人間以外の者による操作の可能性

ある方のブログ(「真実」が負けないために・・・さん)で知ったのですが、また、ツイッター(現在非公開)では、すでにツイートさせていただいていますが、個人的に非常に興味と関心を持ったサイトがありました。

非常にボリュームがあり、内容も片手間に斜め読みできる様な薄っぺらなものではない為、まだ全部を読み切れてはいないのですが、この世界や人類の歴史ばかりか、人間そのものが、人間以外の何ものかに操作されているという内容で、デービッドアイクやレプティリアン(爬虫類人)についても言及されていて、個人的に非常に共感を覚えるとともに、とても重要な事が書かれていると思いましたので、取り急ぎ紹介させて頂く事となりました。

呪われた世界とプログラム光速の魂たち。それらが紡ぎ出す物語の結末を変えるために


「人類と操作」という著作をWebで無償公開されています。

無償公開著作について


出版に当たり、紆余曲折、巨大宗教団体による様々な妨害があった様です。それだけ、この内容が世間に周知されると困るという事ではないでしょうか。

私も早速PDFをダウンロードさせて頂き、読み始めた所ですが、この世界の歴史がいかに捏造や操作された可能性の高いものであるのか、そしてそれを学校で教え、必死に暗記させられて来たとしたら・・・。

私は、自分の周囲に現れるストーカー達が、どこか“人間離れ”していたり、ホログラムやロボトイドではないかと考えるしかない様な不自然な瞬間が、私自身が撮影した映像に記録されている事に気が付いてから、この犯罪の首謀者は、もしかしたら人間以外のものではないかという考えも捨てきれずにいます。

これはネットの情報だけで導き出した考えではなく、あくまでも、私自身の体験や私自身が撮影した映像の検証結果から、こうした考えに変わって来たのであって、真偽を確認できないネット情報だけでこの様な事を言っているのではない事は、私がこのブログで公開している画像や動画などからもご理解頂けると思います。

その中で、自分のその疑惑の裏付けともなる様な情報に出会えた時は、本当に鳥肌が立つ様な感覚を覚えます。感動と言うのが適切かわかりませんが、やはり、という確信に繋がり、迷路の中に迷い込んでいた時に見えた一筋の光の様なものです。

ただしそれは、無責任な希望とか薄っぺらな夢を見させて、盲目にさせ、現実逃避するのとは違います。むしろ厳しく絶望的な現実を直視する事に他なりません。それでも、現実を直視し真実を知らなければ、これから自分が、ひいては人類全体が何をすべきか、その方向さえ見誤ってしまいます。

いずれにしても、こちらのサイトに記載されている事をしっかりと読ませて頂きたいと思っています。その先に、何かの手掛かりが掴めるかも知れません。知れません、というよりは、きっと掴める・・そんな気がしています。

現在Webで公開されている情報
歴史。伝承。神話。人類の歩んできた足跡上に存在するエニグマ(謎)


今日、私がツイッターで呟いた事を転機します。文字数制限がある為、多少上から目線に思える様な表現がありますが、了承下さい。

--------------------------------------------------------------------
これはトンデモ、これはオカルト、これはSF、これはエンタメ・・・、何でもそうやって自分から境界線を引き、それ以上は踏み込もうとしない。自分で自分に奴隷の手かせ足かせをしている。結局、安全圏で、誰かが作った“常識”、“良識”、“道徳観”の中だけしか、世界を見ていないのだと思う。

--------------------------------------------------------------------

個人個人がそう思うのは自由ですが、それを他人に押しつけたり、周囲に同調を求めるのは、逆にどうなのかなと思う。

--------------------------------------------------------------------

こうした情報を提供している人は、別に自分の主張を押しつけているのではなく、あくまでも情報提供者として、議論や考察の材料を提示し、問題提起しているに過ぎない。それを吟味する前に門前払いする様な風潮を社会に植え付けてきたのが、そもそもマスコミなのに、ネットユーザーが同じ事をしている。

--------------------------------------------------------------------

紐付き論者、工作員は論外です。

--------------------------------------------------------------------

個人個人が見ている世界は、実はとても狭い。だから他の人の視野を通して見えて来るものもあるのに、それを自分の好みや都合や先入観でシャットアウトしてしまうのはもったいないと思う。ネットにも偽情報、撹乱情報が非常に多いので取捨選択は必要だとしても。

--------------------------------------------------------------------

ネット内で真実の情報を探すのは、宝探しに似ている。

--------------------------------------------------------------------


この作者様がサイトで書かれている様に、人類の生死を左右する問題だと私も思っています。単なる娯楽としてのトンデモ話や、都市伝説、また、陰謀を語る事を生業にし、大衆をミスリードする事を生活の糧にしている人の情報とは全く別物である事が、きっと皆さんにもお分かり頂けると思います。

以前からツイートしていますが、下のYahweh Rulesさんの動画も、いかに人類が騙されて来たのか、そしてもしかしたら“人外”の操作があるのではないか?という事を考察し、追求する上での重要な動画だと思います。




取り急ぎ、私も今日動画を公開しますので、それも見てご判断頂ければと思います。

私の言っている事の方が異常だと批判する人もいるでしょうけれど、ではその人達は他の人に何を提供している人でしょうか?どんな問題提起をし、この奴隷社会から解放される為の解決策を一緒に探そうとしているでしょうか?

情報を提供している人の言動を批判するだけ、非難して馬鹿にするだけ、妨害して騒いでいるだけの人達ではありませんか?人を批評し馬鹿にする前に、自分は何をしているか、ではないかと思います。

“ネット評論家”というのは往々にして、自分は安全な場所にいて、ただ他人の意見の批評や批判をするだけの人が殆どの様な気がしますが、逆にその人達の発言に、どれだけの重みがあるか、一度立ち止まって考えてみて欲しいと思います。

それでも私の発信する内容が胡散臭い、インチキだと思う方はどうぞ私から離れて頂いて結構です。同じ様な事を言っている人は他にもたくさんいますから、“有害発言”で社会を混乱させる恐れがある、などとお説教したい人もいるでしょうけれど、私一人を黙らせた所で大勢に影響はありません。

真に有害で恐ろしいのはマスコミのプロパガンダです。それは完全スルーしているのに、個人のネットでの発言を袋叩きにするその異常性。

強い者には媚びへつらい、弱い者には牙を剥く。
これもまた、“人類の操作”の結果なのだと思います。


追記

非公開ツイートの内容と重複しますが、以下追記いたします。

今回ご紹介させて頂いた「人類と操作」のPDFファイルの17ページに、確率論のお話が出て来ます。

「ある複数の事柄が同時に起こる確率は幾何級数的(倍数的)に減衰していく」(本文より引用)

これは集団ストーキングの加害者と遭遇する確率にも言える事ではないでしょうか?
同時に起こる確率→同じタイミングで起こる確率、と置き換える事ができます。

つまり、月に2回の資源物回収日に、同じ人に(あるいは特定の数人が入れ替わりで)、同じ様なタイミングで遭遇する確率を計算したら、これはとても偶然ではあり得ない、という結果になるのではないかと思います。

どの様に計算すればいいのかわかりませんが、いずれにしてもこの様な、何百分の一とかの確率でしか起こりえない事が、もうかれこれ2年以上も続いているとしたら、これはやはり、偶然とは言えないと思います。

他のケースでは、例えば、ある家の前を通過する度に、その家の家人がタイミング良く玄関から出てくる、という場合も、確率的に計算したらあり得ない確率になるはずです。

つまり、確率で説明すれば、偶然ではなく意図的、または故意にタイミングを合わせているという事を証明できるかもしれません。

仮にそれが証明できれば、被害妄想だの統合失調症だので、強制入院させられる様な事も防げるのではないかと思います。その為には、地道に記録しなければならないのですが、それでも、一人だけでも驚異的な確率なのに、それが多くの被害者に共通して、同様の事象が起きているとしたら、あるいは犯罪として立証できるのではないかとも思います。

加害側はとにかくタイミングを合わせて付きまといをして来る為、ターゲットの行動にタイミングを一致させるなど造作もない事です。相手が勝手に合わせてくれるのですから、こちらはただ普通にしていればいいだけ。または若干タイミングをずらして来るかも知れません。

いずれにしても、記録はしっかりと残さないと意味がない事には変わりありませんが、これが結構大変なのです。ただ撮影さえしておけば、後からそれを元に、どの程度の確率や精度で同じシーンに遭遇するのかを検証する事が可能ですから、やはり記録は重要です。ただ子供などは通報されるリスクが高いので無理はしない、または完全に無視する方がいいでしょう。

この様に確率論で考えて見ると、今起きている事象の連続は、何百分の一、何千分の一という、驚異的な確率の連続になるはず。

非常に大変な作業ではありますが、そうした気の遠くなる様な肯定を経て、これでもまだ妄想だと言えますか?と言い切れる所までしっかりと状況証拠を積み上げる事が、結局のところ、集団ストーキング被害を証明する一番の近道ではないかというのが今の時点で、私が導き出した答えです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/31 (Sat) 05:26 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する