めて自殺させる、見えない電磁波などによる身体攻撃によって病気にさせる、あるいは付きまといや嫌がらせでストレスを与えたり、挑発して犯罪を誘発するという、非常に悪質な狙いを持って行われているのですが、そもそもそうした犯罪を取り締まるべき警察が、法律がないのを良い事に、全く捜査や取り締まりをしないばかりか、警察そのものが加担、あるいは主導しているという、俄には信じがたい現実がある為、最終的には被害者自らが自己防衛するしかないのです。

ですから私にとってネットで告発する行為というのは、この犯罪から私達親子の生活と身の安全を守る為の、唯一の防衛手段であり正当防衛です。

集団ストーキングという嫌がらせさえなければ、この様な事をする必要もなく、何の関係もない他人が映った映像や写真を公開する理由もなければ、そんな事をして憂さ晴らしをするなどという歪んだ趣味も持ち合わせてはおりません。

そもそも私はこの方達に何の興味もありませんので、こんな事をするくらいなら、もっと自分の為にお金と時間を使います。また金銭を受け取りながら被害者を装っている工作員(偽被害者)ではありません。

私がネットでこの様な言動をしている背景には、これらの事情がある事をご理解頂けたら幸いです。

参考資料(新しいタイプの人権侵害と暴力様)
ギャングストーキング/マインドコントロール犯罪訴訟

実験神経症 [英]experimental neurosis



尚、不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲で掲載を取りやめますので、お申し出ください。また、必ずしもこれらの現象が、集団ストーカーによるものであるとは断言しておりません。イニシャルは架空のもので、ご本人のお名前とは関係ありません。


絶望のないところに救いもあるものか

証拠が取りにくい陰険な方法で被害者を拷問しては笑いものにし

自殺させておきながら「すべては偶然」だと卑劣な大ウソを吐いて責任を逃れる。

それをゲームのように楽しみすでに大衆の娯楽にさえなっているほどだ。


(一部引用させて頂きました)



関連記事

撮影行為を通報されたら・・

昨日ツイッターである被害者の方が報告されていたのですが、被害者が撮影をしていたらそれを匿名で通報されて、警察署に連行されたそうです。特に子供を撮影すると通報される可能性が高い様です。

詳細はこちらでご確認下さい。
月光さん、リンクの許可を頂きありがとうございます。m(_ _)m

これを拝見して、いよいよ警察も容赦ない被害者潰しに出たのだろうと思いました。何故なら、この被害を証明する為には記録、特に撮影は自己防衛に欠かせない手段でもあるからです。

と言うのも、自分が被害を受けている事を証明するには、それなりの根拠や証拠が必要になります。記録も重要です。仮に、文章や言葉のみで被害を訴えてその主張が認められるのなら、何も撮影などする必要もないのですが、現実はそうではありませんし、また逆に、それが認められてしまったら、今度は自分が捏造や嘘の通報で逮捕されてしまう危険もあります。

事実、目撃者の“証言”だけで刑が確定してしまうという恐ろしい判決もありますが、もしかしたらその“目撃者”や“証言者”は、犯人と通じている人物かも知れないのです。それで死刑になってしまった人は本当に無念でしょうし浮かばれないと思います。

その一方で、集団ストーキング被害者の訴えは、なぜか一様に、「被害妄想」、「統合失調症」という判で押したような結末で終わってしまうのです。そもそもこれ自体がおかしな話なのです。どうして匿名の通報者の言う事は信用され、集スト被害者の訴えは信用されずに病気扱いなのでしょうか?もしかしたら匿名通報した人の妄想かも知れないのに・・・。

いずれにしても、この犯罪が実在し、そこに警察も関与している事を証明する以外にこの被害から逃れる事はできないのです。しかも肝心の警察がこの様な状況では、被害者自らが証拠を集め、記録し、証明するしかないわけで、その為には加害(と思われる)行為を撮影する事は避けて通れないのです。

ある裁判と私への集団ストーキングの類似点

この記事にも引用させて頂いた裁判では、証拠の写真が決め手となっています。この時、加害者である中国人男性(帰化人)を撮影した行為は問題とはされていません。つまり被害状況の証拠保全の為に撮影した行為は正当な手段だと認められたからこそ、この写真が証拠として有効だったわけです。(確か、違法な手段で入手した証拠は証拠として採用されない決まりになっていたと思いますが、また確認します。)


ですから、無断で人を撮影していたという匿名の通報があったからと言って、一方的に撮影者を犯罪者扱いし、調書まで作成し写真を撮られるなど、私から見たら、職権乱用もいいところだと思います。

そして何よりも被害者は、何も好き好んで撮影をしているのではないという事です。まったく興味も関心もない赤の他人を撮影して何が楽しいでしょうか?むしろストレスでさえあるというのに、なぜわざわざ自分の貴重な時間を使い、撮影用の機器やメモリをを購入する為の無駄な出費を強いられ、PCの容量を無駄に圧迫してまで撮影する意味があるでしょうか?

室内の盗撮映像をネットに投稿して販売したり嫌がらせをしている病的な人物達もいる様ですが、むしろその様な人間を心から憎み軽蔑していますから、決してその様な人間に成り下がる事はありません。

普通に考えて、この様な変態的趣味の持ち主で無い限り、ストレスにしかならない人物を撮影したところで、ただの時間の無駄でしかないのです。それでもこの様な撮影をする理由は、あくまでも自分自身の被害回復の手段としてであり、単なる迷惑行為とは全くの別物であるという事を強く主張させて頂きます。

それを同列にしか考えられない警察も、実に情けないというか落ちぶれたものです。それで警察官が務まるのですから、物事の真相を究明する能力に著しく疑問を感じます。(と言うよりも確信犯でしょうね)

また、他人を撮影する行為が迷惑行為だと言うのなら、ドライブレコーダーでの撮影はなぜ迷惑行為にならないのですか?店内で勝手に撮影されるのも、利用客からしたら迷惑そのものです。街中に設置された防犯カメラで知らない間に撮影され、それがどの様に利用されているのかも市民は知らされていないのです。

もっと言えば、警察などはスカラー波によって、壁も衣服も透過した状態で室内にいる人物を盗撮できるといいます。

参考



集スト(ギャングストーキング)の発祥はアメリカとも言われていますが、FBIが関与しているのなら、その国の実質支配下にある日本の警察も同じ手法を利用していても何ら不思議ではありません。またネットでは、警察が盗撮や思考盗聴技術を悪用しているという書き込みで溢れています。全部が全部、事実ではないとしても、恐らく事実だろうと思える内容のものも多く、全てが嘘とは思えません。


警察組織自体が、この様な卑劣な行為をして、本来守るべき国民の人権や生存権、生命さえも脅かしている疑いがあり、それを元諜報機関や警察関係者からも暴露されたり指摘されているにも関わらず、膨大な税金を食い物にする自らの組織の腐敗や不正には完全なる黙認を貫いていておきながら、その一方で非常に軽微な疑惑である「屋外を歩いている人物を撮影しただけ」の様な、せいぜい迷惑防止条例違反程度の通報では即座に対応するというのでは、あまりにも陳腐でありナンセンスであり、警察組織の腐敗や不正に対して、益々疑惑が深まるばかりです。

そこまで撮影される事にこだわるのは、恐らく何かを隠したいからなのでしょう。付きまといが証明されると困るのは警察主導の組織的なストーキング行為に加担している勢力です。まさに隠蔽体質、利権体質の極みではないかと思います。

盗撮が問題だと認識しているなら、ネット上に溢れる盗撮映像をなぜ摘発しないのか?と以前から私はネットサイバー警察にも通報しているのですが、そういう事はどうやら聞こえないし見えない様です。随分と都合の良い目と耳なのですね。

自分達の犯罪(殺人行為)は揉み消し隠蔽し、被害者を陥れる為に子供を含む仲間内で奸計を働き、被害者を精神的、社会的に追ん込んだ挙げ句、自殺や精神病院送りにするのが最終ゴールだといわれていますが、それは日本のみならず海外の被害者の指摘とも一致しています。

いずれにしても、警察や加害集団の魔の手はいつ誰に襲いかかってくるかわかりません。

ツイートにも投稿しましたが、加害者側は実に巧妙に子供を利用します。子供というのは、ある意味この犯罪を成立させる上での一番重要な役割を担っているのではないかと思っています。

弱い立場である子供、大人や地域が守ってあげなければならない子供。

そうした市民の感情を最大限に利用(悪用)して、地域や子供の安全、安心という金科玉条、錦の御旗の下に、少しでも不審な人物がいたら迷わず通報し、みんなで危険人物を監視しようという、よくよく考えたら実に恐ろしい相互監視、密告社会ができあがってしまっているのです。(かつての隣組制度の温存とも言えますが・・・)

今回の被害者の方のケースでは、やはり子供を撮影した事がきっかけで通報された様です。そして周囲には不自然に大人がいた様ですが、そこから見えてくるのは、(この犯罪では子供と大人または親が連携している事が非常に多いのですが)子供に被害者を挑発する様な行為をさせ、例えば以下の様なストーリーが予め設定されていたと考えられます。

被害者が近づく(現れる)タイミングで子供がわざと大声で騒ぐ、または被害者に関係のある内容の仄めかしを言わせる→被害者が反応する(撮影する)→近くに待機していた大人が不審者として通報する→予めその様な展開を知っている警察官が現場に駆けつける→署に連行→調書作成

おそらくこの様にして被害者を罠に嵌めるのが狙いなのでしょう。実際、私もその様な罠にひっかかりそうになった事があります。

「防犯パトロール」のステッカーが至る所に貼られ、「こども110番の家」があちこちに設置され、そこを拠点に、“危険人物”の監視や“まとわり”が実施されている事は、被害者の被害報告が一致している事からほぼ間違いありません。まさにこれこそが、防犯を装った監視密告社会の実態なのです。

そして“危険人物”に指定されるのは、大抵、防犯を始めとする各種利権に群がる人達にとっては邪魔な存在だったり、何かを奪いたい対象であったり、宗教への勧誘を断ったりして逆恨みされた人達です。それ以外の理由もあるとは思いますが、ある宗教団体を脱会したら集団ストーキング同様の嫌がらせが始まったという元信者の人の証言もネットでは多数見る事ができます。

では、そうした理由で危険人物に仕立て上げられ、24時間の監視やまとわりつきの被害者になってしまった私の様な人間は、一体どうすればいいのでしょう。一生この屈辱的な生活を続けろと言うのでしょうか?私はそんな事は我慢がなりません。

普通の被害であれば警察に相談すればいいのですが、この犯罪において警察は完全に加害側です。現にパトカーにも散々付きまといをされていますし、連日、警察や消防、天下り団体による緊急車両のサイレンによる嫌がらせは未だに続いています。

その為、迂闊に相談に行けば、被害妄想&統合失調症で措置入院→薬漬けで廃人という恐ろしいコースが用意されています。これは拉致と同じです。防犯利権、精神医療利権の為の犯罪行為です。

ですから、肝心の警察がこの様な犯罪を主導している以上、被害者自身が被害を証明する以外に方法はなく、その為の撮影である事を主張し、相手(警察)に納得させなければなりません。

突然、警察がやってきて、職務質問や家宅捜査をする事態になってしまった時の事も考えておかなければなりません。その際に、警察とのやりとりを撮影、あるいは録音する事も、後で身の潔白を証明したり、警察の違法行為を告発する際に、非常に重要になりますので、録画は絶対にしておいた方がいいと思います。

ただし、撮影しようとすると、警察も肖像権を主張して、撮影を止めさせようとします。そこで今回、その様な問答になった時にどういう風にこちらの権利を主張したらいいかと考えてみました。

恐らく警察が来た時に、例え犯罪を犯していない人でも、職質や家宅捜査を受ける事に慣れていない一般人は気が動転して、頭の中が真っ白になって、普段ならきちんと答えられる事でもうまく答えられないかも知れません。

人間や動物は生命の危機に直面した時は、まず敵から逃げる事を優先する為、筋肉などに血液が流れ、脳に流れる血流が低下し、思考レベルが低下するのだそうです。だからその様な緊張したり緊迫した状況ではうまく言葉が出て来ない、というのはそういう原理なのだとか。

そこで、自分の主張なり、集団ストーカーが実際に実在する犯罪である事の根拠となる資料なりを印刷しておいて、それを警察に見せるという方法がいいのではと思います。

後で映像を見て警察の違反行為が発覚する事もあるでしょうが、その時には映像は重要な証拠となります。その為に警察とのやりとりを撮影する事は不可欠ですから、こちらが撮影をする正当な理由をきちんと説明し、相手に反論させない(できない)様な展開にできるかどうかにかかっています。またその証拠は、自分だけでなく、他の被害者にとっても貴重な証拠となり得ます。


前置きが長くなってしまいましたが、取り急ぎ、頭の中にある考えを文章としてまとめてみました。これが最善とは思えませんが、よかったら参考にして下さい。


警察が肖像権を主張したら、私は次の様に反論します。


確かに警察官にも肖像権があり、無闇に撮影をしていいという事ではないという事は承知しています。ただし、警察官などの公務員は職務中の身分が保障されていますから、撮影の理由が正当であれば肖像権などは制限されます。

私が今、撮影している正当な理由とは次の様なものです。

警察官が、本来強制ではなく任意であるはずの職務質問を、私が何らかの犯罪に関与していると疑われる相当な理由がないにも関わらず強制したり、身柄を拘束したり、また取り調べる際に、怒鳴ったり恫喝したり暴行を加えたり不当逮捕するなどの職権乱用行為をするかも知れませんし、現に市民に対する恫喝や暴力行為など警察官の不祥事は毎日の様にネットでも目にします。

ですから、万が一私が警察官からその様な不当な扱いを受けたり、職権を乱用された場合は、市民の人権を侵害し、不当に権力行使をした警察官を訴えるつもりでいるのですが、その際に重要なのは、その時の状況を証明する為の証拠映像です。

お互いの言い分だけでは、やったやらないの水掛け論になり、圧倒的に市民が不利です。また、転び公妨という技法が有名ですが、自分から転んでおいて市民が暴行したとか、公務執行妨害だと言い掛かりを付けられ逮捕される危険もありますから、自分の潔白を証明する為にも撮影は必要です。

また、仮に裁判になった場合、警察の職権乱用にしても、また集団ストーカー被害にしても、言葉だけで裁判官が認めてくれるでしょうか?やはり映像なり音声での証明が必要になります。

逆に私達集団ストーカー被害者がこういう被害を受けているので調査して欲しいとお願いした場合でも、「証拠、または被害を証明するものがなければ警察は動けない」と言うではありませんか。

ではその証拠とは何を指しているのでしょうか?一般的には写真や映像や音声などの事を指していうのであり、だからこそ至る所に防犯カメラが設置されているのではないですか?

そうであれば、市民が自らの被害を証明する手段が撮影である事には何の異論もないはずです。

そもそも肖像権を侵害して名誉毀損になるのであれば、その本人が削除要請なり損害賠償請求をしてくるはずですから、その時は直接本人と交渉なり裁判で争う事になるという話なのに、第三者が迷惑行為なり名誉毀損などを理由に通報するのはおかしいと思います。

また、公務中の警察官を撮影する事が何か問題があるのでしょうか?真っ当な公務を行っているのでしたら、仮に撮影されたとしても問題はないと思います。

以上の様な理由から、自分自身の人権を守る為に、その様な違法行為があった場合の証拠を残す必要があり、自己防衛手段として撮影をする権利がありますから撮影は止めません。それでも止めろと言うのでしたら、その理由、法的根拠(何という法律の第何条第何項以下条文まで)を提示し、こちらが納得できるまで説明して下さい。



まだ書き加えるかも知れませんが、一応この様な内容でまとめてみました。

ここで重要な事は、警察官がうやむやに答えた場合はあっさり納得せず、こちらもうやむやにせず、徹底して追求する姿勢が重要かと思います。不十分な説明で不当な権力行使をした場合は、懲戒免職にさせるくらいの気持ちで立ち向かわなければ、この被害を終わらせる事はできないでしょう。


以下参考資料

【肖像権|人物の撮影→公表は肖像権侵害になる|差止・損害賠償請求】

特に、<警察官の撮影に関する肖像権の判断例>を参照下さい。


自分で撮った画像であれば、サイトに載せても大丈夫?

本人が特定できないなら肖像権の侵害にはならない→つまり撮影しただけでは厳密に言えば肖像権侵害ではないという判断もできます。ところが撮影したら肖像権の侵害になる、という記述もあり、この辺りが混乱を招いているのではないかと思います。

※私の認識も間違っている部分があるかも知れませんのでそれぞれ確認して下さい。また子供の場合は周辺にいる見守り隊?などが通報する確率が高くなる様ですから、特に気を付けた方が良さそうです。


いずれにしても、警察が主導(関与)している根拠としてAGSAS様のサイトが非常に重要になりますので、このサイトを警察に見てもらい、ここに記載されている内容を全て否定できるかどうかを逆に問えばいいのではと思います。

Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)様
疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキング
ストーキング実行ネットワークと警察協力団体ネットワークの一致



集団ストーカー.info様
やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視


新しいタイプの暴力と人権侵害様
『監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 』


これらはネット内にある情報のほんの一部ですが、ここに書かれている事は全てデマなのでしょうか。嘘ですか?これらの指摘や証言が全く根拠のない出鱈目なのでしょうか?それならこうした情報を、相応の理由を持って一つ残らず否定できるのでしょうか?

むしろ完璧に否定する事は不可能でしょう。

否定できないと言う事は、裏を返せば「実在するかも知れない」という事です。実在するかも知れないのに、そして実在の可能性を全て排除できないにも関わらず、そんな犯罪など実在しないと言い切るのはいかにも横暴です。その様な狭い了見で独断的な判断を下してしまう人が絶大な権力を持っている事は非常に恐ろしい事です。

と同時に、未解決事件などの犯罪がどの様に行われたのかを推理し、あらゆる可能性を考慮しながら犯人を突き止める職業である捜査機関に身を置く人の言う言葉とは思えません。暴挙と言ってもいいかも知れません。

その一方で、嫌がらせの事実を確認しようともせずに、一方的に妄想だとレッテルを貼る事には随分と意欲的の様です。ですから私達被害者は、これらの嫌がらせ被害を訴える人間を、充分な調査もせずに病気扱いし、精神病院送りにしようとする警察の在り方こそ、問わなければならないと思います。

そもそも警察が裏金の為に集団ストーカーをしていると元警察官の方が告発されているのですから。









黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」より

つまり警察の情報操作とは、公表する情報(個人犯罪)と絶対に秘匿する情報(組織犯罪)を分別することなのである。
考察と結論 1


【連載】 あとがき p219-221

みずからの危険をかえりみず、職務をまっとうしようとする警察官がいる一方で、現金受け取りの嫌疑をかけられながら恬として恥じない警察官僚OBがいる。どちらが国民にとって必要であるかは明らかだが、日本の警察組織は、後者によって支配されているのである。

 現場警察官は長年にわたる警察組織の洗脳教育に冒され、時代遅れの内規・服務規程という武器を手にした監察・公安の「組織内秘密警察」の黒い影におびえ、真実を語れず、いぜんとして沈黙をつづけている。

 世間が言う警察腐敗の根源は、じつはここにあると私は考えている。
(一部引用)



関連記事

ミッシェル夫人は男性?

前回は、FBのザッカーバーグ氏が女性ではないか、という疑惑について触れましたが、他にも数多くの類似した動画がアップされています。

有名な男性アーティストが実は女性だったとか、その逆で女性が実は男性だったとか、驚きの内容なのです。また、一見、普通の人間に見えるのですが、実はRobotoidやアンドロイドだというのです。

今回は、その中からいくつか興味深い動画を紹介します。

私も数多くの動画を見てきましたので、“天然”の人間ではない場合、つまり、アンドロイドやレプかもしれない場合は、何となく違和感を感じる為、スローにして確認するのですが、やはり何かおかしいのです。


という事で、最初はミッシェル夫人が、実は男だったという動画です。



動画からのスクリーンショット

まず肩幅が女性にしては広すぎると思っていたのですが、下の画像を比較して見ると、男性と女性の違いが良くわかります。

男性の場合。顔の幅×3が肩幅になります。
Youtube-cap22.jpg

女性の場合。顔の幅×2より少し広い位が肩幅になります。
Youtube-cap37.jpg

ミッシェルさんの場合。この比率は男性と同じですね。
Youtube-cap23.jpg

これは私自身がある住民に対して感じていた違和感でもあるのですが、女性なのに、妙に体格が良くて、方の筋肉が盛り上がっていて、肩幅が広い人がいます。何か変だなとずっと思っていたのですが、この動画を見てなるほど、この肩幅が性別と一致していないから違和感があったのだと納得しました。という事はあの住民の人も本当は男性?

次に、身長ですが、男性は8頭身、女性は7頭身ですが、ミッシェル夫人は・・8頭身です。
Youtube-cap24.jpg

体系の比較。
Youtube-cap25.jpg

これは説明不要ですね。
Youtube-cap26.jpg

こちらの女性も、随分筋肉質ですが、これはミッシェル夫人?それとも別の人でしょうか。
Youtube-cap10.jpg

顎は髭を剃った様な感じがします。それと、目、脇の下、首筋に違和感が。
Youtube-cap11.jpg

そう言えば、アレックス・コリアーが動画の中で、レプティリアンは両方の脇の下に急所があるから、襲われそうになったらそこを思いっきり蹴るといい、と言っていたのを思い出しました。

このショットもやはり脇の下が気になります。普通、こんな風になっていますか?
Youtube-cap12b.jpg

手をよく見て下さい。何か指の形が変です。
Youtube-cap13b.jpg

同じ方だと思いますが、肩甲骨の両側に不自然なくぼみが。
Youtube-cap14b.jpg

ミッシェル夫人も女性にしては筋肉隆々。
Youtube-cap15.jpg

Youtube-cap16.jpg

右側の女性の顔も、ちょっと不自然。(もしかしたら違う動画かも。ちょっと訳が分からなくなってます。)
Youtube-cap17.jpg

左の二人はもろに男性ですね。これはバラエティ番組?だったのでしょうか。
Youtube-cap08.jpg

サタニックサイン?左肩から腕にかけての段差?は何なのでしょうか。顎の横にも不自然な筋が見えます。
Youtube-cap09.jpg

もしかしたら、オバマ夫人は、やはり男性なのでしょうか?
少なくともこの動画を見る限り、そう思えます。
もしそうだったら、何だかこの世界は、一体どうなってしまったのかと、混乱してしまいますね。

続いて、ちょっと長いのですがこちらの動画。真偽はわかりませんが、月の内部は、本当にこの様に基地になっているのかも知れません。私はずっと月は巨大な基地ではないかと思っているのですが・・。



これがホログラムシステムのイメージでしょうか?
Youtube-cap29.jpg


Youtube-cap30.jpg


Youtube-cap31.jpg

左下に描かれているのは飛行機の様な気がするのですが、そうするとこれは海上の船から投影されているホログラムという意味でしょうか。
Youtube-cap32.jpg


1時間3分あたりに出てくる女性。口の中にへびの牙?のようなものが。。
Youtube-cap27.jpg


Youtube-cap28.jpg


この女性はロボトイド、またはアンドロイドの様ですが、これは見分けがつきませんね。でもよく見るとやはりちょっと人工っぽい感じはあります。



日本の警察官も案外人間ではないのかもね。



これ以降、どの動画からキャプチャーしたものかわからなくなってしまいました。また動画が見つかり次第、ここに追加します。

この飛行物体は??
Youtube-cap34.jpg


Youtube-cap35.jpg


Youtube-cap36.jpg


前回に引き続きザッカーバーグ氏。この右手の下に見えるのは血管?

Youtube-cap19.jpg


実は、ある“目撃常習者”の住民の女性の腕(内側)も、こうした不自然なラインの様な物があったのです。それはまた別の機会に。

この目と口元が不自然です。

Youtube-cap20.jpg


Youtube-cap21.jpg


という事で、男女がすり替わっていたり、アンドロイドが人間になりすましていたりして、結構今まで人類、と言うか一般大衆は騙され続けて来たのではないかと思うのですが、真偽の程はわかりません。ただ、こうした内容が全て偽物だとも思えないのです。私としては、案外、本当の事ではないかと思っています。

こちらもご参考に。ミシェル夫人が男でオバマ大統領が女とか、もう訳が分からなくなりそうです。



以上、大変長くなりましたが、この様な動画はたくさんありますので、また興味深いものがありましたら、その都度ご紹介したいと思います。既に候補はたくさんあり、追いつかない状況ですが、次の記事では、私が撮影した不可解な男性の動画を掲載します。


随分とお待たせしてしまい、申し訳ありません。


関連記事

ツイッターアカウント凍結?

(追記)
先程、ふと思いついて、違うブラウザからログインして投稿してみたところ、普通にツイートができました。(・ ・;)

という事で一旦操作がロックされていた問題は解決しましたが(と言ってもメインで使用しているブラウザから投稿できないのは不便ですが)、記事はこのまま公開しておきます。

というのも、PCのトラブルかFirefoxの問題かはわかりませんが、昨夜から何の設定変更もしていないのに、いきなり投稿ができなくなるという事は、私のPC、あるいはブラウザに対して、何らかの手が加えられた可能性もある為、やはりこのタイミングで発言を妨害したいという、何らか意図があったのではないかと思うからです。

--------------------------------------------------------------------

今日、突然、ツイッターのアカウントが操作不能になってしまいました。

新規投稿やRTをしようとすると、

Your account may not be allowed to perform this action. Please refresh the page and try again.

というメッセージが表示されます。

その為、再読み込みをしたのですが、それでも同様の現象が続くので、ブラウザを再起動→×、PCを再起動→×。

↓スクショです。
tw-account01.png

別にアプリの認証もした覚えはなく、ツイッター社から凍結の連絡もありません。

何かまずい発言でもしたのでしょうか?
それとも著作権侵害?

ただ、メッセージを読むと、そういう内容は一切なく、「ページのリフレッシュをして下さい」としか書かれていません。

一体どういう事なのでしょうか?
もしかしたらアカウントを凍結される予兆かもしれません。

もっと酷い内容の罵倒や中傷、またスパム行為を繰り返しているアカウントはそのまま容認で、私のアカウントが凍結という事であれば、その判断基準が極めて恣意的で、作為的と言わざるを得ません。

もともと、D2の息がかかったツール。D2はC○Aの下請けの様なものですから、支配側にとって都合の悪いツイートを投稿するアカウントには、妨害や嫌がらせもしてくるのは当然の流れでしょう。

その様な事を言うと、すぐに、「お前みたいな影響力もない人間を監視するはずないだろう」と言い掛かりを付けてくる人がいるのですが、個人だとか無名だとかは関係ないのです。逆に言えば、“有名所”は殆どが紐付きだとバレてしまっているので、個人の発する情報の方が信頼される逆転現象が起きている様にも思えます。

個人の方が、“しがらみ”や“拘束”がない分、好き勝手に本音を言えますから。そういう中にこそ真実が隠されている事の方が多いのではないでしょうか?

今回、操作不能になる前に、最後に私が投稿したのは、奇しくも同じSNSであるFBの開発者であるザッカーバーグ氏が、何と「robotoid」ではないかというYoutubeの動画に関連したツイートです。



それで、その動画のキャプチャーを保存し、目の部分を拡大すると、なるほど、瞳が不自然。唇も女性の様です。顔と首の角度にも注目して下さい。












アンドロイドやロボトイド?の事を調べていて少し夜更かしをしてしまったのですが、このツイートを最後に就寝→今日の9時半頃、新規ツイートの投稿も、削除も、RTもできなくなっている事に気付きました。

という事は、この最後に投稿した内容が広まると危険だと思われたのでしょうか?

ですが、同様のツイートは今までも散々して来ましたし、何も私一人がこうした指摘をしている訳ではなく、そもそもYoutubeに動画がアップされているわけですから、誰でもそれを見る事が可能です。

これは一体どういう事なのでしょうか?

先程も触れましたが、私の様な名もない個人のツイートや発言が、それほど影響力があるとも思えませんが、現実の社会は既に“超監視社会”に突入していて、個人の思想や行動、ネットでの発言を24時間体制で監視しているのです。

NSAが何万人もの個人の通話を違法に盗聴していた事は周知の事実ですが、今まで散々市民を裏切って来た支配層達は、いつそれが市民にバレて反逆されないかと常に怯えている為、市民の行動を逐一監視しないと安心できないのでしょう。そして不穏分子がいればギャングストーキングなどの手法を使って弾圧するのです。

特にコインテルプロのTIであれば、24時間365日監視されているわけですが、そんな中、今回の投稿が支配層の逆鱗に触れてしまったのかも知れません。

これまでに数多くの動画を見て検証して来たので、最近では、映像を見ているとすぐにその人物が天然種?かどうかわかる様になってきました。これは人工っぽい、動きがロボット的だ、口元が不自然・・などとわかってしまうのです。中には思い込みもあるでしょうが、画像をキャプチャーして拡大して調整すれば、その不自然さは一目瞭然で、意外な事実が判明する場合もあります。

映像は簡単に捏造や合成が可能ですから、ネットに公開されている映像や画像を全部をそのまま鵜呑みにするのも危険ではありますが、その逆のメリットもあり、人間の目は誤魔化せても、映像は誤魔化せないという事です。特に自分で撮影したものは誰の手も加わっていない正真正銘の生の映像です。そもそも、メディアが捏造したり合成した映像を配信していたとしたら、その方が問題になってしまいますね。


かろうじて埋め込みのソース取得は可能ですので、何か凍結に関連ありそうなツイートはこちらに埋め込みさせて頂きます。



c_h_a_m_o_o_さんが凍結されていると指摘されているアカウント


↑これは平野氏の事件の事を指している様です。

そう言えば、私は事件が起こる前に、ツイッターで平野氏からRTされた事がありますが、たったそれだけの事で凍結ですか?
一切、その人と接触した事も、やりとりした事もないのに。

もっと言わせて頂けば、平野氏が本当に5人も殺害したのかも疑わしいと思っています。
捏造やでっち上げ、冤罪、自作自演、“住民”や“目撃者”として台本通りの証言をするエキストラ・・・何でもありの国ですから。

ましてやパソナ島とも揶揄されている淡路島。ロス茶勢力がこぞって移住して来ているとかいないとか。日本をNWOの拠点としているのではないかとも言われていますが、どうなのでしょうか?私としては多分それは事実ではないかと思っています。

いずれにしても、せめて凍結するならその理由を、本人に通知するべきではないでしょうか?先程、この事をツイッター運営会社にメールで抗議しました。(末尾にスクショ掲載)

それと、もし平野氏の事が関係しているなら、こうした汚い手(ツイッターでRTした、またはされただけで、犯人や容疑者と交流があったとみなして、相手も危険人物と認定)を使って、目障りな人間を潰しにかかるのでしょうか?

そう言えば、消息を絶ってしまった安さんも、平野氏のFBの友達一覧に掲載されていましたが、ただ友達の申請?をしただけではないでしょうか?(私はFBを使用していないのでその仕組みが良くわかりません)

また、栃木のボウガン事件がありましたが、その直前に河野さんが私に急に接近してきて、電話でのやりとりや面会を求めて来ましたが、私はずっとそれを拒んでいて、そのやり取りもツイッターに残っています。ただし、こうした事は別に犯罪に直結するものではなく、普通にある事ですが、もしあの時私が河野さんと個人的にやり取りをしていたら、私も“関係者”として取り調べを受けていたかも知れません。

TIの場合は至るところに罠が仕掛けられますから、誰と交流するかも含め、本当に慎重に行動しないと、危険です。最初から陥れる目的で近づいて来る場合や、相手がグルである場合も多いと思います。

話を戻しますが、ツイッターなどのオープンな場では、それまでやり取りした事のない人は、相手がどういう人か分からない場合が殆どです。仮に相手が素性を隠していてフォローやRTで接近して来ても、危険な人物だとわからないうちはそのままにしているのが通常だと思うのですが、それだけで、犯罪者、容疑者扱いするとしたら、この国は既に、恐るべき独裁国家になっていると思います。北朝鮮を批判している場合ではありません。(あの国の悲惨な状況も拉致事件も、相当に情報操作されていると思います)

憲法に規定された、国民が幸福を追求する権利や自由、そして基本的人権などは、自分達の都合でいとも簡単に踏みにじる様な、非常に危険な国家になってしまった様です。


尚、先述の様に、ツイッター社には下記の内容にてメールも送信しました。
tw-account02.png

それに対するツイッター社からの自動配信メール。
tw-account03.png


因みに、私は操作ができないのですが、新規のフォロワーさんの通知が12:34に一件ありましたので、凍結はされていないのですね。一体どういう事なのかさっぱりわかりません。アカウントが乗っ取られた可能性もありそうですが。

Twitterアカウントが凍結される18の理由+凍結の解除法教えます。

と言う事で、取り急ぎブログにてご報告致しましたが、また何か変化がありましたら、追記します。また、現在ツイートできない為、集ストによる嫌がらせ行為があった場合は、随時ここに追加します。

13:15分頃 トラックがホーンを鳴らす。(クラクションやホーンをわざとらしく鳴らす定番工作)

13:26 また一瞬だけの救急車のサイレン。私は何度も救急車によるシアターを見ているのであの様な、数秒しか鳴らないサイレンなど決してあり得ない事は断言できます。



追記
どうも外部からの投稿は可能の様です。そして、凍結やロックの通知や警告もないので、非常に不可解です。また、私が少々早とちりをしてしまった為、一人で騒いでしまい、ご迷惑お掛けして申し訳ありませんでした。





関連記事

このブログの内容について

昨日、古い記事を若干修正して更新した際に、誤って保存の時刻を、投稿した時刻ではなく、昨日の編集した時刻に上書きしてしまい、それが最新記事になってしまっていました。

それで、今日その事に気付いて、また元の投稿日時に戻しました。
と言っても、正確な日時が分からない為、エントリーナンバーを元に推測して、適当に(と言うと語弊がありますが)設定をしました。

昨日、手を加えた二つの記事は、いずれも天皇家に関する内容のものです。これは私が大石さんという方の動画を見て、なるほど、そういう事もあり得るかも、いやきっとそうだろう、という思いから、当時は天皇家の関与についてもかなり書いていたのですが、今はその事についてあまり触れる事はなくなりました。

やはり、実態がどうなのか自分自身で確かめる事ができない上、確証がない為、あまりはっきりと断定するのは控えた方がいいという風に気持ちが変化した事もあります。

天皇家に関しては賛否両論あります。
すり替えがあったと言う人と、それはデマだという人。
一体、真相はどちらでしょうか?

私はどちらかというと陰謀的に見てしまう為、すり替えはあったのではないかと思っていますし、戦争責任などを考えると、天皇万歳の立場ではありません。それについては反論もあるかと思いますし、私自身、まだ真相を掴み切れてはいない為、色々な情報を元に、考察や推測を重ねている最中です。新たな情報が出てくれば、また考えが変わるかも知れません。

それなら憶測だけでいい加減な事を言うな、と叱られそうですが、正確な事や、論理的、科学的に証明されている事、あるいはそれが可能な事、確定した事実しか言ってはいけないのだとしたら、誰も何も言えなくなってしまいます。そしてそれこそ支配層の思うつぼだと思います。

では、嘘や出鱈目を言ってもいいんだな、と、また単純単細胞が絡んで来そうですが、そういう行為は問題外。そしてそういう人は誰からも相手にされないでしょう。

要するに、肝心な事、この世界の実態や真相なんて、極限られた一部の支配者達しか知らないのですから、そして外部には決して漏れる事はないでしょうから、民衆はただ、現段階で公表されている情報を元に推測や推理を重ねるしかありません。あるいは嘘の情報で撹乱されているだけなのかも知れません。それでも手探りで真相を追求していくしかないと思います。諦めて口を塞いでしまったら、支配層の思い通り、為すがまま。

そんな中で、偽情報、撹乱情報に釣られてしまう事もあるでしょう。それらの情報の発信者は、もしかしたら何らかのカルトや組織がバックについているかも知れません。

そして、それらの発信者は実に巧妙で、表向きは環境保護や平和活動をしていたり、また、この世界の陰謀を暴く追求者と見せかけて、実は肝心な所でスピンしたり、何らかのサークルに誘導したり、物を販売したり、講演会に申し込みさせたりして、結局はビジネスや洗脳の為に言論活動をしている人も少なくありません。(但し純粋に現状を危惧して活動をされている方もいる為、お金が絡むからと言って、全てがそうではないと思います)

それでも最近は、そういう人はどこか胡散臭いので何となく勘でわかるようにはなりましたが、やはり全部は見抜けない為、どこかでそうした人物の発する情報に釣られてしまう事もありますし、むしろそれらに一切引っ掛からずに、真実の情報だけを選択する事もまた、非常に難易度が高いと言えます。多分不可能ではないかと。

それらを見分けるにはある程度、経験を積み重ね、勘や直感を磨く必要もありますから、昨日今日、こうした活動を始めていきなり身についているはずもなく、失敗を繰り返し、時にバッシングを受け、醜態を晒しながらも継続することで、初めて獲得できるものではないかとも思います。

それで、何が言いたいかと言いますと、左のエリアの注意書きにも書いています様に、過去の私の書いた内容には、不確定なものや憶測、自分の固定観念や主観、そして間違った内容や撹乱情報も含まれている可能性がある事をご理解頂いた上で読んで頂きたいという事です。

ここに書いている事を受け入れるかどうかは、読んで下さった方それぞれに判断して頂く事であって、書いてある事を全部信じろとか受け入れろという様なおこがましい事を言うつもりは一切ありません。

ただ、間違いを指摘して頂いて、それが納得のいく指摘であった場合は訂正や謝罪をする事もありますので、他の方の意見を一切排除するというスタンスではありません。

また、引用している情報の真偽の確認まではできない為、情報についてはそれぞれに確認や検証をして頂き、鵜呑みにはしない様にお願いします。

私はできるだけ、その時点時点で、自分で信用できると判断した情報を厳選しているつもりではありますが、時に選択を誤る事もあります。また、その後の情報収集によって、考えや認識が変わる事も十分あり得ますし、自分の間違いや勘違いに気付く事もあります。誘導され、無意識に自分が誘導してしまっていたかも知れない事なども。

だからと言って、先述の様に、正確な事しか言ってはいけないという事になってしまうと、皆、萎縮してしまい、何も言えなくなってしまいます。それで皆が黙ってしまったら、支配層のやりたい放題ではないでしょうか?まさに思うつぼ。

それと、被害者は常にマインドコントロールや誘導の加害行為に晒されながらの周知活動ですから、時には他の人の意見も参考にしながら、常に自分の向いている方向が大丈夫か確かめる事も必要かと思います。

もし誰かが危ない方向に向かっていると思ったら、罵倒するのではなく、それとなくそれは違うのでは?と声を掛ければいいのではと思います。それでも最終的に結論を出し、決定するのは自分です。

更に、慎重を期するあまり、集団ストーキングの被害者同士で共有すべき情報も提供できなくなってしまいます。加害者達は自分達の手口を公表され、それが知れ渡ってしまう事を恐れていますから、やはり被害内容の報告や告発も必要だと私は考えています。

何だか言い訳がましくなってしまいましたが、間違いや不適切な発言というのは常に付いて回りますし、また自分の言動に関して批判を受けるリスクや責任を負う覚悟も必要になりますが、それでも、このまま皆が黙ってしまう事は、ある意味自殺行為です。日本人全体の自殺行為です。

今、日本はとんでもない侵略戦争のまっ只中です。
日本だけではなく世界中が、強欲で狂った支配層によって、がんじがらめに管理され支配される世界に向かっています。

気付いていようといまいと、現実逃避しようが何しようが、このまま放置していたら、必ずそのツケを負う事になるでしょう。今の親の世代が“セーフ”だったとしても、結局はその子供達が犠牲になるのではないでしょうか?自分だけ逃げ切ればそれでいい、と言うのではあまりにも無責任だと思います。

もうあまり時間は残されていないのかも知れませんから、多少の間違いは許容範囲とし、お互いに指摘したり修正したりしながらも、また暴走はしない様に注意しながら、自分なりに真実だと思える事を発信していく事が必要だと思います。



関連記事