ASKA不起訴に関する疑問 精度100%の本検査なのに尿とすり替えたお茶から陽性反応?

今日、ツイッター経由でASKAが不起訴処分になった事を知りました。その理由がまた物議を醸しているのですが、なんと任意で提出した尿は、実は尿ではなくASKAがすり替えたお茶で、それを警察が否定できないから、というのですから驚いてしまいました。

ASKAさん不起訴=覚せい剤使用「立証困難」-東京地検

「尿でない」覆せず 不起訴、警視庁に衝撃

ASKA「尿はお茶」不起訴、警視庁否定できず釈放

一部転載します。
11月25日夜「盗聴、盗撮されている」と自ら110番通報。警察官が自宅に急行したが盗聴器などは発見されず、ASKAの言動がおかしかったため、任意で尿の提供を求めると素直に応じた。科捜研で尿鑑定したところ、同28日に覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕に至った。逮捕直前、ブログで「陽性は、ありません」などと何度も潔白を主張。逮捕後も「前回逮捕されて以来、薬なんて見ていない。絶対にやっていない」などと一貫して容疑を否認していた。

警視庁は19日、ASKAが逮捕後の調べで、任意で提出した液体について「採尿カップにあらかじめ用意したお茶を入れた」と供述したと明かした。尿採取は自宅トイレのドアを開けた状態で、捜査員とASKAの妻が背後から見る形で立ち会った。尿採取の瞬間を横に立って見られる広さはなく、2人とも陰部や手元まで確認できなかった。採尿は警察署に任意同行を求めて行うのが一般的。ASKAが「自宅でなら応じる」と話し、別件での通報だったこともあって、自宅トイレで採尿した。

 尿が少量で最初の鑑定で使い切っていたため、再鑑定できなかったという。逮捕後、自宅や滞在先ホテルを捜索したが吸引器などは見つからなかった。逮捕から日数がたっていたことから改めて採尿せず、また、当初提出を拒否しなかったため強制採尿もしなかったという。

 警視庁は不起訴処分について「覚醒剤成分が検出されたことは間違いないが(『お茶を入れた』との)供述を否定できず、ASKAさんの尿と立証することはできなかった」と説明。不可解にも思える供述を覆せなかった。東京地検は液体が何だったのかについて明らかにしていない。

これもすごい展開だと思います。色々と突っ込みたい所がありますが、それはまた後ほど。

ツイッターの反応。(許可を頂いておりませんので掲載不可の場合はツイッターよりご連絡下さい)





ASKAスゲーと称賛する声もある一方で、こういう意見も。









上のツイートの「薬物使用の疑いじゃない部分で心配」というのは、盗聴盗撮、集団ストーカーに触れている部分が心配という事なんでしょうか?つまりフィフィさんも否定、隠蔽側?それとも盗聴盗撮集団が実在している事を心配してくれているのでしょうか?

仮に否定側だとしても、別に今更驚く事でもありません。一見、権力や体制側と戦っている様に見せかけて実はあちら側の人も多い、というか殆どじゃないかと思っています。それに本当の事を堂々と追求したら、石井弘毅さんの様になってしまいます。有名人、著名人に限って言えばそういう人は消されてしまうのです。逆に被害者は人体実験被験者兼金蔓なのですぐに殺す事はしないのです。ただ、目立って活動している人や、真相に迫りすぎている被害者はその限りではないかも知れません。(末尾のリンクご参照下さい)

フィフィさんがという事ではありませんが、どんなに威勢のいい立派な事を言っていても、決してこの社会に蔓延る闇の本質には近づかない、本当に知られたらいけない事には触れない、触れてもいい範囲の中だけで騒いでいる、そういう役回りの方が多い様に思います。特に集ストに関する発言では、その人の本質というか“立場”の様なものが見えて来ますから、逆にいい判断材料になるかなと思っています。

この様な寄稿もされています。
フィフィ、ASKA再逮捕を受け「過熱する報道が更生の妨げになっているんじゃないの?」

ちょっと論点がずれている気がしますね。今この社会で一番深刻な問題は、利権や既得権益の為に他人の人生を破壊し、破滅に導く極悪犯罪集団が存在するという事なのにそれには触れない。その様な集団による妨害、略奪、許し難い人権侵害をなくさずにして、この世界がまともになるはずがありません。自分の努力や責任だけでは回避できない被害もあるのです。

集スト被害者以外この問題にあまり触れないのは、本当に知らないか、よく知らないからこそ敢えて言及しないという事もあるでしょうけれど、それとは別に、その存在を知りながら黙っているのは、自分が標的にされたり巻き込まれたくないからで、本当は知っていて知らない振りをしている人が殆どだと思いますが、フィフィさんもその一人なのではないですか?芸能界にいて知らないはずがないでしょう。

私はテレビも見ないのでこの方がどういう方なのかよく知らない為(ツイートも見ていないので)、あまり無責任な事も言えないのですが、この方に限らず一般論として言える事は、色んな圧力やしがらみがあって、仮に知っていても知っているとは言えない事情があるのでしょう。それに迂闊に本当の事を言えば・・・危険な目に遭います。それに上の寄稿にもあるように、芸能界で食べて行くには、やはり権力者の言いなりにならないと、それこそテレビに出る事さえできないのですから、常に権力者側の顔色を伺いながらになってしまうのは仕方のない事です。だからこそマスコミが権力者のプロパガンダ装置になっているのですが・・。マスコミを動かしているのは暴力団やヤクザ、解放同盟などの圧力団体です。芸能事務所なんてもろにそうでしょう?

芸能界というのは蓋を開けてみると、そういうドロドロした世界だったのに、知らない人はそんな世界に憧れて、時間とお金を注ぎ込んでいるのです。かくいう私もそうでした。知らないというのは恐ろしい事です。ただ、そういう現実を知ってしまった今でも、個人的に好きだったり応援しているアーティストさん達もいますので、そういう世界の中でも悪魔に魂を売らずに活躍して欲しいと願っています。

いずれにしても大事な事は、自分の頭で考え行動する事じゃないかと思います。そして必要以上に誰かに期待しない、依存しない、適度な距離を保つ事が結局は良好な関係が長続きする秘訣ではないかなと思っています。

気を付けないといけないのは、あちら側の人とは気付かずに、その人のどうでもいい議論や考察に付き合う事で時間をロスしてしまい、本質に迫る事ができず、時間切れになってしまう危険もあります。最初からそれが狙いのバランサー、ディスインフォーマーもかなりいるので注意が必要だと思います。嘘と本当の事をごちゃまぜにして、何が何だかわからなくさせる人達です。

また、社会問題に鋭く切り込んでいるからと言って、その人に付いてさえいけば世の中が良くなる、というのは幻想だと思います。斬り込み隊長の様に見える勇ましい方も、裏社会の陰謀を暴露?している陰謀追求者も、実は権力側の息がかかっている駒であったり、声は大きいけれどその言説をよくよく聞いて見れば何の事はなく、当たり障りのない範囲の話題ばかりで、仮に危険と思える様な事を言っていたとしても、そんな事をいくら騒ごうが喚こうが、権力者や犯罪組織の者達にとっては痛くも痒くもない事ばかり。要するに陰謀に迫ると見せかけて、実は陰謀の真相から遠ざける役回りの人だったりするのです。

また、被害に遭っていても諸事情により発言できない人や、今の生活を妨害されたり家族の身に危険が及ぶ事などを考えて、敢えてこの問題に言及しない方もいると思います。例えて言うなら、何のトラブルも発生していないのに、自分から暴力団事務所に殴り込みに行くようなものです。丸腰の素人が。そんな危険な世界に巻き込まれてしまったら、人生終わります。

なので集スト問題に触れないからと言ってあちら側の人、などと考えているのではありません。誰だって好き好んでこんな犯罪の餌食になどなりたくないのですから・・。私だってできればこんな犯罪のターゲットになどなりたくなかった。だから言及しないからと言って責めているわけではないのです。気分を害され方がいたら申し訳ありません。m(._.)m

それはともかく、私はこの騒動に関してASKAも役者として一枚噛んでいるのではないかと思ってます。若しくはその様に強要されているか利用されているのかも知れません。

後述しますが疑問点が多く、それにこんなお粗末な顛末とあっては、警察の威厳、威信、信用丸潰れですよね。陽性反応云々の前に、本当にお茶と尿の区別が付かなかったという事なのでしょうか?

そもそも、精度100%の検査と自慢?していたのではなかったでしたっけ。というか、逮捕時はそういう情報ばかり目に入って来ていましたが。

↓こういうサイトは苦手なのですが、元記事が削除されていて、転載がある所を探したら出てきました。(ここで嬉々としてコメントしていた人達の言い訳も聞いてみたいものです)

ASKA元被告 精度100%といわれている鑑定で陽性反応→ASKA『集団ストーカーに監視されて盗聴されています!』

一部転載。
再び覚醒剤を使用したとして、歌手のASKAこと宮崎重明元被告(58)を、警視庁は28日にも逮捕する方針。警視庁から捜査の最新情報を江口友起記者が伝える。

ASKA元被告は28日、ブログを更新し、覚醒剤の使用を否定しているが、今回、簡易鑑定ではなく、精度が100%とされる本鑑定で、覚醒剤の陽性反応が出ていることがわかっている。

警視庁によると、25日夜、歌手のASKA元被告本人から110番通報があり、警察官が東京・目黒区にある自宅に駆けつけた。
その際、不審な言動があったことからASKA元被告から尿の提出を受けているが、提出された尿の量が少なかったことから、本人を前にして、検査キットを使って行われる簡易鑑定は見送られ、28日、本鑑定を行ったという。

本鑑定は、警視庁の科学捜査研究所で行われるもので、その精度は100%といわれている。その結果、覚醒剤の陽性反応が出たことから、警視庁は、まもなく逮捕状を請求することにしている。
 警視庁は、ASKA元被告がいつから覚醒剤を再び使用しはじめたのか詳しく調べることにしている。

あれ?簡易鑑定じゃなくて本鑑定だったのですね。
てっきり簡易鑑定だったのだと勘違いしていました。

と言う事は精度100%の本鑑定なのに、精度100%の本鑑定なのに、精度100%の本鑑定なのに、精度100%の本鑑定なのに、お茶と尿の区別も付かず、すり替えられた、またはお茶が混入していた事にも気付かず、しかもお茶であれ尿であれ、そのどちらかを本鑑定した結果、陽性反応が100%の精度で出てしまったという事でよろしかったでしょうか?

ちょっと待って下さいね。
少し頭を整理しないとわけがわからなくなってきました。

まず疑問点を整理。

この時の本鑑定で陽性反応が確実に出たのなら、当然ですが拘留中に毛髪検査もしているはずですよね。その毛髪検査の結果はどうだったのですか?そういう発表は今の所出て来ていない様ですが?

他にも以下の様な疑問があります。

ASKAはいつの段階で尿とお茶をすり替えた事を警察に言ったのですか?
逮捕されてすぐですか?

もし逮捕直後に言っていれば、その時点で再検査(強制採取)したはずですよね?という事は、もっと後になってからですか?

本当にお茶にすり替えたなら、陽性反応が出たと言われた時点で、例えばミヤネ屋で電話に出ている時に「宮根さん、実はあれ、お茶なんですよ」って言うはずでは?

それとも、体内から覚醒剤成分が抜けるまで時間稼ぎして、それから言ったの?もしそうなら、やっぱり覚醒剤使用していたという事?

「提出された尿の量が少なかったことから、本人を前にして、検査キットを使って行われる簡易鑑定は見送られ」という事ですが、もし量が少なかったのなら、水分を摂らせ少し時間を置いてもう一度採尿する事もできたのでは?

それ以前に任意提出の尿の判定だけで済ませてしまったという事ですか?
普通、逮捕した後にも再検査ってしないのですか?

そんな簡単な(いい加減な)判定で、人ひとりの罪状や刑期が決められてしまうのですか?

そんな杜撰な鑑定なら、例え精度が100%でも意味がないのではないですか?

本人の体内から出たもの(尿)かどうか、それが検査の根幹であり大前提なのに、そこが証明できないってどういう事ですか?

そもそも警察が証拠品に覚醒剤を混入させる可能性がある、なんて疑われている事をどう思っているのですか?
疑われているだけではなく、実際にその様な前例もありましたよね?

警察が証拠隠滅、捏造、冤罪、殺人までしているって本当ですか?


もう次から次に、こうした疑問が沸いて来るのですが、これについてちゃんと回答し報道するべきではないですか?警察もマスコミも。

○○が覚醒剤使用で逮捕!!などという時ばかり大騒ぎして、実はそれが間違いだったと分かった時は、何もなかったかの様にダンマリを決め込むのですが?あるいはちょっとだけ謝罪して終わりですか?それではあまりにもご都合主義すぎますね。こういう大失態の茶番(お茶だけに)劇にも国民の血税が使われているのですよね。納税者に対し謝罪をして責任取らないのですか?お金返しなさいよね。全く。

そもそも盗聴盗撮を警察に訴えても、まず被害を認められないばかりか、逆に妄想や精神病と判断されるリスクがある事は、集スト被害者であれば熟知しているのに、なぜ自ら110番通報したのでしょうか?仮に証拠と言えるものがあったとしても、警察も加害側なので、うまく誤魔化され丸め込まれて終わりです。運が悪ければ自分が不利な状況(措置・強制入院)に追い込まれるだけ。

それだけのリスクを承知でなぜ110番したのか、それが今回の逮捕の時からずっと引っ掛かっていたのですが、この釈放の理由にしても、疑問と疑惑が次々に湧いて来ます。

これについて疑問に思ったり指摘する被害者の方が少ない様な気がしないでもありませんが、というか一時期私が意固地になってフォローを外してしまったりしたので、他の被害者の方のツイートをあまり見ていないだけかも知れませんが、いずれにしてもASKAが釈放されて良かったという声が多い様に思います。

しかし、手放しで喜んでいいのか、という気持ちが私にはどうしてもあります。私は本当の狙いは↓だったのではないかと疑っています。

タクシー内映像使用 「公益性」どう判断

歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者が覚醒剤を使用した疑いで逮捕された事件で、複数のテレビ局が逮捕直前にタクシー車内で撮影されたドライブレコーダーの映像を報道したことが、インターネットを中心に「興味本位だ」と批判された。報道機関がこのような映像をどこまで利用できるのか議論を呼んでいる。【青島顕、内橋寿明】

 ASKA容疑者は先月28日夜の逮捕直前、報道陣の待ち受ける東京都内の自宅にタクシーで帰宅した。日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビの4社が車内の映像を入手したとして翌29日に報道番組やワイドショーで放送した。ドライブレコーダーは事件や事故に備え車内に設置しているもので、容疑者が自宅前で待つ報道関係者について「家の前にいっぱい人が集まっていると思うんですけど、ギリギリに止めてください」と運転手に指示する様子が映し出された。

 ソーシャルネットワークなどで「プライバシーの侵害」と批判が起きると、東京のタクシーグループ「チェッカーキャブ」はホームページに社長名の謝罪文を掲載した。同グループの事務局は加盟社による映像提供について、取材に「事故などの調査以外には基本的に認めていない」と答えた。

 国土交通省は今月1日、タクシーやバスの業界団体に対して「乗客のプライバシーに配慮することなく、マスコミに映像を提供する行為は誠に遺憾」だとして、ドライブレコーダーの映像管理の徹底を求める通知を出した。自動車局安全政策課の担当者は取材に「レコーダーには一部補助金を出しており、安全運転の指導・教育などに活用すべきだ。報道の自由を阻害する意図は全くない」と説明。石井啓一国交相も6日の閣議後の記者会見で「報道の自由や知る権利を制限するものではない」と述べた。

 放映したテレビ各局は「公共性・公益性があると総合的に判断した」などとコメントした。あるテレビ局の複数の報道関係者は「薬物事件の容疑者が逮捕直前に何を言い、どんな状態だったのか判断する情報だと考えた」と説明した。

「報道意義あり許容」「当局の介入招いた」
 個人情報保護法は、報道機関が報道目的で個人情報の提供を受けることを「適用除外」として認めており、映像の利用に公益性・公共性があるかなどが問われそうだ。


 鈴木秀美・慶応大教授(憲法)は「判断は難しいが、有名人が薬物事件で執行猶予中に起こした同種事件の逮捕直前の様子を映像で報道する意義は、興味本位を超えて十分にあったと言え、法的に許容される」と話した。

 服部孝章・立教大名誉教授(メディア法)は「密室のタクシー車内はプライバシー空間で、映像の放送には慎重な判断が求められる。公共性・公益性があったか疑問で、国交省の介入を招き、報道の自由に自ら縛りをかけた格好だ」と批判した。

 国交省の通知については、両氏とも「報道の自由を阻害しかねない」と批判的だ。服部氏は「映像の取り扱いは業界に任せるべきで、口出しをすべきではない」と指摘した。【青島顕】


公共性云々の前に、まずひとこと言ってもいいでしょうか?
「安全運転の指導・教育などに活用すべきだ」の前に、「集団ストーカーに加担しない様、指導・教育を徹底」して貰いたいものです。今後は集スト犯罪からきれいさっぱり足を洗うと宣言して下さいね。補助金なんですから。犯罪に使うなど言語道断です。

バスやタクシーが集ストしているのは事実です。そう言うと、隠蔽したい人達はまたぞろ、証拠は?根拠は?と言うのでしょう?証拠が出せない事を知っていて加害者はそういう事を言ってくるのです。本当に嫌らしい人達。(物的)証拠が残らない、残せない手口ばかり選んでいるくせに。

以下、時間の都合により、自分のツイートから転載。(若干編集・加筆あり)

ASKAの不起訴処分で喜んでいる方が殆どかと思いますが、私は少し複雑な心境。手放しで喜んでいていいのか?という疑問が残ります。結局、振り返ってみればこういう方向にちゃんと進んでいるわけで、これは被害者にもブーメランで戻ってきます。何故かというと、被害者が映像や画像をがアップできなくなるかもしれないですから。

ちょっと話ができすぎでは?あれだけ大騒ぎして不起訴だとしたら、警察、マスコミの大失態なのに、あまり騒がれていないのも不自然。だからASKAも役者で一役買っていたのではないかと私は睨んでいます。加害者が一番潰したいのは映像や画像の投稿だから。その先手を打たれたという事。

※私がテレビを見ていないので分からなかったのですが、結構しつこく放送していた様です。

しかも、被害者自らが無自覚なまま、それに加担して応援してしまっている状況。自分で自分の首を絞める事になっていないか、ちょっと立ち止まって、冷静に考えてみる必要があると思うのですが・・。あのタクシーの乗車のシーン、おかしいと思ったのは、全く減速も幅寄せもしてなかった事。ASKAが手を上げる様子がなかった事。ASKAも運転手も、お互いに了解済みの様な、役を演じていた様な印象を受けるのは気のせい?

コメントを出したのはあの国交省です。何が狙いか考えたらすぐに分かりますよね。「タクシー内の盗撮映像流出はけしからん!!重大なプライバシーの流出だ!!安易な映像公開は自粛するべき!!流出させたものには罰則を!!」という世論が、自発的・自然発生的に形成される様に誘導する巧妙なシナリオだったのでは? という個人的見解。

映像を公開した事に対しての公共性の有無が焦点となるのですが、報道でさえ「公共性」が認められないとしたら、集スト被害者の様な個人には尚の事「公共性」は認められない、という事です。初めからそれを狙っていて、「被害者自らオウンゴール」というシナリオがあったのではないかと思っています。国交省って公明党(創価)の牙城だから、何を狙っているかすぐにわかりますよね。もちろん、自分達が関与している集スト犯罪の隠蔽です。

道路財源で天下り先を作るシロアリ公務員 国土交通省と創価学会

↑何だかんだ言ってもこれでしょう。日本病の正体。利権、既得権益、そしてそれを守る為のシステム=集団ストーカー。

それを隠蔽し温存し甘い汁を吸い続ける上で、自分達の犯罪の様子が記録された動画や画像を出される事が一番の打撃となり、都合が悪いのです。だから何が何でもそれをやめさせたいのです。

だから加害者はaiueoさんの様な動画をアップしている人を集中的に狙うのです。

↓こんなサイトまで。
対カルト宗教団体イワマン教

このカルト臭漂うサイトを見ただけでわかります。
あの一派です。
ツイッターにもその仲間がうようよしています。
ツイッターで「集団ストーカー」の画像検索すれば、そういう輩ばかり出てきます。
Youtubeもそうです。集団ストーカーで検索したら、aiueoさんのカウンター?アカウントがアップしたキチガイじみた動画ばっかり出て来ます。Youtubeでも相当工作が酷くなっています。そうまでして、本当の被害者のアップした動画を一般の視聴者に見せたくないのです。もう彼らの手口は見え見えです。こんな気持ちの悪い連中がいる事自体が集団ストーカーが実在する犯罪である事の何よりもの証明です。

大体、一般の人がこんな事はしません。
余程暇を持て余しストレスのはけ口を探してネットに住み着き粘着しているサイコパス人間か集ストの加害者でもなければここまでしません。つまり、自分がサイコパスか集スト加害者だと暴露しアピールしている様なものです。

ここまで落ちぶれたら最早人間とは呼べません。そもそも動画に出ている人物(マスク男)、スローにしてじっくり見てみたら、やはり人間ではありませんでした。足に特徴がはっきり出ています。間違いなくレプ一味でしょう。人間にはそこまで卑劣で卑怯で残酷で馬鹿な真似はできません。集ストも動物虐待も虐殺も冷血種のやる事です。このおぞましい種族が一刻も早く、この地球から一掃される事を願って止みません。

ASKAが役者だったのかどうかは別として、盗撮被害は確実にあるじゃないですか。なぜ盗撮されていると主張したら精神の病になるのか意味がわかりません。

盗撮動画ビジネス / 「高価買い取り」被害者増加に拍車

こんな事はずっと前から私が指摘して来た事です。ASKAのタクシー内の映像が流された事で盗撮だー、けしからん!!と大騒ぎになっているのに、こうした映像はなぜ今まで放置されて来たのでしょうか?

盗撮されている事も知らずに裸で入浴しているシーンであったり排泄中であったり、「密室のタクシー車内」どころの話ではないのです。そんな映像を売買される側の屈辱は自殺したくなるほどの耐え難いものです。大人でも耐え難いのに、まだ精神が脆弱な子供だったら?そんな映像が流れている事を知った時のショックは、タクシー車内のプライバシー映像流出の比ではありません。

こんな卑劣な事をして金儲けをしている人間を私は心底軽蔑します。鬼畜にも劣る、どこまでも欲の皮の突っ張った銭ゲバ人間の成れの果てでしょう。今までどれだけの人を絶望の淵に沈めてきたのですか?

私達集スト被害者は、外出中に家宅侵入されカメラなどを設置され、あるいはテレビ、PCの液晶モニターに仕掛けられたカメラなどによって、生活を24時間リアルタイムで生放送されているのです。もちろんトイレに入ったり食事をしたり入浴中もずっとです。

何度も繰り返せば盗撮も軽い罰則では済まない

上の記事より一部転載
東京都 迷惑防止条例
第5条 第1項 第2号
公衆便所、公衆浴場、公衆が使用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部若しくは一部を着けない状態でいる場所又は公共の場所若しくは公共の乗物において、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。


本当の盗撮というのは、ここにある様に、衣服の一部や全部を着けない状態での盗撮の事です。これをやっているのが集スト加害者達でもあるのですが、その映像がネットで堂々と販売されているのに、何故もっと徹底して取り締まらないのかと、警察には不信感しかありません。

上の記事では判断が難しいなどと書かれていますが、子供でも簡単にアクセスできてしまうネットでこんなサイトが放置されている事自体がおかしいのです。有料サイトならまだしも(有料であっても重大な犯罪)、無料で誰でもアクセスできる状態です。こんな状態で青少年の健全な精神の育成?笑わせないで下さい。

教育委員会は何をしているんですか?親や家庭がフィルターを設定して自己防衛を?では機械に疎い家庭はどうなるのですか?自己責任ですか?何故利用者だけに責任を押しつけているんですか?何の為の教育委員会ですか?警察もお粗末過ぎませんか?こんな事だから100%の精度の検査にも関わらず、100%の精度以前の問題として、尿とお茶の区別も付かないのです。すり替えられていても気付かないのです。そういう不手際や不祥事があちこちで発生して当然ですね。呆れて物が言えません。

集スト被害者の盗撮映像もこうして本人の知らない所で流されているはずです。近隣住民も協力している事でしょう。なるほど、こういう映像を売れば仕事などしなくても十分生活ができますよね。豪邸も建つし高級車にも乗れる。映像を売って時々ストーキングして、それで一生安泰。贅沢もできるというわけですか。どこまでも腐った卑劣な人間共。こういうのを鬼畜外道というのです。そういう映像を流されて自殺した人たくさんいたのでしょう?全員刑務所に入りなさい。そして二度と出てくるな。

あなた方には以下の様な訴状が出されています。疾病ビジネス、及びその他の人道に対する罪とはまさしくこの組織犯罪が該当しますので、謹んでご通知申し上げます。

世界の人々の名において提訴された製薬産業の「疾病ビジネス」ならびに最近の対イラク戦争に関連して行われたジェノサイド及び人道に対する罪に関する訴状

以下抜粋して転載。
概要

これは、人類史上最大の犯罪を国際刑事裁判所(ICC)に訴えるための訴状です。

被告らは「疾病ビジネス」、 戦争犯罪、及びその他の人道に対する罪を通じて何百万人もの人々に危害を加え、死亡を引き起こしました。これらの犯罪は国際刑事裁判所の管轄に属する犯罪です。


被告らは、これらの犯罪で責任を問われると承知しており、そのため ICC の権威を毀損するための世界的キャンペーンを開始しています。こうして彼らは自らを国際法の上に置き、全人類に被害が及ぶまで、その犯罪を犯し続けようとしています。

従って、この訴状は ICC に極めて緊急に検討して頂く必要があります。さらに、これを以て全ての個人及び各国政府に対し、こうした犯罪の根絶を目標とする今回の訴訟に加わって下さるよう要請いたします。

(中略)

被告
(中略)
これら多国籍企業の背後に存在する金融団体:
(中略)
8. 今後の調査の中で、これら諸犯罪への荷担の事実、又は、そこから経済的利益を得た事実がつきとめられる政治家及び国内・国外の政治団体
9. 今後の調査の中で、これら諸犯罪への荷担の事実、又は、そこから経済的利益を得た事実がつきとめられる軍関係者
10. 今後の調査の中で、これら諸犯罪への荷担の事実、又は、そこから経済的利益を得た事実がつきとめられる薬事医療行政官
11. 今後の調査の中で、これら諸犯罪への荷担の事実、又は、そこから経済的利益を得た事実がつきとめられるマスメディア関係者
12. 今後の調査の中で、これら諸犯罪への荷担の事実、又は、そこから経済的利益を得た事実がつきとめられる上記以外の個人又は組織又は団体

被告らは以下の理由により起訴されるべきであると考えます:

• 人の平和の権利を、事態を知悉しつつ意図的に蹂躙したこと;
• 人の生きる権利を、事態を知悉しつつ意図的に蹂躙したこと;
• 人の健康の権利を、事態を知悉しつつ意図的に蹂躙したこと。


2003年6 月14 日、オランダのハーグ市にて
世界の人々のために

医学博士マティアス・ラス

Matthias Rath, M.D.,
Dr. Rath Health Foundation
Muzenstraat 89
2511 WB Den Haag
The Netherlands


大変遺憾ながら、集団ストーカー加害者各位におかれましては、この様な訴状が出されております。

余裕で集ストしているのも今の内、指名手配になるのも時間の問題かも知れませんね。いくら日本の司法が腐っていても、国際裁判というものがありますから、決して逃れる事はできません。

いずれにしてもこの様な、他人の不幸や生き血を吸って肥え太る様な汚らわしい輩というのは、姿形は人間でも、その中身はまるで違う何かのバケモノか悪魔か魑魅魍魎か魔物か、いずれにしてもそういう訳の分からん虫の類に違いないのです。

今回の内容とは無関係ですが、とても共感する記事です。付きまといの様子などはまったく同じです。

集団ストーカーと創価学会の犯罪集団様より
被害記録 「Eの会」街宣車パンクさせられました。

電磁波攻撃により被害者死亡

冒頭の方で少し触れましたが、この様に他の被害者の相談役の様な方は、加害組織から見ればやはり邪魔になる為、命を奪われてしまいます。とても残念な事です。心よりご冥福をお祈り致します。

その記事の後半にNPOの事が書かれています。会員の半分は偽被害者だと。そういう噂がある事も知っていますが、その数の多さに驚いてしまう反面、本当の被害者の方も半分はいらっしゃる事に、また別の驚き、というか感慨というか、嬉しく思う自分がいます。できることなら本当の被害者と偽者が区別できたらいいのにな、と思わずにはいられません。

これは前から思っていた事ですが、「偽被害者」という言葉を口にしただけで、異様な反応を見せたり感情的になったり、ヒステリックに絡んで来たり攻撃的になるのは、もしかしてその人が偽被害者だからではないのかと思ってしまう時もあります。全部が全部そうではないとしても・・。

もし本当の被害者であれば、偽者がいるならその偽者が誰なのか知りたい、偽者を炙り出したい、特定したいと思うのが自然な気持ちではないでしょうか?犯人探しにばかり固執してしまうのはどうかと思うのですが、全く関知せずというのもちょっと脇が甘すぎる様な気がします。

偽被害者は決して無害ではないのです。様々な印象操作、被害者同士の分断と混乱、風評の流布、誹謗中傷、ミスリードなどをするので、放っておけばいい、関わらなければいい、という単純な話でもないのです。むしろ被害の撲滅や解決に向けての大きな障害となっているのです。

ただ、偽者に限って根拠もなくあいつは偽者だ、○○は創価だ、などと嘘を吹聴しているので、それに騙されてしまう人も多いと思います。そうして偽者と本物がごちゃごちゃになって分かりにくくさせられていて、だからお互い疑心暗鬼になって、結果、本当の被害者同士が連携できない様に工作されているわけで、その為に工作員が被害者を装って被害者団体に入り込んで来ているのです。当たり前の事ですが、集スト被害者団体に限らずどんな団体にもこうした工作はあります。スパイが紛れ込み内部から破壊するのです。その団体の質を全く別のものにしてしまいます。

ツイッターにも、この人本当に被害者?と思うアカウントもかなりいます。なので慎重になるあまり、投稿内容から被害状況がよく分からない方のフォローは返せずにいるのですが、もし本当の被害者の方だったら申し訳ないです。

偽被害者=加害者なので、間違いなく本当の被害者の事を陰で悪く言っているはずです。「あの人は実はカルト信者で~」などと根も葉もない事を言い触らしている人がいたら注意した方がいいかも知れません。また一般の人から見てこの人ちょっと危なそうと思える様な被害者もいます。集スト被害者が頭のおかしい危険な人達だと印象づける役回りの偽被害者なのでしょう。

自戒を込めてですが、ただ歩いているだけにしか見えない人の写真を無闇に公開しすぎるのも逆効果だなと思っています。きちんとそれがどういう状況だったのか説明しないと、誰彼構わず通行人を加害者と決めつけてSNSに投稿している人達がいる、という事で批判が拡大すれば、いずれ写真や動画の投稿もできなくなってしまい兼ねません。まさしくASKAのドラレコ映像流出→批判殺到、という流れです。

それでは自分で自分の首を絞めている様なもの。自分だけでなく、他の被害者の人の告発活動にも深刻な影響を及ぼし兼ねません。そのあたりはさじ加減が非常に難しいところですが、公開する以上は、単なる通行人ではない事の理解を得られる様な説明や根拠が、最低限必要だと思います。

例えばいつも同じタイミングで出てくるという理由があれば、投稿者が単なる興味本位で「無関係の人をネットに晒している」という印象はかなり軽減すると思います。その様な説明も前提もなしに「こいつは加害者」と無闇にネットに投稿するのは、正直被害者の私から見ても???です。できればそういう投稿は控えて欲しいなと思っています。それとも、投稿できなくする為の工作なのでしょうか?投稿させたくない、投稿を阻止したい、それが一番の狙いなんですから。

やはり動画を積極的に投稿されていた被害者さん(この投稿の少し後、不審火で亡くなられています)の記事より。

集団ストーカー、その他諸々ついて
警察に脅迫され一部動画のアップが出来なくなりました

この方は、精神病院に措置入院させられ、退院の条件として、ネットに動画をアップしない事を約束させられた様です。つまり、この加害組織が何を一番封じたいのか、最早説明するまでもありませんが、警察はこういう時ばかり盗撮だと決めつけて被害者の言い分など聞こうともしない、余程想像力が欠如しているのか、それとも正真正銘の馬鹿なのでしょうか?普段、他人に馬鹿という言葉は使わない様にしているのですが、ちょっと読んでいて頭に来たので使ってしまいました。あなたたちこそ、被害者のプライバシーを侵害し盗撮して罪もない人を殺している張本人なのに。国民の為に働きもしない人達を税金で養うのはもうそろそろやめた方がいいのではないでしょうか?

この被害者の方は火事で亡くなられたとの事ですが、その火事はどうやって発生したのでしょうか?もしかしたら火事になる前にどこかで殺害され、証拠隠滅の為に火事にしたのではありませんか?私は多分そういう事だろうと思っています。そんな事はいくらでもやる連中ですから。

どうか集ストの苦しみから解放され、心安らかであって欲しいと願いつつ、「集団ストーカー、その他諸々ついて」の管理人であった六岡さん、自殺された早坂さん他、亡くなられた被害者の方々のご冥福を心よりお祈り致します。

私達被害者は、いつ同じ様に命を奪われるかわからない危険と背中合わせで生きています。誰しも明日の命はわからないとしても、そのリスクは遙かに高いのです。常に銃口を向けられている様なもの。何かの守護?がなければ私もとうに命を落としていた様に思います。大型トラックが正面から迫ってきたり、そういう危険な目にも何度か遭ってきました。ただ単に運が良かっただけかも知れませんが、その運もいつまで続くことやら・・。

だから生きている間に、この鬼畜共のしてきた事を表に出したい、そういう気持ちだけが今の私を突き動かしているのです。そうでなければ、こんな腐った世の中に長居などしたくもありません。さっさと卒業したいのですが、やっぱり死ぬのも怖い。そして死んだ後の事を考えると決して安泰とも言い切れないのです。こんな世界に生きていて純真無垢の清い心のままで一生を終えられる人がどれくらいいるでしょうか?殆どいないのではないでしょうか?

仮にそういう人がいても、人を疑う事を知らず純粋だからこそ、周りに利用され騙され食い物にされるのが関の山。ある程度の駆け引きとか計算高さも身に付けないと生き残れないのがこの資本主義社会です。かといって社会主義、共産主義社会を肯定しているわけではありません。資本主義であれ社会主義であれ、結局は一部の支配層、貴族王族、権力者、金融マフィアを始めとするマフィア犯罪組織、富裕層、政治家、公務員などに冨が集まり、奴隷は一生奴隷のままなのです。

そんな中で、お互いに他人の欠点や落ち度や過去の過ちを探り合い批判し攻撃し合っているのです。集スト加害者などは本当に汚い手を使って個人情報や過去や生活を丸裸にして、あれこれと粗探しをしているのです。そして他人の弱みを握って脅したり言うことを聞かせたり金儲けに利用する。邪魔とみなせば保険金を掛けて殺人までするのです。どこまで腐った人間なのでしょう。人間と呼ぶのさえ汚らわしい。

他人の生活と頭の中を覗き見(盗聴盗撮)できる事で自分達には特別な力や地位があると勘違いし(単なる覗き見盗撮脳内麻薬中毒犯罪者集団のくせに)、他者に制裁を加える権限があると勘違いし思い上がり、ネットリンチ、ネット公開処刑を加え地域からも排除し一人を寄って集って虐め倒す。相手が病死や自殺するまで終わらない残忍極まる殺人ゲームのプレーヤーのくせに、まるで自分が神にでもなったかの様なつもりでいるのです。おぞましい限りです。いい気になって調子に乗っている様ですが、いつかは本物の神の怒りを買う事でしょう。脅しではなく本当に消されますよ。

こういう悪魔共はいずれ自滅するから放って置いてもいいのかも知れませんが、私自身の人生を振り返れば、結局、死んでも地獄、生きても地獄なのかな・・などと、つい悲観的になってしまいます。

風評被害について話を戻しますが、私の場合、過去にも色々と嫌な思いをしたので、妙な言い掛かりを付けてきたり、最初から馬鹿にしたりけんか口調の人など、トラブルになりそうな人や何かと押しつけがましい人は、無駄に時間と労力を奪われるのが嫌なので割とブロックしてしまう為、そういうのをどこで誰が言っているのかも知らないのですが、私自身が本当の被害者である以上、言われていないはずがないのです。別に本当であるかどうか信じたくない人はそれで構いません。ただはっきり言える事は、偽者は本当の被害者の評判を落とし、その人の言っている事の信憑性を落とす事が仕事なので、必ずネットや被害者の会などでその様に吹聴しているはずです。そういう人こそ警戒して欲しいと思います。

このあたりはまさに心理戦ですから、親切だから、いい人だから、という感情で流されると、変な方向に引っ張られてしまうと思います。奴らは巧妙に善人を装っていますから。

そういう意味では、ネット内の工作員も周辺に現れる加害者と同じで本当に卑怯です。何人も集まって陰でコソコソ悪口大会です。私は相手が偽者、または工作員と言えるだけの理由や根拠があり、自分が言い掛かりを付けられた場合などはブログにもツイッターにもはっきり書きます。もし私に言いたい事があるなら、自分のブログに名指しで書くなり直接言って来ればいいのにそれもせず、暗号などを使って仲間にしか分からない様に仄めかしたり中傷しているのでしょうね。

今は殆どありませんが、希にDMで感想を聞く(聞かれる)程度の事はあったとしても、何人もで集まって陰でコソコソ言う様な卑怯な真似はしたくありません。それをしたら近隣の加害者と同類になってしまいます。立ち話する振りをしてヒソヒソ、チラチラ、こっちを見ながら指差しながら、いかにも「地域中、あなたの悪い噂で持ちきりよ」とでも言いた気な、実に陰湿で嫌らしい近隣住民と同じになんてなりたくない。言っておきますが、その様な陰口悪口も度を過ぎると犯罪ですからね。名誉毀損罪という。逆に私の書いている内容が名誉毀損だと言いたいのでしょうけれど、私はただ、自分達親子がされてきた(いる)事を書いているだけなので名誉毀損ではありません。

人間の尊厳を粉々に踏みにじる、到底許し難いこの鬼畜犯罪集団に、何も反撃せず、黙って蹂躙されたまま犬死にするなんて私には出来ません。

気付けばいつも心の底から願ってしまうのですが、バケモノも偽被害者もいない世の中になればどれだけいいかと思わずにはいられません。その為に、本当の被害者だけで支え合い、力を出し合えたらいいのに、とも思います。ただし相手の負担にならない様に距離感は保ちつつ。

最後に、創価学会の集団ストーカー様の動画をご紹介させて頂きます。



まさに私もこの様なタイミングで同じ人物を目撃する事がずっと続いています。私の場合は、カメラを向けた瞬間やゴミ出しの為に下に降りていった時に、全く同じタイミングで特定の住民グループの人間が交代で現れます。



上の動画は見ただけでその異様さが伝わってきます。駅前とは言え、この様な細い路地や裏通りになぜこんなに人や車が?と思える程の異様な光景。私も娘を駅に送り迎えしていた頃はいつもこうでした。駅前のロータリーに停車していて、私が出ようとすると、次から次に列を成した車が入ってくるのです。私が発進しようとしたその直後から。毎回見かける車も何台もありました。車が途切れずに、1~2分待たされる事などざらにありました。悪意に満ちた嫌がらせです。

この人達がどこからの指令で来ているのかと言えば、やはり宗教団体しか考えられません。信者を動員しているのです。創価とか統一とか。他にも仏教系のカルトも多数存在しています。こんな犯罪をする様な団体のどこが宗教団体なのでしょうか。宗教を隠れ蓑にした脱税組織、集団ストーカー組織、殺人組織に他なりません。

これを捜査、摘発しない警察、マスコミがどういう存在なのか、説明するまでもないと思います。

同じ方の動画の再生リストです。ぜひご覧下さい。


こういう話は排他的に見えてしまうので苦手な方も多いかもしれませんが、こうして日本乗っ取り計画が着々と進んでいます。私の周辺にも外国人、特に中国人韓国人が増えています。そして集ストに加担しています。

一見平和そうに見えますが、日本は本当に深刻な状況です。日本人の皆さん、このまま他人事として見て見ぬ振りをしていていいのでしょうか?それとも、下手に首さえ突っ込まなければ自分は大丈夫と思っていますか?このままずっと傍観者でいますか?どういう選択をするかは個人の自由なので、私がどうこう言える立場ではないのですが、かと言って傍観者でずっといられる保証などどこにもないのです。その為、こういう卑怯な人間達をこの国から追い出す必要があると思います。追い出すと言ってもそれは差別でも何でもありません。排他主義でもありません。

もし自分の家に泥棒が侵入しようとしていたら泥棒をやっつけるか捕まえるか追い払うか通報すると思います。当たり前の事です。「泥棒さんどうぞお入り下さい、ゆっくりしていって下さいね」なんて、お・も・て・な・しする人などいません。速やかにお引き取り頂くか、通報して逮捕してもらうのが一般的な対応です。この組織的犯罪集団であるストーカー加害者達を追い返すのもそれと同じ事です。

そもそもその集団テロ活動に対応しない警察が腐っているのですが、仮に加害者が日本に住んでいなくて外国にいても、先述の国際法違反ですから、国際刑事裁判所で裁かれるべきです。

こんな極悪テロリスト達は皆一人残らず処罰し、首謀者は処刑すべきではないですか?それをしないのなら、国際刑事裁判所の存在価値を問われても仕方ないと思います。それさえも税金の無駄遣いですからすぐに解体すべきではないでしょうか?

公務員も政治家も役所も、市民や国民の為になる様な事は何もしないのに(自分達の給料を確保する為の仕事と人員の様に見えますが)、仕事をしている振りをして給料だけはたっぷり持って行く、そんなのばっかりです。

この世界は狂人によって支配されている、と言ったジョンレノンの言葉が脳裏を過ぎります。だからこそ、まともな(普通の)精神を持った人ほど生きにくいのです。

まともな精神とは?

仮に清廉潔白な生き方をしていないとしても(人間なら殆どの人がそうでしょう)、まともな人ならしない事。

人や動物を興味本位で殺す、虐待する
人の健康や命を奪って金儲けをする
寄って集って一人を虐める
個人の生活を盗撮し、その映像の生放送や販売、ギャンブルで金儲けをする
個人の尊厳を、立ち直れない程に土足で踏みにじる
自殺するまで追い詰める

どんなに欠点のある人でもこんな事は普通はしません。
人間として当たり前の事です。
種の保存の原則に照らしてみても、人間が同じ種である人間に対してここまで残虐になれるはずがありません。
縄張り争いや♀の奪い合いなどはあったとしても、こんな残酷で陰湿な殺し合いゲームをする様な種が人間以外にあるでしょうか?それが人間の本質、本性であるなら、この地球上で人間こそが最も進化の遅れた野蛮な生き物だと言えるのではないでしょうか。一体何の為にこれだけの大脳を獲得したのですか?同じ仲間同士で殺しあいをする為ですか?如何に効率よく大量の仲間を殺せるかを計算し、効率よく大量に殺せる武器を開発する為ですか?

だったら進化などしない方が余程幸せだという事ですよね。
そもそもこれは本当に人間だけが招いた結果なのでしょうか?

よく、今起きている事は全て自分が招いた結果だと言う方がいます。
因果応報、自業自得、自己責任。
でもこうした犯罪組織に狙われてしまったのも自己責任ですか?
社会には何の問題もないのですか?
自分の問題を社会の問題にすり替えて、社会が悪いと文句を言って憂さ晴らしをしているだけですか?

私は違うと思います。
人の不幸で自分がいい思いをする様な輩が跳梁跋扈するこの社会がおかしいのです。

何度も何度も手を加えているうちに、ものすごく長文になってしまいました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

それと、今日(12/22)、チップを送金して下さった方がいらっしゃいました。
とても有り難く思います。
何方かは分かりませんが、心よりお礼申し上げます。o(_ _)o
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する