また一人、更新が途絶えたままの被害者の方が・・

昨日、いつも訪問にさせて頂いている「日本の闇と集団ストーカー」さんのサイトで知りました。

ブログ”THEターゲット集団ストーカー被害気晴らし日記”のLEMONEさん

私は去年だったと思いますが、この方のサイトを訪問した事があります。
そしてこのスパコンの動画もツイッターで紹介させて頂いた事があります。

確か「明日のために」というブログに書かれていた遺伝子コードの事を調べていて、このLEMONEさんのサイトに辿り着いた様に記憶しています。

その遺伝子コードについて書かれた記事。

明日のために
「集団ストーカー」自殺と見せかけた殺人事件

※この管理人の方の新しいサイト「真実が負けないために・・・」が、先程アクセスしたら削除されていました。何か圧力でもかかったのでしょうか。ご無事でいて下さるといいのですが・・。

こちらのサイトには驚く様な内容の事が書かれていて、以前はトップページに「作品」という記載があった為、私も一時期これは創作なのではないかと思った事もあったのですが、どうもそうではないと思います。

LEMONEさん(greenna.llemonneさん)の事に話を戻しますが、最後の記事ではミランダさんの事を心配されていて、実際、ミランダさんは、現在その消息がわかっていません。サイトも閉鎖(削除?)されてしまいました。

さくらんぼの実る頃
何の告知もなく挨拶もなくいきなり閉鎖というのは考えられない事です。

そのミランダさんの事が書かれた短い記事。
他の被害者さんのことをいってくる

まさかこれが現実になってしまったというのでしょうか?
そうでない事を祈るばかりです。
一時期安否の確認が取れたという情報も流れたのですが、やはりその後の消息がわかっていないので、本当に何かあったのではないかと思います。
もしご本人が健在でいらっしゃるのなら、何らかの方法でその事を伝えて頂けたらと思うのですが、それも難しい状況なのでしょうか。

その前の記事では、この様な恐怖を訴えています。
最大の脅迫

そこに埋め込まれていた動画。(以下は再生リストです)


これらの記事や動画の内容を集団ストーキングの被害者でない方が見た時に、一歩間違えれば精神病と思われてしまう内容もあります。それこそがこの犯罪者達の恰好の隠れ蓑であり、被害者を精神病に陥れる為の巧妙で狡猾な罠なのです。

また善意の第三者を装った人物が、被害者を心配する振りをして近づき、悪い事は言わないから、一度病院で見てもらった方がいい、あなたは何かに取り憑かれているから自分を省みて、改善すべきところは改善しなければならない、などともっともらしい事を言うのです。

私は自分に改善すべき所が多くある事も自覚しています。
改善するところのない完璧な人間だなどと思った事は一度もありません。
でも、この犯罪を容認、あるいは黙認しておきながら、もっと酷いのは、妄想とか精神病だとレッテルを貼り、被害者だけに改善を求めるのは、どう考えても不合理。もっと言えば本末転倒。
真っ先に改善するべきは、この様な犯罪を犯し、被害者を迫害している凶悪で邪悪な精神を持った者達だというのに・・・。

話を戻しますが、2015/5/27の記事ですが、末尾の方に拡散を希望されている内容が掲載されています。本来ならその部分だけ転載した方がいいのかも知れませんが、記事全体において重要な事が書かれていますので、勝手ながら全文転載させて頂く事と致しました。

解決に向けた重要なこと


2015.1.30 自分の未来の事を考えてうちのめされながらも
今できること、何か少しでも助かる可能性につながることをしておこうということで
解決への道について書き残します

●●●●●解決に向けた重要なこと●●●●●
真犯人は日本ではソーカのフリをし、ソーカに犯行の一部をさせています
だからといってソーカをつぶしただけでは、ハイテク犯罪は終わらないのです
他の組織を利用できるからです
第二のソーカが現れるだけだというのは「さくらんぼの実る頃」のミランダさんもおっしゃっています
これは世界犯罪です。

まず、これほどの規模の加害をするにはどれだけ大きなスパコンが必要か
考えてください

世界中の情報を持っています

とにかく犯行に必要なスパコンや衛星を機能させないこと
これが必須です


そのスパコンをなんとしても見つけ出し、壊し、データも消さなければ
解決にはなりません

草だけちぎっても、根が残っていては終わらないのです。
海外にあるかもしれない大元をつぶさなければなりません
そういう方向に進もうとしなければ解決しません
海外団体とも力を合わせて、根っこにピンポイントで注目して立ち向かうこと
これは被害者の皆さんに伝えたいことです

皆さん口をそろえて巧妙だといいます。ここも同じ。
この頭の良さ・巧妙さこそが、スパコンなんです。人の発想を超えています。
スパコンなしにここまでの犯行も、人員管理も不可能。
NSAかどこかには、ラグビー場2つ分もの巨大スパコンがあるという話もあります


ソーカのずっと上の上に、
ユダヤ金融が大元に近いところにいて、何かてがかりを知っているのではないかと感じています
ハイテクの被害にあう危険性は、全人類にいえることなんです。気づかない人が多いだけ。
あらゆる可能性を考えて、全力で解決に向かってほしいのです。

私がいわれているように、誰の目も届かないどこかへ連れ去って
電磁波で虐待し続けることは
、だれにでもできてしまうことなのです。
既にとらわれている被害者は、集団ストーカー被害者かそうでないかに関わらず
多数いるでしょう (普通は宣告せずに行っていると思われます)

このことは一人一人の問題としてとらえ、皆さんにも問題意識をもってほしいことです
いつか助けが来てほしいと願って耐えている人がいるはずです

みなさん、本当にお願いします
ソーカばかりに目を向けさせる のは、真犯人の狙いなのです
それによって真犯人に目が向かないからです。
ソーカや世界をこんなふうにした真犯人に目を向けてください
完全に隠れています。 そこが保たれている限り、この犯罪は終わりません
向かうべきはそこです


---------------------------
ここからは表明文です 2015.2.3

犯人から死に方の提案をされていますが、私は失血死・酸欠死・溺死をするつもりはありません
そうした死に方に特に強い恐れをもっています
また、死後の地獄のような宣告を受けてからは死ぬこと自体全く望んでいません
死んだあとが物凄く怖いからです
生きていたいという気持ちです

これらのことは家で貼り紙にもしています

2015.2.9
家族の死までいわれてしまいました
犯人は嘘もいうので、本気か嘘か図ることができませんが、万一のことを考えて
私が人を殺すことは一切考えには微塵もないことを表明しておきます
これはいうまでもないことです
が、この犯罪のことを考えると表明しておいた方がいいと思っています

何か糸口がみつかるかと思って電磁波犯罪被害の会様にお電話でご相談しました
私の被害が特殊で、あまりみかけないこともされているため、残念ながらうまく伝わりませんでした
強く思ったのですが、
平均的な被害を超えて「派手なこと」をされてしまった場合や、
あまりみかけることのないタイプの被害である場合、
被害者同士とはいえ、わかってもらいにくいと感じます。 

被害の型はいろいろあります
ゆるい被害の人、酷い被害の人、攻撃だけの人、様々です
「よくあるタイプの被害」を受けている人ならすぐにわかってもらえますが、
平均から外れたやり方をされる少数派の被害者はそこで苦労します
犯人はそのこともよくわかっていて使い分けをするのですが、当事者しかわからないのです

私のような被害でもわかってくれる方はいらっしゃったので、
珍しい被害やわかりにくい被害でも、統計として数字に表れるまで、
臆せず伝えていくことが必要かもしれません


●【経験ないからといって、被害を否定するのはコントロールではありますが】
否定する方に考え直してもらいたいのは、
犯人は「これ以上の加害をしません
こんなやり方は絶対しません」 と誓ったのでしょうか?
もしそうならば、「そんな被害はないはずです」と言えるでしょう

このような否定をするのには、犯人側の情報が必要です
確かな情報をもらっているわけでもないのに自分に経験がないからというただそれだけで
否定されてしまうのだったら、困った被害者の方々は、本当に一人きりで困ってしまうでしょう

この犯罪は、技術がものすごくてまるでどらえもんのように大体の事はなんでもできてしまうのです。
犯人の自由に遊べてしまうのです。
「ここからここまでのことしかしない」という決まった枠などありません
ただ、どこまで知らされるか、どこまでやられるかが人によって違うのです

ネットのできないお年寄りなども、ボケでないのにボけのせいにされ
どこにも相談できないのをいいことに色んな被害にあい、一人で死んでしまう人もいると思います
一昔前から痴ほう症の名をよく聞くようになりました
全く訳も分からず被害にあっているお年寄りを追い込むためにこの言葉を前面に出したのではないかと
思います
雨男・雨女もそう。被害者に都合の悪いことがばらまかれています

せめて被害者の方だけでも、否定せず相談にのってほしいと切実に願う人は私だけではありません

知らず知らずのコントロールで否定させられてしまうのはよくわかりますが
数少ない被害者同士、こんなことはただ残念でしたねではすみません
時には命に関わる問題です。
もしすべての技術を知らないのならば、一度考え直してみてください

2015.1.17 
まだ暮らせています
新年入ってからいきなり残酷な宣告を受けましたが、この3日は精神的に落ち着いています

春には私を追い詰めて(体を)死なせる これは本気と受けています
私が怖いのはその先です
これについて詳しくは、今後余裕があれば書き加えていき
今は私が学んだ一番大事な事だけ記します
拡散希望
********私からのお願いです*********************

「敵を愛せ」 「悪を咎めるな」 「苦しみは自分を成長させる」
支持されている美しい教えはすべて、不思議と
悪にとって都合よくできていることに気づいてください
それはなぜなのかを考えてください
人は美しいものを好みます
この犯罪は、人の心をつかんで利用するのがとてもうまいんです


私が読まされたアミ小さな宇宙人の中では、
「未開の星を手助けはできない」というきまりがあると書かれています
本当の話かどうかは別として、
善人がいいことだとしてやっているのが、結局は悪にとって都合のいいことになっているんです

攻撃はいけないことだから悪を責めない、
本人の成長のために被害者がいても助けない

こんなことをしていると、悪は確実にのさばるばかりなんです
絶対改心なんてしないんです
苦しめられる人がどんどんどんどん増えていくだけなんです。
わかりきっていることです。なのにみんなだまされるんです

信仰の恐ろしさです


●体の防衛反応を例に見てください
菌が入り込んできても、白血球やらなんやらがいつも戦っていてくれるから健康を保てるんです
体は日々、懸命な戦いによって維持されているのです
これがもし「美しい」教えに従っていたらどうなるでしょうか?

間違えないでください
攻めるための戦いは絶対やってはいけません。悪です。
でも、守るための戦いは必要なのです。


先ほど例にとったアミはとてもきれいな事をいっています
悪と戦わないのですから、このような被害を受ける人たちは悲惨なまま
やられていく人がどんどん増えていくだけなのです。

アミと同じ「愛(光)信仰」が今現実世界で流行っています
悪を止めないこの信仰が広がっていくのは大変恐ろしいことです
犯罪と無関係な平和な方々は問題ないでしょう
が、これを信じる方に質問があります
自分の可愛い子供が悪に捉えられて、今目の前で何かをされてしまうとした時に
犯人に心を入れ替えるようお願いしたり、ただ祈っているだけで済むと思いますか?
そのまま逃げれば犠牲は次々。
現実というのはそこまで美しいものじゃないということを忘れないでください

守るための戦いまでやめて神にゆだねることと、悪にゆだねることがどうして似ているのか
最初に書いた通りです。
さきほどの質問でそれができるというなら、その信仰は本物です
犠牲の連鎖はどんどん広がっていくでしょう。

ハイテク犯罪も、なぜここまで広がってしまったのか、間違った信仰によってこれからどうなってしまうのか
考えてください
考えれば、なぜ間違った信仰が広がりつつあるのか、その答えがみえてきます

繰り返し強調します
守るための戦いも止めてしまえば、悪が広がっていくだけ。
悪をほっておけば、とどまるところを知りません
苦しむ人が増えていくんです。
どうぞ他人事と思わずにしっかり考えた上で信仰を持ってください
こんなこと誰でもわかることなんです。どうかこの現実を見てください
一見わからなくても、苦しみはあります

一見わからないようにしているから怖いんです、だから騙されるんです

悪と戦ってやっと、一部の人の平和が維持できるかどうかなんです

「敵を愛すことは、多くの人を苦しめる事と直結している」
このことは拡散してください。
特に、偉大な力を持つ善意の存在に進んで伝えてほしいことです。
その偉大な善意をどうやって抑えて悪を維持するか、その答えが美しい信仰です
とても重要な事です
私はこれが解決への第一歩だと思っています


この犯罪と、信仰は切ってもきれません

どうしたらこの犯罪を止められるかを全力で考えてください
本当の凄い技術は、誰にも知らされていないんです
完璧に隠されています


ここに書かれている事に深く同意いたします。
必死に訴えている心の叫びが、ひしひしと伝わって来ます。

被害を忘れて、あるいは、被害なんて気にしないで今を大切に生きましょう、楽しみましょう、と言う方もいらっしゃいますが、本当にそれでいいのかなといつも私は疑問に思うのです。

確かにそういう風に考える事で、その人本人はこの被害の事を忘れて、自分らしく生きる事ができるのなら、それはそれでいいし、他人がとやかく言う事でもないと思う反面、このllemonneさんの様に、恐怖に怯え助けを求める人がいるのに、傍観、あるいは楽観していていいのかと。

それに気付かず何もできなかった自分が情けなく、その事に対して悔いが残ります。

なぜあれからサイトに訪問していなかったのかと・・。
六岡さんの時もそうでした。
いつも後になってから始めて事の重大さに気付き、もっと何かできなかったのかという自責と後悔の念に苛まれます。

ただ実際の所、何とかしたくても、私には何もできないのもわかっています。
工作員が手ぐすね引いて待ち構える中、自宅を出るのさえ嫌なのに、すぐに駆けつける事もできない。

そんな何もできない私だけれど、せめて今起きている事を人に伝える事はできるかも知れない。

だから、私はどんなにネガティブだとか悲観主義だと言われようとも、やはりこの犯罪としっかりと向き合い、解決する方法をひたすら探し続けると決めたのです。自分の命が続く限りは・・。

こんな悲しい現実から目を反らす事はできないし、自分自身の問題でもあるから。

同じ苦しみを味わっている人がいたら、何とかその人の力になりたいという思いはやっぱり消える事はないのですが、そういう気持ちを逆手に取って近づいて来る偽物や加害者が必ずいる為、中々本当の被害者同士が結束する事ができないのが残念でなりません。

偽被害者は、なぜか「偽被害者」という言葉に過敏に、そして過剰に反応し、逆上したり、妙にタブー視したり、偽被害者に言及する被害者を陰で非難したり、逆に工作員扱いしたりする傾向があるように思います。

現に偽被害者は確実にいます。それこそが本当の被害者同士が連携する為の最大の障害になっているのです。その障害を取り除くには、この問題を避けて通る事はできませんから、批判される事を承知で、私は敢えてそれについても言及します。

いずれにしてもこの様な事があるので、誰かを信じたいという気持ちとは裏腹に、どこかで警戒してしまう自分がいます。これも加害側の思惑通りなのですが、では目を瞑っていればいいのかと言うとそうではなく、黙っていれば益々その様な偽被害者だらけになってしまいます。

そうしてあれこれ逡巡している間に、一人、また一人、音信不通になってしまうのです。こんな卑劣な犯人(首謀者・黒幕・奥の院)を、決して許す事はできません。

下の記事は以前紹介させて頂いた事があった様に思いますが、ここに書かれている事は、紛れもなく犯罪者達の本質を表しています。
イシガ*さんの死を告げる不吉な夢/壮絶『頭へのつきまとい』

この様なセクハラ紛いの思考への介入は本当にあります。私も集スト被害だと気付くまでに相当被害を受けて来ました。急に変な思考をさせられるという。その証拠に、この犯罪の被害だと気付いた後は、この様な事が激減したのです。同様の被害を訴えている方もいて、この犯罪を行っている首謀者達がいかに下品でいかに下劣かを見事に物語っています。最早人間ではなくケダモノの一種でしょう。

他にもこの様な切羽詰まった投稿をされています。

死の宣告をうけています。警察に電話しました

警察の方へ 

警察はいつまでシラを切るのでしょうか?
その様な事がいずれ表沙汰になった時、国民に対してどの様な顔をして説明するのでしょうか?
どうせ白状するなら、早いに越した事はありません。
国民に対する重大な背信行為、侵害行為をして来たのです。
その罪は必ず償わなければなりません。

いずれにしても音信不通になってしまう方が後を絶ちません。
私ももしかしたら同じ道を辿るかも知れません。
多分そうなる可能性は高いでしょう。

もし突然、全ての更新が途絶えたら、何らかのトラブルに巻き込まれたと思って下さい。そのトラブルとは、集団ストーカー加害者らによる強硬手段の事です。

そういう犯罪者(殺人者)が権力に守られているのですから、この世界はもう終わっているのです。民衆が安心して自分の人生を生きる事ができる世界など、今までに一度もなかったのです。

全ては幻想。
みせかけの自由や幸福。
檻の中で飼育されている事も知らずに・・・。

その様な事に気付いてそれを訴えてもその声は殆どの人には届かない。そしてその声をかき消す者達の陰謀によって、いつしかその声も途絶えてしまう。

私が共感し、この方は本当の被害者の方だと思えるブログの多くは、既に更新が止まったままです。その様なブログを見ながら、この管理人さんは今どうしているのか、無事なのか、無事でいて欲しいと願わずにはいられません。

そう願いながらも、更新が止まった日付を見ては、言いようのない淋しさに襲われます。もしかしたらこの方は、もうこの世を去ってしまったのではないか・・。
あの汚らしく卑しい加害者らの毒牙に掛かり、旅立ってしまったのではないか・・・。

今、必死に声を上げている被害者の皆さんも、どうか十分に気を付けて下さい。
事情があって声を上げられない被害者の方も、どうか生き抜いて下さい。

たたむさんもブログが更新されていませんが、ご無事なのでしょうか?
集団ストーカー・ガスライティング犯罪を知っていますか?

こちらのブログも更新が途絶えたままです。
集団ストーカー ~ 南関東の事例 ~

【東京都大田区】創価学会員の集団ストーカー・嫌がらせ・付きまとい・つきまとい

この管理人の方々は今、どうされているのでしょうか?
ご健在なのでしょうか?

どうかllemonneさん、そして更新の途絶えてしまった管理人(被害者)の方々が無事でありますように。

そしてこの犯罪者達が一日も早くこの世界から消えていなくなりますように・・・。

この世界が、悪魔(悪魔崇拝カルト)の支配する世界からまともな世界になりますように・・・。

ただ祈る事しかできないのが悔しい。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する