テクノロジー犯罪は創価学会と暴力団が関与

再び、前回の記事でもご紹介させて頂いた下の動画に関連した内容です。



この動画の最後の方で、非常に重要な事が語られています。

そして、この動画を書き起こして下さっている方の記事がありました。

純日本人会  テクノロジー犯罪 動画 この犯罪は創価学会員と学会をサポートしている暴力団員が関与

詳細は上記サイトにてお読み頂きたいのですが、何と言っても、一番重要な部分は

「例の件を調べるべく、後藤組の幹部に確認した所、電磁波とか ストーカーとか、アレを仕切っているのは 創価学会で、それを、後藤組と、東京では 松葉会が サポートしているみたいです。」という答えが返ってきました

これに尽きると思います。

そして、創価学会が暴力団を使って、様々な“工作”を行っていた事を裏付けるのが、名前だけは聞いたことがあった「憚りながら」という、後藤組の元組長の方が書いた本だったのです。

それについて詳しく記事にされている方がいらっしゃいます。

後藤元組長に明かされる創価学会は
暴力団へ画伯暗殺依頼をした事実・・の巻


この記事を拝見して、なぜ矢野絢也元公明委員長が、学会員からストーカー行為を受けていたのか、その理由もわかりました。



私の中でも、いくつかの点と線が繋がってきました。

先程のサイトから一部、「憚りながら」からの引用部分を転載させて頂きます。
創価学会、いや「池田教」が、この日本という国家を乗っ取ろうとしていることが、見過ごせないんだよ。
 日蓮正宗という宗教を利用して、人を集めて、会員にして、その学会員から莫大な金を上納させて、・・・・・・・・。
 公明党を作って政治に入り込んだり、創価大学を作って人材を官僚にしたり、法曹界を牛耳るために人を送り込んだりしちゃいかんだろう。

(中略)

・・・・宗教の理屈を国に持ち込む、さらにはそれで牛耳ろうとするのは、少なくとも自由主義国家じゃ許されることじゃねえだろ。

そもそも創価学会が「自公連立政権」だとか言って、国家の中枢でデカイ面してきたこと自体が、間違いなんだよ。

(中略)

池田大作のために、それまで散々働いてきた連中や、俺みたいに協力してきた人間を、用済みになったと思ったら、簡単に切り捨てるようなやり方が許せんのだよ。

(中略)

俺自身(後藤元組長)は・・・一番の悪はやっぱり裏で、山崎だの藤井富雄だのに汚れ仕事をさせといて、表では善意に満ち溢れた教祖サマ面している、池田大作だろうな。



暴力団とはいえ、後藤忠政元組長の正義感のようなものが伝わってきて、意外でした。
元組長の言っていることは、本当にその通りだと思えるから・・・。

このカルト宗教団体が日本で重ねてきた罪は、計り知れない程、深いものだと思います。

警察も、今やそのカルト組織の手先となってしまいました。
阿修羅掲示板より。
創価学会と検察・警察はグル。冤罪を作り上げ犯罪をももみ消す検察の犯罪を糾弾しよう!その1-c

国も政治家も行政も、知っていて知らぬ素振りなのは、きっと、この国(世界中の?)最大のタブーだから?

カルト、在日、集団ストーカー、
おそらくこの“3点セット”で、日本乗っ取りが行われているのだろうと、私は思います。

そして計画を遂行する上で、最大の武器として威力を発揮するのは、何と言っても、BMIなどと呼ばれる最先端テクノロジーである事は間違いありません。

この事は次の記事で書く予定ですが、以下の再生リストに、テクノロジー犯罪被害フォーラム様および、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク様による、詳しい解説がありますので、ぜひご覧下さい。

集団ストーカー・テクノロジー犯罪の再生リスト

一体、この、人体実験とも言える犯罪行為を行っている一番の大元はどこなのでしょうか?
創価学会なのか、それとも、国なのか、あるいはアメリカなどの外国なのか。
もし、外国によって行われているとしたら、いくら秘密保護法で国家機密を守ろうとしても、意味がない事は明らかです。
なぜなら、頭で考えただけで、相手に伝わってしまうのですから。

そもそも、死に至るような人体に有害な“実験”を、本人の同意もなく勝手に行うような、人権を著しく侵害する重大犯罪行為の一切を禁止する国際条約や、違反した際の罰則の規定の様なものが絶対に必要だと思います。

今は、ネットによって、簡単にこうした情報を共有できる様になりました。
いずれ、全てがわかる時が来ると思います。
その時になって、もし国が関与、あるいは主導していたことが明らかになれば、謝罪して済むような話ではなくなると思います。
憲法で保障されている人権を侵害するばかりか、命さえ奪う行為が許されるはずがありません。

在日問題をきっかけに、自民党や安部総理に頑張ってもらいたいという気持ちも持ち始めていたのですが、もし自民党や安部総理もこの事を承知していて、関与していたとした、もう二度と信用などしません。

そうでないとしたら、早急に対応をしていただきたいと思います。
毎日大量の電磁波で攻撃されている被害者が、いつまで持ちこたえられるかわからないのですから・・・。


おそらく、この様な事を書いているせいだと思いますが、暴走族が爆音を鳴らしながら、頻繁にうろついています。
やっぱり学会と暴力団(暴走族)との繋がりは明らかだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する