東村山市議殺害事件から見えてくる、警察と創価学会(公明党)との黒い関係

前回も触れましたが、朝木明代・東村山市議殺害事件を詳しく見ていくと、警察や法曹界と、創価学会および公明党との黒い繋がりが見えてきます。

日護会の黒田代表が、街宣でわかりやすく解説されています。














再び黒田代表の街宣です。
池田大作氏の非常に興味深い発言を紹介されています。(思わず笑ってしまいました)






楽しんで頂けたでしょうか。(笑)

池田会長の名言(迷言)には驚きました。

今まで創価学会を虐めた者を今からやる!

やられたらやり返せ!

世間などなんだ!

反逆者には、コノヤロー、バカヤローでいいんだ!


今からやる・・・って、すごい発言ですね。

って、笑っている場合ではないですね。
こういう人を尊敬し、教祖と仰いでいる創価学会の異常さと危険さがよくわかります。

これらの動画が連続で見られる再生リストです。
創価学会・カルト


フランスでは、カルトと認定されている様な宗教団体が、あろうことか日本では、政治家や公務員として、国家の中枢に堂々と侵入して、日本の行政と日本人の命や生活を脅かし、破壊しています。
病院では医師や看護師として、福祉業界では介護職員などとして、多数入り込んでいるのですから、怖い話です。
(私が社協や日赤の職員、市役所の車などにストーカーされている事からも明らかです)

ヨーロッパではカルト信者が公務員になる事は禁じられているとの事ですが、至極当然の事です。
それなのに、日本はどうですか?
争いを避け、事なかれ主義が蔓延し、他人を批判しない事、他者の価値観を受け入れる事が“美徳”だという風潮に流されている間に、カルトが司法も政治も牛耳っているという情けない事になってしまいました。

危険な外国人やカルトを追放する事は、決して恥ずかしい事でも何でもないと思います。
当たり前の行動です。

批判や糾弾する人達を、人格が低いとか、排他的だとか、ヘイトだとか、そういうレッテルを貼り、自分たちは、平和とか人道とか援助とか、きれい事を並べて善人を装い、追求から逃れようと画策してきたのが、まさに反日勢力だったのだと思います。(ニューエイジもスピ系もそうでしょう。)

戦後の混乱に乗じて、朝鮮人が強引に奪い取った特権による弊害が、今日に至るまで、この日本の病巣として日本を蝕み続けています。

もうそろそろこんな状況に終止符を打たなければ、私たち日本人が安心して暮らせる日本という国は、いずれ消えてしまうでしょう。
そして、日本人の顔をしていても心は冷酷で残虐な在日朝鮮・中国人によって、この国は乗っ取られてしまうでしょう。

その反日的な在日人のバックには、もっと大きな勢力が潜んでいるようです。

井口博士の記事です。
特アこと、支那と韓国は1000年経っても変わらず!:歴史を知らずして何をか言わんや!

やっぱり黒幕はNWOシオニストという事なのだと、私も思います。
集団ストーカー被害者は、とんでもない強大な勢力と闘っているという事なのですね。
大変な勢力に目を付けられてしまったものです。

相変わらず、警察のパトカーが付きまとってきます。
昨日は駅への往復の際に、往き帰りでそれぞれ1回ずつ、パトカーと遭遇しました。

今回は、まとめて画像をアップしようと思っていたのですが、ちょっと時間がかかりそうですので、映像の整理ができたところで、またアップしたいと思います。

その前に、ケムトレイル関連のサイトの、きまぐれです。さんのサイトを拝見していて、やはりケムトレイルと集団ストーカーには、大きな関連性がある様に思えてきました。

というよりも、非常に深い繋がりがある様です。
ケムトレイル散布機の正体がわからずに、(地球製ではない)フェイク機だと思っていたのですが、違っていたかも知れません。
散布している組織(国?企業?グローバリスト?)の正体を隠す為に、機体を偽装する技術を軍隊が開発しているとしたら、あんな風に不可解な形状をしていても不思議ではないですね。

次の記事で、気まぐれです。さんの記事をご紹介させて頂きます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/24 (Sun) 12:11 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する