テクノロジー犯罪“利権”に群がる最低な人たち

とうふちくわさんの記事で紹介されていた動画です。

テクノロジー犯罪についてのセミナー動画です。
非常に参考になる内容ですので、ぜひご覧下さい。




冒頭にリンクしたとうふちくわさんの記事より一部引用させて頂きます。
創価公明党とカルト創価警察は、ターゲットを普通の生活をさせないよう日々必死にテクノロジーを駆使して嫌がらせをするのです。
自分達にはむかう者、気に入らない者に、とにかく毎日嫌がらせをしないと気がすまないのが、反日朝鮮カルト創価公明党と創価警察であり、まさしく朝鮮人や在日のメンタリティです。

(中略)

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の目的は、創価信者や在日や警察・防犯ネットワーク等で、日々ターゲットに嫌がらせをしてイライラさせる事で、大きな事件を犯させるように犯罪者に仕立て上げたり、あるいは自殺させたりする事ですが、もう一つの大きな目的の一つが、正常ににも関わらず精神科に誘導して向精神薬を処方させる事です。

麻薬同然の向精神薬を正常な人が飲むとどうなるか。
副作用で自殺衝動が出たり、猟奇的・凶悪犯罪を起こすようにうなります。

大きな事件が起こり、警察の捜査本部が出来たら莫大な税金が動き裏金が作れます。
自殺や大きな事件を起こさせなくとも、タダ同然の薬を処方する事で一生の顧客に出来、精神科医や製薬会社が儲かります
そして精神医療と創価学会といえば、生活保護利権

そのような利益の莫大なお金の一部が創価学会に行くのです。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪は全て利権なのです。



これ以上、利権で人殺しをする最低な人間を放置してしまうと、取り返しの付かない事になってしまいます。

まずは、ブログやツイッターなどで周知活動をすると共に、被害者同士の連携も強化していく必要があると思います。
ただ、被害者を装った加害者も多数紛れ込んでいる為、見分けが難しいのが現状です。
何とか真の被害者だけで連携できないものかと思っています。

政府も警察も、この犯罪を知らないはずがありません。
こんな事を放置、容認していたことがもし発覚したら、とんでもない事になると思います。
一体いつまでシラを切り通すのですか!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

大変勉強になります

都内の集団ストーカーターゲットです。
こちらのサイトは初めて拝見しましたが、大変勉強になります。

私もブログ主様と同等の大学を卒業しており、境遇も似ています。

集団ストーカーは15年ほどされていますが、
勉強してすべてを知ったのはここ2年ほどです。

利権・お金というものが非常に強い力で彼らを突き動かしているのは同意します。
同時に、恐怖や罪悪感でコントロールしている側面もあります。

集団ストーカー実行者が宗教団体だけではなく、
さまざまな組織の複合という点も、賛同させて頂きます。

基本的に集団ストーカーは一生なので終わることは無いのですが、
同じターゲットとして、ブログ主さんには平和が訪れることをお祈りしております。

2015/10/16 (Fri) 16:29 | 集団ストーカーターゲット「猫」 #OOgnDUP. | URL | 編集
Re: 大変勉強になります

集団ストーカーターゲット「猫」さん。

コメントありがとうございます。

私は高卒ですので大学は出ていないのですが。。

それはともかく、被害者は大変な犯罪に巻き込まれてしまったのは紛れもない事実ですから、加害側の卑劣な犯罪行為を白日の元に晒す事がまずは第一歩だと思います。

それぞれがそれぞれにできる事をしていきましょう。

2015/10/19 (Mon) 10:41 | Libra #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する