ライブドアに移転します



暫く非公開モードになっており、アクセスできずにご迷惑をお掛けしました。先般の理不尽な削除依頼に端を発し、全く的外れな削除要請に反発し、憤慨した私が、勢い余ってFC2からのメールを一部転載してしまった事でペナルティを受けておりました。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


プライベートモードという、管理者以外は見えない状況、いわゆる非公開モードだったのですが、実質凍結状態でした。

メールを転載した箇所はすぐに削除しましたので、凍結を続ける理由が消失したにもかかわらず、何日間も凍結されたままで、此方からメールで問い合わせてもすぐに返事がなく、というより途中からはほぼ放置状態でした。

対応の遅さに辟易しながらも、しつこくメールを送っていた所、漸くプライベートモードが解除され、復活した直後からおかしかった表示も何とか元に戻りました。

そもそもこの様な事になったのは、私を工作員だと書いていたブログ管理人が、まったく的外れな削除要請をしてきた事から始まっています。

続 被リンクと2chでの誹謗中傷

私を「2chに常駐しているサクラで工作員」だと堂々と書いていたのですから、私が自分のブログで反論したところで、何ら咎められる謂われはありません。中傷していたのは相手の方です。それなのに、私がその人を中傷している、名誉毀損しているなどとお門違いな理由で削除を要求して来たのですから、私が反発するのは無理もないと思いませんか?


その勢いでFC2からのメール内容を一部転載してしまった事によって、本来私が受けるべきペナルティ以上の(比較にならないほどの)多大な時間と労力を費やす事となってしまったのです。

今回の事で、私はもうFC2でブログを続ける気力をすっかり失いました。そしてここが凍結されている間にライブドアで新しいブログを立ちあげましたので、今後はそちらで更新をしていく事にします。

もう二度とこんな思いをしたくないという気持から、移転を決意したのですが、使ってみたらかなりいい感じなので、結果的には良かったのかも、なんて思っています。怪我の功名といいますか、転んでもただでは起きない、やられたら10倍返し、それが私のモットーです。



新しいブログのタイトルも「殆ど」同じです。

Livedoorブログ
GROUP STALKING - 組織型ストーキング犯罪被害者のサバイバル記

ライブドアにインポートした記事の画像の殆どは、このブログの画像を参照しています。またリンクも多数残っている為、FC2の方はこのまま残しておきますが、イレギュラー的な事が発生しない限り、基本的にFC2での新規更新はしません。必要に応じて過去記事や画像を修正する事はあると思いますが、もうここで新しい記事を書く気力は完全に消失しました。
※両方で記事の修正をするのが面倒なので、基本的にはライブドアの方のみ、修正をしていく事になると思います。

ライブドアの方は、インポートした記事のリンクがこのブログになっていますので、クリックするとここに飛んでくる設定になっています。それもあって、ここを閉鎖するわけにはいかないのですが、行ったり来たりでややこしいかもしれませんが、ご了承ください。

と言う事で、以後ライブドアの方で記事を更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。m(._.)m

何があっても、どんなに時間がかかろうとも、引き戻されようとも、躓こうとも、再び立ち上がり、一歩ずつ着実に前に進むしかありません。もう後ろには戻れない。というか後がないから前進するしかないのですが・・・(-_-;)

何がどうであれ、こんな奴らに負ける訳にはいかないのです。

頑張れ、被害者!

と書いてからふと思い直しました。こんな嫌がらせを受けながら被害者は既に十分頑張って生きているのに、これ以上頑張れというのは酷な言葉ですね。

ある方がブログに書かれていた言葉がとても印象に残っています。

被害者が一日生き延びれば、それだけ加害組織はコストなどの損失を被るのだから、被害者は生きているだけで奴らにダメージを与えているのだと。だから一日でも長く生き延びろと。

その言葉に私は感銘を受けました。

もっと言うなら、加害する人間の中には、悪魔に魂を売り渡した事で心と体を乗っ取られ、病んでいく者がいたり、中には用済みで消される者もいる。嫌がらせを一つする度に、それに応じた罪を背負う事になる。その先にはどんな事が待ち受けているのだろうと想像するだけで、この悔しさがいくらかは癒されるのです。

加害者が加害行為を行う度に、彼らの滅びの時が近づくのなら、それに耐える被害者の忍耐と苦悩は、決して無駄ではないと思うのです。彼らを二度と復活できない底なしの火の池に葬り去る為に、もしかしたら私達被害者は選ばれたのかもしれません。

そう思いながら、一日一日を生き延びるだけでも、背負わされた役割を果たしているのかもしれません。どんなに惨めでもかっこ悪くてもダサくてもボロボロになろうとも、生きているだけで奴らにダメージを与え、罪を背負わせ、滅びに向かって加速させている・・・そんな風に私は思うのです。

だから頑張れという言葉は敢えて使いません。私から本当の被害者に伝えたい言葉。

負けるな 被害者!
負けるな Targeted Individuals!

なーんて柄にもない事を書いて、このブログの更新を終える事にします。











*・*・*



私はこのオオハズクさんが好きなのでよく使っているだけで、別にイルミナティのメンバーとかじゃないです。




*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読ください。


個別リスト一覧←加害者別ページの一覧

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

路上駐車常連さんに直接電話を掛けた時の通話

「高速道路」族の執念深さに辟易する日々

晒しはダメ!と言いたい方へ

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止してください。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承ください。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。

関連記事
スポンサーサイト

加害者が偉そうに・・



昨日の朝、団地の草刈りがあったのですが、私は団地の住人を見るのも嫌なので、最近は娘に出てもらう様にしています。草刈りを終えた娘から、K水流の事を聞き、加害者の分際で何を偉そうにと、怒り心頭の私からの反撃です。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


私が住民との接触をできるだけ避けている理由は、今までの積もり積もった感情が、いつか爆発してしまうのではないかと、自分でもそれを危惧しているというか自覚しているからなのですが、何かの拍子にたがが外れて言い合いになり、警察沙汰にでもなったら、此方が不利であるのは言うまでもありません。下手をすれば措置入院や強制入院です。それで済めばまだしも、刑務所行きになれば一貫の終わり。

仏の顔も三度まで、と言いますが、愚かな凡夫である人間の私など、いつ感情が爆発しても不思議ではなく、それが分かっているからこそ、殆ど外にも出ずに引きこもっているのですが、必然的に今まで私がこなして来た用事なども娘に頼む事になってしまいます。情けない話ですが、それが今の私の「日常」です。

執拗な嫌がらせに終にキレて、反撃に出てしまった被害者の人が起こした事件では?と思う様なニュースも時折目にしますが、自分は絶対にそうはならないぞと、果たして言い切れるでしょうか。



もしかしたら同じ事を自分がしてしまうかもしれない、誰でもその可能性は秘めていると思います。でもそんな事をしたら奴らの思うつぼだ、その手には死んでも乗るか、という気持が逡巡する今日この頃。

その様な暴発を避ける為にはできるだけ奴らを見ない、意識しない様にする他ありません。出来るだけ接触を避け、刺激を受けない様にするしかありません。

そんなわけで、昨日は娘が草刈りに出たのですが、今回、班長(毎回、仕切り役を選んで班長を置く)だったK水流が、私の娘に対してあれこれと指図をして来たそうです。

その内容も、小さい草ばかり刈っていると怒られるから・・とか、刈った草を入れたゴミ袋を運ぼうとした時に、一つだけ持って行くのは効率が悪いから2つ同時に持って行けとか、いちいち口を出して来たそうです。しかもものすごく嫌な態度で。

帰って来た娘が、「母さん、Kに何かした?」と聞くので、「ああ、ブログに書いたから」と言うと、娘が納得していました。確かに最近、内容が不足していたK水流の個別ページに画像をかなり追加しました。その画像も作り替えたりした為、それが気にくわなかったらしく、娘に対して高圧的に威張り散らして来た様です。

自分達のしている事を棚に上げ、ターゲットのちょっとした落ち度?を針小棒大にあげつらい、粗探しをして非難する。しかも1対1ではなく1対多です。その人個人に対して何ら不利益や損害を与えたわけでもないのに、というかそもそも名前くらいしか知らない人達で、中には名前すら知らない人や国籍の違う人までいるのに、相手は徒党を組んで嫌がらせや付きまといをして来るのですが、これがこの加害者達のメンタリティです。

以前、私も資源物を出す際に、細かい事で注意された事を思い出しました。

例えば↓この様に・・。



これは私がペットボトルのキャップをコンテナに入れようとした時に、それはそうやって出してはいけないと注意をされた時の光景。

何がどういけないのか聞いたのに、その返事がよく理解できなかったので、その時は持ち帰り、別の時に出そうとすると、また他の住民から注意をされました。結局、資源物として出していいのかいけないのかよく分からず、また注意されるのも気分が悪かったので、その後からキャップは持っていかない様にしました。(今は可燃物として出しています)

ペットボトルのキャップは「P.P」と書いてあるので、プラスチックゴミとして出せるはずなのに、なぜそんな事を言われたのか未だに意味が分かりませんが、とにかく私に何か注意をしたくてうずうずしている様な人達です。

そうした人達は例外なく、私が駅まで往復する時を狙って姿を見せるのでした。

以下の画像も同じ人物(S・A)のものですが、(本当の)集団ストーキング被害者の方には特に説明は不要かと思います。

↓私が駅から戻ってくるタイミングで、おもむろに収集所の前に出て来て


こちらにチラっと視線を向けて


車が近づくと歩き出す、というテンプレート通りの行動を見せたり


同じく常連のM坂M子と一緒に芝居を見せたり(絶賛指差しアンカリング中!)


(奥からタイミング良く学生が歩いて来る)


私が収集所でコンテナに資源物を入れていると、直後に姿を見せるS。


とにかくゴミ出しのタイミングがシンクロしますが、何気にうれしそう。




そういうのが苦痛なので、この人達がいないのを確認してから出て行こうと思ってカメラを向けると


不思議なことに、既にそこにいる・・というパターンが何度となくありました。まるで私の考えや行動を先読みされているのではないかと思うのはこうした事があまりにも多いから。

せっかくなのでこの前後の様子も画像でお伝えしたいと思います。

駅からの帰りにスーパーに寄ると、常連のプリウス婦人部?が先回り。

※この人は団地住民ではなく、結構な豪邸に住んでいる。

団地に入る所手前のカーブでは、この様な展開が頻繁に繰り広げられるのですが(人のシェイプと車は合成)

 

予測通りのコリジョン。


そしてSがここで待ち伏せしつつ川を眺める小芝居を打ち


路駐していた33-33(Y崎の同居人のヤクザの車)の奥には、ゴミ出し時つきまといの定番要員、K林の後ろ姿。


駐車場に入ると、グッドタイミングでN村の車が出て行き、


荷物を降ろしていると、小走りにやって来たY下が車に乗り込み




子供を学校に送る口実での付きまとい。


荷物が多かったので、一度部屋に荷物を運んだ後、再び車に戻ると、いつの間にか戻って来たN村が必死の「顔見せ」


そんなに焦って顔を出さなくても・・・。


狭い隙間から半身を出し、アピールした後


何食わぬ顔で(というか後ろ向きなので表情までは分かりませんが)


部屋に戻るN村。


続いてふとY田の車に目をやると、ドアが開いていて、「ちょうど」車に乗り込むY田の姿が。








この様に、絶妙にタイミングをずらしながら、次々に波状攻撃を仕掛けられるのですが、これを偶然だという事にしたい人達が、必死に妄想説を唱えています。しかし、こんな出来すぎの展開が、まるで映画やドラマの様にタイミング良く続く方がおかしいのです。何年間も続く確率というものを、少しは考えてから言って欲しいと思います。

いずれにしても、娘に高圧的な態度で指図してきたK水流さん、あなたは自分のしていること(集団リンチ=卑劣な組織犯罪)を棚に上げ、何事もない様な涼しい顔をしながら、随分とえらそーな口を娘に対して聞けたものですよね。



私のモットーは10倍返しです。その事をお忘れ無く。

↓あなたの専用ページをご用意しております。

K水流

別に好き好んでこんな事をしているのではありません。あなた方が組織的に犯罪行為をしているから、この様な防衛措置を取らなければならないのです。警察が当てにできるならそうしていますが、現状は妄想、精神病扱いです。

私への嫌がらせが始まる前、団地の会計に疑問を持った事がきっかけだったのですよね。何か探られると困るのですか?やましい事があるのではありませんか?実は警察の裏金とか、創価に流れているのではありませんか?創価経由で北ちょーせんとかに流れていたりしませんか?

会計報告の内訳がなかったから、それを私は指摘しただけです。それ以上首を突っ込むつもりもありませんでした。なのに余程焦ったのか、団地ぐるみ、地域ぐるみの嫌がらせに発展するとは・・・。

もう私達親子に執着するの、やめてもらえませんか?





私はこのオオハズクさんが好きなのでよく使っているだけで、別にイルミナティのメンバーとかじゃないです。




*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読ください。


個別リスト一覧←加害者別ページの一覧

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

路上駐車常連さんに直接電話を掛けた時の通話

「高速道路」族の執念深さに辟易する日々

晒しはダメ!と言いたい方へ

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止してください。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承ください。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事

雷雨でもきっちり現れるPERP達



2015年の事ですが、雷雨の中でもPERPが現れるのか検証した時の様子です。既に動画でも投稿済ですが、画像を作り直しましたので再掲します。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


私は意地が悪いので、こういうどしゃ降りの時は、なぜかこうした検証をしたくなるのですが、予想通りに現れるPERP達は、ある意味「律儀」だなあと感心します。決して期待を裏切る事がありません。

emoticon01.pngemoticon01.pngemoticon01.png

では、以下画像でご覧ください。

この時も室内から撮影を開始。

 

窓際に接近中のカメラ。

 

ピカっと光った瞬間。まるで日中の様な明るさに。

 

早速1台目登場。4分47秒後の出現です。

 

ここを通過する時に思いっきりクラクションを鳴らしていました。(末尾動画参照ください)


対向車も来ていないのになぜクラクションを鳴らす必要が?

続いて5分36秒後、2台目のストーカー?車両出現。

 

PERPがよく乗っている白の軽。


ピンぼけしてますが、6分27秒後に3台目出現。


10分31秒後には4台目通過。

 

ナンバーが読み取れませんが、?4-5? かも。


そしてそして、

はい、出ました!K村です。撮影を始めてから12分33秒後の出現。

 


 

バックしながら雷光に浮かび上がるK村の車。そのまま感○したら良かったのに。

 



K村に続いてI見の車が駐車場に入って来ます。これぞ集スト名物、コラボレーションシアターの見本例。

 


 


 


 


 

車を下りた瞬間、雷光がI見を直撃!

 

首の所、透けてます?


ドアをロックして


脱兎の如く走るI見。

 



どしゃ降りの中、颯爽と走り抜けるI見。

 



こんな豪雨の中でも召集が掛かると出動しないわけにはいかないのですよね。


I見が棟に入るのを待って、K村が車から降りる。


なぜか「同時」ではなく、絶妙にタイミングをずらすのがポイントです。私がよく使う「芝居仕立て」とか、「芝居じみている」というのは、こういう展開の事を言っています。「時間差シアター」などと勝手に呼んでいますが・・・。

傘をさして、雷雨の中を歩くK村。傘がちょっと違和感あるのですけど



 




 



ふと立ち止まり、車の方を振り返りながら少し引き返すK村。

 



車を確認するふりをして(これもよくやる演技)


また歩き出します。



 



一通り芝居は終わったかと思ったら、まだ残っていました。

16分33秒後、JP通過。

 


 



788?


いつもの事ですが、ご苦労さまですね。JPさん。




それにしてもこの雷雨の中で、見事なまでに常連さん達が次々に現れるのですが、どこまでもテンプレートに忠実な方々です。

約17分で7台という事は、2分40秒に1台のペースで車が通過した計算になりますが、これを1日に換算すると、すごい台数になるのではないですか?

17分で7台

1440分÷17分×7台=592.9411764台→593台


深夜~未明は若干少なく見積もったとしてもざっと400台とかの数字になるのでは?

こんな片田舎の団地で、殆ど住民しか使わない道路なのにその台数は


ありえなーーーい!!

emoticon01.pngemoticon01.pngemoticon01.png


という事で、私が撮影する時を狙って集中して出入りしている事は明白です。これが毎回の様に再現されるわけですから、意図的であるのは誰の得目にも明らかではないでしょうか。

最近はこの様に数字で表されると一目瞭然&バレバレなので、作戦を変えたのか、県道を通行する車による「集中砲火」式の工作が増えている傾向にあります。あと相変わらずサイレンによる嫌がらせは続いています。あくまでも緊急出動のふりをして、シラを切り通すつもりなのでしょうけれど、こちらも遠慮無く矛盾を指摘しますので、その手もいつまで通用するかどうか。。

この時の様子は、この動画の冒頭に収録しています。


因みに、どしゃ降りの中で検証した別の映像から。(既出ですが)


 

出ました。M山の息子。なんと42秒後(笑)


彼女の車が待機していた様です。


M山の息子が車に乗り込んですぐに、まさかの「抱擁」。


っていうか、一緒に住んでいるならなにもそこでやらなくても。。。

vomit-151447_960_720.pngvomit-151447_960_720.pngvomit-151447_960_720.png

またある時は、ヒッチハイクの真似事をしてみたり。




・・・っていうか、一緒に住んでいるんだから、なにもそこでやらなくても。。。



一緒に部屋に出入りしている所、何度も見かけています。というか遭遇していますよね。




※やけどの応急措置の為、病院から戻ると、待ち伏せしていたM山息子と彼女の車が、殆ど同時に車庫入れし、2人で部屋に戻る時の画像。こんな深夜でもまとわりついて来るPERP達。あくまでも偶然を装っていますが、実態はストーキング以外の何ものでもありません。

だから言っているのです。わざわざ人目に付く場所でいちゃいちゃしなくても、部屋に入ってから気が済むまでいちゃつけばいいのにと。



こういう風に、わざといちゃついている所を見せるのも嫌がらせの一環だと分かったのは、集ストを知ってからの事です。よく高校生のバカップルが抱き合っていたりするのも、多分こうした「集スト案件」ではないかと思います。だって、こっちが見ている事など百も承知なんですから。普通は人が見ている時はしないでしょう?日本人は特に。

いずれにしても、私がカメラを向けるとなぜか毎回、この様な光景が展開されるわけですが、これも全て偶然ですか?妄想ですか?仮に偶然だとして、その様な偶然が、かれこれ8年近くも続いているのですが、その確率は如何ほどのものでしょうか?数学の得意な方、誰か計算していただけませんか?

emoticon002.pngemoticon002.pngemoticon002.png



私はこのオオハズクさんが好きなのでよく使っているだけで、別にイルミナティのメンバーとかじゃないです。




*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読ください。


個別リスト一覧←加害者別ページの一覧

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

晒しはダメ!と言いたい方へ

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止してください。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承ください。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事