集団ストーカーは秘密警察のガスライティング技能を磨くための練習台

集ストについてネットで調べていると、どうも集団ストーカーは、精神医療、そして生活保護の不正受給と大きな関わりがある事が見えてきます。

2chですが、興味深い書き込みがありましたので、一部抜粋して転載します。
※内容については確認が取れない為、それぞれご判断下さい。

ナマポと集団ストーカー

3 :名無しさんの主張:2012/06/18(月)
給料の不正受給を十数年以上行なって集団ストーカーを行なっている創価学会幹部がいます。
東京、足立区の創価学会ストーカー事件とは?
長年にわたる職場での郵便法違反や給料の不正受給等々を指摘したところ、全く面識のない足立創価学会幹部から逆恨みを買い、それ以降13年以上に渡り嫌がらせ、個人攻撃。陰口、悪口等々集団ストーカーを受けてきました。
しかもストーカー行為を受けたのは創価学会とは全く関係ない郵便事業会社という職場においてであります。
創価学会を批判して創価学会から批判されるなら分かりますが郵政省を批判して何で創価学会から非難されなければならないのか?さっぱり分かりません。
(その創価学会幹部M本は公明党足立区議会幹事長Uの元同僚でした)

4 :名無しさんの主張
一般国民を生贄にしてガスライティングで人生を破滅させる活動をさせている。
こうすることで四六時中こいつらの行動を監視下に置けるし、また、殺人という罪を犯させることで弱みを握れる。

こいつらは東ドイツのシュタージと同様の秘密警察なんだぞ。
国民の情報収集・監視・弾圧・精神病院収容工作・暗殺をやる集団。
彼らのガスライティング技能を磨くための練習台が、集団ストーカー被害者なんだよ。
官僚、公務員、政治家、有力者のほとんどが加担している。
秘密警察は国民の2割以上いると見られる。


8 :名無しさんの主張:2012/06/24(日)
「諜報部隊」広宣部とは

 元学会員の陳述書によると、「特殊部隊」の役割は「広宣部」が担っているという。以下、元学会員の陳述書に基づいて、「広宣部」なる組織の活動を述べてみよう。
「広宣部」は1988(昭和63)年頃、男子部の秘密組織として誕生したという。

 当初、東京都の北区・板橋区を統括する創価学会東京第九総合本部の男子部創価班から、選りすぐられたメンバーで編成された。

創価班とは、最寄り駅から創価学会施設への誘導や会館内の会場への誘導などを行う男子部員で構成されている組織で、任務に就く際は、青いブレザーと青いネクタイの着用が義務付けられている。
創価班とよく比較されるのが、創価学会会館の警備を担当する「牙城会」で、こちらは赤いブレザーに獅子柄の赤いネクタイが規則となっているらしい。

「広宣部」結成の目的は、顕正会の実態把握だったという。
顕正会は、もとは妙信講という日蓮正宗の信徒団体だったが、教義的な間違いを正さないとして、1974(昭和49)年に、日蓮正宗より破門され、顕正会と称して活動を続けた。

当時、顕正会の本部が板橋区常盤台にあり、東京第九総合本部所属の男子部幹部が、その活動報告を正木正明(現創価学会理事長)や谷川佳樹(現創価学会副会長)にしたところ、大喜びされて、組織が編成されたらしい。
これがきっかけで、「広宣部」は全国に広がり、組織化されていった。

 陳述書によれば、当時、広宣部は顕正会の実態を暴くために、次のような諜報活動を行っていたという。
・構成員宅の郵便物などの抜き取り
・構成員の盗撮
・交友関係の調査
・構成員への尾行
・怪文書による攻撃
・構成員の出したゴミなどを持ち帰り、そのなかから情報を収集

 1991(平成3)年以降、広宣部のターゲットは移行する。
この年、創価学会も日蓮正宗から破門され、日蓮正宗の講である妙観講によって多数の学会員の切り崩しが行われるようになったためで、主として妙観講の実態把握が活動の中心となった。(黒い手帳 創価学会「日本占領計画」の全記録 元公明党委員長 矢野絢也 講談社)

44 :名無しさんの主張
集団ストーカーは秘密警察活動そのものなんだぞ。
ターゲットの選定、情報収集、監視、弾圧、精神病扱い、精神病院収容、投薬、口封じ、薬殺、暗殺、裏切り者の排除、加害者の増員などを繰り返し、秘密警察組織のガスライティング技能維持と機密保持を確認し続けることが目的
だ。
うちは医学部助教授(医学博士)の叔父をこれで潰された。

最高学府の教員といえば学問の発展や高度な人材の育成など重要な役割である。その最高学府の教員を潰すというのは、人類の歩みを否定する行為である。
高度な学問を理解できる人材が減少し、学問の発展が遅れ、高度文明が維持不能になり、国家が破綻する。
教育機関に対するテロ行為は人材を根こそぎ壊滅させるので、その他の政治や行政に対するテロよりも罪深い。

この国の秘密警察組織はポル・ポトと同じだ。
これに協力するものもポル・ポトと同じだ。

政府はさっさとコイツラの活動を止めろ。
この国の秘密警察はガスライティングとサイコトロニック兵器という証拠の残りにくい方法で国民を精神病扱いし精神病院へ収容し大量殺戮してしまった。

この秘密警察を逆コース以降復活した旧特高勢力と仮定すると目的が見えてくる。
おそらく戦時中の犯罪の責任逃れのために旧特高と特高協力者以外の大多数の国民を潰し、自分たちだけの国に作り変えることが目的だろう。
生き残れるのは戦前の1940年体制時に体制側に協力した人間たちだ。


46 :名無しさんの主張
集団ストーカーは旧内務官僚と特高勢力が秘密警察組織の保守のためにやっている。
国民の監視、弾圧、精神病扱い、精神病院収容、投薬、薬殺、暗殺などを行い、ガスライティング技能の修練、裏切り者の排除、組織の機密を確認するためにやっている。

そもそも国家というのは国民から武力を取り上げたのだから、その武力は国民の権利・自由・財産を守るために限定して使わなければならない。
だから、このような証拠が残りにくく根拠も示せない非合法暴力が常態化しているのは問題である。

現代は戦前とは違って国民主権・民主主義であるから、徹底して抗戦しなければならない。

47 :名無しさんの主張
総務省や防衛省や警察にいる勢力(薩長?)が自分たちの地位や権力を守るために国民をピラミッド型の組織にしてそれぞれが下を叩き続けるように仕向け、上に敵意を向けないようにする。
それが集団ストーカー。
江戸時代に徳川政権がやってた部落差別と同じことをやっているんだろう。
日本の隅々まで支配し自分たちに従わせることを最高の目的とした集団がいると見た。さっさと市民革命をして国民のための国にするべきである。

49 :名無しさんの主張
集団ストーカーは自民政権で始まったんだから自民党(旧特高)に責任がある。
集団ストーカーに加担していると考えられるのは自民政権と関係が深い連中だろう。
自民党員(旧特高)、統一協会、創価学会、アイク歓迎実行委員会(暴力団)、総務省(旧内務省)、防衛省(旧帝國陸海軍)、警視庁公安部(旧特高)。

50 :名無しさんの主張
戦後、連合国による占領を確立するため、自民(旧特高)に政治とガスライティングの権限を与え対抗勢力を潰した。
占領解除後も民主化せず、自民(旧特高)と軍人による国になった。
自分たちの利権を守るために数々の恐怖政治をするが、そのたびに常任理事国からあらゆるペナルティが与えられている。


80 :名無しさんの主張
企業も集団ストーカーに関与しているので、その対処法を書きますね。

宅配・運送・引越業者・タクシーの場合

これらの企業は、対象の自宅のそばで、アイドリング・ドアスラミングを試みます。
集合住宅などにお住まいで、宅配用の駐車場が指定してあるのも関わらず、それを無視して、対象の自宅付近に駐車し、上記嫌がらせを行う傾向が強いです。


対処法は次のとおりです。

①現場を動画撮影する。
②工作員に、駐車場が別にあることを伝え、車両の移動を依頼する。
③工作員に、アイドリングが煩いので、エンジンを切るように依頼する。
④工作員の人物像、勤務先名を確認したのち、勤務先に苦情を申し入れ、文書で回答を依頼する。
⑤HPにお問い合わせの入力欄がある場合は、こちらに入力するのもありです。(動画記録済みも記載)


企業も顧客対応は行いますので、これで証跡を積み重ねていきましょう。
千葉の某バス会社のように、本社の顧客担当が逆キレする場合があります。
こういった場合、その会社の所属する協会などの上部組織に対しても苦情を申し入れると効果的です。

騒音被害にあわれている方は、こまめに上記内容を実行されることをお勧めします。

135 :名無しさんの主張:2014/02/23(日)
集団ストーカー規制法を成立させましょう!
宗教団体などの組織が特定の個人に対して組織的嫌がらせ、個人攻撃、陰口、悪口等々攻撃することを集団ストーカーと言います。
組織的集団イジメです。


創価学会の場合は幹部の法律違反など不祥事を隠ぺいするために行われます。
EU(ヨーロッパ)では集団ストーカー規制法があり犯罪行為になりますが日本には集団ストーカーを規制する法律がありません。
故に一部の宗教団体、ブラック企業ではやりたい放題状態になっています。
公明党足立区議会議員の親友(足立創価学会幹部)が十数年以上に渡り給料の不正受給や郵便法違反等々を犯しました。
焦った創価学会本部は法律違反を隠ぺいするために竹内一彦全国総合青年部長を足立区に派遣しました。
竹内は法律違反はなかったと足立区の一般の創価学会員に対して嘘をつくことを足立創価学会幹部たち全員に命令しました。
創価学会は幹部の一人が法律違反など不祥事を起こすと幹部たち全員で隠ぺいしうとする隠ぺい体質があります。
そのためには信者である一般の創価学会員に対してすらにも平気で嘘をつきます。
幹部たちは神様、一般の創価学会員は奴隷に過ぎないという差別意識があるからこそ学会員に対しても平気で嘘をつけるのでしょう。
また竹内は隠ぺい工作を徹底するために集団ストーカー(組織的嫌がらせ、個人攻撃、陰口、悪口等々)という卑劣きわまりない手段を用いました。
足立創価学会幹部の中には暴力行為すら行う者も出てきました。
竹内という輩は嘘をついて信者を騙して信者を操り 集団ストーカーという犯罪行為を平気でやらせる極悪人です。
創価学会本部のこのような腐りきった隠ぺい体質はかつて創価学会が批判していた日蓮正宗の僧侶たちと同じになってしまいました。
このような腐敗堕落した創価学会本部の姿は日本国民全員から非難されるでしょう。

138 :名無しさんの主張:2014/02/23(日)
生活保護不正受給者(詐欺罪で立件可)

139 :名無しさんの主張:2014/02/23(日)
03: 名前:名無し投稿日:2007/11/01(木) 02:00
警察が動きます。
記録と保存、緊急通報を!
書き込みを削除すると証拠隠滅罪に問われます。

衣服を透かして女性の裸体を盗撮する透視カメラというものが市販(無線雑誌ラジオライフなどに広告掲載)されており、それを改造したもので「家やマンションの中の様子を建物の塀や壁を透かしてくっきりと盗撮」する盗撮器を所持!!
警察無線の傍受も行っている北朝鮮国籍の要注意人物!


142 :名無しさんの主張:2014/04/08(火)
創価といざこざあってから何故か低空飛行するヘリコプターが頭上を飛んで行く。
明らかに俺を目掛けて飛んでいる。
統合失調症の妄想とは絶対違う。
そして明らかに部落臭いオッサンが電話しながら待ち伏せ。
皆さんは気をつけて下さい。



2chには、お金で雇われた工作員やアルバイトが貼り付いて、集ストをキチガイ扱いして否定するスレッドも多い為、普段はあまり見ないのですが、時々こうして事実に近い内容が書き込みされているスレッドもあります。

否定工作と言えば、洲本の事件以降、相変わらず集団ストーカー被害者は統合失調症だというネガキャンが続いています。

ツイッターでも、必死に集ストを否定しているアカウントがあります。


驚いた事に、このアカウントは、5分おきに同じ様な内容のツイートを流し、『ひきこもりが隣人批判をした挙げ句、犯罪を侵した』という刷り込みをしています。

このアカウントは「救いたい大切な命」などという高尚なアカウント名ですが、フォローとフォロワーを見れば、えろばっかりで笑ってしまいます。
しかも相互フォロー(笑)。
どうやら風評工作の為の業者のbotの様です。
つまりお金を貰って引き受けているのでしょうが、言い換えれば、お金を出してまで集ストを否定したい勢力や団体がいるという事を証明しているようなものです。
そうでなければ、手間暇かけてそんな事をする人がいますか?
一銭のお金にもならないのに?

他にも、原子力ムラと繋がりがありそうなSF作家であったり、アニオタ系の下らないアカウントが必死に集ストを否定しています。
アニオタ系は、多分女子部とか未来部風のアカウントの様な気がしますので、尚更、この犯罪を否定し、隠蔽したい人達の素性が分かってしまいますね。
つまり、自分達で集ストをやっておりて、必死に隠蔽しようとしているわけです。

一方、集ストは妄想ではないと反論されている記事もありましたので、勝手ながら転載させて頂きました。
妄想、幻聴、幻覚、統合失調症では無い事を証明する。

平野達彦の事件以来集団ストーカーの発覚を恐れて加害者達のネットでの活動が活発になっている。
それは集団ストーカーの被害者達を陥れるための内容のものが多く妄想だ、統合失調症だと言うものが多い。
だからそうではないと被害者達は証明する必要がある。

まず妄想、幻聴、幻覚の類では音声や映像に記録として残る事は絶対に無い。
それはわかるよね?だから映像を出す事にした。
現在はめんどくさくて整理していないのでまずは一つだけ。
この映像は集団ストーカー被害を訴える人間がこういう嫌がらせを受けていますという事で出した動画。



どう思いますか?
人の家をベランダからのぞきこみにやにや笑う集団ストーカーの加害者。
明らかに誰が見ても不審な行動だと思いますけど?
しかも集団ですから毎日人が入れ替わります。
不特定多数の人間にこういった嫌がらせ、付きまといなどを受けています。
証拠を出せという加害者の口癖なんですが実際に証拠はこういったカメラなどに収められています。
ちなみにカメラを撮って居る時は余りこういうわかりやすい行動は余り取らないため証拠を撮るのも一苦労です。
家の中に防犯カメラを仕掛けてまで被害の証明を被害者達はしなくてはいけません。
これで加害者側の人間以外には実際に集団ストーカーはあると証明できたと思います。
動画の整理が出来次第他にも動画を上げ妄想だ統合失調症だとレッテル張りしてくる加害者に集団ストーカーを知らない人間が騙されないようにしたいと思います。


この方は電磁波などによる被害を受けていない為、それらについては一切否定されていて、電磁波を口にする被害者は工作員だという認識の様ですが、今回、引用させていただいた部分に関しては、私も全く同じ考えです。

あと、この動画は上記のブログ主さんが投稿されたものかわかりませんが、タイトルが少し紛らわしいかなと思いました。
あのタイトルだと、平野容疑者が覗き込みをしていた人物(ストーカー?)と同じであるかの様な印象を受けます。

ですが、映像に写るもの、録音できるものは妄想でも病気でもありません。
ただし、それらの行動がいかに不自然であるか(通常の生活の上での活動ではなく、ストーカー行為であるのか)、それを証明できるかどうかにかかっていますが・・・。

結局はそれを客観的に証明できないと、また、妄想だ、病気だ、という水掛け論になってしまうわけですから、ここで被害者の力量や頭脳が試される事になります。

私もできるだけこうした動画や写真を使って、証明する作業を進めなければと思っていますが、中々進まないのは何かそういう風に意識をコントロールされている様な気がしてなりません。


さて、話を戻しますが、冒頭の2chの書き込みに、「集合住宅などにお住まいで、宅配用の駐車場が指定してあるのも関わらず、それを無視して、対象の自宅付近に駐車し、上記嫌がらせを行う傾向が強い」とありましたが、先日それを裏付ける様な出来事がありました。

いつもの様にヘリが来たので撮影していたら、駐車場に日本郵政の車両が入って来ました。
そしてそのまま、ある住民の駐車スペースに車を停めて、荷物か郵便物の配達を始めました。
その間、約5分程度の時間でしたが、もしその間にその駐車スペースの住人が帰宅したら、JPの車が出るまで待たなければなりません。
そんな事をすれば苦情を言われる場合もありますから、普通は、住人の駐車場に車を停めて配達をするなどという事はしないと思います。
それにいつもは、道路脇に停めて、そこから配達に回っているのに、どうしてこの時だけ駐車場に入って来たのか不思議でなりません。
つまり、私に注目させる為に、わざと私の目に付く場所に停めたのです。
実際この配達員は、不自然な程、あちこちで遭遇したり、私がベランダに出たタイミングで、配達にやって来る事がよくあります。

JPが集団ストーカーに加担しているのは有名です。
郵便 集団ストーカー


という事で、何が一番言いたかったのかと言うと、

集団ストーカーは秘密警察が彼らのガスライティング技能を磨くための練習台

というのは、間違っていない、つまり正しいのではないかという事です。

日本は民主主義国家ではなく、警察国家なのです。
そして、その手先となり、実動部隊となって動く人員を養うのに、生活保護が悪用されている事は間違いありません。
あるいは、カルト宗教団体の信者であれば、ただで召集される場合もあるのかも知れません。

どちらにせよ、この様な事にいつまでも見て見ぬ振りをしていていいのでしょうか?
こんな事が許されていいのでしょうか?
一体この国は、誰の為にあるのですか?

集ストに関係ないと思っている方も、ぜひご自分の事として真剣に考えて頂きたいと思います。

今の被害者が倒れたら、練習台としての新たな被害者が必要になるのです。

次にターゲットとして選ばれるのは、皆さんや皆さんのご家族、子供やお孫さんかも知れないのですから・・・。



関連記事
トラックバックURL

http://stokerintheneighbors.blog.fc2.com/tb.php/247-1e445ae5

< PREV NEXT >