民族性?人間性?

韓国や中国との対立を煽るつもりはないのですが、やはりどうしても、こういう行為は理解できません。
こうしたモラルを欠いた行為をするのは、一部の人達ではあると思いますが、それでも平然と、他国の文化や遺産や公共の設備に傷を付けたり破壊する様な行いは、普通の感覚を持っている人であれば、なかなかできるものではないと思います。

例え誰も見ていないとしても、あるいは、大勢で渡れば怖くない“赤信号”だとしても、やっぱりどこかで心が痛むものです。



何でもかんでも韓国人や在日の人を悪く思うのが良くない事は分かっていても、やっぱりこういう現実を目の当たりにすると、こうした行為を平気でする方には、あまり日本に来て欲しくないなと、つい思ってしまいます。

また、今現在、日本に住んでいるなら、早めに自国にお帰り願いたいとも思います。
他国に住まわせてもらいながらも、その国の人や文化を大切にできない人は、その国に住む資格はないと思います。

自分たちは強制移住させられた云々、という主張はもう崩壊していますし、100歩譲って、強制的に連れてこられたとしても、今は自由に移動できるのですから、帰ろうと思えばいつでも自由に帰れたはずです。
生活基盤が日本にできあがっているから、今更違う場所で生活できない、といいつつ、日本の福祉に頼って生きている人達も多い事でしょうが、本来は自分の国で生活保護を受けるのが妥当ではないでしょうか?

非常に曖昧でいい加減な受け入れ政策が続いた結果、とても歪んだ社会構造の中で、国民の方が肩身の狭い思いをして生きているのが今の日本です。
一体この日本という国は、誰の為にあるのでしょうか?

因みに、先日、私のYoutubeの動画に、uncle shuichiというユーザーから、こんなコメントが付きました。

omaewaahoka?????

ローマ字で書いていますが、
お前はアホか?????
と言っています。

それで速攻、削除してしまったので、今、動画にはコメントが残っていません。
削除しなければ良かったと思った時にはもう遅かった(笑)。

私宛の通知のキャプチャーです。
spam.jpg

見ず知らずの他人にいきなりアホかと言ってくるなんて、どういう人物なのだろうかと思い、この人のチャンネルを覗いてみました。

https://www.youtube.com/user/kodashu

なんと、ハングルの表記がいきなり出て来ます。
チャンネルの主かどうか知りませんが、韓国の歌?を熱唱しています。
という事は、この人は韓国の方なのでしょうか?

別に韓国人というだけで差別するつもりはありませんが、集団ストーカーには、在日、同和、創価学会(在日が多い)などが深く関与しているので、どうしても、こうした国の人達には、半ば反射的に警戒をしてしまいます。
(私の場合はフィリピンもかなり関係しています)

国とか民族にこだわって対立を煽るのは良くないですが、何の警戒もせず、何でも受け入れてしまう事は、日本に住む日本人を苦しめる事にもなってしまうので、ある程度の線引きは必要だと思います。

何でもかんでもごちゃまぜ状態、一緒くたにしてしまえば、そこには必然的に混乱が起きます。
だから最低限、国という単位の中で、比較的近い精神性や、同じ習性をもつ民族が、助け合い協力しながら生きていくのが、一番理想的で平和なんじゃないかと思います。

そして、そこには最低限の防衛力も必要だと思います。
相手が武装解除しないのに、どうぞ侵略して下さいと言わんばかりに丸腰になってしまえば、自分も家族も国さえも全て奪われてしまいます。
なので、右翼=軍国主義&即戦争、という風な極端なレッテル貼りも、方向を見誤ってしまうような気がします。
外国のテロ集団が責めて来た時に国民を守れるのは、やっぱり自衛隊しかいません。

自衛隊の中にも、集スト関与の様な闇はありますから(在日がかなり入り込んでいるとか)、その闇を取り除く事は必要ですし、もちろん、ゲーム感覚で、早く戦争しよう!などと言っている人達は論外です。

相手側がその国に住むその国の人達や文化や習慣を尊重してくれる人達だけなら防衛力も装備も不要ですが、現実は違います。
隙あらば侵略しようと狙っている国もあるのです。

自国民の生活や命を守る為には、外国人の受け入れや付き合い方に関しても、駄目なものは駄目とはっきり言うべきではないでしょうか。

そういう風に主張する人達を、民族だ、国家だと言って騒いでみっともないとは、どうか思わないで下さい。

外国人に対する度を超えた寛大さ、寛容さの為に、その反作用として、自国民が窮地に追い込まれ、虐めを受け、虐待され、凶悪犯罪に巻き込まれ、命を落とす人が後を絶たないのです。

ただし、粛正されるべきは、あくまでも、日本に住みながら、日本を破壊する様な活動をしたり、犯罪を犯したり、日本人や日本の文化、風習、秩序を乱したり、集団で一人の人間を抹殺する集スト犯罪に加担する様な不良外国人あって、普通に真面目に生きている方々を指しているのではありません。

いずれにしても、集団ストーカーに加担する様な不良外国人には、即刻、自分の国にお帰り願いたいです。
また、集ストの手先として動いている人間は、日本人であろうとなかろうと、粛正して頂く事を強く希望します。
集団ストーカーは人殺しなのですから。

大事なのは、右とか左とか、個人の価値観や主義主張よりも、この世界から、戦争や殺人や集団ストーカーの様な卑劣な犯罪がなくなり、他人を侵害せず、自己の権利ばかりを主張せず、他人の人権を尊重し、みんなが安心して生きられる平和な世の中になる事なのですが、そういう日が訪れるのはいつの事やら。


またツイートをいくつか。









↑これ、思い当たる節が・・・。
以前にも書いた事がありますが、私は大飯原発再稼働が決まった頃、民主党野田政権に嫌気がさし、総選挙の直前まで、自民党(安倍さん)を応援していました。
それまで自民党は大嫌いだったのですが、中川昭一さんや麻生さんの動画を見て、それまでのアンチが一転して、安倍さんを応援する様になっていました。
ただ、選挙の直前に、安倍さんと統一の関係がある事がわかり、そこでまた路線変更し、今度は反原発を主張していた小沢さんを応援していました。

ただ、安倍総理バッシングには、どうも裏というか、他国(韓国あたり)の計略がありそうな気がしてなりません。


集団的自衛権もそうですが、中国や韓国の活動家が必死に反対しているのがどうも引っ掛かります。

安倍さんと宗教との繋がりも、果たしてどこまでが事実かわからないですし、悪意のある捏造もあるでしょうし、仮に祖父からの繋がりがあったとしても、今は日本の為に尽くしている方なのかも知れません。
なので、今は事実を見極められるまで静観モードです。

結局、事実も含め、色んな説や噂が飛び交い、至る所に罠が仕掛けられているので、もう訳がわからなくなってしまったのと同時に、いささか疲れてしまったのですが、極端な話、どんな政党であれ、政治家であれ、集ストをなくしてくれるなら誰でもいいとさえ思ってしまう程、この被害から解放されたいという思いで、今は一杯です。

ただ、「公安警察の手口」の本の内容が事実なら、私は間違いなく「潜在右翼」として発見されたのだと思います。
すぐに解約しましたが、チャンネル桜に登録したり、そうした保守系のサイトによくアクセスしていましたから。
ネットは、こうした特定の思想を持った人物を発見する最適なツールですからね。
釣りサイトもたくさんありますし・・・。




↑集スト被害者、特に思考盗聴されている被害者は、こうした技術を開発する為の人体実験に利用されていたのは間違いないと思います。

技術が発表されたという事は、今までに、長い年月をかけて実験をし、そのデータの蓄積をしてきたはずで、その為には膨大な数の被験者が必要になります。

つまり、私たちは同意も承諾もしていないのに、勝手に人体実験に使われて、人生そのものを破壊されてしまったという事です。

これを読んで、ちょっと頭に血が上りました。

「見事世界初の記憶保存ビジネスの立ち上げに成功した」

開発した側は、他人の人生を台無しにしておいて、大々的にビジネスを展開して膨大な利益を得る。

許せないですね。
この鬼畜どもが。

勝手に記憶まで保存?
おそらく、被験者(集ストターゲットなど)が眠っている間に、記憶をスキャンして媒体に保存する実験も、散々して来た事でしょう。

それがどれだけ人道に反する事なのか考えた事あるの?
実験するなら、自分たちですればいいのに、他人の命や人生や思い出や記憶を一体何だと思っているのか。

本当に、他人の脳内をビジネスにする人間達こそ、この世から消えて欲しい。
こんなものなくたって、十分人間は生きていけるし、今までも生きてきたのだから。

認知症の方には朗報かもしれないけれど、その為に、他人(人体実験の被験者)の人生を犠牲にしていいはずがない。
民衆を監視・支配したい人間達が、この技術を悪用しないはずがない。
食べ物やワクチンや、注射、その他の方法で、本人に同意も得ずに、本人さえ知らない間に、チップを埋め込まれるであろう事は、誰が考えても自明。

一体、どれだけの人の人生を犠牲にして、その技術を開発してきたの?
自分の脳内を読まれている被害者が、どれだけの苦痛を耐えていると思っているの?

ミレニアム・マグネティック・テクノロジー社の創設者、ドナルド・マークスさん、あなたこそ鬼畜です。

本当にそんな世界をみんな望んでいるの?
どんどん人間が、機械化していく世界なんて、私は御免です。

人間は機械じゃない。
コンピューターでもない。
心や感情や意志を持った生命。

もう他人に介入されずに、自分の人生を生きる事は無理なのか。

狂った世界。

狂った人々。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する