この世界はマトリックス?宇宙人(人工知能、アンドロイド含む)によるマインドコントロールと遠隔操作

昨日からこちらのサイトの記事を読ませて頂いています。かなりボリュームがある為、ざっとしか拝見していなかったのですが、改めて読ませて頂くと、やはり納得する事が多いので、いくつかリンクを貼らせて頂きます。ご判断はそれぞれの方にお任せします。

実在する宇宙人より伝えられた地球の秘密(地球外生命・エイリアンの秘密

宇宙人の量子テレポートデバイスの説明と対策

下の記事の中に、レプタリアンの事も書かれています。
マトリックス:宇宙人基地のシステム

これらの記事に書かれている事が全て事実なのか、勿論私には確かめようもないのですが、24時間365日、常に何者かに監視され、生活の一部始終を覗き見され、思考までも読み取られ、場合によっては自分の行動も遠隔操作され、マインドコントロールされている事は間違いないと思っています。

また、加害者達を見ていると、魂のないロボットの様に、坦々と同じ事(ストーカー行為)を繰り返している様にも見えます。

その一方で、少し懐疑的な目線で見た場合に浮かび上がる疑惑として、もしこれらの内容のどこかにミスリードがあるとしたら、それは、地球上にはETも宇宙人もいない、別の(次元の)宇宙にはいるが、太陽系第三惑星であるこの物理的地球には、これらの侵略者は一切存在しない、という誘導があるのかも知れない・・という点です。

私が自分で撮影した映像を注意深く見ると、その中にはどう見ても不可解なシーンがあるのです。所謂シェイプシフターです。

つまり、人間に偽装している宇宙人、または異星人、あるいは純粋な地球人のDNAを持たない種族=ハイブリッドが、地球人の姿に偽装(シェイプシフト)して目の前にいるのに、地球上にはそうした地球外生命体は存在していない、という事になり、やはりそこは違和感を感じます。

また、これらの事象は、人物だけでなく、車両や航空機にも言えます。その場合は、別の宇宙から投影されているホログラムであるとする説明には納得できます。

その他にも、どうしても疑問に思うのは、本当に加害者の全てが、遠隔から脳やタイミングを操作されて無意識に利用されているだけであって、自分がストーキングに加担している自覚が一切ないのか?という事です。

加担している(と思われる)人達の表情を見ると、無意識とはどうしても思えず、すっとぼけた表情をしたり、日常の行動に偽装し、誤魔化しながら現れる所を見ると、やはり、集ストをしているという明確な自覚があって加担しているとしか思えないのです。

なぜなら、以前にも書きましたが、私が駅まで往復していた頃は、私が戻るのとすれ違いに、その人が車で出ていく、という状況がずっと続いていたのに、私が送迎をしなくなったら、出勤すらしていないのは一体どうしてなのか、、という疑問を、どうしても拭い去る事ができません。

私が娘を送迎しなくなったら、その人も仕事を辞めてずっと自宅にいるって、どう考えてもおかしいと思います。要するに集ストで食べているのは明らかで、仕事をしているふりをして、ずっと私を監視し、タイミングを見計らってストーキングしているのです。一応私の憶測ですが・・。

また、これも繰り返しになりますが、母子家庭なのに、母親の車がずっと駐まっている=仕事をしていないのは明らかです。しかもそういう住民は、この団地内でも一人、二人どころの話ではありません。しかも更に不可解なのは、私がこうしてネットで指摘すると、日中も駐車場に駐めてある車の台数が減ったりします。

いずれにしても、この母親達は普通に仕事をしているとはとても思えず、ずっと車が駐まったままなのに、私がベランダから駐車場を見た、ほんの僅かな時間、具体的には数秒~1分程度の時間に、これらの人物が入れ替わり立ち替わり出入りするのです。もう偶然などというレベルを遙かに超えています。

この様な、タイミングを合わせた付きまといこそが、集団ストーキングを行う上での基本中の基本なのですが、これを延々と続けられると、本当に神経を消耗します。

加害者を喜ばせるだけだからスルーするべき、などという被害者もいますが、本人が意識しようとしまいと潜在意識ではダメージを受けているのです。その精神的なストレスが蓄積し、終に私は、外に出るのも、外を見るのも嫌になってしまいました。

一言で言えば、

見るといる

見ると出る


表現が稚拙かも知れませんが、そうとしか言いようのない被害。

瞬間移動、テレポーテーション、遠隔透視、マインドリーディング、
そういう能力を持っているとしか考えられません。
その能力を、よい事に使えばいいのに、殆どは悪用されているのです。
そして、こんな冷酷な事をするのは、やはり人間ではないと思います。
ただ、それらに魂を売り渡した人モドキはいるでしょう。

また、中には本当に無意識に操られている人もいるとは思いますが、集ストを専門にやっている人達も確かにいると、私は確信しています。

宇宙人なのか化け物なのか、魂を売り渡した人間なのかは分かりませんが、いずれにしても、ただただ気持ちが悪いのです。

ふと思ったのですが、外宇宙から人類を支配している宇宙人やAI、アンドロイド達がいたとして、遠隔操作だけでなく、人間と一緒に実際に地球に住んで、地球人に直接嫌がらせをするハイブリッドを作り出そう、と考えるんじゃないでしょうか?

冷酷で獰猛な爬虫類脳しかない様な生物と人間のDNAを掛け合わせて・・。

そんな事は、高度に発達した技術を持っていれば、朝飯前だと思います。
おそらく、地球上でストーカーしているのは、そういう“種族”だと思います。

そして、あの驚愕的とも言えるタイミングの一致、共時性というのはやはりコンピュータによって操作されたものなのかも知れません。まさにマトリックスの世界。そのシステムと繋がっているからこそ、可能になるのではないかとも思います。

マトリックスの世界

メン・イン・ブラック (映画)


ちょうど5:55で、広報無線。
5:40大雨洪水警報発表だそうです。

(追記・訂正)
この大雨洪水警報は翌日解除されました。
大した雨も降らず、どしゃ降りになったのは娘が買い物に出た時間帯だけ。
何なんでしょうかね。
これは娘が通学していた時からありました。
駅から学校までの間がどしゃ降り。
学校に着いたら雨がやむ。
気象操作までして、一個人に嫌がらせですか?

後日改めて、先日の外出時と今日見た(見させられた)光景の画像を公開します。
また、何かと同時進行の為、予定通りの内容とならない事も多々ありますがご了承下さい。

予定が変更になった場合でも、画像、動画等の準備のできた所から公開します。
こんな事が続くのはもう耐えられません。
(追記・訂正終わり)

今後も情報発信を継続する為のご支援をお願いしております。 o(_ _)o 
ご支援のお願い

大変、恐縮ですが、こうした活動に対してご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、右上のバナーより、匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ぜひご協力宜しくお願いします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されますのでご安心下さい。
関連記事
スポンサーサイト