再びリチャードコシミズという人について

先日、集団ストーカー被害は妄想だとする自説を繰り返すリチャードコシミズという方への反論を、くどくどと書かせて頂いたのですが、もうストレスが溜まるだけなので、この方にはあまり関わらないようにしていました。

ところが昨日、ある方のブログにリンクされていたRK氏の記事のタイトルにふと目が留まり、ちょっと見てみる事にしました。

ケムトレイル陰謀論を斬る

この記事を読んで、何と私の動画の件も取り上げられていた為、下記のコメントを入れましたが、妨害やスパムと見なされたのか、承認されそうもない為、メモに残しておいたコメントを記載します。
--------------------------------------------------------------------
妄想だと認定された動画をアップした本人ですが、現在では自分の勘違いもあったかもしれないとわかり、その様に動画の説明欄にも表記していますし、自分のブログでもその様に書いています。
未だに本当のところはどうなのか分らないままですので、ケムだと断言するような発言は控えています。
それ以前に、先日、合同講演会を開催されたベンジャミンフルフォードさんはケムトレイルを認めています。
BenjaminFulford
ケムトレイルについて

私の動画なんかよりも、ベンジャミン氏など隠謀論を唱える有名な方々やブロガーさんの発信される情報の方が遙かに影響力があるのですから、まずはその様な方々にケムトレイルの情報の発信をやめるように申し入れた方が良いのではないでしょうか。
ベンジャミン氏はHAARP・ケムトレイルに関する本の監修・翻訳もされています。

後、集団ストーカーは日刊サイゾーでも記事になっていますので、ただの被害妄想だとしたら、サイゾーは妄想やデマを記事にして発信する信頼できないメディアという事になります。
公安委員会が認可した「集団ストーカー探偵会社」なども多数ありますが、ただの被害妄想なのに公安委員会が認可するのでしょうか?
ありもしない妄想を解決してお金を取るのなら、ただの詐欺ですから、公安にしても調査会社にしても、興水さんがおっしゃる“自称被害者”よりも悪質だと思います。

元阿久根市長の竹原さんも集団ストーカーはあるとおっしゃっていますので、被害を訴える人達を妄想癖のある精神を病んだ人の様に言うのは、やめて頂きたいと思います。
何よりも興水さんご自身が、カルト信者から集団ストーキングされて、怖くてブルブル震えていた時期があったと話されている動画も拝見しましたが、興水さん以外の人は全部、妄想だとおっしゃるのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------

と、前回記事にした疑問点などをコメントとして投稿しました。

ところが、
「私RKは、当ブログをケムトレイル・集団ストーカー・HAAARPの持論開陳の場にはしたくありません。むしろ、そうさせることで、RKブログに対する多くの閲覧者の興味を失わせようとする勢力があるように感じています。ケムトレイルに関するコメントを承認しないこと、ご理解ください。」
との趣旨の様ですので、私の“持論”コメントは承認されなかった様です。
と言いつつRK氏の持論を肯定される方のケムトレイルに関するコメントは、あっさり承認されている様です(笑)。

と言うか、ケムや集ストの“持論開陳の場にしたくない”のなら、そもそも、そういう記事を書かなければいいだけの話でしょ?
そうすれば、全然関係のない記事に、わざわざケムや集ストのコメントが入る事はないでしょうし、仮に入ったら、承認しなければいいのですし、それも面倒ならそういう断りをサイトに明記しておけばいいのに、一体何を勘違いされているのでしょう。

RKブログに対する多くの閲覧者の興味を失わせようとする勢力←どんな勢力ですか?
だからRKさんご自身が、そういう記事を書いたり発言されるから、それに沿ったコメントが入るのであって、そういう事を言ったり書いたりしなければいいだけの事じゃないですか?
私はこの方の理屈がどうもよく理解できません。

結局、自分に肯定的で、賞賛してくれる人しか受け入れない度量の狭い方なのかなとも思います。
私も動画やブログを始めた最初の頃はそんな傾向もあったので、今は反対の意見も参考にしていますし、そうした方達のお陰で、自分の進んでいる方向が間違っていた事に気付く事もできました。
特にスピリチュアリズムや、いわゆる左翼的な思想に流されていた事に気付き、今はできるだけ偏らない様に気を付けています。
また、ケムトレイル説に関しても、最近では懐疑的になっていて、どちらかと言うとケムトレイルではないかも知れない、という気持ちに変化している事を、RKさんはご存知なかったのかも知れません。

という事で、当該記事に対する反論がまだありましたので、おそらく承認されないでしょうから、ここに記載します。

この記事でRK氏は、「集スト被害を語る人がケムを語る」という2ch?の書き込みを引用されていますが、ケムトレイルを語っている人が全て集ストの被害を訴えているわけではなく、むしろそういう人は僅かだと思います。
これは実際に統計を取ってみたわけではないので、単なる私の印象ですが、それと同じで、ごく一部の人、時にはある一人の人物(しかも学者や専門家ではなく一個人)の意見を、さも全体の意見であるかの様に印象付けるのはどうかと思います。
まさしく印象操作ではないかと。

そもそもRK氏が、持論の正当性を主張する際に根拠として挙げるのが、2cnの書き込みであったり、個人のブログの記事だったりするのですが、それって、私たちみたいな一般の個人ブロガーと何ら変わらないじゃないですか。

少なくとも、ご自身をネットジャーナリストと標榜されていながら、個人が趣味で開設しているかも知れないブログや、憂さ晴らしに書き込みをしているかも知れない掲示板の書き込みの中から、その時に自分にとって都合のいいものを選んでは、それを根拠とした上で、自分の主張は正しいという論調には少々呆れてしまいます。

○○のブログにこう書いてあった。
どこそこの掲示板に、私の主張を裏付ける、こんな書き込みがあった。


失礼ながら、これでは素人の個人ブロガーとまったく同じレベルです。
それでも自称ネットジャーナリストと言えてしまうのですから驚きです。

しかも、そうしたネット内の、その辺にいる普通の会社員とか主婦とか、もしかしたら工作員かも知れない人が発する情報や見解の中で、自分に都合のいいものだけを拾い集めて構築した“自説”を元に、講演会やDVD、著書などで収入を得ているとしたら、かなり問題だと思います。
(そうだとは断言していないのでお間違いのない様お願いします)
つまり、どこまで根拠のあるものなのかわからないのに、本を買ったり講演会などに行って無駄なお金を使ってしまう人がいたとしたら、そちらの“被害”の方が深刻だと思います。
逆を言えば、集スト被害者は、被害を訴えているだけなので、無視されてしまえばそれまでです。

ここで私が一番言いたい事は、そもそも“ジャーナリスト”とはなんぞや、という事です。

一般の個人が知り得ない情報を、個人が接触できないような情報源に接触して重要な証拠を掴み、それを検証し、裏を取り、なおかつ情報元の人物の背後に特定の勢力が関与していないかどうかまで洗い、そこまでして確証を得られた情報だけを自己の利害を優先させる事なく、民衆の為に勇気を持って発信できる人だけが、真のジャーナリストと呼べるのではないかと思います。

ましてや“自説”に否定的な意見は全て“工作”や“妄想”だと決めつける事は、その人の発信する情報に著しい偏りがある事を証明しているようなものだと思います。

物事には、賛成意見と反対意見、肯定意見と否定意見の両方が付きものなのですから、両方の意見を精査する事を避けていては、真相や真理になど辿り着けるはずもありません。
両方の意見を聞いた上で、自分としてはどちらが正しいのかを判断する・・・、それを客観的で冷静な判断と呼ぶのではないですか?

的外れな秘法中傷やスパムは論外ですが、初めから否定意見や反論を排除している時点で、RK氏自身が客観的な判断を心がけている方とは、とても思えません。
納得できない意見に対しては、どこが納得できないのか、相手のどこが間違っているのか、それをきちんと示せばいいだけの事です。

自分に向けられた疑念や疑惑には一切答えずに、自説にそぐわない主張をしている人の発言を一方的に“妄想”だと言い続けるRK氏の姿勢こそ、問題だと言っているのです。

これは個人ブロガーなどに限って言える事ですが、人間であれば勘違いもあれば判断を間違う事もあるのですから、その間違いに気付いたら修正し必要ならばお詫びをすればいいだけの事だと思います。

けれど、RK氏の様に、人からお金を貰う以上はプロなのですから、その様な立場にある方の発言は、当然、確たる根拠なり信憑性がなければならないはずです。
本やDVDを買ってから、「実はあれは間違いでした」では済まない話です。
少なくとも間違いが判明したら、本やDVDの代金を返金する位の誠意を見せて欲しいものです。

逆に、その位の覚悟がないと、プロとは言えないと思いますし、ジャーナリストと名乗ったり、プロとして活動してはいけないとも思います。
本を出版したり講演会を開く人が言っているのだから、きっと間違いないだろう、ネットで情報を探している人達にはそうした心理が働くわけですから、むしろ、RK氏の様な立場にある人達が誤った情報を流布していたり、プロパガンダを流している事の方が由々しき問題なのです。
ベンジャミン氏が言っている事を信じてそれを拡散している人達を有害だと非難するならば、まずはRK氏と交流のあるベンジャミン氏に、「ケムトレイルなんて嘘で混乱を招くからもうそういう情報は発信しないで欲しい」と言うべきではないですか?
ベンジャミン氏が言い続ければ、それを信じる人がいなくなることはないのですから。

そう考えると、この方の活動の主眼は、今や個人攻撃に移ってしまったかのようです。

ユダヤ金融資が2014年に極東で戦争を引き起こそうと画策しています」と、トップページに書いているのですから、“自称集スト被害者”や“ケムトレイルだと騒いでいる人達”を危険視して、妄想だ、病気だ、といちいち指摘している場合ではなのではないですか?

あなたが危機感を募らせている集団的自衛権容認や憲法改正案などの事案が既に審議されているのですからあなたの言う“ケムトレイル信者”や“自称集スト被害者”を繰り返し叩いている余裕がある事の方が不思議です。

これは私の個人的な感想ですが、集ストとケムトレイル、放射能の問題は、全くの別問題なのに、どうもこのRK氏という方は、これらを強引に結びつけたくて仕方ないという印象を強く感じます。いずれも“妄想”という“共通点”があるということでしょうか。


それと、今回引用された、「ケムトレイル陰謀論を斬る」というサイトについてですが、以前ここの管理人氏やここにコメントを書いている人物から、このサイト及び2chにおいて、侮辱的な言葉で中傷された事がありました。

申し訳ないのですが、興水さん同様に、精神科医でもないのに「精神病」だと勝手に他人を病気扱いする様な方達の言っている事を、私は全面的に信用する事はできません。
書いてある内容云々の前に、そういう人が本当に正しい情報だけを発信するかどうか、疑問に思うからです。
ただ、かなり遠くを飛行している飛行機が見える事がわかったのも、このサイトの情報が元になっているので、そういう意味では全てを信用していないわけでもありません。

ただし、
役所・関係機関に、ケムトレイルについて電凸している動画について

この記事によると、私の動画に写っている飛行機は「民間機」だと断言されていますが、「あの3日間に飛んでいた航空機は全て米軍機でした」と、北関東防衛局の人に言われたのですから、私の判断や結論ではありません。

もし「遠くを飛行していた民間機」の可能性があるのなら、その時点で自衛隊なり省庁の方からそういう説明があっても良かったと思います。そうすればその時点で私も“納得”していたかも知れません。

また、私はケムトレイルの“証拠”としてあの動画を公開している訳ではなく、省庁に問い合わせたらこういう返事でした、という一種の“記録”としての意味合いが強いのです。
なぜなら、電話した私自身が未だに、あの“飛行機雲”が、ケムトレイルなのかどうか、分らないのですから。

結局の所、本当の事がわからない(知らされていない)からこそ、憶測が飛び交い、騒ぎになるのではないですか?
真相がわかれば、嘘だとか本当だとかの論争は収まるのですから、その真相を解明して、嘘なら嘘だという決定的な証拠を見つけ、それを開示する事が、あるいは開示させる様に働きかける事が、自称であれ他称であれ、ジャーナリストとしての役割であり役目だと思います。

またこうした情報の多くはアメリカなど、海外から流れて来ている様ですから、いくら日本人にだけ、RK氏が考えるところの“デマ”を拡散するなと呼びかけても無駄だと思います。

ちなみに今回引用された「ケムトレイル陰謀論を斬る」というサイトのリンク集に、面白いリンクがありました。
人工地震説の嘘とデマ:3.11人工地震テロ説・地震兵器説の証拠を検証

さらにそのリンク先にはこんな興味深いリンクも貼られていました。(元独立党員さん?)
鉄人堂妄語録

何だかRKさん、墓穴を掘られた感がなくもないですが・・。

私も仕事があるのでこの変でやめておきますが、
否定されると激烈に反発して捨て台詞」とも書いていらっしゃいましたが、講演会等で他人の事を診断もせずに「100%病気だと断言します」などと言い放ち、精神異常者、社会の秩序を乱す悪の根源の様な発言をされるからこそ、反感を呼び、反発されるのだと思います。
私もそういう事を目にしなければ、ここまで批判、反論するつもりもなかったですし、そもそもあまりこの方の情報を見ていなかったので、気付く事もなかったと思います。

Wikiによれば、悪の根源はロックフェラーだと断言されているようですが、そらならば、集スト被害者の訴えや“妄想”に付き合うよりも、米国戦争屋達の隠謀と野望を打ち砕く事が先決なのではないでしょうか?
因みに、今までこれだけネットで活動・活躍されてきたのですから、少しは成果があったのでしょうか。

いずれにしても、集団ストーカー被害者はただでさえ、見えない加害行為や精神的な苦痛と闘っているのですから、そこに塩を塗る様な言動をする事は止めて頂きたいと思います。

時に死にたくなる程追い詰められている人を、更に追い詰める事が、あなたの使命や目的だったのですか?
そうでないのなら、もっと違う事に時間とエネルギーを使って下さい。

(追記 2016/3/20)
※2015年頃から再び、あの飛行機雲は、やはりケムトレイルだと考える様になりました。ほぼ確信しています。気象操作について調べると、エアロゾルによる空中散布で人工降雨・降雪等の気象操作をしている事は公表されている事実です。

ジオエンジニアリング概説

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ベンジャミン・フルフォード氏は「日本とユダヤと世界の超結び」という本の
39ページで次のように書いています。

「(とある組織が、ベンジャミン氏に対して)あらゆる嫌がらせをする。ハンパじゃないんですよ。それこそ、ギャングストーキングみたいなのは実際あります。」

つまり、同氏は集団ストーカー(ギャングストーキング)について存在に気が付いています。

また、私たち被害者は「集団ストーカーが実際にある」ことを知っているので
ベンジャミン氏が集団ストーカーについて真実を語っている事を理解できます。

ですので同氏が主張する、ケムトレイルなどについても「オカルト」と一笑に付さず
考えてみる価値があるかもしれませんね。

2015/05/01 (Fri) 06:29 | 匿名 #- | URL | 編集
Re:

匿名さん。

お返事遅くなりすみません。

私は今、ベンジャミン氏に関しては特に期待はしておりません。

日本では、名前の知れているジャーナリストの人達が、この問題を取り上げる事はないだろうと思っています。
おそらく、できないと思います。
知っていても。

ジャーナリストの多くは、そんな事があるのか?という反応を示す(しらばっくれる)か、RK氏の様に、集スト被害者を精神病扱いして貶める役割の人達だと思っています。

それと、ケムトレイルはオカルトだなんて思っていません。
私は動画も上げていますので、よかったらご覧になって見て下さい。

2015/05/11 (Mon) 00:11 | Libra #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する