人間技とは思えないシンクロ現象

昨夜の事を少し書きます。

暗くなってから娘の部屋のカーテンを閉める際、また窓際に近づくタイミングで何らかのアクションがあるだろうと思って、一応カメラを回しながら窓に近づきました。

何度もツイートやブログにも書いている様に、駐車場が見える位置に来ると、常連の中のどれかの車のライトが狙い澄ました様なタイミングで点灯したり発進したり、あるいは向かいの棟の横から現れて、そのライトが目に入る様な工作を仕掛けて来ます。

それが見事に成功するので、相手は「してやったり」、逆にこちらは、「してやられたり」なので、余計にイラっとしてしまうのです。

それで、昨夜はどうだったかと言うと、窓から見下ろして数秒間は何も異変はなく、今日は反応がなくてよかったと思って緊張を解いた瞬間、カーテンもせず電気を煌々と点けているOの部屋(向かいの棟の正面)に意識を向けられてしまいました。

何かいやな予感がしたのですが、案の定、意識をして数秒も経たないうちに、その部屋の住人の男性の姿が見えました。しかも上半身裸。そんなもの見たくもないのに、まるで私がその男性の裸を覗いているかの様な状況に仕向けられている事で少し危険だと思い、カメラを違う方向に向けました。(一応嫌がらせの記録の為に撮影していました)

数秒後、やはり気になり、もう一度カメラを向けると、部屋の中には人影がなかったのに、またその人物が出て来ました。パンツ一丁の様だったのでそれ以上撮影するのはやめて、カメラの電源を落とす直前に、右下の方で車のブレーキランプが点灯しました。

方向からして、またいつものN村かK流あたりだというのは分かりました。

信じてもらえないかも知れませんが、本当にいつもこういうタイミングなのです。私の視界に確実に入るタイミングを、まるでスーパーコンピューターが計算して導き出しているとしか考えられない様な精度で、ものの見事に成功させるのです。しかも一度や二度ではありません。ほぼ百発百中の様な確率。

それは私がそうしうた事を目撃してしまう時間からも言える事で、一日24時間の中で、そのシンクロ現象が可能になるのは僅か数秒~数分程度なのです。

例えば、空を見る為にベランダに20~30分いたとしても、その場所に視線を向けるのは、その中でも1~2秒の事。長くても10秒程度のものでしょう。空をあちこち見ている時に、無意識に工作ポイントに視線が向いてしまう事もあるので、1~2秒を何回か繰り返すのですが、あまり同じ場所を見ていると工作が始まるので、できるだけ短時間で見るのを止めるようにしています。

それでもトータルで数十秒程度のものなのですが、24時間の中の数秒~数十秒の間に、かなりの確率でシンクロ現象が起きるのです。それを、人海戦術か交代制か分かりませんが、人間が連携し連絡を取り合って工作を成功させるのは至難の技だと思います。どう考えても失敗する方が多いのではないでしょうか?もし失敗すれば、それまで何時間も、ただその瞬間の為だけに待機していた苦労が水の泡です。

24時間365日、来る日も来る日も、そんな馬鹿げたストーキング行為を、ごく普通に生活して仕事をして、家庭を持っているまともな人がするでしょうか?1000%しない、と断言してもいいくらいだと思います。

第一それでは生活が成り立ちません。誰が考えても分かる事です。子供でもわかります。でも実際にそういう住民が何人もいるのです。どこかからお金が出ているか、あるいは生活保護あたりでしょう。勿論これは国民の税金です。

仮に生活保護がこの様な人間に流れているとしたら(おそらく数万人、数十万人規模だと思います)、その金額は膨大な額になるでしょう。ですからこの問題は集スト被害者だけの問題ではなく、真面目に働いて血税を納めている納税者の皆さんの問題でもあるのです。

その血税で巨大な犯罪者集団(国を破壊するテロリスト集団)を養っている様なものですから、日本は大丈夫ですか?と言いたいのです。おそらく、こうした汚い事に手を染めるのは、やくざやそれらと関係のある人物、在日朝鮮系、部落系などが中心になっていると思います。

話を戻しますが、先述の様な理由で、この極めて高い確率で発生するシンクロ現象は、とても人間技とは思えない、むしろ人的にこうした事を行うのは不可能ではないかと思います。私がいつも人間以外の事に言及するのは、この様な理由からなのですが、それをあまり派手に展開すると、他の被害者の方に嫌がられる為、今は単独でそうした事を追求しています。

昨夜のシンクロにしても、私の行動が全て筒抜けだという事が明確に分かります。

窓に近づく→向かいのO(在日中国系?)が、部屋の奥から現れる→一旦、撮影を終える→赤いブレーキランプが視界に入る→寝室側ベランダから駐車場を確認すると、車から部屋に向かうN村の姿が→カーテンを閉める為、再び娘の部屋へ→K流の車が出て行く。

これが僅か2分程度の間に起きた、いつものメンバーによる昨夜のシンクロ現象です。

この3人(3世帯)の住人とは、この様に、とても偶然とは思えない様なシンクロ現象が多発していて、特にN村、K流に至っては、多数の記録もありますが、最早それが偶然であるとは、とても言えない様な遭遇率なのです。

では私はこの人達に何か恨まれる様な事をしたのでしょうか?この3人だけではありません。この団地の1/3程度の住民が、全く同じ挙動(不自然なタイミングの一致)を見せるのです。しかも日常的に。

私はこれら数十人にもなる人達と個人的に何かトラブルを起こしたわけでもなく、中には言葉さえ交わした事もなく、後から入居して来た住民などは、名簿を見なければ、名前すら知らない人達なのです。何か恨まれる様な事をしたのかと言われても、相手がどういう人かも知らないのです。ましてや、日本人以外の在日外国人に対して、私が何か恨みを買ったとか不利益を与えられる状況にはないのです。

なのに何故?
どうしてこんな事をされなければならないのか。
やはりそういう気持ちは消えません。

仮に誰かの恨みを買ったとしても、ここまで大掛かりに嫌がらせをさせるのは、一個人の財力やネットワークでは無理でしょう。不可能です。

ただし、その人物が宗教団体の関係者であれば、あり得るかも知れませんが、そういう事でもない場合、では自分の過去生に何らかの原因があったのかという事も考えてしまいます。

仮に過去に武士や兵士だった時があったとして、その時に大勢の人を殺してしまって、それを恨んでいる霊が引き起こしているのではないのか、、などなど、色んな事を考えてしまうのです。

あるいは、地球を支配しようと画策している(若しくは既に支配している)異星人か、それらとのハイブリッドやクローンに目を付けられてしまったのではないか、そしてその可能性も十分にあると考えています。

いずれにしても、未だこれだという結論には至っておりません。
それらのどれかかも知れないし、あるいはそれらの全部かも知れません。

以前から時々言っている事なのですが、そもそも一つだけが正解で、あとは間違い、という思考パターンそのものが、様々なトラブルや衝突の原因となっているのではないかと思うのです。それが集スト被害者間においても、感情的な行き違いやトラブルの元になっていると私は思っています。

もっと柔軟に、そういう事もあるかも知れないと考えて、例えそれを馬鹿にする人達がいたとしても、そんな事に屈したり遠慮する必要もないと思います。何故なら、そうした“常識”に囚われた頭の固い人達に遠慮して黙っていても、今、被害者が直面している問題が本質的に、あるいは根本的に解決したり改善するとはとても思えないのです。

タブーがあるから、そして多くの人達がそのタブーを守るからこそ、秘密や犯罪は守られる、そういうものだと思います。

けれど、これはあくまでも私の意見なので、必ずしも私の考えが正しいとは言えません。最終的にはそれぞれの方がそれぞれにご判断されるのがいいと思います。

それで、またあちこち話が飛んでしまって申し訳ないのですが、やはりこれは悪霊などの霊的な存在による仕業ではないのかと思い、昨晩少し検索していて、あるサイトに辿り着き、そこに書かれている内容に最初は驚きつつも納得し、共感しました。そして多分それは事実だろうと思います。※勝手ながらリンクに追加させて頂きました。m(._.)m
もしご迷惑なら外しますので、ご連絡を・・、と言ってもコメント欄もメールフォームも閉じてしまったので、YoutubeやG+やツイッター経由でご連絡頂ければと思います。

いずれにしても、霊的な現象、憑依、悪霊集団、この様な事が関係しているとしたら、やはり少し対応を考え直す必要もあるのかも知れません。

という事で、私が悪霊や異星人(所謂爬虫類人)などにこだわる理由を画像で少し説明したいと思います。

↓まず、カーテンを閉める為に窓際に近づきます。


因みに前日(19日)は、同じ様にしてカーテンを閉めるために窓際に向かって歩いて来ると、ちょうどこの画像のあたりで、正面にある家(G家)の建物の前で、車がバックで車庫入れしているのがわかりました。このシンクロ現象も数え切れない程あります。

ただ、そのG家の様子は撮影していなかったので、ちょっと悔しい思いをしました。なので、この時はカメラを回しながら近づいたのです。

それで、いつもこの窓から通路側を見た瞬間~数秒後に、車が通過する、または特定の住民の車が出いるする事が多いのですが、この時はそうした動きはありませんでした。

何も異変がなかったので安堵しながらカーテンを閉めようとして、ふと正面の部屋を見ると、最近はあまり電気が付いていなくて、不在の様だったのに、珍しく部屋の電気が点いていました。


普段から、あまり生活している感じがしない(恐らく工作用の)部屋なので、カムフラージュの為に電気だけつけているのかなと思っていると、すぐに奥から住人の男性が現れました。しかも上半身裸の様です。


これは、この部屋に限らず頻発するパターンなのですが、私がその部屋に意識を向けてすぐに、その部屋の住人が窓際に来てカーテンを閉める、または人の姿は見えないのですが、数秒の間に電気が点灯する、あるいは消灯するのです。それらの事象は、私の意識や行動と恐ろしい程に一致するのです。所謂シンクロニティーです。

因みに、普段から不自然に見かける住民の部屋の多くが、夜カーテンを閉めない、あるいは半開きにしている、あるいは障子がビリビリに破れている、といった特徴が共通しているのです。

普通に考えて(ツイッターで、“普通”とか、“一般的に”という言葉の概念に対して、最近では否定的な事も呟いている為、ちょっと矛盾してしまうのですが、文章を書く時に、やはり使わないと書きにくいので使ってしまいますが)、夜、向かいの棟から室内が丸見えなのにカーテンを閉めない、というのは、ちょっと考えにくいのです。

仮に一軒家であれば、せいぜい隣の家とか、多くても近所の数軒から見られる程度なので、別に気にしない、という事もあるかも知れませんが、この様な集合住宅では、かなり多くの部屋から室内の様子が丸見えになってしまいます。見るつもりはなくても、目が行ってしまうと、今、食事中だ、などと分かってしまうのです。ですから通常はカーテンを閉めると思います。

なのにこれらの部屋では、どうぞ見て下さいと言わんばかりに電気を煌々と点け、カーテンを全開にしているのです。これはどう考えても不自然だと思うのですが、それとも、カーテンを開けておかなければならない理由でもあるのでしょうか?

別にカーテンを開けようが閉めようが、余所様の生活に他人がいちいち注文を付ける筋合いはないのですが、集スト被害者目線で見れば、カーテンを閉めるという口実で、私がその部屋を見るタイミングで自分の姿を見せつける事が可能なので、その為にわざわざカーテンを閉めていないのではないかと思ってしまいます。

もし、「夜間でもカーテンは絶対に閉めない!」という主義主張、モットー、趣味、あるいは生活習慣の持ち主であれば、偶然であるかないかは別としても、私が見ている時にカーテンを閉めるという事もないはずです。堂々と一晩中、カーテンを開け放ち、仮に裸でウロウロするのを外から見られても文句は言えないという事です。

そう言えば以前、別の“常連さん”のAの部屋でも、おそらく私が撮影している事を知りながら(その時はどの部屋の住人か確認する為に撮影していました)、脱衣所からパンツ一枚で出て来たのですが、普通はこの様な挑発的?な行動はしないと思います。


話を戻しますが、さすがにパンツ一丁の所をあまり撮影するのはまずいと思い、撮影を終了する寸前に、下の画像の辺りから赤いブレーキランプが点灯するのが視界に入りました。


寝室側に移動して駐車場を確認すると、常連のN村が、車から降りて部屋に向かう所でした。


しかしこのシーンの静止画像の明るさなどを調整していて気付いたのですが、やはり違和感があるのです。


露光や明度を上げると、何故か顔が緑色に。


↓この影ですが、足の部分と足首から上の部分が途切れています。こんな風になるでしょうか?足と靴の角度も変だと思います。


外灯が後ろ側になると、立体感のない影だけになり、まるでシャドーピープルの様。


手に持った携帯が怪しく光ります。足は妙にカラフル。


N村が建物に入ったので、再びカーテンを閉めに娘の部屋の窓際に行くと、今度はやはり常連のK流の車が出て行きます。


助手席付近にうっすらと赤い模様の様なものが映っていますが、この部分を拡大すると、ちょっと恐ろしい事になっていました。まるでホラーの世界です。

いずれにしても、この様な一連のイベントが僅か数分の中で発生するのです。何度も何度も。これが本当に某宗教団体を中心とした加害組織が人的に行っているのか、それとも霊的なものなのか、どちらとも断定はできません。ただ、理解できない奇妙な事が発生している、という事は間違いないと思います。

今回の画像をストレージに保存しました。ただ、一部ブログにも掲載していない画像があり、人によってはショッキングと感じる画像もあると思います。ご覧になられる方はその点をご了承の上、自己責任で見て頂きます様お願いします。

これらの画像は恐怖心を煽る為ではなく、こうした理解不能な事象が発生している事が、私の見間違いや幻覚ではない事を示す為の根拠として公開するものであり、もしかしたら、私自身の恐怖心がこの様な現象(現実)を呼び寄せているのかも知れません。あるいは、私に更なる恐怖心を植え付ける為に、現実の中に投影(挿入)されたホログラフィーである可能性もあります。であればそういう介入をしている存在がいる、という事になります。それは一体誰なのか、どんな存在なのかという事を、追求しています。

本当は気にしないのが一番いいのかも知れませんが・・。

いずれにしても、トラウマになってしまいそうな方はご覧にならない方がいいと思います。

※閲覧注意


ストレージのリンクの再配布はご遠慮下さい。

追記
今回の内容とは関係のない事ですが、T皇家について、私も今までかなり批判的だったのですが、もしかかしたら、私が参照して来た情報が誤情報で、ミスリードされてしまった可能性もあります。私が誘導されていた部分も多々あると思いますが、現時点ではどちらとも言えない為、それについては保留という事で、私の過去の記事も鵜呑みにされない様お願い致します。m(._.)m


この記事には集団ストーキングとは関係のない画像も含まれます。
尚、画像の保存、転載、流用等は一切禁止します。ストレージのリンクを第三者に教える行為も禁止です。
また特定の人を中傷する目的ではありませんので、容姿等への批評はご遠慮下さい。あくまでも組織犯罪に加担している疑いのある人物や車両等が、どの様なタイミングや頻度で出現するのかという実態を知っていただく為のものです。

※2ch等で、集スト被害者を病気認定して愚弄する中傷が酷い為、いかなる場合にも、記事の転載、画像を使用する行為、及び掲示板や○○ウォッチャーなどの工作員サイトにリンクを貼る行為の一切を禁止とします。違反を見つけた方はご報告頂けると幸いです。

上記にも記載しましたが、私がこの様な画像を掲載する理由と目的は、決して個人や近隣住民を誹謗中傷する為のものではなく、何か通常の常識や通念では理解できない事が起きているかもしれない、という事を知って頂く為であり、私がその様な事を強く懸念している事は、直近のブログ記事を読んで頂ければご理解頂けると思います。

尚、これらの画像を私がわざと加工したり捏造したり合成したと思われる方もいるかも知れませんが、その様な行為は一切しておりません。なぜ違和感を感じるのかを理解して頂く為に、コントラスト等の調整をしたり、点線や矢印を重ねる等の“編集”はしていますが、元の画像に手を加える様な卑怯な行為は一切しておりません。


ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事
スポンサーサイト