黙祷をしている最中にも

今日は東日本大震災から6年目。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈り致します。

ちょうどその時間、私はベランダに出て黙祷を捧げていました。まだ彷徨っている魂が、無事に天に帰る事が出来ます様にと心の中で念じていました。

すると、もの凄い爆音を立てた車が近づいて来て、そして走り去って行ったのがわかりました。こんな時でさえ嫌がらせにやってくる者達を、私は心底軽蔑します。

二度と再び人の姿をしてこの世界に生まれて来てはいけない者達です。

911、311、そしてこの組織犯罪の首謀者、あるいは黒幕を探って行くと、おそらく同じ所に行き着くのではないかと思います。この世界を思うままに支配し、貪り尽くしている一握りの邪悪で強欲な者達の存在。

そしてそのおこぼれに与ろうと、悪魔に魂を売り渡し、その方棒を担ぐ多くの下僕達。その様な者達が正当な裁きと報いを受ける事で初めて、その邪悪な刃の犠牲となった方々の無念の思いは癒されるのではないかと思います。

その様な日が一日も早く訪れる事を願って止みません。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する