相模原殺傷事件の不可解さ

また予定していた内容が変更になってしまい、申し訳ありません。一部誤りがありましたので修正しました。

既にネットでも騒動となっている様に、また怪しい殺傷事件が発生しました。

sputnik日本
相模原殺傷・前代未聞の凶行に障害者施設関係者も衝撃

毎日新聞
相模原の障害者施設殺傷
障害者殺害を予告 容疑者、施設名指し 異常な偏見 衆院議長へ手紙

※この記事は現在有料会員のみ全文閲覧可能となっています。

上記記事より全文転載。
相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」に刃物を持った男が侵入、入所者19人が死亡し、職員2人を含む26人が重軽傷を負った事件で、神奈川県警に殺人未遂容疑などで緊急逮捕された同区、元同園職員、植松聖(さとし)容疑者(26)が今年2月、「園を標的にして障害者を抹殺する」などと事件を予告するような内容の手紙を持参して衆院議長公邸を訪れていたことがわかった。県警や相模原市の聞き取りにも多人数の殺傷を示唆する発言を繰り返していた。県警は、容疑を殺人に切り替えて27日に植松容疑者を送検する。【水戸健一、大場弘行、村上尊一】

 逮捕容疑は、26日午前2時ごろ、同園に刃物を持って侵入し、入所者の女性(19)を刃物で刺したとしている。植松容疑者は「意思の疎通のできない人たちを、ナイフで刺したことは間違いありません」と容疑を認めている。捜査関係者によると「障害者がいなくなればいいと思った」との趣旨の供述もしており、県警は障害者への異常な差別意識が背景にあるとみて詳しい動機を追及している。

 植松容疑者は今年2月14日、衆院議長宛ての手紙を持参して東京都千代田区の公邸を訪ねたが、公邸職員に受け取りを拒まれた。翌15日に再び訪れ、正門前で座り込むなどしたため、警備に当たる警視庁の警察官と公邸側が相談して受け取り、同庁が県警に情報を伝えた。

 手紙は直筆で、「私は障害者総勢470名を抹殺することができます」と書かれ、津久井やまゆり園を含む2施設を「標的」と名指ししていた。「職員の少ない夜勤に決行致します」「職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします」「抹殺した後は自首します」とも書かれており、事件はほぼ手紙の内容通りに実行された可能性がある。

 また2月18日には、植松容疑者が「重複障害者は生きていても意味がないので安楽死にすればいい」などと話したことから同園が県警に相談した。県警は19日、同園で植松容疑者と面会し、「他人に危害を加える恐れがある」と判断。精神保健福祉法に基づき病院への強制入院を決められる相模原市に通報した。同市は同日に緊急措置入院とし、22日には2人の指定医が「大麻精神病」「妄想性障害」などの診断をしたことから正式な措置入院とした。

 ただ、同日までに尿検査で大麻の陽性反応が出たが、指定医は「症状の改善が優先」などとして県警には通報せず、3月2日に「他人に危害を加える恐れがなくなった」との診断により市が退院させていた。植松容疑者は、緊急措置入院となった2月19日に「自己都合」で同園を退職している。

 退院後、県警は植松容疑者の自宅を訪問したが不在だったため、実家への帰宅を親に確認した上で、動向を連絡するよう依頼したという。また同園は、県警の指導を受けて今年4月、防犯カメラを16台増設していた。県警は「必要な措置は取っていたと認識している」としている。

 相模原市消防局によると、亡くなった入所者は41〜67歳の男性9人と、19〜70歳の女性10人。1階で12人、2階で7人が発見された。

負傷者26人のうち24人は入所者で、2人は職員。病院などによると、いずれも首などに刺し傷を負っているという。現場にいた施設職員が県警に「(容疑者に)縛られた」と説明しているほか、植松容疑者が出頭時に乗っていた乗用車内から結束バンドが発見され、事件に使われた可能性がある。事件当時、同園は夜勤職員8人と非常勤の警備員が当直だった。

 県保健福祉局によると、植松容疑者は2012年12月に同園で非常勤職員として働き始めた。小学校の教員免許調理師の資格も持っていたという。

被害者名公表せず 神奈川県警
 神奈川県警は26日、事件の被害者の名前を公表しない方針を明らかにした。
殺人などの被害者は公表するのが通例だが、今回の事件について県警は「(現場の)施設にはさまざまな障害を抱えた方が入所しており、被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持っている」と理由を説明している。


ここに書かれている事が紛れもない事実であり、実際にこの事件によって犠牲になられた方がいらっしゃるのでしたら、以下、大変不謹慎な発言である事を最初にお詫びすると共に、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

その様にお断りした上で、改めてこの記事内容をじっくりと読み、その経緯を辿ってみると、どうしても腑に落ちない数々の疑問と疑惑が残ります。

以下にその疑問点と疑惑を記述したいと思いますが、まずその前に、この事件を時系列で整理してみると、大体この様な流れになると思います。

今年2月14日に殺害予告の手紙を持参して、東京都千代田区の衆議院議長公邸を訪ねるが、受け取りを拒否される



翌15日、再び公邸を訪れ座り込み。公邸側は手紙を受け取り警察に伝える



2月18日、植松容疑者の「重複障害者は生きていても意味がないので安楽死にすればいい」を同園が警察に相談



2月19日 警察が「他人に危害を加える恐れがある」と判断、相模原市に通報、緊急措置入院。「自己都合」で同園を退職



2月22日 2人の指定医が「大麻精神病」、「妄想性障害」との診断により、正式な措置入院。尿検査で大麻の陽性反応が出たが指定医は「症状の改善が優先」などとして県警には通報せず。



3月2日 「他人に危害を加える恐れがなくなった」との診断により市が退院



7月26日午前2時頃、刃物を持って侵入し殺害に及ぶ


私はこの一連の流れを見ただけでも、すぐに違和感を覚えました。

これだけの明確な殺害予告文を、衆議院議長公邸の警備に当たっていた警視庁の警察官と公邸側(職員?)に手渡し、県警に情報を伝えていたにも関わらず、その後の18日まで、障害者施設の職員として勤務をしていたというのは、どうにも腑に落ちません。

普通に考えてその時点で事情徴収なり、何らかの対応がありそうなものですが、一切なかったのでしょうか?その様な殺害予告をしている人物が知的障害者施設の職員として勤務していた事が事実であれば、これは非常に問題だと思います。

措置入院となった2月19日に自主退職しているという事なので、植松容疑者がこの障害者施設で職員として働いていた事は事実なのでしょう。であれば、職員として採用した施設側の責任も問われるのではないでしょうか?

2月に持参した手紙の内容を見ると、少なくともこの時点において精神的に異常を来している事は誰が見ても明らかです。

弁護士 紀藤正樹氏
相模原殺傷事件:容疑者の大島理森衆院議長宛て手紙 全文

この様な精神状態になるのは、1日2日の事ではなく、少なくとも数ヶ月にわたって形成されるものと思われますので、臨時職員として勤務していた間に、いつ事件が起きても決して不思議ではなかったと思います。(今回の事件が捏造でなければの話ですが)

だからもっとこうした精神異常者に対しては厳しい対応をしなければ・・、という声が自然発生的に沸き上がる。最初から着地点は決まっていて、落ち着くべき所に落ち着く様に計算されたシナリオ。そんなシナリオを書いた人がいて、皆そのシナリオに沿って役を演じているのでは?そんな風に勘ぐってしまうのは私だけでしょうか。

予め準備していたかの様にこうした見解が公表される所を見ると、やはりシナリオ通りの茶番劇の様に思えてしまいます。

「再発防止に全力」 県、対応に追われ /神奈川

つまりこの様な精神異常者への監視体勢をもっと強化しなければ!という流れになるのは自明で、今までにもこうした事件が起きる度に言われ続けて来たのですが、要するに最初からの既定路線であり、織り込み済みの偽旗自作自演テロ。

負傷者、死体役のクライシスアクター、犯人役、親族、住民役、正義の警察官役、人命救助のエキスパート救助隊員役など、各役者を揃えた一大偽旗捏造テロリスト事件なのだと思います。あくまでも私の個人的な憶測、仮説ですが・・。

尿検査で大麻の陽性反応が出たが、指定医は「症状の改善が優先」などとして県警には通報せず、3月2日に「他人に危害を加える恐れがなくなった」との診断により市が退院させていた。植松容疑者は、緊急措置入院となった2月19日に「自己都合」で同園を退職している(同記事より引用)

これも非常に不自然だと思います。届け出義務違反はないのですか?
陽性反応が出たのに、症状の改善が優先?だから県警には通報せず??
ちょっと意味が理解できないのですが・・。

しかもあれだけの犯行予告、殺害予告を、衆院議長に書いた様な大胆不敵な人物でありながら、2/22に措置入院して3/2には退院という事は、わずか10日で退院?という事になるのですが、措置入院ってそんなに簡単に退院できるものなんですか?

被害者の人が無理矢理措置入院になった場合などは、退院するまでに少なくとも数ヶ月~半年程度は掛かってしまうみたいですけれど、あまりにも早すぎる退院に、驚きを隠せません。

更に、「県保健福祉局によると、植松容疑者は2012年12月に同園で非常勤職員として働き始めた。小学校の教員免許や調理師の資格も持っていた」(同記事より)という事ですが、小学校の教員免許も取得していたという容疑者本人のツイッターアカウント聖@tenka333より、以下いくつかツイートを埋め込みます。順不同。(凍結されるかもしれませんので、実際のツイートを確認される方はお早めに)

(7/30追記)
と思ったらやっぱり凍結されていました。今回の事件の解明、及び容疑者の言動や犯罪心理を分析をする上で、非常に重要な資料であり証拠であるのに、なぜ急いで凍結するのでしょうか?この様な悲劇が繰り返されない為にも、もっと世間に知ってもらった方がいいのではないですか?それとも偽旗である事が露呈してしまうから不都合なのでしょうか?こんな事もあるかと思い、取りあえず保存してあった画像とキャプチャーのあるものみ差し込みました。(追記終わり)

↓大学を卒業し、小学校の教員免許を取得した植松容疑者。

どこからどう見ても、暴走族上がりの様な風貌。


・・・と思ったら。



入れ墨まで。やっぱり元暴走族じゃないのですか?


山梨?コンビニに泊まっている?




あんなに血を流しながら泣いて謝る人間を、どうしたら蹴りまくれるのか教えて下さい。

これ、暴行を加えている人物と一緒にいて、近く見ていたという事ですか?それとも一緒に暴行を加えていたのですか?この文章から目に浮かぶ光景は、まるで不良グループの集団リンチ。この様な発言が飛び出す人が、障害者施設の職員をしていたり、小学校の教員免許を取得していたとしたら、これはかなり問題じゃないでしょうか。

それとも毎日さんの記事の間違いでしょうか?
さすがにあれだけの大手新聞社が、こんな間違いを堂々と報じるはずがないでしょうから(しかも有料配信版で)、これは事実という事でいいと思います。



中指を立てているのがご本人?


sat11b.jpg
RT数が1000超え(事件が起きてからのものもあると思いますが)
いいねが781って・・。(キャプチャー時777)

以下、順不同ですが、凍結されそうな気がしたので途中までキャプチャーしてあったツイート。

村西という人の米軍賛美のツイートをRT。






上のツイートの2枚目の画像ですが(一部拡大画像を追加)、これタイマーズの真似でしょうか?何だか人を食った様なふざけた路上パフォーマンスに見えます。


何かの暗号?


NJO→NWO?


画像は一部編集しています。666サインとサタニックサイン?


競艇場?競艇と言えば・・日本財団。じいさん、ばあさん→福祉業界。何か意味深。









これが事件を起こす直前の投稿。
予め写真を用意していたのでしょう。

それと、ちょっと遡りますが・・

イベントチケットの宣伝?









この3つのツイートでちょっと気になったのが、ボクシング業界とも繋がりがありそうな気配がする事。というのも、実は私達親子への集ストが始まった当初の主要メンバーに、ボクシング業界に進んだ人物が数名いる為、何か嫌な予感がしないでもありません。

tw03.jpg
このキャップを被っているのが植松容疑者ですが、この様な業界の人と、どういう接点で繋がっているのでしょうか。格闘技って暴力団が多いと言われている様ですし。

相撲界や芸能界より根深い? ボクシング業界と暴力団の関係

もしかして・・この植松という容疑者、集ストと関係あるのでは?などと勘ぐってしまいます。というのも、こういう入れ墨をした暴走族上がりでボクシング業界と繋がりがあったり、ヤクザ系の加害者が多いですから何となくイメージが重なってしまいます。

不良・暴走族→ボクシング業界→暴力団=集団ストーキング加担
こういう図式でしょうか。

それと、この容疑者のツイッターアカウントですが、ツイート数に対してフォロワーが多すぎるのが不自然。


ツイート数231に対してフォロワーが9032(キャプチャー時)というのは、明らかにバランスが取れていません。何か組織的な繋がりでもあるかの様な印象を受けてしまいます。例えばどこぞのカルト組織だったり暴力団関係だったり・・。

フォロワーのアカウントをざっと見ただけでも、ちょっと病んでいる様なアカウントが多く、私に粘着している工作系アカウントがフォローして来た時に、気持ち悪のでFF周りも同時に総ブロックを掛けるのですが、その時のFFによく似た雰囲気を醸し出していました。

しかも、フォローしているアカウントはトルコ人が多い、というツイートも流れていました。どうにも不可解な人物です。また、とてもここに埋め込みできない様な、非常に下劣な画像付きのツイートもありました。

これが小学校の教員免許を取得した人物とは到底思えませんし思いたくもありません。もしそうであれば、日本の教育現場は一体どうなってしまったのかと思わずにはいられません。

この様なツイートをする人物が学校の先生の資格を持っているというのは、かなり問題があると思います。本来なら、こうした事をネットに書き込まない様にと指導する立場なのに・・・。神奈川県の教育委員会さん、何かコメントして下さいね。

と思ったら、何と容疑者の父親が小学校の教員だったとは・・・。

弁財天さんより。
相模原の障害者施設に刃物男侵入。「県立津久井やまゆり園」は何やらあやしい施設。 update16

いや~、驚きの展開ですね。
「六ヶ所のドンの大島理森衆院議長」宛に手紙を持参。
更に怪しさが加速しています。

相模原偽旗テロですが、なんで大島理森衆院議長宛の手紙だったのだろう?? ―

一体この国はどうなってしまったのでしょうか・・。

再び弁財天さんの記事。これは重要です。
統合失調症で入院すると精神科医にゼプリオンを注射されて因果関係不明に殺害される。犠牲者85人 update1

以下抜粋して転載。
つまりヤンセンファーマ社のゼプリオンには何やら別の使い方があり、85人を因果関係不明で殺すことができたと。

【ゼプリオンは、2013年11月に発売された持続性の抗精神病薬です。1回注射をうつと、その効果がおよそ1か月持続するというものです。】 これは決定的。抗精神薬ゼプリオンに裏の使い方があるのは間違いない。

セロトニン・ドパミン・アンタゴニスト(SDA)
非定型抗精神病薬のこと
【非定型抗精神病薬は高齢の認知症患者の死亡リスクの増加に結びついていることが示されており、小児や高齢者への使用を促進する違法なマーケティングにより、クエチアピン(セロクエル)、リスペリドン(リスパダール)、アリピプラゾール(エビリファイ)、オランザピン(ジプレキサ)、ジプラシドン(ジオドン)の販売会社に対して記録的な罰金が科されている[4]。】
ぐは、どこかで聞いたよーな名前がずらずらと。
ADHDを言い訳にわずか20分の診断で向精神薬の実験台になってもらう。タミフルも向精神薬だった。
これだ。


このツイートに思い当たる事あります。あの尋常ではない強烈な痒み。婦人科で薬を処方してもらった事もあります。つまりその頃から私は飲食物にそれらを混入されていたという事だと思います。そうだとしたら、なんと酷い事をする人間、いや鬼畜共でしょうか。最早、人間と呼べる様な分類の生物ではありません。→そして、こういう発言を逆手に取られるわけです。次の記事でも取り上げる予定ですが、「鬼畜」→「動物」→「他者を見下す性格」と、こういう風にすり替えられてしまうのです。

そしてタミフルを飲んで急性肝炎→緊急入院→退院したのが、あの3月11日。(-_-;)

そして、他にも不可解な点があるのですが、先述の様に、

相模原市消防局によると、亡くなった入所者は41〜67歳の男性9人と、19〜70歳の女性10人。1階で12人、2階で7人が発見された。負傷者26人のうち24人は入所者で、2人は職員。(毎日記事より)

との事ですが、犠牲者の中には40代の成人男性も含まれている事から、相当の抵抗もあったと思います。しかも1階で12人殺害する間に、2階の施設利用者、あるいは職員が物音に気付いてもおかしくないと思います。むしろ、気付かない方が不自然です。

ちょっと考えれば分かると思いますが、例え就寝中であったとしても、刃物で首を切られた人がそのまま静かにしているはずがなく、痛みと恐怖で叫び声を上げたり、体をジタバタさせて暴れたり、助けを呼んだりするはずなのに、誰一人として気付かなかったという事でしょうか?

「事件当時、同園は夜勤職員8人と非常勤の警備員が当直だった。」(同記事より)とありますから、誰か気配や物音に気付くはずですし、元職員とは言え、既に退職して部外者である植松容疑者が、簡単に施設内に侵入できてしまったとしたら、警備員は一体何をしていたのかという話になります。

それとも、8人の非常勤職員と警備員を全員結束バンドで縛ってから犯行に及んだという事ですか?

ここで更に不可解なのがこの結束バンド

ちょっと冷静に考えてみれば分かりますが、「結束バンドで動きを封じた」という事は、市販されている結束バンドの長さから言っても、両手首を一つに結束したという事だと思います。両腕と胴体を結束するのは物理的に無理だと思います。

Youtebeに上がっていた動画からのキャプチャーですが・・








え?
こんな短いバンドでどうやって?

実際にこれが事件に使用されたかどうかは不明らしいですが、仮にこの様な結束バンドで職員を拘束してから犯行に及んだとして、両手首を結束するにしても、当時8人の職員と警備員2名、合計10人もいたのですから、一人が結束されている間に他の職員が容疑者を取り押さえる事はいくらでもできたのではないでしょうか?

口は塞がれていなかったのなら、大声を上げる事もできたはずでは?
みんなして一斉にお口にチャックですか?
不自然ですね~。実に不自然。
たしか玄関にALSOKのシールがありましたけれど・・・。

また、その様な不測の事態に備えて、当直の警備員を配置していたのに、いざという時には全く役に立たなかったという事ですか?それとも、催眠ガスか睡眠薬でも使って眠らせてから拘束したという事ですか?

その辺りの詳細が分からないので何とも言えませんが、どうにも不可解な事件です。
あり得ない事件だというのは、素人が考えてもわかる事。

そして、19人も殺害されているのに、被害者名は公表しない。

これは画像検索して出て来たものですが、これが本当なら、あまりにも嘘臭い。
109.jpg

例えば怪我だけですんだ人が、今後の事を考えて公表したくないと言うのは分かるのですが、すでに死亡された方についていは、公表しても差し支えない様にも思うのですが、全員が公表をしたくないという意向なのでしょうか?
それなら職員くらいは公表してもいいのではないですか?

もしかしたら殺害された人が実在しない、つまり架空の被害者なので、公表したくてもできないのでは?そうであれば、消防も警察もマスコミも全部グルだという事ですが・・。これだけの警察官や消防が駆けつけているのですから、膨大な税金の無駄遣いですよね。

百歩譲って誰一人として氏名の公表したくないとしても、せめて検死の結果くらいは公表できるのではないですか?そうすると一人で45人も殺傷したという設定に無理が生じるのでそれも公開しないと?

亡くなった19人の葬儀は実際に行われたのでしょうか?

何から何まで、実に摩訶不思議な事件です。

別のサイトからですが、50分で45人殺傷という情報も。
50分で45人を殺傷。相模原の事件が「津山三十人殺し」よりも恐ろしい3つの理由

繰り返しになりますが、50分で45人という数字は、やはり不自然です。この50分という時間が事実だとして、一人当たりの殺傷に要する時間を計算すると、50÷45で、割り切れないので、1.11111111..........となります。

え?これって。。

もしかしてここに数字の暗号が隠されていた?
11とか、彼らの大好きな数字。
何か意味があるのかなぁ、としばし考えてみても、私にはこの謎は解けないので、誰か謎解き宜しくです。

それはともかく、知的障害者の人だからと言って、いくら何でも1分は無理でしょう。死亡させる程の深い傷を負わせるには、あまりにも短時間すぎるし、どう考えても体力が持つはずがないと。

ちょっと話は逸れますが、上の記事に書かれている津山事件というのは村八分、つまり集団虐めが原因だったのですね。
この村八分が広域になると、そのまま集ストですから、私達被害者はくれぐれもこの様な短気を起こさない様に気を付けなければならないと思います。

集ストの場合は、此方の感情を逆撫でして、とにかくキレさせる様にキレさせる様にと仕掛けて来ますので、如何に冷静さを維持するかにかかっていると思います。そしてこんな下らない卑怯な人間達の為に、これ以上、自分の人生を棒に振る様な事だけはしないようにして頂きたいと思います。

キレさせて犯罪者に仕立て上げた後は、必ずこの様な流れになりますが、毎度毎度の既定路線です。

措置入院で大麻の陽性反応が出ていた 衆院議長への予告手紙、他害の恐れ…生かされなかった“犯行のサイン”

ほらね。
犯行のサインが生かされなかった、次はもっと微細な兆候も見逃さない様にしなければなりません!

と、こういう展開が待っているわけです。
そして「措置入院になる様な人は大麻や覚醒剤も使用している」と結びつけたいのでしょう。

「妄想性障害」などの診断で2月には正式な措置入院

出ました、「妄想性障害」
これも織り込み済みの既定路線ですね。
ここまで来るともう、強引に集スト被害者と結びつけたくて仕方ない、という思惑が見え見え、だと思いませんか?
妄想性障害の次は行動障害。
統合失調症のゴリ押しが無理だと思ったら、今度は妄想性障害プロパガンダですか。
本当にあの手この手で、何としても集スト被害者の口を封じたい、陥れたい様です。
(あくまでも個人的な感想です)

危機管理血液内科医さんのコラム
公と私 社会を守るためにどこまで制限できる 津久井やまゆり園事件から

以下抜粋して転載
措置入院患者の退院後の大量殺人。退院後なんとか予防できなかったのか。テレビで議論されていました。
(中略)
また様々な番組で衆議院議長あての犯行予告をしていても逮捕できない現在の法律の問題も論じられていました。殺す相手などの具体性がないと観察はできても逮捕はできないという法的解釈。後述する疾患患者や洗脳されたテロリストは事件起こす前に何とかできないなのかというジレンマを感じます。

精神科的には概ね診断はパラノイア(妄想性障害)でいいのでしょう。行動は理不尽以外の何物でもなく説得は不可能です。また本人が病気と認識していないため薬を飲んでもらえません。だからこそ正直現代の精神科における治療は難しいものです。 それこそ首に縄をつけて薬を飲ませるような個人の自由を制限することは今の医療ではできません。

(中略)
でも正論をいくら言っても彼には響きません。そういう病気です。外来で大変だった患者さんを思い出します。


やっぱりいつもの展開ですね。

これを機に、法改正したいという事でしょう。

「疾患患者や洗脳されたテロリストは事件起こす前に何とかできないなのかというジレンマ」という事は、事件を起こさなくても措置入院できる様にしたいと言っているのと同じです。

でも措置入院させられた方の話では、薬をちゃんと服用したか看護師がその場で見ているそうで、実際に薬をきちんと飲まないといつまで経っても退院できないのだそうです。だから仕方なく薬を飲まなければいけない。本当は薬なんて飲む必要もないのに。これはある意味、首に縄を付けて強制的に飲ませているのと同じ事です。

そもそも、危機管理血液内科って何ですか?初めて目にしました。

危険な血液型でもあると?
娘がRH-って、集ストと関係してますか?
つまり、劣った血液型の人間は優生学上、早めに排除しておきたい、そういう危機管理の事ですか?
血液の危機管理が出来ていないから、私の母は輸血によってC型肝炎ウィルスに感染し亡くなったのですが、それについていは誰が責任を取ってくれるのでしょうか?
日赤ですか?
ミドリ十字ですか?
厚生労働省ですか?
母は東京まで陳情に出掛けていた様ですが、埒が明かず、結局有耶無耶になって誰も責任取りませんでしたよね。
本当に卑怯者ばかりがこの世界を動かしているという事がよくわかります。

「危機管理血液内科医」の先生までもが、妄想性障害を持つ(と恣意的に判断された人を)社会から隔離せよ、法改正が必要、危険人物への対応を加速せよという趣旨の発言をされていて、益々怪しさが加速していますが、大丈夫でしょうか。

これだけ怪しさてんこ盛り状態ですから、私などから見たら、これはもう偽旗に間違いないと疑ってしまうのですが、そう考える人の方が私はまともだと思います。

この事件の怪しさ、不可解さに気付かない人が医者や警察や学校の先生をしている事の方がどうかしていると。

私は妄想性障害、措置入院、という言葉が出て来た所で、ああ、やっぱりいつもの流れか、と思いました。そして暫くはマスコミがしつこくプロパガンダを展開するのでしょう。いつもの手口。本当に卑怯で汚い手を使いますね。

こうしたマスコミの強引な印象操作に対して、緊急要請を提出されたNPO施設もある様です。

相模原障害者施設殺傷事件の報道について緊急要望書を提出

マスコミの報道によって、精神障害者に対する差別や偏見が助長されていると。もっと配慮して報道をして欲しいと要請されているのですが、これは正当な要請だと思います。

マスコミもマスコミなら、ネットも酷い有様で、精神疾患者に対する差別や偏見、暴言で満ち溢れています。まるで相手の病気を喜ぶかの様な風潮は異常です。他人の苦しみや不幸を喜んで憚らない様な低俗な人間がうようよしています。

この人達は一体何をしたいのでしょうか?
社会を良くする為?
そういう事を真剣に考えている人は、そもそも他人の病気や不幸を喜ぶ様な人間性は持ち合わせていないので、サイコパスな人達であるのは明白です。

その人達の主な攻撃対象は、敢えて書くまでもなく、集スト被害者です。
もうどれだけ茶番なのか、誰の目にも明らかだと思います。


【相模原19人刺殺】容疑者の主張は日本に根付く障害者“根絶”思想そのもの! つい最近まで日本も法律で障害者を断種していた

精神障害者の排除=優生思想・・、で思い出しました。
この集スト犯罪には優生思想も関係していた事を。

以前、この様な記事も書いています。
集団ストーキングと優生思想

今日、改めてJin tanakaさんの他の動画を拝見しましたが、野球部の話とか車の青い電飾とか、私の状況と符合する事ばかりです。若干そのあたりもツイートしていますが、野球部と精神医療が結びついていたなんて、自分の知識だけでは思いも寄らない事でした。なるほど、そういう繋がりだったのかと。

それにしても、こういう風に印象操作や世論操作、そしてミスリードされて、集ストのターゲットは追い詰められていく訳ですね。マスコミと警察は本当にえげつないですから。

いずれにしても、非常に不可解な事件だと思います。何かのスピンなのか、それともやはり、精神保健衛生制度の見直しと強化、つまり集ストターゲットをもっと簡単に措置入院させる様な流れに持っていくのが狙いだったのではないかと思います。

私は多分にその様な、積極的に措置入院させる為の体勢づくりという狙いがあった様に思えます。どう考えても、不可解極まりない事件ですから、恐らくそういう方向に誘導する為の捏造事件であった可能性が高いと思います。

それと、植松容疑者と私の言動を、無理矢理重ね合わせようとしているかの様な印象も受けました。例えば、フリーメーソンなど秘密結社の事をツイートしているのも、私もそうした所謂隠謀(論)的な発言が多いので、共通性を演出するには好都合だと思います。

↓共通点を演出していると疑ってしまう事項。

容疑者:以下容)大麻使用の反応が出た → 私)大麻の有用性についての肯定的記事やツイートを紹介(RT)する事が希にある。

容)世界が平和になりますように→ 私)戦争がなぜなくならないのか云々

容)原発反対の路上パフォーマンス→ 私)もちろん原発には反対なのでそいういう言動もある。

容)フリーメーソンやイルミナティなどの陰謀に被れている(多分演技)→ 私)集ストの黒幕がイルミだと思っているので、そうした陰謀的な発言や書き込みも多い。

容)UFOが見える →私)UFOを目撃、動画の投稿。

容)上記と重複するが、陰謀やオカルトに傾倒 私)陰謀を追求していた結果、オカルト領域にも踏み込まざるを得なくなった。

容)精神を病んでいる様な言動(演技の可能性も) → 私)集スト被害者である時点で統合失調症扱い

容)「障害者がいなくなればいいと思った」 → 私)似非障害者が加担している為、批判する事がある。

これらの事から、容疑者と私の人物像を強引にこじつけようとしている様に思えてなりません。

特に障害者に関してですが、私は何も障害者全体を批判しているのでもなく、本当に障害を抱えて苦しんでいる方を非難するつもりもありません。あくまでも集ストに加担している障害者に対する批判です。しかも障害者を装っている、つまり詐欺を働いている疑いのある人物の事です。

例えば、障害者年金や生活保護を受給しているにも関わらず、私達親子の行動に実に見事にタイミングを合わせて付きまといをする住民がいるのですが、どう考えても真の障害者の人にはできるはずもなく、そういう意味での、集ストを働く様な似非障害者に対する疑惑や否定的な書き込みをする事はあっても、本当に障害を抱えながら、全うに生活されている方への批判などするつもりは毛頭ありません。

ですが、陥れたい側というのは、狡猾にもその様な言動を逆手に取って、あたかも私が障害者を憎んでいて、そうした考えがこの容疑者と共通している、であるから私も植松容疑者と同様に、無差別殺傷事件を起こしかねない危険な人物である、このままでは危ない、早急に措置入院させなければ住民に多大な被害が及び兼ねない、法改正もして、何か事を起こしてからでないと措置入院させられないのではなく、危険な兆候があれば積極的に措置入院させられる様な体勢と仕組みを作らなければならない・・・・という風に、あれよあれよという間に、そうした仕組みができあがってしまうのではないかと、逆に恐ろしさを感じています。

マスコミのその様に誘導しようと強引に誘導している事がありありと見て取れます。本当に不気味だと思ってしまう自分がいるのですが、考えすぎでしょうか?

まだ他にも、これってもしかして誘導?と思う様な部分もあった様に思いますが、とにかく、こういう事件が起こる度に思うのは、事件の状況設定の中に、自分への仄めかしが入っている様に思えたり、あるいは私と犯人の人物像を強引に重ね合わせようとする悪意や作意が感じられる事。これには本当に悪意を感じます。

しかし、無理矢理こじつけている為、報道されている内容を細かく検証すると、矛盾や疑問、疑惑、謎が次々に浮上するのですが、今回の事件の不可解さは、先の淡路島で発生した平野氏の事件を彷彿とさせます。

あまりにも不自然で不可解で辻褄が合わないのです。
やはり、これは仕込みだったのではないでしょうか?
あくまでも私見という事ですが、その様な疑問を感じている人も、ツイッターなど見ていると結構いる様です。
どう考えてもおかしいですから・・・。

尚、実際に亡くなられた方がいらっしゃるなら、無礼な内容もあったかと思いますが、その際はどうかご容赦下さい。


その他関連記事

相模原市の障害者福祉で殺傷事件 容疑者の人物像は

植松容疑者、2月まで施設運営法人に勤務 相模原殺傷

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告

↓毎日の報道と若干違う様な・・。



ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。

関連記事
スポンサーサイト

ポケモンGOと集団ストーキング

先程、フォローさせて頂いている方のツイッター経由で知りましたが、wantonさんのブログで集団ストーキングについて記事にされていました。

web上から完全抹殺された「ポケモンGO」の記事~集団ストーカーとつながった。

以下一部抜粋して引用させて頂きます。
管理人

そこで、私の脳裏に鮮明に浮かんで来た文字があります。

集団ストーカー

一般の人に、ほとんど馴染みの無い言葉ですし、
多くの場合、敬遠されてしまいます。
これって、本当に現実に起こっている事なのではないでしょうか?

実験されているのでしょう。
電磁波を使って。

「ポケモンGO」と、集団ストーカーはつながっている。

関係ないって・・・大有りです。
今は、実験台にされたごく一部の人が被害者ですが、
いずれ、我々、日本国民そのものが対象にされるのです。
テレビや「ポケモンGO」を使って。
テレビでは、もうやられていると思います。


私も同感です。
関係、大ありです。

今ターゲットになっている人=集スト被害者を利用して、先行的な社会実験をしているのです。
いかに不都合な人物を、病死や自滅したかの様に見せかけて破滅させられるか、社会から排除する事ができるか、という社会?実験であり、また人体実験でもあり、それは自ずと人口削減、そしてNWOへと繋がっています。

少数に対する実験が成功すれば、いよいよ本格的に全体へのGOサインが出るのです。
ああ、だからポケモン「GO」というネーミングだったのか!などと妄想してみたりして・・。

今、集ストに加担している人間、つまり被害者を追いかけ回している加害者であっても、いずれはターゲットになるかも知れず、自分は勝ち組などと奢り高ぶっていると飛んだドンデン返しを食らうかも知れませんね。また、自分には関係ないと思っている人も、決して無関係ではありません。この社会で生きている全ての人に関係のある事だと思います。

既に、ネットでの活動や各種カードの使用、商品の購入履歴、GPS情報などを介して、日々ビッグデータは収集され続け、どの様な行動パターンなのか、どういう思想の持ち主か、支配層に反逆する危険のある人物か、謀略を仕掛けた場合、反撃されるリスクの有無と程度は?、支援者や有力者との繋がりはあるのか?、裁判を起こせるだけの経済力はあるのか?交友関係は?・・・、などの情報によって、かなり詳細なプロファイリング化が進んでいると思われます。

そして、危険度の高い“カテゴリ”に分類された市民から、優先的に削除対象となるのでしょう。独裁体制になれば、真っ先にFEmA送りかも知れません。その前に、仕返しをされそうもない安全で無力な人物(今の集ストターゲット)で、事前に実験をしていたという訳です。

こういう事を言うとすぐに、陰謀脳などと揶揄し、頭がおかしいと馬鹿にする人間が現れるのですが、それらは支配層の飼い犬だと思って間違いないと思います。お金の為には何でもする様な卑怯な人間です。

冷静に今の世の中の情勢を分析できるだけの思考と知性があれば、これらが荒唐無稽な“隠謀論”や都市伝説ではないと理解できるはずです。

それとも、すでにそういう事が理解できない様に、あるいは受け付けない様にマインドコントロールされてしまった人達が大半になってしまったのかも知れません。

そしてその様な人達がポケモンGOに熱中する。
喜んでスパイの手先になる。
その先に行き着くのはどんな世界なのでしょうか?

魂を抜かれたゾンビが、スマホ片手に街中を徘徊する・・・。
ポケモンが置かれた場所は、実はターゲットに指定した人物の部屋であったり職場であったりするかも知れません。

そうでなくても、この様な事になりかねないと思います。


そうして終には支配層の思いのままに操られるゾンビしかいない世の中になる。
考える事も行動する事も生理現象さえも、全ては脳に繋がれたコンピューターからの指令による遠隔操作。

考えただけでも背筋が寒くなります。
これ、単なるSFやオカルトの話ではありません。
悲観的すぎるかも知れませんが、これは現在進行形の、現実に起きている話。
私は自分がそのターゲットだからこそ、実感し、それが現実であると言えるのです。

この摩訶不思議な、しかも日常的に展開される非常に馬鹿げた光景は、可能な範囲で映像として記録し保存してありますから、幻覚、幻聴ではない事は証明できます。

もしこれらの映像が、勝手に消されたりデータが破壊されたりしたら、それこそこの映像に映っている光景が集団ストーキングである事の証明になってしまうと思います。自分達で、それは事実ですと証明する様なものです。

ネットの中にはこの様な話をすると決まって、「きちがい」、「妄想」、「統合失調症」を連呼する人間が現れます。言っている本人の言動が如何に低レベルかは、その人物の書き込みを見ればすぐにわかります。この人達こそ本物のきちがい、サイコパス、ソシオパス、そして悪魔に魂を売り、支配層に雇われた傀儡なのです。

そういう人間の発言を真に受ける人はまずいないと思います。
あの汚い日本語で罵詈雑言を発する人間が信用に価しますか?
誰が考えても答えは明白です。

ちょっと脱線しました。話を戻します。

上の記事にリンクのあった記事
㉒電磁波による洗脳計画より引用。

前出のロゼットによれば「(前略)その宇宙エネルギーを利用しているのは、マイトレーヤ(悪魔)である。この宇宙エネルギーの波動を携帯電話のような電波をキャッチする機械はより多く受け取ることになる。これはレシーバー、トランジスター系統に多いことも、子供たちは知らねばならない(中略)各システムを通し、宇宙から悪い影響の波動をマイトレーヤが送りこむことは、たやすいことである」と語っている。

「タダより恐いものはない」という言葉がある。何万もするPHSが0円!」とか言う看板で発売(?)していた。私のところにもPHSを売らないかといった話が来たが、誰も悪魔の計画には加担したくはない!しかし何も知らずに悪魔の手先になっている者がいかに多いものか!消極的策だが、携帯の番号は少数の人物にしか教えない。家にいる時には電源を切っておく。使用頻度を抑える。神から離れ、悪魔に傾かないためにも・・・・


私も常々言及していますが、確かに悪魔的なものの存在を無視する事は出来ないと思います。

この組織的犯罪の手先として暗躍しているのは間違いなくカルト宗教団体であり、その急先鋒的な存在として誰もが関与を指摘している某S学会。その団体は偽本尊を崇拝していて、その偽本尊には魔が取り憑いているのです。当然それを崇拝している人間にも魔が取り憑きます。

創価学会芸能界真実 創価学会員の一番悲惨な生き地獄解説

そして敵対者に対して呪詛まで送ってくる危険極まりない反社会的な集団なのです。この人達は無意識であろうとなかろうと、間違いなく悪魔や悪霊と繋がっていて、そうした邪なるものの力を借りているので、それが私の映像にもはっきりと映るのです。最近では、静止画像を切り出す時にすぐに分かります。

この様な対策も。
創価学会の呪詛対策

地獄のパワーを使うなど、実におぞましい事をする団体です。自分がそういう者の影響を受けないとでも思っているのでしょうか?

あるいは、元々がその様な存在であり、それが人間に化けている可能性もあります。直近の記事でも書いていますが、悪魔や餓鬼、不成仏霊などは、どんな姿にもなれるのだそうです。人間に化ける事など造作もない事だと思います。あるいは地球外の生命体かも知れません。

いずれにしても、この世界を支配している者達が狂った存在である事は間違いありません。悪魔を呼び出す為に、生贄儀式殺人までする様なとんでもない狂人達なのです。どこかで見かけた記憶があるのですが、フリーメーソンの上位にいる人間は、あの世にも自由に出入りする事ができるのだとか。何かの動画(多分MJの動画だったかも)で見た記憶があるのですが、ちょっと思い出せません。

サイコパス支配層がこれらのネガティブな霊的存在と結託して、この地球を支配し、完全に乗っ取ろうとしているのでしょう。悪魔崇拝者達がやっている事は、悪魔をこの3次元の世界に呼び寄せる儀式です。しかも何の変化も効果もない事を、あの欲の深い人達が続けるはずがありません。実におぞましい限りです。

再びwantonさんの記事より。
“ポケモンGO”は単なる監視装置ではない~壮大な洗脳実験プロジェクトの可能性!

電子洗脳の事が紹介されていましたが、これは既に衛星などを使って大規模に実施されていると思います。人間の思考を読み操る。これはハイテクでも行われているのと同時に、闇側に堕ちた霊媒師や僧侶などが読心術として使っている様です。心を読むだけでなく操る事も。それらは軍事技術として研究・開発されているというのですから、知らぬは国民ばかりなり、という、実にお目出たい結果となっているのです。

読心術については下の記事で触れています。

鳥越さんの騒動について

ある新興宗教団体の事

日本人は争い事を避け、周囲と調和する事が善だ、美徳だと教えられて来ましたから、波風を立てずに、他人に合わせて生きている人が殆どだと思います。その結果、どういう国になったのか、どういう世の中になっているのか、こんな状態のまま、次の世代にバトンタッチする事が本当に良い事だと思っているとしたら、私はその人の神経を疑ってしまいます。こんな状態でこの国を託された世代に責め立てられても仕方がないと思います。

そしてこの様な事に私達の税金が湯水の如く使われているのです。これらを計画し、実行する政府や財閥、役人達の人件費(給料)として、また、それらの殺戮兵器を開発し、設置し、運用する為の費用として・・。

自分達を殺す為の兵器を開発する為に、そして自分達を処刑する死刑執行人達の私腹を肥やす為に、朝から晩まで必死に働き税金を納めている。これが現実だと思います。

おまけに庶民が決して目にする事も利用する事もない、支配層や一部のエリート達の為の地下シェルターを建設する費用は皆様の税金。そして、庶民を監禁する為の施設=Femaを建設する費用も皆様の税金で賄われております。

<利権という名の泥棒国家>の終わりが近づいている?

こういう実態を知れば知る程、いい加減、腹が立って来ますね。
もう天下りも役人も政治家もいらないと思いますがどうでしょうか?

しかもこれは日本だけの問題ではなく、世界中で進められているアジェンダの一環。
どうかこの現実に気付いて欲しいと思います。







※海外の動画は内容が十分に把握できない為、ミスリードであっても紹介してしまう場合があるかも知れません。ご覧になった方それぞれがご判断して頂きますようお願いします。

尚、ネットに溢れる情報にも、多分に何らかの意図が隠されているとは思いますので全てを鵜呑みにするのは危険ですが、地雷を避けながらそれらを利用する手は有効だと思います。

例えば紐付きと言われている人であったり、あちら側と繋がりのある、または噂されている人物の発信する情報であっても、全てが嘘でたらめではなく、多くの真実も含まれているでしょうから、そうした真実の所だけ情報を頂けばいいと思います。ここは誘導だなと思う様な所に引っ掛からない様に注意しながら・・。案外部外者は知らない様な濃い情報も手に入るのではないかと思います。


追記

この記事を公開して少ししてから、ベランダに出たついでに路駐車両を記録する為、カメラを回し始めた直後、正面の棟から人が出て来ました。最初は分からなかったのですが、いつもこの様に、私の行動とぴったり一致した不自然なタイミングで出てくるT葉家の奥さんでした。車を駐車場に取りに行った様です。その後戻って来て路駐→ベビーカーを運ぶ芝居。その間に、トラックとJPが通過。そして更に常習者のK林浩が現れました。

このK林も実に執拗にこうして姿を見せます。シル○ー人材センターの帽子を被っていましたから、本人は防犯活動(笑)のつもりかもしれません。しかしこれは、明らかに防犯を逸脱した犯罪行為です。殺人行為です。

こんな事をを続けるなら、此方もそれなりに対応します。
次の記事で静止画像を公開します。

※氏名は仮名・敬称略。

因みにストーカー規制法で取り締まれなくても、これらの行為を取り締まる法律はいくらでもあります。

以下、昨日のツイートから転記します。(若干修正、編集あり)

余り政治的なツイはしないのですが、日本をこの様な状況にしている事を黙認している様な政治家は失格、そして政治家をする資格はないと思う。今すぐ、政治家、議員をやめて下さい。議員バッジを返上して下さい。重大な国家反逆行為であり、外患誘致罪内乱罪にあたると思います。役人、官僚も然り。



「武力」とありますが、テクノロジーや毒物等を使った人体攻撃も一種の「武力」行使と言えるのではないでしょうか?集ストの様な人間破壊工作も「武力」に相当するのではないでしょうか?もし外国と通牒して自衛隊がそれらを使用していたら、間違いなく、民間人に対する武力行使になると思います。

例えば電磁波兵器の場合、ミサイルや銃弾が、見えない電磁波や超音波に変わっただけで、武力には変わりはないと。これを、例えば中国共産党やアメリカなどと通牒して、日本国民に仕掛けていたとしたら、、、加担して有罪になれば死刑です。

内乱罪は,「憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的」として「暴動」をするという犯罪です。暴力による革命などがこれにあたります。本罪は,「暴動」をするものです。「暴動」ですから,当然,これをする「主体」は多数人ということになります。

このように複数の者の行為が必要とされている犯罪のことを「集合犯」(衆合犯・集団犯)といいます。「暴動」とは,多数の者が結合して相当な規模の暴行・脅迫を行うことをいいます。

一般に,「暴行」とは不法な有形力(物理的な力)の行使,「脅迫」とは害悪の告知(「害を加える」と告げること)をいいます。

第1節 内乱に関する罪(77条-80条)より抜粋して転載。

『複数の者の行為が必要とされている犯罪のことを「集合犯」(衆合犯・集団犯)といいます』前述のサイトより引用。
組織的に行われる集団での心理的暴行、虐待→「多人数による暴動」に当たると思いますが?これを放置すれば、今度は放置した側が不作為に問われます。

首謀者 → 死刑又は無期禁錮
謀議に参与し,又は群衆を指揮した者は無期又は3年以上の禁錮に処し,その他諸般の職務に従事した者 → 1年以上10年以下の禁錮
付和随行し,その他単に暴動に参加した者 → 3年以下の禁錮

差し詰め、広宣部の幹部などは「謀議参与者・群衆指揮者と職務従事者」に該当するかと思われ。。

兵器,資金若しくは食糧を供給し,又はその他の行為により,前2条の罪を幇助した者 → 7年以下の禁錮

前2条の罪を犯した者であっても,暴動に至る前に自首したとき → その刑を免除
いずれも引用は第1節 内乱に関する罪(77条-80条) より。

「集合犯」(衆合犯・集団犯)← これはそのまま集団ストーキングに該当。極端な話、ストーキング規制法なんてどうでもいい位、この犯罪を取り締まる法律はあるのに、なぜ警察が動かないのか?ここが最大の謎であり、胡散臭い所。どういう力や思惑が働いているのか、何となく見えて来ます。


ツイート転記終わり
--------------------------------------------------------------------

因みに下にリンクした記事は、創価と敵対しているらしい(今まで知りませんでした)幸福の科学の信者の方の記事です。ネット内の幸福の科学への凄まじいバッシングは、もしかして創価信者の仕業だったのかも知れません。あの狂った様な叩き方はちょっと異様な雰囲気を醸し出していたので、何となくカルト的な印象はありました。

かと言って私は幸福の科学の信者ではありませんし、信者になるつもりもありませんし、それ程よく知らないので肯定も否定もしませんが、下記記事に書かれている内容に限って言えば、至って全うで論理的な内容だと思います。また集スト被害者にとっても無関係ではない重要な事だと思います。

創価学会広宣部=中国共産党工作員なのだそうです。
そしてネットをほぼ完全支配している創価。
ツイッターもフェイスブックもYoutubeもGoogleも・・・。
これが事実ならネット全滅ですね。

創価学会が私に攻撃される理由

中国による日本侵略を阻止するために、安全保障関連法案は必要。創価学会員は賛成せよ

創価学会一番ひどい生き地獄体験談被害

実は呪詛対策について調べている時に、3番目のリンク先の記事を最初に拝見したのですが、中々興味深い事が書かれていると思います。

それと、何度も言及していますが、私の住む団地にも中国籍の人が何気に増えています。そしてこの中国籍?らしき住人は、ご多分に漏れず、入居直後から不審な行動が始まり、集スト特有の実に不自然なタイミングで目撃や遭遇をする事が以後続く事になります。

外国籍の人間が本国人に対して諜報活動や違法な監視活動をする、、これはちょっと危険な状況ではないかと思います。こんな事を許している日本の政治家、役人はいますぐ辞職して頂きたいと思います。

え?そもそも日本国籍ではない?
そんな馬鹿な・・・・事があるんですね、しかし。
国籍条項ってどうなっているの?と疑問に思った方は調べてみて下さい。

国籍条項を撤廃している自治体はあるのですか?

仮に日本人であってもなくても、日本に住んでいる以上は、日本国民の利益に反する行為は違法ですから処罰されるべきだと思います。

また、そうした外国籍の公務員や住民、そして日本人が結託して、違法な身体攻撃や破壊活動を働けば、それこそ外患誘致罪、あるいは内乱罪に当たるのは間違いないと思います。ただし、裁判で有罪になるのはかなりハードルが高い様なので簡単な話ではないと思いますが、だからと言って、そうした殺人行為に加担していた事実は消えません。

いずれその様な事実も明るみになる事でしょう。
その時になってももまだ、偶然だとか言い掛かりだとか言って誤魔化すのですか?
逃げ切れると思っているのですか?
それは多分無理だと思います。

例え生きている間は何とか誤魔化して逃げ切れたとしても、死んでから自分のした事の報いを受ける事になるのですから、逃げようと思って逃げ切れるものではありません。誰一人として・・。

その事に気付いたら、一日も早くこんな馬鹿げた事をやめて欲しいと思います。
そして今までの行為を認め、それ相応の謝罪と賠償をするべきでしょう。
何もなかった事にはできません。
実際に人が亡くなっているのですから。
私の様に、人生を台無しにされ、棒に振った人も数知れず。
音信不通になってしまった被害者の人もいます。
人の命を奪っておいて、何もなかった、知らなかったですむ話ではありません。
この犯罪に加担している人間は最低の人間です。
他人のプライバシーを覗き、面白がっている様な変態集団。

知っているのに知らないと嘘を言う者は、死後、悪い所に赴く。

死んでから気付いても遅いのです。
生きている間に反省しなければ無理なのです。
もっとも、既にその世界にいる者達なのかも知れませんが・・・。



ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事

いつまでこの状況が続くのかと思うと・・

また手短に、今の心境と状況を。

昨日は、また酷い付きまといがありました。

と言っても、私は殆ど自宅にいるので、ベランダに出た時に、数分だけ外の様子を確認する程度です。それもしない日もあります。

どこかの政治家さんが、ポケモンGOで引きこもりが外に出て来るから結構な事だ、とか言っていた様ですが、引きこもりでも何でもなかった人間に、外に出るのが嫌になる様に仕向けたのは、一体何処の何方達なんでしょう?

前はよく、夕方に飛行機の撮影に出掛けるのが楽しみだったのに、今ではベランダから撮影する僅かな時間さえも、ドアバンやノイズ(側溝の蓋を強く慣らす)、わざとらしいトラックの爆音と排気ガス、夜はブライティングetcで、とにかく妨害されるので、数分で部屋に入ってしまいます。

集ストが政府だけの問題ではないにしても、この問題に政府が無関係とは私には思えません。市役所の職員も警察も知っているのですから、中央官庁の官僚の皆様も、当然知っている事でしょう。

そうして、おそらくカルト宗教団体に所属しているか、加害組織に雇われていると思われる末端の近隣住民が、私が外出するのを今か今かと待ち構えている所に出て行くストレスは相当なものです。

性格や考え方も個人差があるので、人によっても違うとは思いますが、私は出来るだけそういうストレスは受けたくない、という自衛本能が働いてしまうので、余程、片付けなければならない用事でもない限り、今は外出する事もなくなってしまいました。

そんな中、ちょっと車を運転すれば、次々に特定の車両が現れては、お得意のポーズを見せつけて消えて行きます。してやったりという顔で。もうそういうのは見たくない、うんざりです。

ここまで来ると、私の場合はPTSDなのかも知れません。これは徐々に重症になっていく様です。本当にリハビリが必要なレベルになってしまいました。これが精神的虐待でなくて何なのかと。

加害者が怖いというのではなく、加害者を見てしまった時の苛立ち、怒り、パニック、そういう状態に自分がなってしまうのが怖いし苦しいから、できるだけそうならない様に避けている、そういう状況なのです。

もしかしたら外に出られない今の私の様になってしまった被害者の人もいるのではないでしょうか。

それなのに、さも引きこもりが悪いかの様な発言はちょっと無神経すぎると思います。なぜ引きこもりになっているのか、その原因があるはずなのに、表面的な事であれこれと論評しないで欲しいと思います。

そしてこの様な事を言うと相も変わらず、被害妄想だ、自滅しただけだ、などと断定する人達がいる様ですが、残念ながら妄想ではありません。

その一例ですが、昨日、娘がバイトに出掛ける時の様子を書きます。

娘が部屋を出て階段を降り掛かった時に、後ろからバタンというドアの音がしたそうです。振り返ると隣のM山の母親が出て来たそうです。この母親がこの様なタイミングで出てくる事は今までにも数え切れない程あります。

偶然ではない事を証明するには撮影する以外に方法がありませんから、その一部は撮影しています。ただし全ては記録できているわけではありません。その記録済の映像だけでも、ある程度の証明(または偶然ではない事の根拠の提示)は可能です。

この親子に関しては以前も記事にしています。
近隣住民による付きまとい(疑惑)

これだけのタイミングの一致が発生し続けるという事は、もやは偶然とは言い難い、そう考える方が一般的ではないかと思います。

そして、先述の様に、昨日もまたそのシンクロが発生しました。

出掛ける時の事は上に書いた通りですが、それだけでなく、帰って来た時も、娘が駐輪場に自転車を駐めていると、またしてもこのM山親子が、ぴったりのタイミングで車から降りて来て、ほぼ同時に階段を昇って部屋に入ったそうです。

このあからさまな付きまとい(と断定してもいいレベルだと思いますが)が、かれこれ4~5年は続いているのです。確率的に考えて見て下さい。こんな事が単なる偶然の連続と言えるでしょうか?

もう、偶然と言い張るには無理がありすぎます。

昨日はこの親子だけでなく、暴走バイクの音も酷かったので、何とかその証拠を記録しようと、エンジン音が聞こえた時に何度かベランダに出てカメラを向けたのですが、肝心のバイクは姿を見せないのです。その代わりに、いつものメンバーの誰かが必ずそこにいて、まるで私がその場所にカメラを向けるのを分かっているかの様に、その場所を歩いていたり芝居を始めるのです。

気持ち悪い程、この様なシンクロ現象の連続なのです。

カメラを向けると、その場所にスーッと車が停まっていつもの住民が降りてくる。
また別の方向にカメラを向けると、また別の車が入ってくる。
駐車場側に移動すると、他の加担者の車がバックで車庫入れしている。

所謂ストリートシアターです。
全てが芝居掛かっていて、全部タイミングが計算されているかの様。
こうして、被害を訴えさせ、頭のおかしな人間だと思わせ、追い込んで追い込んで精神病院送りにする狙いなんだなと、つくづく思います。

実に卑怯な手を使う人達。

私にだけならまだしも、娘にもこんな付きまといをするなら、此方も容赦はしない。
全力でこの人達の付きまといを証明するからそのつもりで。

私達親子へのストーキングと嫌がらせが妄想でも精神病でもない事は、このブログや動画を見て頂けば、ある程度はわかると思います。これでも全体の極一部しか公開していないのですが・・。

この人達がどういうタイミングで出てくるのか、本当はライブ配信でもできたら一目瞭然なのですが、それはちょっと無理なので、公開できる範囲に絞って伝えています。しかもまだ映像が整理しきれていない為、これを全部まとめたら、絶対に証明できるのではないかと思う事もあるのですが、それには膨大な時間と労力を要するので、なかなか実現できずにいます。

昨日の様子も画像が間に合えばまたここに追加するかも知れません。

それにしても、あのポケモンGOは本当に危険なゲームだと思います。

仮に私の部屋にレアなポケモンがいる設定にされたら、ゲームをしているふりをして、見知らぬ人物が一斉にこの場所に押しかけてくるかも知れないし、仮に不審な人物がウロウロしていても、ポケモンを探しているだけ、という口実にする事もできる訳で、本当は最初からそれが目的だったのではないですか?

あるいは、歩いている所や部屋の写真を撮って、ここに○○(ポケモンの名前)がいました、などとネットにアップしたり。そうやって被害者の自宅や周辺をネットに上げる様な事もこれから増えて来るかも知れません。

私も写真を公開するので、それを指摘すればブーメランで戻って来るのは予測していますが、それでも此方には被害の対応という差し迫った理由があり、この様な事をしているのであって、遊びや趣味、ましてやゲームの為にこんな事をしているわけではないので、ポケモンGOと同等に考えるのは、やめていただきたいと思います。

集団ストーキングも含め、支配層は実に巧妙でやり方が卑劣。
こんな人達は本当にこの世界から消えてしまえばいいのに・・と、つくづく思います。

関連記事

集団ストーキングとプロ市民活動家

また予定外の内容なのですが、ちょっと思った事を。

最近時々あるのですが、フォローしている人のツイートから飛んでいった先のアカウントからブロックされている、という現象が度々発生しています。

私も、レプが云々などというツイートをするので、不快な方はブロックして下さいと自分でツイートする事もあるので、当然の成り行きとは思うものの、どうも私をブロックしているアカウントには、ある共通点があるのです。

以下その共通点

・一度も絡んだ事がない
・私は相手の存在すら知らない(知らなかった)
・政治や沖縄基地移転問題・原発反対などの内容が極めて多い(それが殆ど)
・所謂、右寄りだったり左寄りだったり

私は今の状況が政治、あるいは一政治家で何とかなると思えないので(←これが原因?)、そうした政治的なツイートは殆どしていないのに、何故かそうした「政治系」、「活動系」アカウントから次々にブロックされているのは何故なのかと非常に疑問に思います。

そもそも、日頃から政治的なツイートを殆どしないし、RTもあまりしないので、政治系アカウントが私のツイートを日常的に見ているとは考えにくく、「目に入るのが不快ならミュートかブロックして下さい」という私のツイートに反応してそうしたという風に結論付けるのは、ちょっと無理がある様に思います。

なのになぜ?
政府が関与している、などと発言するから?
それなら自民党系のアカウントから反発されるのはわかるとしても、Seals系アカウントもあれば、安倍さんを痛烈に批判している様なアカウント、逆に擁護派のアカウントなど、多種多様。

私は安倍政権を許さない!などと痛烈に批判した覚えもないし(←何気に仄めかしがあるようなないような。仄めかしだとすれば集ストがあるという根拠の一つに:7/25追記)、逆にネトウヨ系?の発言を頻繁にしているという自覚もありません。強いて言えばT皇家に関する発言に対する反発があるのかなと思う事はあります。

ツイッターで見かけた程度なのですが、某有名隠謀論者が「T皇家を批判する人間は間違いなく工作員!」などと息巻いている影響かも知れません。それを真に受けて、自分で考えずに鵜呑みにしてしまうのもちょっと単細胞すぎる気はしますが。

たまたま私が嫌われているだけなのか、それともブロックリストでも回っているのか、真相は分かりませんが、もし私以外の被害者の人で同様の事があれば、これは個人的な問題ではないと思うので、一応こういう事が続いている、という事を報告させて頂きました。。

それはともかく、そうした政治系、活動家系のアカウントから次々とブロックされている理由として浮かび上がってくるのは、以前、別の被害者の方も言っていた様に、プロ市民(市民に偽装した活動家)と集スト加害組織及びその構成員はリンクしているのではないかという事。単刀直入に言えば同じではないかという事です。

ここで指摘しているのは、純粋な活動家の事を言っているのではなく、何らかの報酬を得ながら雇われたプロ市民活動家の事です。

プロ市民活動家が政府等にお金で雇われているのと同じで、集スト加害者がそうした組織?に雇われているなら、それは全く同じ構図。であれば、活動家と集スト工作員を“兼任”していたとしても何ら不思議ではないのです。むしろ、一つの活動の合間に別の活動=集ストをさせれば、雇い主にとっては効率よく無駄なく資源=人材やネットワークを活用できるのですから、それを活用しない手はないと、穿った見方もできます。

そしてその活動家は、リアルな空間でのストーキング・嫌がらせ要員としてだけでなく、ネット空間のSNSの中にも巧妙に、そして大量に投入されている。・・多分そんな事だろうと思います。

自分の素性を隠して、市民や一般人に成りすまし、誘導や煽動工作をする。時に味方の振りをして近づき情報を収集する。あるいは取り込んで同じ工作員にするか、広告塔として宣伝に利用する。仮にこの様な事があるのなら、実に卑劣で汚い手口だと思います。およそ全うな人間のする事ではないと。

でもその人達は、一つだけ重大な事を見落としているのです。

その報いがいずれ確実に自分に戻って来る事をこの人達は知らない。
または考えようともしない。
あるいは、怖くて考える事を避けている、のではないかと。

お金や自分の利益の為に、人間としての魂を売った者はどうなるのか、それこそが最大の因果応報だというのに。それに気付いた人は、その様な愚かな事は二度とできないし、したいとも思わないはず。


The Death of COINTELPRO Stalkers <集団ストーカーの死>様より。
「何もしてないのに人を殺したことに」死者も見てます こころの奥まで

『死後はどうなるの?』どうぞ良い死後を!

絶望のないところに救いもあるものか

正義の活動家や善人、民衆の味方を装って、更に人を欺く者の罪は果てしなく重い。
どうぞ良い死後を・・・。


追記

最近、何度か触れていますが、この集団ストーキングの様に、人間に悪さをして嫌がらせをして面白がって喜んでいる邪なる者の正体は、全部とは言い切れないものの、悪霊や悪魔である事は間違いないと思っています。あくまでも個人的な主観ですが、仮に人間であったとしても、そうした者の影響を受けた者の所業でしょう。

生前は、行者や霊媒師だった者の霊が取り憑いて、その人間を操ったり、若しくは波長の合う者同士が協力し合っている場合も多いと思います。

もくじきびと様より
不成仏霊の台頭

現世の不成仏霊へ その4

この様な不成仏霊が一体どれだけいるのか分かりませんが、相当な数の霊が集まってきているのかも知れません。

また、目に見えない世界の事ですから、それをいい事に、相談者や何も知らない人を騙し、高額な料金を要求する事も簡単でしょう。そういう意味では自己啓発セミナーなどの高額セミナーを開催して暴利を貪っている人間達も同類でしょう。しかし、その様な事をした人間が、“その後”どの様になるのか、こちらのサイトに分かりやすく書かれています。

鳴釜神事の実際と考察様より
この領域の方、また職種を問わず、広く解釈すればご自分の霊媒体質を通してこの領域からものを言い、収入を得ている方が心して欲しい事

食べる為に人を騙した・・、この拝み屋が吊り下げられている絵が、心から離れません。拝み屋(または占い師や霊能者)でなくても、そういう人、たくさんいますよね。上手いことを言って無駄なものを高額で売りつけて騙したり。

あるいは、自分や家族がいい生活をする為に、他人を自殺させた・・、生活を滅茶苦茶に破壊した、そういう加害者の死後の姿そのものだと思います。

因みに、私が時々撮影するトラックの青いライトや装飾に疑問を持っているのですが、この様な事と関連しているのかも知れません。先日の赤いライトももしかしたら・・。(今、暴走バイクが発狂しています)

私見  この領域において青の色を取って形を現すものの根元、正体について

この者達はどんな姿にも変化できる様です。勿論人間にも車にもまた飛行体にも。なので、私がレプではないかと疑っている人物も、案外こうした存在なのかも知れません。

私には特別な能力もありませんから、とてもそれらを見分ける事はできませんが、あの青いライトだけは奇妙な印象を持っています。この世のものではない・・そんな印象を受けます。

また動画をアップする予定でいますが、こうした世界と関わりたくない、あまり足を踏み入れたくない(本当はその方がいい様です)、という方はご覧になられない方がいいと思います。

ただ、私の場合、既にその様なものと関わりを持ってしまった様に思うのと、こうした存在や世界の事を信じない、信じられない人が殆どで、無意識に憑依され、無関係な人にまで悪影響を及ぼしている人が多いのではないかと思いますので、警鐘を鳴らす意味で公開はしようと思います。

神や仏だと思って一心不乱に拝んでいたその存在が実は・・・、そういう事が往々にしてあると思います。実に恐ろしい事です。悪しき者、邪なる者がいるから、元の善なる神様がいられなくなってしまう、離れてしまうのだと、今頃になってようやくその仕組みがわかりました。崇高なるものと汚いものは同居できないのだと・・。私も自分を振り返れば反省する事ばかりです。

私も今まで、時々式神の事を呟いたりしていましたが、おそらく集ストにもこの様な手法を使っていると思われます。
式神について(式神による、ある寺院乗っ取り未遂の例)

ストーキングに加担している疑いのある住人の部屋は、なぜか皆、障子がビリビリに破れた部屋ばかりなのは、何か意味があるとは思っていましたが、特に夜、撮影した時などは、目や顔の様なものが奥からこちらを見ている様に見えます。壁にも目や顔の様な模様?が映ります。やはり人間だけの問題ではない、そう確信しています。

どういう因果なのか、何が原因でここまでの状態になっているのか、私だけの因果なのか、それともこの土地の問題も関係しているのか・・・考えてもわからないので、やはりそれなりに能力のある人に霊視してもらわないと駄目かも知れません。

新興宗教団体などは、こうした式神や悪霊、呪術を使える霊能者もいる様です。ですから敵対者に対してその様な能力を使って来るはずです。

創価学会芸能界真実 創価学会員の一番悲惨な生き地獄解説

悪霊憑依されている指導者に思いを向けて精神統一をすると悪霊と波長が同通して悪霊憑依をうけやすくなってしまう。(引用)

この団地及び周辺地域は学会員が多い様に思います。つまり、その人立場悪霊に憑依されていて、なおかつ私にも悪霊を飛ばしている、若しくは悪霊に攻撃させていると思います。だから変なものばかりが映るのだと。

また、高野さんの動画にもありましたが、超能力は軍事技術として利用されているという事なので、あるいは集ストの一環としてこうした攻撃を仕掛けられたのかも知れません。

因みに陸軍中野学校は超能力を教えていたそうです。参照動画

陸軍中野学校と富岡製糸場/上 スパイの卵の「練習場所」 演習の日々、家族にも秘匿 /群馬

いずれにしても、霊的現象がここまで実際の地域社会に影響を及ぼすとなると、本当に世の中が混乱し、混沌とするのは自明で、いつまでも争いや戦争や不審な事件がなくならない理由も見えて来る様な気がします。

これでは負の連鎖が止まる事はなく、益々人間の業が積み重なっていくばかり。以前も国立除霊団が必要ではないかと、冗談半分に書いた事がありましたが、そういう事も真剣に考えないといけないレベルではないかと、真面目に思います。個人だけで対処できる様な次元の話ではないと。

欲の深い人間は腐る程います。というより、私も含め、殆どの人がそうではないでしょうか。ともすれば、自分の私利私欲に走ってしまう。人間とはそういう弱い存在なのです。自分には欲などない、という人は、今すぐ自分の全財産を恵まれない人達の為に寄付できますか?

ただ、程度の差はあると思います。お金の為なら人を蹴落としてでも命を奪っても平気な人と、そこまでは絶対にできない人。その差は歴然としていると思います。

こちらのサイトは以前、釜鳴りの事を調べていた時に一度お邪魔した事がありましたが、今回別の事を調べていてまたお邪魔する事に。改めて読ませて頂きましたが、私が目にしている世界そのものではないか・・、そんな気がしてなりません。

という事で、また、まとまりがなくなってしまいましたが、今回はこれで。
関連記事

ある新興宗教団体の事

以前にも書きましたが、人形異星人(レプトイド)や霊の関与を追求する方向性が顕著になってからは、独自路線を進もうと決めて、あまり他の被害者の方のツイートなどは見なくなってしまったのですが(それでも極少数の方のツイートやブログは時々拝見しています)、新規フォロワーさんの通知が来ると、スパムアカウントかどうか確認する為に、一応その人のツイートを、直近の所だけざっと拝見するのですが、そういう中で、時々関心を引くツイートを見かける事もあります。

今日もその様な流れで、他の被害者さんのツイート経由で知ったのですが、change.orgで、この様なキャンペーンが公開されていました。

宗教団体真如苑のストーカー中止と集団・組織ストーカー規制の法整備を❗️

以下転載させて頂きます。(改行等編集)

私は宗教団体真如苑の霊能者にストーカーされています。 退会後9年にわたる執拗なストーカーに社会生活が著しく妨害されています。

平成12年に施行された「ストーカー規制法」は、特定の個人への好意・怨念の感情を充足するストーカー行為のみ規制対象で、不特定多数が連携して一個人に嫌がらせする集団・組織ストーカーは法規制の対象外です。

しかし、集団・組織ストーカーは、明らかに人権を踏みにじる反社会的行為です。 真如苑の霊能者はじめ関係者には一刻も早いストーカー中止を求めます。 併せて、集団・組織ストーカーの規制の法制化実現に向けて、皆さんにご賛同いただきたく、このキャンペーンを立ち上げました。

【詳細】
私は夫の肝臓癌がきっかけで宗教団体真如苑に入信しましたが、次第に信心が希薄になり、平成19年に退会しました。 しかし、現在も霊能者によるストーカーが続行されています。

私の行動を予測し、言動や思考を探り、霊能者の解釈で判断した情報を通信機器で発信。私にまつわる情報を収集し、事実確認もせず一方的に私の人物像を作り上げ、世間に周知の事実として情報共有化されています。

私の外出する先々で真如苑から協力を依頼されているらしく、仄めかしや聞かせ言葉が人々の話に織り混ぜられていて、本来の目的に集中できない状況が続いており社会生活に多大な支障をきたしています。

霊能者の解釈による誤情報を否定しても、認知機能低下か精神の病にされます。 時には「霊能者が私に騙された」ことになるのですが、私には騙す意思はないので霊能の不確実さと受けとめています。 していない事・考えてもいない事を、した事・考えた事と思わせる巧妙さは冤罪の自白を誘導するシステムと同じです。

本来、心の救いの場であるべき教団が、ストーカー行為で元信者を弱らせ窮地に追い込み、教団に依存・復帰を強要するとは言語道断です。 憲法第20条「信教の自由」に「個人の宗教を信じない自由・脱会する自由」が定められています。

そして、個人の脱会の自由は教団の脱会させない自由よりも優先です。 真如苑はストーカー行為の目的を「私を救うため」と理由付けしていますが、究極の目的は教団の知名度を上げ教団拡大に繋げることです。

世間を巻き込んだ反社会的行為である集団ストーカーが宗教団体のために是認され、協力・依頼された地域・社会全体に多大な弊害をもたらしています。

宗教被害相談窓口・弁護士・警察に相談。探偵社にも調査依頼しましが解決に向けての緒を見いだせず八方塞がりなうえ、付きまとい・嫌がらせで精神的苦痛は筆舌に尽くせません。

個人を窮地に追い込んで、社会生活のみならず日常生活の継続さえ困難にするストーカー行為。 警視庁の調べでは、ストーカー認知件数は、平成16年には13,403件に対し、平成26年では22,823件へと増加しています。又、水面下で特に、集団・組織ストーカーが顕著化しているそうです。

誰もがいつどこで集団・組織ストーカーのターゲットになり、普通の生活が脅かされるか分かりません。 被害者の支援体制を含めた集団・組織ストーカー規制の法制化が急務です。 宗教団体真如苑のストーカー行為中止と、集団・組織ストーカー規制の法制化に賛同していただきたく、皆様、宜しくお願いします。


私はこの団体名が妙に引っ掛かります。酷いストーキング被害に遭っている女優さんも確かこの団体を脱会された様に記憶していますが・・。

実はこの団体の支部が隣の市にあるのですが、私自身は、この宗教団体とは直接のトラブルや接触は一切ありません。ただ、私の母(既に亡くなっています)が、もしかしたらこの団体と関わっていたかも知れないと思う節があります。

私がまだ実家にいた頃、母が「歩いていたら手かざしで病気が治ると言う宗教の人から声をかけられた」と言うので、そういうのは危ないから絶対に関わったら駄目だと強く諫めた事がありました。本人も納得した様だったのでそれ以上話題にする事もなく、その後の事は分かりませんが、多分入会する様な事はなかったと思いますが、もしかしたら1、2回その宗教団体の支部に出掛けた事があったのでは?という気がしないでもありません。

お茶を飲みに行く様な感覚で誘われたとしたら、付いていってしまう様な母でした。しかも肝臓を患っていた為、それが治ると言われたら、話だけでも聞いて見よう、と思ったとしても不思議ではありません。

因みに母親は、弟を出産する際に出血が酷く、輸血を受けたのですが、その輸血が原因でC型肝炎になり、肝硬変になって亡くなりました。なので、何とかその病気を治したいという気持ちが強く、私も何とか良くならないものかと、高価な健康食品を無理して買った事もあります。(今にして思えばそれらの健康食品も眉唾ものでした)

この方もご主人が肝臓癌を患われていたそうですが、私の母も肝臓癌の手前の肝硬変。やはり何か引っ掛かります。もしかしたら一度は話を聞きに支部に出掛けて結局は入会を断ったか、あるいは入信したものの途中で退会して、それで逆恨みされた可能性もなきにしもあらず、なのです。

と言うのも、その当時、私は仕事の関係でその支部の前を車で通行する事が多かったのですが、ある時、その支部の前に猫の死体が置いてありました。私はそういうのを見るのが辛いので、あまり見ない様にして通り過ぎたのですが、よく集ストの加害者は動物の死体を使うと言われていますので、今にして思えば、あれは私に対する嫌がらせだったのでは?と疑ってしまいます。

その頃は、よく車を運転していて、あちこちで猫や犬が轢かれていて、見る度に可哀相で辛い気持ちになりました。この団地に来てからの事ですが、団地前の道路で猫が轢かれていて、たまたま外にいた私にそれを伝えて来た住人がいました。私は、そのままでは死体が更に轢かれて可哀相だと思い、泣きながらその死体を道路の横に運んだ事もありました。

それもこれも、この加害者達の仕業だったとしたら、本当に許せない気持ちで一杯になります。こんな惨い事をなぜできるのか、とても人間の所業ではありません。そして、同じ人間とは認めたくもありません。

いずれにしても、私自身はこうした団体と直接関係なくても、母を通して私への嫌がらせになっているのではないか?このキャンペーンに出て来た団体名を見て、ふとそんな事も考えてしまいました。

この中で霊能者が関与していると書かれていますが、私もその事に関しては全く同意です。この加害には、そうした特殊能力が使われている、霊能者が加担している、それは間違いないと思います。

以前、拝見したある方の動画では、思考盗聴というのは実は霊障であって、霊、というか悪霊の力を借りて、此方の思考を読み取ったり、行動を先読みしたり、また情報をやり取りしているのだそうです。

確かに此方の思考や行動が逐一伝わっている事はひしひしと感じます。以前はそうした事がテクノロジーによって行われていると考えていましたが、今ではどちらかと言うと、テクノロジーよりもこうした霊能力、サイキック能力によるものではないかという考えが強くなっています。(かと言って、テクノロジーが全く使われていないとも思っていません。)

そうした超能力が普通に使われている事は前回の記事でも触れていますが、最後の方なので、もう一度動画を埋め込みます。



この動画の中で高野さんが仰っている様に、霊能力やサイキック能力が軍事技術扱いである事、軍がそうした能力の開発に力を注いでいる事、諜報などにも使われている事、そしてそれらは善用されるよりもむしろ悪用されている事、お坊さんなどは皆そういう能力を持っていた事、などが語られています。

なので、霊能力とか超常現象などと言った途端に、「オカルティストの与太話」とか「トンデモ系」などと揶揄する人の方が、頭は大丈夫ですか?天然記念物か化石になりかけていませんか?と逆に心配になってしまうのですが、それはさておき、こうした能力を悪用した嫌がらせや付きまといは確実にあると思っていますし、使わないはずがありません。

私が混乱してしまうのは、これらの事象が霊によるものなのか、あるいは人形(ヒトガタ=偽人間)によるものなのか、そこが未だに区別がつかず、悩んでしまう所ですが、いずれにしても、これは人間だけの力ではない、というのは常々感じている事です。

わずか1秒にも満たない時間でのタイミングの一致の連続。
この「連続」という所が重要です。

これは、仮に人海戦術や交代制でもって、加担している工作員が携帯やメール、あるいは脳内通信で命令を受け、その直後に工作に及んだとしても、とても間に合わないタイミングなのです。

ましてや乳幼児を連れた母親が、ある時は障害者や足の悪い老人までもが、ものの見事にタイミングを合わせて来る。

例えば、左方向を撮影していて、右方向にカメラを振った瞬間に加害車両が出現する、カーテンを閉める人影が映り込む、いつもの車や人物が出現する・・・、多少の“誤差”や例外はあったとしても、殆どがこの様なタイミングなのです。

私の場合、これらは単なる通行人ではなく、いつもこの様なタイミングで目撃をする特定の人物、または車両なのです。

あの不気味な程のタイミングの合わせ方はどうしたら可能なのでしょうか?
他の車も走行している一般道路で、一体どの様にしてタイミングを調整しているのでしょうか?
例えば、私がベランダに出るタイミングを狙って、道路の真ん中に停車して、時間調整する、そんな事は誰が考えても不可能です。

でもそれが可能になっているのは何故なのか?
どうしていつもいつもあのタイミングで見てしまうのか?
まるで私の行動を全部先読みしているかの様な、不気味な程のタイミングの一致。
では、双方共に霊に操られているのか?
だとしたら、宅配便やJPや警察のパトカーさえも霊に操られているという事になり、それでは社会が大混乱するはず。
なぜなら、公務員までもが皆、悪霊に操られて仕事をしている事になるので、それはそれで何か問題になっても不思議ではないのに、そうした事件やニュースを聞く事もないのは何故なのか?

一体何が起きているのかと、気が付けば考えてしまっている自分。

ただ、このキャンペーンの趣旨に書かれている様に、霊能者が「私の行動を予測し、言動や思考を探り、霊能者の解釈で判断した情報を通信機器で発信」しているのであれば、こうしたタイミングの一致は可能です。

行動を予測、つまり何日の何時何分何秒に○○(ターゲット)は西側の部屋のカーテンを閉める為に窓際に近づく、という事が予測できるからこそ、その時間だけ工作員がその場所で待機して、予測通りの時刻になったら車のライトを点灯させる、車を発進させる、あるいは車でその場所を通行する・・・、という事をすればいいだけの事です。

私はよく、タイムトラベルの様な技術を使っているのではないかと思う事もあるのですが、仮に4次元にいる存在であれば、時間は関係ないので、こうした事も可能だと思います。

あるいはテレポーテーションの様な技術を使っているのではないか・・そうした事もないとは言い切れませんし、おそらくそれもあるだろうとは思いますが、それとは別に、今回の様な霊能者による予測というものが、この犯罪の最も重要な、根幹を成す部分ではないかと思えてなりません。

そして霊能者に悪事を働く為の予測を与えるのは、、やはり悪霊という事になります。善なる霊であれば、その様な事に力を貸すはずがありません。

ちょっと頭が整理できていなくて、また堂々巡りになりそうな気配がしますので、一旦ここで切り上げたいと思います。

今日明日は少し仕事がありますので、それが終わりましたら、作成途中の不可解な光(車のブレーキライトかと思ったらそうではなかった様です)の動画動画を仕上げたいと思っています。

↓はその光の静止画像の一部です。


この時は不振機を撮影していて、部屋に入ろうとした時に、網戸を閉めながら視界の隅にこの赤いライトが見えて、しかも、高速道路よりも少し上の様な気がしたので、不審に思い撮影しました。



どうせまた、タイミングを合わせたブライティングだろうと思って苦々しい気持ちで撮影を続行。


ところが映像を確認しつつ、静止画像を切り出していると、これ、ブレーキライトじゃない、と。


何気にトンボみたいに見えますが・・。


この様子はまた後ほど動画で公開する予定です。

因み下の動画は、この赤いライトが見えた場所でのシアターの様子です。


他にもレプ?さん(下画像)の動画も作りかけのまま。(^-^;)






あと、先日書いた、幼児の着地シーンの画像はまだできていないので、ちょっと後回しになるかも知れません。私の場合、新しい“イベント”が発生したりすると、そちらを優先してしまう事があり、予定があってない様なものなので、なかなか予告通りにならない事の方が多いです。申し訳ありません。m(._.)m


ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事