Youtubeから 警察変(編)

これらの警察官の対応、よくご覧頂きたいと思います。



法的根拠もなく説明もできない。
呆れてしまいます。



名札を裏返しにしたり、手で隠したり。
なぜ、堂々と名札を提示したり、名乗れないのでしょうか?
何かまずい事でも?




もう、ヤクザと変わらないですね。
脅し、恐喝、職権乱用ですよ、これ。

警察は暴力装置以外のなにものでもありません。
一応、市民や国民を守る振りはしていますが、それはただの表向きのポーカーフェイス。
腹の中は、権力とお金の事ばかり。
中には、正義感のある真っ当な警察官の方も、いらっしゃると思いますが、残念ながらそういう方はごく一部だと思います。
こういう組織に長い間、属していると、染まってしまいますから。

権力とはいかに人間を堕落させるものなのか・・・、そう語っている大石さんの動画ですが、無線機で公安の車両だという事が分かったみたいです。


そう言えば、私の隣の棟に、すごいアンテナだらけの部屋があります。
おそらく、私の思考を盗聴したりする為のアンテナではないかと疑っているのですが・・・。
次の記事で写真を掲載します。


下の動画はおそらく偽被害者の動画だと思われます。ご注意下さい。




被害対策と言いつつ、変な方向に誘導している様に思います。
精神疾患を完全には否定していない事(半々だと考えている様ですが)、向精神薬の服用を何気に勧めている事、妄想の強い人だと印象付ける狙いがある様に思える事、など、本当の被害者の人とは、やはりどこか感覚がずれています。

全般的に、「集団ストーカー被害を訴えている人はやっぱり頭のおかしな人」という印象を植え付ける狙いが見え隠れしています。

具体的に挙げると、
まず、コンビニのサラダは×でしょう。
切った野菜を水に晒して、変色しない様に漂白していますから、ビタミンなんて殆ど残っていません。
ジュースもカップラーメンもビタミン補給などを期待しては駄目です。
仮にビタミンが入っていたとしても、添加物の害の方が遙かに大きいですし、熱湯を注ぐと、カップラーメンの容器から、有害物質が溶け出して危険だと、少し前に言われていましたね。
サプリも、実際に体にいいものもあるとは思いますが、合成ビタミンなどは、返って体に負担になる場合もありますから、あまりこの人の言う事を信用しない方がいいと思います。(信用したい人だけ信用して下さいと断ってはいますが、それも作戦かも)

最後のソフトもインストールしない方がいいと思います。
Webカメラやスマホの様に、例え電源を落としても、勝手に撮影して、その映像がネット経由で送信されてしまう危険があります。

もしかしたら集スト被害者の人は、家宅侵入され、勝手にPCにこのソフトをインストールされているかも知れません。
デスクトップ(モニター)で、録画できるという所が、どうも引っ掛かります。
というのも、カメラを内蔵したPCでなくとも、このソフトをインストールすれば、録画(撮影)が可能だという事ですよね。
そういう事も疑って見た方がよさそうな気がします。

いずれにしても、被害対策と称して、親切を装って、コンビニ食品を買わせたり、こうした危険なソフトをインストールさせようと誘導している様に、私には思えます。
私の個人的な感想ですが、この動画主の人はちょっと工作員臭い気がします。

集スト=統合失調症だと叫んでも、相手にされなくなって来ているので、今度は被害者の振りをして、一緒に解決しましょうというポーズを取りつつ、違う方向にミスリードしようという作戦に出てきたのではないかと思います。

そもそもブレーカーを落としても、外部から電磁波を照射されたら、何の意味もないですし。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する