アウシュヴィッツをGoogleMapで見てみたら・・(撹乱者に告ぐ)



前回の流れでGooglemapでアウシュビッツ・ビルケナウ博物館のある場所を見てみた所、個人的にですが、また新たな疑問が浮上してしまいました。(2/28一部修正あり)

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


と言っても大したことではないのですが、強制収容所の航空写真を見た瞬間、何かとても不自然な印象を受けました。

まず遠目から。最初この辺りを見た時に、あまりにも整然としていた為、これが強制収容所とは思いませんでした。



で、鉄条網の様なものが見えたので、ここがアウシュヴィッツだとわかりました。



それにしても、なぜか道路側しか建物が残っていないのが何とも不自然に思います。他の建物は壊され撤去されてしまったのでしょうか?

ストリートビューに切り替えます。


よく写真で見る光景ですね。でもネット上の写真を見た感じでは、もっと奥にも建物がある様に錯覚してしまいます。少なくとも私はずっとその様に思っていました。ここに何万人も収容されていたのですから敷地内には収容所がびっしりと並んでいるものだと思っていたのですが、実際には殆ど建物が残っていなかったのですね。

再び航空写真に切り替えて上空から見ると、やっぱり釈然としないのですね。


繰り返しになりますが、道路側の建物はしっかりと残っているのに、なぜそれ以外は土台しか残っていないのでしょう?

考えられるのは

1)ナチスが証拠隠滅の為にガス室と一緒に破壊した

2)終戦後に連合国が破壊し、瓦礫は撤去された

3)それ以外の理由(風化・自然消滅etc)


まず1のケースを考えて見ます。

終戦間際はドイツ側もかなり苦戦を強いられていて、殆ど敗戦確実だったのに、いくら証拠隠滅する必要があったとしても、そんな余裕などなかったと思います。敵が目の前まで攻めて来ている為、それを食い止めるだけで精一杯だったはず。それなのにそんな状況で瓦礫も残さず証拠隠滅できるとは思えません。また仮に爆破したとしても瓦礫が全く残っていないのはおかしいと思います。

では2のケースを考えてみます。

連合国側が収容所の建物を破壊し瓦礫を撤去したという事もまずないと思います。何故なら、ユダヤ人迫害の動かぬ証拠の宝庫なのに、戦勝国側が敢えてそれを撤去する理由がありません。むしろそのまま後世に残し、この様な筆舌に尽くしがたい残虐な行為が行われていた“事実”を克明に伝えるべきでしょう。

ナチスが証拠隠滅の為に破壊したという<絶滅ガス室>にしても、半壊したレンガ造りの建物がそのまま残っている様な状況なのに、なぜ徹底して調査しないのでしょうか?そうすればガス殺した証拠の一つくらい出て来てもおかしくないのに、なぜかそうしないのが不思議でなりません。

「当時を伝える為、敢えてそのままにしているのだ」という説明もありましたが、どうも釈然としません。仮に証拠が一つでも出てくれば、検証主義者が騒ぐ事もないのですからそうすればいいではないかと思うのですが、それだと何か都合が悪いのでしょうか?もしかして証拠が出て来ない事が分かっているから、あれこれ理屈を付けて調査をしていないだけではないですか?

今まで私は、この場所にはもっと多くの収容所の建物や強制労働をさせていた工場跡が残っていると思っていたので、今回Googlemapで見てみて驚きました。こんなにきれいさっぱり痕跡が消えてしまうものなのなのだろうかと・・。

史上最悪の大虐殺(ホロコースト)があった場所なのですよね?本当に本当にそうなのですか?日本の広島の原爆ドームの様に、当時の惨劇の様子を伝えるものがないのが不思議でなりません。あるのは博物館と、わずかに残った収容所の建物と破壊されたガス室程度というのがどうにも腑に落ちません。

私が思うに、当時のまま残しておくと何かと都合が悪いから、戦勝国側が全て撤去したという事ではないかと思います。つまり、本当はユダヤ人の迫害もガス殺戮もなかった事が明らかになってしまうから、そそくさと撤去してしまったのではありませんか?あの911の様に・・・。

仮に私が犠牲者の立場で、それなりの地位と権力のある立場の人物だったなら、残留物をすぐに片付けてしまうなど言語道断で、一つでも多く迫害や虐殺の証拠を見つけ出すべく、徹底して現状維持と保存に努めます。間違いなくそうします。そうすれば次々に新たな証拠が出てくるはずですから。

念入りに調査すればするほど、あんな事もこんな事もあったという動かぬ証拠の数々が出てくるに違いありません。それを全世界に向けて明示して、ナチスドイツの極悪非道さを声高に訴え続ける事でしょう。

最後に3のケースだったとしても、これだけきれいさっぱり消えてしまうというのもあり得ない事だと思います。やはり可能性としては2だと思いますが、なぜこんな風に土台以外は跡形もなく片付けてしまったのか理解に苦しみます。

こういう建物はしっかりと残っている様ですが、これも当時のままなのでしょうか?


これは(再現された)ガス室と焼却炉です。このすぐ右側にある建物は上の画像と同じ建物です。


この建物が当時からのものであった場合、すぐ横にガス室があったわけですから、そこで何千人もの人がガスで殺されているなら、それはそれは阿鼻叫喚地獄となり、その叫び声が周辺に響き渡っていたと思います。そしてそこで残虐な行為が行われていたであろう事はすぐに気付かれてしまったはずです。

それともこれらのガス室はいずれも完全防音仕様だったと言うのでしょうか?

また煙も相当なものだったはずで、「シャワーを浴びるから」と大勢の人が連れて行かれた建物から絶え間なく煙が昇っていて、「シャワーを浴びる為に連れて行かれた人達」の姿をその後まったく見かけなくなった事に、他の収容者達は何の疑問も異変も感じなかったのでしょうか?「シャワー室に連れて行かれた人達は、その後戻って来ないらしい」と噂の一つや二つくらいは立っても不思議ではないのに、その様な事を言う人は誰もいなかったのでしょうか?

毎日毎日、一度に数千人(2,500人~3,000人)もの人がごっそりいなくなるのに?

emoticon002.pngemoticon002.pngemoticon002.png

それもおかしな話ですが、正史では「絶滅計画は極秘裏に進められていて、その証拠となる文書は一切残されていなかった」という事になっているのですが、どう考えても無理があります。文書が残っていないのはテレパシーで合意していたからだ、などと言い出す絶滅主義者の方までいる様ですから(下記リンク参照下さい)、もう何が何だかさっぱりお手上げ状態です。

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

ナチスがー、ヒトラーがーと言っている人達は、本当に不思議なのですが、こうした疑問や疑惑には実に見事にというか、あっさりスルーしてしまうのです。この疑問が解消しない限り、何を言っても虚しく響くだけなのですが。だってガス室でホロコーストがあったからナチスやヒトラーが悪く言われているのに、その根底がグラグラと揺れまくっているのに、一切無視ってどういう事ですか?

正史側に立ってナチスがー、ヒトラーがーと言っている人達は、この様な疑問を感じる事は全くない様ですが、それでいて立派な事を仰るので、そういう欺瞞にいい加減うんざりして来ました。

  

ちょっと話は変わりますが、この教会が少し気になったので、この辺りも“散策”してみる事にしました。


こんな風に集合住宅になっているのですね。


これがその教会。


何かとても違和感があります。見た瞬間、何か違う・・そんな風に感じましたが、クリスチャンではないので何が違うのかはうまく説明できません。

地図を埋め込んでおきます。


という事で、また新たな疑問が生じてしまったわけですが、調べれば調べる程、不可解な事が増え続けるばかりです。一体こんな事をどうやって信じろというのでしょうか。

そして、この様な疑問を持つと、「反ユダヤ主義者」だ、「レイシスト」だ、「ヘイトスピーカー」だと罵る方々。ご自分はポリコレ気取りかも知れませんが、それが都合の悪い批判や指摘や反論を跳ね返す印籠であり口封じの方策である事をご存知ないのでしょうか?

もちろん知っていて「悪用」「濫用」している方もかなりいる事は、分かる人には分かっています。都合が悪くなると「性格が悪い」、「差別主義者」、「精神病」などとレッテルを貼って口封じって実に卑怯です。

繰り返しますが、ガス室の疑問をクリアしてからでなければ、いくらナチスが、ヒトラーがと言っても本当に空理空論だと思います。空虚な撹乱でしかないと思います。

ここ(アウシュビッツ・ビルケナウ・ダッハウ他)で大量殺戮(ホロコースト)があった事が確実であると証明されてはじめて、ナチスドイツとヒトラーが極悪だった事が判明するわけです。

それが判明して初めて、ではそのヒトラーを支援していたのは誰だったのか、バックにいたのは誰なのか、陰で操っていたのは誰なのか、あるいはそれらと結託していたのか、という話になるのが正当な順序または筋道ではありませんか?


フローチャート風に説明します。

ナチスドイツとヒトラーが、<絶滅ガス室>と呼ばれる建物で本当にユダヤ人をガス殺戮していた確実な証拠が発見された(発見されている)
 

ナチスとヒトラーの単独犯行だったのか、それとも資金援助していた人物がいたのかいなかったのか?
 

いたとしたらそれは誰、またはどういう組織、あるいは国なのか?
 

ヒトラーはその者達と結託していたのかいなかったのか?
 

結託もせず資金援助も受けず単独犯行であるならナチス・ヒトラーを、単独でないならそのスポンサーやフィクサーを追及と糾弾の本丸に据えるべきでは?
 

いずれのケースであっても、Wikipediaを始め個人ブログを含むネット上の不確かな情報を引用する場合、確実なソースや裏付けがなければ単なる憶測や推測、こじつけでしかない。
 

信用に足る裏付けやソース、または証拠によって、ナチス単独で大量ガス殺が行われた事が証明されて初めて、ナチスおよびヒトラーがユダヤ人をホロコーストし、今もその残党が暗躍し、世界を裏から操っているのだ、ナチスこそ追及し断罪すべき正真正銘の黒幕なのだと主張する事ができる


と、本来であればこの様な流れになるのが妥当で真っ当だと思います。しかもスタート地点さえクリアしていないのに、そんなのはどうでもいいとばかりに華麗にスルーして、とにかくナチスやヒトラーに濡れ衣を着せようと躍起になっているのです。そればかりか、その様な人達は見苦しくもその逆コースをひたすら世間に押しつけ、殆ど宗教の様に布教しているのです。

逆フローチャート

どんなに明確な「トップ候補」が存在しようとも、とにかく黒幕はナチスとヒトラー
 

ナチスとヒトラーを黒幕にする為、ホロコーストがあったという結論ありきで、検証などは以ての外。ガス室やフォリソン教授は全力でスルー
 

検証主義者がごちゃごちゃ騒いだら、ヒトラー傀儡説や結託説、アルゼンチン逃亡説、スポンサー説などでその場を凌ぐ
 

ナチス黒幕説に都合のいい情報を、ネットのあちこちから掻き集めて支持者(賛同者)を撹乱または洗脳。自分の立場を誤魔化し体裁を取り繕う為に、役に立つ情報も提供するものの、多くはナチス黒幕説の布石となるが根拠のないネット情報。
 

そうして賛同者を散々引っ張り回して思考停止した所で、「ほらやっぱり自分の目論み通り黒幕はナチスとヒトラーだったでしょう?」と賛同者に刷り込む


こういうロジックなのです。改めて言わせて頂きますが本末転倒です。

ですが、工作員が書き散らかしたナチス&ヒトラー黒幕説ばかりいくら掻き集めても何の説得力もありません。むしろ信用を失うだけだと思います。そのサイトの管理人が、かつて集スト被害者を病気扱いしていてもお構いなし。だから節操がないと言っているのです。私ならそんな人が何を書こうが一切信用しませんし引用もしません。

匿名党(←この人は集スト被害者を馬鹿にしていた人ですよ)やら自給自足やら、そんなものをせっせと紹介しているのですから笑ってしまいます。

反創価サマナが公明党本部襲撃

橋本龍太郎の遠縁とされる三宅洋平から津軽藩まで芋づる式に

こんなふざけた事を書いている人の記事を紹介してどうするの?と思います。

当たり前ですが、誰かがブログに書いていたからそれが事実であるという保証はありません。ましてや、ネット内には紐付きか雇われの物書きやさえずりアルバイト工作員が大量にいて、支配側(ユダヤ国際ネットワーク)に都合のいい記事を大量に書き、つぶやいている事くらい容易に想像が付くはずです。

むしろ、極めて恣意的に積極的にその様な工作ブログばかりを引き合いに出して持論を補強し、フォリソン教授の指摘の様な都合の悪い事には目を瞑る、聞こえないふりをするのですから、ご都合主義もここに極まれりと、呆れるばかりです。

一事が万事この様な調子で、最初から設定済(結論ありき)の結論に誘導している人は、はっきり言わせて頂きますが、あちら側の息がかかった人だと見做さざるを得ません。そうでないなら、出所の怪しい不確かな情報や、それこそ個人の妄想レベルのものを信用する前に、なぜフォリソン教授の指摘に耳を傾けないのですか?

被害妄想だ統合失調症だと騒ぐ割に、自分達に都合が悪い事には見えないふり、見なかったふり、聞こえないふりを決め込む集スト隠蔽工作員の所業とそっくりではありませんか。



逆に私がETだのレプティリアンだのと言及する事を逆手にとって、デマを言い触らしている工作員であるかの様な印象操作をされている様ですが、少なくとも私は誰がどんな意図で書いたものかわからないネット情報だけを掻き集め、鵜呑みにしてこの様な事を言っているのではありません。動画も上げていますが、自分の見た事、体験した事を元にその様な事もあるのではないかと疑問を投げかけているのです。

自分が見たわけでも体験したわけでもない、ましてや確かめようのない他人の不確かな情報(多くは推測や思い込みやこじつけレベル)に自分の意見を少し付け足しただけの持論? を展開している様な、自分の一時情報が殆どない人とはわけが違います。一緒にされるのははた迷惑どころの話ではありません。

しかも私の主張を否定するのも他人のブログという有様ですから、何ともお寒い限りです。否定する時くらいご自分の言葉で否定すればいいのに、あるいは自分の体験に基づいて否定すればいいのに、~さんがこう言っている、~さんがこう書いていた、とリンクを投げつけ否定したつもりになっているのです。

こういう方は、一見ご自分の言葉があるようでいて、よくよく観察すると実は殆ど自分の言葉がないのです。世間話や軽口程度はあるでしょうけれど、自分の核となる見解は殆ど他人の受け売りです。

ご立派なブログを複数立ちあげている様でいて、殆どは他のブログからの引用や転載、受け売りばかりで、自分というものがなく、他人の情報に頼らなければ何も主張できないのに、そういう人がすごいすごいと持て囃され高く評価されるのがネットの現状です。おそらく提灯持ちもいる事でしょう。彼らはそうやって、その人やその人の意見が、さも多くの人から支持されているかの様に粉飾するのです。

仮にその様な立場の方でないのなら、逆に提案させて頂きますが、もし本当にご自分の体を遠隔操作されてあちこち彷徨ってしまうのなら、その状態を動画で投稿する事もできるのではありませんか?実況する事もできるのではありませんか?エフェクトをかければある程度はネットに流す事も可能でしょう。そうする事で、人体の完全遠隔操作とはどの様なものか、他の被害者の参考になるのではありませんか?

それとも全く体の自由が利かず撮影もままならないというのでしょうか?それなら食事もできずトイレなども行けませんがそういう時は自由になるのでしょうか?

もし、自分の意志に反して確実に遠隔操作されている事が客観的に分かるのであれば、それが何よりもの証拠になるはずです。それこそこの犯罪の撲滅に活用すべきではありませか?他の被害者の為にも活用すべきではありませんか?その様な地道な努力をして初めて、ご自分が本当の被害者で、本当にハイテク被害を受けていると、第三者が判断する事ができるのではありませんか?

確実にそれが遠隔操作であると公的機関(警察)が認めざるを得ない様な証拠映像があれば、今までは被害者の仮説や憶測、それこそ妄想扱いでしかなかった“テクノロジー犯罪”の存在も一気に明るみになるのではありませんか?

あるいは遠隔操作されている時に警察を呼んだら良かったのではありませんか?自分の意志に反して遠隔操作されている事を目の辺りにすれば、警察だって動かざるを得ないでしょう。そして本人に無許可で人体の遠隔操作をしている事が明らかになれば、捜査に着手せざるを得ないのではありませんか?そんな絶好のチャンスを逃す手はないと思います。

警察が認めざるを得ない状況に追い込んだら、あとは警察に仕事をしてもらえばいいのです。その為に警察が存在しているのですから。当たり前ですが、黒幕(犯人)探しは警察の仕事であって、被害者のやる事ではないのです。


確かに遠隔操作をされている→誰がこの様なハイテク攻撃をしているのか捜査し検挙する責任が警察にある→組織的な犯罪ならその組織を突き止める


私たち被害者が成すべき事は警察が動かざるを得ない様な証拠や根拠を用意する事、そして警察がきちんと動いているかをチェック(監視)する事ではないですか?

繰り返しになりますが、本来であれば犯人を突き止めるのは警察の仕事です。加害行為の証拠を用意して警察に任せればいいのです。警察がきちんと対応しないなら、その実態をまた世間に知らしめる事で警察も対応せざるを得なくなるでしょう。そうやって世の中が変わっていくのではありませんか?また変えていく必要があるのではありませんか?

なのに何故その様な行動を取られないのでしょうか。それが不思議でならないのです。

また、自分はそろそろ殺されるかもしれない、などと言う割に、ネットで熱心にプロパガンダを広めていますが、本当に死にそうな状況なら、そんな事もできないのではないかと思いますので、何かその言葉も嘘くさく感じます。この様な事を言うと反感を買う事は百も承知で書いていますが、口先だけで自分は死にそうな被害を受けていると言うのは簡単です。

本当にその様な状態の人まで責めるつもりはありませんが、死にそうだと言っている割には何か余裕の様なものが滲み出ている人が結構いますので、中には口先だけの人もいるだろうとは思っています。本当に辛い被害を受けているなら、被害を解決したいなら、自分が受けている被害を他の被害者にも、また被害を受けていない一般人にも、また警察にも認めてもらえる様な、または認めざるを得ない様な証拠(根拠)を提示する事が何よりも大事だと私は思います。黒幕探しよりも遙かに・・・。

中には自分が被害者だと気付かずに、この様な犯罪がある事も知らずに、ネットもせず一人で悩んでいる方も多いのではないかと思います。そういう方々が自殺をしてしまう人の中にかなりの数含まれているのではないかと思います。

であるなら尚更、この犯罪の加害手口を明らかにして集団ストーキングというかくも醜い犯行を止めさせる事、それが何よりも急がれるのではないでしょうか。

いくら匿名のブログで、ついに突き止めた!やっぱりナチスが黒幕だったと宣言してみた所で、一体何が変わるというのでしょうか?被害が終わるのでしょうか?この犯罪がなくなるのでしょうか?

あなた方のしている事は、一緒に被害の解決を目指すと見せかけて、被害を解決しない方向に誘導しているだけで、むしろ加害組織を見えなくし、擁護と援護をしているだけだと明確に指摘させて頂きます。

「もうすぐ終わる」とか「気にしなければいい」と油断させ追及をさせない様に誘導している人もそうです。ローテクは無視すればいいと、一番証拠を取りやすいローテクから目を反らせようとしているのもその現れでしょう。そうした主張を展開する人達は、例え本当の被害者であったとしても、真に解決を願い、あるいは今この瞬間も生きる事が辛くて自ら消えようとしている人にとっては、味方ではなくむしろ敵であると私は思います。

長くなりましたのでこの辺でやめますが、最近ツイッターで多用している画像を並べて終わりにします。一緒に黒幕探しをしましょうと誘いつつ、最初からゴールは決まっているのです。









それでいて、綺麗事を言う人を私は心の底から・・・いいえ、これ以上はやめておきます。



追記)

この様な記事や情報を喜んで拡散する神経を疑います。



この方は以前にもこのブログで取り上げた事がありますが、未だにデマ扱いです。しかもチップが埋め込まれた事やキルデ博士の主張は被害妄想扱い。NPOについてもも批判していますが、確かこの方はNPOの講演会にも招待されていたのではありませんでしたっけ。一体どういう事なのでしょう。

チップが妄想だデマだと主張するブログ記事をツイートするという事は、その意見に同意という意味である事は言うまでもありませんが、最早、工作員田並と同じ主張なのですから言葉を失います。

チップはデマだという事ですが、実際にチップがMRIに描画された方がいらっしゃる以上、お二方の主張こそデマだと反論させて頂きます。

今回、キルデ博士の主張が被害妄想だと間接的に主張されたわけですから、二度とキルデ博士の記事を紹介しない事です。この様なデマを拡散しておいて、自分に都合のいい内容ならそのキルデ博士の主張を引用し自説の補強に励む、というのはいかにもご都合主義ではありませんか?そういうのをダブルスタンダードとか二枚舌と言うのです。

少なくとも私はその人が自分の主張と相容れない人だと分かったら紹介するのは控えます。批判する時は別ですが、例えば私がホロコーストは嘘だと主張しているのに、明確に絶滅主義の立場の人のブログなどを紹介していたら読み手が混乱するだけです。往々にして後から気付く事もありますが、その場合は一言断りを入れるなり、引用していた箇所は可能な範囲で削除をします。

また、「悪霊などというデマは許せません!」と言ってみたり、UFOやETを真っ向から否定しておいてUFOやET情報満載のサイトやブログ記事を拡散するという節操のなさがどうにも好きになれませんし理解できません。



私が反論した事に対して、以前この様な会話をされていましたがその相手の方はこの様なツイートをされていましたね。



学者さんの常識?とは知りませんでした。ユダも操られているだけだからユダには罪はない、と言いたいのではないでしょうか。

日月神示はデマだと公言しつつ、日月系サイトの大摩邇にコメントが掲載されたと喜んでおられましたが・・


抽象的な否定は許せません、と威勢のいい事を仰っていますが、何か矛盾していませんか?それならえいこさんにもその様にはっきりと仰ったらどうでしょうか。

※私はその「許せないコメントの元になっているキリスト教関係者の方の記事」には賛同の立場ではありません。最初に見かけた時は納得してしまったのですが、改めて読み返すと、妄想や統合失調症であるという誘導が随所に見られます。

このお二方に反論した時の過去記事

反論

デマという指摘についての反論

Wさん(今Uさん)には、ぜひ抽象的ではなく論理的に否定して頂きたいです。~がこう書いていた、ではなく、私が見て撮影して動画に上げているものが何なのかを。全て米軍やCIAの仕業などという抽象的な説明ではなく、これはこういう現象であると論理的科学的物理的な説明が付くのでしょうか?

大沼さんも相変わらずフォリソン教授の指摘にはスルーで、この様な事をツイートされていましたので、やはりそういう立場の方なのだと改めて確認させて頂きました。


※このスクショを取り込んだ直後に一人RTが増えましたので、改めてスクショしなおしたものです。

コロニア ディグニダ

どこが情報元かと思ったらハリウッド映画ですか。ユダヤのプロパガンダ機関の・・・。

ハリウッドだけでなく、マスコミにしても教育にしてもネット内の情報にしても、ユダヤのバラ撒いたプロパガンダで溢れ返っています。教育やメディアを支配しているのはナチスですか?違いますよね。ユダヤです。

当然ながらユダヤに都合のいい情報で溢れ返るのは自明の理というものです。「史実」とされるものの情報などはその最たるものです。その様な情報を真に受けてしまう様ではジャーナリストの名に恥じるというものではないでしょうか?

辛辣な言い方をして申し訳ないと思いつつ、ナチス、ヒトラーに罪を被せその陰に隠れている者達がこの犯罪を仕切っている為、敵に塩を送る様な言動をされる方には、明確にまた辛辣に批判をさせて頂きます事をお断りしておきます。その様な説が広まる事は、自分の被害はもちろんの事、この犯罪の被害者にとってはマイナスでしかないと思う為、暫く様子を見させて頂き、反論する際は歯に衣着せずに反論しますのでご承知おき下さい。

*・*・*



未だに<ホロコースト神話><ナチスの殺人ガス室><ヒトラーによるユダヤ人絶滅計画>などという作り話を信じている方には、ぜひこれらの矛盾を真剣に考えて頂けたらと思います。熱心に撹乱や誘導をしている「個人を装った“物書き”や“さえずり”達」を含むユダヤお抱え広報部隊の流す情報に、どうか流されず騙されないで頂きたいと切に願うばかりです。


ここだけの話・・本当です。

*・*・*

過去記事(ユダヤ関連)

アウシュビッツにガス室はなくホロコーストは捏造

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く

改めてホロコーストの真偽を問う

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

戦後最大のプロパガンダ

ナチバスター Nazi Buster

国際ネットワークの代弁者達

やはりユダヤを抜きには・・

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

ユダヤ人地区でのギャングストーキング?

ヒトラーの大衆扇動術?

猶太(ユダヤ)国際秘密力

黒人奴隷貿易の支配者

アジアを攪乱する猶太人

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

外部参考サイト記事・文献

ホロコーストと見直し論

戦後七十年、ナチスの<ガス室>が実在したことを証明する法医学的鑑識は未だに提示されていない・・・

『弁護禁止・立証禁止』で相手の反論を封じるホロコースト否定罪
弁護士シルヴィア・シュトルツがドイツでのホロコースト裁判について語る

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(前半)~ ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(後半)~ロベール・フォリソン

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第一部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第三部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(最終部)

映画『人物像~ロベール・フォリソン』より抜粋

ロベール・フォリソン:『戦時中のナチスドイツに何故ユダヤ人用病院が?』

ロベール・フォリソン:『ダッハウ収容所の死亡者推移グラフと写真について』

『ヒトラーとサダム・フセインの<大量破壊兵器>』 ロベール・フォリソン

中東問題と歴史検証主義:『イラン、フランス及び世界における歴史検証主義』ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤック:『私はカチンの墓穴を見た』

『第三次世界大戦を歴史検証主義的方法論で考察する』~ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤックの最期

モーリス・バルデシュ:『ニュルンベルク、または約束の地』(1)

ヴァンサン・レヌアールのビデオ:『歴史は勝者によって書かれる』

逆転ニュルンベルグ裁判 ~ユダヤの嘘を暴いてナチスの無罪を勝ち取れ~

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

ショール・アイゼンベルグ

国立国会図書館デジタルコレクション
世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

アジアを攪乱する猶太人 [82]

共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状

*・*・*

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をしていただけますので、ご協力よろしくお願いいたします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金していただいたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承ください。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金いただけます。

関連記事
スポンサーサイト



ユダヤ人地区でのギャングストーキング?


画像はGooglemapより。

世界一周旅行をされている方がユダヤ人地区の様子を動画で紹介されていましたのでご紹介します。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。




こちらの動画を拝見していて、ある奇妙な事に気が付いたのですが、同じ人物が何度もこの男性の周りに現れ、まるで集団ストーカーの様な行動を取っていました。動画でもお分かりだと思いますが、以下スクリーンショットをお借りしました。

数枚に留めておくつもりだったのですが、気付いたら結構な枚数になってしまいました。いつもの私の悪い癖ですが、この場をお借りして投稿者様にお詫びとお礼を申し上げます。(尚、投稿者の方に迷惑が掛かってしまいますので、このブログから画像の転載・引用をされません様、お願いします。)

私はどうしても被害者目線で見てしまうので考えすぎかも、というシーンもあるかも知れませんが、断定はしませんのでそれぞれにご判断頂ければと思います。

追記:画面をドラッグするとアングルを変えられる為、回転させて見た所、同じツアー客だった様です。なので、この男性と一緒に行動しているわけですから映像に映り込んでいても不思議ではないのですが、それでもやはり違和感は残ります。ツアー客を装って地元のStalkerが紛れ込んでも全然不思議ではありませんので・・。


まず最初にこの車ですが、よくこの様なタイミングで車が停車する事があると思います。


問題はこの赤いズボン(パンツ)の女性です。


カメラで写真を撮影しながら、この後、何度も登場していました。



後ろ。


シナゴーグの床がふりーめーそん風チェック。


スマホに見入っているユダヤ人男性もちょっと怪し気。後でガイドの話を聞いている時に、何か見下す様な視線を向けていました。

前後しますが、このシーンです。




ユダヤ人差別だと言っている人達が、一番差別意識を持っている張本人だったりするのではないかと思ってしまします。自分達の方が上だという優越感や選民思想的雰囲気が漂っています。

また写真を撮っています。


何を撮影しているのでしょう?


何となく、男性に付きまとっている様に見えてしまいます。


こんな風にして隠し撮りしようと思えばできますね。




↓ここで大分距離が離れてしまった為、小走りに走って寄り距離を縮めていました。


この左側にいる男の人も何となくですが、無関係かも知れません。


そしてまたこの女性です。


民家というかアパートらしき建物しかない様に見えますが、何を撮影しているのでしょう。


もう一人女性が現れ、やはりこの住宅地を熱心に撮影しています。


アパートの屋根か空を撮影しているのでしょうか。


また現れました。


今度は赤いトレーナーを着た男性とのコラボ風。


そして壁?を撮影。




カメラを持つ手が何か不自然。


???


被害者の目線で言えばカラーハラスメントに思えなくもありませんが・・。


教会の中でも・・。


一瞬火花が散る?瞬間。


極めつけはこのシーン。矢印が例の女性のリュックです。


なんとこんな場所でも写真撮影。


一体そこに何が??


あまり離れすぎない距離で歩き出し


接近して


追い越すかと思いきや


くるっと向きを変えて今度は壁を撮影。emoticon01.png


う~ん、そこに一体何があるというのでしょうか?




emoticon01.pngemoticon01.pngemoticon01.png
この方が映っていたのはこの場所が最後でしたが、それにしても不思議な方でしたね。

続いてこのバイクが通りすがりにクラクションを鳴らしていました。


後方からはランナーが接近中。




集ストあるあるの光景。






手元が何か怪しい。


この帽子、よく見ると変じゃないですか?


あと、鼻の所も。



という事で、私から見ると、もろに集団ストーキングのストリートシアターの光景だったのですが、他の被害者の方はどの様に思われたでしょうか。

しかもユダヤ人地区というのも何だか気になります。あの女性も、観光客を装ったユダヤ人地区の住人だった可能性もなきにしも非ずです。もしかしてユダヤ人による日本人狩り?なんて妄想を働かせてしまうのですが、真相は如何に。

動画投稿者様には改めてお礼をお詫びを申し上げます。

同じ方がアウシュヴィッツやビルケナウ強制収容所をレポートされている動画もありますのでよかったらご覧下さい。





この動画は360度カメラで撮影されたものですので、左上のマークをクリックする事で、文字通り360度好きな位置の映像を見る事ができます。





なるほど、こういう風に自撮り棒を持って撮影していたのですね。Googleマップもこういう風にして撮影している様です。これ証拠取りには最適じゃないでしょうか。抜群の威力を発揮すると思います。

実は私もスクリーンショットを取り込んでからYoutube上で画面を回転させる事ができる事に気付いたので、もう一度あの女性の行動をじっくり確認してみたいと思います。

という事で、スクリーンショットを少し追加させて頂きました。

こんな風に360度画面を回転させる事ができます。


やっぱりすぐそばで、カメラを上の方に向けていますね。


やはりこうして見ても、妙にうぃりあむさんの周りで立ち止まっては写真撮影している様に見えます。


帽子をとる様にガイドさんに指をさされ、一斉に振り向いたツアー同行者の人達。この冷たい視線は・・。


帽子をとる様に促されただけで、この視線ってありますか?ガイドの人も、わざわざ指を指す必要もないと思いますが・・。何かこういう何気ないところに悪意を感じてしまいます。


※画像の引用元を失念してしまいました。

こういう風に冷ややかな視線を一斉に向けられる事が、被害者になると往々にしてあると思います。

普通なら全く気にも留めない些細な事でも、こういう微妙な空気というか雰囲気を感じ取ってしまう様になり、本来は楽しいはずのレジャーや旅行さえもストレスになってしまう私は、今では殆ど出掛ける事もなくなりました。人がいない場所なら行きたいのですが、山の上とかそのくらいしかなさそうです。

それにしても今はこんな事までできる様になったのですね。テクノロジーも善用だけなら本当に素晴らしいと思うのですが、必ず悪用する人がいて、例えば自分が撮影しているつもりでも、自分が撮影されていたり、などという事もザラにあると思います。集スト被害者は室内の様子まで見られていますから、それを考えるとやりきれなくなるのですが、そういう事をしている者達には、きちんとお礼をしなければならないと思っています。

ホロコーストに関しては考えが逆の立場ですが、それはそれとして、動画を公開して下さったうぃりあむさんには、違う意味で(本来の意味で)お礼を申し上げます。

もしご本人様がこちらにいらっしゃった折には、これを機に正史の矛盾なども知って頂いて、逆に矛盾を指摘するレポートをして頂けたら・・なんて我が儘をこっそり言ってみたりなんかして・・。

*・*・*




ここだけの話・・・本当です。

*・*・*

過去記事(ユダヤ関連)

アウシュビッツにガス室はなくホロコーストは捏造

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く

改めてホロコーストの真偽を問う

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

戦後最大のプロパガンダ

ナチバスター Nazi Buster

国際ネットワークの代弁者達

やはりユダヤを抜きには・・

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

ヒトラーの大衆扇動術?

猶太(ユダヤ)国際秘密力

黒人奴隷貿易の支配者

アジアを攪乱する猶太人

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

*・*・*

外部参考サイト記事・文献

ホロコーストと見直し論

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第一部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第三部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(最終部)

戦後七十年、ナチスの<ガス室>が実在したことを証明する法医学的鑑識は未だに提示されていない・・・

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

ロベール・フォリソン:『ダッハウ収容所の死亡者推移グラフと写真について』

『ヒトラーとサダム・フセインの<大量破壊兵器>』 ロベール・フォリソン

『第三次世界大戦を歴史検証主義的方法論で考察する』~ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(前半)~ ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(後半)~ロベール・フォリソン

中東問題と歴史検証主義:『イラン、フランス及び世界における歴史検証主義』ロベール・フォリソン

逆転ニュルンベルグ裁判 ~ユダヤの嘘を暴いてナチスの無罪を勝ち取れ~

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

ショール・アイゼンベルグ

弁護士シルヴィア・シュトルツがドイツでのホロコースト裁判について語る

国立国会図書館デジタルコレクション
世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

アジアを攪乱する猶太人 [82]

共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状

神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫
『世界の敵"共産党"を敢然起って膺懲する』リッベントロップドイツ全権の声明

*・*・*

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く



私も数年前までは、この様な事を真剣に考える事もなく、すっかり正史を信じて来た人間ですが、教育というのは深い深い洗脳なんだなとつくづく思います。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


もちろん全ての教育が・・などと言うつもりはありません。当たり前ですが、生きていく上で最低限必要な読み書きそろばん、今風に言えば計算ですが、そういう教育までを否定する様な無謀な事を言いたいのではありません。

ですが、こと歴史に関しては、戦勝国や勝利者達に都合のいい様に捏造されたり歪曲されたり改竄されている事が多いのに(恐らく教科書をつくる会などにそうした勢力が入り込んでいる上、教職員にもかなり息の掛かった人がいる)、それを疑う事無く信じて大人になる人が殆どです。もちろん私もその一人ですが、ろくに勉強もしなかったので、それが逆に良かったのかな?なんて思ったりもします。

と言うのはただの言い訳ですが、学校で習う歴史にはかくも大きな嘘が隠されていた事を知った今は、もう目から鱗が落ちまくり状態で、何なんだこの世界は・・みたいな軽いカルチャーショック状態に陥っています。

しかしショックを受けたまま落胆しているだけでは何も始まらないので、現状を少しでも伝えなければと、誰に頼まれた訳でも誰に雇われた訳でもなく、ただ伝えなければという気持に駆り立てられています。もしかしたら、また同じ歴史を繰り返すのではないか・・そんな焦燥感が根底にあるのかも知れません。

第二次世界大戦で、ナチスが世界中を恐怖のどん底に陥れたかの様に教えられ、それを様々なメディアが尾ひれ背びれを付け、時に時系列さえ無視して煽っていますが、実はその逆で、世界中がユダヤの仕掛けた戦争に巻き込まれ、この日本も含め夥しい数の命が奪われたというのが実態でしょう。

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

この方の心情を思う時、いい知れない悲しさと同時に、私もこんな嘘はもうたくさんだ!・・・そんな気持が交錯し、エルストナーさんの死を決して無駄にしてはならない、風化させてはならない、そんな思いが(まるで地の底から沸き上がるかの様に)込み上げて来るのです。私はこのドイツ人の方々の無念を晴らしたい、何としても・・・、何故かそんな気持に駆られるのです。自分でも不思議なのですが・・・。

同時に「噓を書き慣れた新聞屋連中」に対しても憤りを感じています。プロは勿論ですが、素人や個人を装った「物書き達」や「さえずり達」に対しても同様の憤りを感じています。それが私の(時に過激で攻撃的な)言動に繋がっていることを申し添えておきたいと思いますが、いずれにしても殺人ガス室の嘘を暴く事が彼らの一番の急所であると確信している為、その点を追及して行くというスタンスは今後も変わる事はありません。


今回は、アウシュヴィッツのガス室を撮影した動画がYoutubeに投稿されていましたので、こちらの動画を元に拙い素人検証をさせて頂きたいと思います。

最初にお断りしておきますが、この動画の投稿者様に対して文句を言ったり批判する意図はありません。むしろ現地に行くことのできない私の様な者にとって、見ず知らずの何方かが投稿して下さった動画から現地の様子を窺い知る事ができるのはとても有り難い事です。投稿者の方々、そして翻訳をして下さる方々には心より感謝しています。

まずその事をお断りした上で、未だに多くの人が信じているアウシュヴィッツのガス室に関する疑問や矛盾を指摘すべく、勝手ながら動画とスクリーンショットをお借りしましたことをお詫び致します。

という事で、まずこちらの動画をご覧頂きたいと思います。



以下スクリーンショットお借りします。



ヨーロッパ中から集められたユダヤ人がここで列車から降りて、、



労働に適しているかいないか、つまり健康かどうかを医者がその場で判断し、ガス室行きか強制労働行きかを振り分けたという事ですね。



でもこの写真を見るとおかしな事に気が付くと思います。医師が何も医療器具を持っていないし、聴診器を当てるでもなく、血液検査をするでもないのに、どうやって労働に適しているのか見分けが付いたのでしょうか?

健康そうに見えても隠れた病気を持っているかも知れないし、逆に病人の様に見えたとしても至って健康体だったりする事もあるのではないでしょうか。



200万ボルトもの電流を常時流しておくには相当の電力を必要としたはず。その電力はどうやって賄っていたのでしょうか?戦時中ですから、戦闘機や戦車の燃料の調達にも苦労していたのではないかと思うのですが・・。

強制収容所で強制労働させた結果の成果物より、電力の方が上回っていたのではないかという気もしますが、いずれにしても何かとてもコストパフォーマンスが悪そうな気がします。



国際社会を欺く為に??
何か無理筋すぎませんか?

(あくまでも、この博物館の公式な説明に対する指摘です)



ダミーのシャワーヘッドがあった・・それで収容所の人達はすっかり騙されてしまったわけですね?というか、床を見ても排水設備が全く見あたらないのですが、誰か一人くらい、その事に気が付いても良さそうなものですね。だってユダヤ人ってすごく頭がいいのですよね。



ガス室の横で火葬なんてしたらめちゃめちゃ危ないのに・・。


こういう事を考える間も与えずに、ここで何百万人ものユダヤ人が殺害されて~と刷り込まれて、そのまま大人になってしまうのですね。私もその一人でしたので偉そうな事は言えませんが、だからこそ教育による洗脳って怖いなと思います。

教育だけではなく、メディアの影響は多大です。編集や演出で如何様にも捏造できてしまいますから。



何か廃墟には見えないのは気のせいでしょうか?仮にこれが実際に爆撃されたガス室だったとして、この地下を掘れば色んな証拠や痕跡が残っていても不思議ではありませんよね。むしろ残っていない方が不自然です。遺骨の一つも発見されていないというのは驚異的で奇跡的だと思います。

やっぱりあれですか?粉骨マシーン。その話も嘘でしょうね。骨を粉々に粉砕して河川に撒いたり埋めたりするのは相当な労力を必要としたはずです。そんな事が可能だったなんてとても信じられません。

こちらの動画についてはここで終わります。投稿者様にお礼を申し上げます。




画像出展:死の収容所アウシュヴィッツに行って泣いた

木の扉がしっかりと写っていますね。床には排水の為の溝もありません。シャワーの水は何処に流れるのだろう?と疑問に思う人は一人もいなかった、そしてチクロンBが頭上から投入されるまで、大人しくスシ詰め状態で整列していたという事ですか?

上の写真の扉をお借りしました。


これで殺人ガスの漏洩が防げたのですから、当時の建築技術は今より遙かに先進的だったという事が見て取れます。



あとこの写真もお借りしました。


これ、以前から疑問に思っていたのですが、後ろ側にいる人達(青く色を付けた部分)とその前にいる人達の顔の大きさが極端に違いすぎる気がします。

左手前で抱かれている少女の顔~上半身~足が何か不自然に思うのですが、気のせいでしょうか?一番手前にいる子供達はコートの上にパジャマ?を着ている様ですが、これも何か合成の様な気がしなくもありません。

そもそも、労働力にならない女子供は列車で到着後に振り分けられて、即座にガス室行きだったのではないですか?なのに絶滅収容所が解放された時にこれだけの子供がいたというのは、一体どういう事なのでしょう?論文一つ書いた事のない私にはさっぱり理解も説明もできません。

emoticon002.pngemoticon002.pngemoticon002.png


以下の内容は検証主義側の情報ですが、説得力があります。

(1)チクロンBの「残留物」の染みを残すマイダネク収容所のガス室(ベーレンバウム著『ホロコースト全史』)



この扉でガスの漏洩を防げた事、処刑される人達の脱走を防げた事も驚きですが、処刑後のガスの排気設備もなく、一体どうやって死体の処理をしたのでしょう。さぞかし完全防備で事に当たらないと、そのまま自分が死体の仲間入りになってしまうと思うのですが、その死体処理作業の光景はこの後のリンクにあったイラストが正確に現しているのだそうです。



シアン化水素化合物の残余物による青い染みが残っていなければおかしいのに、なぜか殺人ガス室にはそれが残っていない、逆に害虫駆除施設の外壁には青い染みがくっきりと残っている。不思議ですね。

「いやそれは風雨によって流されてしまったからだ、青い染みは関係ない」と言ったかと思えば、「青い染みが殺人ガス室の証拠だ!」と180度真逆の主張を臆面もなく展開してしまえる絶滅主義者の方々。

emoticon002.pngemoticon002.pngemoticon002.png

日本でもその様な方々が、○○の本で既に論証済だ!読むべき本を読んでから出直せ!などと胸を張り、威張り散らす割には言っている事が矛盾だらけだったりします。南京・慰安婦界隈の肯定論者、歴史学者さんにも同じ様な主張を展開する人を見かけますが、逃げ方や誤魔化し方までそっくりだなとつくづく思います。~の学者が既に論証済、~の本で説明済み、と、その場では答えずに有耶無耶にして逃げるのは本当に卑怯だなと思います。

*・*・*

ホロコースト再審法廷







これ無理でしょう。どう考えても。



煙突と言えば・・




証拠隠滅の為に爆破したはずなのに、終戦直後にソ連軍が撮影した写真には建物が写っているのはどういう事なのでしょう?全部のガス室が爆破されたわけではないという事でしょうか?それなら残ったガス室から証拠が見つかるはずでは??

emoticon002.pngemoticon002.pngemoticon002.png

因みにこの様な写真を公開されている方がいらっしゃいましたのでツイートさせて頂きました。



ここでまた新たな疑問が生じるわけですが、この簡素なガラス窓では、仮にディーゼルエンジンの排気ガスにしても殺人ガス(チクロンB)にしても、ここで大量殺戮など無理である事は容易にお分かり頂けると思います。一つでも疑問が解消しないばかりか、知れば知るほど疑惑が増え続けるのがホロコーストとガス室問題です。

尚、再三お断りしていますが、これらの写真を投稿して下さった方々への批判ではありませんので、どうかご容赦下さい。

こういうわけで<ナチスの殺人ガス室>に関しては奇怪で不可解な事ばかりです。

こうした疑問について、私にも理解できる様に説明できる方がいらっしゃったら、何方か教えて欲しいです。これについてはこういう具合にガス殺とその後の死体処理が可能だったのですよ、、と。何なら私が実演してみせましょうか?と。

ナチスドイツが、ヒトラーが、ホロコーストが・・と言っている<絶滅主義者>の人達が絡んで来た時も、フォリソン教授の動画を見て反証して欲しいと言ったのですが、「うるさいんだよ!」と暴言を吐いた人はいても、誰一人として納得のいく答えを返してくれた人はいません。誰一人として・・。

そういう事を丸ごとスルーしておいて、ナチスがー、ヒトラーがー、ワイマールがぁぁあーーー、と言っている人の思考というのがどうにも理解できません。もしや「ヤバすぎる緊急事態条項」にでもなっていやしないかと心配で心配で・・・。


すみません、岩上さん。度々登場していただいて恐縮です。

それにしても、こういう事が本当に可能だと思っている人達、大丈夫ですか?気は確かですか?マインドコントロールがー、と言いつつ、マインドコントロールされているのは皆さんの方ではありませんか?

こちらのサイトは、アニメ風ですが、非常に鋭い分析をしていてお勧めです。
逆転ニュルンベルグ裁判



という事で、誰が嘘を付いているのかはもうお分かりだと思います。誰がその手先になってユダヤのプロパガンダを布教しているのかもお分かりだと思います。どうかその様な人に振り回されないで頂きたいと思います。本当に被害を解決したいなら・・。

下はツイッターのモーメントです。内容が重複していますが、よかったらご覧下さい。また各リンク元の投稿者様には改めてお礼を申し上げます。




(個人的に)お勧めの動画です。




こうした動画は不適切扱いか削除される可能性が高い為、ご覧になる方は早めにご試聴されるかバックアップを取られた方がいいかも知れません。(案の定、最初に埋め込んだ動画はすぐに削除されてしまったので同じ動画を探して差し替えましたが、この動画も時間の問題だと思います)

こうしてブログに埋め込むとなぜかすぐ削除されるという事は、私のブログも検閲されている証左です。閲覧数もそれ程多くない匿名の弱小ブログまで監視するのですから、どれだけ焦っているのでしょう。そうまでして都合の悪い情報を封じ込めようと躍起になるのはやましさの裏返しではありませんか?

正史が正しいなら、法律や力尽くで黙らせる必要などなく、疑問や反論、あるいは検証の余地のないほど確実な根拠や証拠を突き付けて納得させればいいだけの事です。それが提示できない以上、いくら法律や暴力で封じようとしても、厳しい疑惑の目は向けられ続ける事でしょう。

人は自分が騙されている事に気付いたら、それを明らかにしたいという抑えがたい衝動に駆られるものではないでしょうか。私も例外ではありません。私はただ本当の事が知りたいだけ。そして隠された歴史の嘘を明らかにしたいだけ。良識人や善人ぶって、仲間や味方の振りをして、嘘をばらまき欺いている人達が心底嫌いなだけ。弱者や犠牲者の仮面を被り「死者に対する冒涜」を振りかざす者達に冒涜されたままの人生なんてうんざりです。

これ以上騙され続けるのは御免です。


*・*・*



未だに<ホロコースト神話><ナチスの殺人ガス室><ヒトラーによるユダヤ人絶滅計画>などという作り話を信じている方には、ぜひこれらの矛盾を真剣に考えて頂けたらと思います。熱心に撹乱や誘導をしている「個人を装った“物書き”や“さえずり”達」を含むユダヤお抱え広報部隊の流す情報に、どうか流されず騙されないで頂きたいと切に願うばかりです。


ここだけの話・・本当です。

*・*・*

過去記事(ユダヤ関連)

アウシュビッツにガス室はなくホロコーストは捏造

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く

改めてホロコーストの真偽を問う

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

戦後最大のプロパガンダ

ナチバスター Nazi Buster

国際ネットワークの代弁者達

やはりユダヤを抜きには・・

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

ユダヤ人地区でのギャングストーキング?

ヒトラーの大衆扇動術?

猶太(ユダヤ)国際秘密力

黒人奴隷貿易の支配者

アジアを攪乱する猶太人

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

外部参考サイト記事・文献

ホロコーストと見直し論

戦後七十年、ナチスの<ガス室>が実在したことを証明する法医学的鑑識は未だに提示されていない・・・

『弁護禁止・立証禁止』で相手の反論を封じるホロコースト否定罪
弁護士シルヴィア・シュトルツがドイツでのホロコースト裁判について語る

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(前半)~ ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(後半)~ロベール・フォリソン

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第一部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第三部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(最終部)

映画『人物像~ロベール・フォリソン』より抜粋

ロベール・フォリソン:『戦時中のナチスドイツに何故ユダヤ人用病院が?』

ロベール・フォリソン:『ダッハウ収容所の死亡者推移グラフと写真について』

『ヒトラーとサダム・フセインの<大量破壊兵器>』 ロベール・フォリソン

中東問題と歴史検証主義:『イラン、フランス及び世界における歴史検証主義』ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤック:『私はカチンの墓穴を見た』

『第三次世界大戦を歴史検証主義的方法論で考察する』~ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤックの最期

モーリス・バルデシュ:『ニュルンベルク、または約束の地』(1)

ヴァンサン・レヌアールのビデオ:『歴史は勝者によって書かれる』

逆転ニュルンベルグ裁判 ~ユダヤの嘘を暴いてナチスの無罪を勝ち取れ~

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

ショール・アイゼンベルグ

国立国会図書館デジタルコレクション
世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

アジアを攪乱する猶太人 [82]

共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状

*・*・*

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をしていただけますので、ご協力よろしくお願いいたします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金していただいたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承ください。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金いただけます。

関連記事

人間にはない特徴を持つGang Stalker達



以前から疑問に思っていた事があるのですが、某学会員の手首の角度がおかしいのは、やはり気のせいではなかったと思える動画がありましたのでご紹介します。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。




今回もまた所謂トンデモ路線になりますが(と言っても本人は大まじめ)、まずこちらの動画からスクリーンショットをお借りしましたのでご覧下さい。

投稿者様には勝手にスクリーンショットをお借りした事をお詫び申し上げます。

冒頭に出てくるこの人物の手の角度、特に手首にご注目下さい。


靴も何となく奇妙な印象を受けます。


指も何か黒っぽくて妙に鋭いのが気になりますが、手首の関節の位置が微妙。






この指は???


やっぱり何かが違う。微妙に違う・・。






手の甲が長すぎるのかも。


この画像が分かりやすいかも知れません。関節の位置が上すぎませんか?




ギャングストーキングのターゲットになると、この様に日常の行動や偶然を装ったPERPが、それこそ「わらわら湧いて出てくる」とでも言いたくなる位、次から次に現れます。おそらく一般の方には単なる通行人にしか見えないと思いますが、不思議な事にターゲットにはすぐ様「それ」と分かるものなのです。

というより、単なる通行人ではない事を分からせる為に、わざと目立つ様に振る舞ったり、思わせぶりな仕草をしたり、奇妙な出で立ちだったり、場違いなシチュエーションだったり、出くわすのがいつも同じ場所やタイミングだったりするので、否応なしに単なる偶然や「通りかかり」ではないと分かってしまうのですが、その様な光景を嫌と言うほど見て来た被害者には、例え初めて遭遇する相手であっても、その独特なオーラや雰囲気、特徴を敏感に感じ取ってしまう為、100%とは言えなくとも、かなり高い確率で見分けてしまうものです。

それで、Youtubeで他の被害者の方が上げている動画を見ている時も、「あっ、これPERPに違いない!」と分かるのですが、私はすぐにその人物の細かい「間違い」探しをしてしまいます。私の日課というか癖みたいなもので、どうしてもそういう所に目が向いてしまうのですが、あ、今のシーン・・と思う所は最低速度にして、何度も一時停止しながらスクリーンショットを取り込み拡大してみると、やはり・・という結果になる事が多いのです。

今回は手首の角度でピンと来ました。私が以前から疑問に思っていたのと同じ特徴を持っていたのです。それが上のスクリーンショットですが、ここからは、私が撮影した映像からの切り出し画像です。

例によってゴミ捨て時を狙った付きまといです。

常連のS価学会員の部屋の前を通過する手前でカチャンとドアを閉める音が聞こえました。随分慌てていたのか、パジャマのままですれ違うM山。





※色を変えているのは、そこだけ異質な感じがしたり、何かの形に見えたりする場所です。

不自然にゴミ袋を胸の高さに持ち上げていますが、何か私に見せようとしているのでしょうか?


と言うより、袋の中に何かがいる様に見えて仕方がありません。その何かに私を見せている様に思えるのですが・・。可燃物にしては紙ゴミしか入っていない様に見えますが、これと同じ事を元同僚もやっていました。



私とすれ違うタイミングでゴミ出しに出て来て、ゴミ袋を胸の位置に持ち上げる・・・、ただ付きまとうだけではなく、きっと何か別の意味(目的)もあるに違いありません。

この方は足にも特徴がありました。




一体どういう事なのでしょう。それともデジタルノイズやカメラの特性によるもので、私が勘違いしているだけなのでしょうか?

話を戻しますが、上の動画にも見られた手首の角度の不自然さ。










↓これが特に違和感があります。

 

パジャマの脇にも顔があったりなんかして・・・。




親指だけ色が違う。


いずれも別フレームなので、ノイズや映像の乱れ、残像によるものではなさそうです。




因みにこの部屋にS新聞を配達に来る人ともよくこの場所ですれ違います。












新聞配達員と言えば・・・



タイヤが欠けている?

 



野焼きを記録していたら・・・やっぱり絶妙なタイミングで工作員のG家に配達にやって来たいつもの配達員。

 




やっぱり手首~腕全体の角度が不自然。何よりも口元が非常に特徴的です。

この自販機の補充係さんも膝下の角度や手のカーブが不自然ですね。




ベランダにいると人の気配がして下を見ると、芝居が始まるのですが、その劇団員の人達も、かなり特徴のある方々です。


妙に膝裏に縦筋が目立ちますが・・・。

私がゴミ出しに出たり、ベランダから辺りを見ていたり、撮影していたりする時になぜかよくお見かけする人達は、なぜか人間とは少し変わった特徴をお持ちの方が多い様で・・・。

動画を一つ追加させて頂きます。



このおじさんの舌、多分人間じゃないですね。

画像をストレージに保存しました。

※一部ショッキングな画像も含まれる場合がありますので、その様な画像が苦手な方は閲覧しないようお願い致します。

尚、画像のダウンロード、再配布、ストレージのリンクを第三者に教える、無断で画像や画像のURLを掲載する等の行為は厳禁です。被害を解決する為にこの様な方法を取っている事をご理解頂ける方、そして以上の事を守って頂ける方のみご覧下さい。


※画像をクリックするとストレージの別ウィンドウが開きます。
※しつこい様ですが、ストレージへの直リンクも含めURLを貼る行為、画像の再配布、再利用、転載、引用、共有は一切禁止です。




関連記事

ストーカー新聞配達員

ストーカー新聞配達員2

2017年3月15日の早朝の記録



動画




*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。
  
ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。

関連記事

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々



もう嫌と言うほど書いて来ましたし言及して来ましたが(それでも諸先輩方には足元にも及びませんが)、未だにナチスがー、ヒトラーがー、絶滅収容所がー、と言い続けている方達がいらっしゃる為、と言うよりその様な方が大半だと思いますが、今までこの様な情報に接する事のなかった方は別として、多少なりとも目にされているはずなのに、どうしてこんな単純明快な話が理解して頂けないのか理解に苦しみます。

  

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


非常に残念な事に、集団ストーキング被害者の中にも、その様な主張を頑なに貫いている方もいます。そして集団ストーキング被害に遭われているというジャーナリストの大沼さんも、フォリソン教授の話を聞けばすぐに嘘だと分かる<ナチスの絶滅計画>を肯定されています。

今までこのブログでも何度かリンクさせて頂いていた事もありますが、何となく違和感を感じる事もあり静観モードだったのですが、今回のナチス発言でその溝は決定的なものとなりましたので、今後は遠慮せずに指摘をさせて頂きたいと思いますのでご了承下さい。

大沼さんには何度かリプライさせて頂いていますが、完全にスルーされています。(この様に書いたせいか分かりませんが今回はリプライを頂いています。末尾にツイートを埋め込みましたので、スレッドを展開して参照下さい。2/20)



私がフライングでこの様な質問をしてしまったのですが、このスレッドの下の方にその本の名前と著者が書かれていました。

「米国のジム・マーズ著、『第4帝国の勃興』より。p190~」

このジム・マーズ著「第4帝国の勃興」という本を検索してみたのですが出てきません。出てくるのは宇野正美の本だけ。

ドイツ第四帝国の勃興とユダヤ戦略―統一ドイツがユダヤを封じ込める日

そのフッ素云々の情報の出所は?と思って検索を掛けてみたのですが、他にあまりヒットしないので、おそらくこの辺りではないかと思います。

【フッ素の危険性】フッ素は頭を悪くする!?強制収容所で使用されていたフッ素の真実!水道水の民営化=水道水へのフッ素投入 

しかもこの記事の引用元はリンク切れなので、元々どこから出た情報なのか、それは事実なのか確認ができません。

あちこちのブログからの転載で成り立っているこの様なサイトを以前はよく見ていましたが、今は殆ど見なくなりましたし、参考にする事もなくなりました。と言うのも、見ればお分かりの様に、ソースの確認や内容の精査などはあまりしていない様に見受けられます。注目を集めそうな情報をネットで拾ってきては転載しているサイトですので、閲覧する方は注意が必要だと思います。

引用元情報の確認や精査ができる場合まで否定するものではありませんが、以前集団ストーキングに関係のある事件を転載した際に、工作員のコメントばかり選んで引用していた事を記憶しています。何かとても恣意的で意図的なものをその時感じてからは、疑惑ありサイトの一つとして仲間入りを果たしたブログです。

便利で手軽なネットの情報ですが、(((誰かさん達)))にとって都合よく捏造され、歪曲された情報で溢れていて、しかもそれらはネット工作員によって日々量産され、増殖しており、それをまた別のブロガーがそのまま転載し拡散している様な状況です。誰かが憶測で都合良く書いた様な内容であっても、この様な“情報発信系サイト”が転載するとあら不思議、あたかもそれが正しい事、事実であるかの様に広まってしまうのです。

ところが実際には、こうした真偽不明で出所の怪しい情報がまことしやか流布されていたりしますから、それを鵜呑みにしてせっせと拡散しているネット民も、やれB層だのと言って見下したり、マスコミの批判なんてできたものではないのに・・なんて思います。

と言いつつ、私自身も比較的最近までは、かなりそうした出所の怪しい&根拠の乏しい情報を真に受けてしまっていた口なので、決して偉そうな事は言えないのですが、このホロコーストの捏造をある程度理解してからは、何が嘘なのか、誰が嘘を広めているのか、誰が誘導しようとしているのか、かなりクリアに見える様になった気がします。というか今までが曇りすぎていただけなのですが・・・。

フッ素の話に戻しますが、他にはこの辺りでしょうか。

フッ素はナチスドイツで使われた神経毒だった。私達の知らない、フッ素の真実

(画像は同サイトより)

歴史上、初めてフッ素が人間に使われたのは、ナチスが強制収容所のユダヤ人たちが脱走しないように気力を削ぐ神経毒としてなのです。実は、それも、ナチスがドイツ、そして世界をナチス哲学で支配するための実験でもありました


「歴史上、初めてフッ素が人間に使われたのは、ナチスが強制収容所のユダヤ人たちが脱走しないように気力を削ぐ神経毒としてなのです」というのは、どうやって確認されたのでしょう?何か痕跡や記録、または証拠品が残っていたのでしょうか?それとも相変わらず、遺族や生存者の「証言」ですか?

この記事もソースが明記されていない為、情報の出所や真偽の確認ができません。と言ってもソースが明示されていたとしても、それが英語だと私にはお手上げ状態なのですが、それでも出展や引用があるとないとでは大違いです。出展も引用元記載も全くないものを安易に鵜呑みにしては危険である事は言うまでもありません。

またそれを、自説の補強になるからと言って拡散する行為もどうなんだろうと思います。しっかりとした根拠も出展もなく、誰かが憶測や推測や妄想や何らかの思惑を持ってネットに書いた事がそのまま事実になってしまったら大変な事になってしまいます。それこそ嘘も出鱈目も捏造話も「言った者勝ち」ではないですか。中には陰謀系工作員の書いた怪しいブログ情報を引用しては自分の言っている事が正しいと結論付ける、または誘導している人もいますので注意して頂きたいと思います。また私自身がその様なミスを冒してしまわない様に注意しなければと改めて思います。

また話が横に逸れてしまいましたが、フッ素の件もおそらくそのジム・マーズという方が書いた本が情報の出所ではないかと思いますが、本に書いてあるから事実とは限りません。現に下に埋め込みをさせて頂いた動画を見て頂ければお分かりの様に、ヒルバーグという人はフォリソン教授に間違いを指摘され、本を書き直す事になってしまったわけですから・・。

また別のツイートではこの様な投稿をされていました。


上のツイートをRTした後でこんなエアリプをしています。


他にもこの様な埋め込みツイートをしています。


これらに関しては特にお返事などはありませんでした。こちらが一方的にリプライしただけで、返事をしなければならないという義務もありませんので、それはそれで良いのですが、肝心の動画は見て頂けていなかったのだと思います。もしご覧になられたなら何らかの反応を頂いても良さそうなものです。

それとも内容がちんぷんかんぷんで意味不明だったのでしょうか?いえ、そんな事はないでしょう。ジャーナリストを名乗られる方がフォリソン教授の指摘を理解できないとは思えません。高卒の私でさえ一連の動画を見れば、確かにその通りだと納得する事ばかりなのですから、ましてや東北大を出られて大学教授まで勤められた方が、フォリソン教授の言っている事が一体何の事かさっぱりわからない、教授は気でも触れてしまったのか・・・・などと思われるわけがないと思います。

仮にフォリソン教授が嘘や間違いを言っているのなら、どこがどう嘘なのか、どこがどう間違っているのかを指摘して頂きたいと思います。NO川氏の様に~の本を読めではなく、その場で指摘をして頂きたいと思います。

また、集スト被害者の方の中にも、とにかくナチスが悪い、ヒトラーが悪い、ナチスドイツ黒幕説を強引に広めている方がいますが、どうしてこの様な、明らかにおかしな事(ナチスのガス室と呼ばれている部屋で大量のガス殺戮など不可能である事)をご理解されないのか不思議でなりません。

おそらくユダヤから矛先を反らす為にナチスが黒幕なのだと、しきりにミスリード&刷り込みをしているのでしょうけれど、そのあからさまな誘導に違和感を感じている方はどの程度いらっしゃるのでしょうか。残念ながら、ごく僅かか皆無ではないかと肩を落とすばかりですが、中には被害者を装いながらも「同じ様な立場の方」も結構な数いるのではないかと勘ぐってしまったりもします。この様な事を繰り返し伝えていても殆ど反響がありませんから・・。

でもちょっと考えてみて下さい。

仮に何もしがらみがない個人、つまり紐付きではない場合、明らかに間違いだと気付いたなら、考えや意見や立場を変える事はそれ程難しい事とは思えません。この後のフォリソン教授らの指摘を見て、「確かにそう言われるとその通りだ、あの部屋で大量殺戮など不可能だ」と納得し、考えが変わったとしても不思議ではありません。むしろ変わらない方が何か不自然ですし、怪しく思えます。

これだけ明確に矛盾と疑問を指摘されても尚、頑なにナチスの絶滅収容所説を支持するのは何か理由や事情があると考える方が自然ではないでしょうか?

それでも考えを変えられないのは、最早カルト宗教と同じ世界の様に思います。「ホロコーストは宗教」とか「神話」などと言われる事もありますが、全くその通りだと思います。これだけの矛盾を突き付けられてもまだ「そんなはずはない」と頑なに<ナチスの絶滅計画>を信じる方は、カルト信者同様に、例え間違っているかも知れないとうすうす気付きながらもホロコースト信仰を捨てられない方々なのでしょう。創価や統一信者と何ら変わらないと思います。というよりそういう所の信者が広めているのではないでしょうか?

「人類史、他に例を見ない、唯一無二の凶悪さで極悪非道の限りを尽くす恐ろしい独裁者アドルフ・ヒトラー率いるナチスドイツによるユダヤ民族絶滅説」などという濡れ衣冤罪捏造責任転嫁説を・・。

幸い日本ではまだ、ホロコーストを疑ったり否定したとしても、すぐに刑務所に入れられる様な事態にはなっていませんが、いずれそうなるかも知れません。というより、そうなってからでは遅いのです。

指摘しない事、そしてナチス黒幕説に賛同する事は自殺行為か、世界中のゴイムによる心中行為に他ならない為、もう遠慮せずに批判させて頂きますが、全くこの様な情報に触れる機会のなかった方は別として(機会はあったとしても理解するまでにかなりの時間がかかる事は私も経験済みなのでその様な方を責める気は毛頭ありませんが)、この様な情報に触れながらも尚、強引にナチスドイツやヒトラーに罪を被せようとしている人には、何か特別な都合や事情があるのではないかと疑わざるを得ないのです。

断言はしませんが、ユダヤに雇われた工作員の可能性が極めて高いと思います。あれこれと情報を提供しながら最後は決まってナチスに持って行こうとしているのが見え見えです。そうして情報漬けにして訳が分からなくなった所で、黒幕はやっぱりナチスだった、と刷り込むか、時間切れを狙っているのではないかと思います。

また私がこうして騒ぐと、ナチスは一旦引っ込めておいて、黒幕はCIAだと熱心に言ってみたり。その先には「CIA=ナチス」というゴールが用意されていて、「ほら、やっぱりナチスが黒幕だったでしょう?」という結論に導く算段なのでしょう。どうか本当の被害者の方は、その辺りをしっかりと見極めて頂きたいと思います。

被害の解決に向けて情報を収集し被害者の為に情報を発信しています、という風に装っている為、気付いている人は少ないかも知れませんが、あれこれと振り回され間違ったゴールに連れていかれ、時間切れになるだけ・・だと思います。追及していると見せかけて、実は有耶無耶にして煙に巻いて、最も黒幕に近いものを匿い見えなくする役回りの人だと私は確信しています。

これは陰謀追及界隈と全く同じ路線です。おそらく「同じ所属」なのでしょう。以前、「開店」と「閉店」を繰り返していた「ね・た」という人もいましたが(その人はリアルタイムで私に仄めかしをしていた)、なぜそんな風に開店と閉店を繰り返す様な無意味な事をするのだろうと疑問に思っていましたが、その謎が漸く解けました。つまり開店や閉店などを繰り返す事で注目や同情を集めておく必要があったのです。

工作員は存在を忘れられたら終わり。誰からも相手にされなくなったり見向きされなくなれば工作員としてはクビでしょう。だから引退宣言の様なものをしてもすぐに復帰してみたり、アカウントを変えてみたりブログを引っ越したりと、常に自分の動向に注視してもらう為の話題提供に忙しいのです。そう、注目や関心を集める為の演出だったのです。そしてその周辺には、その人がいかにも人気者で、多くの人から支持されているかの様に見せかける為の取り巻きがいます。そうする事で本当の被害者が端に追いやられ、いつの間にか忘れられていくのです。

それとも私がこの様な分析や指摘をする事で、その方に対して誹謗中傷をしているという事にされてしまうのでしょうか。

「何でも差別にすりかえねっと」ではありませんが、都合が悪い事は全て「人種差別」「人権侵害」「誹謗中傷」、はたまた「死者への冒涜」という事にしておけば、例え相手の主張が正しかったとしても、それ以上の追及を躱す事も、うまく誤魔化して逃げる事もできますから、本当に便利ですよね。

それでもしつこく食い下がる相手には「精神病」「性格が悪い」「憎しみに囚われている」などとレッテルを貼って自分を正当化する事もできます。


それでも黙らない不届き者達がいる為、ドイツなどの国々では、疑う事さえ法律で禁止していて、少しでもホロコーストを否定したら牢屋に入れてしまうわけですから言葉を失います。人を殺したわけでもないのに、ただ疑問を持っただけで、歴史の検証が必要だと言っただけで犯罪者になってしまうという、実に恐ろしい世の中になってしまったものです。

いずれ日本もその様になるのではないかと思いますが、なぜ他国で起きた事に疑問を呈しただけで牢屋に入れられなければならないのでしょうか。なぜその様な権限を、国境を越えて行使できる人達がいるのでしょうか。

この世界は誰が支配しているのか、いい加減分かって頂いてもよさそうなものですが、私の様にユダヤを特定して指摘したらしたで今度は、「何でもユダヤのせいにしようとしている工作員だ」などと言われたりするのです。それなら逆に言わせて頂きますが、ユダヤを擁護し、ユダヤが泣いて喜ぶ様な発言をしている人達というのは一体どの様な素性の方なのでしょうか?

という事でまた前置きが長くなってしまいましたが、ここからが重要です。未だにあのガス室での絶滅計画を信じている方が大半かと思われますので、以下に埋め込みをさせて頂いたにフォリソン教授の動画を、ご訪問された皆様にはぜひともご試聴頂きたく思います。

非常に興味深い話が満載です。私などは見ていて非常に興奮しました。まさか・・という様な逸話もありますので。

pさんの動画お借りします。









『人物像』~ロベール・フォリソン(3)より一部書き起こし
「この本の177ページでヒトラーは二度ユダヤ人を殺せと命令したとあなたは書いていますが、何故その出展が書かれていないのですか?ソースも原文も紹介されていません。ヒトラーが殺せのなんのと言ったその言葉はどこから引いてきたのですか?」

「あ、いえ、そのつまり・・命令は存在しませんでした」

(中略)

そして物凄い結論に達したのです。彼は会議でこの結論を発表し、確かにそう言ったとその後再度認めてもいます。

ヒトラーの命令は存在しなかったわけです。計画も予算も指示も存在しなかったわけです。ガス室と呼ばれるものの準備を示唆する書類は一つとして存在しないのです。

医師や技師、科学者が必要だったはずです。ところが何もない!作業の進度を確認する書類もない。何よりも重要なのは予算がないことです!

戦争中はすべてがコントロールされているものです。何百万人もの人間を殺す計画とは一大事業ですからそのための予算が確保されていたはずです。

例えば収容所送還や移送用の予算は実際に確保されていた事が確認できます。収容所の運営費、管理費なども存在しました。ところがヒルバーグが<絶滅>と呼ぶ計画、虐殺だとか「ショア」だとかホロコーストなどと呼ばれる計画、それに関しては何もない!

ヒルバーグの結論は次の様なものでした。

彼(ヒルバーグ)の結論によれば
この政策はすべて自然発生したのです。ドイツの官僚機構内部で次の様な現象が起こったのです。役人同士の間でテレパシー、即ち心と心が通い合って信じがたい合意に達したのです。


ヘスの最後を考えると切なくなってしまったものの、上記の予想外の展開には思わず笑ってしまいました。なんとテレパシーで合意しながら絶滅計画を遂行していたというのですから驚きです。

今の時代なら、テレパシー(思考盗聴・BMI)技術が悪用されていると聞いても驚きませんが、1945年当時にその様な事が可能だったとは驚愕です。

ましてや何百万人も処刑し焼却する作業を全てテレパシーで実行していたのだとしたら、それに関与した人達は皆、恐るべき記憶力や計算能力の持ち主だったはずです。一切の記録も残さず、メモも書かず、全てを脳内で計算し、脳内に記録していたというのですから・・。

その上で、予算の確保から燃料の調達から運搬から焼却作業の指示に至るまで、一切の指令や伝達は全て以心伝心によって行い、この一大絶滅計画を滞りなく実行しなければならなかったのですから、ナチスというのはそれこそ、歩く人間スーパーコンピューター並の超人頭脳集団だったのですね。



もうSFの世界そのもの。今よりも遙かに先進的じゃないですか。

・・・というのはもちろん冗談ですが、そんな事が生身の人間にできるはずもなく、これはフォリソン教授の鋭い指摘に答える事ができなかったラウル・ヒルバーグの苦し紛れの言い訳、詭弁でしかないのは明らかです。

動画を見ても(都合の悪い事は)すぐに忘れてしまう方々もいらっしゃると思いますので、しっかりと脳裏に焼き付けて頂く為に、スクリーンショットをお借りしましたので、以下掲載させて頂きます。

この様な動画をアップして下さったpさんにはこの場をお借りしてお礼を申し上げますと共に、無断でスクリーンショットをお借りしてしまった事をお詫び申し上げます。

*・*・*

これはあの悪名高きアウシュヴィッツの「ガス室」の内部です。


「その上扉は内側に向かって開くことを確認しました」

これ、非常に重要ですね。扉が「ガス室」の内側に向かって開くというのはどういう事かと考えてみたら、非常に興味深い事に気付かれると思います。

つまり、これからガスで処刑される人々自らが、内側から扉を閉め、施錠し、そして処刑された後、死体が起き上がって扉を開けた・・という事でしょうか?



百歩譲って、外側から鍵を掛ける事ができたとして、死体が折り重なった状態で外から扉を開ける事は非常に困難、または不可能ではありませんか?しかも木の扉ですからガスが外に漏れます。多い時で一度に3000人もの人を押し込めたと言うのですから、それが如何に荒唐無稽な主張であるのかお分かり頂けると思います。

それは西岡さんも指摘されています。


こうした指摘は一切無視され、ナチスの絶滅計画をでっち上げるのに都合のいい資料のみを提示して、あたかも絶滅計画が事実であるかの様に語る不可解な方々が驚く程大量にいらっしゃるのですが、こんな事が可能だったと本気で考えているのでしょうか?


たった一人の死刑囚を処刑する為のガス室の頑丈なつくりと、一度に多い時で3000人もの人を殺害したというガス室のつくりをよ~く比較して見て下さい。特に扉は重要です。





そしてガスを発生させるチクロンBはここから投入されたという話ですが・・





なんと、観光客用に作られたのだとか。

という事は、あの粗末な木製の扉ではガス漏れも囚人達の脱走も防げなかった事、換気設備がないのに(注1)、特別な防護もなく遺体を直ちに運び出したという証言の荒唐無稽さなども含め、当時、殺虫剤として使用されていたチクロンBを天井から投入してガスを充満させ、ユダヤ人を絶滅すべく大量殺戮が行われていた・・・という正史の根底が、ガラガラと音を立てて崩れてしまいますよね。

(※注1)中には換気設備があった建物もある様なのでお詫びして訂正します。
厄介なチクロンB投入穴[穴がなければホロコーストもない参照ください


確たる証拠もないのにその様な神話がまかり通って来た事の方が未だに信じがたい気持です。

「ヒトラーがユダヤ人を絶滅せよと命令した」という主張の出所を追及するフォリソン教授。(私も知りたい)


















































私も到底信じる事ができません。そしてフォリソン教授の主張は、至極尤もだと思います。これらの事を頑なにスルーしながら、「これがナチスの手口だ!」などと言っている方々の脳内は一体どの様な化学反応を起こしているのだろうと興味津々です。と同時に、脳内が「ヤバすぎる緊急事態条項」にでもなっていないかと心配です。





ナチス研究の第一人者とのことですから、勿論テレパシーの事もご存知ですよね。
これがナチスの手口だーー!!

 





・・なんて冗談を言っている場合ではないのですが、何かもうジャーナリストを自称されている方々は全滅の様に思います。僅かながら真っ当な方もいらっしゃるとは思いますが、大方は紐付きの様に見えます。何か裏取り引きでもあったのでしょうか?それとも魂を売り国を売ってしまったのでしょうか?

「ナチスの手口」と主張されるのでしたら、せめてあの「ガス室」でどうやって絶滅計画が遂行されたのか説明して下さい。

どの様にして致死量のガスで殺されたばかりの死体の処理を、自分が死なずに直ちに行えたのかを説明して下さい。

そして先の動画でフォリソン教授が指摘している事にきちんと反論して下さい。「これこそナチスの手口!」などというのはそれからの話ではありませんか?それを喜んでRTして拡散されている方々も考えて頂きたいと思います。

妄信はしていないWikiから(この様な項目にはプロパガンダは入り込みにくい為、引用した事を断った上で投稿したもの)




引用:シアン化カリウム


引用:ブリタニカより。

この様な毒ガスで殺害されたばかりの何千もの死体を、引っかけ棒で処理したなどという事がどうしてそのまま信じる事ができるのでしょう。











排気設備がないのに15~20分でドアを開けた??





この方も、一度に2500人が詰め込まれたと証言していますね。その2500人~3000人の人達は、「ガスによる処刑」が始まるまで、何かおかしいとは思わなかったのでしょうか?途中でシャワーではない事に気付いて騒ぎ出す人が一人もいなかったのでしょうか?



立ったまま死ぬしかなかった程、ぎゅうぎゅうに押し込められたら、隅々まで薬剤が行き渡らず、シャワーを浴びても無意味である事に誰か気付いてもよさそうなものです。まさかこんなスシ詰め状態ではシラミの殺菌などできない事に気付いた人が一人もいなかったとでも言うのでしょうか。

仮にたった一人でも「これは罠だ、シャワーなんかではない!」と叫んだら、あっという間に集団パニックに陥り、我先にこの部屋から逃げ出そうとしたはずですが、その様な例外はただの一例もなく、粛々と<ユダヤ民族絶滅作業>が進められていたと言うのでしょうか?

この模型では死体が折り重なっていますね。

立ったまま死ぬしかない程、すし詰め状態の中、苦しみながら上までよじ登っていったのでしょうか?













スクリーンショットは下のリスト内動画より。(順不同)


動画は再生リストになっていますのでぜひ最初からご試聴頂きたいと思います。

それとも、こうした不都合な指摘や疑問、疑惑、検証主義者達の反論に対しては聞こえないふりですか?あるいは既に証明されている、本を読めなどとお逃げになるのでしょうか?それともお得意の人種差別だ、反ユダヤ主義者だ、憎悪に満ちたヘイトスピーカーだ、精神異常者だ、ユダヤ陰謀論者だとレッテルを貼り、罵るだけ罵って終わりでしょうか?

都合の悪い事は適当に誤魔化したりはぐらかしたりしながら嘘や捏造話、またはこの世界を恐怖と混乱に引き摺り込んだ張本人達にとって都合の良いプロパガンダを広める・・・それでは皆さんが「マスゴミ」と呼んで見下し、批判しているマスコミと何も変わらないじゃないですか。どこが市民の為の市民メディアなんでしょうか。

  


*・*・*

大沼さんよりお返事を頂きましたので追加します。



スレッドを展開して見て頂くと分かりますが、私が怒濤の如く質問を投げかけていますが、それに対しては具体的なお返事はありません。大沼さんご自身も攻撃を受けられているとの事ですから、無理に回答を求めるものではありませんが、これらの疑問や物理的に不可能である指摘をないがしろにして「ナチスの手口」を吹聴されるのでしたら、今後も指摘はさせて頂きます。(その後、丁寧なお返事を頂きました。)



まず、きちんとご対応頂いた事に感謝申し上げます。

大沼さんには集ストやハイテク犯罪にご理解を示して頂き、またご本人も被害者でいらっしゃるとの事ですので、内心ではあまり辛辣な事を書きたくなかったのですが、やはり<絶滅>を主張されるのであれば反論せざるを得ません。それは敵に塩を送る様な行為であり、被害者に取っては不利益となる言動に他ならないからです。

大沼さんに限らず、「ナチスの絶滅計画」を肯定されている方々は、被害者を救うと見せかけて、頂上付近に近づいた所で崖から突き落とす様な事をされている事に気付かれていない無自覚な方々なのか、または最初からその様な自覚(目的)をお持ちになっていて、被害者の信頼を得た後に、ナチスが悪い、ナチスが黒幕、というゴールに向かって誘導する役回りの方だったのか、ご判断はそれぞれの方に委ねたいと思いますが、私にはどうしても後者ではないのかと思えてなりません。

とても残念な事ですが、その様な疑惑が払拭できない以上は対立しても仕方ありません。しかし私は口汚い罵詈雑言の応酬になる様な事はしたくありません。最も嫌いで軽蔑する人達と同じにはなりたくありませんし、なれません。

ただし私がその様な言葉を口にする時は、余程の事がある・・という事を申し添えておきます。

また、この様な、非常に重要な動画に日本語字幕を付け、投稿して下さった皆様には、心より感謝とお礼を申し上げます。その功績は決して小さなものではありません。改めて感謝と敬意を表すると共に、こうして勝手に使用させて頂く事をお許し頂けましたら幸いです。

*・*・*

追記(2/23)
私の疑問を受け止めて頂けるとの事でしたが、引き続きこの様なツイートを投稿されていました。


「疑問を受け止めます」、「教示頂きありがとうございます」、というのは社交辞令的なものであって、本当は考えや立場を変えるつもりはなかった事がはっきりしました。フォリソン教授の指摘は決して特別な知識を必要とせず、誰にも理解可能な内容にも関わらず、それらの疑問が解消しないまま、ナチスに罪を擦り付ける様な言動を再開された事が全ての答えだと思います。

非常に残念ながら、大沼さんはあちら側の息の掛かった方だと判断せざるを得ません。それをRTされている方々も、申し訳ありませんが同様の目で見る事になってしまうと思います。ただ単にホロコーストの捏造を把握されていないだけの方もいらっしゃるとは思いますが、非常に積極的にナチス=黒幕説を説いている方もお見受けしますので、やはり・・という感想です。

あれだけ色んな情報を見つけてきては拡散している知識豊富な方々が、こんな簡単な矛盾を理解できないはずがないでしょうに。いずれもご自分の被害は殆ど語っていない方々ですが、最初からその様な役回りだったのか、あるいは途中から寝返った人達だろうと思います。この様な事を書くと同じ被害者の方からも批判される事を承知で書いていますが、これを黙認する事はできません。本当はこんな事は言いたくないのですが、被害者を誤った方向に誘導する人達を許す事はできません。

改めて思うのは、左派ジャーナリストは全滅の様です。というよりジャーナリストと名乗る方は、と言った方が合っているのかも知れません。そして集スト被害者を名乗る○という方も、残念ながら被害者ではなく、被害者の味方でもないと思います。そろそろ気付く方がいても不思議ではないのですが・・・。

以下、大変参考になる記事がありましたのでリンクを貼らせて頂きます。(全てに同意ではありませんがこの様な記事を公開して頂きました事に感謝致します)

【コラム】報ステ「ワイマール憲法」の笑止千万

【コラム】続・報ステ「ワイマール憲法」の笑止千万

【コラム】資料編:ワイマール憲法第48条全文和訳

以下スクリーンショットをお借りしました。


?の所は同意ではありませんが、「独裁者」、「ファシズム」という言葉が実際よりは遙かに悪いイメージとして刷り込まれ、定着している様です。ヒトラーも、話し合いばかりで何も決められない民主主義を批判していた様ですが(確かYoutubeにその様な演説の動画がありましたが)、話し合いや野次の応酬ばかり、はたまたスキャンダルの追及ばかりで、重要な事は何も決まらない議会制民主主義よりも、真に国民の事を思う有能なリーダーによる独裁政治の方が余程ましなのではないかと思います。

動画を探したのですが、みつからなかったので以下の動画を参照下さい。


私が作成した上の再生リストを開けてびっくり。ヒトラー関係の動画、次々に削除されています。言論封殺に躍起になっている様ですので、ご覧になられる方は早めのバックアップ、または視聴をお勧めします。

スクリーンショットを続けます。












自民党支持者ではないので全てに同意ではありませんが、非常に明快な解説と分析に感謝です。

なるほど、だから「ヤバすぎる緊急事態条項!」なんて煽っていたんですね、岩上さん。大分読めて来ました。



また大沼さんは法学部出身との事ですが、ワイマール憲法を随分と曲解されているのではありませんか?再度、原文をお読みになられ、ご確認されたらいかがでしょうか?

ワイマール憲法前文(英語)
Weimar constitution

もしかして、どうせ一般人はワイマール憲法の中身など知りもしないし調べもしないから、多少の嘘を言っても分からないだろうと高を括っていらっしゃったのでしょうか?報ステの様に・・。

でも中には私の様な物好きもいるので、あまり侮らない方がいいかも知れません。

それと、銃規制したい人達が、定期的に偽旗乱射事件を起こしている絡繰りも漸く分かりました。

いずれにしても、とにかくヒトラーが悪い、ナチスが悪い、ナチスの残党が今も世界を支配しているのだ、集団ストーキングの黒幕はナチスだ!という方向に強引に導きたいという思惑が見え見えの諸氏には恐れ入るばかりです。

日本で、世界で、暴風雨の如く吹き荒れるユダヤ隠しの嵐。その手先足先となっている方々には心底失望したといいますか、見損ないました。しかし、何らかの見返りと引き替えに一度その様な立場になると、中々自分の言いたい事も言えず、ご主人様の顔色を伺いながら、意向に沿った発言しかできないと思いますので、今後もユダヤのプロパガンダを刷り込む為の活動に邁進して頂きます様、心よりエールを贈ります。


スクショ随時追加します。







未だにナチスの手口と言い続けている残念なお方。あれだけガス室の矛盾を突き付けたにも関わらず、都合の悪い事はスルー。そして頃合いを見計らってはナチス、ナチスと言い出すのです。他の事なんてどうでも良くて、ナチスを言う為の布石か前座か前振りか、その程度のものです。一番言いたいのがナチスの手口なんですから。

  


もう、この方達には何を言っても無駄でしょう。本当の被害者であるなら、この様な人達に無用な期待をしない方がいいと思います。ナチスに隠れて、こそこそと嫌がらせをしている本当の黒幕を助けてどうするのですか?


※画像はイメージ

*・*・*



未だに<ホロコースト神話><ナチスの殺人ガス室><ヒトラーによるユダヤ人絶滅計画>などという作り話を信じている方には、ぜひこれらの矛盾を真剣に考えて頂けたらと思います。熱心に撹乱や誘導をしている「個人を装った“物書き”や“さえずり”達」を含むユダヤお抱え広報部隊の流す情報に、どうか流されず騙されないで頂きたいと切に願うばかりです。


ここだけの話・・本当です。

*・*・*

過去記事(ユダヤ関連)

アウシュビッツにガス室はなくホロコーストは捏造

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く

改めてホロコーストの真偽を問う

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

戦後最大のプロパガンダ

ナチバスター Nazi Buster

国際ネットワークの代弁者達

やはりユダヤを抜きには・・

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

ユダヤ人地区でのギャングストーキング?

ヒトラーの大衆扇動術?

猶太(ユダヤ)国際秘密力

黒人奴隷貿易の支配者

アジアを攪乱する猶太人

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

外部参考サイト記事・文献

ホロコーストと見直し論

戦後七十年、ナチスの<ガス室>が実在したことを証明する法医学的鑑識は未だに提示されていない・・・

『弁護禁止・立証禁止』で相手の反論を封じるホロコースト否定罪
弁護士シルヴィア・シュトルツがドイツでのホロコースト裁判について語る

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(前半)~ ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(後半)~ロベール・フォリソン

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第一部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第三部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(最終部)

映画『人物像~ロベール・フォリソン』より抜粋

ロベール・フォリソン:『戦時中のナチスドイツに何故ユダヤ人用病院が?』

ロベール・フォリソン:『ダッハウ収容所の死亡者推移グラフと写真について』

『ヒトラーとサダム・フセインの<大量破壊兵器>』 ロベール・フォリソン

中東問題と歴史検証主義:『イラン、フランス及び世界における歴史検証主義』ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤック:『私はカチンの墓穴を見た』

『第三次世界大戦を歴史検証主義的方法論で考察する』~ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤックの最期

モーリス・バルデシュ:『ニュルンベルク、または約束の地』(1)

ヴァンサン・レヌアールのビデオ:『歴史は勝者によって書かれる』

逆転ニュルンベルグ裁判 ~ユダヤの嘘を暴いてナチスの無罪を勝ち取れ~

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

ショール・アイゼンベルグ

国立国会図書館デジタルコレクション
世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

アジアを攪乱する猶太人 [82]

共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状

*・*・*

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。

関連記事