慰霊の園と生犬穴

引き続き、日航機墜落事故にゆかりの地をGoogleEarthで辿ってみたいと思います。ゆかりの地・・という言葉はこの場合、適切ではないかも知れませんが、何となく使いたい気持ちになりました。

今回は、前回紹介しきれなかった慰霊の園と生犬穴(おいぬあな)について。

慰霊の園は墜落現場の慰霊塔から、おおよそ北に位置しています。


真上から見るとこの様な場所に建てられています。


ストリートビューで歩いてみると・・・(園手前)


監視カメラ?でしょうか。


慰霊の園入り口。



本来ご遺族の元に帰り供養されるべきご遭難者の遺体の一部が行方不明処置となり、上野村に骨壺の形で残される事になりました・・との事。


身元が確認できないご遺体(の一部?)が、ここに安置されているという事でしょうか。

以下、一般公開で投稿された写真をお借りしています。

園内に入ると、どこか物悲しい雰囲気。







黄色い枠で囲った部分が納骨堂入り口


慰霊塔正面


御巣鷹の尾根に向かって合掌する形の慰霊塔が精霊をお守りしている・・


ピラミッド型の様にも見えます。



そして納骨堂入り口



納骨堂内部

画像は下記よりお借りしました。
慰霊塔、慰霊の園■毎日グラフ

慰霊塔、慰霊の園

■完成した慰霊塔は高さ11m 総重量250トン
 福島県船引町産の白御影石 210個積み上げ
■香川県庵治で表面加工する半田氏11軒の石屋を総動員した

こうした大仕事には、指導力のある指揮官が必要だ。その点、「黒沢村長ほどふさわしい人はいない」と半田氏。四十余年前の海軍兵学校出身で、ゼロ戦乗りの空軍少佐だっただけに、大惨事の指揮官にピッタリの人。「その体験が生きた」。

(引用終了)

深い意味はありませんが、石屋、海軍兵学校出身、ゼロ戦乗りの空軍少佐・・というのが、個人的には少し気になりました。

それと、今回この慰霊の園を少し調べて見ようと思ったきっかけになったのが、下のリンク先の記事です。

日航123便事件の真相 ・・・ 上野村へ

日航123便事件の真相 ・・・ 上野村へ

ところが、解決の道もある。慰霊の園が殺生石で封印されている。それで、当方が切り札として投入されている。 (123)

日航の経営状態もだが、日航ジャンボ123便の根本的な原因は目に見えないところ、600年前の「殺傷石」にあります。那須野で滅んだ九尾の狐の金毛が飛んで霊となったものであり、九尾の狐が殺生石に化けた。

慰霊の園で、無縁仏123壷が入っていますが、その前にあるのが、なんと「殺生石」です。これが生犬穴の高天原に設置されていることにより、日航の殺生、日本の殺生、人類の殺生、といった具合に呪いが掛けられている状態です。

呪いを掛けているのは外国の悪といわれる地球外の搾取体ですから、手ごわいです。対抗できる地球勢力は神人に限られます。
それで、当方がぎりぎりの時間で救世主として投入されているということです。

この、呪いを解くことにより、人類が救済されます。闘いは目に見えないところに仕掛けられていたのです。確かに、慰霊の園の石も右側だけが血べったりの色になぜか変色しています。この手の呪いは、地球連合の神力でなんとか解くことも可能です。早速、とりかかってみたいと思います。

別の説明をすると、やはりイスラエル封じだ (123)

慰霊の園の未確認遺体破片123壷の出入り口は契約の箱の出入り口と酷似している。※画像はwikiより。
      

慰霊の園の無縁仏入り口が厳重に封されており、この前に、殺生岩が2個とF-19ステルス機型岩が1個置いてある。

イスラエル(日本)封じ=神封じ、ということになる。
と言うのが、誤撃 撃墜した123便で想定外に多数の生存者が出たのはこれもまた龍神・山神の成せる業だろう。


(中略)

上野村に行ったらなるべくテンプラを食べた方がよい (123)
2010-06-25 09:16:57

高エネルギー下で、ヒヒイロカネの元が出来、人体内の赤血球を中心とした鉄分がヒヒイロカネになり、健康になるため、上野村界隈を通った際には、必ず、食事等をした方がよい。癌等は特に治る。

今後、外国の悪の勢力により、来年の6月にかけて、ますます、イスラエル(日本)人が不健康な、毒な状態に誘導されていくと予想される。権力、マスコミが総動員されるため、99.9%程度までが死にミタマになってしまうだろう。

しかし、こうした、古来あたりまえだった、超健康法を活用すれば、0.1%程度の人は生き残れるだろう。大サービスで古来の知恵を記載させていただいたが、せめて0.2%程度の人には生き残って貰いたいというのが当方の希望であります。

(中略)

間違いなく悪意を持つ組織が動いている筈である。そして現場管理人もグルであることくらいは想像できる。

(中略)

そこで思い浮かぶのは、前後のコメントから彼は天孫族の末裔ではないか・・との推測。(いつも助言して頂いてるコメント氏からの助言による推測。)これが事実であるなら、吉野氏はかなりの血筋の方ということになる。

そして最近のコメントから、彼が主と呼ぶ誰かの指示でコメントや行動を起こしている事が分かっている。その血筋の家系の組織的な行動であれば、説明がつく。本当の天皇家の血筋である可能性だ。(現在の天皇家は途中で入れ替わっている可能性が高いらしい)これに関してはまだまだ調査が必要だが、かなりのところまで説明がつく。

また、この辺りの水や産物は非常に体に良いという話を良く話していたそうだ。

(転載終了)


この123氏のコメントは非常に興味深く、特に以下の部分などは、記載された日時(2010年06月25日)から考えても、まるで311以降の日本の混乱と危機的状況を暗示しているかの様な内容です。

今後、外国の悪の勢力により、来年の6月にかけて、ますます、イスラエル(日本)人が不健康な、毒な状態に誘導されていくと予想される

そう言えば、私への集団ストーキングが表面化したのも、確か2010年です。時期的にもぴったりと符合します。見えない世界の事が、その様な形として現れていたと考えると、なるほど、そういう事だったのかと腑に落ちます。だから、ストーキングしている人物を見ても、人間離れしていたりするのでしょう。

ただ、イスラエルが日本という記述には、かなり反発される方もいると思います。日本人がイスラエル人だなんて、冗談も休み休み言え!と猛剣幕で叱られそうな気もします。

ただ私は、そこにはあまりこだわりはありません。そうであってもなくても、ただ事実を知りたいだけなのです。今分かっている事が全て正しいとは限りません。人間の浅はかな知識や経験だけでは推し量ることのできない大きな力が働いている、そして人間には知り得ない世界が存在していると思います。

この123氏のコメントを信用するかしないかは、読まれた方それぞれにご判断頂くとして、私も、この世あの世の管理人様同様、全て荒唐無稽な与太話と、一笑に付す事も無視する事もできません。

特に地球外の搾取体であり、人間でないものの仕業という主張には、深く同意します。日頃から私のブログやツイートなどを読まれている方には理解して頂けると思いますが、そういうものが関与しているのは、ほぼ間違いないと確信しています。搾取体=エネルギーヴァンパイア、あるいは人喰いの様な者達だと思います。

因みになぜ天ぷら?と思いましたが、それにもちゃんと意味があった様です。

インリ~狐と油揚げ

天に上るための油を注がれた者
そういう意味があったとは・・。

この記事にある様に荼吉尼天や稲荷神社、密教などの由来を辿っていくと、そこに奉られている神体や意味を知らずに、安易に参拝したり崇拝するのは危険なのだなと、改めて思います。

九尾の狐や殺生石について、以前この様な内容の記事を書いています。
イネガティブETや動物霊による憑依

色んな事が繋がって来ます。

さて、慰霊の園を後にして生犬穴に向かいます。

この様な場所なのですが、ブルーのシートの様なものが見えます。“着地”できない為、周辺の様子は分かりません。







※画像は下記リンク先よりお借りしました。

生犬穴(おいぬあな)

生犬穴(おいぬあな)

(指)国指定天然記念物(昭和13年12月14日指定)
(在)多野郡上野村乙父
(管)上野村

以前はオオカミが住んでいた穴として知られ ており、そのためこの名がついたといわれてい る。広さ4畳半ほどの小洞としか知られていな かったが、昭和4年地元の青年達により、さら に奥へ約80㍍あることが確かめられた。当時洞 内には多量の獣骨が山積みしていたといわれて いる。現在では、約450㍍の奥行があることが確 かめられている。本洞は標高約1000㍍にあり、 大きく4段に下る縦穴鍾乳洞で、最奥部までは しご等が設置され行くことができるが、急に通 路が狭くなる所があり注意が必要である。

秩父 古生層南帯の石灰岩体が空気中の二酸化炭素を 含み弱酸性となった地下水に溶食されて空洞を 形成したものであり、この岩体は不二洞を形成 しているものと類似した層準にある。内部の名 称は、地元の有志と県の文化財調査員により、 高天原、天の岩戸、生犬の場等神話や生犬穴の 伝説にちなんで命名されている。村の保存会が 入口の鍵を保管している。

(転載終了)



多量の獣骨が山積みしていた・・


本当に獣骨だったのでしょうか・・ ・・ ・・

本当にオオカミなのでしょうか?

慰霊の園の先にこの様な場所があるのも、何となく気になってしまいます。

ですが、多くの方が犠牲になられた“事故”ですから、今回はあまり余計な事は考えない様にします。

せっかくなので少し他の場所も見てみます。

これは何かの資材置き場でしょうか?



国指定重要文化財黒沢住宅


中々風情のある建物。屋根に置かれているのは瓦ではなく石でしょうか?


この、国指定重要文化財というのも気になります。


こうしたのどかな場所ですが、様々なドラマ(または陰謀)が展開されているのかと思うと、なかなか複雑な心境です。


遠くに見える富士山が神々しい。


という事で、この事故には、未だ解明されていない謎や疑惑が残り、真相は闇の中。

「123便事件の不可解を写真からみる①」

下記リンク先より、重要箇所を抜粋して転載します。やはり123氏のコメントが鍵となるのでしょうか。統一教会の話も出て来て、これは!と思いました。自分の被害(集スト)とも無関係ではないので。こちらの管理人様は、頭ごなしに集ストを否定される様な狭量な方ではないので、その点においても信頼できる方であると思います。

日航123便事件の真相・・・123氏のコメント 1/4

御巣鷹の尾根にはキリスト教関係の方々の墓碑がやたらと目に付くが、直前にも統一教会気をつけるような通達が (123)
2009-10-17 14:51:25

統一協会問題キリスト教連絡会

[そこで日本のカトリック司教協議会は、1985年6月22日付で声明を発表し、統一協会の危険性を指摘した上で、この団体に関係する会合や運動に参加することがないように呼びかけています。
他の国々のカトリック教会も、この問題に対し早くから適切に対応しています。
フランスのカトリック司教協議会は、統一協会の危険性について1975年に警告書を出しており、パナマの司教会議は、同一の立場から司牧書簡を発表しました。
書簡には統一協会の実態が的確に記述されています。
また1976年12月28日に、ニューヨーク大司教区が、米国のユダヤ系委員会、全米教会会議と共同声明を出し、統一協会は反キリスト教的・反民主的であると断言しました。

さらにこれまで、世界各国のカトリック教会の指導者たちが、統一協会が主催する会合への出席や諸活動への参加に強く反対しています。]


統一教会がカトリックを襲撃してますね。JAL123便と同じ構図ですね。
御巣鷹のマザー○○が見たらどう思いますかね。
(123) 
2009-10-17 16:14:48

久々にプラズマ態が見えた (123)
2009-10-24 13:07:17

やはり、フィラデルフィアに酷似していると思います。
おととい、登山したところ、1秒足らずですが、プラズマ状態で見えたと思われる中年男性の乗客が立っていたのが見えました。
あのリアルさはどこから来るのか理解できませんが、普通に人の気配を伴いますのでテクノロジー兵器で送られてくるホログラムではなく本物であることは間違いないと思われます。

あまり怪我をしていませんでした。
夜間に殺された方だと思います。無念の情がすごかったです。
あまり怪我をされていない人がプラズマ状態で見えるというのはフィラデルフィア的なことが発生しているということになります。
夜間に、あの辺に立っていた人が、現代の時空で見えるということになるように察せられました。
極短時間しか時空がつながらないのが難点です。乗客から窓の外に何が飛んでいたか直接聞いてみたいものです。



高浜機長は延岡生まれ (123)
2009-10-25 17:14:52

日航ジャンボ123便の高浜機長は宮崎県延岡生まれです。
高千穂の高天原の生まれです。

多忙の中、家族旅行で上野村(生犬穴(おいぬあな)の高天原)を訪れ、「よいところだ。また来たい」と絶賛していたエピソードがあります。

日航ジャンボ123便機長として軍機との戦いの後、高天原山で姿が見えなくなりました。時期が来るとフィラデルフィアの生存者のような感じで出現すると思われます。

なんともいえぬ巡り会わせといえます。(ちなみに慰霊の園は生犬穴(おいぬあな)の高天原にできました。


出し切ってはだめだと神示に書いてあります (123)
2009-11-02 13:39:56

一二三神示によれば、出し切ってしまうとだめだ、といったことが書かれています。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/9932.jpg
のオレンジエアはテレビ報道での中継中にもヘリであげているところが映っていたオレンジエアですね。


ドラえもんが安全姿勢(泣) (123)
2009-11-02 15:21:41

http://www.youtube.com/user/123ja8119osutaka#p/u/1/fm_sEpTrp8U(リンク切れ)のように、飛行中の乗客のかたちに現地の物がなっています。

核物質も放射線が測れません。

よって、なんらかの体が見えなくなってしまうような新兵器なのではと思われます。4次元に入ってしまうとか・・・。

ドラえもんの遺品?青いドラえもんがつるんつるんに。素焼き状のものの塗料が吹き飛ぶように内側の空気が一瞬のうちに膨張したことになります。


ヤマト運輸で上部テープが張替え (123)
2009-11-11 18:09:40

例のものを成分分析のため、とあるところへ輸送した箱を見たのですが、例のモノが無くなっていました。透明テープで梱包したところが、上部のテープが白ガムテープになっていました。
要は、ヤマト運輸で輸送中、抜かれたということです。

現地にたくさんあるものだからよかったようなものの、ヤマト運輸は信用ならないということになります。


所沢の自衛隊か米軍の車 (123)
2009-11-16 09:10:10

当方の倉庫のまわり(大宮ナンバー地域)をいつもうろうろしている十数台のうちの1台です。

もちろん、米軍関係ならば民間又は企業の所有になっていると思われます。


62-2-JA8119.pdf (123)
2009-11-20 14:27:21

調査報告のどこを見るでしょうか。
そうです。「正誤表」ですね。

写真を撮った方は、プロカメラマンレベルですから、誤った記載をしているということは、そこで情報をながしているということになります。

あからさまなアメリカ軍人を「ロッキード」と指摘しているのですから、アメリカ軍のロッキード社の軍機が撃墜されたことを誤った記載を通して指摘しているわけです。

単なる嘘、誤りと見るか、内部情報をリークしていると見るかにより、成果が大きく異なってくると思います。


まさか警視庁派遣部隊のヘリなんか落ちてませんよね (123)
2009-12-09 16:11:04

http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-genba1.htm
の「広島県警みやじま」色のオレンジ破片と青に近い空色の残骸が山体に突き刺さっていますが、まさかと思いますが、警視庁派遣部隊のヘリが落ちているなんてことはありませんよね。
警視庁派遣部隊がやられたので「みやじま」や「おおとり」が来たんでしょうか。
「警視庁派遣部隊」の大き目の石碑が御巣鷹の尾根にあります。


おろしやにあがりておりた極悪の悪神、愈々神の国に攻め寄せて来るぞ。 (123)
2009-12-15 17:43:42

日の出の巻 第07帖 (220)
おろしやにあがりておりた極悪の悪神、愈々神の国に攻め寄せて来るぞ。北に気つけと、北が愈々のキリギリざと申して執念(くどう)気つけてありた事近ふなりたぞ。神に縁深い者には、深いだけに見せしめあるのざぞ。
  
国々もその通りざぞ、神には依怙(えこ)無いのざぞ。ろしあの悪神の御活動と申すものは神々様にもこれは到底かなはんと思ふ様に激しき御力ぞ。臣民と云ふものは神の言葉(こと)は会得らんから悪神の事に御とつけるのは会得らんと申すであろが、御とは力一杯の事、精一杯の事を申すのであるぞ。何処から攻めて来ても神の国には悪神には分らん仕組致してあるから、心配ないのざぞ、愈々と成りた時には神が誠の神力出して、天地ゆすぶってトコトン降参ざと申す処までギュウギュウと締めつけて、万劫末代いふ事聞きますと改心する処までゆすぶるから、神の国、神の臣民 心配致すでないぞ、心大きく御用して呉れよ、何処に居ても御用してゐる臣民助けてやるぞ。十二月六日、ひつ九か三。



日航123便事件の真相・・・123氏のコメント 2/4

Unknown (123)
2009-12-23 18:16:14

興味深い記事がありました。<以下引用>丁度、1985年の3年後に全て撤去されている!!!日本の航空自衛隊も AIM-4Dを導入しようとしたが、アメリカが輸出を許可しなかった。このため、日本独自のAAM-2を開発したが、完成目前でアメリカが輸出を許可したため、結局AIM-4Dを導入することになった。恐らく、日本は当時戦争はしていなかったので、「ほら、凄いでしょ?正確に垂直尾翼を狙って命中している。凄い誘導性能だろう?是非、日本のAIM4を買って下さい。」という、アピールのための、ジャンボ狙撃だったのだろう。

そう、つまり、「航空自衛隊がジャンボを墜落させた」のだ!横田基地辺りから、1機の戦闘機を隠密にスクランブルさせる。そして、これは自衛隊の中でも極秘中の極秘で、極数人にしか知らされていないシークレット作戦だったのだろう。


自衛隊が自衛隊機を運び出していた (123)
2009-12-25 15:08:46

昨日、泊りがけで取材に行ってきました。自衛隊が自衛隊機を運び出していた証言が取れました。出てきている物証、川奈会談でロシアへ北方領土返還を迫ったことからも、日本天皇自衛隊、ソ連が起こした226事件類似の事件であるといえます。アメリカは落とされた側です。

下田はロシアのような気が・・・ (123)
2009-12-25 15:32:02

下田は、どう見ても日本の中のロシアです。

御巣鷹から自衛隊が自衛隊機を運び出していた (123)
2009-12-26 09:23:14

上野村に泊りがけで取材に行ってきました。8月13日の早朝に、自衛隊が自衛隊機残骸を御巣鷹から運び出している地元の目撃証言が得られました。米軍の救助を断ったり、生存者に核ミサイルを撃ち込んだり、落ちた自衛隊機を運び出したり。自衛隊の動きは大変きな臭いです。226事件類似の軍事クーデターです

翌日早朝の写真をみますと (123)
2009-12-28 18:05:48

翌日早朝8月13日の写真を見るだけでも、ジャンボ以外の場所で木々が倒れているのが容易に確認できます。軍機も、そういったところからも出ます。また、警視庁ヘリ残骸の近くの岩が「X岩」という名前がついていて、警視庁の墓ができています。226事件を参考にすれば、このヘリで5名程度の警視庁からの救助の方が殉職されていると推測されます。

そもそも、226事件の時の畑和2等兵が日航ジャンボ123便の時に埼玉県知事だったのだから、日航ジャンボ123便爆破撃墜は226事件酷似で当たり前だ。 (123)
2009-12-29 13:46:38

日本軍部系の愛国だかなんだか知らないが226事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/226%E4%BA%8B%E4%BB%B6
及び、日航ジャンボ123便爆破撃墜を起こすような人たちこそ日本人のためにならない。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10455.jpg  
第 2次世界大戦で日本軍部が立てた作戦は、玉砕にしろ特攻隊にしろ住民集団自決にしろ日本人虐殺作戦だった。


先日もコメントに書いたと思いますが再掲します。 (123)
2009-12-29 14:22:47

警視庁の墓には繰り返し、当方費用で献花していますが、これを自衛隊が執拗に持ち去ります。こうした、非人道的行動からしましても、日航ジャンボ 123便は226事件酷似の自衛隊武装蜂起であったことの状況証拠となります。第2次世界大戦で日本軍部(226事件の人たち)が立てた作戦は、玉砕にしろ特攻隊にしろ住民集団自決にしろ日本人虐殺作戦でした。

結局のところミグです。 (123)
2009-12-30 09:13:38

犯人はミグです。ソ連と自衛隊の一派が226事件のようなかたちで武装蜂起したのが123便爆破撃墜です。「ソ連」「ミグ」無しの情報は全くもって無意味です。「ソ連」「ミグ」「自衛隊」「226事件」といった界隈の話です。

GPS情報を開示するのも断固拒否します。 (123)
2010-01-01 10:01:27

自衛隊さんですか。あなたがたは、当方の行った場所で執拗に残骸を発掘されています。先日は、あからさまな殺人者2人組を投入して当方を殺そうと試みました。難を逃れましたが。GPS情報をもとに、埋まっている残骸を掘り起こして証拠隠滅しようという魂胆が見え見えです。自衛隊は日航ジャンボ123便の事実を開示しなさい。

すでに複数調査機関の方に現場ミサイル等確認していただきました (123)
2010-01-04 12:20:29

自衛隊部隊というのはhttp://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10501.jpgのような「旧帝国憲兵隊」のところが日航ジャンボ123便隠蔽のため動いていると観察できます。当方では、すでに複数調査期間に対し、当方の予算で現場ミサイル等を案内させていただいています。「体調面や金銭面」ですか。笑わせる断り文句ですね。今日にでもいけるところに、なぜいけないのですか。すぐにでもご案内可能です。場合によっては、核ミサイル弾頭も掘り出すことが可能です。

自衛隊もですが「公安のゼロ」というところも妨害に参加していますね (123)
2010-01-04 09:56:58

小さな目は見た、の本は群馬県立図書館に蔵書されています。オレンジエアにつきましては、8・12連絡会の書籍、茜雲20集、105ページにも遺族の方がオレンジと書かれています。茜雲20集105ページにご遺族の方もオレンジ色と記載
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10500.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10499.jpg


当方が国道299号から相木へ行きました。 (123)
2010-01-06 11:45:39

1/5 17:00ですか。(笑)その時間、当方が、御巣鷹を下山し、十石峠から相木に向かいました。もちろん、南相木に大部隊がちょうど来ていました。なるほど。予期できぬ動きの場合はそんな急行の仕方をするのですね。その後、馬越峠を超えて、三国峠方面へ行きました。梓山を2:00頃出て、中央道、圏央道経由で6:00頃、埼玉に着きました。民間人相手に軍扱いで殺しにかかってきますからね。軍国主義反対です。

基本的に指示されたところに行って妨害を行うだけなので真実等はご存じないかと思われます。 (123)
2010-01-07 16:32:47

結構雪が積もっています。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10537.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10538.jpg
この雪の中でも、毎日、旧日本軍部系隠蔽部隊によるミサイル破片拾いの隠蔽が行われています。カネで動くどうしようもない人間たちです。それより、慰霊の園の方が業務中に手に怪我をされました。謹んでお見舞い申し上げます。


日航123便事件の真相・・・123氏のコメント 3/4

高天原山の宝の場所 (123)
2010-01-17 12:45:22

高天原山の宝の場所がわかりました。
ユダヤ関連の宝になります。
・北緯 36度0分9.49秒 東経138度42分8.1秒 付近の折れた大木付近
・北緯36度0分5.19秒 東経138度42分31.6秒 付近の垂直尾翼型の岩付近



日本の軍政化を夢見る人たちには公安のゼロも暗躍しています (123)
2010-01-22 11:49:37

日本の軍政化を夢見る人たちには「公安のゼロ」も暗躍しています。日航ジャンボ 123便の御巣鷹からも8月12日の夜には公安のゼロと見られる乗用車が出てくるのが目撃されており、日航ジャンボ123便撃墜には「公安のゼロ」が実行部隊として関与したことが状況証拠として浮かび上がってきます。日本を破壊し、日本の軍政化(北朝鮮奴隷国家化)を推進する「公安のゼロ」は取り締まっていかなければなりません。

背広姿の二人組乗車の2000CCクラスの乗用車が立ち去るのが、民間の捜索隊によって目撃されている記述が、米田憲司著『御巣鷹の謎を追う』にあるので、以下に引用します。 (123)
2010-01-22 15:13:56

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak33/msg/554.html
投稿者 高原レタス 日時 2010 年 1 月 22 日 14:06:09: YfLz9uCibEWek

1985年8月12日午後9時過ぎ、JAL123便の墜落現場が特定されない時刻に既に、御巣鷹の尾根付近「中ノ沢」で車体の色は定かではないが、背広姿の二人組乗車の2000CCクラスの乗用車が立ち去るのが、民間の捜索隊によって目撃されている記述が、米田憲司著『御巣鷹の謎を追う』にあるので、以下に引用します。

「さらに林道を奥に行った。すると、今度は手持ちのサーチライト状の光が谷あいの闇の中で動くのが見えた。少し時間がたってから、背広姿の二人の男が乗った2000CCクラスの乗用車とすれ違った。……何も言葉を交わさずに立ち去る乗用車の二人について、『明らかに村の人とは違う』と語っている。

乗用車のナンバープレートは見ていない。では、何者だったのか。……墜落現場が長野側だといって捜索している時に、2000CC級の車が地元の案内もなしに21時の段階で中ノ沢に入っていることは、墜落現場が群馬側の御巣鷹山の南南東の尾根であると分かっていたとしか考えられない」。


思想取締り警察として動く日本の公安や警察は、まるで中国の公安みたいですね。ナショナリストと警察が足並みをそろえて国民の思想監視を行うようになると、戦前のような言論弾圧国家・統制国家が始まります。 (123)
2010-01-22 15:45:20

思想取締り警察として動く日本の公安や警察は、まるで中国の公安みたいですね。ナショナリストと警察が足並みをそろえて国民の思想監視を行うようになると、戦前のような言論弾圧国家・統制国家が始まります。
http://www.the-journal.jp/contents/shinoda/assets_c/2009/11/091118shinoda2-thumb-800x553-712.jpg
渡辺文樹監督再び逮捕。公安の狙いは一体何か
http://www.the-journal.jp/contents/shinoda/2009/11/post_35.html



そこではなく鴻巣免許センターの話ですが (123)
2010-02-02 16:59:14

>それと、記事中に運転免許センターとありますが、自動車の運転免許センターであれば、この辺りにはありません。↑熊谷軍産基地近くの、旧熊谷陸軍飛行学校、米陸軍第43師団進駐軍の跡地ではない広大な鴻巣免許センターの実施試験場ですが飛行場に使える広さと路盤の強さがあります。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E9%B4%BB%E5%B7%A3%E5%B8%82&sll=36.5626,136.362305&sspn=10.528298,19.665527&brcurrent=3,0x6018d283f935765f:0x95f90b6913d8b93,0&ie=UTF8&hq=&hnear=%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C%E9%B4%BB%E5%B7%A3%E5%B8%82&ll=36.069338,139.521496&spn=0.002589,0.004801&t=h&z=18


当方前で連日妨害をしている民間を装った部隊トラックです。 (123)
2010-02-18 19:33:29

当方前で連日妨害をしている民間を装った部隊トラックです。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/226.jpg



ある隊員は、証拠に残らない薬品の入ったガラスの分厚いビンを各生存者の周りに巻き、投げつけ嘔吐、窒息死させ、ある隊員はぴんぴんしていた生存者を器具で皆で抑えてけ、火炎放射器で焼きはらったのです。 (123)
2010-02-22 11:19:07

ある隊員は、証拠に残らない薬品の入ったガラスの分厚いビンを各生存者の周りに巻き、投げつけ嘔吐、窒息死させ、ある隊員はぴんぴんしていた生存者を器具で皆で抑えてけ、火炎放射器で焼きはらったのです。

その焼いた人間の中には首を更に切断されていた元生存者も居ました。それから、5人目の生存者はあまりにもピンピンしていた為、そのまま連行され今でも監禁されています。そして最後の米軍からの支持は、16時間後に救助に向かうように命令され、そのため自衛隊が情報を総作させ他の救助を遅らせました!全ては公安管轄の支持の元!!

その場に居た自衛隊員たちにも証言して欲しくなかったのもあり、ある隊員はベルトに巻かれて動けなくなっている元気な生存者をアーミーナイフで大丈夫ですかと楽しそうに笑いながらベルトに沿いながら腹部を裂き死に至らしめ、

その間100名以上は生存者が居たって言っていましたが、ある自衛隊の人がまだ山を登るなとの命令を無視して救助に向おうとした際に射殺されたと報道していましたが、

苦しんでいる乗客には目もくれずに、何やら黄色い塗料の付いた部品を横一列になって自衛隊の人たちと海兵隊の連中とで拾い集めて、さっさと皆、下山したと云うことです!


飯塚訓著『墜落遺体』の227ページには、「遺体を安置した藤岡市民体育館『A列8番』の棺には、首からスパッと切断された幼い幼児の頭部が眠っていた」とあり、「顔面頭部にはほとんど損傷もない。顔などはかすり傷一つないようにきれいだった」とあります。切断されたの (123)
2010-02-22 14:37:08

飯塚訓著『墜落遺体』の227ページには、「遺体を安置した藤岡市民体育館『A列8番』の棺には、首からスパッと切断された幼い幼児の頭部が眠っていた」とあり、「顔面頭部にはほとんど損傷もない。顔などはかすり傷一つないようにきれいだった」とあります。切断されたのかも知れません。

集団ストーカー「ガスライティング犯罪」は今、日本国、中で拡大しています。 (123)
2010-02-24 11:57:52

集団ストーカー「ガスライティング犯罪」は今、日本国、中で拡大しています。このいやがらせは歴史的に有名なMKウルトラ計画とCOINTELPROから派生し、それを洗練させたものです。被害者はストーキングされ、自宅と会社に侵入され、家財道具を破壊され、当人に纏わる悪い評判をたてられます。


今日のガスライティング犯罪、計画はより巧妙なものになっていて、ターゲットが犯罪を訴えようとすると、精神病者のレッテルを張られます。家財道具の窃盗と破壊は常に警察が調査できない程度の低い水準に抑えられています。警察はいつも精神医に「助け」を求めるよう言ってきます。こういったハラスメントを行うための技術は驚くほど水準の高いものであり、それを実行している人間のスキルは驚くほど高いものです。

被害者は心身を攻撃されるのみならず、生計を立てる能力を奪われ、他人との良好な関係性を破壊され、強制的に自殺に追い込まれます。こういった被害者の周囲に見られる徴候は表面上、単に不運が続いているかのように見えるよう作り出されています。犯人はこういったことを非常にうまく果たします。

ガスライティング犯罪の中で生じる外部的な徴候には以下のようなものがあります。

? アンカリング(Anchoring)?

アンカリングとは、「条件付け」という意味です。「ガスライティング犯罪」では、日常的に存在する人の仕草、音、物、光等の「条件」をターゲット被害者の意識に植え付け、その「条件」によって、場合によっては命の危険さえ感じる「狙われているという意識」を、ターゲット被害者に持たせます。この手口の根底にある技法を、アンカリング(条件付け)と呼びます。

「ガスライティング犯罪」の被害報告に多いアンカリングの条件は、【咳払い】、【鼻すすり】【くしゃみ】【高笑い】【マスク】、【携帯電話】「同じ色の服」、「スモークグラスの車両」、「連番や意味のある数字のナンバープレート」、「冷笑」、「タイミングよく現れる人や車両」、「ヘリコブター」、「眩しい光やしつこい光の演出」、「廃品回収車」、「緊急車両」、「警察車両」、「掃除やゴミ捨て」、「ランニング」、等々です。海外では、「ノートパソコン」や「ペンのカチッカチッする、ノック音」という報告も多くあります。こういった当たり前に存在する現象が、前記した方法によって、ターゲット被害者を脅かす存在になるのです。条件付けのきっかけとして「脅迫」とも取れる脅しが加わることもあります。「脅迫」とも取れる脅しの後に条件付けが行われた場合、その「条件」に対して「命の危険」を感じさせることも可能なのです。ターゲット被害者個別の話になると、例えば「あの店ではいつもいやな扱いを受ける」「あの場所にはいつも車が止まっていて中の人がこちらを見ている」など、「場所」という条件によっていやな思いがよみがえるといった事もあります。特定のターゲット被害者だけに向けられた、「特定のしぐさ」というものも存在します。

「ガスライティング犯罪」におけるアンカリングの怖いところは、「狙われているという意識」を生じさせることだけではありません。彼等の狙いはそれだけではないのです。第三者から見た場合、ターゲット被害者が、日常的な出来事に対して一般人と違う反応や理解を示すように見える、という効果があることも忘れてはなりません。例えば、「携帯電話」を持っている人はいくらでもいます。加害者側はその効果を計画的に理解したうえで、ターゲット被害者が周りの人に相談するのを待っています。そして「日常的な出来事である」という部分のみを強調し、ターゲット被害者の「思い違い」、「妄想」というストーリーを作り、ターゲット被害者を「おかしな人」「精神病患者」に仕立て上げるよう、仕向けてきます。さんざん仕掛けてもターゲット被害者が誰にも相談しなかったり、無視をし続けたりした場合は、嫌がらせの頻度が極端に増えたり,嫌がらせのやり方を変えたりします。

(中略)

大量監視社会誰が情報を司るのか山本節子[著]
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1361-6.html

N-system
http://www.sakuragaoka.gr.jp/nsys/

ひろがる監視社会――「安全・安心まちづくり」とは何か
http://comcom.jca.apc.org/heikenkon/20th/simizu/simizu_1.html

セキュリティ産業新聞
http://www.shopbiz.jp/ss/column/security-paper/

2010 年 出展社一覧
http://www.shopbiz.jp/w/?page=El&expo=ss

警察の街頭防犯カメラ開発、パナソニックに決定
http://www.shopbiz.jp/ss/column/security-paper/32703.html

コラム「警察OBのコラム」(防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」)
http://www.njp.co.jp/column/keisatu.html

警察官の天下り先
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/police/1182066958/l50

警察 「親が死にそう?見殺しにしろよ。そこ駐禁だから」全国で相次ぐ
http://www.unkar.org/read/namidame.2ch.net/news/1201504123

東京都水道局新宿営業所
http://www.bouhan.metro.tokyo.jp/volunteer/search.cgi?orgcd=04006

上記は全て警察が関係した組織的監視網に関して調べてみた結果である。これから見えてくることは、警察による監視社会の仕組みだろう。

警察→外郭団体(警察系の特殊法人)→各種業界(警察OB)

この図式が監視社会の仕組みとなれば、全ての国民を監視できるだろう。
さらにこの仕組みを逆手にとって気に食わない相手を監視対象人物に仕立て上げ、誰にも不審に思われず、非難されることなく生活妨害に曝すことも可能となるだろう。

警察→外郭団体(警察系の特殊法人)→各種業界(警察OB)→集団ストーカー請負業者→ターゲット

監視対象人物には、

●追跡・待伏
●盗聴・盗撮
●風評工作と人間関係工作
●不法侵入によるガスライティングや光・音響等を駆使した派生的手口
●生活インフラ工作
●薬物工作。



「自殺強要ストーキングの実態~追及すべきは司法の病理~ 」(123)
2010-02-24 12:34:14

「自殺強要ストーキングの実態~追及すべきは司法の病理~ 」私に対してこの犯罪を訴えていた清水由貴子さんが亡くなり、警察発表で自殺とされ、かつその原因が介護疲れとされたことは、皆さんの記憶にも新しいでしょう。また、先進国の中でダントツの自殺者数を誇るこの国の現状を知っている人も少なくはないでしょう。
http://antigangstalking.join-us.jp/


日航123便事件の真相・・・123氏のコメント 4/4

八咫鏡はどうされたのでしょうか (123)
2010-06-20 19:14:33

当方が以前、スゲの沢の岩くぼみ から発掘して、そちらにお渡しした八咫鏡は、その後、いかがされたのでしょうか。講演会で八咫鏡を展示しなければ、意味がないということで当方は公演会に出席しなかったわけです。NSA幹部等がなぜ、直接、会いに来たのか。八咫鏡の話です。八咫鏡は核ミサイル等よりも重要な案件です。八咫鏡が、そちらの界隈で粗末にされたとなれば、人類的な損失であり大変残念に思います。他の宝をお渡しせず、よかったと思います。

御巣鷹山の件 (123)
2010-06-24 10:15:19

そもそも、
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=36.019253,138.681343&spn=0.005849,0.009334&t=h&z=16&brcurrent=3,0x601c1cfe353255fb:0xcb29b70a2c7c0998,1
と 123便の関係が解っている方が日本の自衛隊にはいないでしょう。



御巣鷹に近づけない理由はヒヒイロカネ (123)
2010-06-25 07:41:19

御巣鷹に近づけたくない理由はヒヒイロカネの鉱脈があるからです。神器(ヒヒイロカネ製品)を積んだ123便が御巣鷹に吸い寄せられていったのも当然のことです。今で言えば原子番号115近辺のウンウンペンチウム、ウンウントリウムの安定物質です。これを、ユダヤ人(日本人)に掘らせ、オリオン星に略奪したのがオリオン支配です。ヒヒイロカネがあれば、病気などというのは、まずありえませんし、作物も、なんら不自由しません。金も核転換で生成できます。砂金はこの生成物です。古来の街道のガケは岩がスパッと切れていますが、ヒヒイロカネで作ったので今のようなブルトーザーだダイナマイトだという面倒くさいことは一切ありませんでした。御巣鷹を外国の占領軍が民間企業の振りをして居座っているのも当然です。当方は、オウム真理教団は支持しませんが、麻原という人物は、なかなかの真眼をもっていたと見ています。「河原で拾った黒くて丸い石を、麻原はヒヒイロカネと思い込み、(本当は単なる餅鉄)特別な給料として信者に与えていた」

http://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%92%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%AB%E3%83%8Dというのは笑い話ではなく、複合発酵還元炉とあわせるとヒヒイロカネを生成できるのです。これを、生物濃縮させて、発酵させることにより、さらに濃縮できます。古来、群馬、埼玉北部あたりでは、これが健康食品となっていて無病長生きでした。病院の人には悪いですが、病院の存在意義というのが当方には理解不能です。


沖縄戦すら、単なる契約の箱探しだった (123)
2010-06-25 15:59:59

http://www.verte.co.jp/pcc/txt/2003/20030131f.htm等を見ても、沖縄戦が単なる神器探しだったとすると妙につじつまが合う。新バビちゃん陣営が戦争に見せかけて神器の略奪を試みたのだ。民間人は、地元の穴の情報に詳しいので、捕虜になっても助かった。

当方は、イスラエルの大元の、世の元からの活き神、http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%80%E4%BA%8C%E4%B8%89%E7%A5%9E%E7%A4%BA&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=ですので、古来、高天原山がどうだったか、ということに関しては無類に詳しいです。

ただ、外国の悪の勢力が林業、民間企業、飛行機事故等を装って、天(高天原)に寄せてきているため、ここにも肝心要のことは記載していません。

上野村在住の方ですら、ヒヒイロカネ含有物質を見ても全く理解できない方ばかりになっています。



ヒヒイロカネ、飛行石 (123)
2010-06-25 17:46:54

ヒヒイロカネの鉱脈から、少量を食し、複合発酵とあわせた小便を煮詰めたものをヤカンの下等に塗ると、驚くほど早くお湯が沸く。(ヒヒイロカネの性質)単純だが、検証していただければ、当方の言っていることが古来は当たり前だったことが、ご理解いただけるだろう。東京が元の土に返って、秩父等に避難された際は、寒さが大変なので、この、簡単に多量の熱を得る方法を是非とも覚えて置いていただきたい。

御巣鷹の尾根管理人は執拗に硬貨を回収する (123)
2010-06-27 04:36:35

御巣鷹の尾根管理人がどこかとつるんだエージェントであることを物語る案件として、お供えの硬貨を執拗に回収する、という点がある。ヒヒイロカネを阻止する動きだ。他には、飛行機で監視し、遺品硬貨を当日に回収しに来る軍部隊もある。御巣鷹の尾根の遺品硬貨はヒヒイロカネのモト化しているものがある。これは最高度に監視されており、出てきた遺品を他の遺品に隠しておいても短期間で持っていかれてしまう。墓の奥の方にお供えとして隠しておいても下草払い部隊を伴い持っていかれてしまう。新バビちゃん部隊だろうが、イスラエルの単純な便利な物を封印している。なぜ、こんな簡単なものを作成してはいけないのか当方には理解不能だ。ヒヒイロカネを作成すれば、現代のようなせわしい生活は全く必要ない。

御巣鷹の尾根ではヒヒイロカネを作成することも可能なのである。ちょうど、1985年8月12日の日航ジャンボの後に、↓の記事が出たという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%92%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%AB%E3%83%8D

1985 年(昭和60年)、学習研究社のオカルト雑誌『ムー』1985年11月号(第60号)に、オウムの会(後のオウム真理教)教祖麻原彰晃が「幻の超古代金属ヒヒイロカネは実在した!?」とする記事を寄稿。


沼田駅前でもヒヒイロカネの作成は可能だ (123)
2010-06-27 04:40:35

あまり書くと新バビちゃん陣営に怒られるが、沼田駅前でもヒヒイロカネの作成は可能だ。

「昔の日本」ならば楽で豊か (123)
2010-06-27 05:18:59

古来の日本(高天原の頃)「昔の日本」ならば、楽で豊かだ。オリオン星によるヒヒイロカネ略奪や、昨今の外国の悪による外国の不便な文明への洗脳(新バビちゃん陣営)が終了すれば、古来の楽な暮らしに戻る。この、99.9%と0.1%のふるい分けが今回の岩戸開き、2012年、といった案件になる。昔の日本(イスラエル)の古い技術を活用しないと生き残れない。

ところが、解決の道もある。慰霊の園が殺生石で封印されている。それで、当方が切り札として投入されている。 (123)
2010-06-27 21:46:35

※今回の記事を書くきっかけとなったコメントです。(既に触れているので省略)

伊豆のパーンという音は箱根の毒龍の鳴き声だ (123)
2010-06-27 22:09:34
日航ジャンボ123便の伊豆のパーンという音は箱根の毒龍の鳴き声だ。
草薙剣が日航ジャンボ123便に積載されていたとすると、当然、毒龍が敵討ちに出てくるわけだ。


別の説明をすると、やはりイスラエル封じだ (123)
2010-06-27 23:19:41

慰霊の園の未確認遺体破片123壷の出入り口は契約の箱の出入り口と酷似している。慰霊の園の無縁仏入り口が厳重に封されており、この前に、殺生岩が2個とF-19ステルス機型岩が1個置いてある。イスラエル(日本)封じ=神封じ、ということになる。と言うのが、誤撃撃墜した123便で想定外に多数の生存者が出たのはこれもまた龍神・山神の成せる業だろう。F-192機、123便(ジャンボ)と共に、龍巻型のものが地上に焼きついているのも確かだ。(要約)


これらの記述が全て真実なのか、私には確認する事ができませんから、全てを鵜呑みにはできないとしても、やはり重要なヒントが隠されている様に思います。

私自身、日本=イスラエルというのは、俄には信じがたいのですが、一方で、もしかしたら・・という気持ちもあります。どんな事にも言える事ですが、そんな馬鹿な、という固定観念は、真相の追求にとって最大の障壁となりますので、簡単に判断の付かない事は、否定も肯定もせず、柔軟に見ていく事が大事ではないかと思います。その上でそれが間違いだと判明したら、そこで改めて否定しても遅くはないと思います。

何事も鵜呑みにせず、頭ごなしに否定せず、自分で確かめる、その繰り返しが重要だと思います。絶対にこうでなければならない、というのは一種の自己洗脳なのかも知れません。これらの事柄に興味や関心を持たれていらっしゃる方、もしかしたら・・と思われる方は、ぜひご自身で更なる検証と真相追求をして頂きたく思います。

その他参考記事

日航機事故再解明の課題 1

日航機事故再解明の課題 2

操縦室内音声記録






このボイスレコーダー、何度聞いても切なくなります。

この事故で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。


関連記事
スポンサーサイト