目的を隠して接触してくる人物

今日、ツイッターにも色々書きましたが、よく知らない人がいきなり、ツイッター経由で接触して来る事があります。

例えばこのアカウント。遠回しに拒絶しているのに、また色々と説教じみたことを言ってきたのでブロックしましたが、こういう風に巧妙に近づいて来る宗教関係者?らしきアカウントが蔓延していますので、注意喚起の為に以下に纏めました。

私は別に宗教を全否定はしていませんが、思想や宗教の押しつけ押し売りは本当に辟易している為、少々辛辣な事を書きます。

最初の接触があったのがこのツイート。


ここで“ふで”と言っているのはこの記事の事です。
霊能者は思考を読み行動を知っている

この中でひふみ神示の事などにも軽く触れています。


そして続けざまにこの様なツイートを送って来ました。


いきなりブログを一つ読んだだけでコンタクトをと言われても困惑してしまいます。この段階では、相手がどういう人物かわからなかったので、丁寧に返事は返しています。



要するに仲間が欲しいから声を掛けてきた、という事の様ですが。

と言う事でざっとTLを見てみると。



仏魔とか帰依とか、ちょっと宗教臭い言葉も出てくるので、あまり関わりたくないな、と思ったのが正直なところ。




「めぐりのある金」って何でしょう?もしかして工作のアルバイト代?などと思ってしまいました。いずれにしても、あまり接触したくないという気持ちがあったのと、TIの事で、といいつつ、集団ストーキングの被害の事などどこにも書いてなかった為、私に近づく為の口実なのだろうと思い、最初にリプライを返した後はこちらからはスルーしていました。

そうこうしている内にASKA再逮捕の話題が飛び込んできて、これで被害者が不利な状況に追い込まれる事は必至と思った私は少し感情的なツイートを投稿しました。

それに対する批判ツイートも。


そして、声も掛けていないのに、またメンション付きツイートを送って来ました。


「当事者でもないのに憶測で言いたい放題」って、それを言うなら「見せしめでしょう」と思うのだって憶測でしょう?擁護するのも批判するのも、真相がわからない以上、同じ憶測に過ぎないわけで。

私の懸念は、ASKAが再逮捕された事で、集スト火消し工作員達が水を得た魚の様に沸き立つのが分かっていたからで、それを牽制する意味もあってASKAを強く批判したのです。仮にこの状況で覚醒剤を使用したのなら、どうしようもない人だという気持ちも勿論ありました。ツイートにもそれは書いています。「もし使用したのなら」と。

それを自分は心の優しい人であるかの様に装い、批判している人を逆非難する。でもそうした世論を逆手に取って、私の様な批判側の人間を陥れる事だってできるわけです。その為にわざと擁護の意見を言わせる工作だってあるでしょう。

神示にも出てくる裏の裏の裏、、というのはそういう事じゃないのですか?善に見える悪と、悪に見える善がある。つまり表面だけ見て感傷に浸っている様では簡単に悪の大将に騙されてしまう、その悪の仕組みについても書いてあるのに読んでいないのですか?そういう人が「オリジナルを手にして読んで下さい」と私に指図して来たのですから笑止千万。

そもそもなぜ私がこの見ず知らずの人にあれこれと指図されないといけないの?と思います。たかだか私のブログ記事を1つ読んだ程度で、そして“ふで”について触れていたからという理由だけで声を掛けて来たただけの人です。それ以外、何の情報もなく、何処の誰かも分からない人です。ましてや私がその人を認めているわけでもないのに。

それともこの方は、赤の他人に対して何を読めとか読むなとか、あれこれ指定したり指示したり命令できる様な立場の人なのですか?何の権利や権限があって?

そもそも相手が誰かも分からないネットの向こう側の人の主義主張や意見や命令に従う義務などありません。仮にそれを他人に対して強要したら「強要罪」です。その様な事も弁えない人が、日月神示を理解しているとは到底思えません。この方こそ原文をしっかりと読んだらいいのではないかと思います。

大体、自分がどういう行動を取るのを決めるのは自分でしょう?親や他人にいちいち決めて貰わないと何も行動できない子供ではないのですから。全く何を言っているのかと思います。おこがましいにも程があります。

こういう人が結構多いのです。
だから私はしつこい位に言っているのです。
押しつけるのも押しつけられるのも嫌いだと。

いずれにしても、あまり関わりたくなかったのですが、すぐにブロックするのも、と思ったので遠回しに拒絶の意志を示したのですが、どうも通じていなかった様で、また今日になって、メンションを送って来ました。

別にこの人がそうだと言うのではありませんが、怪しいアカウントに共通して言える事は、すぐに返事をよこさず、何かのタイミングで話しかける口実の為に、返信を保留にして残しておくのです。そして私の投稿を中断させたり邪魔したい時などにその「リプライカード」を切ってくるわけです。もうそんな手口も見え透いていますから、通用しませんけど・・。

そのブロックに至ったツイートがこれです。


すごい高圧的というか上から目線ですね。

そもそもその当該記事には以下の様に書いているのですが、ちゃんと読んでいないのはこの方の方です。

「別にそれらの一つ一つについて正しいか正しくないかをここで論じるつもりはありません。そこまでの知識もありません。ただ、その様な風潮に違和感を感じている人達も少なからずいる様に思うのです。」

「私は宗教に詳しくないので宗教論争をするつもりはありません。どの宗教が一番正しくて、どの宗教が間違っている、などと論争する時間も気力も知識も持ち合わせてはいません。」

「色々と書きましたが、振り返れば私自身が改心できていない事を思い知るばかりです。自分がしっかり改心できていないのに、またよく知りもしないのに、軽々しく口にするのは控えようと思います。反省する事しきりです。<(_ _)>」


この部分には手を加えていません。記事投稿直後に若干の手直しはしていたかも知れませんが、翌日以降は修正はしていません。つまり記事内にちゃんと書いているのです。私はそこまでの知識もないと。どこに精通していると書いてありますか?

書いてもないのに勝手に精通していると思い込み、勝手に期待して勝手にがっかりして、挙げ句、「読んでもいないのに軽々しく書くな」と説教ですか?いい加減にして欲しいと思います。それなら同じ様に、充分な知識もないのに記事にしたり口にしている人全部に抗議して下さいね。私にだけ抗議とは不公平すぎますから。

そもそも、こういう風に書いてからは殆どネットで触れる事はなかったはず。犬とか猫を暗喩した程度ですよ。この記事を読んで声を掛けてきたのに真逆の事を言ってくるとは、私の記事もしっかり読みもせず、たまたまひふみ神示の事が書いてあったから声を掛けてきただけだという事が露呈してしまいましたね。仮に軽々しく書くなと言うのであれば、この記事を読んだ時点でそう指摘するはずではないですか?矛盾していますよね。



ひふみ神示のどこに、「集団ストーキングの解決方法や、今の私に対する有効な説教」が書いてあるのか分かりませんが、本当にもう放って置いて欲しいと思います。今まさに溺れかけている人間にとって必要なのは説教ではなく、浮上しようとすると水の中から足を引っ張る有象無象の輩達の素性を明るみに出す事ではないですか?

神示を否定しているという事ではなく、そうした押しつけがましさが嫌なのです。頼んでもいないのに勝手にああだこうだと、大きなお世話です。

しかも私の嫌いな「説教」という言葉を使って、親切を装ったアドバイス?を押しつけてくるこの様なタイプは本当に苦手です。放って置いて欲しいと思います。別にこちらから声を掛けたわけでも、アドバイスを求めた訳でもないのに、勝手にああしろ、こうしろと言ってくる人達が多すぎると思います。

いくら自分がいい事だと思っていたとしても、それを他人に押しつける行為は善ですか?カルト宗教の勧誘と何ら変わらないではないですか。これを信仰すれば幸せになる、不幸から逃れられる、信仰しないならあなたは不幸のままだ、挙げ句、信仰しないなら地獄に堕ちる、それがカルトの典型的な信者獲得の手口です。

仮に純粋に仲間が欲しいなら、私の様な被害で手一杯な人を相手にせず、もっと余裕のある人を探したらどうですか?それともやはり、困っている人を捜し回り、宗教に勧誘する為のステルス活動の一環でしょうか?私にはその様に思えます。

そんな経緯があり、さすがに頭に来たのでここで私はブロックをしました。

ここで、今回の件の発端となった冒頭の過去記事にリンクを貼らせて頂いた記事より、一部転載させて頂きます。

日月神示の総括「云っておかねばならぬ事がある!」

18.png
《日月神示の総括4》虎視眈々と獲物を狙うさまざまな宗教組織。至恩郷の許可を得ないで日月神示を出版する者たちが出てきた。これが後にも今にも尾を引く。橋爪一衛らのグループ。彼らは真光残党であったが後に分裂。その中には有名な中矢伸一がいた。これと対抗していたのがコスモテンの高橋守だ。

《日月神示の総括5》太陽出版から出したコスモテンの高橋守は初版本を岡本三典さんと直接出版契約を結んだ人物である。高橋がその後無許可で際限無く出版したので、私は三典さんに頼まれて、新規に500部のみの再契約の代理人になったことがある。だが高橋は契約を破りその後も勝手に出版した。カネ!

《日月神示の総括6》高橋守は「ひふみ神示」と称して、日月神示を上下冊一部15000円で売っていた。三典さんは「一度も著作権料を貰ったことがないのでなんとかしてください」と私に申し入れた。私は代理人として出版契約を結んだが、私が理事を辞めてからは契約通り支払われていないようであった。

《日月神示の総括7》一方、橋爪一衛は自分流の解釈でメチャクチな日月神示を許可を得ずに勝手に出版していた。岡本三典さんは私に「なんとかしてください」と申し入れた。私は橋爪に直接会い出版を止めるよう要請した。彼はヤクザのような男を用心棒に連れてきて私に灰皿を投げつけようとした。唖然!

《日月神示の総括8》かくの如く日月神示の一面は、宗教的に世の中を支配したいという欲望の対象となっていた。お金の側面で言えば、創価系と統一系の二つの流れであることは間違いない。現在も日月を巡る金儲けはその流れの渦中にあるのだろう。だがもはやその勢いはない。彼らも在日も終わっている。


奇しくもここで名前の挙がっている人のサイトを一番最初の投稿で紹介していましたね。



やはりその一派なのでしょうか?
そうであれば、拒絶して良かったと思います。
くわばらくわばら。


過去のツイートを見ても、お説教やら啓蒙風の投稿が目立ちます。





あー、そうですか。
オカルトに偏っていて悪かったですね。


やっぱり真言宗の関係者でしょうか?


ネットのものは害になると言いつつ、ネットのサイトを紹介するって。。



宛先が分からないのにどうやって手紙を?やっぱり勧誘するきっかけを探しているのでは?



またしてもニートですか?
家と携帯を手放したからと言ってコストゼロにはなりませんね。食費光熱費かかるでしょうに。食事もせずお風呂にも入らないで生きていけるの?





これってどこかで見かけた様な・・。自立できていない人があちこちに絡んでいるパターン。人に神示を読めと指図する前に自立するのが先でしょう?



ご高説、有り難く拝見、、、できません。



あなたが怒りの源になっているのでは?



他人の勉強の進捗を心配する前に、まず自分を振り返った方がいいのでは?




こうしたやり取りを見ていると、どうも日月神示をきかっけにして声を掛け、その後、何かの宗派?などに誘導しようとしている様にしか見えません。

まさに先述の記事に書かれていた、「かくの如く日月神示の一面は、宗教的に世の中を支配したいという欲望の対象となっていた。お金の側面で言えば、創価系と統一系の二つの流れであることは間違いない。」の人達ではないでしょうか?

だから日月神示の事を口にすると、同じカルトの一味だと間違われてしまうのでしょう。本当に迷惑な話です。

それとは別のアカウントですが、集スト被害者を装った人物もいました。簡単なブログを持っている様ですが、記事が2つしかないという意味不明なサイトです。おそらく被害者を信用させる為に、他の被害者のブログなどを見て同じ様な事を書いただけのサイトに見えます。何故なら、その後、全く更新もなく、ツイッターでの主張は、一般の人が見たら、それこそ妄想にしか思えない様な信憑性の低い内容です。こういうのは集スト犯罪を周知する上で逆効果以外の何者でもありません。

今思えば、最初の接触も不自然でした。

私が他の被害者の方のブログを紹介したツイートにいきなり自分のサイトのURLを貼っただけのツイートをリプライして来たのです。



時間がなかったので(自分の言いたい事、やりたい事を優先したいので)、ざっと斜め読みして、一応お礼としてのツイートもしました。一見まともな事を書いている様に見えたのですが、よく読み返してみると、何とも下品な言葉も使っていて、それは直近のツイートにも現れていて、本当の被害者ではないと今は思っています。

暫くして、なぜか私のツイート(下)を引用RTしたのですが、内容を読むと、私のツイートとは全く関係ない事を書いているのです。

引用RTされた私のツイート。(元のツイートが表示されないのでそのスクショです)


それを引用した引用RT。全く無関係な事を書いています。


電源コードをペンチで切ったら壊れるに決まっています。しかも、こんな妄想に駆られた怪しい人物にしか思えない人のツイートに引用RTされたのでは、私までそういう人間に思われ兼ねない為、引用RTは迷惑だと伝えました。

以下、その時のやりとり。



引用RTをやめて下さいというツイートに対しても引用RTで返してくるというのはどういう思考回路の持ち主なんでしょうか。



引用RTするなと言っているのに、しつこく引用RTで返してくるこの無神経さには呆れてしまいました。


という事で終にブロックしたのですが、今日気付いた所、なんとブロックが外れていたのです。ブロックリストにないのでアカウントを削除したのかとも思ったのですが、どうも裏で操作しているのかも知れません。つまりそういう立場にいる人物である可能性もあります。

ツイッターの筆頭株主は電通ですから、勿論在日カルトの巣窟です。つまり中の人であり、集スト加害者でもある。そういう事ではないかと思います。

いずれにしても、親切を押しつけてくるステルスカルトや、成りすまし被害者も多数存在していますので、それらの活動を牽制する為に、この様な事を指摘させて頂いた次第です。

また、この「超適当」というアカウントの様に、集スト被害者を名乗りつつ、汚い言葉で品のないツイートを垂れ流すアカウントは迷惑以外のなにものでもありません。「集団ストーカー被害者」と一括りにされた場合、「ああ、あの訳のわからない事をずーっと言っている頭のおかしな人達の事だよね」と思われてしまうのです。だから、それは全くの別物だと指摘する必要があるのです。偽者は偽者と指摘する必要があるのです。似て非なるもの、もっと言えば似てもいないボロ丸出しの紛い物という事です。

同じ被害者を偽被害者だと疑うなんて・・と、批判する人もいます。
私はそういう風に綺麗事で済ませようとする人こそ、偽者ではないかと思ってしまう事もあります(そういう考えの人が必ずしも偽者だとは言っていません)。なぜなら本気でこの問題を解決したいと考えているなら、偽被害者の存在こそ大きな障害となるからです。

偽被害者がいても、関わらなければいい、という意見もある事は知っています。しかし関わらなければいい、という簡単な問題ではいのです。相手から関わって来るのです。近づいて来るのです。例え拒絶の意思表示をしていても。そして本当の被害者の活動の邪魔をしたり、変な方向に誘導しようとしてくるのです。そして裏で風評を流布して本当の被害者の評判を落としたり、逆に偽者のレッテルを貼っている様です。関わらなければいい、という簡単な問題ではないという事は強調しておきたいと思います。

また細かい修正はあると思いますが一端公開します。

少し前に高速パトのサイレンが聞こえました。何故かブログの更新前後のタイミングでサイレンがなります。ストーカーですから。


関連記事
スポンサーサイト