「あ」に対する続報

前回のストーカーアカウント「あ」に対して、ツイッターサポートに報告しましたが、それに対する回答のメールが来ていましたのでご報告します。

私も相当しつこいですが、この様なアカウントに対しては、一度はきちんと反撃しておかないと気が済まない性格ゆえ、ご了承下さい。(^-^;) 不快な方はスルーを。

ツイッターサポートからの回答(メール)


以下抜粋:
ご報告いただいたコンテンツを調査した結果、Twitterルール(https://twitter.com/rules)違反にはあたらないと判断いたしました。ただし、違反の証拠をさらにご提供いただいた場合には、すぐに判断を再検討いたします。問題のコンテンツへの直接リンクをメールに記載して、このメールに返信してください。

との事ですが、いかに「あ」が私に対して執着し、嫌がらせをしていたのかの証明にもなるので、敢えて凍結させるのは得策ではないと考え、このままにしておきます。

ですが、「あ」の取った行為がツイッタールールに違反していると思う為、それは指摘させて頂きます。

ツイッタールールより。


攻撃的な行為

Twitterは表現の自由を尊重し、権力に対しても真実を伝えるべきだと考えています。ただし、そのような理念も、人々が恐怖に怯えているために何も言えないという状況では何の意味も成しません。Twitterではユーザーが安心してさまざまな意見や信念を表現できるよう、嫌がらせや脅し、または恐怖を与えて他のユーザーが発言できないようにするといった、攻撃的な行為を禁じています。

以下のような行為をしているアカウント、およびこれに関連するアカウントは、一時的にロックまたは永久凍結されることがあります。

脅迫行為 (直接または間接): 脅迫やテロ行為の助長を含め、暴力行為を行うという脅迫または暴力行為の助長を禁じます。

嫌がらせ: 特定の人物に向けた攻撃的な行為や嫌がらせを禁じます。攻撃的な行為に該当するかどうかの判断では、以下の点が考慮されます。

 ・報告されたアカウントが、主に他者に向けて嫌がらせのメッセージを送信するために使用されている場合
 ・報告対象の行為があまりに一方的であるか、脅迫を含む場合

 ・報告されたアカウントが他のアカウントへの嫌がらせを扇動している場合
 ・報告されたユーザーが複数のアカウントから1つのアカウントに向けて嫌がらせのメッセージを送信している場合

特定の人種、性別、宗教などに対するヘイト行為: 人種、民族、出身地、信仰している宗教、性的指向、性別、性同一性、年齢、障碍、疾患を理由とした他者への暴力行為、直接的な攻撃、脅迫の助長を禁じます。また、以上のような属性を理由とした他者への攻撃を扇動することを主な目的として、アカウントを利用することも禁じます。

複数アカウントの不正利用: 同一ユーザーが重複使用を目的として複数のアカウントを作成すること、または1つのアカウントが一時的または永久凍結された場合に備えて別のアカウントを作成することを禁じます。


上記ルールに「あ」が違反する事は間違いないと思います。

・脅迫やテロ行為の助長
 →そもそも集団ストーキングというのが、常に監視されている事を自覚させる=脅迫行為を含むテロ活動である事。

・暴力行為
 →集団ストーキングが、精神的・身体的虐待を伴う破壊活動である事。

・特定の人物に向けた攻撃的な行為や嫌がらせ
 →この「あ」というアカウントは、開設時から私のツイートをRT、及びいいねを付ける為に開設された事は明白です。自分の考えや主張をするわけでもなく、興味や関心のある話題をツイートするわけでもなく、ひたすら私の【RT禁】ツイートをRTしています。つまり、私に対する嫌がらせの為に存在するアカウントであるのは、誰の目にも明らかです。

・報告されたアカウントが、主に他者に向けて嫌がらせのメッセージを送信するために使用されている場合
 →ツイッターにおける「RT」や「いいね」は、メッセージの送信と同等のものと考えられます。執拗にリプライを送るのと同等であり同じ性質のものです。執拗にRTされるというのは、された側は心理的圧迫感を感じさせ、常に監視されている恐怖心や不快感を抱きます。

「あ」の様なケースは、まさしく『主に他者に向けて嫌がらせのメッセージを送信するために使用されている場合』に該当すると考えられます。

最初の頃の投稿では、自分の言葉で語るツイートは全くありません。
何が目的なのか一目瞭然です。

後半は意味不明な投稿や、私に対する反論?のみ。
私が鍵を掛け、ブロックしたらそれ以降、更新がない。

つまり私が言いたいのは、要するに、こういう事です。

当該アカウントが、『私という“特定の他者”に向けた「嫌がらせのメッセージ=RTやいいね、及びエアリプ」を繰り返し送信、または投稿する為に使用されている』事は明白であり、サポートがどの様に判断したのかは不明ですが、一般的に考えて、これは明らかにツイッタールールに違反しているのではないでしょうか?という事です。

RTもいいねもエアリプもフォローも、相手がそれに対して不快に思っているのに、または拒否しているのに、一方的に送り続ける行為はルール違反であり、『不快な、あるいは正体不明なアカウントからの執拗なRTやフォローもメッセージ(リプライ)と同じである』、という事を言いたいのです。

相手はそういう行為を悪用しているのですから。

・報告対象の行為があまりに一方的であるか、脅迫を含む場合
 →繰り返しになりますが、この「あ」というアカウントは、私だけに限定して反応しています。嫌がらせ目的のRT、嫌がらせ目的の「いいね」、そして、あまりにも一方的で的外れな反論?に終始。
もし私の投稿内容に不服があるなら、なぜ「いいね」をするのでしょうか?
言っている事とやっている事が、全く矛盾していますよね。

ツイッター内には不快なアカウント、近寄りたくないアカウントなど、掃いて捨てるほど居ます。ストレスになるだけでなく、時間の無駄でしかない為、普通は見ないと思います。あるいは無視です。賢明な人は近づかないと思います。

それとも、自分の主義主張と違うアカウントがいたら、片っ端から粘着して正さないと気が済まないのでしょうか?それなら、他のアカウントにも説教()したらいいのに、何故か知りませんが、正す相手が私だけってどういう事でしょう?

私と同じ様に写真を投稿したり、集スト被害を訴えている被害者は他にもたくさんいるのに、どうして私だけなのでしょうか?おかしいですよね。

もしかして、この方は、ネットだけでなくリアルでも私に集ストしている当事者なのではないですか?

どうもそんな気がして来ました。

・報告されたユーザーが複数のアカウントから1つのアカウントに向けて嫌がらせのメッセージを送信している場合
 →鍵を掛けても、裏アカで見えている見たいですね。

下のスクショは、裏アカ=複数アカウントで見ている事を示唆していると思われるツイート。


監視していると告げる行為は脅迫に該当するのでは?


直接、私を名指しして監視しているとは言っていないものの、暗に私を監視している事を仄めかしているのです。この様に、敢えて対象を書かない事で、「誰もあなたの事を監視しているなんて一言も書いていない」などと言い逃れする為の、工作員が多用する常套手段です。

これは私も逆手に取って使う場合がありますが、こちらは自衛の為にやっている事であって、相手が私に対して攻撃したり、何ら中傷する事のない全くの無関係の人に対して、その様な手法を使う事はありません。また、する必要も動機もありません。

あくまでも、集団ストーカーという卑怯者集団に対抗する為に、苦肉の策として使う場合だけです。悪知恵の働く犯罪者集団です。正攻法だけで戦える相手ではありませんから。

ただし、希にですが、主に陰謀暴露系?の工作員と思われる人達に対しても使う時があります。これは不毛な衝突や論争をしたくないけれど、そういう人物を信用している人が多い場合などに使う事はあります。ただ、私自身も誘導されている場合がありますので、情報の真偽や内容については、それぞれに調べるなり判断して頂きたいと思います。どんな情報も鵜呑みは危険ですから。

因みに、ツイッタールールの中には
個人情報: クレジットカード番号、住所、社会保障番号/国民識別番号など、他者の個人情報または機密情報を、本人の承認や許可の表明なく公開、投稿することを禁じます。さらに、撮影されている人物の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿することも禁じます。

という記載もあります。

これは、私がしている様な画像の投稿も該当するのですが、では私達集スト被害者は、一体どうすれば、この卑劣な犯罪を証明できるというのでしょうか?

画像や映像を伴う訴求がなければ、おそらく集ストの実態を世間の人達に理解してもらう事は不可能だと思いますし、警察に行っても証拠は?と必ず証拠の裏付けを求められます。その時に証拠となるものは何でしょうか?写真や映像ではないのですか?あるいは、盗聴装置や盗撮機器などの物的証拠しかないじゃないですか。それでさえ、自分で設置したんだろう?などと言われかねません。

それだけに、証拠としての映像なり写真というのは、被害の回復に欠かせないものです。プライバシーの問題はあるにしても、こちらはプライバシーの侵害どころで済む話ではないのです。それを証明するには、その状況を撮影し検証し、証拠として保存し、そして世間に訴える他に方法がないという事を、理解して頂きたいと思います。

想像して見て下さい。

あなたは、映像のないニュースや報道で満足しますか?

文字だけで、そこで実際に何が起きているのか正確に理解できますか?

台風の影響が~と言葉で伝えるだけで、その被害の甚大さを想像できますか?

映像がなければ、マスコミの報道が成立しないように(とは言っても、メディアはミスリードとプロパガンダの宝庫ですが・・)、集スト被害者にとっても、映像や画像は、実際に起きている事を知ってもらう為の重要な手段なのです。

それを、盗撮だと盗撮だと、「あ」の様なアカウントがその時だけは正義面して騒ぎ立てる。自分達のしている殺人ストーキング行為は棚に上げて・・。

本当に卑怯で卑劣。

仮に私の行為が盗撮だというなら、例えば、新聞社も無断でいきなり娘の写真を撮っていましたが、これはいいのですか?

右端でティッシュを受け取っているのが娘。それをデジカメで撮影している○保の人。

因みに下の画像ですが、


これは、娘に一斉にカメラを向ける、地元新聞社と○保関係者。その時、ちょうど左から歩いてきたのは、なぜか毎朝の様に電車に乗る時間が同じで、娘が電車を待っている間、向かい側のホームから睨み付けて来たという障害者(偽装?)のP。団地でも不自然に目撃していたので、多分Pだと思います。

これは新聞に掲載されたかも知れません。勿論、何の同意も許可もしていません。

他にも娘がバイトに向かう時に、地元のケーブルTVがお祭りの様子を撮影する振りをして娘を撮影した様です。その映像も、繰り返し放映された事でしょう。勿論、同意も許可もしていません。

そういう事はOKなのに、集スト被害者が被害の証明や追求や告発や周知の為に撮影し、投稿する行為ばかりを取り沙汰しては、「盗撮だー」、「盗撮だー」と気が触れた様に騒ぎ立てるのはあまりにも恣意的で不自然ですよね。

何度も書いていますが、もっと酷い盗撮画像や映像なんて、腐る程ネットに溢れているのに、なぜかそういうのは追求しない。まったくナンセンスで馬鹿げた話です。その人達が何故そこまでして「盗撮」というイメージを植え付け叩くのか?ちょっと考えればわかる事です。

つまり、自分達がしている集ストの様子を撮影されたくない、そしてそれを公開されたくないからに他なりません。だったら、集団ストーキングなんてやめればいいのに。妄想だなんてもう通用しません。

それはともかく、この「あ」というアカウントがその後何か投稿しているかと思ってTLを見ようとしたら、ブロックされていました。



だったら、最初から私に粘着しなければいいのに。

ログインしていないブラウザで見た所、その後更新はされていない様です。
あ@6Oy0XjvxAoKc4rD

私が鍵を掛け、相互にブロック状態になったら、もう自分のする事はない、とばかりに、更新も途絶えています。

私以外にも画像を投稿している人いますよね?
そういう人にも粘着して、何か言えばいいのに。

つまり、私に対する粘着アカウントだという事がバレバレです。
実に気持ち悪いネットストーカーとの攻防でしたが、またストーカー行為を繰り返している事がわかれば、ブログで公表しますので、あしからず。

私はこういう手合いに対しては手加減しません。

ハッキングされたWebカメラからYouTubeへライブ映像がだだ漏れになった話

Webカメラのハッキングは、若いハッカーの間で人気があります。この薄気味悪い趣味が一般に知られるようになったのはごく最近のことですが、実際はかなり前からハッカーの「趣味」の1つとなっています。

2014年、ある「のぞき見サイト」がニュースで取り上げられました。そのWebサイトでは、世界250か国にある何千台ものWebカメラの映像が流れていました。世界中のPCユーザーが同じ単純ミスを犯し、それをハッカーにつけ込まれたのでした(英語記事)。被害者となったのはWebカメラのパスワードを既定のままにしていた人々、または「12345」などの弱いパスワードを使っていた人々です。

Dvachは先日、新たなスキャンダルでニュースの見出しを飾りました。Dvachユーザーたちが、ロシアのAV女優に対してネットいじめキャンペーンを計画したというのです。

そして今回注目を集めているのは、ある匿名ユーザーのスレッドです。このユーザーは、さまざまな国の何百台ものPCをハッキングし、そのPCからYouTubeにライブ映像を配信していました。4月26日から数日間、Dvachユーザーたちは無防備な人たちの様子をのぞき見し、その人の振る舞いや見た目、部屋のしつらえなどを批評して楽しみました。

彼のお気に入りの仕掛けは、何も知らない被害者がPCに近づくとホモセクシュアル向けのポルノページが表示されるようにすること、または、被害者のVK.comページをネット荒らしに教えることです。それを受けて、匿名のネット荒らし集団は徒党を組み、SNS上でネットいじめを展開しました。

集団でのネット虐めをしている連中は、おそらくギャングストーカー達だと思います。その病的な性質が完璧に一致しています。

徒党を組んだ集団虐めをする人間というのは、世界中に蔓延しています。
こういう狂った犯罪者達は、いずれ消される運命だと思います。

因みにWebカメラは、防犯カメラの他、昨今のPCには標準装備されていますが、それ以外にも、屋内外の至る場所に何者かによってこっそり仕掛けられている場合が多いと思います。

例えば↓の様な場所に。




この広報無線用のスピーカーを始め、この団地の周辺の電柱は、いずれも業者が何かの工事をしていました。その時に何か仕掛けた様な気がしていますが、こうした場所に、ピンホールカメラなどを仕込まれても全くわかりません。

因みにこのスピーカーは、確か業者が来て作業をした後だったと思いますが、途切れ途切れの音声になったことがあります。何か変だなと思ったら、翌日あたりにまた業者が来て、部品の交換か何かの作業をしていました。

また、電柱の工事もよくあります。




↓人が座っている様に見えますね。




こういう工事も何か仕掛けている様な気がして仕方がないのですが、こういう場所に盗撮カメラが仕込まれていても、まずそれを見つける事は不可能です。

machan_oheya_03.jpg
画像は~盗聴から自分自身を守る~様よりお借りしました。

上記サイトによれば、電話線の保安器電柱の端子に盗聴器が仕掛けられているそうです。

ただ、今はそういう機械を使う必要もないのかも知れません。テレパシーとかリモートビューイングの能力があれば・・・。

それでも盗撮映像を使うのは、ネット経由で集団虐めをして楽しむ為でしょう。

狂っています。

まともな死に方はしないと思います。

早く改心されますように。。


尚、一時期、非常に疑心暗鬼、というか、心を閉ざしてしまった時があり、集スト被害者の方のフォローを全て外してしまったのですが、現在、集スト被害者の方のフォローリクエストも受け付けています。全ての方のフォロー返しはできないかも知れませんが・・。

今後も情報発信を継続する為のご支援をお願いしております。 o(_ _)o 
ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事
スポンサーサイト