マスコミによる統合失調症キャンペーン再び

またテレビで統合失調症についての特番があるそうです。

統合失調症脅迫神経症についてTBSで放送します。より。

7月15日PM7時56分放送

水トク!THE説得

統合失調症脅迫神経症ひきこもりなど精神を病んだ人を救う説得現代家族の実態や絆の再生を説得のプロフェッショナルの目線から家族の問題に踏み込みます


もう、これ読んだだけで番組を見なくても、プロパガンダ一色である事は容易に想像が付きますね。出演者の発言も要チェックと言ったところでしょうか。

それにしても、マスコミやネット工作員を始めとして、相変わらず集スト被害者を統合失調症にしたくて仕方のない人達、精神病患者にしないと都合の悪い人達がいて、必死になってミスリード、印象操作、隠蔽工作を続けていますね。

この放送をきっかけに、仲間であるマスコミの援護射撃を受けて浮かれた工作員達による被害者バッシングが、また一斉に起きそうな予感がしたので、それらの間違いの指摘と反論の為、改めて統合失調症について調べてみました。

あまり専門的な講釈の多いページは読んでいて疲れるので、簡単に紹介されているサイトを元に、どんな事が書かれているのか、そしてそれに対する私の考えや反論を書いてみたいと思います。

実際に統合失調症を発症する人がいる事は否定しませんが、と言うよりも、私は医者ではないので、その事についてはわかりませんし、素人が全否定する様な無責任な発言をするのはあまり好ましくないとも思います。

ただ、集団ストーキングは犯罪であって、妄想や病気ではありませんから、そこはきっちり分けて考える必要がありますし、集団ストーキング被害者を、統合失調症にして、この犯罪を隠蔽しようとする工作やプロパガンダに対しては、明確に異議申し立てをする必要があると思います。被害者が黙って反論しなければ、その様な嘘や出鱈目が、まかり通ってしまいます。

以下、集団ストーキング被害と統合失調症との関係に付いて私なりに分析し、その上で個別に、これおかしいよねと思う事を指摘させて頂きました。

Yahooヘルスケアより。
出典:六訂版 家庭医学大全科
統合失調症

以下一部転載(青字)

どんな病気か

●統合失調症は脳をはじめとした神経系に生じる慢性の病気である


統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連する系列、情報処理・認知に関する何らかの系列にトラブルが起きているといわれています


↓↓↓

詳細は不明な部分もある
といわれています。


この部分だけでも、この病気がいかに曖昧な基準によって定義されたものなのかわかります。
明確な原因や発症メカニズムの詳細は不明な部分があって、その不明な部分は推測や伝聞?によって補うという、結構いい加減な病気、それが統合失調症の本質なのではないでしょうか?

その一方で、詳細が不明なまま、時に重篤な副作用によって、死亡事故まで起きるかもしれない抗精神薬を処方するのは、あまりにも無謀で危険すぎませんか?という事を声を大にして言いたいのです。

「といわれています」とは、いつ誰がどの様に言ったのか明確にして頂かないと困ります。

「といわれています」という言葉は、私自身も使う事はありますし、比較的よく使われる言葉ですが、この場合は医療なのですから、一般人が会話で使うのとは訳が違います。
一歩間違えば命にかかわる事なのですから、そんな曖昧な根拠で診断を下され、薬を処方されたのではたまったものではありません。

というか、薬を飲んでもストーカーがいなくなるわけではありません。

症状の現れ方
●陽性症状は安心感や安全保障感を著しく損なう


急性期に生じる患者さんの感覚は「眠れなくなり、とくに音や気配に非常に敏感になり、まわりが不気味に変化したような気分になり、リラックスできず、頭のなかが騒がしく、やがて大きな疲労感を残す」、あるいは「自分のことが周囲の人に筒抜けになり、常に人から見張られていて、悪口を言われ非難中傷されている」というような体験のようです。

 誰も何も言っていないはずなのに、現実に「声」として悪口や命令などが聞こえてしまう「幻聴」や、客観的にみると不合理であっても本人にとっては確信的で、そのために行動が左右されてしまう「妄想」といった症状が代表的です。

 これらの症状を「陽性症状」と呼びます。陽性症状は、安心感や安全保障感を著しく損ない、一度、症状が現れるとそこからの回復過程は緩やかで、十分な時間を必要とします。


↓↓↓

「眠れなくなり、とくに音や気配に非常に敏感になり、まわりが不気味に変化したような気分になり、リラックスできず、頭のなかが騒がしく、やがて大きな疲労感を残す」

「自分のことが周囲の人に筒抜けになり、常に人から見張られていて、悪口を言われ非難中傷されている」

「幻聴」
「妄想」

これ、全部集団ストーキングでやっている事ですよね。

早朝、深夜の暴走バイクやドアバン騒音による睡眠妨害、度重なる工事による騒音、田舎なのになぜか絶え間なく押し寄せるトラック、ダンプカーが通過する時の地響きの様な音、わざとらしく鳴らすクラクション、頻繁に往来する緊急車両のサイレン、子供達の発する奇声等によって、神経過敏状態になるのは、健常者でも普通にある事で、別に病気だからじゃないですよ。

もし信じられないなら、数日間でもいいので、そういう環境で生活してみたらわかります。そうした検証や考察を飛び越えて、生活環境がどうなのか調査もせず、何でもかんでも病気にしてしまうのは、非常に不自然だと思います。

あたかも、自分達で騒音をまき散らし、耐えかねた被害者が被害を訴える事を予測して、統合失調症と書かれたカルテを片手に、待ち構えているかのようではありませんか。

音というのは、時に凶器にさえなるのです。
不快な音ばかりでなく、サブリミナル音声やモスキート音など、通常、人の聴覚では認識できない音でさえ、人の精神に多大な悪影響を及ぼす事は、精神科医なら当然わかりきっている事なのに(分かっていない人が医師をしていたら逆に恐ろしい事ですが)、そうした事には一切触れず、騒音の調査もせずに、なぜ被害者を一方的に病気だと決めつける事ができるのか、不思議でなりません。

また、騒音以外の“症状”に関しても、組織的な付きまといや嫌がらせ、また、音声送信、思考送信、思考解読などのテクノロジーや軍事技術、電磁波照射などによって、同様の現象(症状)を発生させる事は既に十分可能な時代になっているのです。






この様な技術が既に実用化されている事は、調べれは判明するのですから、幻聴や妄想だと診断を下す前に、まずはそれらの技術が悪用されていない事を確認し、証明する必要があるのではないでしょうか?

声が聞こえたら幻聴、こんな診断なら素人でも子供でもできますよね。
「誰も何も言っていない」事を、一体どうやって確認したのでしょうか?
ちょっと周りを見回して、誰もいないし、いたとしても誰も口を動かしていなかったし、・・・程度の確認ですか?
いやいや、上の動画の様に、今は遠隔から狙った人物にピンポイントで音声を聞かせる事が可能な時代ですよ。
未だにそうした技術も知らない人って、何時代に生きている人ですか?

石器時代とまでは言わなくても、江戸時代とかなら、そんな事はあり得ません!(キリッ) という様な主張も分からないでもないですが、今は2015年です。AI(人工知能)や宇宙兵器まで開発され、火星に移住とかいう話まで出てきている時代に、そんな時代遅れの詭弁が通用するとでも思っているのでしょうか?

アメリカでは1960年代からMKウルトラという洗脳実験をしています。民衆を思い通りにコントロールする為に。現代ではそれをマイクロウェーブなどの見えない電磁波や周波数を使って行っています。そうした技術が悪用されていないと、どうして言い切れるのでしょうか?

被害者の訴えに対して、まずはそういう事実があるのかどうかを疑うのが医師やマスコミ、ジャーナリストとしてのあるべき姿のはずです。なのになぜ、その様な事などあるはずがない、という固定観念や前提でもって、話や解釈が進んでしまうのでしょうか?

あるいは、そういう話を持ち出したら、「電波脳」「電波系」などと揶揄し、馬鹿にして、特許が取得されているのに事実確認さえしようとしない。むしろそうした一方的で頑なな態度こそ異様に見えるのですが、事実確認したり指摘してしまったら、自分達の嘘がばれてしまうから、怖くてできないのではないですか?

自分のことが周囲の人に筒抜けになり→盗聴、盗撮、思考盗聴すれば可能ですね。

常に人から見張られていて→監視、尾行されているのですから見張られていると感じるのはごく自然な感覚です。

悪口を言われ非難中傷されている→被害者の悪評を流布して孤立させたり、ネットで誹謗中傷するのがPerps達のお仕事です。

これらの症状を「陽性症状」と呼びます→もう笑うしかないです。

そもそもこれらの“症状”は、予め集団ストーキング被害者が訴えそうな事を予測し網羅した様な“症状”ばかりで、集スト被害者から見れば、悪意と作意に満ちた壮大な陰謀としか思えません。

NPO資料
秘密情報機関による秘密偵察と電磁波による拷問より

カール・クラーク: そうです。特定の人を最終的に精神病院に入院させることが 目的であることは疑いありません。ターゲットが警察や医者に行って助けを求 めても、真剣に取り合ってもらえません。一部の医者や病院は、実際に諜報機 関に協力しています。被害妄想の患者や声が聞こえる患者は、統合失調症と診 断してもよいと指示されています。(一部転載)

被害者がこうした被害を訴えてきたら、統合失調症で病院送りにする、そうしたシナリオやマニュアルがあるのに、その主張さえも、集ストに加担している精神科医や加害者、ネット工作員達は「妄想」だとレッテルを貼るのです。

では、その妄想と現実の境目はどの様にして判断するのでしょうか?
妄想だとするならば、上記の様な犯罪行為がないと証明できるのですか?

よく集ストの証拠はあるのか?あるなら証明しろと言いいますが、それならば、こうした証言や技術もあるのに、組織的ストーキング、電子ハラスメント犯罪は存在しないと証明できるのですか?と、逆にお聞きしたいですね。

既に公表されている軍事技術が民間人に一切悪用されていない事をどうやって証明して頂けるのでしょうかね。
民衆が民衆を監視し不都合な人間を社会から排除し抹殺してきた秘密警察の手法=集ストが、今現在も、防犯という美名を隠れ蓑にして密かに実行されていないとは言い切れないのに、そんな事は一切行われていません、という保証はあるのでしょうか?

そういう事を一切無視して、精神科医のさじ加減や独断や偏見、それこそ精神科医の妄想であっても、「あなたは統合失調症です」と誤った診断を下す事が可能です。または加害者側の策略で、いくらでも精神病院送りにする事ができますよね。




この様な、半ば、拉致とも言える人権侵害がまかり通ってしまうのは、非常に恐ろしい事です。そして、つくづく思うのは、この統合失調症という病気は、集団ストーキング被害者を陥れる為に、口を封じる為につくられた病気ではないかという事です。

組織的犯罪を隠蔽し、集スト被害者を精神病院送りにし、医療・製薬・防犯利権で潤う人間達の思惑や利害が見事に一致していますよね。

●陰性症状は自信や自己効力感を奪う

一方、根気や集中力が続かない、意欲がわかない、喜怒哀楽がはっきりしない、横になって過ごすことが多いなどの状態として現れるものがあります。「一見、元気にみえるのに、なぜか仕事や家事が続かない」といわれるような状態です。

 また、込み入った話をまとめてすることが苦手になったり、会話を快活に続けることに困難を感じたり、考えがまとまらなかったり、話が飛びやすくなったりして、しばしば、自分でいろいろなことを決めて生活を展開していくことが大変難しく感じられます。

 これらの症状を「陰性症状」と呼びます。陰性症状は、なかなか症状として認知されづらく、怠けや努力不足とみられてしまう場合があります。

 陰性症状を「症状」と理解して対応しなかった場合は、生活上のさまざまな失敗や挫折を招くことが多く、生活をしていく自信や「自分はやれている」といった自己効力感を損ないやすくなります。これが、リハビリテーションをしたり、社会生活を維持するうえで要点となるところです。


根気や集中力が続かない云々は、別に集スト被害者に限った事ではなく、普通にある事でしょう。その人の性格だったり、あるいは同一人物であっても、その時の状況によって変化するものです。

人は、楽しい事、好きな事をやっている時は、時間を忘れて没頭しますが、嫌なこと、やりたくない事をやっている時は集中力もなかなか続かないものです。

それ以前に、集中力を妨害する様な周波数を遠隔から照射する事も可能な時代である事は一切考慮していない様ですが、そうした技術が悪用される危険性についてはスルーですか?

それについて触れるとまずいので意図的にスルーしているとしたら、それはそれで大問題ですが、仮にそういう事を全く知らないとしたら、明らかに勉強不足です。そういう方が人の一生を左右するかもしれない診断を下すなんて余計に背筋が寒くなってしまいますね。

込み入った話をまとめる事が苦手、考えがまとまらない、話が飛びやすいのが、陰性症状の特徴の様ですが、そもそもブログで記事を書くという作業は、かなり根気や集中力を要します。
いかに読み手にわかりやすく、言いたい事を的確に伝えられるかと、ない頭をフル回転させながら文脈を考え文章にまとめる・・・、これって実際にブログを書いている方ならお分かりかと思いますが、結構大変なんです。

私などは何度も読み直しては、ちょっと気に入らない所があるとまた書き直す、という繰り返しです。
ただ、書くことによって、逆に自分の意見や考えがまとまるという利点もありますので、ブログを開設されていらっしゃる方は、常々自分の考えをまとめたり分析して人に伝えるという訓練を、自発的にされていると言えると思います。

文字数が決まっているツイッターは逆に、その短い文章の中でいかに自分の言いたい事を人に伝えるか、またネット上とは言え、人とのコミュニケーション能力も問われますから、結構、頭を使っているわけです。

という事は、ある程度、そのブログなりツイッターの記載内容が、自分以外の人が読んでも意味が通じる内容であって、前後の脈略もなく錯綜する支離滅裂な文章でないのなら、統合失調症の陰性症状など発症していないという事の証明でもあると思うのですが、いかがでしょうか?

逆に2chなどで、被害者が様々な情報や資料を提示しながら論理的に被害を訴えていてもそんな事は関係なく、ただ一言、「集団ストーカー」と言っただけで、キチガイだの統合失調症だのとレッテル貼りをしては誹謗中傷し、ブログや動画のURLを貼り付けて侮辱するという、明らかな迷惑行為をしては喜んでいる人達の精神状態の方が、遙かに心配だと思うのですが・・。

もちろん、この人達も加害側で、お金で雇われた工作員でしょう。
中には人を不快にさせる事が楽しくてしょうがないネットトロールもいる様ですが・・・。
ネットを徘徊する荒らしはサイコパスなナルシストで、サディストであることが判明(カナダ研究)

いずれにしても、この様な人達の言っている事、そして被害者の言っている事、どちらが信用に値しますか?

あと、あらゆる生存権や生活そのものを妨害されているのに、リハビリテーションだとか、社会復帰とか、笑ってしまいます。まずはこの犯罪集団を何とかするのが先でしょうに。被害者を精神病院に入れても何も解決しません。唯一の解決策は加害者全員を逮捕する事です。それしかないでしょう。

治療の方法
●薬物療法の進歩は目覚ましい


統合失調症の症状が、ドーパミン系やセロトニン系といった神経系で作用している神経伝達物質のアンバランスと関連が深いことが認められて以来、多くの治療薬が開発されてきました。とくに近年、第2世代の抗精神病薬と呼ばれる治療薬が開発され(リスパダール、ジプレキサ、ルーラン、セロクエル、エビリファイなど)、より好ましい成果をあげつつあります。


病気ではないので、薬を飲んでも改善しません。
付きまとい、嫌がらせ、ハイテク攻撃を止めない限り、被害者が救済される事はありません。
そして、統合失調症薬で死亡事故まで起きています。
目覚ましい!と喜んでいる場合ではありませんね。

統合失調症薬で21人死亡 ヤンセンのゼプリオン

統合失調症薬ゼプリオン 原因不明の死亡でブルーレター 安全対策指示

マスコミやネット工作員達は、集団ストーキング被害を訴える人を見かけるやいなや、頼んでもいないのに寄って来ては、何とかの一つ覚えの統合失調症という病名を付け、早急に病院に通って治療を受けろと無責任に言いますが、万が一、言われた通りに病院に行って薬を服用した結果、この様な死亡事故に巻き込まれた時に、責任を取れるのですか?
もちろん、いざそうなった時には、自分は関係ないと、しらばっくれるでしょう。そういう卑怯な人間達が、この集団ストーキング犯罪の加害を行っているのですから、謝罪とかそんなものは期待するだけ無駄でしょうね。

責任を取る気もないのなら、無責任な発言をするなと言いたいのです。
客観的に考えて、集ストと関係のない普通の人が、ここまで集スト被害者に粘着して、ムキになって統失のレッテルを貼るメリットって何かありますか?

仮に集スト被害者に直接、何らかの迷惑行為を受けた人が抗議するというならまだしも、全く関係のない第三者がそこまで必死になって、自分の時間を使ってまで、集スト被害者に粘着しては統失のレッテル貼りをする意味も理由もないですから、間違いなくこの人達は加害側に雇われた工作員でしょう。

あるいはストーカーしている超本人だったり、もしかしたら集ストの指令を出している、こうあんけいさつが一般人になりすまして書き込みしているのかも知れませんよね。

いずれその報いは自分自身に戻ると思いますが・・・。

●地域のなかで普通に暮らすことがリハビリテーションの目標である

 近年、日本でも「地域中心の精神医療」ということがいわれていますが、統合失調症の場合、生活の場で本人と家族、それに仲間や専門家が出会って、よりよい工夫を考える機会をつくることのメリットは、はかり知れません。

 また、症状はしばしば慢性的に残存します。これを「障害」と呼びますが、障害の部分に対するサポートが行われることによって、また、本人の長所や得意な能力を伸ばすことによって、社会生活を楽しみ、維持する力が増す可能性が増えます。

 障害がありながらも、サポートや工夫によって、地域社会のなかで「普通の人」として生活していけるようになることが、私たちの目指すあり方ということができるでしょう。


地域のなかで普通に暮らせなくさせているのは誰ですか?
気に入らない住民に対して、地域ぐるみで嫌がらせをして、村八分にしているのは誰ですか?
ほんと、地域社会とか、安心安全の街づくりとか、きれい事ばっかり。
裏と表の顔が180度違うのに、よく言うよ、と思います。

心の中では、他人を陥れ、虐めて苦しむ姿を見ては喜び、騙して奪う事ばかり考えているどす黒い人間なのに、表向きはいい人や普通の住民だったり、それこそ「普通の人」を装っているのです。
でもその正体は、陰湿で卑怯なギャングストーカーばかり。

マスコミに洗脳され、日本は平和だと思っている人が殆どだと思いますが、とんでもありません。
もういい加減、気付いて欲しいものですが、私もこの被害に遭わなければ、ずっと気付かないままだっただろうと思います。
被害者の訴えが信じられないかも知れませんが、信じられない方は、まずご自分で調べて頂きたいと思います。
日本だけではなく、世界中の被害者が声を上げていますから。


病気の予後について
●長期予後では50%以上の人が回復したり軽度の障害のみですんでいる


以前から「統合失調症は予後不良である」とか、「人格が荒廃することがある」などといわれてきましたが、研究の成果は必ずしもそれを示していません。

 チオンピ博士が1976年に行った30年の長期予後調査では、「回復」と「軽度」の障害の状態と判断された人が併せて49%にのぼっています。別の調査では、初回入院のあと5年間安定した生活を続けられた人の場合、68%がこの予後良好群に入るとの結果もあります。


これ、本当ですか?
本当にこの長期予後調査結果は信用できるのでしょうか?
下の様な指摘もありますが・・。

インセル博士のブログより。長期維持療法は統合失調症の予後の改善には役立ってはいない(その2 Discontinuation Paradox)

役立っていない、むしろ疑わしいと指摘されていますが、一体どちらが正しいのでしょうかね。

 病は時として、自尊心や生活に対する興味をも失わせてしまいます。病を抱えながらも生活を維持していくことを大切に考え、地域社会のなかで医療や生活支援などを受けながら、周囲の人々との適切な関わりが交わされることで、再び社会のなかで人生を積極的に生きていくことができるのです。


また地域社会ですか。

その地域が、利権欲しさに地域ぐるみで1人の人間に対して牙を剝いて襲いかかっているのに、よく言いますね。

病を抱えながらって、何ですか?

自分達で被害者を集団リンチで虐待しておいて、疑われたらそんな事はしていないとシラを切り、最後はマスコミや精神科医がしゃしゃり出て善人や良識人の振りをして救済するポーズですか。

偽善者ばかりで呆れてしまいます。


元岡山大学教員の中西さんという方が、専門的な知識と様々なデータを元に、こうした組織的犯罪が行われている事を追求されていますが、この方も統合失調症なのですか?

概要

私の研究紹介

これだけの研究論文を発表できる方が、統合失調症であるはずがありません。
むしろネットストーカー達の様に、特定のワードばかり連呼して、ドヤ顔で得意になっている方が、余程、妄想の激しい、精神に障害を持った人物だと思います。こういう人物の事を人格障害者、サイコパスと呼ぶそうですが・・・笑。


結論。
集団ストーキングは、人格障害者らが、実際に待ち伏せ、付きまとい、嫌がらせ等の加害をするものであって、被害者の脳や神経の病気ではありません。


という事で、改めてこの統合失調症、および、精神医療と集団ストーキング犯罪について考えて見ました。

件の番組ですが、私は多分、相当頭に来てしまうので見ないと思うのですが、もしご覧になる方はこの様な事を踏まえて、水曜日の放送をご覧頂けたらと思います。
その上で、公共の電波を使って、集団ストーキング被害者の名誉を傷付け、誤解を招く様な内容を放送する様な事があれば、被害者がきちんと反論なり指摘なりをしていく事が重要だと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰しております。Libraさん。

テレビをご覧になったかたの感想をお聞きしたいものです。
わたしは仕事で見られなかったので。。
「これでお終い」と決め付けられたくないです。

2015/07/15 (Wed) 23:36 | 浅はかな人々=サイコパス #- | URL | 編集

統合失調症になって無事寛解した身だから言えるけど、なんていうか、凄いねもう・・・。
まず大前提として自分は病気じゃない!おかしいのは社会!ってなってるのがアレ。
自分の場合は心から信頼できる友人が居てくれて、その人のおかげで治療に専念できたから良かったけど、ネットのコミュニティで統合失調症の人らだけで集まって妄想をかき集めるとこうも酷くなるのか・・・というのが見えてきて辛い。

とりあえず私から言えることは、一度騙されたと思って病院に行ってみなってことだけかな。

2015/07/20 (Mon) 03:42 | #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

悪質なコメントの為IPを公表します。

118.240.15.203
fp76f00fcb.chbd115.ap.nuro.jp

都道府県(CF値) 千葉 ( 95 )
市区町村(CF値) 千葉市 ( 55 )

2015/07/20 (Mon) 11:11 | Libra #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/01 (Sat) 21:09 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する