冤罪を狙っているのか

先程、私の住む団地に救急車が駆けつけました。

部屋から様子を見ていたのですが、向かいの棟から運び出された患者?怪我人?を乗せた救急車が出て行った後、警察官と鑑識の人間がそれぞれ4~5名歩いてきて、どこの部屋かわかりませんが、おそらく救急車で搬送された人の部屋に入って行きました。

嫌な予感がします。

警察官が来たという事は、傷害事件や窃盗などの刑事事件だと思います。

そうすると当然、団地の住民に、不審人物を見かけなかったか、聞き込みをするでしょう。

ストーカー要員によって、私が不審人物だと吹聴されているでしょうから、私が疑われても仕方がありません。

何か仕込みでもされていたら、冤罪で逮捕されてしまうかも知れません。

24時間私を監視しているのなら、私が何の関係もないことなどわかりきっているはず。


(追記)
その後の経過です。

警察官らが部屋に入っていった後、時々ベランダから様子を見たのですが、鑑識が入っていった割には、捜査員がベランダを調べたり、指紋を採ったりといった様子は見られませんでした。

ずっと見ていると、後々、変な容疑をかけられても嫌なので、時々ちらっと様子を見るだけでしたし、同様の理由で撮影もしていません。(救急車が2台到着した時の様子だけ撮影しました)

30分程した頃に、外を見ると、もう車もなく、警察官の姿も見えません。近隣の住民に聞き込みをしている様子もありません。まったく平常の状態に戻っていました。一体あの騒ぎは何だったのかと。


もう一度、経緯を詳しく書きます。

午後12:35 私の住む団地に2台の救急車が到着しました。西側のベランダに出た時には、1台の車両はすでに到着していて、ちょうど2台目の救急車両が駐車場に入る所でした。

(先に到着していた車両)
2014042312432302.jpg

2台目の車両(下画像)から、救急箱を大きくした様な救命用具か緊急処置をする医療道具?の入った箱を持った4~5名ほどの救急隊員が降り、小走りに向かいの棟の入り口の方に向かいました。
20140423124323.jpg

先に到着していた車両からも数名の人員が、部屋に向かっています。

その直後に、警察官が数名、2台目の車両の脇を歩いて同じ部屋の方に入って行きました。途中、救急隊員と話をしたり、何か指示をしている様な場面もありました。

警察官や救急隊員の姿が見えなくなると、今度は白いワゴン車が到着しました。3名くらいだったと思いますが、鑑識要員と思われる人物が降りて来て、同じ部屋の方に向かいました。

約10分後、担架に乗せられた人が一人、最初に到着してい救急車に運び込まれました。家人と思われる若い男性が同伴していました。救急隊員と何か話をしていましたが、特に慌てたり混乱したり、取り乱している様子はなく、普通に立ち話をしているような感じでした。

担架で運ばれていた人も、酸素マスクを付けたりとか、心臓マッサージを受けるなどの、緊急処置を受けているわけでもなく、止血をしている様子もなく、普通に担架に乗せられて運ばれている“急病人”といった印象でした。

怪我人?を乗せた救急車両が去ると、ワゴン車が駐まっているだけで、辺りには誰もいなくなりました。

約30分後、外を見た時は、鑑識要員の乗ってきた白いワゴン車もいなくなっていました。警察官の姿もまったく見えません。どうやら全員、引き上げたようです。

以上が、私が目撃した一部始終です。

それにしても、不可解なのは、警察官が4~5名、鑑識員?が3名程度、病院の職員風の男が1名、救急隊員が7~8名、他にもいたかも知れませんが、だいたいこのくらいの人員が、時間のずれはあるにせよ、一斉に、救急車で搬送された人物の住む部屋に入っていったのです。

普通に考えれば、殺傷事件か強盗殺人未遂など、重大な事件が発生したと考えるのが妥当だと思います。病気や怪我で救急車を呼んだのなら、これだけの人員が来るはずがありません。せいぜい、救急車が1台来て終わりです。

それなのに、怪我人?が運び出された後、捜査や聞き込みをしている様子も全く見られず、30分後には、綺麗さっぱりと誰もいなくなっていました。

もし傷害事件や、強盗事件、殺人未遂などの事件が起きたのであれば、犯人がまだ近くにいる可能性から、すぐに聞き込み捜査が始まるはずですし、現場検証や、犯人の手掛かりになる証拠を探す作業もあるでしょう。

規制線を張ったり、場合によっては検問などもすると思います。

しかし、

あれだけの大人数の人員が来た割には、あっけない程に、30分後には誰もいなくなったのです。警察が部屋に入った後も、全く普段と変わらない、日常のままでした。

当然、犯人の形跡を調べる為には、ベランダにも人が出入りするはずですが、警察や鑑識がベランダに出ている所も一切見かけていません。どの部屋で、“事件”があったのか、まったく窺い知る事ができないほどに静かで、日常そのものでした。


これ、おかしいと思いませんか?
まさか、私を動揺させる為に、こんな大掛かりな芝居を打ったのでしょうか?
これ以上、余計な事を喋るなと威嚇する為ですか?

まったく恐ろしい世界に私たちは生きているのだな~と、つくずく思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する