山の中でのお芝居(マウンテンシアター?)

いよいよ今年最後のブログ更新となりました。

何とかギリギリで仕上がった動画を掲載して、今年は締めくくりとさせて頂きます。

今回の動画は、また一風変わった場所でのお芝居?なのですが、山道での上演となりますので、ストリートシアターという表現は、ちょっと違和感があります。なのでマウンテンシアターと勝手に命名致しました。

それでは少々長いですが、よかったらご覧下さい。



(以下画像を追加しました。また枚数多いです ;汗)

夕方、この様な場所から、トラックがブライティング。




色調を調整していますが、こんな何もない行き止まり?の山道を、新たな工作ポイントにした様です。


この日は乗用車2台でタイミングを合わせて発進。


カメラを戻した瞬間、動き出す人物。


下の白いライトの位置が微妙に不自然な気がします。


タイヤの下のライトが気になる。





それにしても、こんな山の中で井戸端会議ですか?


2台の乗用車(多分、軽)が移動したルート。


この日は、ふとこの辺りを見た時に回転灯のライトが目に入って来ました。


ズームアップすると、工事関係者が何やら、臭い芝居を始めました。


電線より上の頭の部分が見えないのが、何となく怪しい。足元の銀色のカバーが、後ろのトラックと何気に同化している様にも見えてしまう。


この白い機械は?手の形も何となく変。


もしかしてホログラムに乱れが生じたとか?


くびれている部分と、トラックのドアのラインが同じ。


↓顔アップ。





↓顔アップ。


やっぱり足元が同化している・・。


ちょっと人間離れした顔ですね。


右足が微妙に透けてませんか?


かなり距離が離れているのに、私が見ている事がわかるのでしょうか?暫く動きを止めて私の方を見ていた様に見えました。


・・・


土手を下りる作業員。


何の作業ですか?





ブライティングのあった場所では、何やら工事をしていました。


こんな場所で何の電気工事ですか?









手前にある電柱は、以前、不審な工事をしていました。


12/25日に撮影した時の画像。山の中に何やらグリーンに光るものが見えます。シートなのか建物なのか分かりません。もしかして不法投棄でしょうか。


この日も、工作ポイントには、2台、トラックが駐まっていました。





木の幹?が光っている様に見えます。













この様な場所で展開されるシアターに関与している業者(主に土建業)とストーキング工作員(学生とその親、およびカルト団体)、格闘技、暴走族、暴力団、そして警察が繋がっている事が、関係者のツイッターを見ていてわかりました。やっぱりみんな全部繋がっているんです。


と言う事で、今年もストーカー被害が酷くて、対応に明け暮れてしまった一年でしたが、来年は、少しでも明るい材料が出てくればいいなと思っています。

今年一年、お付き合いいただき、ありがとうございました。

皆様も、どうかよいお年をお迎え下さい。o(_ _)o 

来年こそは、このにっくき集団ストーカー達が一掃されますように・・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する