集団ストーカーの構造 そしてRKという人

集団ストーカーの構造について、わかりやすいツイートがあったので、ご紹介します。


集団ストーカーの構造PDFファイル

警察、公務員、宗教団体、芸能界、地域防犯パトロール、自治会、福祉関係者・・・、みんな思い当たるものばかりですが、集団ストーカーは、このように多くの組織や団体などが連携して行う、悪質な嫌がらせである事がこの図を見ると一目瞭然です。

ところで、集団ストーカーのツイートに、輿水正さんのツイートがあったので、ちょっと見てみたのですが、ご自身のブログで随分熱心に集団ストーカーの存在を否定されていらっしゃる様です。
不正選挙や311人工地震の話題ではよく目にする事がありますが、集団ストーカーにも、ただならぬご関心をお持ちだった事は存じ上げておりませんでした。

「集団ストーカー」問題まとめ

ご自分が被害者でも加害者でもないのに、なぜそこまで執着しなければならないのか理解できなかったのですが、この記事と読者さんのコメントを読んでいるうちに、ツイッターや掲示板に貼り付いて、被害を訴える人の事を、頭がおかしいとか被害妄想だとか、精神を病んでいるとか、統合失調症だと一方的に決めつける書き込みを頻繁にしている、おそらく加害者側と何らかの繋がりがあると思われる工作員らしき人物達と同じ“体質”や“臭い”の様なものを感じてしまいました。

驚いた事に、この方のブログで集団ストーカーと検索すると、ものすごい数(今日現在で404件)の集団ストーカーに関する記事がヒットしますが、集団ストーカーなんて単なる妄想で精神疾患だと断言し、嘲笑し、一蹴されている割には、これだけ精力的?に、また執拗に記事で取り上げて否定されている事事態が、とても不可解で不自然に感じます。

ご本人いわく「勝手に被害者だと騒いでいるだけ」なら放っておけばいいのに、なぜそこまで必死に否定されるのか不思議に思いつつ、他の記事も少し拝見した限りでは、「このまま放っておくと、“自称集団ストーカー被害者”と称する精神を病んだ人が増え続けてしまい、いずれ日本を潰してしまう。集団ストーカー被害はただの妄想であって、精神を病んでいる事に本人が気付いていない事が問題なのだから、本人に気付かせ、適切な治療を受けさせる方向に自分が誘導してあげないといけない」という事らしいです。
興水氏の主張や“説”、および言動の全てを精査したわけではないので、これはあくまでも私の解釈ですが、おおよそ、その様な事を主張されている様に思います。

下の動画は、興水さんが集団ストーカー被害者を精神疾患だと、講演会で語っている動画です。


集ストの告知デモの動画や、被害者の人がネットに上げた動画やブログなどを“資料”として、集団ストーカー被害を訴えている人達が、いかに被害妄想的で、精神に異常を来しているのかを得意気に語っていらっしゃいます。

集団ストーカーなんて存在しない
被害者は頭がおかしい
病気だと断言します!
精神疾患
被害妄想
責任転嫁
自己中
まともに物事が判断できない人達


動画の中でこのように100%断定されていますが、
興水さんは、全てを知り尽くした神様なのでしょうか?

少なくとも興水さんにはわからないでしょうけれど、特定の人物を加害者だと思うのにはそれなりの根拠や理由があるのです。
誰彼かまわず、自分の視界に入ってくる人全員を加害者だと思うわけがないでしょう。

申し訳ないのですが、私は自分を賢いとは思いませんが、そこまで馬鹿でも単純でもないと思っています。
常に、自分の思い込みではないかどうか自分に問いかけてもいますし、加害者でもない人を加害者と思い込んでしまう事のない様に気を付けてもいます。
それでも人間ですから、中には思い込みのケースもあるかも知れないとは思いますが、思い込みだけでは決して説明できない事象があるからこそ、被害を訴えているのです。
(妄想ではない理由は後述します)

それに、妄想だと断定する前に、一人でもいいから被害者の人に実際に会って話をしたり電話で状況を聞いたりして、調査をされた事があるのでしょうか?
多分、一度もないのでしょう。動画でも一切返事はしないと仰っていましたから。
という事は、ネットの書き込みとか動画とかを見ただけで、勝手に「この人達は病気だ」と決めつけているだけなのですね。
なんなら、私に連絡頂いても構いませんが。

これら一連の発言は、実際に被害に苦しんでいる人を愚弄する発言に他ならず、講演会に参加した人達と共に被害者を笑いものにするような言動は、本当に不愉快ですし腹立たしく思います。

八百万の神々を敬う日本人の心や生き方を大事にしようとおっしゃる方が、果たしてこの様な特定の境遇にある人達を見下すような愚弄するような発言をされるでしょうか。

以前から、人物の写真にいたずら書きをした品のない画像や言葉を使っている事に抵抗はありましたが、ご自身の品格はさておき、上の動画の冒頭では、
「いくら他人を批判しても本人は進歩しない。自分を冷静に評価できる人が進歩できる。」
と神妙な面持ちで語っておられましたね。
では興水さんご自身は、今後は他人を批判する事をお止めになるのでしょうか?
ご自分の正義を主張されるのは自由ですが、その前にまず他人を見下したり馬鹿にした言い方をやめられたらいかがでしょう。

繰り返しになりますが、そもそも興水さんは被害者でも加害者でもないはずなのに、なぜ、そこまで“集団ストーカー”にこだわるのか理解に苦しむのですが、

集団ストーカーなんてバカバカしい妄想!
第一、それほど存在価値があるわけでもない一市民を、集団でストーカーする意味も理由も必要性もない!
被害者だと主張する人間は、自意識過剰で自己顕示欲が強いだけ


興水先生によると、どうもこの様な結論になるようです。

でも、一つはっきりしている事があります。
例のオリンパス事件では、裁判でオリンパス側が敗訴し、社内でストーカー行為があったことを企業が認めています。
この事実に関しては、スルーですか?
それとも“自称”被害者と主張する人の訴えを、裁判所が誤って、あるいは情に流されて、認めてしまったという事なのでしょうか?
だったら、その裁判や判決を下した裁判官を非難し、“不正裁判”だと騒ぐ事の方が先決ではないでしょうか?
なぜなら同じ様な判決が続々と出されたら、それこそ興水さんがおっしゃる様に、日本が潰れてしまうでしょうから、不正選挙の時と同じくらい大々的に騒いで追求された方がいいと思います。
というより、“集団ストーカー被害者が日本を潰す”前に、放射能汚染で日本が潰れると思うのですが、先生の見解をぜひお聞きしたいものです。

もしかして、“自称集団ストーカー被害者集団”って、放射能汚染や原発を狙ったテロ、あるいは先生お得意のユダ金とかロスチャイルドとかアメリカ戦争屋なんかよりも驚異的で破壊力がある恐ろしい集団とでも言いたいのでしょうか?

Wikiによれば、「デイヴィッド・ロックフェラーが全ての黒幕と主張」されているようですが、Dロックさんを攻撃するよりも“自称集スト被害者撲滅”に情熱を注がれている様にも思えるのですが、Dロックさんが日本を潰すよりも先に集スト被害者達が日本を潰してしまうと本気で思っていらっしゃるのかも知れません。
だとしたら、集スト被害者ってある意味最強ですよね(笑)。

冗談はさておき、下記日刊サイソーの記事も、ただの妄想をネタにして冗談で書いた記事ですか?
興水さんは、集スト被害を100%妄想だ、精神病だ、と断言されているのですから、興水さんが直接、サイゾーにクレームを入れられた方がいいのではないでしょうか。
そうしないと、サイゾーの記事を読んで「やっぱり集団ストーカーって本当にあるんだ」と思う人が増えてしまいますから。

日刊サイゾーより。
オリンパス事件は氷山の一角 現役産業医が語る「リアルでブラックなクビ切り術」

一部抜粋
 また、本サイトで報じた「集団ストーカー」でターゲットを追い込む手口については、実際にストーキングチームに加わり逆に精神を病んだという人物から、個人的に相談を受けた経験があるとして、「一部には存在する」と言う。

「私が相談を受けた集団ストーカーは、かなり大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです。裏仕事を暴力団に頼むのと構図は同じです。しかもそのときは、顧問弁護を務めていた女性弁護士も承知していたというのだからひどい話です。道ですれ違いざまに『山田一郎(仮名)、死ね』とささやいたり、ホームの対面からじっと視線を合わせたりするわけです。ノイローゼになって産業医に相談に行くと、『最近、人の視線が気になりませんか』とか、『幻聴は聞こえますか』と誘導する。で、私に相談してきたのは、その集団ストーカーをしたひとり。『上からの指示でこんなことをしたが、もうやりたくない、死にたい』とメールで泣きついてきました。やる方もこたえる。負の連鎖ですよ」

サイゾーのオーナーの苫米地さんが、Youtubeの動画で、情報の裏が取れないものは書かない、という様な事をおっしゃっていましたから、無責任でいい加減な噂話程度の情報を載せるはずはないと思います。

それとも輿水さんは、サイゾーの編集者も裁判所も、“自称”被害者の勝手な妄想に付き合っていただけ、とでも仰るのでしょうか。

苫米地さん曰く、ネットジャーナリストと自称している人の中には、ネットに書いてあったから、というのを根拠にして、情報発信をしている人もいるけれど、それでは根拠とは呼べない、という様な事を仰っていましたが、全くその通りだと思います。

少なくとも自身を“ジャーナリスト”と名乗り、“著書やDVD、講演などで収入を得ている”人が、嘘と本当の情報が入り交じった玉石混淆のネット情報の真偽を確かめる事もなく、賛否両論の意見を精査する事なく、自分に都合にいい情報だけを、さも正論で真実であるかのように取り上げて、自分の主観によって物事を判断したり決めつけたり、あたかも既成事実の様に語る事は、自身の信用にも関わる事なので普通はできないはずですし、情報の発信には慎重になるはずです。
信用の失墜は自称、他称を問わず、“ジャーナリスト”にとっては致命的です。

それゆえ、可能なら情報元の人物に会って直接話を聞いたり、現地に行って調査したり確認したりして、きちんと取材した上で、これは間違いないと確証が持てたら公表する、というのが、ジャーナリストのあるべき姿だと思いますが。

では、集スト被害が妄想ではない事を、少しだけ説明しましょう。

仮にほんの数十秒時間がずれていれば、鉢合わせになる事など不可能なのに、しかも日によって時間も一定ではなのに、同じ人物に3日とか4日連続して、同じ状況で鉢合わせしたら、誰でも、あれ?ちょっと変じゃない?と思うのではないでしょうか。

例えば、
1日目
AM6:41
2日目
AM7:13
3日目
AM6:48

この時間ぴったりに、共有階段を降り、外に出るタイミングで、ある男性の車が駐車場に戻ってくる。
日中、たまたまベランダに出て下を見下ろすと、またもやその男性が車に乗る所を頻繁に目にする。
反対側のベランダでは、別の特定人物数名が、やはり私がベランダに出るほんのわずかな時間にぴったり一致するタイミングで、下を歩いているのを連続で目撃する。

なぜいつもあの人(達)を、毎日見かけるんだろう?
仕事をしているなら昼間は見かけないはずだし、見る時間もバラバラだし、逆に、わずか数秒でも時間がずれていれば見かける事なんてないはずなのに、どうやったらこんなにドンピシャのタイミングで遭遇する事ができるんだろう?

逆に、もし自分が、毎日の様に特定の人の視界に意図的に入ろうとしたとして、相手の行動を全部把握していない限り、絶対無理だと思います。
相手の生活や行動を監視したりどこかで待ち伏せする程、私は暇人じゃないし、そんな馬鹿らしい事をする必要もない。
やっぱり普通ではあり得ない事が起きている。

このように、初めは単なる偶然だと思って全く気にもしていなかったのに、そうした事が続くうちに少しずつ疑問を持ち始め、注意深く観察していると、どうも偶然ではない事がわかってくる。

最初は何気なく、
そう言えば最近よく“あの人”や“この人”を見かけるなあ、と思っただけだった。
その時、ふと頭をよぎった事。
あれ、もしかして昨日も見かけたよね。
いやいや、おとといも見たんだけど。
っていうか、最近毎日見ていない?
ちょっと待って、時間だって違うのに、なんで?変じゃない?
なぜ私がベランダに出ると、待っていたかのようにいつもあの人が歩いて来るの?
あの大きな荷物はラケット?
という事はスポーツクラブの帰り?
でも、朝の6時だったり、8時だったり、9時だったり、時間がバラバラっておかしくない?
しかも、私がその場所を見るタイミングなんてものすごく限られているのに、何日も連続で、もしくは1週間の中で3~4回も、目撃してしまうのって普通にあり得る事?
そう言えばそんな人が他にも何人もいるよね。
あと、ベランダに出ると、なぜかすぐに、その人物の車が出入りしたり、ドアを開閉したり、咳払いをしたり、ヤマト運輸が来たりする。
いや、これはただの偶然なんかじゃない!
何なの?この人たち。

この様なあり得ない確率とタイミングで目撃し遭遇する、特定の人物や車両。
そんな状況がずっと続いたら、何かおかしいと思うのは、普通じゃないですか?
別に病気でも何でもないと思いますが。

また、同じ加害者ばかりと遭遇するとさすがに言い逃れができなくなって足が付く事を恐れてか、彼らはどうやら交代で加害行為を行っているようなのです。
一種のローテーションのようなものがあるのか、ある人物が3~4日続けて付きまといをしたら、今度は別の人物が付きまとう、といったように。
どうもそういう傾向が窺えます。

先程の動画の話題に戻りますが、あの中で興水氏は、集団ストーカー被害者は病気だと、はっきり断言されていますが、この方は一人一人を診察されたのでしょうか?
と言うよりも、この方は精神科医なのでしょうか?
医師でもない方が、診断もせずに他人を病気だと断言して憚らない事に怒りを覚えます。
これは医師法に抵触する行為ではないでしょうか?

医師法第17条
医師でなければ、医業をなしてはならない。

他人に病名を付けるという事は、つまり診察および診断行為にあたり、広義での医業に該当するのではないですか?
と言うよりも、医師でない人が診察もしていないにもかかわらず他人を病気扱いする段階で、この方の人間性が露呈していると思われます。
そもそも、内海医師もよく仰っていますが、「統合失調症」などという精神疾患自体が、実存するのかどうかも疑わしい所です。
鬱病にしても、統合失調症にしても、「最近ちょっと気分が優れない」、「人間関係で悩んでいる」など、誰にでもある精神状態をいくらでもこじつけられる“病名”であり、誰でも幾つかは当てはまる様なチェック項目によって判断が下される、とても曖昧で医師のさじ加減ひとつでどうにでもなってしまう様な“病気”だという情報もありますから、逆に、興水先生の主張の方が、疑わしく思えてしまうのは私だけでしょうか。

因みにこのような情報もあります。
(日蓮正宗への入信を推奨する気は一切ありませんのでお間違いのない様にお願いします)
「パニック障害」「社会恐怖(対人恐怖)」「強迫性障害」「パーソナリティ障害」など精神障害が創価学会員に異常多発

また、「自称被害者は、自分に非があることは絶対に認めない!」とも断言されています。
ではお伺いしますが、被害者全員の発言を一人残らず全て確認しているのでしょうか?
少なくとも私は、思い違いなどが判明して自分に非があった場合は、ブログで謝罪したりお詫びもしていますし、自分の欠点さえも自ら告白したりする事もあります。
他人の事を全て知っているはずもないのに、まるでその人と生活を共にし、その人の言動を全部見てきたかのような事がなぜ言えるのでしょうか。

また、「この人達は安倍総理に要望書を提出しただけなのに、あたかも集団ストーカーが社会的に認識されたかのように勘違いしている」という様な事も仰っていましたが、吉松さんのストーカー撲滅キャンペーンの署名運動では安倍夫人も発起人になられていましたし、個人だけでなく、政治家の方や元警察官の方も証言されている事をご存知ないのでしょうか。

前阿久根市長竹原さんの記事

集団ストーカー 警察 1
※仙波氏が嘘をついていた事を最近竹原さんが暴露されていますので、仙波氏の発言が全て信用できるかどうかは分りません。また吉松育美さんについても、ASKAの事件で話題になっているパソナの元社員との情報もあり、もしかしたら何か裏があるのかも知れません。

また、以前にも取り上げた事がありますが、愛知県公安委員会届出済の調査会社もあります。
興水さんが曰く“妄想”なのに、公安委員会が認めちゃっていいの?
集団ストーカー相談調査センター

「集団ストーカー 調査」とか、「集団ストーカー 探偵」で検索すれば、たくさん業者さん出てきますが、ただの被害妄想だったら、この業者さんたちは、“ありもしない”犯罪を解決してはお金を取っているのですから、どれもみんな“詐欺”ですよね。
果たしてどちらの主張が正しいのでしょうか?
どちらが“”を言っているのですから、白黒はっきりさせた方が、興水先生の信用にも関わる重要な事柄だと思いますので、ぜひ追求して頂きたいものです。

京都大学総合人間学部を卒業された方のブログですが、この方も被害妄想の統合失調症を患っている方なのですか?
集団ストーカー問題を克服する

因みにこんな情報もありますが。
集団ストーカーの加害者ついに逮捕される!

というよりも、ご本人が語られていました(笑)。
リチャードコシミズ氏が自身の集団ストーカー被害について語っています。


え?集団ストーカーなんてないって言っていた方と同じ方ですか?
一体どちらが本物の興水さんなのかわからなくなってしまいました(汗)。
それとも、自分は“裏社会から狙われるだけの価値のある人間”だから、“カルトによる実際の集団ストーカー”達に狙われて、一時はブルブル怯えていたけれど、所謂“自称被害者”なんて、大した情報も持っていないし、狙う価値もない人達なのだから、いくら声高に被害を叫んだところで、ただの妄想で病気でしかない、とでも言いたかったのでしょうか。

それから、集スト被害者は感情的で攻撃的だと言っていましたが、感情的で攻撃的なのはどちらでしょう。

興水さんに“工作員”と言いがかりを付けられた方からの抗議の電話に逆切れする興水さん。


なんと、“自称”ネットジャーナリストともあろうお方が、証拠と根拠を示すように何度も迫られた挙げ句、「証拠なんてない、そんなものはいらない」とおっしゃっておられました。
いいのでしょうか?
どなたかの事を、シャ○中だと断言されていましたが、もしそうなら、警察に通報しないとまずいのではないですか?
え?証拠がないのですか?
証拠もないのに、人様をシャ○中扱いとは、呆れてしまいます。
集スト被害を妄想だ病気だと断定されていますが、この方の妄想も相当に酷い様に思いますがいかがでしょう。
動画主さんも相当頭に来ているらしく、ちょっと過激な発言もありますが、その心情は理解できます。

こちらも同じ方の動画です。


まるでカルト教団の様ですね。
この動画のコメントにも同様のコメントで溢れています。
人種差別的発言も酷いです。
私は在日特権に関しては問題だと感じていますが、朝鮮人とか韓国人というだけで差別するのは間違っています。
朝鮮人や韓国人が悪い人ばかりではないはずです。
逆に日本人だからと言って全ての人が善人とは限りませんし、日本人の殺人犯だっているわけですから、単純に日本人だとか朝鮮人だとか、民族や人種で差別、区別、判断するのは短絡的すぎます。

話は変わりますが、実は、竹原さんのブログにコシミズ氏のブログのリンクが貼ってあるのがちょっと残念に思っていたのですが、下の不幸のブログさんも同じ様に感じられていらっしゃた様です。
民主ー口蹄疫ー独立党

また、興水氏は歴とした日本人だという方もいますが、もしかしたら在日の方だったのでしょうか。
リチャード・コシミズの説って本当orハッタリ?

NO.20のコメントに
通名:輿水正 本名:李詠進  出身:福岡県 父親が在日一世
という書き込みがあるのですが、興水氏が中国人という情報もかなり出回っています。
実際の所どうなのでしょうか。

同じくコメントより。
純粋水爆説 (911陰謀論)

コシミズ氏らの唱える311や911陰謀説も信じていいものかどうか疑わしくなりますね。
今私が読みたいと思っている本があります。
検証 陰謀論はどこまで真実か パーセントで判定
隠謀論に振り回されて、大事な時間やお金を浪費する前に、一度読む価値はあると思います。

興水氏に対するネガティブな情報は、探せばきりがないほど出てきますので、信用するしないはそれぞれの方の判断によるところではあると思いますが、ぜひ調べて見て下さい。
以下、私が参考にさせていただいたサイトのリンクをいくつか貼ります。

リチャード・コシミズ氏は中国系スパイではないのか?

リチャード・コシミズ氏にお灸を据える!

日本の、ある意味カリスマな人達さんより。
リチャード・コシミズ

リチャード・コシミズ の 正体 集団ストーカー 部落

集団ストーカーと創価学会の犯罪集団
リチャードコシミズ氏へ


他にも私と同じ様に、興水氏の集スト否定発言に対する不快感を感じている被害者の方は、探せばたくさんいらっしゃる様です。しかも随分前から、こういう発言をされていた事を、今回初めて知りました。
ただ私は何となくですが、興水氏の記事やコメントで、自分が仄めかされている様な気もしていたので、もしかしたら集ストを仕掛けている側と何らかの関係があるのでは、などと思っていました。
案の定、この記事をアップしたら、不良や暴走族がうろつきはじめ、いつもの“メンバー”の活動が活発になりましたが、証拠などありませんから、一応、気のせいという事にしておきます。

5/28興水氏の記事には、放射能に対する先生の見解が書かれていました。
国連放射線科学委が福島訪問 「がん発症リスク低い」と強調

先日の私の記事で、北海道のガスボンベの爆発事故の事を書いた際に、「誤認逮捕だったら実名報道したマスコミと誤認逮捕した警察は土下座して欲しい」なんて書いた事に、早速反応して下さったのでしょうか。
5-10年後に東日本は癌患者だらけにならなかった時に備えて、顔と実名を晒し、「土下座」の練習をしておくように呼びかけられておられます。
というか、“隠謀論”の世界では、そもそも国連自体が、先生の毛嫌いされるユダヤの息の掛かった組織になってしまっているのではないでしょうか?
なのに、ご自分に都合のいい時だけ、その国連の発表を根拠にされている所が素敵です。
しかも米空母ロナルド・レーガンの乗組員は別扱いです。
つまり「三陸沖で被爆した乗組員は放射能被爆によって癌になるのは当たり前」と言いつつ、東日本で被爆した人には癌の発生リスクは低いという国連の発表を全面的に肯定されている訳で、私には意味が理解できませんでした。

先生は相変わらず、放射能汚染はそんなに心配する必要なんてない、低線量の劣化ウランはむしろ体にいい、などという様な事を仰っていますが、もし逆に癌患者の発生が増えたら、先生も土下座をされるのでしょうか?
それとも、顔と実名を公表し、万が一“心配”が的中しなかった場合は、土下座をする事を約束しなければ、放射能汚染の危険を訴えたり心配をしてはいけない、とでも仰るのでしょうか?
随分、強引な理屈だと思いますし、なぜそれを他人に、しかもマスコミでも公的機関でもない一般のネットユーザーに強要するのか意味が分りません。
少なくとも私は、マスコミや、警察を始めとする公的機関の様に、一人の人間の人生など簡単に狂わす事ができてしまうような、強大な影響力や権限を持つ人達に、逮捕や実名報道をするならその位の覚悟と責任を持つべきだと言いたかったわけです。

一ネットユーザーにまでそんなルールを適用させるなら、福島や東北の被災者の方が、不安な気持ちを語る事も、声を上げることもできなくなってしまいます。
みんなが黙り込んでしまったら、被災地の被害も忘れ去られ復興も滞り、逆に東電や原発推進派のやりたい放題になってしまうのではないでしょうか。
大事なのは、正確な情報が伝えられ、放射能漏れと汚染が止まり、被曝に対する不安や不満の声が民衆から上がる事のない状況にする事じゃないんでしょうか。
いたずらに恐怖心を煽る事は控えなければならないとは思いますが、今現在も放射能が出続けている事実は変わらないのですから、現実は現実としてきちんと受け止め、まずはこれ以上の汚染を食い止める事が最優先事項だと思います。
何を置いても、放射能漏れを止める事、健康被害を最小限に抑える事、それ以外に今優先する事ってありますか?

放射能に対する考え方が楽観的であろうと悲観的であろうと、放射能のリスクが低く、癌になる人が増えない事が喜ばしい事は共通のはずで、子供の喧嘩ではないのですから、5年後にどちらの言い分が正しかったかどうかで相手に土下座させる必要なんてないと思います。
一つの物事に関して、意見や見解が分かれるのは世の常ですから、お互いの意見を踏まえ、事実を見据えて、今何をすべきか考えるのが大事なのではないですか。

また、ケムトレイルに関しても、この様な記事を書かれていました。
ケムトレイル:「大衆に不安を蔓延させ、社会不安、暴動から戦争へ扇動することが目的」

ケムトレイルは、犯行者も手段も目的も被害もはっきりしないのに執拗に噂を流布するのは、「世ゴロ協によるパニック醸成の手口であると断定します」との事ですが、ご自分の認識と違う人を、ゴロツキだと一方的に断定してしまうとは驚きです。

興水さんという方は、「こういう事を言っている人間は朝鮮人だ!ゴロツキだ!」とすぐに結論づけてしまう方の様ですが、あまりにも発想が単純明快、短絡的すぎて、さまざまな主張や情報から本質を見抜く能力が問われる“ジャーナリスト”と呼べる人なのかどうか、甚だ疑問に思います。
と言っても“自称”なので、本人の勝手と言えばそれまでかも知れませんが。

私はこの方の情報に、以前から少し疑念を感じてはいたのですが、やっぱりこの方の目的は、隠謀の暴露とか、社会悪を糾弾し世の中を良くしたい、というものではなく、もっと別の所にある様に思います。

私も一時期、この人を信用してしまったのですが、今回の件で目が覚めました。
未だに信じている方は、ぜひ一度、この方の発言の矛盾点に焦点を当ててみて下さい。
いくつもの“欺瞞”が浮かび上がって来ると思います。

その他オリンパスのストーカー事件の関連記事。
オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

暴かれつつある集団ストーカー

本も出版されています。
オリンパスの闇と闘い続けて

こちらも参考までに。
集団ストーカーの歴史

阿修羅より。
リチャード・コシミズの洗脳手法

私も、今思えば、この「洗脳手法」に陥ってしまったように思います。
深く検証もしないで真に受けてしまった事が大いに悔やまれます。

飯山さんのサイトより。
リチャード・コシミズ(RK)のベクレた論法
飯山さんは、人工地震説を真っ向から否定されています。
「どうしても人工地震説を吹聴したかったら、広瀬隆のプレート理論を完璧に反駁してから人工地震説を語るべきだろう。」だそうです。

リチャード氏の直近の記事より。
ケムトレイル?

上記記事より抜粋。
「以上のような考察がなされず闇雲に「ケムトレイルだー」と繰り返すのはRK独立党的ではないので、やめていただけるとありがたい。「集団ストーカー被害」と大差ない独善的な主張にしか思えません。」

との事ですが、独立党的?って何でしょうか。
よく分らないですが、そういうものがあったとして、それをネットユーザーが守らなければならない義務はありませんし、そもそもほとんどの人は独立党員でも何でもないのですから、変なルールを押しつけられても困ります。
むしろ、根拠が不確定な人工地震説を吹聴したり、特定の境遇にある人を病気扱いする様な発言こそ問題だと私は思います。

ケムトレイルだと主張している人達を独善的だとも仰っていますが、一般人に本当の事が知らされる事などないから、こうして憶測が飛び交っているわけです。
だからこそ個人や一般人が知り得ない核心的な情報を入手し、調査し、「事実はこういう事なので心配しないでも大丈夫です」とか、「危険ですから注意して下さい」などと“報道”するのが“ジャーナリスト”の役割であり、仕事なのではないでしょうか?
東電を批判せず、放射能被害を心配している一般人を“危険人物”扱いする、
これって、よく見かけるご用学者と同じですよね。

ケムトレイルを撒いている人(航空会社?)を突き止めて真相を明らかにするのではなく、憶測を語る一般人を“独善的”なゴロツキだと揶揄する、
それではただ嫌いな人の悪口を言っている人と同じじゃないですか?
しかも、独立党員の方からも、ケムトレイルは実際にあるとコメントされてますし、もう支離滅裂ですね、この方は。

権力に立ち向かうのではなく、例えば私の様な個人のブログや書き込みを細かくチェックしては(監視・密告要員もいたりして)、自分にとって都合の悪い人物を見つけては口撃をしたり、仄めかしたりされている様な傾向が顕著に見受けられますが、それでは、権力に立ち向かう“正義のジャーナリスト”でもなんでもなく、2chや掲示板に張り付いて、他人を罵倒したり揚げ足を取っている人たちと何ら変わらない様に思います。

コシミズさんの本来の目的は、打倒ロックフェラーとか、打倒ユダ金じゃなかったのですか?
いつの間にか、自分と主張の違う一般人を嘲笑し、統合失調症だとレッテルを貼る事がこの方の目的になってしまっている様に私には思えます。
それこそがカルト的な思考形態だと思いますが。

という事で、このRKという人にはどうもあまり関わらない方が良さそうだと判断しました。
それに精神的にも不快な思いをするだけですし、時間がもったいないので、気にしない事にしました。
ただし、余程目に余る言動があれば、また“反論”させて頂きます。

以上、まとまりなく長々と書いてしまいましたが、情報というのは害にも毒にもなるので、注意が必要だとつくづく思います。
私自身も、うっかり質の悪い偽情報を拡散する事のない様に注意したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する