ETアジェンダとギャングストーキング

画像が中々作成し終わらないので、その前に、とても重要だと思う動画をいくつかご紹介させて頂きます。

よく、エイリアンの地球侵略に対する備えを!などとまことしやかに言われたりしていたりしますが、それは支配層側の巧妙な罠、ミスリードだと思います。

下の動画でも、その事について語られているのですが、地球はこれから侵略されるのではなく、既に侵略されているという事の様です。私はこの方の主張を信じます。自分でも見ていますから。

おそらく、私の周辺に現れるストーカー達は、ここで言われている「クローン」だと思います。それらが、人間を支配し、コントロールする為に大量に放たれている。そして、都合の悪い人物に対して、破壊工作をしているのだと。または、生体エネルギーの搾取や補給の為に。






また例によって、スクリーンショットを拝借しました。o(_ _)o

順不同ですが




私に粘着している工作員も、クローンやハイブリッドだからこそ、何か違う、何かおかしいという、漠然とした、でもはっきりした違和感を感じるのだと思います。




彼ら侵略者に魂を売り、契約を交わしている各国政府や権力者、またマスコミが、真実を公表するはずもありません。仮に公表すれば、公表した人は命を奪われるのですから、言いたくても言えるはずがありません。

なので、この動画で語られている様に、ディスクロージャーは一般大衆から行われなければならないという考えは、私も同感です。

私は自分でもなぜかわからないのですが、こうした事をどうしても世間に伝えたいという気持ちがあって、それこそ自分の生活や仕事よりも優先してしまうのは、人間として非常に反省しなければならない所ではあるのですが、それは私が何者かにマインドコントロールされているからなのか、あるいはそうする様に導かれているのか、自分でも分からないのです。

ですが、もしかしたら、殆どの人が信用しないET(主にレプティリアン)による地球侵略というものを、こうした情報をトンデモ扱いして、あるいは娯楽だと思っている人達にも信じてもらえる様に伝えなさい、と言われている様な気がしないでもありません。

私にできる方法で、それを伝えろと。
今、人類が直面している状況を理解してもらう為に。

などと大上段に構えて言ってみた所で、結局それは、私の自己満足でしかないのかも知れません。でも、何かわからないものが飛んでくるし、素性のわからない人達にストーキングされるし、これは一体どういう事なのかと考えずにはいられないのです。

それと、私が今直面しているこの不可解な現実において(この現実と思い込んでいる世界こそが幻想なのかも知れませんが)、ケムトレイルが非常に重要なキーワードになっているのは間違いないと思っています。

私が異変を感じたのが、2012年11月の下旬です。ネットでは2012年12月12日に地球にアセンションが訪れるという情報で賑わっていた頃です。

私は半信半疑で見ていましたが、隠謀論に触れたばかりの私は、その当時よく見ていたRKという人の動画で、そんなものは起きません!と断言している動画を見て、やっぱりそんな話はデマなんだな、と思ったのを覚えています。

その後、氏の欺瞞に気付き、あちら側のバランサーかミスリード要員だろうと思ったので、サイトも動画も殆ど見ませんし、何より集スト被害者を精神病扱いするという暴挙?に出た為、一気に嫌いになりました。私の電凸動画も何気にdisっていましたし。

それはともかく、話を戻しますが、ケムトレイルの集中散布が始まったのが2012年の11月末。その頃はちょうど野田政権から安倍政権に交代する直前でした。これも何か関係があるのかどうか分かりませんが、冒頭の動画に、そのヒントの様な部分がありました。






やはり、2012年から始まる人類の覚醒という流れをどうしても阻止したいという事なのかも知れません。私はそれまでこの様な空を見た事がないので、あの時のケムトレイルの散布の様子は強烈に印象に残っています。

また、マスコミの批判の動画も数本アップしました。それらの動画をYoutubeにアップして間もなく、下の画像の人物が現れました。

ブログやツイッター、また動画の中でも何度か書いていますが、非常に怪しい造園業者が来ました。私が朝、ベランダからこの場所を見下ろした時に、木の剪定用のナイフを持って立っていました。手に持ったナイフを微妙に動かしながら、光の反射が私の視界に入る様に向きを変えていたのです。



それを見て私は、身の危険と無言の圧力を感じました。この頃はまだ撮影するのに慣れていなかったので、その時の様子は撮影していませんが、その後、怖いながらも少しだけ撮影した映像がこれらの画像です。

枯れた木を少し切る振りをして、ここに停めてあった軽トラの荷台から、何か荷物を取り出しています。



その後、下の画像の様に、私の部屋の真下方向に歩いて来ました。







最初にこの人物を見た瞬間、私は咄嗟に軍人だと思いましたが、造園業者の出で立ちにしては少し違和感があります。持っていたナイフもアーミーナイフの様な、ゴツイものだったように記憶しています。

ただ、この表情をよく見ると、やはり・・ではないかと思えてなりません。
末尾にストレージのリンクがありますので、そちらよりご覧下さい。

しかし、慣れというのは恐ろしいもので、この頃は少しの撮影でもビビっていたのです。とても怖かったのです。

そうこうしているうちに3年以上もこんな事を続けていて、今ではすっかり開き直って撮影していますが、この人達が何も言って来ないのは何故なのか、それも不思議と言えば不思議です。やはりレプだから私を訴えれば逆に自分達の素性がバレてしまうから、抗議も訴訟もしてこない、という事なのではないでしょうか?

いずれにしても、この“無言の圧力”の前に、私はケムトレイルの動画をアップしていますので、ケムトレイルも決して無関係ではないと思います。

同じくJessica0701さんが翻訳の字幕を付けて下さった動画より。(翻訳感謝です)



マスコミや有名人の方でも、こうしたタブーに言及して下さる、勇気のある方も中にはいるのですが・・

残念ながらそのプリンスさんは亡くなられたそうです。







カルトに目を付けられていたというのが本当なら、もしかしたら、プリンスさんはギャングストーキングのターゲット(Targeted Individual)だったのではないでしょうか?

邪魔な人間の口を封じたい時に、消したい側にとっては一番“安全”でリスクが少ない為、多用される手口がギャングストーキング、日本では所謂、集団ストーキングと呼ばれている手法です。

手法と言ってもやっている事は人○し犯罪なのですが・・。

真偽は分かりませんが、プリンスさんのご冥福を、心よりお祈り致します。

(追記)
今日になって、この様なツイートが流れて来ました。



502.プリンス<Prince>は、イルミナティに殺されたのか?

という事なので、一面だけ見て判断するのではなく、多角的に見る必要がありそうですね。ただ、内部の事を知っているからこそ、表面上は彼らに服従しているように見せかけて、歌で遠回しに伝えていた可能性もなきにしも非ず。

いずれにしても、今の世界情勢を見るにつけ、この現状は一体どういう事なのでしょうか。人類の力ではどうにもし難い大きな陰謀=侵略者であるエイリアンのアジェンダが進行しているからだと考えると、案外、腑に落ちるのではないでしょうか。

人間は、本当は誰しも戦争なんて望んでいないのです。皆で仲良く生きたいし、そうできるはずです。でもそうさせたくない勢力がいるのです。

この状況を変えるには、その事を皆が知る事が不可欠です。知る事で、このアジェンダが失敗に終わる可能性が僅かでも残っているのなら、その可能性に賭けてみたいと思います。

余談ですが、昨日この様なツイートをRTしました。



庭師組合→フリーガーデナー

石屋組合→フリーメーソン

日本は石造りの建物が少ないので、石屋ではなく庭師が秘密結社の中心だったりして。。。

いえ、不審な造園業者がよく来ていたものですから・・。

また画像を少し掲載します。


↑路駐している車を記録する為、撮影を始めると、なんとそこには常連のT戸さんの姿が。足が悪いのに散歩でしょうか?



これは(T戸さんに限らず)いつもの事なのですが、まるでその瞬間に私がその場所を見るのを分かっているかの様なタイミングです。

因みに今月の18日にも、ケムトレイルの様子を撮影する為、ベランダに出て、空を撮影しはじめた直後に人の話声が聞こえ、また芝居が始まったと思って確認すると、やはりT戸さんご一行でした。




この時の様子は動画でアップしてあります。


庭師のお仕事風景に戻ります。
冬なのに、剪定する必要があるのかと、いつも思うのですけれど。







この時は朝の資源物回収時の様子を撮影していたのですが、その時にタイミング良く通過した地元の造園業者の車。


なぜわざわざこの場所を通過すのか、ちょっと意味がわからないのですが。。


結構なスピードだった様に思います。子供もいるのですから危ないですよね。



と言う事で、今回の画像を↓ストレージに保存しました。良かったらご覧下さい。


ストレージに移動したら、最初の画像をクリックしてスライドショーを開始して下さい。


関連記事
スポンサーサイト