公共の福祉に反する集団ストーカー犯罪

集スト被害者が写真や動画を公開する上で、重要だと思った記事がありましたので、一部転載させていただきます。

神世界組織の実態

このように一部個人情報を含んだデータをHP上に公開することに疑問を感じられる方があるかもしれないが、公共の福祉に反する個人や団体の行為があった場合、これを告発するために一定の秩序を保った上でその内容をインターネットのHPで明らかにすることは法に違反する行為ではない。

 「憲法13条・プライバシー権」と、「憲法21条・表現の自由」とは同等の権利ではなく、プライバシー権は、「公共の福祉に反しない限り」という条件の下で「最大の尊重を必要とする」という「尊重権利」であるのに対し、言論・出版の自由は、「言論・出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と明快にいいきられた「国家保障権利」だ。
 明らかに「公共の福祉に反する行為」を繰り返し行ってきた神世界による犯罪行為を阻止するために、彼らが一定のプラバシー権の制約を受けることは公共の福祉に供する行為である。
 憲法に規定された権利だから両者は同等の権利があると誤解される場合が多いが、「憲法21条・表現の自由」の方がはるかに上位の権利である。


プライバシーの侵害に関しては、案外、解釈を間違えやすい部分だと思いますが、言われてみれば、確かにその通りです。

この記述の様に『明らかに「公共の福祉に反する行為」を繰り返し行ってきた神世界による犯罪行為を阻止するために、彼らが一定のプラバシー権の制約を受けることは公共の福祉に供する行為』が正しい解釈であるなら、集スト被害者が、ネットに写真や動画を上げる行為も、同じく、犯罪行為を阻止し、公共の福祉に供する行為だと言えるはずです。

ここで、集団ストーカー犯罪とは何かと考えた時に、やはりこの組織的な犯罪は「公共の福祉に反する」行為というレベルを超えて、明らかに犯罪であり、殺人まで犯す非常に悪質なテロ集団とも言えます。

その犯罪を被害者が告発する為に、写真や動画をネットに公開する行為は制限されるべきではなく、逆に保証されるべきものだと思います。
もちろん、RK氏がよくやる様な、人物の写真に悪意のある加工をしたり、罵倒する様な表現を控え、一定の秩序を保つ事は、被害者が名誉毀損などで訴えられない為にも必要でしょうけれど。
あと、集団ストーカー被害者の印象を悪くするのは得策ではないので(工作員がやっぱりあいつらはキチガイだとか言ってくるので)、表現にも配慮は必要だと思いますが。

そもそも、その人物に対する個人的な恨みがあって、復讐や報復、誹謗中傷をしたくて、この様な事をしているわけではないのです。
加害者は顔見知りや近隣住民が中心ですが、それと同時に、何の接点もない、名前さえも知らない大量の工作員からも日常的に付きまとわれ、24時間続く悪質な盗撮や監視、嫌がらせ、電磁波による障害行為を受けているからこそ、そして、言葉だけでは証明が不可能だからこそ、こうしてネットで写真や映像を公開しているのですから。

あくまでも、現在の被害状況の回復が目的であって、私にとっては、自分を守る為の防衛手段。
いわば、一方的に売られた喧嘩に対する正当防衛なのです。

国も政治家もマスコミも動いてくれない以上、被害者が告発しなければ何も解決しません。
被害者が抗議や告発をしなければ、犯罪者たちはやりたい放題。
さらに被害者が増えるだけです。

なので、集団ストーカーの証明に役立つ様なものは、どんどん公開していくべきだと思います。
ただ、相手もこちらの過失を狙っているでしょうから、慎重に・・・。


それにしても、この神世界とか、ヒーリングサロンとか、怪しすぎますね。
カルトは神とか宇宙とか、検証不可能なものを巧みに利用しますから、騙されない様にお気をつけ下さい。

って、私も前は、結構スピや神道系にはまってしまったので、余計に怪しさがわかるんです。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する