高樹沙耶さんは集団ストーカー被害者?

高樹沙耶さんが大麻所持で逮捕された事は知っていましたが、その高樹さんがストーカー被害を訴えていたらしく、もしかしてそれは、集団ストーカーの被害だったのでは?という疑惑が生じました。

それで少し検索してみたら、案の定、集団ストーカーという被害妄想に取り憑かれ、陰謀論に傾倒しているヤバイ人物、の様なネガキャンが、例のごとく2chで展開されていました。

【芸能】大麻逮捕は陰謀 高樹沙耶の言い分とは / 「私が逮捕されたら、それは大きな力が働いている」 ★4


コメントしている人物達の主張する内容はいつも同じですから今更ですが、相も変わらずテレビやマスコミが報道した事をそのまま鵜呑みにして、B層丸出しで何も調べずに(というより最初からそういう結論に誘導する為の工作なのですが)、集団ストーカーと麻薬(大麻)を結びつけたプロパガンダには、もういい加減うんざりしてしまいます。


↓サイゾーさんも同様に高樹さんが一方的に悪いかの様な記事を掲載していてかなり残念。

高樹沙耶は「ウソつき女!」共同生活者の友人が明かす“したたかな素顔”

一方wantonさんはこの様な記事をアップされていました。
女優の高樹沙耶さん、大麻所持容疑をデッチあげられ?逮捕される!

確かにこの様な陰謀はあっても、別に不思議ではありません。

なのに、そうした大きな力が働いている・・・と言っただけで

↓  ↓  ↓

nandattes.jpg

こういう、異様な反応と興奮を示す人達がいるのですね。

画像は下記サイトより。

【悲報】高樹沙耶容疑者、陰謀論を唱え始める 「陰に巨大な力が動いている」


大麻所持でこれだけバッシングされるなら、宗教を隠れ蓑に、大規模な麻薬密売をやっている(という噂のある)某宗教団体などはどうして非難や追求の的にならないのでしょう。どう考えてもバランスが異常ですね。

結局は集団ストーカーというものを麻薬(大麻)と結びつけ、精神異常者、薬物中毒患者、被害妄想の激しい危ない人達、頭の行かれた集団、、という風に持って行きたいわけです。

その証拠に、この様な事が報じられると、その為に雇われた工作員が必ず湧きます。

他人の不幸や逮捕を喜ぶ狂った集団が。


私の個人的な感想ですが、実はこの男性が怪しい気がします。

高樹沙耶容疑者の仲間を新たに逮捕 カルト宗教に近い不気味な集団

一方、下の記事を読むと、石垣島の住民の意見も一里ある様にに思いますが、実際はどうだったのでしょうか。

「大麻カフェ」が夢だった高樹沙耶容疑者に、石垣島から「最悪の移住者」「出て行ってほしい」









ちょっと今回の内容から逸れますが、下の動画は、いかに日本は情報統制されているかわかる動画です。他の国も多かれ少なかれそうした傾向はあるにせよ、日本のマスコミ、ジャーナリストは権力側のプロパガンダ機関に成り果ててしまっています。真実を伝えるどころか隠蔽しているのが実態でしょう。




いずれにしても、この高樹沙耶さんに対するストーカー、および嫌がらせの事実は、当事者ではないので分かりませんが、集ストに対する隠蔽工作とネガキャンは、依然として続いています。

いつになったらこんな狂った犯罪から解放され、自由になれるのでしょうか。
そして、そんな日は訪れるのでしょうか。

日に数回、空でも見て気分転換しようと思ってベランダに出ると、途端に女子部の甲高い声、子供の奇声、バイクの爆音の洗礼を受けます。

私のささやかな楽しみでもあるそうした時間をも奪う鬼畜の様な者達。

そんな僅かな時間を、獲物を狙うハイエナの様にこそこそと物陰に隠れ、虎視眈々と待ち伏せしている人間が、この団地には確実にいるのです。妄想ではありません。このブログをしっかり読んで頂ければ、それが妄想でも偶然でもなく、非常に悪意に満ちた悪質な犯罪である事が理解して頂けるはずです。

自分を何十人、何百人の、全く接点もトラブルもない相手から監視され、意識などしたくもないのに強引に意識させられ、生活をリアルタイムで配信、または透視される苦痛と屈辱感は、この人達が犯罪者として逮捕され処罰されない限り、決して癒される事はありません。

そして、私に対し、その様な事をして来た者達を、私は絶対に許しません。

許せるはずがありません。

この人達の事を私は何も知らないのです。

唯一わかっている事は、他人の生活と頭の中を覗くのが大好きな偏執狂の変態集団であり、他人の生活を破壊し命を奪う為に地域に溶け込み活動している非常に危険なカルト的集団であるという事。


気持ち悪いの一言。

本当に気持ち悪い人達。

ただただ気持ち悪いサイコパス集団。

本当にもううんざりです。

そんな言葉しか出てきません。




ストーカーのいない世界に行きたい。

ストーカーさえいなければ・・・。
関連記事
スポンサーサイト