韓国人の日本人憎悪

引き続き、故小石泉さんのサイトより転載させて頂きます。

荒野の声 NO.122 3S政策の成功より一部引用。
韓国人の日本人憎悪
 第二次大戦末期、韓国のキリスト教会の長老と若い女性が日本の国会議事堂の傍聴席から議場に抗議文を投げ入れ抗議の声をあげた。当然、直ちに逮捕され、激しい拷問の末、この朴長老は殺され、女性は終戦まで厳しい収容生活を送った。戦後、釈放されたこの女性安利淑はアメリカに渡り「たとえそうでなくとも」と言う本を書き、この本はベストセラーになった。

 ところでその抗議文には神からの預言として「日本よ、悔い改めよ。もし悔い改めないなら大いなる火が下るだろう」と書かれていた。広島、長崎の前のことである。

 当時日本は韓国への厳しい占領政策を実行し、特にキリスト教会への弾圧は言語に絶するものであった。教会の礼拝に出席している信徒を教会堂に火をつけ全員焼き殺したなど、韓国に行けばいくらでも聞かされる。そういう記念館もある。日本人もうぬぼれのぼせるととんでもない残虐性を発揮するのだ。そのことを深く認識しなければならない。

 韓国人の日本人への感情は“憎悪”である。日本人はとっくの遠に忘れて、韓流ブームと浮かれているが、韓国人の憎悪は決して消えることはない。これは何回謝ろうと、金を積もうと永遠に無くなることはない。ある日本人牧師が韓国の教会で「それは昔の軍国主義者がやったことで自分たちとは関係ない」と話した。すると帰りに出口で、のどにナイフを突きつけられた。これは私の身近で起きた本当の話である。彼らは日本にどんなことをしてもいいと思っている。それは日本に住む韓国系の人々も同じではないのか。

 韓国と付き合う場合、この憎悪の感情を常に前提にして行かなければならない。だからと言って、決して許す気のない相手に謝り続けるわけにもいかない。結局、ハリネズミと付き合うように一定の距離を置いて付き合うしかない。

 国境と言うものはその時々の力関係で決まって来るもので、固有の領土などと言うのは幻想である。フォークランド紛争のように戦うしかないのだ。アルゼンチンはイギリスから遠く離れた小さな離島をイギリスが軍隊を送って取り返しに来るとは思わなかった。しかし、サッチャー首相は毅然として大軍を送って取り返した。さて日本の政府がそこまでやるだろうか。竹島でも韓国のやりたい放題だ。本当に固有の領土と言うならただちに行動を起こさなければならない。国際司法裁判所が決められる問題ではないのだ。

被災地に泊まる
 私の所属する教団が岩手県大槌町に支援センターを開所するので、その開所式に出席するために初めて大震災の被災地を訪れた。1年半経っているので瓦礫は片付いていたが、荒涼とした光景は変わっていない。見渡すかぎり家の白いコンクリートの土台が数千、数万並んでいる。恐らく立派な家々が建ち並んでいたのだろう。全ては失われてしまった。

 歴史上、三陸海岸には何度か津波がやってきた。しかし、今回ほど経済規模の大きな損失はなかっただろう。過去の津波を研究し、どこにどれだけ力を加えれば、どれだけの被害が出るか計算し、正確にその位置と破壊力をセッテイングし、実行した非情きわまる計画と組織力。相当の人間が関わっていただろうに、全く真相が漏れ出てこない統制力。ただ驚くとともに、怒りが溢れて来る。完全に自然災害に見せかけているが、これは日本への戦争である。

 ただ、現地は今や非常な好況を呈している。建築業はもとより、ホテル、レストラン、スーパーなど回復する端から満杯の客である。震災前に高騰した建築業界の株は最高の値段で売り払われたのだろうか。

 私たちの教団と教会は30回以上ボランテイアグループを送り出し、さらに引き続いて支援するための支援拠点を開所した。透析の身で何もできないが、若い人々を励まし、祈っている。


恥ずかしながら私は、日本と韓国の間に、この様な歴史があった事は知りませんでした。韓国人の日本人に対する憎悪の由来というのは、こういう所から来ていたとは・・。

小石氏の指摘にある様に、戦時中の恨みを晴らす為に日本人には何をしてもいいと考えながら日本で生活している韓国人も相当多いと思いますが、後述のような理由から、その人達の考えははっきり言って間違っていると思います。そもそも、日本人に対してその様な事を理由に危害や暴行を加えれば、それは紛れもなく犯罪になります。

もっと言えば、その戦争や占領政策というのは誰がどの様な意図で仕組んだものなのか、本当にその日本兵は日本人だったのか(当時は朝鮮から来ていた日本兵も相当いた様ですが)、その辺りの事実関係をしっかりと調べ、見極める事をせず、歴史の教科書で日本人が殺害した事になっているから日本人がやったと単純に信じたり、誰かさん達の策略通りの思い込みで日本人に憎悪を向けているだけだとしたら迷惑以外のなにものでもありません。

小石さんの記述にはこうした事は書かれていませんので、もう少しその辺りまで追求していただきたかったと思うのですが、いずれにしても、事実が捏造されているかも知れない歴史に基づいた憎悪感情を剥き出しにして、現代の日本人を攻撃するのではなく、もう少し賢くなって下さいというしかありません。

100歩譲って仮に韓国の人達の考えが正しいとしましょう。
それなら日本はアメリカによって原爆を落とされたのですから、同じ理屈によって、アメリカに住んでいる日本人がアメリカ人に対し、何をしても許されるでしょうか?そんな事はありません。すぐに射殺されるでしょう。

では、正しい事をしているなら、なぜその様な結果になるのでしょうか?
この矛盾に気が付かないとしたらちょっと恐ろしいです。正常な思考や判断のできなくなった人達が暴走すると何をするかわからないという意味で・・・。

冷静に考えれば、こうして憎悪感情を煽る事によって得をする人達がいるという事です。そしてそれは日本人にも言える事なのですが、あからさまに嫌韓を煽っているのは本当の日本人ではないと思います。何らかの目的を持った特殊な人達なのでしょう。

そういう人達とは別にして、何らの工作活動にも全く関与しない日本人の韓国や朝鮮人に対する批判や嫌悪感というのは、この様な、捏造され歪曲されて伝えられている可能性の高い歴史認識を盾、あるいは武器にして、自分達の権利を主張し、日本人に対する暴挙や侵害行為を正当化している身勝手さに対して向けられているものです。

歴史というのはいつも勝者によって都合よく書き換えられるものであり、教科書などはその最たるもの。マスコミも同様にプロパガンダを垂れ流し国民を洗脳しているのです。

そんなものを鵜呑みにしていたら、またまんまと騙され、国同士がいがみ合い、やがて戦争になり、それを仕掛けた、あるいは目論んでいた者達(世界支配層)の思惑通りになるだけです。

彼らにとってそれが事実かどうかなど関係ないのです。一旦事実として流布すれば、あとは勝手に民族同士が憎み合い、再び彼らが熱望している戦争へと誘導できるのです。

繰り返しになりますが、「韓国の占領政策」による日本人に対する憎悪が未だに根強く残っているとしても、その歴史認識、あるいは歴史そのものの“記録”なりは本当に正しいのでしょうか?

そもそも戦争というのは国を守る為ではなく、超国家の世界支配者達が自分達の為にでっちあげた八百長プロレスなのです。そしてそのでっち上げの“史実”を利用した憎悪感情と、それを晴らす為の復讐という負の連鎖によって殺し合いをさせ人口を減らし、自分達の理想とする世界を実現させようと画策している者達こそが、この世界を裏で操っている黒幕、世界支配層、時にイルミナティやフリーメーソンとも呼ばれる気の狂ったエリート達。

日本も例外ではなく、この日本こそ、その悪魔集団という蛇に睨まれた蛙なのです。

半島人の憎悪感情を煽り、それを利用して、未だ日本を間接統治するアメリカ。
その上にはイギリス王室がいて、さらにはバチカン、世界支配層と繋がる支配構造。

その辺りを自分の頭で考える事もせず、歴史を疑う事もせず、ただひたすら日本人憎し、自分達には日本人に復讐する権利がある、などと思い込む、その単純な頭と思考だけを頼りに、この日本で延々と犯罪行為を繰り返しているのです。
在日韓国・朝鮮人らの犯罪率の高さ、残虐性がそれを如実に物語っています。

この様な人達が実際にこの日本には多数生活していて、その憎悪感情は、間違いなく集団ストーキングの加害にも利用されている事でしょう。なぜなら余程のサイコパスか脳に機能的な異常でもない限り、憎悪感情がなければこの様な行為を続ける事は不可能です。

普通のまともな精神を持った人なら、何の恨みも利害関係もない相手に対して、この様な残虐な虐めを加え続けていれば、やがて良心の呵責に耐えきれず、まず自分の精神がおかしくなり発狂するか、若しくは自殺するでしょう。

韓国占領の事に話を戻しますが、、仮に占領があったとしても、当時の責任者達を恨むなら分かりますが、直接関与もしていない(生まれてさえいないのだから関与しようと思っても不可能な)今の日本人に対して、根深い恨みを持ち続ける事ほど不毛な事はありません。

それでも恨みたいのなら、出来レースの戦争を引き起こした当時の責任者や世界支配層達を恨むのが筋でしょう。
戦争を始める始めないの議論はおろか、反対の意思表示すらできるはずのない今の日本人に責任を求めるのはお門違いだと言いたい。

ましてや当時戦争反対などと意思表示をしようものなら、即座に特高警察がやってきて、非国民として投獄され殺された時代です。それに、同じ日本人の中でさえ、当時戦争を決断した責任者に対して戦争責任を問う声もあるのです。

なので、もういい加減この様な理由で日本人を虐待してもいいなどと、自分達のエゴを正当化するのは全くナンセンスで勘違いも甚だしく、現代の社会では通用しないという事に、そろそろ気がついてもいいはずなのですが、本当は気がついているのに認めたくないだけなのかも知れませんね。

自分達の奪い取った特権を失い、違法行為、犯罪行為が正当化できなくなるのがわかっているから・・・。


因みに岩手という地名が出て来て、はっとしました。
六岡さんも岩手の方でした。

小石牧師はサタンにとっては目の仇だった事でしょう。
それ故、岩手にサタンの手下が集結していた(いる)可能性もあります。

そして某宗教団体は、間違いなくサタンの手下です。
その様な情報な調べればいくらでも出て来ますので、ぜひ調べてみて下さい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

朝鮮の事ですが

よく2chに出てくる数字があります
在日朝鮮人63万人の内、46万人が無職
創価創価と言われるのは、ココらへんでしょうか

あれだけ24時間つきっきりの嫌がらせをするには、
結構な数が必要な筈です

恐らく今はLINEを使った行動確認がメインと思われます

2015/12/06 (Sun) 18:12 | inputer #Gls.umQA | URL | 編集
Re: 朝鮮の事ですが

inputerさん。

その数字はツイッターでも時々見かけますね。
ただ、デマだという指摘もあって、実際の所どうなのでしょう。

また時間があれば調べてみますが。

ただ、ある宗教団体に入ると、生活保護の受給の口利きをして貰えるという話は有名ですね。
私も大分前に、このブログで書いた気がします。

それで、その保護費の一部は、財務という形で学会に吸い上げられるのだとか。
日本の福祉は貧困ビジネスの食い物になっているのは間違いない様です。

2015/12/06 (Sun) 22:45 | Libra #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する