統合失調症

集ストを隠蔽する最も都合の良い精神の病、統合失調症について、昨日ツイートで呟いた内容をまとめました。

まず、厚生労働省サイトより一部転載します。

統合失調症

統合失調症とは

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。それに伴って、人々と交流しながら家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け(生活の障害)、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ことを自分で振り返って考えることが難しくなりやすい(病識の障害)、という特徴を併せもっています。

多くの精神疾患と同じように慢性の経過をたどりやすく、その間に幻覚や妄想が強くなる急性期が出現します。
新しい薬の開発と心理社会的ケアの進歩により、初発患者のほぼ半数は、完全かつ長期的な回復を期待できるようになりました(WHO 2001)。
以前は「精神分裂病」が正式の病名でしたが、「統合失調症」へと名称変更されました。


症状
統合失調症の症状は多彩なため、全体を理解するのが難しいのですが、ここでは幻覚・妄想、生活の障害、病識の障害の3つにまとめてみます。

幻覚・妄想
幻覚と妄想は、統合失調症の代表的な症状です。幻覚や妄想は統合失調症だけでなく、ほかのいろいろな精神疾患でも認められますが、統合失調症の幻覚や妄想には一定の特徴があります。幻覚と妄想をまとめて「陽性症状」と呼ぶことがあります。

幻覚
幻覚とは、実際にはないものが感覚として感じられることです。
統合失調症で最も多いのは、聴覚についての幻覚、つまり誰もいないのに人の声が聞こえてくる、ほかの音に混じって声が聞こえてくるという幻聴(幻声)です。
「お前は馬鹿だ」などと本人を批判・批評する内容、「あっちへ行け」と命令する内容、「今トイレに入りました」と本人を監視しているような内容が代表的です。
普通の声のように耳に聞こえて、実際の声と区別できない場合、直接頭の中に聞こえる感じで、声そのものよりも不思議と内容ばかりがピンとわかる場合などがあります。
周りの人からは、幻聴に聞きいってニヤニヤ笑ったり(空笑)、幻聴との対話でブツブツ言ったりする(独語)と見えるため奇妙だと思われ、その苦しさを理解してもらいにくいことがあります。

妄想
妄想とは、明らかに誤った内容であるのに信じてしまい、周りが訂正しようとしても受け入れられない考えのことです。

「街ですれ違う人に紛れている敵が自分を襲おうとしている」(迫害妄想)

「近所の人の咳払いは自分への警告だ」(関係妄想)

「道路を歩くと皆がチラチラと自分を見る」(注察妄想)

「警察が自分を尾行している」(追跡妄想)

などの内容が代表的で、これらを総称して被害妄想と呼びます。
時に「自分には世界を動かす力がある」といった誇大妄想を認める場合もあります。
妄想に近い症状として、

「考えていることが声となって聞こえてくる」(考想化声)

「自分の意思に反して誰かに考えや体を操られてしまう」(作為体験)

「自分の考えが世界中に知れわたっている」(考想伝播)

のように、自分の考えや行動に関するものがあります。


思考や行動について、自分が行っているという感覚が損なわれてしまうことが、こうした症状の背景にあると考えられることから、自我障害と総称します。


いかがでしょうか?
はっきり言って、この症状の部分、最初から集ストを仕掛ける事を前提として、被害者が訴えそうな内容を、症状として網羅している様に思えてならないのですが、どの様に思われますか?


直接頭の中に聞こえる
 
これを稚拙に妄想や幻聴で片付けてしまう所を見ると、V2K、またはvoice of scullというものを、厚生労働省の方は誰一人としてご存じない、という事の証左だと思います。官僚になられる程の高学歴のエリートの集まりなのに、しかも今時はネットで簡単に調べられるのに、ちょっと驚いてしまいます。

もしその様な事を知っている人が一人でもいれば、そういうケースもあると付記するはずです。それによって不必要で不適切な治療や投薬を避ける事ができるのですから、それでこそ国民の生命、財産、健康を守る為に存在する厚生労働省という省庁の、本来あるべき姿であり、またそうでなければならない基本的姿勢だと思います。

以下も同様に、巧妙で悪質な誘導が感じられます。
(集ストという犯罪から見た場合の実際の原因を下に記述)

「街ですれ違う人に紛れている敵が自分を襲おうとしている」(迫害妄想)
 →防犯パトロール隊および某S学会広宣部らによる付きまとい

「近所の人の咳払いは自分への警告だ」(関係妄想)
 →偽咳、毒ガス散布により加害者自身がむせる

「道路を歩くと皆がチラチラと自分を見る」(注察妄想)
 →付きまとい要員による思わせぶりな視線、凝視を含むストリートシアター

「警察が自分を尾行している」(追跡妄想)
 →裏金作りの為の強制尾行

「考えていることが声となって聞こえてくる」(考想化声)
 →思考解読と脳内音声の合わせ技で可能。(または霊的な被害の場合も)

「自分の意思に反して誰かに考えや体を操られてしまう」(作為体験)
 →人体の遠隔操作

「自分の考えが世界中に知れわたっている」(考想伝播)
 →先述の思考解読、テレパシーの悪用

この様に、実に見事に集スト被害者が訴えそうな事を予め網羅して、全て妄想に結びつけている所が憎らしいです。

因みに公宣部で検索した中にあったRAPTさんの記事
創価学会「広宣部」は個人情報盗難のプロフェッショナル。盗聴・盗撮・尾行・情報収集・攻撃の請負人たち。

RAPTさんは集ストを完全否定されていますが、この記事の中にある、創価学会ミニ知識からの引用部分の「反社会行為の数々と国内での状況」の記述こそが集ストです。

以下転載

反社会行為の数々と国内での状況

反社会行為の例として、盗聴(内部告発では盗聴教団という呼び名も使われる)・写真偽造・公務員によるプライバシー侵害・住居不法侵入・尾行・デマの流布・脅し・いたずら電話・車のタイヤやブレーキの破壊・買収・動物や汚物の投げ入れ等が、組織的に古くから行われている。これらは脱会者や批判者、学会員同士、そしてさしたる理由も無い一般人も対象になっている。24時間連日にわたり民家を監視するなどの行為も知られている。1991年日蓮正宗から破門された経緯があり、その後の日蓮正宗への嫌がらせは凄まじいものであった。

SCIAという米国のCIAを真似た組織を作っている。

●海外でも数年に渡り、尾行や嫌がらせ行為を受けた例が報告されている。(ジャーナリストに対して)

日常的に地域の一般家庭の家族構成・親族関係・職業・家計の状態・支持政党等のあらゆるプライベートデータを集めファイル化する行為を、末端の学会員までが古くから行っており、そのプライベートデータは学会員内で共有される。なお学会員のデータは「カード」に記載され、転居先へと受け継がれるという。

●組織の中には「教宣部」の裏部隊として、末端の学会員にはあまり知られない「広宣部」があり、近年全国で2万人程まで急増している。(ヴィクトリーグループ・嫌がらせ部隊を含む ) 他にも「伸一会」「第一警備」などの秘密組織があり、主な役割は盗聴・盗撮・尾行・情報収集、そして攻撃を請け負う。(総県幹部・圏幹部・広宣部・男子部による、組織的な中傷ビラ配布事件も知られている)

●その他にも
「パトリオットミサイルチーム」(郵便物の回収作業班)
「特攻野郎Sチーム」(男子部の特殊潜行活動班)
「FOCUSチーム」(批判者の悪行を暴くネタ取材班)
「十羅刹女チーム」(婦人部の電話抗議チーム)、他多数のグループが存在するという。


説明するまでもなく、これらは集スト被害者の訴えている事と見事に一致します。

よく指摘される事ですが、有名人やジャーナリストが狙われるのは分かるが、一般人に対してそんな事をする理由もメリットもない、コストに全く見合わない、自分がそんな重要な人物だと思っているのか?などと言われるのですが、それは大きな勘違いというものです。練習台として一般人が標的になるのです。軍隊だって実際に戦闘がなくても、常に訓練や練習をしなければ、いざという時に使い物になりません。それと同じ事です。常に仮想敵を設定して、稼働状態にしておく必要があるのです。そして利権も絡んでいます。

因みに、去年、日○正宗の方が勧誘に来られた時に(入会は断りましたが)、創価学会の集ストについて聞いてみたのですが、その時に脱会者に対して学会員が嫌がらせをしているという話を直接聞いています。まさかその様な返事が返ってくるとは期待していなかったので、逆に驚いてしまったのですが、これは証拠を残さなければと思い、慌ててカメラをセッティングしました。その時の会話は録画もしています。しっかりと記録しようと思って私が何度も念を押す様に繰り返すので、流石に警戒されてしまったのか、途中から「以前はあった様だけれど今はない」というニュアンスに変わりましたが、いずれにしても、脱会者に対して嫌がらせをしていたという証言を引き出した時の会話は映像として残る事になりました。

これでもまだ妄想と言うのでしょうか?
あまりにも妄想だ、統合失調症だと言い張るのなら、その時の映像を公開しますが、宜しいでしょうか?

これ、逆に指摘させて頂きますが、何でも妄想と思い込む妄想という“症状”“病気”もあるのではないでしょうか。

都合の悪い事は全部、頭のおかしな人の妄想・・・という事にする。
「それはあなたの妄想でしょう?」
これほど便利で簡単で都合が良くて使い勝手のいい言い訳が他にあるでしょうか?

権力側の人間にとって都合の悪い人物は、妄言癖があり自傷他害の恐れがあり隔離しないと危険、などともっともらしい理由で精神病院に拉致、監禁。そんな悪意と作意が見え隠れしています。流石、やることがえぐいですね。厚生労働省さん。

厚生労働省 創価学会

では本当に上の「症状」に列記されている事が妄想なのか、精神の病気なのか、以下の動画をご覧頂きたいと思います。


度々引用させていただいていますがm(._.)m、元群馬県警の大河原さんの講演会を収録した動画です。






警察は裏金の為に集団ストーカーをやっていると、はっきり指摘されてしまっています。強制尾行と呼ばれる監視行為であると。それとも大河原さんが嘘を言っているという事でしょうか?そうであればなぜ警察は大河原さんに対して抗議や注意をされないのでしょうか。警察としての正式な見解を述べないのでしょうか?


次に、元公明党委員長の矢野絢也さんの動画をご覧下さい。


創価学会員による嫌がらせ、尾行、監視があったと明言されています。しかも創価学会は反社会的行為をしていると。

繰り返しになりますが、ではこの動画の中で語られている事は妄想なのでしょうか?
このお二人は統合失調症を患っていらっしゃるのでしょうか?
厚生労働省さん。
ちゃんと答えて下さい。

強制尾行の事を警察用語で「まとわり」と言うのだそうですね。
それを一般市民に対して行っているのですよね。

私も、異変に気が付いてから、尋常ではない頻度でパトカーを目撃したりすれ違ったり、あるいはこの団地にパトカーが頻繁に来ていたり、今までに感じたことのない胸騒ぎと言いますか、違和感を感じました。

例えば、以前、娘を駅まで送り迎えしていた頃、2度の往復で毎回の様にパトカーと遭遇しました。多い時は一度の往復で2~3台も見かけるのです。こんな事は長年生きてきましたが、初めての事です。

また、警察のヘリが何度も自宅の上空を飛行するのです。
尾行されているとか監視されていると思うのは普通の反応ではないでしょうか?

ヘリに関して言えば、外出時にも頻繁に遭遇しました。警察のヘリだけでなく、自衛隊や米軍、また民間のヘリ、ドクターヘリ、テレビ局のヘリなどが、毎日の様に私の頭上を飛び交い、ある時などは、車を降りた直後にどこからともなくヘリが現れて、まさに私の真上で2回程旋回して去って行きました。



この様な動画も多数公開していますが、まだ未公開の映像が山の様にあります。

清水由貴子さんと戸崎さんの会話をお聞き下さい。


戸崎さんの仰る様に、さすがにヘリがずっと自分のあとを付いてきて自宅の上で40分もホバリングしていたら、これはさすがにおかしいと思うのが普通の反応ではないでしょうか?

それとも、皆さんはそれさえも妄想という事で納得してしまうのでしょうか?
だとしたらそれはそれで、危険だと思います。
動物としての生存本能、つまり危険を察知し、回避する本能がまるでなさすぎると思います。これでは生物としてあまりにも不適格、製品で言えば欠陥品です。

何でも妄想で片付けるには無理がありすぎます。もういい加減その手は通じなくなってきていると気付きませんか?

因みに、以下が妄想の典型例だと思いますがいかがでしょうか?

S学会及びI名誉会長は、社会に貢献する大変素晴らしい団体でありその団体の頂点に君臨するお方は悟りを得た偉大なる教祖様です。ゆえにそれらを批判する人間は学会の敵、仏の敵、人類の敵であるからして、末代に至るまで呪い、徹底的に叩きのめすべし。

池田会長語録:「やられたらやりかえせ。世間などなんだ!反逆者にはこの野郎、馬鹿野郎でいいんだ!今まで創価学会をいじめた者を今からやる!!しかし諸君、人の不幸の上に自分の幸福を築いてはならないのだ」

信者一同:教祖様~(涙)




「妄想とは、明らかに誤った内容であるのに信じてしまい、周りが訂正しようとしても受け入れられない考えのことです。」 (厚労省HPより)

※参考記事
池田語録

創価学会、池田大作の異常発言集

池田大作の本質を突いた言葉・名言集 - The Word

一体どちらが先生の本質(本音)でしょうか?偽善者というのは往々にして絵に描いた様な歯の浮く様な綺麗事を言うものです。政治家や慈善団体を見ればわかりますね。


生きているのか亡くなっているのか分からない教祖様のご健在な姿が見え、声が聞こえ、今も精力的に活動されていると信じている。

幻聴・幻覚(若しくは過去の録画や録音を現状だと錯覚)


これぞ妄想中の妄想、統合失調症中の統合失調症ではないかと思うのですがいかがでしょうか。この様に、確かに精神を病んでいる重度の統合失調症の人達もいるとは思います。その様な人達こそ精神病院でしっかりと治療を受ける必要があると思います。

再び
厚生労働省 創価学会

ですが、集ストの様に、最初から嫌がらせを仕掛けておいて、妄想だ、統合失調症だとインチキな診断をし、精神病院にぶち込んでそこでまた食い物にするなど、到底看過できない暴挙です。殺人行為です。殺人ビジネスです。

ビジネスと言えば、精神科医と癒着した暴力団員が、生活保護受給者を紹介して、紹介料をピンはねする貧困ビジネスの闇も知られる様になりました。

↓以前こんな記事も書いています。
闇の病院ビジネス

Youtube検索
貧困ビジネス

この様な事を野放しにしているのに、被害者が被害を訴えるとすぐに措置入院させようとするのは明らかに恣意的で異常だと思います。何かを隠したい、隠蔽したい、その様な思惑があるとしか思えません。おそらくは最初から仕組まれていた既定路線。

こういう事をして追い込めばこういう訴えをするはずだから、それに一致する様に予め統合失調症の症状例を作成しておいて、お抱えの精神科医に診断させ、病院に送れば一件落着。あとは本人の財産と国費(生活保護費)から、搾り取れるだけ搾り取る。本人は薬漬けで廃人に。

これぞマッチポンプの模範中の模範例ではないでしょうか?

今の拝金主義の世の中、こんな恐ろしい計画があったとしても別に不思議でも何でもありません。人の命よりもお金が大好きな人達=狂人、偏執狂達がこの世界を支配しているとしたら、そんな事はいくらでもあり得る話でしょう。



この様に、通報があったとして強制的に入院させるのです。その通報者が加害者であるかもしれないのに。


先の動画内で清水由貴子さんが話していた事

パトカー
郵便屋さん
消防車
ヘリ
防犯ネットワーク
イヤホンをした複数の不審な人物
歯の治療
松本の創価学会
・・・

清水さんの訴えは、私の感じている違和感や状況と驚くほど似ています。清水さんに限らず、全く面識もない人同士なのに、なぜ同じ様な違和感を感じるのでしょうか。

それらがあまりにも不自然だからに他なりません。

なのに、そうした事情も理解しようとせず、確認もせず、頭ごなしに妄想で片付けてしまおうとするのはどういう事でしょうか?何らかの思惑があると考えるのが妥当ではないかと思います。何かを隠したい、隠蔽したい、なかった事にしたい、被害者の妄想、精神の病という事にして・・・。

そこには途轍もない闇が潜んでいる。

人間の心の闇。
人間社会の闇。
何処までも深く底なしの闇。


清水さんは本当に自殺だったのでしょうか?
私は、、多分違うと思います。
自殺するのに硫化水素入りのビニール袋を被る、、ってあり得ない。
誰が考えてもおかしいのに騒動にすらならない。

他の被害者の方も指摘されていましたのでリンクを貼らせて頂きます。

清水由貴子さんの遺書メール [集スト新聞]

●「清水由貴子さんが訴えていた真実」●

そう言えばターザンさんもずっと更新が途絶えたままです。

もういい加減こんな馬鹿げた茶番、人殺しビジネスは終わりにしませんか?
この様な場所に行く事になってもいいのですか?

地獄の世界

いつまでもこんな醜い犯罪を許しておいてはいけない、心からそう思います。


ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。

【ご寄付について】
私の様に自分のサイトで支援を募る事に対し、一部で「ネット乞食」などという、非常に心ない批判をする方々がいます。おそらくもっと有名な人達に対する批判だとは思いますが(あるいはそのネット有名人が私と同じ様な発言をして仄めかす→それをネットユーザーに叩かせる→間接的に私も批判される、という悪意に満ちた工作を感じる事もありますが)、もし私に対しても同様に思われる方がいらっしゃいましたら、その様な方は今後一切私のサイト、ツイッター及び動画を見ない様お願いします。こちらも寄付を強要していない代わりに、不服のある方は私の発する情報も見ない、それでいいのではないでしょうか。

他人の情報は何でもタダで欲しがるのに、そのサイトが支援を募っていたら「ネット乞食」と騒ぐなら、逆にあなたは「情報くれくれ乞食」ではないですか?とお聞きしたくもなります。また、他人に支援してもらうのは他力本願だとの批判も一部である様ですが、ネットで他の人の情報に頼っている時点で、実は皆、厳密に言えば他力本願、あるいは他人に依存しているのだと思います。(※現今、なにも努力しないで他人の力に頼ることを他力本願といっている場合がみられるが、これはまったく誤用である。他力本願より

しかし、一人ひとりで出来る事には限界があります。仮にネットも使わず誰にも頼らず、自分の力だけで何かを為し得たり現状が変えられるなら、ネットもやめ、他の人の情報にも一切頼らず、ご自身で率先して、交渉なり抗議なり周知なりデモなり改革なり革命なり、存分にされたらいいと思います。

因みに私が設置しているチップの受け取りは、投げ銭と呼ばれるものです。
「投げ銭」は対価
ここで言うパフォーマンスの対価=情報の対価と考えています。何の価値の提供もせずに、ただお金を恵んで下さいとは言っていません。

情報を発信する人を、その情報が必要だと思う人が支援する、それでバランスが取れ、活動が続けられるなら、それでいいのではないでしょうか。どのサイトもそうですが、寄付やチップは強請でも何でもないのです。

そのサイトの情報に何の価値も見出せなかったり、その様な運営に不満のある方は、少なくともそのサイトなり寄付を募るサイトは見ない、そうすればいいだけの事だと思いますが、それともまだ何か不満があるのでしょうか?寄付を募る事に対して文句は言うけれどその人達の情報は欲しい、それはちょっと都合が良すぎるのでは?と逆に思います。

お金に余裕がある方、趣味でサイトを開設している方、あるいはスポンサーがいて潤沢な資金が入ってくる人は別として、犯罪絡みの問題を解決する為に被害をまとめ発信していたり、あるいは独自に陰謀を追求しているサイトの管理者は、自分の時間を費やし身銭を切って発信している人が多いと思いますが、それではすぐに行き詰まってしまいます。また仕事の合間のわずかな時間では、本当に伝えたい事の数%も伝える事ができません。

また仕事を妨害されたり減らされたり、リストラストーカーの嫌がらせで退職に追い込まれ、安定した収入が得られなくなる被害者もいます。私は極度の外出困難になってしまい、外で働く事もままならない状況です。それでも生活保護に頼らず(多分拒否されるのでは?)何とか自分で生計を立てる為に、そして少しずつ見え始めて来た事の追求を続ける為に、この様な事情をご理解頂ける方にのみ、ご寄付をお願いしておりますが、それに対して不服のある方は、別に無理して訪問して頂かなくても結構です。無理して閲覧して欲しいとも思っていません。

また、中には他人の記事を適当にコピーしただけのサイトを設置して、楽をして簡単に稼ぎたいというアフィリエイトサイトもある様ですが(それを指南する情報を有料で販売する悪質業者、個人もいる様ですが)、その様なサイトと一緒にして頂きたくはありません。他人のブログに「ネットを彷徨っていたら辿り着きました。よかったら遊びに来て下さい」などという意味のないコメントをあちこちに残し、自分のサイトに誘導する俄ブロガー(ブロガーと呼ぶのも滑稽です)が多数湧いた時期がありますが、あの様な不真面目なサイトとは全く別である事をお断りしておきます。

つきましては、私の運営するサイトに対しても「ネット乞食」だと思われる方は、今後一切、私のサイト、ツイッター及び動画等の閲覧をしない様お願いします。またそうした方の出入りを固くお断りします。
関連記事
スポンサーサイト