部落解放同盟の深すぎる闇

引き続き、部落問題について。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

この部落問題はあまりにも闇が深すぎます。
そしてこれこそが日本の一番の闇、そして一番のタブーである事は間違いないと思います。

日本一の観光都市・京都に広がる深い闇『京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件の聖域』


下のリンク先の方は集団ストーカー被害者の方の様です。
部落民と部落解放同盟という人権ヤクザ団体についての体験談

このいじめは本当に酷い。もう犯罪レベルです。
学校での残虐ないじめや自殺にも、部落が関係している事は間違いないと思います。
ただ、自分が警察に捕まる様な事だけはしないで頂きたいと思います。
その人達の為に、これ以上人生を棒に振って欲しくはありません。

↓あつさんのブログに書かれていたのはこのことだったのですね。
守谷郵便局の部落民達

あつさんのブログ記事。
職場内の嫌がらせ(他人のブログ)

お食事中の方がいたら申し訳ありません。しかしここまでできる神経を疑ってしまいます。

恐らく郵便局職員にも出身者が多いのでしょう。
市役所と同じで優先枠とかありそうですし。
だから私も頻繁に、そして盗撮でもしていない限り絶対に不可能なタイミングで、JPの車やバイクを見かけるのですよね。
亡くなった清水由貴子さんも、郵便屋さんが・・と語っていましたし、付き纏い被害者の殆どが口にする被害が郵便配達員による付き纏いです。

私は何も、差別をしたくてこの様な事を書いているのではありません。
何度も言っている様に、そもそも部落差別が何なのかも知らない人間だったのです。
しかし一方的にこの様な被害に巻き込まれてしまった為に、その正体を突き止めていたら、ここに行き着いた、だからそれに対して批判と告発の声を上げているだけなのです。

ところがそうした表現の一言一句を、ちょっとした言葉尻を捉えては「差別発言だ」「差別者だ」というレッテルを貼り、糾弾会という脅し、脅迫、恫喝紛いの行為が行われてきたのです。

ここがヘンだよ部落解放同盟 「差別発言」糾弾の矛盾と謎

玉置宏さん、筑紫哲也の様に、人格が破壊される程に糾弾された方々が気の毒です。
まさに言葉狩りです。
人権を侵害されたと声高に主張する団体が人の命を奪う、たった一つの言葉よりも重く貴い命そのものを奪う、それこそが許されざる人権侵害なのに。

「吾々がエタである事を誇り得る時が来たのだ」(水平社宣言)。さあ、存分に誇ってください。エタではなく非人・雑種賎民系の方々や、えせ部落民の方々も混ざっているようですが。 (下記リンク先より引用)
部落解放同盟関係人物一覧

誇りがあるのなら隠す必要はありませんから、堂々と主張して下さい。今までの事も誤魔化さず言い逃れせず、ありのままに包み隠さず事実を語って下さい。

ただ、これらの情報も全てが正確かどうかは確かめようがありませんので、鵜呑みにはできませんが、政治家や建設業に携わる人も多い事が窺えます。中には暴力団組長?の名前も・・。

面白いのがこの記事。とても人権団体とは思えません。
同和事業の復活を許さない─県民世論の結集を
岡部町議の発言が始まるや、「お前は差別者だ」「出ていけー」「時間がもったいない。やめろ」「共産党の集会じゃないぞ」などの罵声・怒号がとびかい、発言内容が聞き取れないほどの騒然たる集会になってしまいました。

長野県政が、このような勢力のおどしに屈してせっかく廃止した同和事業を復活させないように、県民のたたかいがますます重要になっています。


この様に「おどし」とはっきり書かれていますから、おどしている事は明白です。
ヤジを飛ばし威嚇する、どこかの国会中継でも見た様な光景が目に浮かびますが、大の大人が率先して子供じみた嫌がらせをするなどは集団ストーキングの嫌がらせと見事に重なります。

そして、もう優遇措置は必要ないという事ですし、市民や国民から見ても、とてもまだ改善や優遇措置が必要とは思えません。むしろそれらの恩恵を受けていない側から見たら、逆差別です。その決して小さくはない額の保証金なり、国の買い上げ金なりはどこから出ているのか考えた事はありますか?皆が安い給料の中から収めてきた税金です。もっとよこせ、もっとよこせ、その集り精神に皆嫌気がさしているのです。

誤解を恐れずに言えば、荊棘のピンバッジは作られた当初は極道の代紋以上の力を持っていたものだった。
「解同」は原点に還らなければならない

“極道の代紋以上の力”という表現に、その筋の人が多数いたんだろうな、という事が伺えます。事実はわかりませんが・・・。

↓え?こんなにあるんですか?
全国部落解放協議会支部(結成予定のものを含む)

もういつの時代なのかわからなくなりそうです。
そんなに必要なのですか?解放運動が。

差別から解放されたいなら、地域を出ればいいだけだと前の記事の書き込みでも部落出身者が回答しています。ご自分の意志でそこに留まって、色々な恩恵を受けているだけなのではないですか?

阿修羅より。
血族結婚部落の優生学的調査概報
ど田舎の集落、部落民の人間関係は悪人のひとことに尽きる

一人の個人としてはいいのだろうが、部落、集団になると人が変わる

オレの友達の両親が役所を定年退職して田舎で農業をしたいという夢を実現し、実際に土地を買って移り住んだ

ところが部落民から「いじめ」を受けて2年で鬱病になり自殺した

母親は、バカ高い金額で購入した土地と家をただ同然の金額で売り渡した

それもその土地を最初に販売した部落民が買い戻した

購入価格の10分の1



静岡の田舎でもひどい話がある

市道なのにうちの私道も少し踏む、と道路使用料をとる町会役員もいる

そこを通る近所の住民から道路使用料を一人18.000円

唖然とするのは誰も反対しないで払うとこが凄い(住民20人)

こんなことが田舎では通るのが恐ろしい!!

集落の現状

・長による支配、ボスと子分の上下関係が厳然と存在する

・「村」の掟や価値観、しきたりがある

・出る杭は打たれる。長い物には巻かれるべしの精神構造

・排他主義に基づく仲間意識が存在する

・自分逹の理解できない『他所者』の存在を許さない

・同郷者に対しては「自分達と同じで当たり前」という意識を抱いている

・自分たちより劣る存在である、といった思い込みが激しい

・弱いと規定したものに対しては、陰湿且つ徹底的にいじめをする

・集落は陰口を好み二人集まると誰かの悪口を言う

・プライベートやプライバシーといった概念が無い

・無学、無知、無教養の集まり



部落で殺人事件が起こる原因は「村八分」「いじめ」

「悪口を言う、いじめをする、嫌がらせをする」

いじめは部落民の伝統

部落民の現実


無事、婦人会を抜け出したはいいが、目を合わせれば陰口を叩かれる毎日。
奥さんは外出するのが怖くなり、家にこもりがちになったという。


これ、やられると、本当に家にこもりたくなります。
外に出ると待ち構えていた地域住民が次々に偶然を装って出て来ますから。

ツイッターより。


地域で圧力を掛ける、村八分、これこそが集団ストーキングです。
妄想や精神病ではありません。
集団での虐め、これが集ストの本質ですから。

という事で、まとまりがないですが、取り急ぎ、部落利権と集団ストーカーについて、ネットの情報からピックアップしました。

因みにこの記事を書いていた深夜~未明にかけて、高速道路から何度もサイレンが聞こえて来ました。多分記事を書いている間だけで3~4回は鳴っています。サイレンを使った“無言”の圧力です。

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト