秘密情報機関による秘密探偵と電磁波による拷問

集団ストーカー被害者にとって大変重要なツイートがありましたので、以下に貼り付けさせて頂きます。

重要なので、下に抜粋して書き出しました。




















これは、まさに集団ストーカーの被害者が日々経験している事です。

以下、転載します。

 ア) アーミン・グロス氏
 カ) カール・クラーク氏

カール・クラークの話す内容に、一部の読者は息を飲むであろう。英国生まれの同氏は、どのように人々をターゲット化し、引退した後は彼自身がどのようにターゲットになっていったのかを説明した。彼はまたターゲットを拷問するためのマイクロ波兵器の配備にも携わっていたが、その後彼自身にマイクロ波兵器が向けられた。「このような不正行為は、一般大衆に公開されなければ止める事ができない。」同氏は警告を鳴らす理由を以下のように語った。

カール・クラーク氏(英ノーフォーク)とのインタビュー

ア)秘密諜報機関の関連事項は、普通は公開されません。しかし、あなたは公にしようとしている。あなたはどこで働いていましたか?

カ)1980年から2003年までフリーランスで様々な諜報機関で働いていました。1997年までは米国中央情報局(CIA)で、その後はイスラエルの諜報機関モサドとユダヤ人の差別と中傷に反対する米国の組織、名誉毀損防止同盟(ADL)で働いていました。また英国の諜報機関の分局MI5にも雇われていました。その後、警察の諜報機関と調査会社の諜報部に移りました。欧州の作戦地、パリ、チューリッヒ、ベルリン、デュッセルドルフ、ミュンヘン、マドリッド、リオン、モスクワに派遣されました。

ア)主にどの様な任務で?

カ)特定の集団に潜入し、組織に関する内部情報を取得する重要な任務です。特定の集団に加わり、会員の何人かと友人になり、その後彼らの生活の破壊活動に移りました。

ア)どのような集団でしたか?

カ)まず犯罪組織と麻薬カルテル。英国の国民戦線、ナチあるいはスキンヘッド(ネオナチ)集団に関する情報をイスラエル諜報機関に提供していました。イスラエル側が関心を持っていたのは、氏名、住所、会合場所、プロジェクト、目的です。
CIAの場合、個人のターゲットを追跡しました。


ア)活動の具体的な内容を教えて下さい。

カ)長期間にわたり人々を探り、会話を盗聴し、また混乱させたり欺いたりする指令も受けました。この指令では、密かに住宅に侵入し、物をなくしたりしました。単に物を動かしたりするだけのこともありました。それから、コンピューターからデータを削除しました。尾行し、鉄道の駅やバス停留所などで近くに現れ、頭をおかしくさせることもやりました。その他に、ターゲットの視野に確実に入る場所でけんかを演出し、他の多くの騒ぎを起こしました。ターゲットへのさらなるプレッシャー、あるいは連行という指令を受けた場合、幼児ポルノや爆弾の製造方法などのデータを、コンピューターに忍び込ませました。

ア)指令では、どのような種類の個人がターゲットになりましたか?

カ)政治関係の人々です。また、製薬会社などの大企業の利益に反対したり、反抗的な態度を取った人々です。犯罪組織に所属するターゲットもいましたが、私が知る限り、犯罪に何も関係のないターゲットも2、3人いました。

ア)合計で何人を監視していましたか?

カ)80年代に5、6人、90年代には7人、2000年から2003年は3人でした。ターゲット数の少なさから、ターゲット化がそれ程熾烈なものではないとわかり、安堵するかもしれません。ターゲット候補の過去の生活に関する情報を、可能な限り多く蓄積するのに、作戦開始から少なくとも6ヵ月は要しました。

ア)情報はどのような方法で入手したのですか?

カ)ゴミ箱や電話、郵便、インターネットからです。そのような種類の情報は、最近の技術進化により、以前よりもずっと簡単に入手できます。もう盗聴マイクは使っていません。今では携帯電話、ISDN電話、小型のパラボラ受信アンテナで盗聴できますから。その他に、残念なことですが、マイクロ波兵器の配備も非常に実用的になりました。

マイクロ波兵器

ア)そのような兵器も使用しましたか?

カ)いいえ。私は監視を担当していました。特殊な部門にいる同僚は使用していました。しかし、マイクロ波兵器が配備される現場にはいました。

ア)兵器がどのように配備されるか、もう少し詳しく説明して頂けませんか?

カ)SF映画に出てくる状況に少し似ています。ターゲットはレーダー、衛星、基地局、無料のコンピュータープログラムで、どこに居ても追跡できます。ターゲットの近くに3台のレーダー装置が配置されることもありました。このレーダーからマイクロ波が発信され、その一部がターゲットを捕捉し、結果が評価されます。特殊部門に所属していた私の同僚は、コンピューターでターゲットを終日追跡することができました。このような形でターゲットの位置を特定することにより、マイクロ波兵器を簡単に正確に配備することができたのです。同僚は標的を正確に把握し、ターゲットがどのように反応するかを観察できました。

ア)マイクロ波兵器はターゲットにどのような影響を及ぼしますか?

カ)熱、体内の焼き付き感、痛み、吐き気、恐れを発生させます。皮膚に跡が残ることもありますが、ほとんどは残りません。ターゲットが医者に診てもらうと、異常なしと言われます。これは10年前の状況ということを忘れないでください。当時から、この技術は相当に進化しています。

ア)そのような攻撃の目的は何ですか?

カ)過度に騒ぎ立てる人など、特定の人々を脅す事が目的です。私自身、引退後3年間にわたり攻撃対象になりました。兵器が2003年から2004年にかけて私に使用され、強力な敵対行為を誘発させたと確信しています。人を殺しかけたことが2回あり、1回は隣人の感じの良い老夫婦でした。

精神異常に追いやる試み

ア)電磁光線を兵器化することで、感情に直接影響を及ぼすことができるとお考えですか?

カ)確かに可能です。生命体は電磁放射に反応することを知っています。細胞内の基本的な生命反応は、生体の電磁振動により機能します。外部からの高低周波により、このプロセスが損傷あるいは変化する可能性があります。すでに、軍事研究の枠内で、高低周波を通じて身体、心、精神を変化させる大規模な試みが実施されています。この方法で恐れや攻撃性、神経過敏、健忘症を誘発させることが可能です。他の介入手段との組み合わせにより、ターゲットを精神異常に追いやることができます。例えば、ラジオからターゲットの名前が聞こえてきたり、コンピューターに名前が何度も表示されるように、無線周波数を操作することができます。ターゲットの行動についてコメントする音声が、ターゲットにのみ送信されます。私も、朝起床した後、「起きて、誰かを傷付けなさい」という声を聞きました。

ア)本当に精神的に極限の状態に追いやられるのですか?

カ)そうです。特定の人を最終的に精神病院に入院させることが目的であることは疑いありません。ターゲットが警察や医者に行って助けを求めても、真剣に取り合ってもらえません。一部の医者や病院は、実際に諜報機関に協力しています。被害妄想の患者や声が聞こえる患者は、統合失調症と診断してもよいと指示されています。

ア)病院が諜報機関と協力しているのですか?

カ)はい、確かに。大企業も協力しています。大手企業で調査が行われると、日常が脅かされるというのが理由です。アメリカでは国家がマクドナルドやコカコーラのような大企業や製薬会社を保護しています。このような企業は、産業スパイに関連した案件についてはFBIの意向に委ねています。CIA内に広まるフリーメーソンも、重要な役割を担っています。

広大な監視ネット

ア)個人が監視され、エネルギー兵器により攻撃されている国を特定できますか?

カ)米国、ドイツ、中国、北朝鮮、ロシア、フランス、英国です。
通常は各政府で公式に認識されていません。しかし非公式に政府が何らかの形で関与している、あるいは作戦についての何らかの情報を把握しているのは間違いないと考えています。

ア)何人が監視されているのかご存知ですか?

カ)英国では約5,000人が監視され、約15,000人が作戦に従事しています。主要な秘密諜報機関とは別に、元警察官や元諜報機関のエージェントにより構成されるマイナーな諜報機関が300から400存在します。彼らは内務省からスパイ、写真撮影、情報取得の許可を受けています。従業員には高い給与が支払われています。

中略

ア)なぜ引退したのですか?

カ)間違った仕事をしていることは分かっていました。私に最後に割り当てられた2名のターゲットは、何ら落ち度もありませんでした。2人は政治活動もしておらず、全く普通の善良な市民で、犯罪や経済的な危険性もありませんでした。ターゲットとして選ばれた理由として私が唯一思いつくのは、彼らのDNAか血液でしょう。最近はこの分野の研究が数多く行われています。DNAは人間の最小単位の特性に関連づけられています。1993年から2004年にかけて実施されたヒトゲノムプロジェクトでは、人間のDNAを形成するすべての科学塩基が分析され、また絶滅の危機にある孤立した共同体の住民の遺伝子データも収集されました(ヒトゲノム多様性プロジェクト)。結果がすべて比較され、相互に関連付けられていました。我々の雇用者は常に、監視下のターゲットのDNA分析に大いに関心を抱いていました。ターゲットのDNAまたは血液分析を計画するのが最初の監視機関の最も重要な任務の一つでした。

ア)2003年の引退により、問題が起こったと伺いました。いくつか例を挙げていただけますか?

カ)3,000マイルの道のりを、トラックで荷物を運ぶ時に、夜間でしたがヘリコプターで追いかけられた事がありました。また小道を歩いている時に、男に殴られたこともあります。別のシチュエーションでは、路上の車のエンジンを誰かが細工し、3箇所の接続箇所を切断したために、エンジンが外れ、ケースから落下することもありました。さらに、3トンの荷物をトラックで運搬していた時に、2つのタイヤが突然パンクしました。警察が到着すると、そんなことありえないと言いました。急停車し、野球用のバットを掴み、車から飛び出しました。私を追跡していた3台の車は、猛スピードでバックし始めました。通常なら、私の行動は警察に通報されているのでしょうが、その様なことはありません。別のときには私を探る為に親しくなろうとしたのか、3人が近づいてきました。3人が私が掛ける電話を聞いているのが分かっていたため、電話口で電話相手に大声で、私の生活に侵入した人を殺す予定だと怒鳴りました。その後、3人は皆、目の前から消えました。

ア)現在はどのような状況ですか?またターゲットにされているとお考えですか?

カ)もちろんです。私がなぜドイツに行ったか、諜報期間が知りたがっているのに気付きました。

ア)今は危険な生活を送っていないのですか?

カ)いつでも抵抗するつもりです。私が多くの情報を握り、彼らが侵害や違反を犯した場合には、何らかの手段に訴えるつもりであることは、彼らの方も分かっています。特殊部隊に友人がいますし、アフガニスタンやイラクにも私の支援者がいます。

監視の犠牲者へのアドバイス

ア)電子メールで、「政府」や「マインドコントロール」などの特定の言葉を使うのは避けた方が賢明です。デジタル監視により、監視対象のキーワードが追跡されるためです。また誰かが家に侵入していないかどうかを確認するのも有効です。侵入者は夜半に押し入る前に、ドアの郵便受けなどから、麻酔ガスを撒くことがよくあります。朝起きると、口の中で金属の味がするはずです。車で奇妙な動きをした場合、ナンバーを控えてください。身に覚えのない手紙を受け取った場合は、アルミホイルで覆った方が良いでしょう。住宅内の高周波光線を検出する、特殊な測定器も出回っています。

ア)その他に、上記のような内容に関連した告発者をご存知ですか?

カ)今のところ思い当たりません。しかし今後公表しようと決断する人が増えると期待しています。



やっぱり、CIAなどを頂点とする組織的、超国家的なプロジェクト(と言えば聞こえは良いですが要するに犯罪)ですね。
その下部組織および実動部隊として加害を実行しているのが、創価や統一、生長などのカルト団体という構図で間違いないと思います。

こんな事が行われているのですから、まったく酷い話です。

私の願いはただ一つ、脱集スト被害者です。
多くの被害者の方もそうだと思います。

ターゲットに選ばれてしまった人達にとって、普通に生きる事がこんなにも難しいなんて、あんまりにも酷い話です。
誰が勝手にそんな事を決めたのですか?
それは合法なのですか?
合法だと言うのならその根拠は何なのですか?

これ程の苦痛を与えた代償はどれほどのものかわかっているのでしょうか?
謝罪程度で済む話ではありません。

こんな事をした人達を私は許す事ができません。
軽い気持ちで引き受けただけと言い逃れしようとも、相応の償いをしない限り、決して許す事はできません。
いざとなったら、全てを公表します。
加担した人全ての記録を。
今後も加害を続けるのなら、それだけの覚悟はできていますか?

このツイートをして下さったのはももさんのお父様の様です。
安否確認中?のももさんご本人の過去の発言(ブログからでしょうか)を、お父様が代筆にてツイートされています。











テクノロジー犯罪と集団でのストーキング。
これ程の人権侵害、一人の人間の人生を蹂躙する行為はあるでしょうか。

どれほど権力や資金があったとしても、決して許されるものではありません。
指令した組織の人間から加害に加担した末端の工作員に至るまで、いつかその報いを受ける事になるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

わたしもクリスチャンです。牧師の説教のなかに「終末論」めいたことがでてきたことを今になって思い出します。どうなるか解らないと。。。その時はピンときませんでしたが。

集ストが酷くなった年、久しぶりに出かけた教会で讃美歌の番号がすべてイルミナティの数字に。。。それから足が遠のきました。その時のゲストも、、今となっては3.11と関係があったのか、、と思うだけで、わたしには何のことだか分からないのです。

わたしも許さないでしょう。利用する人たちを、そして都合が悪くなると見せしめにする人たちを。

2014/10/06 (Mon) 19:59 | 浅はかな人々=サイコパス #- | URL | 編集
Re

浅はかな人々=サイコパスさん。
クリスチャンの方だったのですか。
全然、気がつきませんでした。
終末論は結局、救世主が現れて人類を支配するというような展開を演出する為のものなのでしょうね。
私も聖書を読んだわけではないので、詳しくはわからないのですが。

かの勢力は、いろんな所に数字やシンボルを散りばめて、仄めかすのが好きですよね。

そうやって人々を翻弄し、面白がっています。

こういうことをされて許せる人がいるでしょうかね。

2014/10/07 (Tue) 00:22 | Libra #- | URL | 編集
いつも拝見させて頂いております。

いつも貴重な情報を御提供頂き有難うございます。 大変勉強になります。

NWOに向けた長期スパンプロジェクトにおいて、
国際金融マフィアを中核とするグローバリスト集団が私達部外者の一般人(ゴイム)に対して組み立てる
人口削減戦略には、頭に『兵器としての』がつきます。

つまり、兵器としての遺伝子組み換え食品ー兵器としての食品添加物ー兵器としての水道水ー兵器としての広域放射能汚染ー兵器としての、各マスメディアを使った情報統制および洗脳工作ー兵器としてのアダルト産業ー兵器としてのオタク産業ー兵器としてのウイルスー兵器としての宗教ー兵器としての、下部組織の下働きの馬鹿(ギャングストーキングをしている馬鹿も、もちろんこれです。)

それから御参考までにですが、飯山一郎様が放射能汚染対策には緑茶のカテキンが有効と伝えてくださっていますので、是非一度記事を御覧ください。

2014/10/08 (Wed) 23:26 | りんごのりんご #ZHA0mPu. | URL | 編集
Re: いつも拝見させて頂いております。

りんごのりんごさん。

食品や水、情報に至るまで、兵器化しているなんて、本当に恐ろしい世の中になってしまいました。

人間の欲望や暴走というものは、どこまで続けば収束するのでしょうかね。
技術の進歩はむしろ悪しき心を持った人々に有利になるだけの様な気がします。

お茶のカテキンが、体に良いというのはよく聞きますね。
今は茶葉が汚染されているので注意が必要ですが。
余裕があれば(笑)飯山さんの所から購入したいです。

ありがとうございました。

2014/10/09 (Thu) 09:36 | Libra #- | URL | 編集
加害者側の暴露は一般人に伝える手段

Libraさん


いつも私の拙ブログに来てもらって有難う御座います。<(_ _)>

この記事は、とても貴重ですね。私は家族や周りに言っても理解されないので、実際やってた人の暴露は、集ストへの理解がない人へ信憑性があるから周知されやすいと思います。

但し、私の母などはテレビやラジオからの洗脳電波に支配されていて、聞く力が皆無で(;_;)

自分の言いたい事は、人の話を遮り発信しまくるけど、私の(世界の陰謀暴露、集スト被害)話は耳栓が塞いでる如く不思議な程(右から左へ抜けているらしく)

間抜けな顔をしてTVに糠漬け、、、イヤっ釘付けでロボット人間のようで悲しいです(×_×)

集ストと聞いただけで、耳にシャッターが閉じるようです。本も嫌いで読まないし最初から分かろうとしないので、記事をプリントアウトしても無駄カナ。私も馬耳念仏かと呆れモードです。

昨日も通りすがりの方に、被害話しましたが気にし過ぎだと言われ、信じてもらえませんでした(+_;)

実際、被害を受けないと巧妙で一般人にはわかってもらえませんね(-_-;)

やっぱり、加害者も被害者になるんですね!だから我が身可愛さに、必死でターゲット虐めをして命令通りに行動するんですね。

私が外出したら慌てて車に飛び乗り発進してくる車(勿論カルト車両)が多くて笑えます(^.^)この前の5678に…昨日の〒ヨン顔8008。

お疲れ様です(^.^)ご苦労様~♪私のお陰で7000円貰えて良かったですねぇ(*^。^*)と言いながら工作員を愚弄して遊んでいます(笑)




2014/10/10 (Fri) 19:11 | アロマ #ROviIIEw | URL | 編集
Re: 加害者側の暴露は一般人に伝える手段

アロマさん。

精神硬直状態の時にアロマさんのブログを読んで、大笑いさせて頂いているので、お礼を言わないといけないのはこちらの方です。
気持ちの切り替えは大事ですからね。

テレビに糠漬け、もとい(笑)、釘付けの人達の洗脳は本当に深いです。
ちょっとやそっとでは、抜け出せないでしょうね。
テレビが登場してから、何十年にも渡って、じわじわと愚民化が行われてきたのですものね。
私もこんな闇の世界を知ったのは、この集スト被害がきっかけと言ってもいい程です。

実際に自分の身に被害が降りかからないと、気付く事ができない、というか、気付こうともしない。
そしてまた、いるみなどの世界支配層によって用意された低俗な娯楽で気を紛らわせ、平和だと勘違いしてしまう。
この計算しつくされた狡猾な人民コントロールの罠に見事にはまっている事を自覚すらできない人達が大半だと思います。

もう末期症状です。
こんな事を書くと絶望的になってしまいますけど。

加害者も、自分がターゲットになるのが嫌で加害を続けている人もいると思いますが、場合によっては、自分たちがただの駒として利用されている事にも気付いていない程、頭の悪い人間も多い様に思います。
暴走族たちを見ていると、本当に頭わるそうな顔をしています。(笑)
こんな事を言ったら失礼にあたるかもしれませんが(←心にもないことを)、文章を書けといっても、きっと小学生の作文程度の文章しか書けないと思います。

今日は○○に頭触りを見せつけてやりました。
とても楽しかったです。
みたいな(笑)。

指令している人間たちは相当な頭脳集団だと思いますが、どうも末端の加害者を観察していると、正常な思考能力の備わっていない、それでいて、銭勘定、損得勘定だけは人一倍好きな老人や、大人に命令されるままに加害行為をしている内に、次第にいじめに快感を覚える様になってしまった子供も多い様に見受けられます。

あと、民族的な恨みや憎しみを持った人達の身勝手な理屈とか、日本占領とか、選民思想(樽ムードや中華思想など)、ただ単にお金が欲しいだけのアルバイトなどがごちゃまぜになっている様な気がします。



> 私が外出したら慌てて車に飛び乗り発進してくる車

これありますね。
時々間に合わなくて、ドジ踏んでますが(笑)。

この人達が、自分たちがいかに愚かな事をしているのか、気付く事はないでしょうね。
最近は、そういう加害者を見る度に、「一生やってろ」と心の中でつぶやきます。(笑)

2014/10/11 (Sat) 11:39 | Libra #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する