Targeted Individuals & Morgellins

以下の動画に非常にショッキングな映像が「収録されています。ケムトレイルとモルジェロンズ病の関係は、今や陰謀を追求している人達の間では、よく知られている事ですから、特に驚く事でもないと思いますが、このグレープジュースの中で動く物体は、一体何なのでしょうか?



以下スクリーンショットを拝借します。

どうも、アルコールが関係している様です。。


このグレープジュースを口に含んで


2秒後にお皿の上に吐き出します。


ここからのスクショは、掲載していいものかと躊躇いましたが、これも事実を知る為には必要と思いますので、掲載する事にしました。

oh my God!


ファイバー?が動き回る様子が克明に写っています。


アルコールと反応すると動き出すのでしょうか。





これは血ではなくワインだと思うのですが、アルコールを入れた後、何かが動き出します。


まるでヒルの様な寄生虫の様な、気味の悪いものが活発に動いています。(黄色矢印)


英語のみなので、詳細は分かりませんが、Targeted Individuals & Morgellinsというタイトルからもわかる様に、T・I(Targeted Individual)とモルジェロンズ病とは、やはり何らかの関係があるのではないでしょうか。

もし、私達が何気なく飲んでいるジュースとアルコールが体内で化学反応?を起こし、この様に何らかの活動をしているとしたら、非常に由々しき事です。これが事実だとしたら、一体誰が何の目的でこの様な事を仕掛けているのでしょうか?

誰が?というのは大体予想できます。
世界支配と人類のコントロールを企んでいる連中です。
イルミとかメーソンとか呼ばれている輩達。
何の為に?というのは憶測になってしまいますが、本人に気付かれない様に、体の組織や神経伝達システムを、全く別のものにすり替えて、あるいは組み替えてしまおうとしているのではないでしょうか?

天然の人体を機械人間に組み替える様な事を企んでいる気がします。
しかも本人の知らない間に、本人に気付かれない様に、人間がアンドロイドにされてしまう、、そんな事もあるのかも知れません。
飲食物や空気から、知らず知らずナノファイバーを取り込んでしまって、それらが体内で“秘密の活動”をしていたとしても不思議ではありません。

この世界を動かしている気の狂った少数のエリート達というのは、そこまでして人類を支配し、コントロールしたいのです。

こうした話題がトンデモ話にしか思えない人、何を馬鹿な事を言っているんだと不快感を露わにする人は、何も知らないお目出たい人。陰謀論にかぶれて、とうとう頭がおかしくなってしまったと思うのは勝手ですが、そう言う風に決めつける前に、少しは自分で調べてみたらどうでしょうか。

この世界には私達が思う以上に陰謀で隅々まで満たされているのです。むしろそんな事は知らない方が幸せかも知れません。でもそんな虚構の世界に生きていて、充実感や本当の幸せを感じられる人というのは、逆に私には滑稽、というか虚しく思えてしまいます。

どんなに狂った世の中でも、今ある生を精一杯生きる・・それも一つの生き方ではあるのかも知れません。また、修行の為の生であるなら、むしろそう生きるべきなのかも知れませんが、私は人間が出来ていないので、中々そういう境地に達する事ができません。(-_-;)

ましてや自分がその様な陰謀の標的とされてしまったからには、やはり最後まで抵抗はしてみたいと思うわけでありまして、悪あがきであろうと何だろうと、何もしないで諦める事は私の性分ではないのです。

話を戻します。



↑この繊維を見てふと思い出したのですが、以前、時々腕や胸の辺りの皮膚から、透明で、髪の毛よりも細い糸の様なものが出て来る事がありました。

気が付くと5cm~10cmくらい伸びているのですが、そのままにしておくと、それが更に伸びるので、産毛の突然変異した様なものかと思い、あまり心配する事もなく、気になった時には軽く引っ張って抜いていました。

別に痛みもなく、スッっと抜けて出血もありませんでした。引っ張った時の感じでは、皮膚の下に2~3cmくらい埋まっていた様でした。もしかしたら、それがこの繊維だったのかも知れません。今にして思えば、その時に抜いたものを取っておけばよかったと思います。皮膚から伸びている所の映像とかも。

丁度、上のスクショの様な感じですが、枝別れはしていなくて、この画像よりはかなり細く、まさしく産毛を長くした様なものが皮膚の中から伸びて来るのでした。最近はその様な事はありません。

これは移動型HAARPでしょうか。


こちらに詳しい情報があります。
日本でも気象操作が行われる?京都にXバンドレーダーが設置


そう言えば、私の住む地域の山の上にこんなものがあります。


↓拡大すると。


アンテナ部分がそっくり。

反対側の山の頂上にはこの様な怪しげな設備も。


↓拡大すると。


因みに、先日の満月の夜、少し気分転換をしようとベランダに出て何気なく空を見ていた時に、この山の向こう側から、まるでフラッシュを焚いた時の様に、または遠くで光る雷光の様に、微かに明るくなる瞬間が何度かありました。

その辺りにダイレクトに視線を向けている時ではなく、少し違う方向を見ている時に、視界の端に入ってくるのですが、この様な現象は、以前から時々目にしています。特に雷雲が発生している様子もないので、あの一瞬光るのは何だろうと、ずっと不思議に思っています。

それでふと思ったは、もしかしてその時の光は、この妖しげな施設が発しているのではないかという事。
電磁波とかマイクロ波とか、あんなものとかこんなものまで・・。

これは私の妄想(憶測)でしかありませんが、こういう設備が私の(というか住民の)行動を監視する為に使われているのではないかと疑ってしまいます。(輩達の地下施設でも破壊されている光なら大歓迎なのですが・・。)

そして↓脳に埋め込んだチップがアンテナとなり、生体通信?なんて事も十分考えられるのです。


いつも見ているぞ! これ、冗談じゃなく本当にその通りですから。


そして、トドメは必殺ギャングストーキング。(←これは動画とは関係ない私の心の声です)




私は自分がT・Iなので分かりますが、これは多分、本当の事です。

断定するだけの証拠がないので、敢えて、多分という表現を使っていますが、支配層は民衆のコントロールや支配の為に、この残酷で違法なギャングストーキングをするのです。

そういう支配層にお金で雇われ、悪魔に魂を売った人間が、私達母娘の周りを取り囲み、偶然や日常の行動を装ってストーキングをしているのです。コソコソ隠れて、本当に卑怯だなと思います。

嘘だと思うかも知れませんが、この世界は本当に恐ろしい世界です。
命よりもお金が大事、そのお金の為なら簡単に人殺しまでするのです。
こんな事は終わりにしなければならないと思います。

画像検索 【閲覧注意】
Morgellons


貴族、王族、皇族、富裕層、財閥・・・、何であろうとも、こんな事が許されるはずがありません。どんなに地位や身分、財産があったとしても、人類に対して行って来た極悪非道の数々、その事実は消えません。必ず相応の場所に行く事でしょう。

皇族と書いた理由は、下の記事をお読み頂ければ分かると思います。

ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(7)日航機事故生存者の命を奪った集団の正体とは?

航空自衛隊の熊谷基地ってのは、『自衛隊』と頭に文字が付いてるかもしれませんが、指揮系統も活動資金も、自衛隊とは全く異なる、独立した部隊なんですよ。旧大日本帝国陸軍航空隊の流れを組み、その思想も戦前の陸軍と全く変っちゃいません。彼らは表向き政府官房の直下で動くことになっていますが、実際に忠誠を誓うのは天皇陛下だけであって、それを口実に好き勝手に動いている連中ですよ。


大日本帝国陸軍より。

陸海軍(日本軍)の最高指揮官は大元帥たる天皇ただ一人であり

(中略)

帝国陸軍の起源は、明治維新後の1871年(明治4年)に薩摩・長州・土佐から徴集され組織された天皇直属の御親兵である(陸軍省が正式に発足するのは1872年(明治5年)2月の兵部省改組による)この兵力を背景にして廃藩置県を断行した。御親兵はその後、近衛と改称された。

(中略)

陸軍省も第一復員省、復員庁に改組され、その後陸海軍の残務処理は厚生省、のちに厚生労働省が担当することとなった。なお、参謀本部陸地測量部は内務省地理調査所を経て国土地理院として、また陸軍病院については軍医とともに国立病院(現・国立病院機構)へと移管され、国営医療機関として現在まで続いている。

(中略)

1945年11月28日、最後の陸軍大臣下村定大将は敗戦後の第89回帝国議会において、斎藤隆夫代議士からの質問に対して、帝国陸軍を代表して以下のごとく問題点を総括している。

「軍国主義の発生に付きましては、陸軍と致しましては、陸軍内の者が軍人としての正しき物の考へ方を過つたこと、特に指導の地位にあります者がやり方が悪かつたこと、是が根本であると信じます、……或る者は軍の力を背景とし、域る者は勢ひに乗じまして、所謂独善的な横暴な処置を執つた者があると信じます、殊に許すべからざることは、軍の不当なる政治干与であります……私は陸軍の最後に当りまして、議会を通じて此の点に付き全国民諸君に衷心から御詫びを申上げます……此の陸軍の過去に於ける罪悪の為に、只今斎藤君の御質問にもありましたやうに、純忠なる軍人の功績を抹殺し去らないこと、殊に幾多戦歿の英霊に対して深き御同情を賜はらんことを、此の際切に御願ひ致します」


陸上自衛隊より引用。
これらのように、陸上自衛隊は積極的に旧陸軍の「伝統」を承継し、これを公言している面も多く存在する。(引用終わり)

Wikiの内容を鵜呑みにはしませんが、表向きは終戦によって解体された様に見える旧陸軍、しかしその「伝統」は名前を変え、今も密かにそして着実に生き残っている事が窺えます。

天皇を頂点として、この国を軍事的な力で支配しようとする勢力が残存している、私にはそうとしか思えません。その天皇はどこと繋がっているのでしょうか?何とか勲章を授与されている事から推測するに、イギリス界隈でしょうか・・。

仮に、今も尚、天皇陛下だけに忠誠を誓っているのなら、天皇陛下がその様な違法行為を止める様に命令すればいいだけの話です。

なのに容認しているという事はどういう事でしょうか?
そもそもご存知ないのでしょうか?

そんな事はないと思います。
天皇直属の部隊が何をしているのか、その長(最高指揮官)が知らないなどという事はあり得ません。

であれば、「国民の健康と幸福を心から願っています」というお言葉は、全くの嘘偽りという事になりますが・・。

日本国民は「象徴」などという言葉で誤魔化されているだけなのではないでしょうか?

こちらもぜひご一読下さい。
米国でFEMAのクーデターそして日本の自衛隊は!

以下一部引用。青地は転載者。
米軍は、日本人全ての身分証明書のコピーを蓄積し、日本人全員の私生活を監視し、米国に反対する人物をチェックしている。

また、政治家、大企業経営者の女性スキャンダル情報等を集め、米国に逆らう場合にはそれをマスコミに暴露する事を仕事にしている、アジア最大のスパイ軍事組織アメリカ陸軍第500軍事情報大隊が神奈川県座間市に常駐している。

この部隊の下部組織として、日本人の個人個人の銀行口座の中味、株式投資の中味、家族構成、勤務先企業、友人関係等を監視、情報蓄積しているのが、自衛隊東部方面隊第一施設団第三施設群と呼ばれるスパイ軍事組織である。

この部隊も米軍キャンプ座間内部にある。
自衛隊と米軍は別組織であり、本来自衛隊が米軍基地内部に常駐する事は違法である。
この違法な「一体化」は何なのか?


追記(2016/9/6)
また一方で気になるコメントがありました。

JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(2)

Unknown (Unknown) 2010-01-14 12:29:53
中曽根元総理は、この時に 「オレは何人殺せばいいんだ! そんな事をする為に総理になったんじゃな!」 と言ったとかって、他のブログで読みました。

このコメントの内容が事実かどうかわかりませんが、もしかしたら、自分は手を汚さず中曽根さんに汚れ役を押しつけて、自分は涼しい顔をしていた陰の権力者がいたのではないでしょうか?圧力の元はやっぱりアメリカなのでしょうか?

仮にそういう事であれば、少し見解を修正しないといけないかも知れません。
脅しや圧力で、誰かに濡れ衣を着せて、本当の黒幕は安泰・・これが世界を支配している者達の使う常套手段ですから。

私がブログに記載している内容も鵜呑みにせず、どうかご自身で確認や検証をして頂きますようお願いします。
(追記終わり)

私に対してストーキングをしている人物の中には、住民になりすました自衛隊関係者、警察関係者がかなりいるのではないかと思います。

※この記事の内容には、私の憶測や私見も含まれます。

今後も情報発信を継続する為のご支援をお願いしております。 o(_ _)o 
ご支援のお願い

大変、身勝手なお願いで恐縮ではありますが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事
スポンサーサイト