SKIN WALKER

今まであまり馴染みがなかった「SKIN WALKER」について、取り上げたいと思います。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

はじめに、再三お伝えしておりますが、こうした内容が信じられない方、馬鹿馬鹿しいと思われる方はどうかスルーして下さい。というより、このブログをご覧にならない方がいいと思います。もし私が誘導しようと企んでいる人間である場合、知らず知らずにミスリードされてしまう危険があります。

*・*・*

という事で本題に入りますが、SKIN WALKERというのはあまり聞いた事がなかったのですが、どうも関係がありそうな気がしますので、いつも拝見している9Naniaさんのチャンネルより動画ををご紹介させて頂きます。

ギャングストーカー= SKIN WALKERS(悪魔狩りFEAR)


*・*・*

以下、スクリーンショットをお借りしました。m(. .)m



この画像は何度も目にしています。これがそのスキンウォーカーズという生き物?なのですね。
因みにこれは仄めかしではありません。数日前にNaniaさんが動画を投稿され、この内容に共感する為、この様な記事を書いています。









彼らは人間の脳から化学物質、つまりアドレナリンなどのホルモンを抽出し収穫しているという事らしいのですが、私もその内容に納得です。

以前から奴らは人間の生体エナジーや感情エネルギーを搾取(収穫)する為に近づいて来ているに違いないと思っていたので、この内容には深く同意します。

もちろん、彼らのストーキング行為には他の理由や動機もあるでしょうけれど、そしてまた人間がストーキングしているケースもあるでしょうけれど、ああまでしてターゲットの前に執拗に姿を現し、一斉に、あるいは代わる代わる交代で、または「我も我も」と近くにやってくる一番の理由とは、彼らがエナジーヴァンパイアだから・・だと私は思っています。つまり私が目にする光景とは、彼らの「食事タイム」(これは別の方の言葉をお借りしました)という事なのだと思います。

一度の遭遇でなるべく大量にエナジーを補給したい為、ターゲットを挑発したり時間稼ぎする為の芝居を演じている様です。また大量の荷物を持って現れるのは、あの荷物が蓄電池の様な役割になっているからではないかと思っています。それとアレックスコリアー氏が言う様に、ボトルなども利用して、その中にエネルギーを貯めているのでしょう。PERPはよくボトル持ち歩いていますから。

異論のある方もいるでしょうけれど、これはあくまでも私の考えですので、無理にそう思って頂かなくても大丈夫です。ただ、ちゃんとした根拠や理由もなく嘘やデマ扱いはやめて頂きたいのです。











警戒されずに、または自分達の正体を気付かれずに人間に近づく為には、当然ですが人間に成りすます(偽装する)必要があるから、と考えると辻褄が合います。人間に成りすます為にも、あるいは偽装を維持する為にも、人間の放出する化学物質が必要なのかも知れませ。


脂肪スーツというので思い出しました。PERPには異様に太った人がいるのですが、その太り方(肉の付き方)もちょっと違和感があり、脂肪に見せかけて衣服の下に何かを隠しているのではないかと思う事がよくあります。

私の連想する“何か”とは、別の生き物の事ですが、そういうのが衣服の下に隠れている様に思えてならないのですが・・・。








以前から何度か書いているのですが、Hの旦那などは別人じゃないかとずっと疑っています。というのも、以前少しだけ言葉を交わした事があるのですが、その時よりも明らかに若返っています。しかも全く歳を取らないところを見ると、おそらく本人ではなく、もっと言えば人間ではなくフェイクヒューマンではないかと思っています。

またとんでもな事を言っている・・と思われるでしょうけれど。









一見しただけでは、若しくはかなりの「接近遭遇」であっても、普通は見分けがつかないと思います。ただし、映像で細かく見ると分かってしまいますけど・・・。(隣?からドンというノイズあり)

映像や画像を拡大して見ればおかしな所だらけです。







見ただけで異様な雰囲気というかオーラが伝わってきますね。何か異質なものを感じ取ってしまう方もいらっしゃると思います。



彼らが切望する化学物質(餌)を与えてはいけません。
本当にそう思います。

それらが収穫できなくなれば、餓死するのかも知れませんから、できるだけ餌を与えない様な工夫が必要なのかも知れません。

またいつもの悪い癖で大量にスクリーンショットをお借りしてしまいました。申し訳ありません。m(. .)m

動画投稿者様に極力ご迷惑をお掛けしたくない為、スクリーンショットの保存、引用、転載は厳禁です。

*・*・*

下の動画の1:10:00辺りにストーキングという単語が出てきます。(私の聞き違いでなければ)


*・*・*











スクリーンショットはこちらの動画より。

*・*・*

アイキャッチ画像はこちらよりお借りしました。m(. .)m
やっと発見!スキン・ウォーカーのカラー動画 [at last discovered! Skin Walker color video]

※最近の内容(特にユダヤに関する事)が都合が悪いのかのか、アクセス制限を掛けられているかも知れません。極端にアクセスが減少しています。変な工作はやめて下さいね。

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

タイトルがストレートすぎる気もしますが、私が辿り着いた答え(あくまでも現時点での見解)はやはりユダヤでした。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

先日もご紹介しましたが、他の内容と一緒にしてしまった為、何か訳が分からなくなっていたので、改めてこの動画を紹介させて頂きます。

※ここにその動画を埋め込んでいたのですが、早速削除されてしまいました。余程都合が悪いのでしょうか。スクリーンショットのみで何となく伝わるとは思いますが・・。

以下、保存しておいたスクリーンショットです。

gs17072902.jpg

gs17072903.jpg

gs17072904.jpg

gs17072905.jpg

gs17072906.jpg

gs17072907.jpg

gs17072908.jpg

gs17072909.jpg

gs17072912.jpg

gs17072914.jpg

gs17072915.jpg

gs17072916.jpg

最近ずっとホロコーストとガス室の事を調べていて(と言っても調べたと言える程の量ではないのですが)、やはりこれは嘘であったとほぼ確信に至りました。下の注意書きの末尾にも記載していますので、そちらも併せてご覧頂ければと思います。

最近よく紹介させていただいているホロコーストと見直し論というサイトより、以下引用させて頂きます。

1。ガス室について

『ロイヒター・レポート』で発表された結果は重要である。アウシュヴィッツ、ビルケナウ、ルブリンの設備を調査した結果、これらの設備は明らかに大量殺戮用ではなかったことが判明した。シアン化水素ガス、一酸化炭素、その他の致死性ガスが使用された形跡は、全く見られなかった。また、仮にこれらの設備がガス室だったとして、それらを全て使用しても、殺害できる人数は最大で一週間あたり1693人であり、一般に言われている600万人を殺すためには、68年間を要する。つまり、第三帝国は約75年続いたことになる。こうした設備を効果的な大量殺戮設備であると主張することは馬鹿げており、人類に対する冒涜でもある。こうした嘘を広めている人々は、真実を見ない無責任な人々である。彼らは収容所の設備をろくに見もせず、真実も調査しないまま、世界に誤った情報を流したのである。そしてその情報は、歴史上最大のプロパガンダとなっている。

2。火葬炉

火葬炉についても同じことが言える。こうした火葬炉を理論上最大限に稼働させたとしよう。実際にはあり得ないが、休ませる時間もなく常に動かし続けたとしよう。その上で600万人が殺害されたと主張するためには、第三帝国は少なくとも42年続かねばならなかった計算になる。なぜなら600万人を火葬するためには、最低でも35年が必要だからである。

どれほど想像力の豊かな人でも、第三帝国が72年、42年と続いたなどとは主張しないだろう。しかし人々は、600万人が殺されたと言い続けている。不可能なスピードで最大限に殺戮を行っても、600万人の七分の一以下しか殺せなかったのである。

引用:アウシュヴィッツのガス室の中で

これはフレッド・ロイヒターという方の書かれたものを、上記サイト管理人様が和訳して下さったものの様ですが、ご興味を持たれた方、または真偽を確かめたいと思われる方は、ぜひその方の著作物などをお読みになられてみてはいかがでしょうか?

以下は、有益な投稿をして下さる方々のツイートから知ったのですが、昭和2年に発刊されたユダヤに関する電子書籍です。国立国会図書館のデジタル書籍です。私もまだ読んでいないのですが、興味のある方はぜひお読み頂きたいと思います。

世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

なぜ私がユダヤに拘るかと言うと、この組織型ストーキングの背後には、やはりどうしてもユダヤの影がちらついていて、しかもそれは決して無視できないレベルであるだけでなく、この犯罪の黒幕と言っても過言ではない、とさえ思えるのです。

そして
嘘と捏造ででっち上げた「過去の迫害」を武器に、無差別大量殺戮(集スト含む人口削減&ユダヤによる世界支配計画)が世界中で同時多発的に発生していると考えるから。

そうした疑惑が確信に変わるきっかけとなったのが冒頭の動画です。
*・*・*
日本では、集団ストーカーをやっているのは創価だ、統一だ、としきりに言われていますが、そしてそれは決して間違ってはいないと思いますが、その創価や統一を操っている司令塔はユダヤではないかと私は考えています。

自分達は神に選ばれた民族で、自分達以外はゴイ/Goyと公言して憚らないのがJudaism(ユダヤ教)を信仰するユダヤ人。

※ユダヤ教に改宗すればユダヤ人になれるというのが、ユダヤ人の定義をややこしくしているのですが、それならキリスト教に改宗すればイスラエル人?ローマ人?という様な事もありになるわけで、何だか意味がわかりません。なぜユダヤ教だけそういう事が許されている(可能)なのかも。*・*・*
上のスクリーンショットにもありますが、ユダヤ人がGOYを攻撃しても咎められないが、GOYがユダヤ人に攻撃してきたら殺しても構わない、という様な世界観を持っていて、自分達は特別で自分達以外は家畜の様に見下しているのです。

それはそのまま集団ストーキングによる民族浄化?にも繋がると思いませんか?

歪んだ選民思想と優生思想に基づく逆差別、迫害、虐待して楽しみながら人口削減、研究の為の人体実験etc

ユダヤの手先の創価・統一が日本人に対して集団ストーキングを仕掛けているのは、そうしたものが根底にあるからだと考えると、今の日本の状況も腑に落ちると思いませんか?

いずれにしても、この動画のタイトルそのままだと思います。

Gangstalking=satanism+judaism+FBI+religion
ギャングストーキング=悪魔崇拝+ユダヤ教+FBI+宗教


警察が主導というより、世界支配を目的とした悪魔崇拝宗教ネットワークの中に警察(FBI)も組み込まれている(取り込まれたか、内部から組織ごと乗っ取られた?)という事で、ほぼ間違いないのではないでしょうか。

そして歴史を捏造してまで自分達が世界を支配しようとしているユダヤこそが、この犯罪を世界中で展開している張本人なのではないでしょうか?少なくとも私はそう思います。

私は最近になって、この組織型ストーキング被害を解決する一つの重要な鍵が、このユダヤの嘘と欺瞞を暴く事ではないかと強く思う様になりました。というより確信に近いものがあるのですが、あくまでも私の個人的な見解なので、それを他の方に押しつけるつもりはありません。
※人それぞれに意見や認識や、何が重要と考えるかは違うので、私自身がこれだ!と思った事を追求するのみ。このスタンスは変わりません。

大胆な仮説

Q. なぜカルトが加担するの?
A. 多くの(殆どの?)カルトはユダヤの隠れ蓑だから。

Q. なぜ企業が加担するの?
A. 多くの(殆どの?)企業はユダヤ人が経営者だから。

Q. なぜ警察や公務員が加担するの?
A. 多くの(殆どの?)組織、団体、役所が、在日経由でユダヤに乗っ取られているから。

Q. なぜ世界中で、全く同じ手口のストーキング犯罪が発生しているの?
A. 国を持たないユダヤ人は世界各国に寄生していて、寄生先の国の利権・特権を強奪する為に邪魔な人物を虐待し、迫害し、ホロコーストしているから。
*・*・*
尚、こうした内容がヘイトで有害だ、またはユダヤ人に対する冒涜である、などと仰るのでしたら、先のサイトに書かれている内容を良く読んで頂きたいと思います。そしてあのホロコーストおよびガス室での大量殺戮が本当にあったのかを、真偽も怪しい「○○さんの証言」などではなく、証拠品などで証明できるのでしたら、この内容を修正する用意はあります。

*・*・*
再掲:この動画はこちらのツイートで知りました。ご紹介頂きありがとうございます。投稿者様にも感謝m(._.)m


ヒトラーはなぜ負けなければならなかったのか 投稿者 entelchen


ヒトラーが負けなければならなかった理由(2):... 投稿者 entelchen

大変重要だと思うのでスクショを大量にお借りしました。m(._.)m

a_hitler01.jpg

a_hitler02.jpg

a_hitler03.jpg

a_hitler04.jpg

a_hitler05.jpg

a_hitler06.jpg

a_hitler07.jpg

a_hitler08.jpg

a_hitler09.jpg

a_hitler10.jpg

a_hitler11.jpg

a-hitler01.jpg

a-hitler02.jpg

a-hitler03.jpg

a-hitler04.jpg

a-hitler05.jpg

a-hitler06.jpg

a-hitler07.jpg

a-hitler08.jpg

a-hitler09.jpg

a-hitler10.jpg

a-hitler11.jpg

a-hitler12.jpg

a-hitler13.jpg

a-hitler14.jpg

a-hitler15.jpg

a-hitler18.jpg

a-hitler19.jpg

a-hitler20.jpg

a-hitler21.jpg

a-hitler22.jpg

a-hitler23.jpg

a-hitler24.jpg

a-hitler25.jpg

a-hitler26.jpg

a-hitler27.jpg

a-hitler28.jpg

確かに、ナチスドイツやヒトラーが本当に悪の枢軸であったなら、戦争に負けてはいなかったはず。その悪の枢軸が倒されたなら、その後は平和な世界が訪れていたはず。なのに現実はその真逆。資本主義=ユダヤ支配層の一人勝ちです。

こんな明快な事になぜ気付かなかったのか。メディアや教育による洗脳と刷り込みによって、誰も疑問に思わず、そして疑問を呈する事さえ許されない雰囲気が出来上がっていた事に今更ながら驚きを隠せません。

その様なプロパガンダに良いように乗せられてヒトラー叩きをしている人達。ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

こちらは私がチョイスしたYoutubeの再生リスト

※もしかしたら誘導側の動画も入っているかも知れません。特にマルコポーロの編集者の話にはちょっと違和感があります。迫害は事実だったというのも疑わしく思っているので。


再び「ホロコーストと見直し論」のサイトから、以下引用致します。この翻訳は非常に重要です。ぜひ目を通して頂きたいと思います。

ニュルンベルク: 消えざる犯罪 エルンスト・ツンデル
さらに厚かましいことに、連合国は戦闘終了後も、他の手段を使ってドイツに対する戦争を継続した。それは爆弾・弾丸を使った戦争ではなく、心理を悪用した戦争、さらにひどい場合には拷問による戦争であった。冷たく残忍な調査官が揃えられ、彼らは容疑者を拷問にかけ、殴り、鞭打ち、飢えさせ、首を絞め、手足を切断したのである。そして容疑者に告白や陳述を行わせたのである。そうした告白・陳述がこの暗い時代、ニュルンベルク裁判という魔女裁判の証拠資料として提出されたのである。

(中略)

ニュルンベルク裁判については、おなじみの感嘆符と共に「大量殺戮」、「ガス室」、「600万人の死者」という言葉が述べられる。こうした言葉、それらが醸し出す意味は大部分、ある人物の告白・陳述書に基づいている。その人物とはルドルフ・ホェスであり、彼は戦時、アウシュヴィッツ司令官であった。

ルドルフ・ホェスは、連合国が「ホロコースト」を持ち出す上で最重要の証言者であった。彼の証言はニュルベルク裁判の審理・判決で大きく引用されただけでなく、報道機関によっても喧伝された。「アウシュヴィッツのガス室で何百万人が大量殺戮された」という主張の根拠・有効性は、ひとえに彼の証言から来ている。ホェスの「告白」は、ラウル・ヒルバークらの歴史家によって、今日に至るまで重要証言として引用されている。

戦慄すべき「残虐行為」を、ホェスがニュルンベルクで証言したことは事実である。自ら署名した陳述書の真偽について、彼が宣誓したことも事実である。彼はこの中で、何百万人をガスで殺す指令書を受け取ったことを認めている。しかし、この陳述書は英語で書かれており、家族の話では、ホェスは英語を話すことも聞くこともできなかったのである。

私たちには今、『死の軍団』という本がある。この本の中では、ルドルフ・ホェスが拘留中、死ぬほど殴打されたことが記されている。彼を殴打したのはイギリス警察に属するユダヤ人であった。彼らは殴打後も、ホェスが悲しい「証言」、「陳述書」を書くまで拷問を続けた。そしてこの証言が、連合国宣伝部によってその後ずっと用いられたのである。


この様な見直し論を唱えるだけで、「ヘイトスピーカー」、「ヒトラーという殺人鬼を擁護するとんでもない人物」というレッテルを貼って糾弾するのも彼らの常套手段です。それに踊らされる大衆、そして一部の被害者達。敵の手中にまんまと嵌っていませんか?

また以下の様な書き込を見かけましたので一部引用します。

阿修羅より
この中でももっとも過激だった自由のための闘争委員会は、メディアをフル活用してアメリカの孤立主義者や親ナチス派を糾弾するキャンペーンを展開した。

自動車王ヘンリー・フォードや、アメリカ第一委員会で活動していた飛行機家チャールズ・リンドバーグ等の有名人に的を絞って様々な糾弾メディア広告がなされた。

イントレピッドはまた、ボストンに拠点を置く短波ラジオの放送局WRULにも密かに毎月資金援助を行い、この放送局をイギリスのプロパガンダの道具に変身させた。

しかし、アメリカの世論を変え、「イギリスを助けて参戦しよう」という風潮を作り出すには、イギリスと戦っているナチス・ドイツの残虐性をことさら強調してアメリカ国民に訴える必要があった。

イントレピッドのイギリス治安調整局(BSC)は、協力関係にある新聞やコラムニストを通じて、「いかにナチスが占領地で残虐であったか」というような内容のニュースを無数に配信し、キリスト教徒のアメリカ人の同情を得るために、「ナチスが教会や修道院を破壊している」といった内容のニュースも多数流し続けた。

しかしこうしたニュースの中には、まったく事実にもとづかず、はじめからイギリスの情報機関によって捏造されたものも多く含まれていた。

引用:集団ストーキング・LEVEL 5
※適宜改行を加えています。


とにかくもう嘘はたくさん。
騙されるのもうんざり。

こんな嘘をずっと信じさせられ、する必要もなかった戦争に世界が巻き込まれて来た事が我慢ならないのです。そしてユダヤのプロパガンダをまことしやかに吹聴し、本当の事、彼らにとって都合の悪い事を言う人(例えばナチス=極悪プロパガンダを指摘する人、ホロコーストが捏造だと指摘する人)を工作員や偽被害者呼ばわりする人達の存在が許せないのです。

メディアを批判する一方で、プロパガンダを垂れ流すメディアと何ら変わらない事を吹聴する人達が、同じ目的を持ってネットで活動しています。この欺瞞に気付いている人はどれだけいるでしょうか?

*・*・*

追記

ナチス=シオニストとか、ナチス=ユダヤとか、それ本当?と思う様な事を広めている人達が結構多いので驚いています。

Google検索
ナチス シオニスト

真偽入り乱れているとは思いますが、かなりの撹乱情報が流されている様です。

ナチスは(国際資本/金融)ユダヤと戦っていたのではないですか?というよりドイツに浸食しているユダヤ人を追い出したかった様ですが・・。

ドイツにいる迷惑なユダヤ人を絶滅ではなく国外追放しようとしたヒトラーを一番嫌い、同胞が600万人も殺されたと恨み、猛烈なバッシングしているのはユダヤ人ですよね。でも実はそれは自分達が世界を欺き支配する為の真っ赤な嘘だった。

当然プロパガンダ展開しますよね。それに同調したり便乗しているとしたら、彼らの手口にまんまと騙されて、ユダヤを批判しているつもりが、実はユダヤの手先になっている人多すぎる気がします。それとも確信的にその様な説を流布している方なのでしょうか?

また、幅広く多角的に情報を得て感情に流されず理性的な発言を・・・などと奨励している方が、ゆ側のスポークスマンになっているという笑えない状況も見受けられます。

私は別にヒトラー崇拝者ではありませんが、ユダヤのプロパガンダに踊らされたり、または確信的に協力している人の情報に流されないで欲しいと思う為、この様な指摘をしています。勿論私の言っている事も鵜呑みにせずに、ご自身で確認と検証をして頂きたいと思います。

ヒトラー=絶対悪
ナチス=超危険
独裁許すまじ!
ファシスト絶対駄目!


これで喜ぶのは誰でしょう?
というか流しているの誰?

↓こういうサイトは実はユダヤ側の誘導サイトじゃないかと思う今日この頃。
ナチスとシオニストの協力関係

とは言いつつ、あまりよく知らない頃の私も実はチラ見して真に受けていた口なので、偉そうな事は言えないのですが、それでも多少は見分けが付くようになった気もします。

それと以前は私も一時期参考にしていた某サイトも、残念ながらミスリード側の様でした。

引用:【ヒトラーを洗脳しナチス結成に繋げた”緑の始祖鳥”④  ネオナチ煽動計画】

同サイト内検索
記事検索 : ヒトラー

今でこそ、この巧妙なトリックに気付く事ができるのですが、すっかり洗脳されていた当時は、この様な情報を鵜呑みにして、「やっぱりヒトラーは極悪非道な殺人鬼だったんだな」などと“再確認”した気になっていたのは、何を隠そうこの私です。

また余りにも情報が多いのも意図的なのか、「情報漬けにして疲弊させて訳がわからなくさせる」狙いがあるのかも知れません。○○家がどうなって△△家とこうなって、それからああなってこうなって・・などと追っていくだけで疲れてしまいます。すると肝心なユダヤへの追求がどうでもよくなってしまったり、気付いたら全く別の方向に向いていた・・などという事にもなりかねません。

Wikipediaの情報を大量に転載している記事ばかりですが、この項目なんて明らかに間違っていませんか?
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

私も時々Wikiのリンクを貼りますが(誘導がないと思われる項目の場合)、Wikiに書かれている事が正しいという前提で書かれているこのサイトは注意が必要かと思います。

かくいう私も、以前はこういう事が分かっていなかったので、ミスリード情報へのリンクを貼っていたと思いますが、気付いた所で削除する様にします。

ミスリードの例としては、ロスチャイルドやロックフェラーなどの巨悪を追求している様に見せかけて、「でも結局悪いのはヒトラーなんです。600万人は多すぎるかも知れませんがそれでもユダヤ人の迫害やガス室でのホロコーストはあったのです。これは紛れもない史実なのです。ユダヤ人は過去に大迫害を受けた可哀相な民族なのです。世界規模で保護されるべき民族なのです。」とさり気なく(必死に?)刷り込んでいるわけです。

ナチスドイツ敗北後、ドイツにいたユダヤ人は解放されたにも関わらず、なぜか約束の地には行かずに世界中に居候しているのは何故でしょうかね?(以下リンク先参照下さい)


いずれにしても、集スト被害者の方ならよくご存知ですよね。

自分達の罪を相手になすりつける人達。

加害者なのに、ちゃっかり被害者に成りすましちゃう人達。

「差別がー」や「人権がー」と叫びながら「弱者」を印籠の様に掲げながら様々な利権特権を獲得し、特権階級になり上がった人達。


まさにそれじゃないかと・・。

上の引用にもありますが、あの場所であの期間内で600万人殺戮するのは無理の様ですよ。

何でもナチスと結びつけてしまう様な乱暴な誘導情報だけでなく、時には真逆の角度からの情報も得た方がいいのではないでしょうか。

最近になってもの凄く違和感を感じる事。
ユダヤ批判がなぜか途中からナチス・ヒトラー批判にすり替わっている。

あれ?何か変。

この奇妙な現象に、私も今まで全く気付いていなかったのですが、最近、ガス室での大量殺戮が嘘であった事を漸く理解した私は、このまことしやかに流されているステレオタイプのナチス・ヒトラーバッシングに違和感を覚えずにはいられなくなりました。

それはユダヤの世界支配を隠し、誤魔化す為に仕組まれた茶番と欺瞞。

こんな茶番を真に受けていた自分が情けないとも思うのですが、教科書にも堂々とその嘘が書かれ、世間一般にもその様な認識が定着していて、少しでもヒトラー擁護に見える様な発言をすると袋叩きになるか、「人でなし」を見る様な非常に冷たい視線が向けられ、それが正しい事であるかの様な認識が定着している中、その様な風潮を植え付けたのは誰なのかを考える事もなく、叩いている本人が自分は正しい事を言っていると思っているところが、なんとも洗脳の深さを物語っている様な気がします。

大衆とはいかに騙されやすいものかと、この件を通じてまざまざと思い知らされました。でもこの様な事が把握できると、誰がミスリードしようとしている人なのか鮮明に見えてくると思います。(と言いつつ最近まで私もよく分かっていなかったので偉そうな事は言えませんが・・)

「確信的に広めている人」は考えや態度を変える事はないと思いますが、今までの私と同様、プロパガンダをに騙され、無自覚にユダヤのお手伝いをしてしまっている方が少しでも早く気付かれる事を願っています。

世界中の人を苦しめている元凶です。もうその「集団」に騙されるのは終わりにしましょう。




以下「無敵の太陽」様より、いくつかリンクをお借りします。
(※ナチスが残虐な行為を実際にしたかの様な印象を受ける部分がありますが、そこは個人的には見解が違います。)

ヒトラーが突いたユダヤ人の急所

ヒトラー萬歳とつぶやく労働者 / ナチスの知られざる社会革命 (1)

アーリア人の血が流れる大河 / ナチスの知られざる社会革命 (2)

731部隊の嘘とマスコミの謀略宣伝

NHKが隠した731部隊の裏側 / 凄惨なロシアの強制収容所生活

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事

「女殺しイジメ地獄 村八分ゲーム」という漫画

昨日、村八分を調べていてこの様な漫画を見かけました。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

mura.jpg

女殺しイジメ地獄~村八分ゲーム~


私はプレビューしか見ていませんが、これ、紛れもなく集団ストーキングですよね。寄って集って一人を標的にして楽しむゲーム。理不尽すぎる、そして恐ろしすぎます。

電子書籍なので購入して読んでみたいのですが、Android携帯とかアプリとか持っていないので購入方法が分からないという・・。PCでは読めないのかも。

興味のある方はぜひお読みになって見てはいかがでしょうか?
-- -- --
それとネタサイトですがこんなサイトも。

南馬宿村役場
村八分になってしまったら

念を押しますが、これはネタサイトなので本気にしないで下さい。

と言いつつ、実は私も最初は本気にしてしまった一人です。でも読んでいるうちに、あ、これはネタだと分かったのですが、中には本気にしてしまう人もいると思うので悪質ではありますね。
-- -- --
注意書きにもリンクを追加させて頂きましたが、こちらはまじめな内容。

「いじめ」が始まった、社畜ムラの村八分

「集団主義」の定義


集団ストーキングはまさに集団主義による虐めと言えるのですが、虐めを通り越して殺人にまで発展してしまっているのに、みんなでやれば大丈夫みたいな心理が働き、感覚が麻痺してしまって、終いには自分達が正しい事をしている様に錯覚してしまうのでしょうか。

人殺しは正義でも何でもなく犯罪ですから。
よく覚えておいて下さい。

あるいはそんな事は百も承知で、利権やお金の為にやっている人、生活保護を受けるのと引き替えにやっている人、はたまた、人をいびり抜く事が何よりもの楽しみになってしまっているサイコな人のいずれかではないでしょうか?

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事

Touchless Tourture. Target Humanity.

英語ですが、興味深い動画がありましたのでご紹介します。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

Touchless Tourture. Target Humanity. Full Length Documentary


同様の内容の動画を以前にも紹介していますが、今回の動画には所謂オカルト的なものもかなり含まれています。

ただ、その様なオカルト的内容だからと言って、馬鹿にしたり一笑に付すだけでいいのだろうかとも思います。興味を持つのは一部のオカルト好きな人間だけだ、一般の人はそんな事には関心は持たない・・そういう刷り込みはどうなのかとも思います。

もしそういう事が現実に起きているとしたら・・・、日頃から奇妙な現象を目にしている私などは、そう思わずにはいられません。

事実、その様な事から目を反らせ、追求を躱(かわ)す為の様々な工作活動が展開されています。ネットの攻防戦は熾烈を極めていますが、隠蔽したい側からかなりの資金が投入されているらしく、アルバイトの書き込み要員もかなりいる様です。あるいは雇われアルバイトだけでなく、そうした悪事に荷担する企業の社員や公務員、官僚などが、一般人や個人に成りすまして巨大掲示板などに棲み着き、世論誘導や隠蔽の為の書き込みをしたりしているのでしょう。個人情報が流出して素性が発覚してしまった事故もありましたよね。(この部分を追記中にサイレン)

私がケムトレイルやフェイクプレーンの動画を公開し始めた頃、コメントで口汚く絡んできたのも正しくその手の者達なのでしょう。2chで誹謗中傷を繰り返していた人物と同一と思われる人物(もしかしてボー○ング社の社員?)が、性懲りもなくこのブログにもコメントをして来たのですが、普通の人はあんな風にいきなり相手を罵ったり無礼に絡んだりはしません。またネットストーカーの様に執拗に粘着したりしません。言い負かして自分に屈服させたいという欲望が病的なまでに強い人格破綻した人物が、論点をすり替えた的外れでトンチンカンな議論(というか詭弁)を吹っかけてくる様な事もありません。

ただ、その様な直接的な言い方をするとすぐに正体がバレてしまうので、そうしたストレート(直情・発狂)型とは別のタイプとして、比較的良識的に振る舞いながら、こちら側、あるいは味方のふりをしながら、さり気なく違う方向に誘導する、目を反らせる工作に力を入れて来ているのかも知れません。誰がという事ではありませんが、そうした役割の人ではないかと思える様な人もかなり見かけます。

という事で、また反感を買いそうな事を長々と書いてしまいましたが、やはり怪しい動きがあれば指摘しないわけには行きません。指摘する人間がいなければ、輩達の思うままです。

以下スクリーンショットを何枚かお借りしつつ、私の体験や考えを付記しています。私はこういう事が単なる都市伝説とはどうしても思えないのですが、ご判断はそれぞれに委ねます。

動画主様へ。
無断でスクリーンショットをお借りして申し訳ありません。m(. .)m
2~3枚にしておくつもりではいるのですが、つい歯止めが利かなくなってしまいます。←いつもの事ですが。

それと、後から動画を遡って見返したり、画像を追加しているうちに訳が分からなくなってしまったので、順不同です。

ti17082201.jpg
今も尚、TIを使った同意なき人体実験は続いていると思います。間違いなく。

ti17082316.jpg
私も未だにあの正体を把握できずにいるのですが、正体が何であれ、このケムトレイルを無視する事はできませんね。

ti17082313.jpg
ナノテクノロジーによって人間を改変?する為に、大量のケムトレイルを噴霧しているのですか?

ti17082310.jpg
夜間に空を撮影すると、何もない空間なのに、微かに青や赤色のノイズの様なものがファインダー越しにせわしなく蠢いていて、あれは一体どういう現象なのだろう、もしかしてブラックマター?などと思っていました。しかしそうではなく、ケムトレイルによって散布されている「スマートダスト」である可能性が高い様に思います。

ti17082304.jpg
呼吸や食べ物から体内に侵入したナノロボットでしょうか。

ti17082307.jpg

ti17082308.jpg
この半透明の糸の様なものに“見覚え”があります。最近はなくなったのですが、以前、よく腕や胸の辺りからこうした半透明の細い糸が出て来る事がありました。白髪の様な、でも髪の毛よりは細い糸の様なもので、今思えば正にファイバーでした。

私の体から“生えてきた”細い糸は、おそらくこれだったと思いますが、その当時は、あまり深く考えずにそのまま抜いていました。でも、あれを保存しておけばよかったと後悔しています。今なら間違いなく撮影して映像や画像も残しておくのですが、当時は何も知らない無知な人間だった為、突然変異?とか何かの間違いであの様なものが体内から出てくる事もあるんだろうな・・程度にしか考えていなかったのです。

ti17082318.jpg
上の画像の様に、体内で“成長”したファイバーの一部が、体内に出てしまったのではないかと思います。

ti17082309.jpg
私の体から伸びてきていたのは、まさにこの様なファイバーでした。

ti17082311.jpg

ti17082312.jpg
英語ができない私には詳細に把握する事ができないのですが、こういう事が地球規模で行われているのだと思います。

ti17082314.jpg
この人がこういう事を計画したのでしょうか?2015年という事は、つい最近まで生きていたのですよね。

それとも本当の犯人は↓?
ti17082202.jpg
私達はこんな蜘蛛の化け物みたいなのに支配されているのでしょうか?もしそうであるならゾッとします。もうどうする事もできないのでしょうか。でも諦めたくない。

ti17082203.jpg
人体に隠された秘密や人類の起源、この地球で起きている事の真相を、私達は何も知らされていないのではないでしょうか。

ti17082301.jpg
私の耳の中にある異物は、おそらくこの様なファイバーだと思います。糸の様なものをピンセットで掴む事が出来るのですが、痛くて取り除く事はできません。周辺の細胞と癒着してしまっているので、手術で取り除くしかないと思いますが、信頼できる(闇側の息がかかっていない)医者を探し当てる事は不可能にも思えるので、このまま我慢するしかないのかなとも思いますが、それにしてもこんな事をするなんて許せませんね。

ti17082302.jpg
あのケムトレイルがこういう目的で撒かれているとしたら非常に由々しき事態です。人間の体を密かに内部から作り替えようとしているとしか思えません。そして体ごと乗っ取る計画?

英語の堪能な方はぜひその辺りを探って頂きたく思います。

ti17082204.jpg

目の中にカメラがある(目がカメラになっている)のは、多分本当だろうなとは思っていました。自分の視界の先にあの様な光景を見せる事が可能なのは、視界が筒抜けだからに違いないと。

ti17082315.jpg
やはり私達はこういう世界に生きているのではないかと思います。

映画They Liveは、そんな現実の世界を描いた作品だった。
少なくとも私はそう思っています。
“彼ら”を見破る(見分ける)人間を見つけると、仲間に知らせて集団で襲って来る(例の「おそわれていまーす」キャンペーンを展開している工作界隈と同じ表現を使うのは、全く本意ではありませんが)、それが集団ストーキングのルーツというか実体ではないのかと思えてならないのです。

この様な事を書くと、何をまたトンデモ話をしているのかと思われるかも知れません。おそらくそう思われる方が大半ではないでしょうか。

でも、ちょっと立ち止まって考えてみて下さい。
こうした内容が嘘やデマだと言うのは簡単です。
でも万が一嘘やデマでなかったとしたら?

そんな事あるわけないだろう!
お前は馬鹿か!

その様な口の利き方も知らない無礼な人間を相手にするつもりはありませんが、一見穏やかな口調でも、「そんなのは都市伝説ですからね」「真面目に考える必要なんてありませんからね」「ああ、それはプロパガンダです。支配層側のミスリードですから騙されない様にしましょう」など、何を根拠にそう言えるのかも不確かな安全神話?を吹聴し、油断させ、それが理由で手遅れになってしまったとしたら、例え善意からであっても、その様な言動をしていた人達の責任は決して軽くはないと思います。ましてや確信的にその様な事を言っていたとしたら、それは非常に悪質で罪深い誘導であると言わざるを得ません。

かと言って恐怖を煽る積もりでは全くありません。必要以上に恐れる事もないとは思いますが、無知と無関心と油断は命取りです。

安全神話とは、一部の誰かさん達にとって都合のいい作り話であり、自然の猛威やテロの前にはいかに脆いものであるのかを、私達日本人は身を以て経験したばかりではなかったのですか?

無関心と妄信が取り返しの付かない事態を招く事を、多くの犠牲と共に学んだのではなかったのですか?

それなのに、また同じ過ちを繰り返すのでは、何の教訓も活かされていなかったという事になるのではないでしょうか。この世界には、私達の想像も及ばない様な悪意と陰謀が渦巻いているのに、ただ内省だけしていればそれで大丈夫なのでしょうか。

敵も脅威も外側ではなく自分の内側にある?
本当にそうでしょうか?

明らかに自分が原因ではない外側の敵や脅威も確かに存在しているのに、その事を否定する理由が私には理解できません。

格言風に、または哲学調に、誰かが何か良いことを言っていそうだと思えば、深く考えずに賛同し付和雷同する人々。本当に自分の頭で考えて、そう思うのですか?世間一般の常識から外れない事が本当に正しい事なのでしょうか?その常識とは誰がどういう目論みで押しつけているかもわからないのに?

嘘ばかりのこの世界で、何が本当なのかを知る事は容易ではありませんが、嘘はいずれ暴かれるものなのかも知れません。

時々お邪魔しているサイトから1つリンクをお借りします。

Chris Everard:古代エジプトの一枚岩大彫刻だとされてきた塑像群が人造コンクリート製である証拠 (途中:その1)

※この部分を追記した直後にまた暴走バイクが近くをうろつき始めました。あれもおそらく人間ではない“何か”なのでしょうね。

サブブログの方の記事です。よかったらご覧下さい。内容はもちろん「レ」に関連した内容です。
ABC Newsキャスターさんも


*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事

呆れた生活保護受給者の言い分

本当に保護が必要な方への批判ではありません。この様な輩がいるから皆怒っているのです。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

この人、やくざみたいなのであまりこういう指摘をするのも怖いのですが、敢えて取り上げます。






この開き直った言い分に怒り心頭。



月29万円って、働いてもそれだけ貰える人って少ないと思いますけど?





こういう動画を見ていると、心底怒りが込み上げてきます。

日本人の生活保護バッシングが酷い、、などというプロパガンダが流されていますが、バッシング(と言うより正当な指摘を)している人達は、この動画に出てくる様な人達に対するバッシングをしているのに、冷酷な人達がヒステリックに叩いているという印象だけが一人歩きしている気がします。

個人的に何が一番腹立たしいかと言うと、生活保護を受給しながら集団ストーキングの様な犯罪行為をしている人間がかなりの数いると思われる事。そういう人達が、小学生も含め、家族ぐるみで私達親子に嫌がらせや付き纏いをしている事。

おそらく行政なども関与しているはずです。あるいは何らかの圧力団体(筆頭は部落解放同盟や暴力団、宗教団体)が、役所を脅したり圧力を掛けて、若しくは役所の中に入り込み、そうした者達が福祉を食い物にしているのだと思います。そうでなければここまでの不正規模には至っていないはずです。

こうした不正システムが出来上がってしまっているからこそ、またそれが許されているからこそ、今までに強引に獲得してきた利権や特権を何が何でも死守したい、あるいはもっと拡大したい既得権益層らが、様々な違法手段を使って目障りな人間を排除するシステム=集団ストーキング犯罪を世界規模で展開している事は容易に想像が付きます。

某カルト宗教の信者の受給率が突出して高い事がネットで噂されていますが、生活保護の受給と引き替えに、集ストに加担するという交換条件がなくならない限り、この様な組織犯罪がなくなる事はないと思います。

一度手にした甘い甘い特権を手放したくないから、それを守る為にはどんな事でもする様な人達です。集ストは殺人行為ですから、人殺しも厭わない人達です。あろう事か警察もその一部に組み込まれているという笑えない状況です。あるいは警察が主導しているのかも知れませんが・・。

一人の人間を寄って集って追い詰めて自殺させる様な極悪犯罪なのに、それを集団でやる事で神経や感覚が麻痺してしまい、悪い事(殺人行為)をしている自覚がないのか、あるいは組織の命令に従って、自分はただその命令を忠実に実行しているだけだと思い込む事によって自己正当化しているのでしょうか。

そういう事だろうから罪の意識を感じる事もないのだとは思いますが、それ以前の問題として、何の利害関係もなく名前さえ知らない、ましてや生まれた国も違う相手に対して敵意や憎悪を剥き出しにしてくるのは、ターゲットを同じ人間とはみなさず劣等生物としか見ていないか、若しくは根深い反日感情が根底にあるのだと思います。在日外国人が加担している事から、そうしたものが確実に存在すると確信に至っています。

その源流を遡っていくと、現時点の見解(私見)としては、やはり「ユダヤによる世界支配」という所に辿り着きます。彼らのアジェンダを達成する為に目障りな人間は削減してもよい、自分達が管理しやすい数になるまで間引きせよ、でも実験やら生配信やらで利用できるうちは利用して・・そういう事ではないでしょうか?

とは言うものの、集スト加害者になった事のない私には、これら加害者の心理やどういう指示命令体系になっているのかを完璧に把握する事は不可能なのですが、ひとつだけ言える事は、「自分達は正しい事をしているのだ、あいつ(私)こそが厄介者の危険人物なのだ」そういう意識を共有している事だけは如実に伝わってきます。

仮に加害者一人ひとりがその様な全体的な仕組みを理解していなかったとしても、または知らされていなかったとしても、

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
まさにそういう集団心理が働いて、自分が何をしているのか分かっていない、何となく疑問はあるけれど命令された事だから、あるいはお金が入ってくるからと、深く考えずに言われたまま実行しているのだとしたら、それはそれで非情にまずい状況である事に異論を挟む余地はないでしょう。

あるいは大人数で加害する事で、自分の罪が薄まるとでも思っている様ですが、実際はその逆です。集団で一人に対して加害すれば、一人一人の罪は寧ろ重くなるのです。

話を戻しますが、生活保護を受給しながら集団ストーカーに加担している人間がいる事は、伝聞やネットの情報ではなく私自身が確認しているので間違いありません。

隣の丸山は以前は生活保護、現在は障害者年金を受給しながら親子で集ストをしています。また家族ではない女も同居していて、明らかに不正行為をしている事は分かるのですが、そうした人物が平然と普通の住民を装っている事が何よりも我慢ならないのです。

中には仕事をしているふりをしている住民もいます。通勤を装って白々しく私の前に現れるS塚なども恐らくそうだと思います。そうでなければ母子世帯がどうやって食べているのか疑問なのと、本当に仕事をしているなら、私の行動にぴったりタイミングを合わせて仕事先から帰宅する事など不可能です。あるいはどこからか報酬が出ているのでしょうか?

いずれにしても集ストに加担している側の人間は、何をしても見逃されている事は間違いないと思います。正に集ストは治外法権である所以です。

そして先程も述べましたが、違法行為(集スト)に加担する代わりに、利権や特権などの恩恵に与る事ができる事は間違いないでしょう。人はお金や利益で動きます。逆に言えば、お金が絡まないのに、あるいは何のメリットもないのに、自分の時間を割いてこんな事をするはずがありません。他人の苦痛が蜜の味になってしまったサイコパスかエナジーヴァンパイアなら話は別ですが・・。

いずれにしてもこの団地は、そうした人間の巣窟となってしまっているのです。公営住宅がその様な犯罪者のアジトになってしまっているのです。もちろん管理している公社も例外ではなく、こうした組織犯罪に一枚も二枚も噛んでいるのですからどうしようもありません。TIの真下という願ってもない好条件の部屋に入居して来る人物が普通の住人であるわけがないのです。

納税者の皆さんにお聞きします。
皆さんはこういう人達を養う為に税金を払っているのですか?

下の動画主さんの主張は同意できます。


生きていて何の役にも立たないならまだしも、害になっている様な人間の為に、あるいは集ストに加担している様な犯罪者の為に、巨額の税金が使われているのは容認するべきなのでしょうか?もしそれを容認すれば、甘い汁に群がる輩が増え続けるだけだと思いますが・・。

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事