令状を持った警察官と住民が押しかける?被害者の方からのSOS

被害者の安さんがピンチです。また強制入院させようとしている様なので、取り急ぎブログでお知らせします。

口封じの為また精神病院へ強制入信?

私も池袋警察署の方にこれから電話してみます。

という事で電話しました。


しかし私も言っている事が支離滅裂ですね。警察が個別の捜査内容を、いきなり電話を掛けて来た何処の誰かもわからない人間に軽々しく喋るはずもないのですが、一応、警察へのプレッシャーにはなるかなと思って、無理な質問もしています。

会話の中の「家宅侵入」→「家宅捜査」、「民進党の方」→「民進党から立候補された事のある方」の間違いです。頭の回転や記憶を飛ばされて、言葉が出にくい時があり、言い間違いなどもありますが、ご了承下さい。

しかし、警察官による家宅侵入は実際にあると思います。というか、おそらく外出中に警察官が侵入していると思いますので、つい本音がポロっと出てしまいました。

因みに、以前、駅まで往復していた頃の事ですが、私が団地を出るのと入れ違いにパトカーが団地に入ってくる様な事が何度かありました。留守中に何か仕掛けられるのではないかと不安になり(変な粉でも置いて行かれたら簡単に冤罪に持ち込める為)、すぐに引き返した事もありました。すると、付きまとい常連の住民(M坂)の部屋の前辺りの階段を警察官が携帯電話で話しながら降りて来る所でした。それも芝居だったのでしょうが、捜査協力者(=集スト工作員)に、私への加害方法の指示でもしていたのではないかと思います。

それで、その後の安さんのツイッターでは、その人達はそのまま帰ったとの事で一安心しました。でもおかしいと思います。

裁判所の令状まで出ているのに、そのまま帰るなどという事があるのでしょうか?

令状が出ているという事は、確実な証拠を掴んでいるからでしょう?
だったら何が何でも逮捕、若しくは連行するのではありませんか?
しかも警察官と住民が一緒になって押しかけるってどういう事ですか?
この警察官と令状は本当に本当に本物だったのでしょうか?実在する警察官だったのでしょうか?

では仮にその令状と警察官が偽者だった場合、これは公文書偽造や身分を詐称して警察官に成りすました非常に悪質な犯罪行為です。仮に池袋警察署の警察官が無関係だとしても、警察官でもない者が池袋署員を名乗って安さんを拉致しようとした非常に悪質な犯罪行為ですよね。オレオレ詐欺と同じですから。

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)にしても、不審な電話にしても、広報(防災)無線で注意を呼びかけるのですから、今回の事もきちんと地域住民に広報した方がいいのではないですか?「警察を騙る不審な人物が住民を拉致しようとした事件がありました。地域の住民におかれましては十分に注意し、この様な者が訪問して来たら、速やかに警察に通報して下さい」と、お得意の広報無線で周知したらどうですか?

この地域でもよく広報無線が流れていますよね。「息子を騙った不審な電話が掛かって来ています。」とか、しつこいくらいに放送されているのですが、もしかしてこういう事案はスルーですか?

それにしても、この様な詐欺行為が白昼堂々と行われていたとしたら大問題です。池袋警察署はしっかりと調査する必要があるのではないですか?実際に安さん本人が電話で問い合わせをされていますから、調査しないのなら、職務怠慢や不作為に問われても仕方ないと思います。

いずれにしても、安さんが病院に連行されなくて良かったです。

以下、安さんのツイートをいくつか埋め込みさせて頂きます。










110番が変な所に転送されている可能性が大です。こんな事が本当に行われていたとしたら、NTTなんかもグルになっているという事ではないでしょうか。

しかも、お婆さん?が出て来て怒られたって・・。
劇団型のオレオレ詐欺と同じじゃないでしょうか。

被害者は皆同じだと思いますが、公共機関や公務員も含め、本当に胡散臭い事にばかりに出くわします。信じられない事ばかりです。

今回は私も少し出過ぎた真似をしてしまったかも知れませんが、ちょっと黙って見ていられなくて。

それに好き勝手な事をさせない為にも、こっちも黙っていないという所を見せる必要はあるのではないかと思います。今はネットがありますから、下手な事をしたらブーメラン効果が発動します。

被害届はいつになったらⅡ

これで被害届けを受理しないって・・・・?
はぁ?ですよね。

もし火事になっていたらどうするの?

ただいま。。。

入院中に自分のカルテを情報開示請求をし見たら、
傷害事件で有罪になってるとか、
児童虐待疑い有、
大声を出す、暴れるなど100%出鱈目な事が書いてあったので、
訂正を求めたら、そうではない事を証明するように言われて、、


そうではない事を証明?

じゃあ、あれもこれも出鱈目な容疑を掛けられて、それは出鱈目だと主張したら、一つ一つの事例について、そうではない事を証明しろっていう事?

まさにやっていない事を証明しろという、悪魔の証明そのものじゃないですか?無茶苦茶ですね。

「やっていない」を証明する難しさ・・・「悪魔の証明」とは何なのか

以下、抜粋して転載させて頂きます。

■悪魔の証明とは?

悪魔の証明は、分野によって若干意味合いが異なりますが、一般に、法律の分野では訴訟において、「~していないこと」、「~が存在しないこと」のように、事実の不存在の立証が求められる場面を、悪魔の証明と呼ぶことがあります。

もちろん、法律上の定義がある正式な法律用語ではありません。

なぜ、悪魔の証明と呼ばれるかというと、「~していないこと」、「~が存在しないこと」の証明は、そもそも不可能に近いことが多いからです。

例として、「代々木公園にテング熱をもった蚊がいる」という事実は、代々木公園で1匹でもテング熱に罹患した蚊を捕獲すれば、立証に成功します。

しかし、「代々木公園にテング熱をもった蚊は1匹もいない」事実、あるいは「代々木公園にテング熱をもった蚊は駆除されて1匹も存在しない」事実を立証しようとすれば、(1)代々木公園にいる蚊を全て捕獲したこと、(2)捕獲した代々木公園の全ての蚊を検査したが1匹もテング熱をもっていなかったこと、を立証しなければなりません。

A「テング熱をもった蚊がいる」という存在する立証と、B「テング熱をもった蚊は1匹もいない」という事実不存在の立証では、難易度が天と地ほど異なります。

(中略)

■痴漢事件ではどうなるのか

本題に戻って、痴漢事件では、まず検察官が被害者証言などにより「痴漢した」という存在の事実を立証するルールになっており、被告人側が「痴漢していない」という事実不存在を立証する必要はありません。

基本的に全ての犯罪要件の立証責任が検察官にあるのは、痴漢事件に限らず刑事事件全般に共通します。

しかし、検察官が、被害者証言などにより、「痴漢した」という事実の証明に一先ず成功したといえる場合には、今度は、被告人側で、「痴漢した」という立証を崩すために、反対立証として、「痴漢していないこと」の立証を試みる必要に迫られます。

これは、あくまで第一義的に検察官が「痴漢した」という立証に成功した後に防御のために、反対立証をするもので、最初から、被告人側に「痴漢していない」ことの不存在の立証責任があるわけではありません。

仮に、最初から、被告人側で「痴漢していない」ことの立証が必要だとすると、まさに悪魔の証明に成功しない限り、有罪にされるという不当な結論となりますが、反対立証としての「痴漢していない」ことの立証方法としては、物理的な状況として痴漢行為をなし得ないことや被害者証言の矛盾・不合理性を追求することが可能です。

(中略)

悪魔の証明は、ディベートなどの反論テクニックとしても知られます。日常でも、「~がないことを証明しろ」と主張された場合には、そもそも不存在の立証は悪魔の証明を求めるもので不可能であることを頭に入れておくとよいでしょう。


要するに、安さんが児童虐待した、大声を出したという事が証明されているのではない限り、安さんはそれをしていない事を証明する義務はないのではないですか?

最初から不可能な事を要求しておきながら、証明できないからそれは事実です、覆せません、入院して下さいって、はっきり言って拉致じゃないですか。こんな出鱈目な判断で精神病院に措置入院とか、それこそ重大な違法行為、犯罪行為じゃないのですか?

こんな事がまかり通っているのですが、ここまで酷い状況になってしまった一因は、私も含め、政治や行政への無関心だったのだと思います。

私達には大切な義務があります。

公務員が市民や国民の為に働いているのかをチェックする義務。
公務員を監視(監督)するのは国民の義務です。
忘れてはいけない大事な義務。
国民は、税金だけ納めて終わりではないですよね。


そして集スト被害者の方へ。

テング熱をもった蚊(=集スト加害行為者)が1匹でも見つかれば、存在の立証は成功なのです。

集ストにしても、偶然や日常の行動にしては確実におかしな行動、著しく逸脱している行為、あり得ない言動など、反論や反証の余地のない事例を、一つでも多く公表していく事が、解決への一番の近道ではないかと思います。


追記

カラパイアより。
権力の暴力。割とヤバイ警察が存在する世界15の国

何だか警察と武装勢力の見分けが付かない国もありますが、日本の警察も相当ヤバイですね。日本の警察の権力志向は相当ヤバイと思います。

ちょっと道を踏み外してしまった・・どころじゃないと思います。
残念すぎるのです。

「警察とは、実力をもって社会の治安を維持する組織である。社会の法を守り、正義を行い、善良な市民を守り、犯罪者を捕まえ被害者を助けるために存在する」

この真逆をやっている。

↓こっちが正解では?
「警察とは、武力とハイテクをもって社会の治安を破壊する組織である。自分達の組織と利益を守り、悪事を働き、犯罪者を守り、善良な市民を捕まえ犯罪者を助けるために存在する」

ちょっと言い過ぎかも知れませんが、陰の政府、闇の支配者達の手先に成り果てた組織であり、市民に取っては脅威である事に変わりはないと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する