ハイセンスな周知動画

海外のTIの方ですが、かなりハイセンスな動画を公開されていますのでご紹介させて頂きます。






Targetedindividual Irelandさんのチャンネルです。
Targetedindividual Ireland


こちらは別の方の動画ですが、(一部の表現を除き)こちらも中々いい感じだと思います。


Targeted Individual さんのアップロード動画


日本の方も、創価学会が~とか、カルトが~とか、○○は出て行け~という様な動画ばかりでなく、こういう軽いタッチの動画を作成したらもっと理解を得られるのではないかと思います。

と言いつつ、私の動画もかなり重い(内容がハード)ですし、お前が作れよ、なんて言われそうですが、私は自分の動画で手一杯なので、誰か他の方にお任せしたいと思います、という他力本願。m(. .)m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/16 (Thu) 16:12 | # | | 編集
Re 非公開コメント様へ

非公開で質問されても、どう答えていいのか困ってしまいます。それに、私にはご質問の内容は分かりかねます。また安易に他人に答えを求めるのではなく、ぜひご自身でお調べ頂きたいと思います。

2017/03/17 (Fri) 11:58 | Rhea #- | URL | 編集
大変失礼しました。

Rhea様
おっしゃる通りです。自分で調べてみます。
申し訳ありませんでした。

2017/03/17 (Fri) 14:23 | mizuiro #- | URL | 編集
Re: 大変失礼しました。

mizuiro さん。

偉そうな事を書いてしまいましたが、私にもわからない事の方が多く、とても他の人に教える様な知識はないのです。それに、人に聞いて簡単に得た答えというのは簡単に忘れてしまうものではないかと思うので、自分で悪戦苦闘しながら探したり調べたりする事が大事ではないかと思っています。

2017/03/17 (Fri) 18:22 | Rhea #- | URL | 編集
ご返事感謝いたします

こんにちは、あれから自分なりに海外の動画を調べて見ましたが、Rhea様が載せているものが多く見受けられました。
超常現象の一種として取り上げた動画は良く精査された優れた物が多いと思います。でも全体割合としては、少数派の気がします。最初からTIとの関連を上げていない物もある様なので。私が気になるのは多くの被害者に共通する「良く考えてみると、被害者を認識する前から(例えば幼少期から)不可解なことが始まっていたと、指摘する人が多いことです。私もそうです。
ここが、大変引っ掛かるのです。もしそれが事実であるとすれば、今の被害はその延長上、若しくは経過点に有ることに成ります。そうであれば、この現象は見えない造られた起点から始まり成長してきているということに成ります。
被害の度合をグラフにしても、多く人に共通点が見出せます。海外動画を調べたかったのはそういう観点からです。
勿論、加害者(或いは一般人)にも起点はあり、何らかの種子に相当するものが存在する様に思えます。
 

2017/03/18 (Sat) 10:23 | mizuiro #- | URL | 編集
Re: ご返事感謝いたします

mizuiro さん。

私も実は英語ができない人間なので、海外の動画を見ても、細かい所までは把握できていません。でも単語を繋げていけば何となく理解できる「箇所」もありますし、画像などを使っているものはイメージで理解する事ができます。

私は割合自体にはあまり拘っていません。なぜならこういう事を考える人は少数派だと思うから。しかし少数派が間違っていて多数はがいつも正しいとは限らず、実際にはその逆も多かったりするので、割合自体に焦点を当てる必要はないと思う次第です。

私もそうですが、幼少の頃から、、と感じるのは、おそらく人体実験としてずっと「追跡調査」されて来たからだと思います。極端な話、生まれた時に既に被験者として選ばれてしまったのではないかと。

新生児の中から何人を被験体として選ぶのか決まっていて、たまたま自分がそれに選ばれてしまった様に思います。

そしていつ集ストを発動させるかも予め決められていたのでしょう。それまでは色々と利用できますし、すぐに殺してしまっては実験になりませんから、本人に気付かない様に「観察」していたと思います。

そうやって秘密裏にデータを取りつつ、集スト発動後は様々な嫌がらせをして、それに対する反応もデータとして蓄積し、どの様に人間(の心理)が変化するのかという人体実験も兼ねているのではないかと思っています。

そこに地球由来ではない技術が使われていたり、あるいは直接嫌がらせに加わっている可能性もあるというのが私の考えですが、今の所は私の憶測や推察に過ぎません。

被害者と言っても人によって考え方も傾向も違いますが、それぞれの立場や考え、視点で解明、または追求して行く事が、解決に一歩でも二歩でも繋がると思います。




2017/03/18 (Sat) 12:34 | Rhea #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する