この国はカルトによって運営されていた!公安機関と幸福の科学は同じ住所!

また驚きの情報が。

降伏の化学は、公安で内閣情報調査室でNSCだった

以下、転載させていただきます。(一部、文字の強調等の編集をさせて頂きました)

デスペさんのツイ見てたら鼻血出そうになりました。

以下引用

desuperado ‏@desupehannari 5時間
NSCの中の警察側、NSCの実質NO2に当たるのが、内閣官房副長官の杉田和博だろう。
杉田は、元内閣府内閣情報調査室所管の「世界政経調査会」、これの前会長だったんだが。
世界政経調査会の住所は、東京都港区赤坂2-10-8

この住所には、幸福の科学がある(棒)。


まじですか??

では、以下wiki


杉田 和博(すぎた かずひろ[1]、1941年4月22日[1] - )は、日本の警察官僚
内閣官房副長官。元内閣危機管理監

人物
埼玉県出身[1]。埼玉県立浦和高等学校卒業。
地下鉄サリン事件当時の警察庁警備局長

2012年12月26日、第2次安倍内閣において内閣官房副長官に就任

(中略)

略歴
1966年3月 -東京大学法学部卒業[1]
1966年4月 - 警察庁入庁[1]
1977年 - 在フランス日本国大使館一等書記官
1980年 - 警察庁警備局外事課理事官
1981年 - 警視庁警備部警備第一課長
1983年 - 内閣官房長官秘書官事務取扱
1985年4月 - 警視庁第一方面部長[1]
1986年8月 - 鳥取県警本部長[1]
1988年 - 警察庁警備局外事課長
1989年 - 警察庁警備局公安第一課長
1991年 - 警察庁警務局人事課長
1992年 - 警察庁長官官房総務審議官
1993年3月 - 神奈川県警本部長[1]
1994年10月 - 警察庁警備局長[1]
1997年4月 - 内閣官房内閣情報調査室長[1]
2001年1月 - 内閣情報官(初代)[1]
2001年4月 - 内閣危機管理監[1]
2004年 - 内閣危機管理監退官
2012年12月26日 - 内閣官房副長官(事務担当)[4]。

役職
財団法人世界政経調査会理事(会長)[5]
東海旅客鉄道株式会社顧問



なるほど


一般財団法人世界政経調査会(せかいせいけいちょうさかい)は、
内外情勢に関する情報調査事業、講演会事業などを実施している法人。
元内閣府内閣情報調査室所管。

概要
内外の政治、経済、社会事情等の総合的な調査研究を行い、 内外事情に関する知識の向上普及を図ること」を目的としており、内閣官房から情報調査委託費が交付されている。

内外情勢に関する情報調査や資料収集を行い、毎年「国際情勢の回顧と展望」という名のレポートを刊行している。
役員には警察庁や内閣情報調査室出身の元官僚が名を連ねている

所在地:東京都港区赤坂2-10-8
設立:1961年7月1日
会長:植松信一
関連項目
内閣府
社団法人国際情勢研究会 - 同様の活動をしている内閣府所管の社団法人。
社団法人内外情勢調査会 - 時事通信社の関連公益法人
内閣情報調査室

wikipedia


で、東京都港区赤坂2-10-8 検索してみます

出てきました。


幸福の科学 ユートピア活動推進館 公式ホームページ
shoja-irh.jp/utopiakskan/access.html‎
ユートピア活動推進館は、首都・東京の政治の中心地・赤坂に位置し、
「幸福維新」を担う志士を輩出するための精舎です。 ...

〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-8.
TEL: 03-6277-6937. FAX: 03-6277-6936.
TEL: 03-6277-7409(幸福の科学大学準備室)



あ、ほんとだ 汗


スゲー国だなあ

降伏の化学って公安で内閣調査室でNSCだったのか
というか、公安・内閣調査室・NSCって降伏の化学だったのか 棒

カルト国家ジャパン
どうしようもないな


植松 信一(うえまつ しんいち、1954年1月 - )は、日本の警察官僚
内閣情報官などを歴任。

概要
大分県出身[1]。東京大学法学部卒業。1977年警察庁入庁[1]。
入庁同期に高石和夫元警視庁副総監などがいる。

略歴
1977年 - 東京大学法学部卒業
1977年 - 警察庁入庁
1988年 - 警察庁警備局外事課理事官
1989年 - 在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官
1992年 - 警察庁警備局警備企画課理事官
1993年 - 警察庁警備局公安第二課警護室長
1995年 - 警察庁警備局公安第二課長
1998年 - 内閣官房内閣情報調査室内閣調査官
2001年 - 香川県警察本部本部長
2004年 - 警察庁警備局警備企画課長
2005年 - 警察大学校国際捜査研修所長
2006年 - 警察庁長官官房付(インドネシア国家警察アドバイザー)
2007年 - 警視庁公安部長
2008年 - 警視庁副総監
2009年 - 大阪府警察本部長[1]
2010年 - 内閣情報官[1]
2011年12月 - 内閣官房参与[2]
2012年1月 - 内閣官房参与退任[3]
2013年2月現在、世界政経調査会会長、三井住友銀行顧問。


wikipedia


以上カルトジャパンでした 棒



「内外の政治、経済、社会事情等の総合的な調査研究を行い」

これって、つまり諜報活動ですよね?

私は、集団ストーカーも、嫌がらせを兼ねた諜報活動に間違いないと思っています。違法で不当な、個人情報の収集活動をし、自分たちにとって不利益となる特定の個人を監視していて、その手先となって蠢いているのが、地域住民に紛れ込んだカルト工作員達だと。

上記記事からもお分かり頂けると思いますが、日本の国家というのは、実質、カルトが運営しているようなものです。知らないのは国民ばかり。これで、まともな国家運営ができるはずがありませんね。

精神的に進化された方や悟りに至った方ならば、こんな現実も、受け入れ、許し、手放せるのかも知れませんが、まだまだ精神的に未熟な私は、こういう現実に、たまらなく苛立ちを感じます。


因みに、AM7時38分、この記事を下書きしていると、また高速道路パトが、この区間だけサイレン鳴らしながら通過しました。まるで、私がブログを下書きしているのがわかっているみたいじゃないですか。しかもサイレン鳴るのが、どうして、私の部屋の前のわずか100m数キロ?程度の距離だけなんでしょうか。

この間は、まさに鳴り始める瞬間にベランダにいたので、だいたいどの辺りからサイレンを鳴らしたのかわかってしまいました。


14日からの高速道路パトロール出没記録

14日
PM17:50

16日
AM8:05

17日
AM8:27
PM17:21
※午後、駅に向かう途中でハザードを点滅させながら道路脇に駐車していた車両あり

18日
AM7:38
AM9:12
PM14:51

この団地の前の区間で、こんなに続けてサイレンが鳴るのって、おかしくないでしょうか。この近くだけでそんなに事故が多発するんでしょうか?それとも落下物ですか?

しかも連日です。
鳴らない日の方が少ないのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する