ギャングストーキングは世界共通

以前も一度取り上げた事がありますが、この動画を見ると、やはりギャングストーカーというのは、世界共通なんだなとつくづく思います。





以下スクリーンショットです。


やっぱりF○IとかC○Aが関係しているんですよね。


コリジョンもよく遭遇します。


異様に眩しいヘッドライト。


指差しも、非常によく使いますね。どういう意味なんでしょう。


ドアから手を出すのも


様々なゼスチャーもみんな同じ。


カラーハラスメントも


タイミングを合わせた通過も


片目ライトも“あるある”ですね。


マフラーを改造してわざとうるさくするのも


みんな同じ。


NLPという神経言語プログラムを悪用した精神的に虐待するためのプログラム。


日常の行動を装って展開される奇妙な芝居=ストリートシアター


ターゲットの周辺では、急に携帯で話し始める人が異様に多い


エレクトロニックハラスメントで急に心臓の拍動が異常になったり


どれもこれも、みんな同じです。
世界共通マニュアルがあるのでしょう。

発症はアメリカ?
イギリス?

よく分かりませんが、とにかくターゲットを倒せばいい。
一種のゲームなんです。
相手が死んでも誰も逮捕されない人間狩りゲーム。


加担している人もまた、いつかは消されるのでしょうか・・。
そうならないうちに、早く加害を止めた方がいいんじゃないでしょうか?

本当はもうそんな事はしたくないと思っているんじゃないですか?

だったら、勇気を出して止めましょうよ。

そんな不毛な事。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する