生活保護費を不正受給か?

反ヘイトスピーチ団体の元代表逮捕 生活保護費を不正受給か

大阪府警警備部は15日、生活保護費を不正受給したとして詐欺の疑いで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)への反対行動を行っていた市民団体「友だち守る団」(昨年5月解散)の元代表林啓一容疑者(52)=大阪市西成区橘=を逮捕した。

 警備部によると、守る団は「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの右派系市民グループに対抗するとして、昨年2月に結成。最大で約30人のメンバーを抱え、ヘイトスピーチが行われる場所に行き、非難の言葉を浴びせてきた。

 逮捕容疑は無収入とする虚偽の申告書を大阪市に提出し、2011年6月~12年2月に生活保護費約110万円をだまし取った疑い。


せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』
関西しばき隊員・生保不正受給で逮捕 日本社会にたかり生き血を吸う寄生虫のような存在

関西しばき隊員・生保不正受給で逮捕(2) 結婚詐欺で複数の女性被害者から金銭を騙す人生?


有田芳生氏と一緒に記者会見する、在日韓国人の林啓一容疑者。
seiho.jpg
※画像はせと弘幸氏のブログよりお借りしました。

健康なくせに、働けるくせに遊んで生活保護を受けてヌクヌクしている在日朝鮮人は多いと言うのです。(上記記事より)


“生活保護”むさぼる在日外国人!悪質すぎる不正受給の手口とは、この10年あまりで受給者数は2倍以上、日本で生活ができない在日外国人は母国へ帰国しろ、日本で居住を続ける場合は国籍国が生活費の支給をすべき

上記記事より。

2009年度の外国人生活保護受給世帯の国籍
韓国・北朝鮮 24,827世帯
フィリピン 3,399世帯
中国 3354世帯

>形式上は離婚になっているため、妻子は別のアパートを借りている。だが実際には、そこに住まず、普段はAの自宅で同居している。

(引用終わり)

不正受給する為に、偽装離婚や偽装結婚も行われている様ですが、そう言えば、この団地の住人にはなぜか名字が日本語で名前がフィリピン系?の母子家庭が何軒か入居しています。

離婚したのなら、なぜ名字だけ日本名なのか不思議なのですが、もしかして偽装離婚?
そして生活保護を受給しているのかも知れません。

そう言えば、留守が異様に多い部屋もあります。(生活の気配がない)
かと思うと、駐車場に駐まっている車が、頻繁に変わる部屋もあります。
普通、自分が乗る車がそんなに変わる事はないはずですが。
工作員が交代で、私を見張っているのでしょうか?

また、最近、外国人がどんどん増えているのですが、日本に行けばただで生活できると思っている外国人がどんどん入り込んで来ているのかも知れません。


また、私の周辺にも、鬱病と称して生活保護を受けながら私にストーカーをしていると思われる人物がいるのですが、本当に鬱状態なら、ストーカーなどできるはずがないという事が少しわかりました。

と言うのも、私も精神的にかなりダメージが蓄積しているのか、今年は桜を見ても、なぜか感動しないのです。

去年は満開の桜を見て、はしゃいでいたのに、今年は、というよりも最近は、あまり感動がありません。

もしかしたら、私自身が鬱状態になっているのかも知れません。

もう、どうでもいい、という投げやりな気持ちになりかけています。

こんな世の中に、一体どれほど生きる価値があるのか?と思う時もあります。

そんな状態では、とてもストーカーなどする気になれません。

偶然を装って、タイミング良くすれ違う為には、それが可能な場所で待ち伏せするとか、室内で私の行動を監視していて、私の動きに合わせて姿を見せるとか、あるいは仲間と連絡を取り合っていないと、そんな出来すぎのタイミングで遭遇することなど不可能だと思うのですが、そんな事ができるとしたら、とても鬱病とは言えないと思います。

前から不審に思っていたのですが、本当に仕事ができないほどの鬱病なのでしょうか?

親子で煙草を吸い(母親は歩き煙草)、おそらく読んではいない新聞(毎日)を購読し、随分余裕のある生活をしている様に見えますが、そのお金は全て、みんなが額に汗して働いて納めた血税です。

私も収入に応じていくらかの児童扶養手当を頂いていますが、それも同じ税金ですから、有り難い事だと思う反面、納税者の方に対して申し訳ないと思う気持ちがあります。

なので、その分は何らかの形で社会にお返ししなければという気持ちは持っています。

けれど、場合によっては、真面目に働いている人よりもかなり多い金額が支払われる生活保護の不正な受給は、相当に深刻な状況だと思います。(医療費なども全て無料ですし、その他の手当?などもある様です。)

国の税金から、年間3兆円ほどの生活保護費が支払われているそうです。

そして、受給者の3割が創価学会員だとも言われています。


葛飾区の生活保護受給者の9割が創価学会員!?・外国人生活保護の実態

せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』
生活保護の闇(ヤミ)を暴け!(2) カルト創価学会と生活保護費問題





私の団地に住むストーカー工作員も在宅している事が多く、おそらく仕事をしていないのでしょう。

どう考えても不自然です。

税金で犯罪者を養い、その一方で、本来は受給する資格のある人が受給できずに餓死する現実。

考えるだけで嫌気がさして来ます。


いくら反対しても原発は止まらない。

放射能は今も漏れ続けていて、海も川も大地も空気も、汚染は深刻さを増すばかりで、このままではいずれ死の惑星になってしまうというのに、

国も政治家も公務員も企業も、自分たちの立場や利益ばかりを追いかけている。

邪魔な人間には、集団リンチをして自殺に追い込む残酷ないじめ社会。

内海先生ではないですが、この地球上に人間がいる事こそが、不幸の根源なのかも知れませんね。

人間って、どこまで罪深い生き物なんでしょう。

いい加減、私も疲れてきました。





あと、前から不思議に思っていたのですが、ストーカーの子供達が学校から帰ってくる時間が不自然なのです。

今日も、まだ午後2時過ぎたばかりなのに、私がベランダに出て間もなく、いつも見かける小学生(男児)と、少し遅れて中学生の女子が学校から帰って来ました。

まだ2時です。
他の子供たちは全く見かけません。この2人だけです。


実はこういう事が、今までも何回かありました。

私がベランダに出ると、同じ顔ぶれの子供が数人、タイミング良く学校から帰ってくる。
それも、学校が終わる時間にしてはかなり早すぎる時間に。

もしかして、学校に行っていないとか。

あるいは、親から連絡が行って、急いで下校するのだろうか?

でも、私がベランダに出てから学校を出ても間に合わないし。

やっぱり学校には行かずに、近所に住んでいる工作員の家にいて、親からの指示を待っているのか。

一体どういうシステム?になっているのだろう。

それにしても、子供のうちから、嫌がらせや付きまとい、大人を馬鹿にする様な事を教えられ、まともに学校にも行かず、ストーカー行為に明け暮れる子供も哀れですね。

とてもまともな大人になるとは思えませんし、全うな人生を送れるとも思いません。
結局のところ、真面目に働くこともなく、将来は生活保護を受けて、人様のお世話になって生きるのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する