相模原殺傷事件 血まみれのままコンビニに立ち寄った植松容疑者

既に多くの方も指摘されていて、私も散々ツイートしましたが、相模原障害者施設殺傷事件で、植松容疑者が、犯行後、コンビニに立ち寄り、パン(エクレア)を購入したという情報があります。

【相模原19人刺殺】植松容疑者、犯行直後にコンビニに寄り菓子パン購入、「血まみれの千円札」で支払い パン食べながら出頭か

以下転載。
相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入居者19人が刺殺された事件で、元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)=殺人などの容疑で送検=が事件直後、近隣のコンビニエンスストアに立ち寄り、菓子パンを購入していたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 紙幣には血液が付着していた。精算時の店員とのやりとりに不審な点はなかったというが、神奈川県警津久井署捜査本部は当時の精神状態について慎重に調べる。

 捜査本部の調べでは、植松容疑者は車で施設の近くまで移動し、26日午前2時ごろ内部に侵入して45人を殺傷。同2時50分前後には現場を立ち去り、同3時ごろ津久井署へ出頭したが、直前に近隣のコンビニへ立ち寄っていた。

 捜査関係者らによると、コンビニでは菓子パンを購入し、レジで支払いの際、千円札を渡していた。関係者によると「お札は血まみれだった」という。

 購入したパンを食べながら同署に向かったとみられ、車内には食べかけが残されていた。

出頭前に空腹を感じて購入した可能性があるが、店舗で特異な言動はなく、凶悪な犯行の直後に冷静な行動を取っていたことになる。


 一方、殺害された19人はいずれも首や胴体部分などを複数回刺され、深い傷跡も確認されたことが新たに判明。うち17人は首の傷が致命傷で、強い殺意が改めて浮き彫りになっている。

 捜査関係者によると、植松容疑者は、前日にハンマーや結束バンドなど犯行に使用した物品を買って施設に侵入しており、防犯カメラには職員の前で殺傷に及ぶ姿も記録されていた。

 犠牲者が集中している居住区がある一方、立ち入った形跡がない部屋もあり、捜査本部は襲撃した場所を選んだ理由を調べる。



相模原、コンビニで血洗い流す

以下転載
相模原の障害者施設殺傷事件で、元施設職員植松聖容疑者(26)が神奈川県警津久井署に出頭する直前、コンビニに立ち寄り、手や腕に付いた血を洗い流していたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。津久井署捜査本部は、現場から立ち去った後の足取りを詳しく調べる。

 捜査関係者によると、植松容疑者は津久井署へ車で向かう途中、コンビニに寄ってトイレを利用。手や腕に付着した血を洗った。さらに、洋菓子類を購入。支払いに使用した千円札にも血が付いていた。植松容疑者の車内には食べかけの洋菓子が残されていた。【共同通信】

これは、今更言うまでもなく、誰がどう考えても不自然です。
血まみれのまま車に乗り、そして血まみれのままコンビニに立ち寄ったのですから、その時点でコンビニの店員は、血まみれの植松容疑者を見ているわけです。トイレで血を流したという事ですが、トイレに入る前は、大量の返り血が付着しているわけで、当然、血の付いた足跡も残ったはずなのに、店員は何の異変も感じずに、そのまま会計をすませたという事でしょうか?しかも血まみれのお札を受け取ったのですよね。

これは誰がどう考えてもおかしいと分かるレベルの作り話です。なぜその事に捜査関係者は疑問を感じないのでしょうか。またマスコミも専門家も一切疑問を呈さないのでしょうか?それとも、それには言及しないという暗黙の了解や箝口令が敷かれているのでしょうか。

おそらくそういう事だと思います。そうでなければ余りにも不可解。
施設やコンビニの防犯カメラの映像も一切出て来ないのは何故でしょう。

やはりこの事件は偽旗、捏造です。
若しくは、単独犯ではなく、組織的な力が働いていた。

この捏造事件をなぜ起こしたのかと考えると、やはり、措置入院制度の見直し、法改正、GPS埋め込み、警備や防犯利権の拡充、といった事が考えられます。

そもそも40分の間に45人も殺傷するとしたら、無差別に、手当たり次第に襲わなければ無理だと思います。というよりも、無差別であっても無理だと思います。ところが、報道によれば、特定の入所者を狙っていたのだとか。

特定の入所者の名前呼び襲撃 45人殺傷

職員が縛られて拘束された事に付いても、やはり多くの方が疑問を感じているのですが、その事についてもマスコミは疑問を抱かないのでしょうか?

入居者、ベッドに横たわったまま出血 職員は縛られ拘束

<相模原殺傷>当直職員5人縛る 容疑者、計画性裏付けか

上記記事より抜粋

・通ったエリアを担当していた6人の当直職員のうち5人が結束バンドで手すりなどに拘束される

・残る1人は凶行のさなかに施設内で身を潜め、LINE使って非番の同僚に助けを求める

・植松容疑者は26日午前2時ごろ、東側居住棟1階の個室の窓ガラスを割って施設内に侵入

・次々に刃物で入所者を刺し、西側居住棟1階、同2階を通って西側管理棟2階から2時50分ごろ逃走

・侵入から約50分の間に26人のけが人を含めて45人が襲われた

・施設内の防犯カメラには、植松容疑者が2時15分ごろ東側居住棟1階を移動する様子と、2時45分ごろ西側管理棟2階正面玄関近くにいる様子が映っていた。

・当日の施設の当直職員は8人。東西の居住棟の1、2階に2人ずつが配置され、支援員室に詰めていた

・植松容疑者は東側居住棟2階を除いたエリアを移動、通ったエリアには計6人の職員がいた

・東側居住棟1階の女性2人▽西側居住棟1階の男性2人▽同2階の男性1人が縛られた

・女性2人は後頭部と顔を殴られた

・拘束を免れた男性の当直職員1人は、施設内で隠れながら、ラインを使って非番の同僚に「すぐきて、やばい」と助けを求めていた

・同僚が、助けを求めた当直職員に電話をすると、この職員は小声で「大変なことが起きている」と伝え、電話を切った。

・同僚はすぐに110番した。2時38分で、事件で最初の通報

・2時45分に別の当直職員が「ナイフを持った男が施設に来て人が刺された」と110番(引用終わり)


これも何度も指摘していますが、結束バンドで拘束されても、口は塞がれていなかった訳で、大声で助けを呼んだり、異変を知らせるなどの対応はできたのではないかと思います。それとも、不審者が侵入した時の訓練や、非常時の対応マニュアルなどはなかったという事でしょうか?であれば施設の管理体制にも切り込まなければならない話だと思います。手紙の分析や容疑者叩きにばかり終始するのはいかにも不自然。

それと、侵入から40分後にLINEで連絡というのも何となく作り話の様に思えます。

相模原事件、容疑者父親が説明会で謝罪コメント

これにも違和感を覚えます。

戦後最悪の事件とマスコミがこぞって植松容疑者の異常性を強調していますが、そうであれば、その父親が直接生徒や保護者に説明したり謝罪をするはずなのに、校長が代理で謝罪というのもどうなのかと思います。

しかも子供を教育する立場の教職員でもあるわけで、当然、自分の子供である植松聖容疑者の人格形成においても無関係ではなく、親としての責任も厳しく問われて然るべきではないでしょうか。

本人がきちんと謝罪し、氏名や学校名なども公表した方がいいのではないでしょうか?何と言っても戦後最悪の事件なのですから。

それをスピンする為なのか、母親がホラー漫画の作家だという話題が降って湧いたかの様に出てきました。多分、母親のセンセーショナルな話題を振りまいて、父親の方に注目が向かない様に、目を反らそうとしている様に思えます。

マスコミは、植松容疑者の性格や思想、人格の異常性にばかり固執していますが、父親にもきちんと言及と追求をして欲しいと思います。子供は一人で育つわけではなく、親の育て方、思想などの影響を多分に受けます。なぜ教師である父親の事はあまり報じないのか、そうした恣意的な報道姿勢が、この事件に対する報道の不自然さに更に拍車を掛けている様に思います。

植松容疑者が措置入院をした際には、当然両親にも連絡が行くはずで、両親が面会に来ているのではないですか?それなのに、その後でこの様な異常行動を起こしたと言うことでしょうか?そうであれば、自分の息子の異常行動さえ止められなかった人物が、教師として教壇に立ち小学生を指導しているのですから、その学校に子供を預けている親御さんは、さぞかし心配な事でしょう。ましてや担任のクラスであれば尚更。校長の代理謝罪だけで済む話とは到底思えません。

そもそもその学校が実在するのか、その父親が本当に学校の教師なのか、そういう所も疑わしいと思います。なので、実在するのであれば、しっかりと公表するべきではないでしょうか?何と言っても戦後最悪の事件なのですから・・。

以下は、同じくこの事件が偽旗だと指摘しているサイトです。

津久井やまゆり園大量殺傷テロ事件には多くの疑問が残るのに、神奈川県警もマスコミもまったく言及しない:日本を乗っ取っている勢力に監視されている証拠ではないか

障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた大量殺人事件は偽旗。その目的は何か。

やはりヘイトクライム関連法案の立法が狙いの一つであるのは間違いないと思います。なので、殊更に障害者差別を強調しているのです。これは危険な流れですから、今後も目を話さずに注目していく必要があると思います。

下のリンク先は、マスコミがプロパガンダ機関である事がわかりやすく説明されています。

マスコミ業界の中心にいる電通 ~なぜ、こんなに力を持っているのか~

一言で言ってしまえば、マスコミは民衆の洗脳機関なのです。

マスコミと言えば、今回の事件では海外の動向も気になる所です。

相模原事件、海外メディアも速報 「異例の事件」

世界支配層発の、口うるさい日本人を措置入院で黙らせろ、、という指令の下、一斉にこの日本に狙いを定めて来ているのだとしたら、非常に不気味です。

下の動画の中で、外国人レポーターの姿が映っていましが。随分と素早い対応に違和感を感じます。もしかしたら、この偽旗もCIAのプロデュースなのでしょうかね。



この中に防犯カメラに映った植松容疑者の姿がありますが、少し奇妙な映り方をしているので、後ほどまたスクリーンショットを掲載させて頂きたいと思います。


それにしても、日本は独立国家ではないのだと、つくづく思い知らされる今日この頃。日米合同委員会とか日米地位協定とか、そういうものに縛られていて、民衆がそれに逆らえる様なシロモノではないのです。そう考えると救いようがなく、八方ふさがりの様な気もしますが、少しずつでも事実を明らかにしていく事で何かが変わるのではないか、少なくとも私はそんな風に考えています。

世界各国での嫌がらせ(平成24年11月更新)

以下一部転載させて頂きます。
アメリカは在日朝鮮人や創価学会を利用して日本を支配してきました。

また、北朝鮮出身の教祖率いる創価学会は日本を乗っ取る為の手段として政治、警察、司法、マスメディアなどの色々な分野に学会員を潜入させています。これを総体革命といいます。

そして今、アメリカが中国に莫大なアメリカ債権と引き換えに日本の所有権を引き渡したと言われています。今日本には中国人が凄い勢いに移住してきています。彼らは日本人よりも安い授業料で大学の授業を受け、生活費も支給されているようです。


今回の記事の趣旨とは少しずれますが、私の周囲に中国人が増えている事、そしてその中国人達は、例外なく付きまとい行為をしてくる事。その理由がわかりました。

日本の所有権が中国に移った。
やはりそういう事なのだと思います。

今後もそうした移住者が、日本人に対して秘密工作(集団ストーキングなどの違法活動)をしやすくする為の偽旗だったのでしょう。

つまり、

被害者からの批判や追求を交わす為の措置入院制度の見直し

特定の民族や宗教団体、個人への違法行為に対する批判を、「ヘイトスピーチ」や「民族差別」にすり替え、ヘイトクライム法で罰する
.

そういう狙いがありありと窺える「偽旗」事件だった様に思います。
関連記事
スポンサーサイト