合同標的作戦(Joint Targeting operations)

机の上の空 大沼安史の個人新聞様より。

〔影の政府・闇の権力・組織によるハイテク民衆支配を許してはならない〕◇ 米国の軍事・諜報機関が一連の「行政命令(directives)」で、「合同標的作戦(Joint Targeting operations)」「フュージョン・センター」「地域情報共有システム(RISS)」、あるいは民営の「地域警察活動」「近隣ウオッチ」などをいった組織・オペレーションを一体化し、「監視」の名の下、米国民を「奴隷化」し、電磁波などで「拷問」を繰り広げている!






今日、久しぶりに出掛けて思いました。
合同標的作戦(Joint Targeting operations)という呼称が、私への集中的な嫌がらせを見事に言い表しています。

私の位置情報は完全に把握されていて、目的地までどのルートを通過しても加害できる様に、満遍なくPERPが配置されスタンバイしています。そして、行く先々で私が通過するタイミングに合わせて加害工作を仕掛けて来ます。

人命救助を気取りながら人殺しをしている消防署、犯罪を取り締まるどころか、ストーカーに明け暮れる警察、そんな世の中が狂っているのではありませんか?そういう犯罪を仕掛けているテロリストがレスキューや防犯を装い、卑怯な方法で誤魔化しながらコソコソと隠れながら、殺人行為にいそしむ。この様な組織犯罪に手を染める者達こそが一番の危険人物なのに。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する