露呈する“彼ら”の偽装手段

ここに記載する内容はあくまでも私個人の見解です。推察や憶測も含む仮説です。私は集スト被害者ですが、集スト被害者全体が、この様な考えを持っているわけではなく、むしろ私の様な意見は極少数派ですので、全体の主張であるかの様に混同されない様お願い致します。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

前回の内容とは一転して、またレプトイド(人型爬虫類)についての内容です。内容が目まぐるしく変わってしまって申し訳ないと思いつつ、前回の内容に反応したのか、付きまといが一気に激しくなり、またそれらの光景を記録する事となってしまったのですが、その映像を細かくチェックすればする程、やはりこの人達は只の人間ではない、、そういう思いが強くなる一方なのです。

創価に即座に反応したのは、黒幕が創価だと思わせる為の偽装工作だった可能性もあります。人間社会に溶け込み、人間を欺くには、それが一番都合がいいのかも知れません。

いずれにしても、映像や画像が物語る多くの事実?は無視できず、それで、また少しレプトイドとギャングストーカーについて検索していて、非常に興味深い動画を発見しました。

そして、その動画を見て、私が今まで記録してきた映像や、他のTIの方の動画を分析しながら抱いていた数々の疑問、疑惑のいくつかの謎が解けました。その謎や違和感の原因、あるいは絡繰りがわかったのです。

但し、この動画内の写真が合成や捏造ではい、という事が前提での考察ですから断定はできないとしても(この様な事を書くと、動画を公開して下さった方に大変失礼であると承知しつつも、鵜呑みは危険だと私自身が言っている手前、敢えてこの様な事を付記しました。そして私はこの画像が合成ではないと信じていますが)、多分こういう事だろうと、個人的には十分に納得できる内容で、「なるほど、だからあんな風に映っていたのか!あの違和感はやはり単なる思い過ごしではなかったんだ」と、疑惑が確信に変わる度に、もやもやしていた疑問や違和感、居心地の悪さから解放された気分でした。

但し確信したとしても、それはあくまでも私の個人的な確信に過ぎません。ですので、これが決定的な証明に繋がる訳ではありません。それでも、この動画で指摘されている様な部分に着目して、自分の周囲にいる不快だったり違和感を感じる人物を観察する人が増えれば、あるいは彼らの正体が更に露呈して、この人間社会で人間に成りすまし、人間から搾取し、ストーキングやハラスメントで苦しめ続ける事ができなくなる日が来るかも知れない、そんな不遜で尊大で傲慢な事を考えてしまいます。

という事で、前置きが長くなってしまいましたが、以下がその動画です。



ここからスクリーンショットを元に、私が撮影した映像からの静止画像も交えながら、今までずっと疑問に感じて来た事とはどういう事だったのかを説明させて頂きたいと思います。。いつもながら無断で拝借してしまい申し訳ありません。m(._.)m

下の画像ですが、首がこの様に前に出ている人物は実際に見たことはありませんが、この少し扁平気味の後頭部と顔立ちが、私の住んでいる団地に新しく入居して来た中国系?の人物に何となく似ています。


現在私が把握している中国系と思われる2世帯(KとR)は、世帯同士とても仲が良く、私が撮影する時に、ものの見事にタイミングを合わせて現れます。最初に違和感を覚えたのは、私が駐車場を撮影していると、なぜかその短い時間の中でタイミングよく車が戻って来て路駐する、という集スト特有の事象を何度も目撃する様になり、それで怪しいと思ってしばらく観察していると案の定という結果でした。

↓K夫妻


↓なぜか撮影している時によく出てくる。


↓R夫妻





この2世帯に関するエピソードは他にもいくつかあるのですが、長くなるのでまたの機会に書きたいと思いますが、そうした事を経て、この人達(中国人グループ?)は、集スト要員である疑いがかなり濃厚なのと、ご主人同士の頭の形、顔立ちも何となく似ているのです。また、他の集スト疑惑のある住民にも当てはまるのですが、日光が当たると顔や首などが金色に反射?するのも共通しています。

それと、なぜか微妙に鼻が赤いのですが、それに関しても、単なる体質ではなく何か別の理由があるのではないかと思っていたのですが、その理由が漸くわかりました。それについては後述しますが、彼らには耳と鼻の軟骨がない様です。道理で耳も少し変な形の人が多かったわけです。

↓この様に首の筋がくっきり現れる人物もいます。


↓例えばある男子部?の母親。




それと、この人達はあまり年を取らない様に思います。H家の主人もそうなのですが、確実に若返っているのです。20歳くらい。しかも以前とはどうしても別人の様な気がしてなりません。ただし、その当時の映像は記録していないので、私の記憶が改竄されていなければ、の話ですが・・。

↓これも疑問に思っていたのですが、工作員疑惑のある人物の胸の位置が下すぎる事に、以前から疑問を持っていました。しかも不自然にハト胸だったり。これに関しては、詰め物の疑惑を持っています。あるいは何かが隠れているか・・。


↓この背中と腕を見て、ある疑問が解消しました。


↓この背中の異様な丸み、腕、肩の位置関係はどう見ても変だと思っていたのですが、上の画像とぴったり符合します。



(やはり付きまとい常連のK村の息子)

↓背中(肩甲骨)が不自然に飛び出している様に見えます。

(私がベランダに出るとドリブルを始めてノイズの嫌がらせをしていた時のもの。この時はN村の帰宅とのコラボ)


↓更にこの写真を見て、やっぱり!と思いました。後ろ姿を見ると、お尻の位置というか骨盤が妙に前屈していて、違和感を感じる事が多かったのですが、こういう事なら納得です。


例えば、↓この様な光景。何か違和感を感じませんか?


この様子は以前も記事にしています。
怪しい人物

特に、内股気味の歩き方やお尻の肉の付き方、男性にしては骨盤が狭すぎる事、上手く説明できないのですが、どことなく漂う違和感、足のラインの不自然さなどは、この動画で指摘(暴露)されている事とほぼ一致しています。

↓特にこの画像を見て、ああやっぱり!と思いました。これに違いないと。


通常、私達人間は、こんな風にすねの部分(膝から下)が前に反る事はありません。なのに、映像をチェックしていると、あるいは他の被害者の方の動画を見ていると、こういう風になっている事がよくあるので、なぜこんな風になるのだろうかとずっと疑問に思っていたのです。

例えばこの奥を歩いている女性の足元に注目して下さい。前方にカーブしています。

それと、後ろ足のかかとが、この状態でも床に着いています。これも不自然ではないでしょうか?

画像は下の動画より拝借しました。



それと、↓この様に足首より少し上の位置から角度が変わっていたりするシーンもあります。

私はこうした足を見る度に、何だか馬の足とか蹄を連想してしまうのでした。もしかしたらくるぶしから下はまた別のパーツではないかと思ってみたり。

上記画像を掲載した記事
どこか違う、奇妙な人々、奇妙な車、奇妙な光景

それで、この記事を書き始めた後で気付いたのですが、この足の不自然さ、不可解さの理由が分かる別の動画がありました。



ここから上の動画からのスクリーンショットです。

↓このシーンを見た瞬間、先述の「怪しい人物」の謎が解けました。


私は、現実の世界で不自然に見かける人物達の映像を念入りに検証する様になってから、ずっとある疑惑を抱いていました。この人達もしかしたら、腰から下の向きが後ろ向きじゃないの?と。
うまく説明ができないのですが、腰(お尻)が体の前方に入り込みすぎている事、つまり前方に傾いているのがどうにも不自然だったのです。その為、そんな事が本当にあり得るだろうか、と自分でも確信を持つ事はできないながら、それでも尚、この人達はもしかしたら本当に上半身と下半身の向きが違うのではないか・・、あるいは向きをチェンジする事ができるのではないか・・、これはずっと感じてきた疑惑でした。

足のラインや歩き方の不自然さも、この映画に出てくるエイリアンそのものです。つまり人間に偽装している元の姿がこの様な形態であれば、私の抱いていた違和感や疑問が一気に氷解するのです。

↓このシーンを見ると一目瞭然ですが、膝から下の足が前方に屈折しています。


こんな事を言うと、きちがい扱いされると思ったのであまり口にする事はなかったのですが、もしかして後ろ向きに歩いている?と思う事もしばしばありました。

↓そしてこのシーン。何かが足の中に吸収されていますが、それとは別に、この角度にピンと来ませんか?


先程の、くるぶしから下が広がっていて不自然な角度がついている人物の足の怪は、こういう事だったのではないでしょうか。


↓この足首から下の長さや角度、明らかに不自然ですが、この衣服(多分ホログラム)中に、上の様な形状の足が隠れていると考えると疑問が解消します。


↓この警備員さんですが、この腰から腿にかけての出っ張り、足首から先の角度、そして腕の角度も、おかしいと思います。


↓この膝から足の甲にかけての角度、不自然です。

(私が撮影をするとなぜか現れる、またはすでにそこにいる、という特徴が共通している為、“常連”と呼んでいますが、その常連の一人、T木。仮名・敬称略。)

↓やはり撮影していると頻繁に登場する常連のA部の後ろ姿。膝から下が不自然に前にカーブしています。


この人も本当に見事にタイミングをシンクロさせてくる常連の一人。奥から別のエキストラ?が出て来ます。手前はやはり常連の男子部。


↓この方も本当にタイミングよく出てくる人(T木)。


↓膝の所に、通常はあるはずのない関節がある様に見えますが、この方も特徴がぴったり一致。



↓再びスクリーンショットからですが、このシーンなどは非常に分かりやすい例です。




↓人間よりも足の関節が一つ多いのは・・


↓こういう理由だから。多分。


この足に関する疑惑シーンは他にも多数ありますので、また改めてまとめたいと思います。

↓こちらも思い当たる節が。

彼らは妙に内股で歩くのです。しかも膝やつま先を内側に向けて。よく見ると、着地する瞬間につま先を内側に向けるのです。しかも付きまといをしている人物の何人かに共通していて、ずっと疑問に思っていたのですが、それが何故なのかこの画像を見て分かりました。この様な骨格である為に、どうしても内股になってしまうのです。O脚の人も多いと感じていたのもこの為です。

そして手が異様に長く、掌が体に対して大きすぎるのも特徴。


↓例えばこの男子部の様に・・。



そして、前から思っていたのですが、胸や肩に蛇の様な模様?が浮かび上がって見える事があるのですが、

↓このエイリアンの胸と肩にもそれらしきものがあります。

※その箇所の色を変えています。


↓そして、この歯の隙間と牙(人間に偽装?している時は八重歯)も、怪しいと思っていましたが、


↓例えばこの方とか、(シーンによってはもっと隙間が小さかったりで変化します)


↓この方とか。(先述の中国人夫婦の奥方R)


因みにこの方は、ある時私がベランダに出ると、不自然に建物の前に立っていました。
↓この画像がその時のものです。


外を見ながら人を待っている風でしたが、誰も来なくて、結局数分後に部屋から旦那が出て来て下の玄関先に置いてあった荷物を持ってまた部屋に戻りました。そしてその旦那の後に付いて部屋に戻ったのですが(何も持たずに)、それなら何もそんな場所(下の玄関先)に立って何分も待つ必要は全くなく、そのまま部屋に行けばいいだけの事です。

その不自然さゆえに、それがシアターである事は明白でした。その時に私を挑発するかの様に、舌をベロベロと出すシーンがあり、その舌はまるで蛇の様でした。普通はそういう事をしないと思いますし、カメラの方をしっかり見ていますので、私が撮影している事など百も承知なのです。つまり知っていて誰も文句を言って来ないのです。これこそが集ストである事の証左ではないでしょうか。(その時の何枚かの画像はストレージの保存しました)

つまり裁判にでもなって面と向かって争えば、自分達の正体が発覚してしまうから?ではないでしょうか。つい興奮してホログラムが乱れてしまって、素顔を見られてしまうと困るでしょうから・・。

因みにこちらの動画、The Ancient world of Demons, Reptilians, Gods and the Djinnからのスクリーンショットですが(もしかしたら別の動画かも)


↓まるで舌が蛇の様です。まさにこの様な舌をしていました。



↓このお尻の不自然さは説明不要ですね。尻尾を隠しているのでしょうか。


実はこの写真を見て、更にまた別の疑惑に関する重大なヒントを得たのでした。先日、やはりその中国人夫婦Rが連れていた幼児のお尻がこの中年女性?のそれと似ていたのです。あの年齢なら通常オムツをしているのですが、オムツをしてこの様に逆m字にはならないと思います。

これについては次のエントリーで画像を掲載して説明したいと思います。その幼児が転ぶ瞬間もあったのですが、よく見ると俊敏に片足を出して怪我をしない様に衝撃を和らげているのです。しかも、ちゃんと手を出して頭を打たない様にガードしているのです。その様子を一コマずつストップモーションで見て、この子供は只の子供(幼児)などではない、そう思いました。


↓この一番右側のスカルですが、こういう感じの後頭部の人がいます。妙に直線的で縦長なのです。


↓例えばこの方

↓そして髪の毛も、何となく自毛ではない感じがします。この眉毛の出っ張りは他の人にもありました。


そして、ゴミ出しの時によく見かけるこちらの方も。


頭の形が何気に長頭人間に似ています。


因みに車のドアに映っている顔が何故か別人の様です。そしてマスクの大きさが違う事にも気が付かれると思います。車に映った顔のマスクは顎が隠れていません。


よく彼らの映像を見ていると、鏡に映った姿や影が、微妙に違っている事があります。もしかしたらこの常習者達は、実態のないホログラム、あるいは動物霊などが人間に化けているのではないかと思う所以です。さもなくば、今回一番私が言いたい事、つまりエイリアンではないかという事です。

それと、そのR夫妻の連れていた子供も、異様に頭が大きいので、やはり何か秘密があるのではないかと疑っています。

↓この骨盤を見て、なぜお尻が扁平なのかわかりました。

先述の怪しい男性もそうですが、お尻の肉がないのです。そしてそれを誤魔化す為に何か細工をしているのだと思うのですが、それでもやはり不自然さを完全に隠す事はできない様です。

↓この後ろ姿に違和感があったのですが、こんな風にズボンのシワが寄るでしょうか?一方右の方はお尻が扁平。


更に、この様に「お尻にも顔がある」のではないかという疑惑もずっとありました。画像のコントラストなどを調整すると、色んな顔が浮かび上がるのです。悪魔?だったり蛇だったり、恐竜だったり。


↓例えばこんな感じなのですが、肉付きがないので何か詰め物でもしているのかも知れません。


因みにこの時の状況ですが、駅に到着するとちょうど損保の入会キャンペーン?か何かをしていました。ちょうどその時刻に駅に到着し、ちょうどそこを通りかかった娘に一斉にカメラを向ける地元新聞社と損保会社の人。そしてちょうど同じタイミングでホームに向かって歩いていた、頻繁に見かける同じ団地に住む男子学生(足に障害あり?)。

この男子は電車を待つ間、娘を凝視するので、娘は嫌がっていました。最近、娘のバイト先にも現れた様です。この当時は、私が車で出発するタイミングでやはり団地駐車場を出る様な事が度々あり、この親子も多分そうだろうと思っています。



靴に固定用の金具が見えます。そして傘と靴の間に何か異物?の様な物がある様に見えます。(青緑色に着色してある部分)


こんな事を疑うと顰蹙をかってしまうかも知れませんが、障害者の方の中には、障害を偽装している人もいる様な気がしてなりません。何故かと言うと、本当に障害を負っている方があのようなタイミングで現れる事ができるとは思えないから。老人にしてもそうですが、もし1秒でも2秒でもずれてしまったら、私が意識する事さえない様な、本当に僅かなタイミングを決して逃さないのです。

特に、足が悪いと言っていたT戸婆などは、何度も何度もそういう隙を狙って出現するのです。










その場所を見ると現れる、あるいは、その場所を見るとすでにそこにいる、どんなに時間を変えても、私がゴミ出しに出る度に出て来る、駅から戻ってくるとゴミ収集所にいる、こんな事の連続なのです。

ある時は別の障害者を連れて現れました。空を撮影していたらわざとらしい声が聞こえたので下を見るとT戸一行がいました。車の乗り降りさえ時間がかかるというのに、なぜそんなにもぴったりと私の行動とシンクロさせる事が可能なのか。どう考えても人間には不可能だと思います。

なので、偽人間(レプ)が、うろついていても怪しまれない様に、障害者を始め、様々な人物像やキャラクターに扮して、人間の生体エネルギーを採取する為、テレポーテーションやタイムトラベルなどの技術を悪用し、人間(私)の近くに出現するのではないかと思っています。

健常者でも不可能な、刹那的なタイミングでのシンクロ現象を難なくこなすのですから、文字通り人間技とは思えない訳で、それこそサイキック能力でも持っていなければ不可能だと思います。

そして彼らには目が至る所にあるのです。と言うかその様に見えるのです。彼らの種族は、頭の中にも目や顔があって、下を向いていても横を向いていても後ろ向きでも、常に360度見渡せるかの様です。

↓それだけでなくこの説明にもある様に、彼らは自在に体のサイズを変えられる様です。つまり子供や幼児にも擬態できるという事です。


だから、例え見た目が幼児や赤ん坊であっても、それは“成体”であるかも知れないのです。乳幼児なら泣いたりぐずったりするはずなのに、なぜあんなに落ち着きがあるのかずっと不思議に思っていました。それがむしろ怪しいと思っていたのです。

しかも、何かを考えている(企んでいる、またはタイミングを計っている)様な表情を見せたり、親と目配せをしたり、景色や親の顔を見る仕草にカムフラージュしながら、一瞬視線を私の方に向けて来たり、“模範的な”タイミングで凝視や指差しアンカリングまでしてくるのです。

なので、あれは只の赤ん坊ではないとずっと怪しく思っていたのですが、彼らは自在にサイズを変え、見た目を変えられるのだと思います。

この血管は、明らかに人間のものではないと分かります。


↓そして、私も思っていた事。彼らの髪の毛はフェイクだと。


ベランダに出てしばらくすると現れるK村の息子の髪の毛なども明らかに不自然なのです。何気なく見ている分には普通に見えますが、画像でじっくり観察すると、短髪、例えば五分刈りなのに、部分的に長さや質感が違うのです。長めの髪では、部分的にボリュームが増えていたりする事もあり、まるで地毛の上にカツラを被っている様かの様な感じがするのです。しかもその部分は、時に蛇が隠れていたり、あるいは別の生き物の様であったり・・。

↓体毛も思いのまま。


↓辞書と格闘しながら何となく理解したつもりですが(^-^;)、彼らはプログラムによって人間の体に見せかけているという様な事が書かれています。まるでビデオゲームでキャラクターを設定する様に、ベースを選び、パーツを選んでいる様です。


↓そっくりですね。ベースは同じ、でも全てを同じにするとさすがにまずいので、鼻の形などを若干変えている様です。


↓やはり年代によって変化している様です。しかも単なる老化や経年劣化とは違う変化の様です。


先程も触れましたが、私がずっと感じているH家の主人ですが、以前より確実に若返っているのです。やはり何か操作していると思いますし、全く老けない人もいますが、こういう所に秘密があったのかと今更ながら、驚いている次第です。



↓これは衝撃でした。


実は下の画像の女性の鼻ですが、普通は先端に向けて高くなるはずなのに、途中からほとんど平らなのです。そして手で押さえると潰れてしまう程柔らかい?のがわかるのです。それが何故なのか疑問に思っていたのですが、この事だったのかと瞬時に理解しました。


ティッシュで鼻を押さえた時の様子。こんな風に潰れてしまう事はありませんね。


掌には不自然な血管?が浮かび上がっています。小指の形も不自然。


首筋にも普通はできない様な筋があります。


なるほど、こういう事だったのかと、この動画のおかげでこれまでの疑問やもやもやしていた気持ちが大分すっきりしました。

彼らは耳や鼻の軟骨がないのです。


だから、太陽に透けて赤く見えるのだと思います。

↓例えばこの様に。


↓この救急隊員の人が帽子を被り直す瞬間、目がシェイプシフトしていました!


因みに上の女性ですが、今回の動画によって↓このお尻の形状の謎が解けました。


ほとんどお尻の肉付きがありません。だから不自然だったのです。




↓しかもこの様に足とズボンのラインも明らかにおかしいのです。


そして、これも以前から気になっていたのですが、例えば上の画像の靴の向きですが、両方とも左足の様に見えませんか?奥の方の足(右足)の靴ですが、土踏まず側ではなく左足と同じ外側がこちらを向いている様に見えて仕方ないのですが・・。



↓このシーン、注意深く見て下さい。膝の角度から想定される足の状態とズボンの直線が明らかに一致していません。


これはおそらくホログラムでしょう。


↓膝が出過ぎているのに対し、ズボンの後ろ側は真っ直ぐ。


この女性も、私や娘がゴミ出しに出る際に、ぴったりのタイミングで出て来る事が続いてたのですが、膝を曲げ、足を引き摺るように前屈みに歩く姿にずっと違和感があり、最初は障害者の人かと思ったのですが、どうやら違った様です。こうして映像を検証してみた上での感想ですが、この方はほぼ確定してもいいのではないかと思います。


↓この歯はプラスチックだとわかります。


そして髭の生え方、濃さ、毛根の突起がない事から、イミテーションだとわかります。


↓唇が不自然すぎます。そして鼻の先に何か付いている様に見えます。目はまるでビー玉の様。耳の形も変です。


↓この脇腹のシワでピンと来ました。劇団員は皆一様に、首に不自然な横シワができるのです。


↓例えばこの様に。


↓後頭部にシワのできるのも怪しいと思っていましたが・・。


例えばNAPPYさんの動画に出てくる↓この人物。頭の後ろが異様。


その後ろから現れた日本人?観光客風の人物ですが、この人、お尻が前に付いているのでは?と疑問に思ったのですが、その疑問の答えが先の動画及びスクリーンショットにありました。


NAPYさんの動画は、ある意味彼らの宝庫ですから、興味のある方はぜひご覧下さい。いくつかの動画の検証をさせて頂いてその画像も多数作成してありますので、また改めて公開させて頂きます。

今回、この様な急展開になるとは思ってもいなかったのですが、何だか面白い様に謎が解けてきました。

↓これも驚きですね。

ここまではっきりと露呈している映像は残念ながらありませんが、ちょっと怪しいというレベルのものは多数あります。

↓彼らはこの様に動きが激しい時などに、一瞬、その“素顔”が映ってしまう様です。髪の毛などに偽装していますが、顔の横に付いている別の顔だとわかる時もあります。


↓夜、撮影するとこんな風に映っている事もあります。そのままでは分からないの場合も多いのですが、ちょっと怪しいと思うシーンを切り出して明るさを調整すると、こんな感じになります。


↓若しくはこの様な感じだったり。


ただ、こういうシーンをそのままツイッターで投稿すると顰蹙を買うので、できるだけストレージを利用して、閲覧注意表示にしてから見て頂いた方がいいかなと思っています。ただ、ブログにまとめるのを待てない場合は、できるだけ選んで投稿する事もありますが・・。

それらが不快だったりストレスになる方は、私のツイートやブログ、そしてストレージ等はご覧にならない様にお願いします。投稿するなと文句を言う人は、目にしない工夫をして欲しいと思います。

同チャンネルTHE REPTILIAN MATRIX再生リストです。


今回、こちらの動画主様より、多くの貴重なヒントを頂きました。心より感謝致します。o(_ _)o


今回の記事の関連画像をストレージに保存しました。

※ストレージへのリンクの再配布、共有は禁止です。

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト