ある新興宗教団体の事

以前にも書きましたが、人形異星人(レプトイド)や霊の関与を追求する方向性が顕著になってからは、独自路線を進もうと決めて、あまり他の被害者の方のツイートなどは見なくなってしまったのですが(それでも極少数の方のツイートやブログは時々拝見しています)、新規フォロワーさんの通知が来ると、スパムアカウントかどうか確認する為に、一応その人のツイートを、直近の所だけざっと拝見するのですが、そういう中で、時々関心を引くツイートを見かける事もあります。

今日もその様な流れで、他の被害者さんのツイート経由で知ったのですが、change.orgで、この様なキャンペーンが公開されていました。

宗教団体真如苑のストーカー中止と集団・組織ストーカー規制の法整備を❗️

以下転載させて頂きます。(改行等編集)

私は宗教団体真如苑の霊能者にストーカーされています。 退会後9年にわたる執拗なストーカーに社会生活が著しく妨害されています。

平成12年に施行された「ストーカー規制法」は、特定の個人への好意・怨念の感情を充足するストーカー行為のみ規制対象で、不特定多数が連携して一個人に嫌がらせする集団・組織ストーカーは法規制の対象外です。

しかし、集団・組織ストーカーは、明らかに人権を踏みにじる反社会的行為です。 真如苑の霊能者はじめ関係者には一刻も早いストーカー中止を求めます。 併せて、集団・組織ストーカーの規制の法制化実現に向けて、皆さんにご賛同いただきたく、このキャンペーンを立ち上げました。

【詳細】
私は夫の肝臓癌がきっかけで宗教団体真如苑に入信しましたが、次第に信心が希薄になり、平成19年に退会しました。 しかし、現在も霊能者によるストーカーが続行されています。

私の行動を予測し、言動や思考を探り、霊能者の解釈で判断した情報を通信機器で発信。私にまつわる情報を収集し、事実確認もせず一方的に私の人物像を作り上げ、世間に周知の事実として情報共有化されています。

私の外出する先々で真如苑から協力を依頼されているらしく、仄めかしや聞かせ言葉が人々の話に織り混ぜられていて、本来の目的に集中できない状況が続いており社会生活に多大な支障をきたしています。

霊能者の解釈による誤情報を否定しても、認知機能低下か精神の病にされます。 時には「霊能者が私に騙された」ことになるのですが、私には騙す意思はないので霊能の不確実さと受けとめています。 していない事・考えてもいない事を、した事・考えた事と思わせる巧妙さは冤罪の自白を誘導するシステムと同じです。

本来、心の救いの場であるべき教団が、ストーカー行為で元信者を弱らせ窮地に追い込み、教団に依存・復帰を強要するとは言語道断です。 憲法第20条「信教の自由」に「個人の宗教を信じない自由・脱会する自由」が定められています。

そして、個人の脱会の自由は教団の脱会させない自由よりも優先です。 真如苑はストーカー行為の目的を「私を救うため」と理由付けしていますが、究極の目的は教団の知名度を上げ教団拡大に繋げることです。

世間を巻き込んだ反社会的行為である集団ストーカーが宗教団体のために是認され、協力・依頼された地域・社会全体に多大な弊害をもたらしています。

宗教被害相談窓口・弁護士・警察に相談。探偵社にも調査依頼しましが解決に向けての緒を見いだせず八方塞がりなうえ、付きまとい・嫌がらせで精神的苦痛は筆舌に尽くせません。

個人を窮地に追い込んで、社会生活のみならず日常生活の継続さえ困難にするストーカー行為。 警視庁の調べでは、ストーカー認知件数は、平成16年には13,403件に対し、平成26年では22,823件へと増加しています。又、水面下で特に、集団・組織ストーカーが顕著化しているそうです。

誰もがいつどこで集団・組織ストーカーのターゲットになり、普通の生活が脅かされるか分かりません。 被害者の支援体制を含めた集団・組織ストーカー規制の法制化が急務です。 宗教団体真如苑のストーカー行為中止と、集団・組織ストーカー規制の法制化に賛同していただきたく、皆様、宜しくお願いします。


私はこの団体名が妙に引っ掛かります。酷いストーキング被害に遭っている女優さんも確かこの団体を脱会された様に記憶していますが・・。

実はこの団体の支部が隣の市にあるのですが、私自身は、この宗教団体とは直接のトラブルや接触は一切ありません。ただ、私の母(既に亡くなっています)が、もしかしたらこの団体と関わっていたかも知れないと思う節があります。

私がまだ実家にいた頃、母が「歩いていたら手かざしで病気が治ると言う宗教の人から声をかけられた」と言うので、そういうのは危ないから絶対に関わったら駄目だと強く諫めた事がありました。本人も納得した様だったのでそれ以上話題にする事もなく、その後の事は分かりませんが、多分入会する様な事はなかったと思いますが、もしかしたら1、2回その宗教団体の支部に出掛けた事があったのでは?という気がしないでもありません。

お茶を飲みに行く様な感覚で誘われたとしたら、付いていってしまう様な母でした。しかも肝臓を患っていた為、それが治ると言われたら、話だけでも聞いて見よう、と思ったとしても不思議ではありません。

因みに母親は、弟を出産する際に出血が酷く、輸血を受けたのですが、その輸血が原因でC型肝炎になり、肝硬変になって亡くなりました。なので、何とかその病気を治したいという気持ちが強く、私も何とか良くならないものかと、高価な健康食品を無理して買った事もあります。(今にして思えばそれらの健康食品も眉唾ものでした)

この方もご主人が肝臓癌を患われていたそうですが、私の母も肝臓癌の手前の肝硬変。やはり何か引っ掛かります。もしかしたら一度は話を聞きに支部に出掛けて結局は入会を断ったか、あるいは入信したものの途中で退会して、それで逆恨みされた可能性もなきにしもあらず、なのです。

と言うのも、その当時、私は仕事の関係でその支部の前を車で通行する事が多かったのですが、ある時、その支部の前に猫の死体が置いてありました。私はそういうのを見るのが辛いので、あまり見ない様にして通り過ぎたのですが、よく集ストの加害者は動物の死体を使うと言われていますので、今にして思えば、あれは私に対する嫌がらせだったのでは?と疑ってしまいます。

その頃は、よく車を運転していて、あちこちで猫や犬が轢かれていて、見る度に可哀相で辛い気持ちになりました。この団地に来てからの事ですが、団地前の道路で猫が轢かれていて、たまたま外にいた私にそれを伝えて来た住人がいました。私は、そのままでは死体が更に轢かれて可哀相だと思い、泣きながらその死体を道路の横に運んだ事もありました。

それもこれも、この加害者達の仕業だったとしたら、本当に許せない気持ちで一杯になります。こんな惨い事をなぜできるのか、とても人間の所業ではありません。そして、同じ人間とは認めたくもありません。

いずれにしても、私自身はこうした団体と直接関係なくても、母を通して私への嫌がらせになっているのではないか?このキャンペーンに出て来た団体名を見て、ふとそんな事も考えてしまいました。

この中で霊能者が関与していると書かれていますが、私もその事に関しては全く同意です。この加害には、そうした特殊能力が使われている、霊能者が加担している、それは間違いないと思います。

以前、拝見したある方の動画では、思考盗聴というのは実は霊障であって、霊、というか悪霊の力を借りて、此方の思考を読み取ったり、行動を先読みしたり、また情報をやり取りしているのだそうです。

確かに此方の思考や行動が逐一伝わっている事はひしひしと感じます。以前はそうした事がテクノロジーによって行われていると考えていましたが、今ではどちらかと言うと、テクノロジーよりもこうした霊能力、サイキック能力によるものではないかという考えが強くなっています。(かと言って、テクノロジーが全く使われていないとも思っていません。)

そうした超能力が普通に使われている事は前回の記事でも触れていますが、最後の方なので、もう一度動画を埋め込みます。



この動画の中で高野さんが仰っている様に、霊能力やサイキック能力が軍事技術扱いである事、軍がそうした能力の開発に力を注いでいる事、諜報などにも使われている事、そしてそれらは善用されるよりもむしろ悪用されている事、お坊さんなどは皆そういう能力を持っていた事、などが語られています。

なので、霊能力とか超常現象などと言った途端に、「オカルティストの与太話」とか「トンデモ系」などと揶揄する人の方が、頭は大丈夫ですか?天然記念物か化石になりかけていませんか?と逆に心配になってしまうのですが、それはさておき、こうした能力を悪用した嫌がらせや付きまといは確実にあると思っていますし、使わないはずがありません。

私が混乱してしまうのは、これらの事象が霊によるものなのか、あるいは人形(ヒトガタ=偽人間)によるものなのか、そこが未だに区別がつかず、悩んでしまう所ですが、いずれにしても、これは人間だけの力ではない、というのは常々感じている事です。

わずか1秒にも満たない時間でのタイミングの一致の連続。
この「連続」という所が重要です。

これは、仮に人海戦術や交代制でもって、加担している工作員が携帯やメール、あるいは脳内通信で命令を受け、その直後に工作に及んだとしても、とても間に合わないタイミングなのです。

ましてや乳幼児を連れた母親が、ある時は障害者や足の悪い老人までもが、ものの見事にタイミングを合わせて来る。

例えば、左方向を撮影していて、右方向にカメラを振った瞬間に加害車両が出現する、カーテンを閉める人影が映り込む、いつもの車や人物が出現する・・・、多少の“誤差”や例外はあったとしても、殆どがこの様なタイミングなのです。

私の場合、これらは単なる通行人ではなく、いつもこの様なタイミングで目撃をする特定の人物、または車両なのです。

あの不気味な程のタイミングの合わせ方はどうしたら可能なのでしょうか?
他の車も走行している一般道路で、一体どの様にしてタイミングを調整しているのでしょうか?
例えば、私がベランダに出るタイミングを狙って、道路の真ん中に停車して、時間調整する、そんな事は誰が考えても不可能です。

でもそれが可能になっているのは何故なのか?
どうしていつもいつもあのタイミングで見てしまうのか?
まるで私の行動を全部先読みしているかの様な、不気味な程のタイミングの一致。
では、双方共に霊に操られているのか?
だとしたら、宅配便やJPや警察のパトカーさえも霊に操られているという事になり、それでは社会が大混乱するはず。
なぜなら、公務員までもが皆、悪霊に操られて仕事をしている事になるので、それはそれで何か問題になっても不思議ではないのに、そうした事件やニュースを聞く事もないのは何故なのか?

一体何が起きているのかと、気が付けば考えてしまっている自分。

ただ、このキャンペーンの趣旨に書かれている様に、霊能者が「私の行動を予測し、言動や思考を探り、霊能者の解釈で判断した情報を通信機器で発信」しているのであれば、こうしたタイミングの一致は可能です。

行動を予測、つまり何日の何時何分何秒に○○(ターゲット)は西側の部屋のカーテンを閉める為に窓際に近づく、という事が予測できるからこそ、その時間だけ工作員がその場所で待機して、予測通りの時刻になったら車のライトを点灯させる、車を発進させる、あるいは車でその場所を通行する・・・、という事をすればいいだけの事です。

私はよく、タイムトラベルの様な技術を使っているのではないかと思う事もあるのですが、仮に4次元にいる存在であれば、時間は関係ないので、こうした事も可能だと思います。

あるいはテレポーテーションの様な技術を使っているのではないか・・そうした事もないとは言い切れませんし、おそらくそれもあるだろうとは思いますが、それとは別に、今回の様な霊能者による予測というものが、この犯罪の最も重要な、根幹を成す部分ではないかと思えてなりません。

そして霊能者に悪事を働く為の予測を与えるのは、、やはり悪霊という事になります。善なる霊であれば、その様な事に力を貸すはずがありません。

ちょっと頭が整理できていなくて、また堂々巡りになりそうな気配がしますので、一旦ここで切り上げたいと思います。

今日明日は少し仕事がありますので、それが終わりましたら、作成途中の不可解な光(車のブレーキライトかと思ったらそうではなかった様です)の動画動画を仕上げたいと思っています。

↓はその光の静止画像の一部です。


この時は不振機を撮影していて、部屋に入ろうとした時に、網戸を閉めながら視界の隅にこの赤いライトが見えて、しかも、高速道路よりも少し上の様な気がしたので、不審に思い撮影しました。



どうせまた、タイミングを合わせたブライティングだろうと思って苦々しい気持ちで撮影を続行。


ところが映像を確認しつつ、静止画像を切り出していると、これ、ブレーキライトじゃない、と。


何気にトンボみたいに見えますが・・。


この様子はまた後ほど動画で公開する予定です。

因み下の動画は、この赤いライトが見えた場所でのシアターの様子です。


他にもレプ?さん(下画像)の動画も作りかけのまま。(^-^;)






あと、先日書いた、幼児の着地シーンの画像はまだできていないので、ちょっと後回しになるかも知れません。私の場合、新しい“イベント”が発生したりすると、そちらを優先してしまう事があり、予定があってない様なものなので、なかなか予告通りにならない事の方が多いです。申し訳ありません。m(._.)m


ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事
スポンサーサイト