共謀罪で、集スト=組織的殺人犯罪加害者を一網打尽にして欲しい

共謀罪に猛反対している方たちへ。

共謀罪新設に反対されている方がとても多い様に思えるのですが、確かに危険な一面はあるとしても、一般人がちょっと相談をしたり、メールをやり取りしだけでも逮捕される危険がある、などと短絡的に結論付けて、闇雲に反対する前に、ぜひ考えて頂きたい事があります。

特に私たちの様に、組織的な嫌がらせを受けている集スト被害者にとっては、この法律に反対する事は、むしろ逆効果なのではないでしょうか。

周りの声や風潮に流されて、盲目的に反対する前に、せめて共謀罪の内容くらい、しっかりと把握する必要があると思います。

臨時国会で共謀罪新設の法整備も 安保法制先送りから浮上

上記記事によれば、

殺人などの重大犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象」

とあります。

普通に考えて、私たち一般人が殺人の共謀をする事なんてありますか?

誰かを殺害しようと計画し、連絡を取り合ったり、“打ち合わせ”をしたり、金銭の授受をしたり・・・、って普通の社会生活を送っている人間には全く無縁な事のはずです。

それをあたかも、誰でも逮捕できる危険な法律だ、ちょっと話題にしただけで捕まってしまう、会議もNGだ、、、、など曲解し、次第に背びれや尾ひれが付いて、危険だ、絶対に廃案にしよう!と煽る人達がいます。

日弁連が反対している様ですが、弁護士にも創価学会員が多い事から、何か裏があっても不思議ではありません。
特定秘密保護法もそうですが、共産党や社民党、弁護士会などが反対している時点で、そもそも怪しいと思ってしまう最近の私ですが、いずれにしても、反対をされている方たちは、本当に日本の国益を守り、日本人の命を守りたいと思っている方達なのか、ちょっと疑わしく思えてしまいます。

仮にその程度で国民を逮捕する様な事があれば、国民だって黙ってはいないでしょうし、猛烈に非難、抗議されるであろう事は、政府だって十分承知しているはずです。

ちょっと考えればわかる事ですが、テレビで報道されていた殺人事件や、麻薬所持で逮捕された芸能人の事を、たまたま友人と話題にしただけの国民を、片っ端から逮捕する様な事をしたら、国中が大混乱になるとわかりきっているのに、その様な馬鹿な事をするはずがないと思います。
多くの国民の逆鱗に触れたら、自分達だって、政治家としての立場も仕事も収入も失ってしまうのですから・・。

あいつには頭に来たから仕返しをしてやろうぜ、と友人にメールをした場合はわかりませんが、そもそも、そういう暴力的な事を考える不良などは処罰対象になった方がいいと、暴走族にうんざりしている私としては、個人的には思っています。


繰り返しになりますが、あくまでも処罰の対象としているのは、

重大な犯罪の共謀に加わった人

という法律です。

逆に考えれば、この共謀罪は、集団ストーカーの加害者を、組織ごとまとめて取り締まる事のできる素晴らしい法律なのではないでしょうか?

カルト宗教団体からであれ、省庁(霞ヶ関及び官僚)からであれ、警察からであれ、基本的人権を侵害するという憲法違反も甚だしい悪質な“加害行為”を、集団で連携を取りながら実行しているのが集団ストーカー犯罪です。

という事は、その指令や指示を出す人物および組織と、実際に加害行為を実行する人物らが、結託し、連携し、共謀して、被害者を自殺や病気や事故で死に追いやるという組織的な殺人行為が行われている事は間違いないのですから、この集団ストーカー犯罪に関与した人間は、例え犯行前であっても、あるいはそんな事はしたくないと断って実際に犯行に及ばなくても、極端な話、全員処罰できるわけです。

逆を言えば、指示を出している上層部の人物から、“現場”で実際に加害行為を行う末端のストーカー要員に至るまで、組織的に“共謀”をしなければ、この集団ストーカーという犯罪は成立しないのです。

しつこいですが(重要なので)、犯罪者でもない一般市民に対して、大量の人員を動員して、組織的に、電磁波やマイクロ波照射などの身体的殺傷行為を加えたり、自殺に追い込む為に精神的な苦痛を与え続けたり、といった犯罪(殺人・傷害)行為を行うのですから、当然ながらそこには“共謀”が存在するはずです。


そして、仮にこの共謀罪で逮捕された加害者がいたとして、同じ加害者なのに捕まっていない“仲間”がいたとしたら、どうなるでしょうか。
きっと、面白くないはずです。
自分だけ捕まって、あいつは捕まっていないなんて納得できない・・・、当然そう思うのではないでしょうか。

集ストに加担している人間は、自分の利益になるなら、つまりお金が貰えるなら、他人を死に追いやっても平気な人達です。
若しくは、お金が貰えるならそれでいいと、上からの指示に対して何も考えない、思考停止の人達です。

そういう人達が、自分が窮地に追い込まれた時に、果たしてどこまで仲間を庇えるのかはわかりませんが、想像するに、自分と同じ事をしていたのに捕まらない人間がいるのは面白くない、という加害者が大半でしょうから、きっと次々に、「実はあいつも・・・」と口を割るのではないでしょうか。
そもそも自分さえ良ければ、という感覚の持ち主でなければ集スト加害者なんて務まらないでしょう。
他人への同情も配慮もできないサイコパスなのですから。(←このサイトは非常に参考になります)

思考停止の人に至っては、他にも誰か共犯者がいないか尋問されて、何も考えずに、あっさり答えてしまうでしょう。
そもそも、他人に嫌がらせをしたり、付きまとったり、電磁波攻撃をする事が、犯罪だと認識したり、悪い事だと判断できないか、若しくは、自分の頭で考える事さえも放棄して、損得勘定だけで生きている人達なのですから、相手の(仲間の)事情とか利益なんて考慮するはずもありません。

という事は、芋づる式に次々と加害者が判明するのでは、と期待してしまうのですが、まさに集スト加害者らを一網打尽に出来る可能性のある法律だと思いませんか?

何よりも、私たち被害者が一番苦労しているのが、証拠と証明です。

確実な証拠があり、それが加害行為である事を証明できなければ、いくら裁判を起こしても敗訴する事は目に見えていますし、逆に自分が訴えられるリスクの方が大きいのです。
だからこそ、どんなに被害を受けていても訴える事もできず、逆に誰かに相談すれば頭がおかしいと精神病院に強制入院され兼ねず、結局、泣き寝入りして耐えるしかないのが現状です。
残念ながら耐えきれなくなって、自ら命を絶ってしまった方も、相当いらっしゃると思います。

証拠が残らない、それが集団ストーキングの最大の強みだったのです。

例え問い詰められたとしても、いくらでも言い逃れが出来ます。
ただ通りかかっただけで何を言っているんだと、反撃されてしまいます。

偶然や普段の生活上の行動を装っている為、それがストーカー行為だと証明する事は不可能だと、始めから計算済みですから、本当に卑劣で嫌らしい犯罪です。

ところが、この共謀罪は、
実際に犯行を行っていなくても処罰できる
のです。

つまり、私たち被害者が、○○という人物から嫌がらせを受けている、付きまとわれているという確実な証拠を用意できなくても、処罰が可能だという事です。

複数の人物が共謀していたという事実や痕跡さえあればいいのです。


例えば、“上層部”から、△△(被害者)に対してこういう事をしろ、という指示が、加害者のスマホに送信されたとしたら、そのメールがサーバーに残っている可能性が高いですから、それだけで、複数の人物が共謀して犯罪を行っていた事の、立派な証拠になるのです。

その後、実際に犯行に及んだかどうかは関係ないのです。
また、被害者側が、その人物から被害を受けている事を証明する必要もないのです。

これだけでも素晴らしい法律と思うのですが、だからこそ、日本人の振りをした反日勢力などが、必死にこの法律を潰そうと躍起になっている様に私には見えるのです。平和を守ろう!憲法を守ろう!人権を守ろう!と、もっともらしい主張を隠れ蓑にして・・・。

ただし、そうした共謀、共犯に関与していた情報が出てきた時に、確かにその人物が、執拗に付きまとっていた事の裏付けとする為にも、映像や音声、遭遇日時の記録などは残しておいた方が確実だと思います。

私の解釈が間違っている部分や、過度に期待しすぎている部分もあるかも知れませんが、もしかしたら集スト加害者たちを一掃できる可能性を秘めた、重要な法律だと思いますので、何としても成立させて欲しいと思っています。

集ストは、一人の人間を、数人から時には数百人?という圧倒的な人員を動員して組織的に犯罪を犯しています。
民間人に紛れ込んだ工作員はもちろん、公的機関や緊急車両も連携し、時にはヘリまで飛ばし、暴力団や暴走族などの反社会的な人物までもが加わって、徹底的に嫌がらせ(精神的・身体的虐待)をし、その結果、自殺や病死、事故死などで、相手が死ぬまで続けられる凶悪な殺人行為ですから、重大な犯罪であることは、間違いないのです。
(私の周辺にも、や○ざや暴走族がうろうろしていますが、警察は取り締まりません)

このままでは、この国も、そしてこの国で例え贅沢などできなくてもいいから平和に暮らしたいと願う日本人の生活も命も守れるはずがありません。彼らの暴走を止めようと声を上げた人達は、こうして潰されてしまうのですから。

せめて、集スト被害者の方々は、このあたりの事をじっくりと調べ、考えてから、反対するなら反対して頂きたいと思います。

ただし、冤罪の危険は十分に警戒しないといけないとは思います。
自分のPCに侵入され、勝手に“痕跡”を残されてしまう可能性もありますから・・・。

そして何よりも警察自体が、集ストを主導している組織の一つと言われていますから、今のままでは警察の捜査や摘発が、十分に機能するとは思えません。自分たちも集スト加害者側であれば、むしろ隠蔽しようとするのは自明です。

その為にもまずは、捜査機関である警察が、“予算”を人質に、そして自民党は、“票”を人質に創価学会公明党の影響を受ける事のない様に、今の体質を変えなければ、いくら立派な法律があっても、この状況は何も変わらないと思います。

何よりも、この国の警察官が、ヨーロッパではカルト指定されている様な危険な宗教団体の信者や会員である事自体が異常なのです。国民を裁く権限を持った裁判官や判事、検事、弁護士にも同じ事が言えますし、それを今まで放置してきたこの国も、国民にも責任はあると思います。司法や警察内部も、根本的な改善が必要です。

ちなみに、集団的自衛権行使に反対するデモの様子です。
20140714.jpg
※画像は単独移民攻撃権さんよりお借りしました。

この文字は、日本人が書いた(印刷した?)ものではない事が明らかですね。
これはどう見ても、在日中国人の方達でしょう。
一体何の目的で、日本の集団的自衛権に激しく反対されているのでしょうか?
このように、往々にして、反対デモの主催者は、在日朝鮮・中国人である場合が多い様です。

韓国も、日本人の不幸を祝う程、日本と日本人が嫌いなのに、デモ行進までして日本の平和を守りたいなんて主張されても、簡単に信用できますか?
きっと不純な動機や企みがあるのだろうと、勘ぐってしまいたくなります。

私自身も含め、何でも“反対!反対!”と声を上げ、行動する人達に、よく考えず検証もせずに安易に賛同し、日本人の手で日本人の首を絞めるような愚かな事だけは、してはならないと思います。

また、色々調べていて考えが変わるかも知れませんが、相手(腐敗官僚、反日・売国勢力など)は騙しのプロ集団ですから、私のような素人が簡単に見破れるものでもないので、ブレてしまうのは大目に見て下さい。

↓日本人はこういうポスターは貼らないと思います。


日本の自衛隊を貶める狙いがあるのでしょう。
※自衛隊の中にも、集ストを主導している部署があると言われていますが、自衛隊全体が、集ストに関与しているわけではないと思います。そういう意味では省庁や政治家も同で、各組織に入り込んだカルトやマフィアなどの影響力を排除しなければ、この社会が健全になる事はないでしょう。

いずれにしても、共謀罪で集スト勢力が一掃される事を心から願って止みません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

共謀罪 不可欠

共謀罪 集団ストーカースパイ防止法案 即効 に 成立させて欲しいです。同意です。立派な 人権侵害 迷惑防止条例に 触れる 犯罪行為を 取り締まらない 法案さえ 無視する 体質は 許せません。よっぽど 反日創価スパイ工作員信者は 暇人か 欲求不満何でしょうか? 理解不能で 大変迷惑です。反日創価信者 スパイ工作員 集団ストーカー スパイ要員は 全て 取り締まって欲しいです。何様のつもり何でしょうか? 反日創価信者 反日スパイ 集団ストーカー要員信者は…逝かれてます。異常ですね。

2014/07/15 (Tue) 09:12 | スカイウエィ #- | URL | 編集
Re: 共謀罪 不可欠

スカイウエィさん。
コメントありがとうございます。

私も以前は、平和とか人権を声高に掲げる人達が、市民や国民の味方だと勘違いして、秘密保護法に必死で反対していた時期があります。
でも、集ストについて調べているうちに、今まで気にした事もなく意識した事さえない、反日勢力や在日問題が見えてきました。
そして、そういうものこそが、この国を陰から大きく動かしている事も。

私たち日本人は、反日勢力の偽善や偽装を見破り、騙されない様に、しっかり見極める目を養う必要がありますね。
政治家だけでなく、市民の見方を装って、左翼思想に誘導しているジャーナリストやブロガーも多いです。
(私も少し前まではかなり左寄りだったので猛反省)
でも、いくらきれい事を繰り返したところで、結局誰も守れない事に気が付きました。


集スト加害者というのは、他人を支配したり、愚弄して優越感に浸って満足しているのだと思います。
自分がどれだけ相手を苦しめられたかを、達成感や優越感のバロメーターにして。
その最たるものが、動物も含めた虐待や虐殺、殺人です。
支配欲と金銭欲(集スト加害者は加害行為によって報酬を得ています)の塊ですね。

一部には仕方なく加担させられている人もいるとは思いますが、被害者が苦しむ事を楽しみながら加害行為を行っている多くの加害者らは、サイコパスの可能性が高いので、普通の人には理解しようと思っても理解できないのです。


韓国では“試し腹”というのがあるそうですが、DNAの異常とか遺伝とか、そういうレベルの問題なので、理性とか常識とかでは、理解も解決もできないと思います。

本当に、この共謀罪やスパイ防止法などで、加害者を一掃して欲しいですね。
来年になれば、実質通名が廃止される様ですので、何らかの前進が期待できるかも知れませんね。

末端の加害者は、上から命令されて動いているだけなので、私は自分の精神を守る為にも、ゴミかゴキブリ程度に思う様にしています。
ちょっと出掛けただけで、見事にウヨウヨ湧いてきますから、気にしているとこちらの神経が持ちません。

スカイウエィさんも負けずに頑張って下さいね。

2014/07/15 (Tue) 12:47 | Libra #- | URL | 編集
はじめまして

私も集団ストーカーの被害者です。
ここ数年ひどくなりましたが、もう20年近くあっていると思います。

共謀罪についての記事全く同意です。
盗聴法改正と合わせて集団ストーカー撲滅に必須の法律と思います。

2014/08/12 (Tue) 17:44 | あき #- | URL | 編集
Re

あきさん。
こちらこそ、始めまして。

20年ですか・・・。

長いですね。

私も気付いたのは2年ほど前ですが、今考えると、かなり前からターゲットになっていた様に思います。

普通に車を走らせていて、いきなり大型トラックが正面から向かって来て、もう少しで正面衝突しそうになった事もあります。
とても考えられない事ですが、今思えば、そういうのも集ストの加害行為だったのかも知れません。
もう10年近く前の事です。

本当に、共謀罪でストーカーは全滅して欲しいですね。
盗聴法改正は知らなかったので調べてみます。

ありがとうございます。


2014/08/12 (Tue) 21:50 | Libra #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する