海外の動画より 2016-5-25

また興味深い動画を発見しましたのでご紹介します。

動画を見ていると、不審なシーンが多数あり、つい調子に乗ってものすごい数のスクリーンショットを作成してしまいました。動画主の皆様、大変申し訳ありません。m(._.)m

ギャングストーカー達が普通の人間ではない、私はそう確信しているのですが、それをどうしても伝えたい、という一心で、この様な行動に出ているのですが、ぜひご理解頂けたらと思います。尚、動画主の方から、削除等の要請がありましたら、削除させて頂きます。

画像はストレージに保存させて頂きました。
リンクは下にあります。

まず動画をご覧下さい。

この動画に出てくる女性、はっきりシェイプシフトしているのがわかります。


これも有名なインタビューのシーンですが、やはりこの人もシェイプシフターだった様です。多分、周りにいる関係者も・・。


私達人間は、こうした成りすまし人間達がプロデュースした偽旗事件や事故のニュースばかりを見せられて来た、という事ではないでしょうか。そしてそれに一喜一憂して、恐怖心から発生するネガティブエネルギーを提供させられて来たのでしょう。


このタイトルは大正解ですね。



この動画も、見た瞬間に違和感を感じて、全画面でスロー再生して見てみたのですが、やはり、、という結果でした。



↓このギャングストーカーは露骨ですね。



こちらも被害者の方が撮影された動画です。不審な人物と車が、遠巻きに被害者の方を監視している様子が分かります。



以下、ストレージのリンクです。残りの画像は随時追加します。


--------------------------------------------------------------------

尚、私がこの様な方向で追求している事を快く思わない方、あるいは、この様な事が信じられず、まるで私が、カルトか何かに取り憑かれたかの様に盲目的に暴走していると思われて、心配して下さる方もいらっしゃる様です。

ですが、私は正気です。検証と分析を積み重ね、自分なりに確信を得たからこそ、この様な方向性になっているのであって、決して気が触れた訳ではありません。

その探求心や追求心を、こうした世界の事を信じていない人に少々咎められたり諭されたり、あるいは馬鹿にされたり、「その様な事は言わない方がいい」と言われたからと言って、簡単にその方の意向に添ったり、意見や主張を受け入れる事はできません。

ある人が○○は△△である、と断言していたからと言って、必ずしも皆がそれに納得したり同意するとは限りません。別の人には別の考えや主張や結論があるのですから。それを、自分はこう思うのだから他の人もそう思うはずだ、思わなければならない、思うべき、思わない人間は間違っている、と思う事自体がそもそも間違いではないかと思います。

他の方からのアドバイスや意見は有り難いとは思いますが、自分の信念や考えよりもそれらを優先する事はありません。というよりも、これは当然の事ではないかと思います。

皆さんは、簡単に人に意見を変えられてしまう人を信用できますか?
誰かがこう言えばそれに同調し、別の人が違うと言えばまたそれに同調する、その様な主体性のない人、他人の意向で簡単に自分を変えてしまう人の言う事を信用しようと思いますか?

私がレプティリアン云々と言っているから、危険な方向に誘導されていると心配される方もいらっしゃいますが、少なくとも私は、冗談やノリやネタやいい加減な気持ちで、この様な事を追求し言及しているわけではありません。爬虫類人?宇宙人、そんなものはいない、もっと現実を見た方がいい、と誰かに言われたからと言って、そう簡単に今の考えや方向性を変えられるわけがありません。

そもそも、多くの人が現実と信じて疑わないその現実とやらは、本当に本当の現実ですか?という疑惑を持っている人間に対して、その様な言葉はナンセンスです。

この様な事を言うと、自分の考えや意見に固執して、他人の意見など聞く耳を持たない頑固な石頭人間の言い分だ、と思われるかも知れませんが、それは、自分の欠点も間違いも一切認めないというのとは全く別の話です。それを混同して欲しくはないのです。

では逆に、その方の主義主張の根幹を成す部分、例えば反安倍政権の人に、あなたは安倍政権を支持した方がいい、と言ったとします。はいそうですか、では今日から安倍政権支持派に鞍替えします、などと簡単に意見を変えられるでしょうか?

皆、多種多様な価値観を持って生きているのであり、主義主張は違うのですし、他人に強制や強要したら、酷い場合は犯罪(強要罪)ですから、自分と他人との境界線というものをしっかりと認識し、他の人の領域に土足で踏み込まないという前提が重要なのではないでしょうか。

いくら自分が「良い事」、「正しいと思う事」であっても、必ずしも他の人がそう思っているとは限らないのですから・・。

それに他の人の思惑ばかりを気にして、自分の本当に言いたい事も言えないのでは、一体何の為にネットで活動しているのかという事になります。誰かのOKが出なければ、自分の本当に追求したい事も追求できないなら、とっくにネットをやめていると思います。雇われ工作員ではあるまいし。しかも給料の支払われない工作員って何?と。

ツイッターで見かけたのですが、この様な情報も。
流出資料から中国ネット工作員の実態が明らかに 反政府的な言論を抑える意外な手法とは?

日本にもこういうのが多数、蔓延っていますね。話題をすり替えて火消しを図る工作員。特に集ストの火消しの必死さと来たら、もう笑ってしまうレベル。理屈も道理も通じない。なり振り構わず、きちがい、妄想、統合失調症の3本の矢を次々に放って来ますから、実に分かりやすい。

いずれにしても、私は私の信じる道を進みますので、その様なアドバイスや提言は不要です。どうかお気遣いのない様、お願い致します。助けが必要な場合は、自分から助けを求めますので、そうでない場合はアドバイス、提言は不要です。尚、明らかな間違いをご指摘頂いた場合は訂正致します。

また、私の発信する内容が信じられなかったり、不快に思われる方は、どうか遠慮なく私から離れて下さい。ツイッターでもフォローを外して頂けばこちらもフォローを外させて頂きます。それを以て、その方の意思表示と受け止めます。そして、その事を根に持ったり、粘着して仲間内で陰口を言う(ツイートする)様な見苦しい真似はしません。逆に私からフォローを外したりブロックさせて頂く場合もあるかと思いますが、意見や方向性の相違という事でご容赦下さい。

人は皆、考えている事も性格も、生きてきた境遇も違いますから、全く同じ考えの人はいないと思います。特に私は、自分を抑えて(殺して)まで人に合わせる事が大の苦手で、それは苦痛以外の何ものでもないのです。例え同じ被害者の方であっても。

これは子供の頃からの性格で、昔から、型や枠に嵌められる事が大の苦手でした。それは今も同じです。

集ストの被害だけでも苦痛なのに、誰かの顔色を伺ったり、誰かの意見に合わせなければならないとなると、現状での許容量をあっさり超えてしまい、更なる精神的な負担となる事を、どうかご理解下さい。

そして、私は誰かに自分の意見を押しつけたりはしません。ですから、どうか私にも意見を押しつけないで下さい。

それでも尚、私が心配で心配で仕方がないという方は(その様な奇特な方はいらっしゃらないと思いますが)、寄付という形で支援して頂く事も可能です。(-_-)

それが今の私に取っては一番有り難いのですが、そこまでの気持ちがないのに、私の方向性に注文を付けないと気が済まない、小言を言いたい、という方は、どうか私のサイトやツイッターから離れて頂けたらと思います。それがお互いの為でもありますし、時間を無駄にしたくありません。

ただ、ご支援頂いたからといって、私がその方の意見や方向性に従うという事ではありませんので、そこはご了承頂きたく思います。

そもそも、ネットでは皆それぞれがそれぞれに思う事を思う様に発言しているのに、なぜ私にだけ?という疑問が残ります。

もし苦言を呈するのなら、ヘイトスピーチ規制法が通過してしまった今、ヘイト気味の発言や暴言を吐いている人達にこそ、注意を促して頂きたいと思います。

ヘイトスピーチ法が成立 「教育や啓発」国の責務と規定 「不当な差別的言動は許されない」

これと同様に、「UFO・レプティリアン・宇宙人に関するスピーチ禁止法」なるものが成立したら、私もこの様な追求は止めようと思います。(^-^;)

私の方向性に疑問を持ち、こうした方がいい、こういう事はしない方がいい、とアドバイスをせずにはいられない方は、逆に↓この様な思考に陥っていませんか?

考えの違いはそれぞれ違うことを理解し他者に押し付けるのは辞めよう。

善意のつもりが女性を不快にさせてしまった!善意という名の迷惑について知っていますか?

「善意の見返り要求」という呪いの思考

上のリンク元の記事ですが、特にこの部分は私も全く同じ考えですので引用させて頂きます。
■改善案2:不用意な介入を辞め、発信していく

 これは今まさに私がやっていることですが、情報を拾いたい人、拾って救われる人が勝手に持って行ってくれる発信型のものにする。

私の場合は自分自身のマインドログであり、これまでの人生の教訓のシェア(善意の押し売り)をやっているわけですが、これをじゃあ特定個人に、というやり方ではなく、あえてブログとして発信しています。

個人へはあくまで、相談を受けたらやる、というスタイルです。

拾いたいものだけ拾える状態にしておく、ということで双方にとって押し付け感押し付けられ感が無いままに、伝えたいことが伝わっていく、というのは合理的であるかな、と思っております。

未だ模索している段階ですので、どうなんでしょう。

一つ確かなのは、特定個人に向けたい強い正義感、冒頭の見返り欲求の呪いは随分と霧散していっていると感じます。


私も全く同じ考えです。あまりにも同意してしまうので、文字を強調しすぎてしまったくらいです。(^-^;)

つまり、情報を拾いたい人が勝手に拾って行ってくれたらそれでいい、というスタンスです。逆に、自分から情報の押しつけ(押し売り)はしたくないし、されたくないのです。

一方的に発信する中で、もしも私の情報に価値を見出して頂き(あるとすればですが・・)、それに対する対価とか、もっとこういう情報が欲しいという気持ちの表れとして支援して頂けるなら、それは有り難く受け取らせて頂いて、また新たな情報を提供させて頂いたり、できるだけ価値のある情報を提供できる様に頑張ります、というスタイルに辿り着いたのであって、お金目当てと思われるのは心外です。

ただ、一つだけ念を押しておきたいのは、私が何の価値も提供できていないのに、ただお金だけを要求している“タカリ”とは違うという事です。そこは勘違いなさらないで頂きたいのです。

このサイト、あるいは動画にしても、何の価値もないゴミ情報だと思われるのでしたら、別にお金など払う必要もなく、無料でサイトや動画を見て終わりでいいのです。いえ、価値がないと思われるのでしたら、無理して見る必要さえないのです。その時間をもっと別の有益な事に、どうぞ使って下さい。

私は誰かを自分の考え方に染めようとか、自分の活動に取り込んで利用しようとか、特定の方向に誘導しようとか、そんな事をしたいわけではなく、またその様な気持ちはサラサラなく、興味も関心もありません。

この奇妙な世界で起きている事を伝えたいという抑えがたい気持ちから派生しているのですから、紛れもない私自身のエゴである事は認めます。しかし、そのエゴから派生した情報であっても、誰かにとっては意味のあるものであったり、必要な情報かも知れないし、もしかしたら何かの役に立つかも知れないと、不遜にも思っているのですから、これも、どうしようもない私のどうしようもない一面だと思って下さい。

そんな私がただ一つ望む事は、自分がこうして活動できる間に、私が見たもの、体験した事を発信し伝えたい、表現したい、ただそれだけなのです。それが叶えば、例えこんな惨めな人生であっても十分満足してこの世を去る事ができると思います。

そして願わくば、この集団ストーキングという卑劣な犯罪をなくす為に、ほんの少しでも役に立ったのなら、それでいいとさえ思っています。私一人にできる事など微々たるものですから。何も変えられなかったとしても、十分頑張った自分に満足して、この世に未練や恨みを残さずに旅立てると思います。

ただ、こうした活動も収入が殆どない状態で継続する事は不可能ですので、この様な形を取っているのですが、この先どうなるかは分かりませんし、事情や状況によっては、突然閉鎖(休止)もあるかも知れません。

そうなってしまった場合は、ご支援下さった方々を裏切る結果となってしまうかも知れませんが、どうかご容赦下さい。それまでは出来るだけ頑張るつもりです。
関連記事
スポンサーサイト