電話をしているとサイレンが鳴る



以前から言っている事ですが、電話をしていると何故かサイレンが鳴ります。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

Q
なぜ電話中にサイレンを鳴らすのでしょうか?

A
私が耳栓を外して無防備な状態になるから。


単純明快、実に分かりやすいでしょう?

時には電話の相手方の通話口から救急車のサイレンが聞こえてきます。←これは嘘の様な本当の話。そういう時を狙ってピーポーピーポーサイレンを聞かせて来るのです。

つまり、私の私生活は全て筒抜け。
24時間、覗き見しているという事ですよね。

覗き見は本当に気持ち悪いからやめて欲しいのですが、この人達は決してやめないと思います。それが“業務”の一環でもあるので、おそらくその職業に就いている間はずっと続ける事になると思います。

本人の意志に関わらず、“業務命令”される事もあると思います。本当は従いたくないのに、従わざるを得ない方は気の毒に思いますが、段々神経や感覚が麻痺して、それが至上の楽しみになってしまうのかも知れません。

先日動画をアップした後、高速パトのサイレンが鳴らなくなって静かだと思っていたら、今日は3回も鳴りました。その内1回は電話中。(もしかして“ゆ”に反応した?)

以下はサイレンが鳴る代表的なパターン。

目が覚めた瞬間にサイレン

電話をしているとサイレン

お風呂から出たらサイレン


どれだけ人の生活を覗き見したら気が済むのでしょうか。

そしてサイレンと連動してPERPの芝居が始まるのです。
ほぼ100%の確率で。

これも実に気味が悪いのですが、最低でも2~3台(人)は出てくる決まりになっている様です。

今日は、以前から車で外出する度に“あちこちですれ違う”介護用品店の車「お元○ですか号」もやってきました。この“元気号”にしても、先日のカエル色の出澪にしてもそうですが、私が駅まで往復しなくなったら団地にまでやってくるという“信念の強さ”には脱帽します。

それとお約束の路線バスと観光バス。

路線バスなどは一日数本しか運行しないのに、何故かカメラを向けた僅かな時間の中できっちり通過します。そのタイミングの正確さと来たら、私の行動を読んでいるとしか思えないのですが、一体全体、どの様にして私の行動を把握しているのでしょうか。

それに加え、乗客は殆どゼロに近いので、あれで採算が合うはずがないのに、どうやって経営が成り立っているのかといつも疑問に思うのですが、相当な税金が投入されているのではないかと思います。

バスが通過した後に現れたのは、浮浪者風の奇妙な通行人。

(浮浪者と書きましたが、ホームレスの人を見下している訳ではありません。状況を説明する上この様な表現しか思い浮かばなかった為、この様に表現しました。)

これは毎回感じている事ですが、人や車が私のカメラワークに合わせるかのように時間差で登場する様(さま)は、およそ芝居じみていて、見事なストーリー仕立てになっているのです。

例えば私が反対方向を撮影している時に通過してしまうと意味がない為、その反対方向の撮影が終わってカメラを戻したタイミングで次の“出演者”が登場するという具合になっていて、私がその人物を認識するタイミングと位置を計算しているとしか思えないのです。

それこそディレクターとか演出家とか監督がいて、台本とメガホン片手に指示を出しているのではないかと思う位に、そして吐き気がしそうな程に正確で、それを「他の車も通行している公道」でやって見せるというのは、一体全体どういう仕掛けになっているのか不思議でなりません。

この世界そのものが幻想やイルージョンではないのかと思ってしまう程に、奇妙な光景が視界に飛び込んでくるのです。それは映像として記録され蓄積され、私の記憶にも刻まれて行くのです。

これを妄想だと言う人もいるのですが、何度も言っている様に、そして何度でも言いますが、同じタイミング、同じシチュエーション、同じ登場人物によって再現されるというのは確率的に考えても無理がありすぎます。それが再現されなければならないタイムリミットは僅か数分程度。

しかも、毎回サイレンが鳴った直後かヘリが飛来した時に再現されるのですが、それだって確率的に考えてあり得ないと思います。

その様な事が偶然の一致で発生し続けるものでしょうか?
その様な偶然の一致の連続が本当に可能かどうかを考えてから、妄想や病気と言うなら言って欲しいものですが、こうした指摘はほぼスルーされた上で「き○がい扱い」ですから、き○がい扱いや妄想扱いしているあなた達の方こそ大丈夫ですか?と逆に心配になってしまいます。

それで私はこうやって「ネットで吠える」くらいしかできないのですが、それでも多少は反撃になっているのでは?とも思います。

良いにつけ悪いにつけ、今時、ネット以上に影響力のある媒体があるのかなと思います。それを最大限に活用して何が悪いのかと思うのですが、こうしてネットで主張する=“吠える”事て何か問題でも?

もし法に触れる言動があるなら逮捕されるでしょうけれど、今の所はそうした兆候もなく、相変わらず私は言いたい事を言っています。それに、私以上に過激に吠えている人なんていくらでもいると思います。

なにせ、匿名ブログの「日本死ね」が流行語大賞になったり国会で取り上げられたりする時代ですから、何がどうなるかわからないのがネットの怖さであり、また可能性だと思います。

もし批判されるのが嫌ならネットで発言しなければいいだけの事。何かを言う以上、反論や批判は付きもので、何か言われるのが嫌なら、一切口を噤み、黙っているしかないと思います。

批判されるのが怖くて自分に賛同するイエスマンや、煽(おだ)てて良い気分にさせてくれる側近や“理解者”だけを求めているなら、最早何かの宗教の教祖様と同じメンタリティじゃないかと思います。

色んな人の意見を聞くのはいいとして、どういう人の意見を聞くのかが重要だと思います。○○を実践したらあなたも年商~億円!なんていう人の意見を私は参考にしたいとも思いません。

もしかして何も主張せず批判もせず文句も言わない人って、少々えげつない手法でも、ひたすらお金儲けに夢中だったり、あるいは自分の欲求には忠実で他人の苦痛に対しては恐ろしく無関心な人だったりするのでしょうか。勿論、朝から晩まで働き詰めで、それどころではない方もいるでしょうけれど。

私がこうしてブログで被害を訴えている事を、「ただネットで吠えているだけ」と言いたい人は言えばいいと思いますが、リアルタイムで被害報告が出来るという点ではブログに勝るものはないと思います。

私に取ってブログは最強で最適のツールであり、だからこそブログを活用しているのであり、それに対してとやかく言われる筋合いのものでもないと思います。

例えば街宣に力を注ぐ人、ポスティングに励む人、色んな被害者の方がいる訳で、どういう方法であれ、それが被害の解決に繋がるのなら、それはそれで正解なのだと思います。

優劣を付ける必要も無ければ何が一番かを競う必要もなく、「これをしない人は被害者として失格だ」なんて烙印を押す必要もなく、どんな手法で解決に取り組むかは被害者それぞれが決めればいいのです。

因みに何かというと電子書籍、電子書籍と言う人もいますが、電子書籍ではリアルタイムの被害報告はできません。それとも、電子書籍を持ち上げる事で、相対的にブログの価値を低いものに見せようという思惑でもあるのでしょうか?

ツイッターは(おそらく北系の)大学生や工作員に絡まれたり、中傷ツイートがRTされたり、トラブルが多発したり、工作員に粘着されたりで疲れるだけなので、現状のまま鍵付きにして、今後もブログと動画に主力を投入して行く所存です。

個人個人の方向性は、誰かに許可を得たり方向性を指示してもらうものではなく、それぞれの個人が決める事です。

それと、「批判や指摘」と「中傷や侮辱」を混同している人が多すぎる気がします。

という事で、お口直しにちょっと心温まるお話を。

自分よりとにかく猫を救いたい。猫のために毎日ライムを売って餌代を稼ぐタイのホームレスおじさんの本気

ご支援の報告
6日6日にkenken様よりチップを頂きました。いつもありがとうございます。心よりお礼申し上げます。


下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動します。
コメントへ移動

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト