ご支援のご報告

チップとしてご支援頂いた金額をご報告させて頂きます。

2016/01/29 2,000円

2016/02/03 10,000円

2016/02/03 5,000円

2016/05/06 5,000円

2016/8/10 5,000円

2016/12/21 5,000円

2017/1/10 29,999円 kenken様より

2017/2/01 10.000円

2017/2/14 29,999円 kenken様より

2017/2/28 5,000円 

2017/3/14 29,999円 kenken様より

2017/4/03 29,999円 kenken様より

2017/5/07 29,999円 kenken様より

2017/5/10 20,000

2017/6/06 29,999円 kenken様より

2017/7/12 29,999円 kenken様より

2017/8/16 29,999円 kenken様より

2017/9/13 29,999円 kenken様より (送金待機中)


ご寄付を下さった方々に、心より感謝とお礼を申し上げます。この被害を世間に訴えていく上での経済的支えと励みになります。

特にkenken様には、同じ被害者でありながら度重なるご支援を頂き、本当に助けられております。心よりお礼申し上げます。

私がネットで自分の被害を克明に開示する事で、証明不可能とさえ思えるこの犯罪の実態の一端が明るみになり、世界中で猛威を振るっているこの卑しくも浅ましい犯罪が一日も早く消滅する日が来る事を願いつつ、状況が許す限り、自分にできる事をして行く所存です。

それがまた、チップを下さった皆様への恩返しだと思っています。そして同じ苦しみを味わっている被害者の方に対して私にできる唯一の貢献(行動)でもあると思います。また、いずれはご支援をお願いしなくても生活や活動が維持できる様に立て直したいと考えています。

尚、使途に関しましては、個人的な事(主に生活費への充当)になってしまいますので、公表は控えさせて頂きます。尚、送金されるまでに2~3週間ほどかかりますので、その間は(送金待機中)と表示させて頂きます。

新たにご支援頂いた際は、随時このページに記載致しますので、ご確認頂ければと思います。

尚、等ブログでは以下、オープンチップライセンスを適応しております。
オープンチップライセンス(Open Tip License)

以下記載事項に同意頂ける方のみ、チップをご送金頂けます。

オープンチップライセンス Open Tip License

Copyright (c) <2017>, ,
All rights reserved.

以下の条件全てに合意した場合のみ、サービスを提供する受け手は送り手に対してチップの送受を許諾するものとします。

(後払い)
・今までに受け手から提供されたサービスの対価として後払いで支払うものとします。

(無保証)
・本送受により受け手に対して何ら保証(将来のサービス提供や品質を含め、またそれらに限定されない)を負わせることはできません。

これは受け手に対して先払いのつもりでチップを支払っても、命令や強制を一切行うことができないこと等を意味します。

(無権利)
・本送受により受け手から何ら権利(所有権、著作権、特許権を含め、またそれらに限定されない)を委譲させることはできません。
これは受け手がサービスを提供する為に使用するコンテンツがあったとしても、その所有権をチップによって購入することができず、コンテンツの使用、改変、再配布、販売もできないこと等を意味します。

(無返金)
・受け手は一度送受を行ったチップの返金に一切応じないものとします。

(無強制)
・受け手からチップの送受に関する強要や強制を行うことができないものとします。

(免責)
・受け手は事由のいかんを問わず、損害発生の原因いかんを問わず、かつ責任の根拠が契約であるか厳格責任であるか(過失その他の)不法行為であるかを問わず、仮にそのような損害が発生する可能性を知らされていたとしても、本送受によって発生したいかなる損害(直接損害、間接損害、偶発的な損害、特別損害、懲罰的損害、または結果損害も含め、またそれらに限定されない)について、一切責任を負わないものとします。



また活動資金調達の手段として、Youtubeでの有料配信を予定しておりますので、チャンネル登録して頂けると助かります。※登録者数1000人以上で有料配信可になります。

Youtubeチャンネル

お願いばかりで申し訳ありませんが、この様な活動を継続する為に、ぜひご協力をお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

私にストーキングをしている人達って・・

今動画を作成中なのですが、先に静止画像をいくつか掲載します。

それで、この映像を分析していると、やはりこの人達(私にストーキングしている疑いが濃厚)は、普通の人ではない、そう思えてなりません。

この時は、空に何か飛んでいないか確認した後、部屋に入る直前に、ふとこの場所に視線を誘導されました。

時々、私がこの場所を見てしまったタイミングでお芝居が始まるので、あまりしっかりと見ない様にしていたのですが、視界の隅で、何やら車が停まっている事がわかりました。

いつもそうなのですが、見てしまった(気付いてしまった)以上は、常に自分が監視されている事を思い出して(その為に監視要員が出て来て芝居をする)、また嫌な気分にさせられるだけなのは癪なので、そのまま記録します。

この時の状況ですが、私が車に気付いて撮影を開始し、ズームした途端に、車の前にしゃがみ込んでいた男性が立ち上がり、姿を見せました。



すると、そのままガードレールを乗り越えて、崖を降りてきました。目の所が黒いのでサングラスをしているのでしょうか?肩と手の位置関係も、ちょっと不自然です。


更に下の画像はもっと不自然なのですが、白い手袋をした手が大きすぎませんか?


これは、手前にある木の枝が、赤いベストの色と同化しています。右の矢印の上には顔の様なものが見えます。



↓掌の長さと、肩から肘までの長さがほぼ同じです。目の周囲が黒かったのも、サングラスではなかった様です。


私の主観ですが、黄色の矢印の所には、へびとか色々なものがいる様に見えてしまいます。


下ってくる所です。車の中に板か梯子を載せている様にも見えますが、その先端は後部の窓から突き出た様な映り方。


この車が降りてくる所を撮影しようと、手前にカメラを向けた瞬間。

お約束のゴミ収集車が絶妙なタイミングで出現。


その収集車を追っていると、これまた絶妙なタイミングですれ違う防パトステッカーを貼った軽トラ。


しかしそのパトロール要員に注目すると

↓帽子が・・


その防パト軽トラが見えなくなったので、カメラを右方向に戻すと、バイクが登場。


しかもこのヘルメットと、その中の人の顔に、ある疑惑が・・


・・・


グレーっぽい皮膚に、白い目がこっちを見ている様に見えませんか?

こうして映像を検証すればする程に、やっぱりこの人達はレプ一族ではないか、という結論になってしまうのですが、果たしてその真相は・・・。

という事で、今日動画をアップできたら、またここに追加します。
後ほどストレージへ保存しますので、そのリンクも貼ります。


ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。


この記事には集団ストーカーとは関係のない画像も含まれます。
尚、画像の保存、転載、流用等は一切禁止とさせて頂きます。
また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度で出現するのかという実態を知っていただく為のものです。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

上記にも記載しましたが、今回、この様な画像を掲載する理由と目的は、決して個人を誹謗中傷する為のものではなく、何か通常の常識や通念では理解できない事が起きているかもしれない、という事を知って頂く為であり、私がその様な事を強く懸念している事は、直近のブログ記事を読んで頂ければご理解頂けると思います。

尚、これらの画像を私がわざと加工したり捏造したり合成したと思われる方もいるかも知れませんが、その様な行為は一切しておりません。なぜ違和感を感じるのかを理解して頂く為に、コントラスト等の調整をしたり、点線や矢印を重ねる等の“編集”はしていますが、元の画像に手を加える様な卑怯な行為は一切しておりません。それはビデオカメラで撮影した元の生映像により証明できます。

◆私がこれらの内容を写真や動画と共に掲載する動機と理由について◆

これらの映像の記録及びネットへの公開は、人間の行動心理やパターン、また、偶然の一致とは果たしてどの程度の確率で起こり得るのか・・・と言った社会現象の検証も兼ねております。

一つお断りしておきたいのは、私は何も、住民やその他の方々のプライバシーを侵害したり誹謗中傷する為に、この様な記事を公開しているわけではありません。

では、なぜこの様な記事を掲載するのかと言うと、これらの事象は、組織的ストーキングという犯罪と関わりがある可能性があり、現に私の周辺では、こうした不可解で不可思議な現象が3年以上も続いている為、その不自然で不可解な遭遇や目撃の様子を記録し、検証し、万が一にでも、その様な犯罪と関係があるのであれば、自分自身の命や生活を守る為、そして私と同じように被害に苦しんでいる方の為にも、周知や告発をする必要があると判断したからに他なりません。

ただし、私がこの犯罪の存在を知ったのは3年程前(2013年頃)の事で、実際にはもっと以前から、密かに個人情報やプライバシーの侵害行為、及び盗聴、盗撮は行われていたと思います。

他の被害者の方の証言や体験談、ネット内の情報によれば、近隣住民や同級生、同僚、知人、友人などが実はこうした組織的ストーキングの加害者や加担者である場合も多く、ターゲットの近隣に引っ越してきたり親し気に近づいて来ては、様々な情報を収集していると言われています。

近隣住民による監視や嫌がらせは、戦前の、住民が住民を監視する隣組制度の悪用が考えられます。
思想統制住民同士の相互監視という、およそ現代にそぐわない陰湿で権力主義的な側面を持っている隣組制度は、現在の町内会自治会に引き継がれ、町内会を取り仕切っている人達に都合の悪い住民を追い出す為に、この仕組みが温存され、悪用されている節があります。

尾行や監視の様な不当なプライバシーの侵害行為に留まらず、時に家宅侵入のような明らかな犯罪行為から得た対象者の個人情報に、悪意のある嘘を混在させて捏造した悪評を流布して孤立させ、村八分にするという、非常に悪質で残忍な風習が未だに残っていて、それが防犯利権目的で悪用されていると考えざるを得ないのです。

村八分は刑法上の脅迫罪に該当
村八分は犯罪?

また、某宗教団体の入信を断ったり、騒音に対する苦情などの些細な事で信者とトラブルを起こしたりして敵対者(仏敵)と見なされた人物などに対しては容赦ない嫌がらせが始まります。またオリンパス事件の様に、リストラの為に企業から依頼を受けて集団ストーカー行為をする場合もあります。こうした汚れ仕事に暴力団が関与しているのは間違いありません。保険金を掛けて殺害する場合もあるでしょう。

ハイテク機器や未公開の通信・諜報技術を駆使した組織的な集団ハラスメントは、かつてより遙かに巧妙に、用意周到に、そして残虐になっているのではないでしょうか。

仮にその様な電磁波発生装置等を使用してターゲット(被害者)に対して身体攻撃をすれば、本来であれば傷害罪、殺人未遂罪(自殺や病死で死亡すれば殺人罪)に問われて然るべき犯罪です。

ところがこの仕組みを、警察が裏金作りや防犯利権の為に悪用または主導し、嫌がらせのやり方に始まって、ターゲットから付きまといを抗議された時のしらばっくれ方まで指導しているとも言われており、それを裏付けるかの様に、こうした犯罪行為が公然と行われているにも関わらず、“法律がない”という理由で、何の取り締まりもできないばかりか、被害者を精神病送りにして、組織的犯罪が実在する事を隠蔽してしまうのが実情です。

法律がない、あるいは現在のストーカー規制法では取り締まれないという理由も、非常に作意的に感じます。国民が嫌がる法律は急いで成立させるのに、なぜこの程度の法律が整備されるのにこれほど時間がかかっているのでしょうか?もともと整備する気がない、あるいは妨害している政治勢力や団体がいるという事の証左ではないでしょうか?

いずれにしても、警察が“防犯情報”と称して、自治会、町内会のみならず、学校や役所、店舗、企業など様々な組織や場所に、集団ストーキング被害者を、まるでテロリストか過激派、前科者の様に触れ回り、それを受けた市民が、町内会ぐるみ、地域ぐるみで対象者を監視し、付きまといや尾行、嫌がらせをするという、一般の方には俄には信じられない様な、地域防犯パトロールを隠れ蓑にした不当な弾圧が行われているのです。

この様な事は元警察官の方も証言や告発をされています。
(創価学会と反日組織の集団ストーカーとテクノロジー犯罪! 様より)
大河原宗平大阪講演会 警察が集団ストーカーする理由が分かる驚愕の事実と参加報告!

場合によっては、警察や自衛隊、探偵などが、地域住民に偽装して団地やアパート等に潜入し、交代制でターゲットに24時間365日貼り付いては監視や尾行をしているケースもあるでしょう。

この様にして、たった一人の被害者を集団で取り囲み、ストレステストや技術開発などの人体実験も兼ねた信じがたい犯罪が行われているのは、ネット上の情報や、私自身の目撃や実体験、感覚などからも、事実であると断言したい所ですが、この巧妙で狡猾な組織的犯罪の最大の強みは、その証拠を一切、または殆ど残さない所にある為、被害の証明が極めて困難であり、それこそが、この鬼畜にも劣る卑劣な犯罪であるにも関わらず、現在に至るまで放置され、あるいは揉み消され、自殺者が出ているにも関わらず何ら解決に向けての対策が取られていない最大の要因であると言えます。

この偶然を装った、しかも神業の様な絶妙なタイミングでの付きまといは、ターゲットの動きを完璧に把握しているからこそ可能であって、何らかの手段によって、ターゲットの行動や生体情報、思考などが完全に加害側に捕捉されていると考えるのが妥当であり合理的だと思いますが、室内での会話の全てを盗聴できる技術や、建物の内部にいる人物を盗撮する技術を始め、思考を盗聴する技術なども、かなり早い段階で有名企業によって開発され、特許を取得し、販売され、使用されている様です。詳しくはネット内に多くの情報がありますので、ぜひ調べてみて下さい。

思考解読(自衛隊の犯罪を斬る 様より)

いずれにしても、この様な仕組みや技術が悪用され、たった一人の人間に対して多数の加害者による組織的な嫌がらせや攻撃が行われていたとしたら、これは重大な人権侵害であり、集団リンチ、精神的虐待とも言える許し難い蛮行です。
そして憲法で保証されている基本的人権をも土足で踏みにじる、卑劣極まりない行為です。

およそ、まともな精神を持った人間にできる行為ではありません。おそらく何らかの団体に属し、洗脳された集団でなければ、長期に渡ってこんな下劣で冷酷な行為を継続する事などできるはずもありません。なぜなら、この様な事を繰り返していたら、普通の感覚を持っている人なら逆に自分が精神を病んでしまうでしょう。

狭い集団の中で反社会的な教義にマインドコントロールされているにも関わらず、まるで自分達が、悪人を裁き、“矯正”したり“更正”させる役割を託された特別な存在であるかの様に勘違いしてしまった一部の人格異常者達は、虐めによって相手が苦しめば苦しむ程、大量の脳内麻薬物質が放出される為、虐めをやめてしまうと、強い禁断症状が現れるだけでなく、それまで他者を虐めたり愚弄したり誹謗する事によって得られていた、歪んだ優越感に浸る事もできなくなってしまうのです。

自分達が直接被害や損害を受けたわけでもない赤の他人や、反撃できない弱い相手を選んでは、寄ってたかって集団で虐める事で得られる病的な優越感によって、無力で無価値な自分をごまかし、群れを成す事で自分達が力を持った特別な集団だと勘違いする事さえもできなくなってしまうので、この人達はおそらく、死ぬまでこの陰湿な虐めをやめられないでしょう。

逆に考えれば、この犯罪に嬉々として加担している加害者というのは、虐めによる快楽や勘違いなしには生きられなくなってしまった哀れな人達なのかも知れません。こうなると、最早人間とは呼んでいいのかどうかさえわからなくなってしまいます。

また、バイトを含むお金目当ての加害者には、報酬も支払われている様ですが、この人達も同様に、お金の為なら人を殺傷しても平気な程、正常な精神が麻痺してしまっているのでしょう。軽い気持ちで加担すれば、いずれその代償は自分自身が払う事になると思います。

また、仕事をしている様には見えない加害者も多く、妻子持ちの働き盛りの男性や母子世帯の母親がずっと在宅しているケースも多いのですが、その生活資金は一体どこから来ているのでしょうか?真偽の程はわかりませんが、ある宗教団体に入信したり、ある政党の支持者になると、公営住宅と生活保護がセットで手に入る、という様な信じがたい情報もネット内では見る事ができます。もし国民の血税が、こんな卑劣な犯罪に加担する人達を養う為に使われているとしたら、あなたは許せますか?

また集ストに加担しているマスコミやメディア、芸能界は、被害者に精神病(統合失調症)のレッテルを貼る為のプロパガンダ機関であり、被害者が病的で危険人物であるかの様な印象操作をするだけでなく、個人の生活を覗き見しては公共の電波を使って仄めかしをしたり、自宅生放送という卑劣な遊びをして楽しんでいるとも言われています。

(図解で分るブログ 様より)
メディア被害と集団ストーカーの仕組み

因みに、芸能界、マスコミはS学会信者や在日系が多数を占めていると言われていますし、政治においては、K党の支持母体でもあり、各省庁や行政の中にも、また警察官や自衛官にもS会信者が多数いると言われています。外務省の大鳳会は有名ですので、ご興味のある方は検索して見て下さい。

外務省 大鳳会 google検索結果

また、被害者がネットで被害を訴えると、定型句の様な同じフレーズや理屈を振りかざしては、病気扱い、キチガイ扱いする人物が必ず現れます。皆一様に、「お前のような価値のない人間に莫大なコストをかけてまでストーカーする意味や理由などどこにあるのか」「病院に行け」と、判で押したような内容の否定的な書き込みが殺到します。

それなら逆にその人達に聞いてみたい事があります。

集スト被害者が、タダで人体実験できる被験者だとしたら?
その上、最先端技術の研究・開発という名目で、国から膨大な研究予算を獲得できるとしたら?
開発した技術で特許を取得し、莫大な利益を上げる事ができるとしたら?
ターゲットを集団で追い詰め、精神病患者や犯罪者に仕立て上げる事によって、防犯利権、医療利権、製薬利権、刑務所などの利権に群がる人達が潤い、警察を始めとする公務員が裏金を作れるとしたら?
加害組織から離反者を出さない為の「みせしめ」だとしたら?
カルト宗教団体などの信者が、幹部や上層部からの命令で、無報酬で召集されているとしたら?
生活保護受給の口利きをしてもらう代わりに、加害行為を行うという交換条件だとしたら?
在日朝鮮、中国人などによる背乗りやなりすましで、日本人の戸籍や土地、財産を奪うのが目的だとしたら?
この国から日本人を排除し、日本を乗っ取る為の謀略だとしたら?
暇とお金を持て余している一部の気の狂った富裕層達のゲーム(賭け)に利用されているとしたら?

この犯罪は、全てが闇のベールに包まれている為、これらの真偽は確かめようがありませんが、決してあり得ない事ではなく、むしろそれらがあるという確率はかなり高いと思います。

逆に言えば、これらの理由で加害や動員が行われている可能性はゼロであり、絶対にないと証明できない以上、否定工作員達の伝家の宝刀である“被害妄想論”や“コスト論”、“お前の様な人間に論”は破綻していると言えるのではないでしょうか?

この様な被害者の主張や信憑性の高い資料、論文、米軍を含む公開文書、特許情報などは一切無視して、頭ごなしにきちがい扱いする中傷的、攻撃的な口調、そして被害者を見下しては優越感に浸って満足している・・・などの一定の特徴が見られる事から、この犯罪を隠蔽する為に雇われたネット工作員であるとすぐにわかります。

「お前の様な何の価値もない雑魚を監視して誰が得をするのか」というのが、この火消し工作員達の一貫した主張ですが、逆に、知名度や財力や人脈や権威があり、多大な影響力がある重要な人物(例えば総理大臣や財閥のトップなど)を標的にしたら、自分達の犯行を徹底的に調査され、その結果、ストーキング行為が実際に行われてる事が判明し、暴露され、あっという間に世間に知れ渡り、この犯罪によって利益を受け続ける事ができなくなる事くらいわからないのでしょうか?

いえ、これらの工作員はその事を知っているでしょう。けれど自分達に都合のいい様に詭弁を使い、被害を訴える理由や肝心な根拠は無視して、ただきちがい、統失、被害妄想の一点張り。一体どちらが妄想の強い精神異常者なのでしょうか?

こうしたテレビやネット内のミスリードや火消し工作によって、あるいは書籍やコラムなどでも盛んに見られるプロパガンダ、印象操作、世論誘導工作によって、この組織的ハラスメントは徹底的に隠蔽されていますが、この被害は日本だけのものではなく、全世界で行われています。

(新しいタイプの人権侵害と暴力 様より)
Dr. シバタ著 "The invisible maiming torture enterprise of organized stalking assaults"

海外ではギャングストーキングと呼ばれる、この集団での付きまといや嫌がらせ、またそれと同時に行われるエレクトリックハラスメントによって、病気にさせられたり、事故死させられたり、マインドコントロールにより犯罪者になってしまったり、あるいは精神的に追い詰められて自殺してしまうという被害が、日本ばかりでなく世界中で報告されています。

しかも、咳払いや特定の仕草(頭や髪を触る等)によるアンカリング、偶然を装ったつきまといなど、日常の行動に偽装した加害行為であったり、目に見えない電磁波や音波、放射性物質等を使用した身体攻撃である為、証拠が残りにくい、あるいは全く証拠が残らないという非常に悪質な犯罪です。

また、司法にも加害勢力が入り込んでいる為、警察に被害を訴えても相手にしてもらえないばかりか、最悪の場合、精神病院に措置入院させられてしまいます。また裁判を起こしても、裁判官や弁護士が加害勢力の息のかかった人物である場合も多いと言われていますから、まともな判決が下るとは思えません。

奈良の騒音おばさんがいい例です。一般的には布団を叩く騒音や罵声などで、近くに住む老夫婦に被害を与えた加害者だと思われている河原さんは、実はS会の入会を断った為、この老夫婦(創価学会信者の疑いが濃厚)や近隣の住民から嫌がらせをされていた集スト被害者だった様です。

その被害に耐えかねて反撃した様子を老夫婦が撮影、その映像を元にマスコミが一斉にバッシング。河原さんは裁判で負け、懲役を科せられ、その上、老夫婦に損害賠償まで支払うという信じられない判決が下されるのがこの日本という国の司法の姿です。

「騒音おばさん」に実刑判決・・・・その裏に隠された真実!!

騒音おばさん

要するに、警察も裁判所もマスコミも、みんな繋がっているのです。そしてこの組織犯罪に加担、あるいは関与しているのです。全てではないとしても、ある宗教をキーワードに社会を見渡すと、あらゆる場所にこうした勢力が入り込み、ネットワークを形勢している事がわかります。

であれば、被害者自身がこの被害を証明する以外に、この被害を終わらせる事は不可能であり、そして多くの方にも、この犯罪を知って頂き、ご理解頂く事が、この犯罪を撲滅する為には不可欠なのです。

今の被害者が倒れたら、必ず新たなターゲットが必要になりますから、いつ誰がターゲットになっても不思議ではありません。どうか人事だと思わずに、この犯罪に関心を持って頂けたらと思います。

ただ、言葉だけではなかなかこの被害が伝わらない上、作り話だと言われてしまえばそれまでです。その為、同じ被害者同士では即座に理解できても、この被害と無関係、あるいは被害を受けていても無自覚の方に言葉や文章だけで信用して頂く事は極めて難しい為、やむを得ずこの様に写真や動画の公開をしております。

この組織的犯罪は、自殺誘導プログラムとも呼ばれる非常に悪質で巧妙な犯罪です。集団で個人を追い詰めて自殺させる、見えない電磁波などによる身体攻撃によって病気にさせる、あるいは付きまといや嫌がらせでストレスを与えたり、挑発して犯罪を誘発するという、非常に悪質な狙いを持って行われているのですが、そもそもそうした犯罪を取り締まるべき警察が、法律がないのを良い事に、全く捜査や取り締まりをしないばかりか、警察そのものが加担、あるいは主導しているという、俄には信じがたい現実がある為、最終的には被害者自らが自己防衛するしかないのです。

ですから私にとってネットで告発する行為というのは、この犯罪から私達親子の生活と身の安全を守る為の、唯一の防衛手段であり正当防衛です。

集団ストーキングという嫌がらせさえなければ、この様な事をする必要もなく、何の関係もない他人が映った映像や写真を公開する理由もなければ、そんな事をして憂さ晴らしをするなどという歪んだ趣味も持ち合わせてはおりません。

そもそも私はこの方達に何の興味もありませんので、こんな事をするくらいなら、もっと自分の為にお金と時間を使います。また金銭を受け取りながら被害者を装っている工作員(偽被害者)ではありません。仮に私が偽被害者であるなら、画像や動画を含め、ここまで具体的な被害報告はできないはずです。

私がネットでこの様な言動をしている背景には、これらの事情がある事をご理解頂けたら幸いです。

参考資料(新しいタイプの人権侵害と暴力様)
ギャングストーキング/マインドコントロール犯罪訴訟

実験神経症 [英]experimental neurosis



尚、不適切な画像や文章等がありましたら、可能な範囲で掲載を取りやめますので、お申し出ください。また、無断で引用、転載させて頂く場合が多いのですが、もしご迷惑な場合は、ご連絡頂ければその部分は削除致します。

また、必ずしもこれらの現象が、集団ストーカーによるものであるとは断言しておりません。イニシャルは架空のもので、ご本人のお名前とは関係ありません。

関連記事

ケムトレイルを撒く理由

今日はヘリとケム機の動画のアップをしました。

こちらのサイトの方に動画を埋め込んでありますので、よかったらご覧下さい。

直近の公開動画


それで、つい最近、空を見ながら、もしかしたらあのケムトレイルは、放射能汚染を中和する為に散布しているのではないかとふと思ったのですが、それをツイートした翌日に、それと少し関連するツイートを拝見し、やはりそういう事もあるのかも知れないと思いました。

そのツイートで紹介されていた記事のリンクです。(元は井口博士の記事の様です)

311地震のHAARPには日本も関与? フィンランドの科学者が暴露 (1/2)

311地震のHAARPには日本も関与? フィンランドの科学者が暴露 (2/2) 解説編

この2/2の記事に
「ケムトレイルって、たまにはポジティブな役割でも使われるんだ?」
という件(くだり)が出て来ます。

なので、ケムトレイル=完全悪、という事でもないのかも知れません。

もっと突っ込んで言うなら、私はあの飛行機はフェイクだと思っています。なので散布しているのも、もしかしたら人間ではないのでは、とさえ思っています。

こういう事を言うとすぐに、きちがいだ、妄想だ、と俄に活気づく工作員達がいるのですが、もうその手の工作がある事は、大分広まってしまったので、逆にそういう事を言っている人達に叩かれる分野の話が、支配層や権力者に取っては触れて欲しくない内容だというのがバレてしまうという、非常に残念で皮肉な結果になってしまっているのではないでしょうか。

いきなり他人を愚弄する様な人が、なぜ特定の分野の話題を、そんなに必死になって否定するのでしょうか?不思議に思いませんか?

例えばデマが広まって、社会が混乱したら大変だと、真剣に世の中の事を考えている人は、いきなり見ず知らずの人に向かって、頭がおかしいとかきちがいだ、などという暴言は吐かないと思います。

少なくとももう少し冷静に世の中の事を見て、現状を把握した上で、これはこういう理由から明らかに間違っていますと指摘すればいいのであって、頭ごなしに否定したりレッテルを貼って馬鹿呼ばわりなどせず、最低限の礼儀をわきまえた思慮深い物言いをするのではないでしょうか?

それに、いきなりの喧嘩腰では、問題解決にすらなりません。

そういう事を知っている人、そして本当に世の中の事を考えている人は、その辺りをよくわきまえていると思います。

感情的になってしまっては、解決するものも解決しないという事が理解できていない人が、自分の感情だけで暴走してしまうと、余計に混乱を招くだけです。

そういう意味では私も、自分が集スト被害を受けた直後は感情的になってしまうので、気を付けなければならないと思っています。

いずれにしても、ケムトレイルについては様々な事が指摘されていますので、もし、きちがいの戯言だと一蹴するのであれば、それらの言説が全て嘘出鱈目だと、根拠を示すか証明してから言って欲しいものです。

何をどう調べて「きちがいの妄想だ」という結論に至ったのか、それをきちんと説明する必要があるのではないですか?そうでなければ、何も調べずに、一般公開されている文書の一つも読まずに、ただ何とかの一つ覚えの様にそのフレーズを繰り返し叫んでいるだけの、躾のなっていない犬の無駄吠えの様なものでしかないと思います。

これをよく読んで下さい。それでも尚、きちがいの妄想だと言えますか?
国内外の人工降雨・降雪の取り組み

天候もお金儲けに利用されているかも。
天候デリバティブ - Wikipedia

例えば、台風や災害によって保険が下り、大金が入るという仕組みがあるのなら、それを悪用しようと考える人物がいてもおかしくないと思います。逆に考えれば、いないはずがないと思います。保険金殺人があるくらいですから。。

ケムトレイルにしても、集団ストーキングにしても、そのワードを使うと、何とかホイホイではありませんが、おもしろい様に工作員が寄ってきます。

ヒステリックに罵倒して憎悪感情を煽るのがお仕事ですから、ケムトレイルが妄想であってもなくても、そんな事はどうでもいいのですよね。


という事で、今日はもう1本動画をアップする予定ですので、またツイートなり、冒頭のブログの方に追加します。


ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。

関連記事

娘に対する警察の付きまとい

予定とはまた違う事を書きますが、(私の場合、あれこれと予定が変わる事が多いので、予定はあってないようなものですが・・)取り急ぎ、ツイートした事をまとめます。

最近、娘が飲食店でアルバイトを始めたのですが、その往き帰りに必ずパトカーが現れるそうです。勿論、お約束のヤ○トやJPも、きっちりと現れます。

警察による尾行(まとわり)には本当に頭に来ます。それで、ちょっとまた警察の事を書きます。

市民や国民を守るべき立場の人間が、市民や国民に対して嫌がらせやストーキング行為をするなどという事は、決してあってはならない事です。

娘に対しても、麻薬常習の疑いがあるから監視しているのだ、などともっともらしい理由を付けて、自分達の監視(覗き見)、尾行(ストーキング)を正当化しているのでしょうが、やっている事は明らかに違法。

第一、小麦粉(食料)を買うお金にも困っている親子が、同じ白い粉だとしても、どうして覚醒剤など買えるのですか?寝言は寝て言って下さい。お金の出し入れだって全て分かってるでしょうに。

それに、「○○の疑いがある」などという曖昧でいい加減な理由でいいのなら、誰にでも、いくらでも、監視したりストーキングする口実や理由が付けられますよね。近所に住むあの人が怪しい、などと密告する“協力者”もいる事でしょう。

大体、疑いがあるのなら、メールや電話、ネットでの行動から私生活に至るまで、24時間監視しているのですから、とっくにその証拠なり物証が出て来てもおかしくないわけで、1年もあれば特定できるでしょうに、それを何年にも渡って尾行や監視を続けるなんて、どう考えても異常です。

仮にそこまでしても特定できない、決定的な証拠が見つからないとしたら、どれだけ無能なのかと何度も言っていますが、本当に馬と鹿ですね、としか言いようがありません。

それとも、一人の“容疑者”、しかも未成年の女子に対して数年がかりで内偵しないと、逮捕もできないのでしょうか?

もっとも昨今では、覚醒剤使用の容疑者の尿検査の尿をすり替えるという、驚くような事までやってのけるのですから、冤罪逮捕など掃いて捨てるほどあるでしょうね。







お茶を入れたのに覚せい剤反応が出たとは、呆れてしまいます。

絶対的な権力を持つ警察がこの体たらく。本当に酷いの一言です。後述しますが、被害者の味方の警察官(残念ながら少数です)は、自殺や退職に追い込まれてしまうのが現状です。この現状を、もっと多くの方に知って頂きたいと思います。

2chからですが、ここに書かれている事は全くの嘘や出鱈目とは思えません。真偽はわかりませんが、読まれた方それぞれにご判断頂きたいと思います。

警視庁公安部上尾分室

以下、一部キャプチャー。










【埼玉】復刻版・桶川ストーカー殺人事件【上尾署】

上記スレッドよりキャプチャー。


先述した様に、こうした数少ない被害者の味方である善良な警察官は、駆逐されてしまうのが現状だと思います。非常に残念な事です。


↓こちらには、上尾警察に関する動画がまとめられています。
snowmobilechq.com 動画

↓Googleで「上尾警察」と打ち込んだら、検索候補に表示された複合ワード 笑)

上尾警察署 クズ

以下は心に青雲様より以下一部引用させて頂きました。

タクシーの不気味

私は、かつて頻繁にタクシーを利用したことがある。もちろん自費だ。バスや電車で通勤途中集団ストーカーの嫌がらせを連日受けていた。この時も、常に専従の運転手が用意された。気味が悪いほど親切だった。今考えると、公安の手配だったことは間違いない。タクシーの後ろに常に四輪駆動ジープが張り付いた。

* *

 これを書いた人は、なにせ国家の陰謀を暴露するサイトを主宰しているので、公安から監視されているのだ。
 4社が(4社だけではあるまいが)、国営企業と揶揄されるのは、もともと軍部がまとめたタクシー会社だからである。戦後も引き継がれたと見るべきである。

 話を元に戻すと、だから車載カメラと防犯カメラは、こうした諜報活動のために設置されていると見るべきである。情報は公安などの諜報機関に流される。
 そして、2コロのような成績の芳しくない運転手は、「魔の手」と書いたが、公安などから協力者になるように、誘われるだろうし、カネになるなら…と、引き受けてしまうにちがいない。

 その真の目的を国民から隠すために、テレビでいかにも強盗や悪質酔客対策に有効であるかのような映像を流しているのだろう。
 タクシーのなかでは、聴かれたくないケイタイ電話などはしないほうがいい。

 ドイツ映画で『善き人のためのソナタ』を観たことがある。これは東ドイツの監視社会を描いたもので、反体制を取り締まる国家保安局“シュタージ”のやりたい放題で、盗聴、監視され、プライベートは存在しなかった。
 われわれは、「幸いなことに自由主義国家にいるから」、ソ連や共産圏国家のような恐ろしい監視社会ではなかったと思いこんでいるけれど、本当にそうだったかどうか、わかったものではない。

(転載終了)



転載元の記事
日本の陰謀 (11)日本の企業はほとんど政府の管理下にある。■ タクシーは大日本帝国

私達被害者が、日頃からタクシーにストーキングされていると訴えている理由も、納得して頂けるでしょうか?タクシーだけでなく、殆どの企業が加担しているのです。

それで、確かこの「心に青雲」さんのサイトに、集ストについて書かれた記事があったはずだと思ったのですが、URLを失念してしまった為Googleで、心に青雲 と打ち込むとこの様な検索候補が表示されました。

kousakuin0424.jpg

さすが工作員の皆様、お仕事が早いです。

都合の悪い事をいう人物に対する印象工作、見事ですね。

頭おかしい
きちがい
トンデモ

これが工作員達の三種の神器ならぬ、風評工作三大ワードですね。

集ストの場合は、トンデモの代わりに「統合失調症」又は統失(糖質)が入ります。



幾ら貰っているのか知りませんが、これが雇われたアルバイトのお仕事です。いえ、もしかしたら、公安自身が工作をしているのかも知れません。掲示板での汚い書き込み、あれも案外公安が書いているのではないでしょうか?

何と言っても性犯罪者集団なのですから・・。内容も本当に下劣で下品なものばかり。昏睡させてレ○プする犯罪集団であれば、こういう書き込みをしていても不思議ではありません。

話を戻しますが、下記リンク先は、Google検索で見かけた記事です。

たとえ吾命家族朽ち果てようと

この中に心に青雲さんの記事へのリンクがありますが、削除されているのか、出て来ません。

ざっと見た感じ、この方も私と同じ様な集スト被害に遭われていたと察しますが、左上のプロフィールを見て下さい。これは明らかに改竄されています。

こんな事をご本人が書くはずがありません。これも公安が改竄したのではないでしょうか?真面目なブログなのに、妙におかしな事が書いてある場合は、この様に改竄された可能性が大です。

どこまでも卑劣で下劣な人達です。

ブログの更新ができない状況であるという言葉を最後に、更新が途絶えているのですが、大丈夫なのでしょうか?

それで、私が探していた記事が検索しても出て来ないので、別のサイトだったかも知れないと思って、記憶を辿って漸く思い出しました。

テンプレートが同じだった為、同じサイトと勘違いしてしまいました。

賢者の剣 ~コトバと知恵と想像力~様より
ガスライティング(=集団ストーカー)を企てる人々

驕れる公安、久しからず


裏金問題でも昨今メディアを賑わせてきた公安警察だが、戦後、警察全体に「捜査費」と称した裏金づくりを蔓延させた元凶は、警察庁の警備局公安課であるといわれる。

また、表向き取り締まりをしている風で、その実、ヤクザに拳銃を買わせ、押収したとして手柄を上げたり、麻薬取引に手を出し、麻薬常習者が多く存在するのもまた警察である。

何度もいうが、自らの私欲のためにテロ対策の名の下、一般市民を監視し、冤罪で投獄または、精神病のレッテルを貼って強制入院させ、自殺や事故と見せかけ罪もない市民を殺害するようなことを平然とやるような組織は必ず崩壊する。

そういった悪事に手を染めている人は必ずブローバック=見返りを受けるということを肝に銘じておくべきだろう。

彼らが後ろ盾としているアメリカや国際金融資本、CIA、カルトネットワークは目下、崩壊の最中といわれる。

驕れる公安久しからず、である。

(転載終了)



同サイトより。
テクノロジー犯罪(=エレクトリック・ハラスメント)~CIAに設立された内閣情報調査室~

集団ストーカーの実働部隊の正体~エセ右翼(=CIA)と朝鮮系カルト

上記リンクは、忘れない様に右のエリアの「重要記事」に追加しました。

一つだけ注意して頂きたいのは、集団ストーカー被害者と称するエセ右翼がRK氏に絡んだ結果、その正体を見破られてしまった、という見解はちょっと違う様に思ってしまいます。

絡み役と絡まれ役を演じていた可能性もあり、絡んだ側の似非右翼である“自称集スト被害者”と、絡まれた側であるRK氏は、どちらもその役割を演じていたのであって、実は仲間だった、という事もあり得るのです。私はむしろその可能性が高いと思いますが・・。あの集スト&ケムトレイル完全否定はどうにも不自然です。ジャーナリストなら、集ストが実在する事くらいわかるはずです。

同サイトより関連記事
外国人参政権に反対しなくてはならない理由 ~カルトと裏社会に乗っ取られる日本~


過去記事
知れば知るほど恐ろしい公安警察の実態

警察の闇 大物警察官僚と集団ストーカー


ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事

室温で溶ける飴

昨日もツイートしましたが、また室内で飴が溶けていました。昨日は確かに日中は暑いくらいでしたが、まだ4月です。なのに常温で飴が溶けるってどういう事でしょうか?



断定は出来ませんが、おそらくマイクロ波か何かを照射されているのではないかと思います。

そしてその電磁波は、日頃から不自然に見かける住民の部屋から来ている可能性は高いと思います。

もしかしたら車がその照射の拠点になっているかも知れません。

一部、不明な所は省略していますが、駐車場の並び順をまとめてみました。



この図からも分かる様に、あまりにも並び順が不規則すぎます。普通に考えて、B1、B2、B3という風に順番に並ぶものではないでしょうか?

しかもここに駐まっている車の持ち主の殆どが、私が出入りしたりする際に不自然に現れたりする人ばかりなのです。

寝室側に車を駐めて一晩中何かを照射されていたとしても不思議ではありません。つまり、加害に積極的な人の車がここに集まっている、という事も考えられるのです。

また、加害疑惑が非常に濃厚な住民の部屋の障子は、なぜかこの様になっている事が多いのです。


小さな子供が破ったにしても、あんな上の方まで破るでしょうか?この様な部屋が複数あるのですが、いずれも不自然に遭遇したり見かける人の部屋です。


以下、日本の黒い霧様のサイトより、勝手ながら一部転載させて頂きます。
隠された日米戦争

■国内騒乱を希求する人々・企業


今回の核テロを実施した(A) グループに属すると思われる人々です。詳しい説明は省略しますのでかなり乱暴ですがご容赦ください。この中に陰謀論に詳しい方々が「反米愛国者」「親米売国奴」とみなしている人物も含まれていますが、その様なパターン化した人物評こそ本当はどうなのか、巧みな情報操作なのではないか、疑いながら読まれるべきだと思います。

--政治家--
中曽根康弘:親米と言われるが実は親中派、レーガン大統領との友情は全て演出
小沢一郎:第3次中曽根内閣で警察と公安のトップに、123便の秘密を最も知る人物
亀井静香:グリコ森永事件の黒幕、許栄中事件との黒い関係はあまりに有名
福島瑞穂:弁護士時代、123便関連訴訟を体制側有利に処理、小沢一郎の子分
羽田孜:南相木村側を地元とする議員。無能ながら小沢一郎のプッシュで総理に

--企業--
伊藤忠商事:元陸軍参謀、瀬島龍三会長を擁す 貧しい農家の出身という出自は虚構
住友銀行:警察予備隊であったころから自衛隊・山口組と癒着 (A) の番頭的存在
東急グループ:五島一族 中曽根、瀬島と深く関わる 日航機調査を激しく妨害した
東武グループ:根津一族 日航機調査を組織全体で妨害した スカイツリーは兵器か
電通:事実上(A)グループのエージェント組織
トヨタ自動車:事実上尾張徳川家に支配された軍事志向の企業
東京電力:旧陸軍系企業。神流川発電所の疑惑については他の記事を参照
(他にもありますが、この辺で止めます)

--その他--
裏天皇(仮称):(A)グループの最高意思決定権を有する人物・または合議体。旧帝国陸軍においても、意思決定を行っていたのはここではないか疑われる。戦争中は東北の部隊を集中的に前線におくり玉砕させ、今回、福島での核汚染を平気で実行させていることから、太古から日本に住み着いていた東国人を極めて軽視しているようにも見える。おそらく、彼らを敵視する渡来系祭祀族の末裔、朝鮮半島に由来を持つ人物なのではないか。旧宮内省、現在の宮中でも大きな権力を持っていると思われる。

尾張徳川:紀州・水戸は零落したが、尾張徳川は莫大な資金を有し資本家へと転進する。明治維新は長州・薩摩と言われているが、時代の潮流を読みつつ、尾張も幕藩体制の解体に加担したのではないか。(A)のスポンサーであると疑われる。

天台宗:徳川家の菩提寺を預かる。徳川家との深い関係は明らか。日本の黒幕的宗教と言えば某学会が有名だが、密議・謀議に手を染める宗派としては、天台宗の右に出るものはない。日本の裏金と麻薬を牛耳る闇組織である。

忍者:他に表現しようがないので。その風貌は、老夫婦であったり、コギャル風の女子高生であったり、子供を抱いた家族連れであったり、それでいて、バックに小型の電磁パルス発信機を忍ばせこちらに照射してくる。そのやり口は時代小説の忍者とそっくり。信じられないことだが、今でも家族ぐるみで殺人訓練をしている忍者の里のような集落があるのだろう。尾張徳川のお抱えと考えれば何となく納得できる。妨害ポイントまでの移動に全窓カーテン張りのマイクロバスを使ってくるので、とてもわかりやすい。

同和系組織:教科書的には最下層の被差別民と説明されることが多いが、実際は秘伝の特殊技能を有するグループで、租税免除など支配者から特権的な待遇を得られていたと考えられる。旧日本陸軍731部隊などは村をあげて満州に赴いていることから、その村が薬物の取り扱いを専門に行う同和系組織だった可能性がある。上述の忍者などもこのカテゴリーに属するものと思われる。グリコ森永事件も、いずれも同和出身経営者の企業を狙っているので、(A)組織内の締め付けも目的の一つだったのかもしれない。

組系:全国の暴力団組長の9割は、在日・同和出身者で占められている。
(A)の最末端であり、詳説は不用であろう。今回の騒乱においても、使い捨てられる哀れな存在とも言える。

(転載終了)


私も同和組織については何度も取り上げていますが

部落差別と同和利権と集団ストーキング

被差別部落問題と逆差別

部落解放同盟の深すぎる闇

私たち母娘に執拗に付きまとい、電磁波照射などの加害行為を繰り返しているのは、この中の、忍者=同和系組織=組系などが中心である事は、その風貌などからも間違いないと思っています。(ヤクザ、暴走族も粘着している為)

表と裏の天皇家が関与しているのなら、違法行為だから警察に取り締まれといくら言ってみた所で、無意味である事も頷けます。

警察が動かない、動かないばかりか加担している理由は、これしか考えられません。

更には、その末端加害者が普通の人間ではないかも知れないと言う事は、一体どういう事なのでしょうか?

そこの部分の繋がりが、今ひとつ解明できていないのですが、解明は後回しでも、取りあえず私への付きまとい行為や、私が見る不可思議な飛行物体等の情報は、できるだけ急いで公開していきたいと思います。


ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事

議論と論争

ちょっと予定を変更して、今朝思いついた事をメモします。
すぐに書き留めておかないと、本当に忘れてしまうので・・。

という事で、早速本題に入りますが、ツイッターなどをしていると、あるいは他の方のツイートやブログを見ていて、とても残念に思う事があります。

これらの場で、自分の考えや推理を述べたり、疑問を投げかけたりする事は、大手マスメディアが報道しない情報を共有できたり、または権力者や支配者による歴史の改竄や捏造を知る事ができたりするので、大変有り難いものなのですが、その自由な考察に対して、結構、高圧的に(あるいは高慢な態度で)その人の主張や推理展開に絡んで来て、または割り込んできて、議論や回答を要求したり強要している人を見かけます。

「ちょっと、それどういう事?聞き捨てならないし、私には理解できないから、私が納得する様にちゃんと説明して。」

という様な論調です。

でも、これはおかしな事だと思います。なぜ、見ず知らずの人が納得するまで説明する義務を一方的に負わされなければならないのでしょう。

仮に誰かの言っている事が理解できないのなら、一通りその人の書いて来た事や、もっと言えば、他の情報などを調べて、自分で理解しようとする努力をすればいいものを、そうした努力もせずに、いきなり質問を投げかける。

なぜあなたはそういう事を言うのか?と。

私もそういう事が何度かありましたので、わかるのですが、なぜ現時点の考えに至ったのかを一から説明するのは本当に大変な事なのです。

しかもそれを、たまたまネットで見かけた人が、何故そう言えるのですか?どうしてですか?これについてはどう思いますか?と質問攻め。

これでは嫌になるのも当然です。
なので、もうこれ以上の議論をしても不毛であり無意味なので、お互い自分の考えを展開すればいいのではないですか?と言って切り上げようとすると、「あら、逃げるのですか?」となる。

ネット工作員などの常套手段で、無理難題をふっかけておいて、あるいは論点をずらし、言及していない事にまで飛躍して、言ってもいない事を言った事にして批判してくる為、最初から相手にしなかったり、また工作員でなくとも、途中から、説明したり返事を返すのが面倒になってブロックすると、『あいつは都合が悪くなると議論の途中で逃げ出す卑怯者」という事になり、いつまでもそれをしつこく言い続けるので本当に困ってしまいます。

そもそも、自分から絡んできて相手にされないと、何だ、逃げるのか?ってあまりにも子供じみています。

そういう事にうんざりしている私は、いつしか、あまりネット上で議論したり意見を交わす事はしない様になってしまいました。

工作員は論外としても(相手にする価値もないから)、誰かと意見がぴったり一致する事は希で、おおよそ他の人とは多かれ少なかれ、意見や認識の相違があるものです。

この人の言っている事には共感できるなと思っていても、何度かやり取りしている間に、あれ?ちょっと違うかな、という事なんて結構あります。

何かのきっかけでやり取りする様になると、意見がぶつかり合う事もあります。

そこで、喧嘩別れも大人気ないので、何とかお互いの意見の擦り合わせをして、落としどころを探り、合意点の様なものを導き出す事になります。

お互いに意見の違いはあるけれど、これからもお互い頑張りましょう、という話になればまだいいのですが、下手をすると、そこで一気に溝が出来てしまい、逆に疎遠になってしまう事もあったりします。

だから、何が何でもコミュニケーションを活発にすれば、お互いにわかり合える、というのはちょっと違うかなと思っています。

ともあれ、誰かの言っている事が理解できないのなら、すぐに質問を投げかけるのではなくて、一端、自分で調べるという事は必要だと思います。

ましてや、私が納得するまで説明して、は論外かと。
あまりにも自分本意で、一方的に相手に負担を掛ける言動だと私は思います。

仮に自分で調べて納得できたなら、他の人にもそれを伝えたり、ある人が言葉足らずで説明しきれていなかった部分を補足したり、誤解されていそうな部分は誤解を解く説明などの控えめな“後方支援”をしたり、被支配層である一般ピープルが支配者の嘘や欺瞞や悪しき計画を見破る為に、皆で共有すべき知識や論理の強化や確立に、影ながらでも寄与すればいいのではないかと思うのですが、どうでしょうか。

そして、どうしても納得できない理論なら、自分の持ち場で、批判や反論や自説の展開をすればいいだけの事だと思うのです。その人の説に納得した人が多ければ、いずれそうした論調が広まるでしょうから。

なので、わざわざ真っ向から意見が対立する人と、正面からやり合う必要はなく、むしろやり合えばやり合う程、溝は深まり禍根を残す様な気がしてなりません。

一時的な誤解や言葉のすれ違いによる確執があっても、その人の言っている事が本物であれば、その誤解や確執はいずれ解消すると思います。同じものを目指す者同士、文字通り“同士”として、いつしかまた自然に惹かれ合うものではないでしょうか。

これは男女の恋愛感情といったものではなく、人間として惹かれ合うというのはあると思います。尊敬の念とか、親近感とか、そんな感情に近いかも知れません。

だから、無闇に接近すればいい、というのではなく、そういう微妙な距離感というものを、私は結構大事にしています。

逆に、相手の領域にずけずけと入り込むのは、むしろ自分本意で傲慢ではないかと。
SNSなどは、個人が自分の思う事を発言する場なのですから、名誉毀損などの直接的な被害・加害などがない限り、あるいは公序良俗に反するものでないのなら、誰かが誰かに説明する責任を負うという事はないはずだと思います。

集団ストーキング被害者目線で見ればの話ですが、何の関係もない赤の他人に対して、思考やプライバシーにまで土足で入り込み、介入し、いちいち批評する様な傲慢さと無神経さは、集団ストーキング加害者だけで十分です。

みんな、それぞれの答えを探して手探り状態で歩いている最中なのに、そこに自分から押しかけて、これはこうで、あれはこうで、だからこういう風に考えないのは間違い、という様に、まず結論ありきの自説を押しつけるのは本当に誰の為にもならないと思います。

「私はこう考えているので、あなたもこう考えなさい。」

「私の知識や見解は正しいけれど、あなたのそれは間違っている。」

そうではなくて、

私はこう考えているけれど、あなたは違う考えなのですね。ではお互いにそれぞれの見解に沿って、お互いに追求していきましょう。でも直接的な議論や論争をしても平行線なので、これ以上、接触するのはやめましょう、でいいのではないでしょうか?

細かい考え方などの相違はあっても、向いている方向が同じなら、同じゴールを目指し、適度な距離を保ちつつ、また、お互いのスタンスを尊重しつつ、ゴールに向かって歩いて行けばいいとと思うのです。

少なくとも私はそう思います。


ただ、あまりにも間違った事は直接でなくてもいいので指摘する必要はあると思いますし、相手が工作員なら、容赦せず批判していいと思います。

それとは別ですが、自分は今こういう事を追求しているという時に、それに関連した情報提供は有り難いのですが、全く別の話題を振られたり、あまり見ても参考にならない様な情報、または興味の湧かない分野の情報を一方的に送られるのも、案外、困ってしまうものです。

その人が自分のツイートやブログで書いている分には別にいいのですが、直接URLを送られたりすると、せっかくの好意を無駄にしてはいけないという心理も働き、一応その情報を読まなければならない為、時間がない時や疲れている時、他の優先したい事がある時にはかなり負担になってしまうのです。

自分ではその人の役に立っているつもりでも、実はその人の足を引っ張っている、という事にもなりかねません。所謂、善意の押しつけです。

無意識にそうした事をしている悪意のない人も結構いるので、逆にそれを利用すれば、理解者や追求者の振りをした妨害工作も成立してしまうのです。

この戦法を使うと、例えば無理難題を吹っかけたり、無茶振りをしておいて、または執拗に食い下がり、相手が辟易して、多少口調が荒くなったり失言をしたり、更には暴言でも吐こうものなら、鬼の首でも取ったかの様にそれを言質にして、あの時あの人はこんな言葉を吐いた、などと執拗に非難を繰り返し、その人の評判や信頼性を落とす事も可能であり、工作員による印象操作に使われるのは自明です。

政治家や公人ならまだしも、そうではない誰かのちょっとした失言を、大多数で一斉にバッシングするという風潮もどこか危険な臭いがします。

まるで、差別発言をしたと言い掛かりを付けて、“糾弾会”を開き、吊し上げていたどこかの解放運動を彷彿とさせます。そんな糾弾会など、某解放同盟だけで十分です。

その様な事を意識しなくとも、お互いの言動をお互いに監視し合い、ちょっとした言葉の選択を間違えただけで、ああでもない、こうでもないと言い争うのはやはり不毛。と言うよりも、相互監視させ、分断して統治したい支配層や既得権益層の思うつぼです。

皆が自分で自分の首を絞めている事にも気付かずに、“ネット自警団”になってしまったら、喜ぶのは誰ですか?

その時間やエネルギーは、本来自分が追求していた事の情報収集などに向けられたはずなのに、予定外の論争に巻き込まれ、たった一人の、自分とは意見や認識の違うネットユーザーを納得させる為だけに消費してしまう結果となってしまうのです。

恐らくそういう事を意図して近づいて来たと思われる人物も何人かいました。個人的に情報交換したいなどという理由で・・。(情報交換したいと声を掛けて下さった方全員という事ではなく、その中の一部にそういう方もいた、という意味です。)

私が思うに、他の被害者の人にとっても有益な情報であるなら、個人的なやりとり(情報交換)ではなく、オープンな場で発信した方がいいのではないかと思うのですが、中にはどうしても個人的に情報交換をしたいという方もいて、もしかしたら別の目的がある(あった)のではないかと思ってしまうケースもあります。

その様な事もあり、今では個人的なやりとりも殆どしなくなりましたが、いずれにしても、まさにそうした心理戦が仕掛けられ、繰り広げられているのがネットでもあり、だから疑う必要のない人まで疑ってしまったり、余計な詮索もしてしまい、結果孤立するという悪循環。

だからと言って、あまりにもガードを緩めすぎれば、工作員が一斉に寄って来まて、それらに対応しているうちにいつの間にか、あれ?自分は何を追求していたんだっけ?という事にもなりかねません。

だから、適度に警戒し、適度に信頼するというのがいいのではないかと個人的には思っています。この距離感というのは結構重要かと。

あと、マインドコントロールもありますから、お互いに仄めかしワードを無意識に言ってしまったりしますので、これがまた分断工作にはとても威力を発揮します。

なので、交流交流と煽られて、交流する事が目的の様になってしまうよりは、やはり自分の追求したい事に専念する、それが今の私には一番合っているのかなと思っています。

そんな中で、私の発する情報が誰かの、何かの役に立てば、それでいいとも思います。

嘘かデマかもしれない情報や伝聞よりも、自分の目で見た事、体験した事は、紛れもない事実。

良い悪いとか、加害だ加害ではない、と言う判断は別にして、「その事象がその時発生していた」という事実が事実である事には変わりはないと思うから。

以上、思いつくままに・・。

関連記事

ETアジェンダとギャングストーキング

画像が中々作成し終わらないので、その前に、とても重要だと思う動画をいくつかご紹介させて頂きます。

よく、エイリアンの地球侵略に対する備えを!などとまことしやかに言われたりしていたりしますが、それは支配層側の巧妙な罠、ミスリードだと思います。

下の動画でも、その事について語られているのですが、地球はこれから侵略されるのではなく、既に侵略されているという事の様です。私はこの方の主張を信じます。自分でも見ていますから。

おそらく、私の周辺に現れるストーカー達は、ここで言われている「クローン」だと思います。それらが、人間を支配し、コントロールする為に大量に放たれている。そして、都合の悪い人物に対して、破壊工作をしているのだと。または、生体エネルギーの搾取や補給の為に。






また例によって、スクリーンショットを拝借しました。o(_ _)o

順不同ですが




私に粘着している工作員も、クローンやハイブリッドだからこそ、何か違う、何かおかしいという、漠然とした、でもはっきりした違和感を感じるのだと思います。




彼ら侵略者に魂を売り、契約を交わしている各国政府や権力者、またマスコミが、真実を公表するはずもありません。仮に公表すれば、公表した人は命を奪われるのですから、言いたくても言えるはずがありません。

なので、この動画で語られている様に、ディスクロージャーは一般大衆から行われなければならないという考えは、私も同感です。

私は自分でもなぜかわからないのですが、こうした事をどうしても世間に伝えたいという気持ちがあって、それこそ自分の生活や仕事よりも優先してしまうのは、人間として非常に反省しなければならない所ではあるのですが、それは私が何者かにマインドコントロールされているからなのか、あるいはそうする様に導かれているのか、自分でも分からないのです。

ですが、もしかしたら、殆どの人が信用しないET(主にレプティリアン)による地球侵略というものを、こうした情報をトンデモ扱いして、あるいは娯楽だと思っている人達にも信じてもらえる様に伝えなさい、と言われている様な気がしないでもありません。

私にできる方法で、それを伝えろと。
今、人類が直面している状況を理解してもらう為に。

などと大上段に構えて言ってみた所で、結局それは、私の自己満足でしかないのかも知れません。でも、何かわからないものが飛んでくるし、素性のわからない人達にストーキングされるし、これは一体どういう事なのかと考えずにはいられないのです。

それと、私が今直面しているこの不可解な現実において(この現実と思い込んでいる世界こそが幻想なのかも知れませんが)、ケムトレイルが非常に重要なキーワードになっているのは間違いないと思っています。

私が異変を感じたのが、2012年11月の下旬です。ネットでは2012年12月12日に地球にアセンションが訪れるという情報で賑わっていた頃です。

私は半信半疑で見ていましたが、隠謀論に触れたばかりの私は、その当時よく見ていたRKという人の動画で、そんなものは起きません!と断言している動画を見て、やっぱりそんな話はデマなんだな、と思ったのを覚えています。

その後、氏の欺瞞に気付き、あちら側のバランサーかミスリード要員だろうと思ったので、サイトも動画も殆ど見ませんし、何より集スト被害者を精神病扱いするという暴挙?に出た為、一気に嫌いになりました。私の電凸動画も何気にdisっていましたし。

それはともかく、話を戻しますが、ケムトレイルの集中散布が始まったのが2012年の11月末。その頃はちょうど野田政権から安倍政権に交代する直前でした。これも何か関係があるのかどうか分かりませんが、冒頭の動画に、そのヒントの様な部分がありました。






やはり、2012年から始まる人類の覚醒という流れをどうしても阻止したいという事なのかも知れません。私はそれまでこの様な空を見た事がないので、あの時のケムトレイルの散布の様子は強烈に印象に残っています。

また、マスコミの批判の動画も数本アップしました。それらの動画をYoutubeにアップして間もなく、下の画像の人物が現れました。

ブログやツイッター、また動画の中でも何度か書いていますが、非常に怪しい造園業者が来ました。私が朝、ベランダからこの場所を見下ろした時に、木の剪定用のナイフを持って立っていました。手に持ったナイフを微妙に動かしながら、光の反射が私の視界に入る様に向きを変えていたのです。



それを見て私は、身の危険と無言の圧力を感じました。この頃はまだ撮影するのに慣れていなかったので、その時の様子は撮影していませんが、その後、怖いながらも少しだけ撮影した映像がこれらの画像です。

枯れた木を少し切る振りをして、ここに停めてあった軽トラの荷台から、何か荷物を取り出しています。



その後、下の画像の様に、私の部屋の真下方向に歩いて来ました。







最初にこの人物を見た瞬間、私は咄嗟に軍人だと思いましたが、造園業者の出で立ちにしては少し違和感があります。持っていたナイフもアーミーナイフの様な、ゴツイものだったように記憶しています。

ただ、この表情をよく見ると、やはり・・ではないかと思えてなりません。
末尾にストレージのリンクがありますので、そちらよりご覧下さい。

しかし、慣れというのは恐ろしいもので、この頃は少しの撮影でもビビっていたのです。とても怖かったのです。

そうこうしているうちに3年以上もこんな事を続けていて、今ではすっかり開き直って撮影していますが、この人達が何も言って来ないのは何故なのか、それも不思議と言えば不思議です。やはりレプだから私を訴えれば逆に自分達の素性がバレてしまうから、抗議も訴訟もしてこない、という事なのではないでしょうか?

いずれにしても、この“無言の圧力”の前に、私はケムトレイルの動画をアップしていますので、ケムトレイルも決して無関係ではないと思います。

同じくJessica0701さんが翻訳の字幕を付けて下さった動画より。(翻訳感謝です)



マスコミや有名人の方でも、こうしたタブーに言及して下さる、勇気のある方も中にはいるのですが・・

残念ながらそのプリンスさんは亡くなられたそうです。







カルトに目を付けられていたというのが本当なら、もしかしたら、プリンスさんはギャングストーキングのターゲット(Targeted Individual)だったのではないでしょうか?

邪魔な人間の口を封じたい時に、消したい側にとっては一番“安全”でリスクが少ない為、多用される手口がギャングストーキング、日本では所謂、集団ストーキングと呼ばれている手法です。

手法と言ってもやっている事は人○し犯罪なのですが・・。

真偽は分かりませんが、プリンスさんのご冥福を、心よりお祈り致します。

(追記)
今日になって、この様なツイートが流れて来ました。



502.プリンス<Prince>は、イルミナティに殺されたのか?

という事なので、一面だけ見て判断するのではなく、多角的に見る必要がありそうですね。ただ、内部の事を知っているからこそ、表面上は彼らに服従しているように見せかけて、歌で遠回しに伝えていた可能性もなきにしも非ず。

いずれにしても、今の世界情勢を見るにつけ、この現状は一体どういう事なのでしょうか。人類の力ではどうにもし難い大きな陰謀=侵略者であるエイリアンのアジェンダが進行しているからだと考えると、案外、腑に落ちるのではないでしょうか。

人間は、本当は誰しも戦争なんて望んでいないのです。皆で仲良く生きたいし、そうできるはずです。でもそうさせたくない勢力がいるのです。

この状況を変えるには、その事を皆が知る事が不可欠です。知る事で、このアジェンダが失敗に終わる可能性が僅かでも残っているのなら、その可能性に賭けてみたいと思います。

余談ですが、昨日この様なツイートをRTしました。



庭師組合→フリーガーデナー

石屋組合→フリーメーソン

日本は石造りの建物が少ないので、石屋ではなく庭師が秘密結社の中心だったりして。。。

いえ、不審な造園業者がよく来ていたものですから・・。

また画像を少し掲載します。


↑路駐している車を記録する為、撮影を始めると、なんとそこには常連のT戸さんの姿が。足が悪いのに散歩でしょうか?



これは(T戸さんに限らず)いつもの事なのですが、まるでその瞬間に私がその場所を見るのを分かっているかの様なタイミングです。

因みに今月の18日にも、ケムトレイルの様子を撮影する為、ベランダに出て、空を撮影しはじめた直後に人の話声が聞こえ、また芝居が始まったと思って確認すると、やはりT戸さんご一行でした。




この時の様子は動画でアップしてあります。


庭師のお仕事風景に戻ります。
冬なのに、剪定する必要があるのかと、いつも思うのですけれど。







この時は朝の資源物回収時の様子を撮影していたのですが、その時にタイミング良く通過した地元の造園業者の車。


なぜわざわざこの場所を通過すのか、ちょっと意味がわからないのですが。。


結構なスピードだった様に思います。子供もいるのですから危ないですよね。



と言う事で、今回の画像を↓ストレージに保存しました。良かったらご覧下さい。


ストレージに移動したら、最初の画像をクリックしてスライドショーを開始して下さい。


関連記事

T家と地震、そしてThey Live

※この記事は15日に書き始めた為、内容と日付が一致していない部分もあるかも知れませんがご容赦下さい。

14日に、熊本で大きな地震がありましたので、また予定していた内容を変更して、急遽その事について書かせて頂きたいと思います。

今回の熊本の地震では、かなりの被害が出てしまい、被災された方々には、心からお見舞い、お悔やみ申し上げます。被害が拡大しない事、そして一日も早い復旧をお祈りしております。

これが自然に発生した地震なのか、それとも計画されていたものなのか、それは分かりませんが、311の事などを考えると、もしかしたら何らかの計画があったのではないかと、そんな風に勘ぐってしまいたくなります。

震源地は陸上自衛隊の近くという情報も流れていますが、何らかの関係があるのでしょうか。

昨夜から今朝にかけて37回の人工地震の震源地は、陸上自衛隊高遊原分屯地か!

熊本県 自衛隊高遊原分屯地と入力したら、緯度32.8経度130.8と出て震源地とピタリ一致!

(もしかしてこの方はRK党員の方でしょうか?私はRKは全く支持しませんが、参考情報として掲載させて頂きました)

と思ったら、逆だったようです。失礼しました。
1日3通のコメントで「怒涛のコメント集」印象操作で工作員増産中!

いずれにしても、今回は中央構造線が危険な様ですが、それを伝わって九州から北上して来れば、私の住んでいる長野県も直撃です。私の妄想ですが、もしかしてそれを狙っていたりして・・。

その中央構造線上には、有名な神社がいくつかあるのですが、あるいは今の世の中や、欲望にまみれた人間達を見て、古来からの神々が怒っているのかも知れません。



それとも、先述の様に、やはりこの日本を潰したい勢力が、何らかの工作を仕掛けていたのではないでしょうか?例えば、戦前、戦中からある地下壕などに何らかの仕掛けをして、九州から中央構造線に沿って北上させながら人工地震を発生させる事も、イルミなら考えると思います。

所で、このエントリーのタイトルについて少し説明します。

実は地震が最初に発生した14日の夜8時頃の事ですが、ベランダでフェイク機を撮影しながら何気なく脳裏に浮かんだ事があります。

この世界の支配者、そして、人類に対してこんな犯罪を仕掛けているもの達の正体についてです。

この世界を支配しているエリート達=特権階級支配層というのは、王族や皇族、一部の富裕層や銀行家などと言われていますが、現にそういう立場にいるという事は、やはり集ストの黒幕でもあるという事だと思います。

支配側にとって、自分達に歯向かう目障りな民衆はできるだけ排除し、権力と冨を独占たいと考えるのは当然の成り行きです。

そうであれば、民衆の側に立ち、民衆の為になる統治をしようという気持ちを持った人物が支配側にいられるはずがないのです。

仮にそうした人物がいたら、どんな手段を使ってでも潰すでしょう。場合によっては、その人物を殺害してクローンにすり替えたりもするはずです。例えDNAや外見が同じでも、“中身”が同じとは限らないのです。

そんな馬鹿なと思う方は、仮にあなたが支配層側の人物だと仮定し、想像して見て下さい。確実にそうすると思いませんか?

そこで、日本のトップは誰かと考えると、ここで明記しなくても、誰かは自ずと分かります。つまり、そのトップが集ストの黒幕であるという事だと私は考えています。

他の国の王族や貴族が皆、支配層なのに、日本だけ違うというのはあまりにも不自然です。日本も同じと考えるのが妥当ではないでしょうか?

私の場合ですが、以前は外出時などに、○赤の車両と不自然に遭遇したり、私が車で出入りする時にわざとらしく路駐してあり、入院中にも不自然な対応があった事を考えると、○赤が集ストと無関係ではないと思っています。

その○赤のトップは誰でしょうか?

つまり、そういう事なんです。

それで、ふと頭に浮かんだのです。
ルシファーというのは、日本のT皇ではないのか?と。

以前からT家については、集ストの黒幕ではないかと考えてはいたのですが、少し脳裏から離れていて、それがまた強烈に蘇って来たのです。

そうしたら、その撮影中に、それまで不思議と工作員が出て来なかったのに、急に動きがありました。まず、以前から付きまといのあったS家の息子が、棒を床に叩きつけながら歩いて来ました。

その後、ヤ○ト運輸の車が配達に来ました。すぐに、別の車がやって来て路駐し、ハザードをピカピカと点滅させながら、芝居を始めました。そして最後は郵便局の車です。

T家に対する嫌悪感を抱いた直後に、しかも時間にして10分足らずの間に、これだけ連続して工作があったという事は、おそらくその事と無関係ではないのでは?と思ったのです。つまり、連動していると。

その後PCに向かい、日中撮影した映像から画像を切り出す作業の続きをしていると、急に睡魔に襲われ、いつの間にかうたた寝してしまっていました。(この様な事がよくあります)

14日の20:52に、ツイッターでT家と集ストについての投稿をした後です。そして22時半頃に目が覚めて、ツイッターのタイムラインを見て、九州で大きな地震があった事を知りました。21時26分に最初の震度7の地震が発生した様です。

私が撮影していた時に考えた事と関係があるのかどうかは分かりませんが、何か嫌な予感がしました。

直前の撮影時の工作の事もありましたが、その日の日中に撮影した映像を見て、私は“彼ら”=レプがいる事を確信したのです。私に付きまとっているのは間違いなくレプ族だと。

全てではないにしても、少なくとも一部の人間は、明らかにその兆候や特徴が見られるのです。通常の人間とはやはり違うのです。それは映像にしっかりと映っていますから、見間違いや妄想ではありません。

その事をどうやって伝えていこうかと考えている矢先の事、そしてその黒幕がT家ではないかという気持ちがほぼ固まった矢先の大地震。

これが無関係であればいいのですが、そうでないとしたら、いよいよ正体を見破られてしまい、彼らが強硬手段に出たのではないか、そんな風にも考えてしまうのです。

お前みたいな何の価値も力もない人間を・・、という否定意見を、聞き飽きる程言われてきましたが、何の力もない市井の市民を、こうして絶大な権力を持つ側が潰しに掛かるのです。痛ぶり苦しむ様子を見て楽しむのです。

ただ、様々な利権がある為、簡単に殺す事はしない様です。もしエネルギーヴァンパイアなら、相手を生かしておくでしょう。

いずれにしても、T家よる国民虐めであるのなら、やはりそれは追求しないわけにはいかないのです。そして、特権階級の血筋やDNAについても。

一応、個人的な見解という事にしておきますが、それを突き詰めて考えると、やはりこの人達は人間ではない存在、という結論に至ってしまうのです。

その証拠写真の一部を、公開できる範囲で公開したいとも考えていますが、今は地震の事もありますので、あまり強引にそれらを公開するのは危険かも知れません。なので、もう少し様子を見ながら慎重に、今、この世界で実際に起きている事を伝えていかなければと思っています。

取りあえず、昨日もツイートしましたが、映画のThey Lliveの世界そのままだと思います。



それで、先程この動画を改めて拝見したのですが、このホーリー役の女性、どうやらレプ族だと思います。

以下、スクリーンショットを拝借しました。特に目の所ですが、シェイプシフトというよりは、最近私がダヴィンチの絵で気付いてからずっと言っているのですが、小さなへびがいて、それが瞳や瞼など、全てのパーツを形作っているのだと思います。

↓眼球の下半分が何か不自然に濁って、ぼやけています。


つまり私は、この濁りの部分が、一匹のへびだと思っています。

この瞳孔はもろにレプです。

↓顔の部分を拡大。


上の画像ですが、右側の顔の眼球の下半分に色を付けてみました。PCで10倍くらいに拡大すると一目瞭然ですが、へびというか、しらすの様なものがこの眼球の上にのっかっているのです。

なるほど、こうやって私達人間の黒目や白目に見せかけていたのかと、漸くそのトリックが分かったのです。


下のスクリーンショットですが、一瞬、歯の一部だけが白く光ります。


これは何気なく見ていると気付かないと思いますが、私達人間に、こういう芸当ができるでしょうか?実はこれは昨日私が撮影した住民にも、全く同様のシーンがありました。もうはっきり映っていますから間違いありません。

口の中や皮膚の下にもへびがいて、それらが歯や唇を形作っているのです。だから、一瞬、歯の前に肉片の様なものが映り込むのです。あるいは口角の辺りが繋がっている時があったりするのです。

これも色分けしています。可能ならばストレージからダウンロードして、大きめのモニターで拡大して見て下さい。





ただ疑問に思うのは、レプ族による人類支配を暴露している映画に、レプ本人が出演しているというのは、どういう事なのでしょうか?多分、こうして映画でリークしても、どうせ愚かな視聴者(大衆)は気が付かないだろうという事なのかも知れません。


他の動画からのスクリーンショットも入っていますが、この地球を支配し、コントロールしているものの正体が分かると思います。




本当は14日に撮影した画像を入れてから公開しようと思っていたのですが、熊本の地震が大変な事になっている為、取り急ぎ、このまま公開しますので、その時の記録については、また記事を改めようと思います。

もしこの日本を脅かしているのがあなたたちならば、そして、これ以上揺らすのなら、あなたたちの素性を暴露します。

追記

ツイッターで知ったのですが、下記サイトの管理人様も、レプティリアンの存在について肯定的に受け止めていらっしゃる様です。勝手ながらリンクを貼らせて頂きます。

341.爬虫類人レプタリアンは本当に存在するのか?

403.人肉を食べたのは誰か? 

私も以前は半信半疑でした。でも、この被害に遭い、撮影する様になり、その映像を分析してみて、やはり普通の人間にはない特徴が多数見られる事から、最近ではほぼ確信に至っています。

やはりこの人達はレプティリアンなのだと。

舌を高速で出し入れする様子や、目のシェイプシフトなどがはっきりと映っています。彼らは何の為にストーキングをするのかと言えば、やはり人間のネガティブエネルギーを吸収し、自分の活動エネルギーにする為でしょう。

だから、タイミングを合わせ、いく先々に現れ、できるだけ接近する様に偶然を装ってストーキングしているのです。そして、できるだけ多くのネガティブエネルギーを採取する為に、近づいてきて、挑発的な仕草をしたり、咳払いをして、付きまといである事を分からせるのです。

どこまでも人間にパラサイトするエネルギーバンパイア、それがストーカーの正体。

少なくとも私は、その様に考えています。


関連記事

ツイッターの障害(妨害?)

前回の流れで、他の被害者の方(海外の方)の動画で検証をさせて頂く予定だったのですが、ちょっと気になることがあり、取り急ぎそれについて書きたいと思います。

というのは、先程、自分の被害についてツイッターで投稿していたら、突然サーバーエラーで接続できなくなりました。

その投稿内容は、私達親子に付きまとっている主要メンバーが、娘の中学の同級生とその親である事、そして、そのイニシャルだけ書いた投稿に続き、「こんな思いをする位なら、死んだ方がましだと何度思った事か」という内容の投稿をしようとした途端、サーバー内部エラー。

twerror.jpg


それでネットで調べてみたら、やはり大きな障害が発生していた様です。

ダウン ディテクターより。







以前から、よく何か加害者にとって不都合な内容の投稿をした直後にこうしたエラーが発生する事がありましたので、もしかしたら、(ここで、モニター横にあるデジタル時計の1:11表示に視線誘導)妨害ではないのか、あるいは、私のツイートが他のユーザーのタイムラインに表示されない様な工作、または細工をする為の時間稼ぎだったのではないかと、そんな事まで疑ってしまいたくなります。

いずれにしても、万が一、私のツイートへの閲覧、及び表示妨害があった時の事を考えて、こちらにも記録する事にしました。

この被害が長引くと、色々と疑い深くなるのは事実です。けれど、実際に周囲の人間の多くが(殆どかも)、実は集ストに加担していたと気付いたら、人間不信になるのも無理はないと思います。

性善説的に、安易に誰でも信用してしまう事がどれ程危険かを知った人間としては、疑うなと言われても難しいのです。無意識に防衛本能が働いてしまいます。

用心に越したことはありません。

なので、私が加害者ではない方を疑ってしまう場合もあるかも知れませんが、その場合はどうかご容赦頂きたいと思います。

いきなり接触されても、相手の方がどういう方かわからない、というのが正直な気持ちです。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、以前から度々発生していたツイッターのエラーについての記録でした。次のエントリーでは予定通り、動画の検証結果をご報告できると思います。

関連記事

もうひとつのダヴィンチコード(続き)

前回に続き、ダヴィンチの絵を検証してみました。

今回は、Wikiに掲載されていた、かなり解像度の高い画像を使用していますので、更に分かりやすいのではないかと思います。

ウィキペディア
レオナルド・ダ・ヴィンチ

前回同様、名画にこの様な手を加える事はとても気が引けるのですが、決して悪戯心や面白半分でこうした事をしているわけではなく、至る所に蛇やワニなどの姿が隠し絵の様に描かれている事がどうも気になっていて、それが今、私が生きているこの理不尽な現実から逃れる為の糸口になるかも知れないという切実な気持ちからである事を、どうかご理解頂きたいと思います。

それと、前回も書きましたが、キリスト教信者でもない私から見ても、やはりダヴィンチの絵からは、キリストやキリスト教への悪意の様なものが感じられるのですが、これらの画像を見てどの様に思われますか?

神やキリストへの冒涜、そんなものを感じ取ってしまうのですが、私の考えすぎでしょうか。それとも、私達が知らないだけで、これが実際の世界だったでしょうか。あるいはダヴィンチの空想の世界観だったのでしょうか。それともキリストやキリスト教そのものが嘘だったのでしょうか?

簡単に答えを出すのは慎むべきですが、人間(人類)は大いなる嘘に騙され続けてきたという指摘は、多分、本当だと思います。私個人の生活においても、その様な嘘や陰謀の数々を体感したり実感できるのですから、この世界がまともな世の中だなどとは到底思えません。

歴史も文化も史実も宗教も、果ては教育や政治や経済までもが嘘とインチキばかり。

昨今騒動になっているパナマ文書。そこに名前の出てくる人は、顧客の安全とか満足度とか、利用者のベネフィット云々などと大層な宣伝をしている企業ではありませんか?

あるいは政治家として、生活弱者の為に、そして日本国民の幸福の為に、皆が安心して笑顔で生活できる日本の実現の為に、格差や腐敗をなくさなければなりません!などと雄弁に発言されている代議士の先生だったりするのではありませんか?

弱者の味方のはずなのに、タックスヘイブンで租税回避と資金隠しですか?
自分は国に税金を納めるのを逃れて、ちゃっかり資産を蓄えている一方で、国民には増税と納税の義務を強制ですか?

共に痛みを分かち合う?
寝言は寝て言って下さいね。

言っている事とやっている事が真逆とはこの事でしょう。

これを貧乏人のやっかみだとか僻みと言い放つ人物がいますが、私から見たら偽善者です。普段どんなにいい事を言っていても、自分にその批判と怒りの矛先が向けられそうになると、途端に貧乏人の遠吠えだ、などと言い出すのですから、こういう時に本性が現れるのではないでしょうか?

おそらく彼らは99%側の人間ではありません。1%側にいて、あるいはそれに近い場所にいて、99%の味方のふりをしているのでしょう。99%側が賛同する様な発言をしては、“信者”や参謀者を集め、代替療法とか自然食品などを売りつけたり、“信者”や参謀者となりそうな人を取り込んで、その人を頂点とした小さな支配体系を作ろうと画策しているだけなのではないでしょうか?

商売やビジネスではなく、駆け引きや取り引きや計算もなく、徹底して闇を追求し、暴露する人こそが本物だと私は思っています。ただ、有名な人や影響力のある人でその様な言動をする人の多くは、1%側によって消されてしまうのが現状です。

歴史は勝者によってつくられる、あるいは支配者によって捏造されたり改竄されるのです。その嘘や捏造を刷り込み、洗脳する役目を担うのがマスコミと教育です。

教科書に載っているから、マスコミが報道するからと言って、それをそのまま信じて受け入れるという事は、自ら奴隷でいる事を許可し、あるいは容認したという事になるのではないでしょうか。少なくとも私はそんな世界を受け入れる気持ちにはなれません。

何もかも、嘘と偽りと偽善だらけの世の中。そういう世界に生きているのですから、有名な芸術作品に何らかの嘘や罠が仕込まれていたとしても不思議ではないと思います。

という事で本題に入りますが、前回同様、蛇や爬虫類的なものに見える部分は、分かりやすくする為に色分けしています。

「キリストの洗礼」


イエスのまぶたを始め、洗礼の為の聖水の入ったお皿の中など、至る所に蛇が隠れている様に見えます。



これは別のサイトから拝借した画像ですが、ダヴィンチが描いた部分とされる左下の「幼い天使」を拡大したもの。


髪の毛の中にいる二匹の蛇は明らかにそれとわかります。顔のパーツもすべて蛇に見えます。



下の画像はモナ・リザより。



これは模写という事らしいのですが、何と、左下に666の数字が。


顔の部分だけ切り取って色分けしています。



こちらはネットで探した画像ですが(どのサイトだったのか失念)



後ろの木や、右側に立っている人物などの部分は分かりやすいと思います。


とても全てを検証しきれないので、ある程度の所でやめていますが、これらの絵だけでなく、ダヴィンチの他の絵に付いても、同じ様に蛇が至る所に隠れていますので、興味を持たれた方はぜひ探してみて下さい。

これらはあくまでも、私の様な教養も学歴もない貧乏人の憶測や推測の域を出ないわけですが、やはり蛇が重要な鍵になっている事は間違いないと思っています。私自身が撮影する人物にも、こうした蛇の様なものが映り込むのです。

他の被害者の方(海外の方)が公開している動画も分析して見たら、やはり同じでした。次回は、私の撮影した映像も含め、その事を少し書きたいと思います。


今回の画像もストレージに追加しました。下の画像をクリックするとストレージに移動します。任意の画像をクリック→「スライドショーの再生」で自動的に画像が切り替わります。




追記

今日、林さんの動画を拝見させて頂きました。


それで、レンブラントという画家の絵が気になり、見てみると、やはり私には蛇がいる様に見えてならないので、また画像を色分けしてみました。これも林さんのアイデア盗用とみなされてしまうかも知れませんが、先日からの流れですので、ご理解頂けます様、お願いします。

画像はWikiより。
レンブラント・ファン・レイン








↓この目の部分をアップにすると。



左目の部分のアップ。


自画像にも。




ダヴィンチだけでなく、他の画家の作品や自画像にも、私には蛇が隠し絵として描かれている様に思えてなりません。

追記の画像もストレージに追加しました。


関連記事